豊川稲荷由緒

 豊川いなり略縁起によれば、
豊川稲荷として世上に知られる当山は、豊川閣妙厳寺と称し、曹洞宗の名刹といわれ、嘉吉元年(1441)東海義易禅師の御開創で、御本尊に千手観音菩薩を安置し、又境内に鎮守として、法祖が御感見自作の善神、豊川托枳尼真天(だきにしんてん)を祭る。
広く豊川稲荷と呼ばれるのはこの善神のことである。凡そ七百余年昔の文永元年、禅師が入宋求法、同四年帰朝御乗船の際、海上に妙相端麗、稲穂を荷い、手に宝珠を捧げ、白狐に跨る御姿の霊神現じて御神示あり。禅師は深く感動され、帰朝後、示現の御姿を手ずから刻み守護神として祭られた。
これより代々相伝せられ、妙厳寺開創とともに鎮守として祭られる。爾来幾多の霊験を現じ、福徳の神、抜苦与楽の神として広く崇仰され今日に至っている。

本殿には善神・豊川托枳尼真天が祭られているので、礼拝は二礼二拍一礼が正しい。
本殿の様式は善光寺さんと同じ仏式で妻入二重屋根だから、ここに神様が在しますとは露知らない。だが、本殿の正面参道に立つ立派な石造りの鳥居が神の存在を宣言している。一方、千手観音菩薩像は同じ境内の法堂(はっとう)に安置されている。

明治初頭の神仏分離令が出るまでの様子は、安井四郎著「実録豊川いなり物語」によれば、次のとおりである。
明治時代になって、維新政府は神仏分離令を出し、妙厳寺もその渦の中に巻き込まれた。
その当時は、朱塗りの鳥居が立ち並び、末社になると祭りの日には豊川稲荷大明神の幟(のぼり)も立てられていた。
政府は、神仏混交だと決めつけ、抑圧にかかった。その時の方丈、禅海霊龍和尚と共に黙童禅師は、廃仏毀釈に反対し、意思を貫き通した。そして政府に対し、托枳尼天の由来を説き、豊川稲荷大明神の名称を本来の姿、仏教の托枳尼天とし、正式の名称を豊川閣妙厳寺、豊川托枳尼天で統一し、政府を納得させ妙厳寺の危機を救った。
これが現在に至っている。 善神・托枳尼天は、明治新政府から仏であると認定された。しかし、前述の豊川いなり略縁起は神だとしているそうである。
下の写真に居られるのが托枳尼眞天様である。場所は赤坂豊川稲荷である。神仏の背後には蛇や狸、野狐も寄ってきます。
隙を作って化かされないようにしましょう。