kotora
日本の歴史
 皇居
kojiki 00.jpg(2097 byte)
 現代口語で木簡の内容の復活を目指します。 古事記には出雲朝と神倭朝しかありませんでした。 宇摩志阿斯訶備比古遲神(うましあしかびひこじのかみ) とはウマイヤ家の神です。
IEmark を使用してください。
他のブラウザーでは、リンク先が繋がりません。
手動でスライドバーを調整してください。
●  日記 エジプトの闇
●  日記 丸貫の魔法陣




天地開闢=胎蔵界で今の地表人類の発生
今の人類発生は地上の時間で、9千年ほど前、胎蔵界がエデンの園
天神初代から7代後半まで
常世岐姫の時代




出雲朝初代から15代まで
エジプト第6王朝から第18王朝
多くの遺跡は出雲朝のもの
最後の盗人がアメンヘテプ3世
ピラミッド5千年の嘘




神倭朝初代から24代まで
御代の序列は他の全てで合っていません。
神倭朝の初代は祖倭大明神=諏訪大明神=阿弥陀如来=建御名方命、前玉比子尊
順次、是正していきます。

出雲朝とは太陽界=倭
amateru0630
■  天の磐船
■  出雲朝の祖 役小角尊(えんのおずぬのみこと)
■  出雲朝 初代 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
・瓊瓊杵尊→ファラオ・アイ→天海上人、円空
●  日記 木花開耶姫命の真実
●  日記 草薙剣、隕鉄(後半)
■  出雲朝 2代 布波能母遅久奴須奴(フハノモジクヌスヌ)
●  日記 大預言者エリヤ
■  出雲朝 3代 深淵之水夜禮花(フカブチミズヤレハナ)
●  日記 聖観世音菩薩
■  出雲朝 4代 淤美豆神(オミズヌ)
■  出雲朝 5代 天之冬衣神(アメノフニギヌ)
●  日記 天之冬衣神
●  日記 陵 駒形成正寺
●  日記 天之冬衣神 吹上大芦
●  日記 修正 清岩寺
●  日記 フェニキア、Phoenicia
■  出雲朝 6代 大国主(オオクニヌシ)
●  日記 糸魚川の奴奈川姫
●  日記 オークニー諸島
●  日記 因幡の白兎
●  日記 大国主命 大黒天
●  日記 オリエントの王
■  出雲朝 7代 鳥鳴海(トリナルミ)
nihon_kokki_15.jpg(900 byte) 倭の五王 ミノア文明
●  日記 へーリオス
■  出雲朝 8代 国忍富(クニオシドミ)
●  日記 オシリス
■  出雲朝 9代 ハヤミカノタケ佐波夜遅奴美(ハヤミカノタケサハヤジヌミ)
■  出雲朝 10代 雍主日子(ミカヌシ)
●  日記 ミトラ神 ピラミッドの主
■  出雲朝 11代 多比理岐志麻流美(タヒリキシマルミ)
●  日記 都 ウガリット
●  日記 閻魔様
●  日記 忍東照宮 忍宝生
●  日記 武御雷尊
■  出雲朝 12代 美呂浪(ミロナミ)
●  日記 田中大神 邪馬台国
■  出雲朝 13代 布忍富鳥鳴海(ヌノシトリナルミ)
●  日記 エジプト13王朝
●  日記 竜宮城 三浦の巨石文明
●  日記 佐間天神社 忍の胎蔵界
●  日記 酉の市の起源 鷲宮神社
■  出雲朝 14代 天日腹大科度美(アメノヒベラオオシナドミ)
■  出雲朝 15代 遠津山岬多良斯(トオツヤマザキタラシ)
●  日記 遠津山岬多良斯の神蹟

■  ウガヤ朝

■ 日枝の神々
■ 始めに
■ 上古4代様ご降臨
■ 上古8代様ご降臨
■ 上古9代様ご降臨
■ 天照様のご降臨
■ 海上の大日如来
■ 海の夜明け
■ 稗田阿礼
■ 皇祖皇太神宮
■ 鹿島神宮

kotora
サイト内検索 
powered by Google


・以下、左欄がの様な色、赤文字は女帝です。
天神-天地創造

天神初代  元無極躰主王大御神
天神2代  中未分主大神尊
天神3代  天地分主大神
天神4代  天地分大底女大神二神
天神5代  天一天柱主大神躰光神天皇
天神6代  国万造主大神身光天皇

天神7代前  天御光太陽貴王日大御神大光日天神

天神7代後  天御光太陰貴王女大神
・四大神として祀られる、宇気持大神、和久産巣日大神、豊受大神、托枳尼眞天様
Tomoe.jpg(5491 byte)
 上古朝は、出雲朝を真似た捏造でした。
参考として、下層に配置しました。

吉見百穴 神倭朝34代の民
 住んだのは舒明天皇の民、タムラ族です。

izumo.jpg(1794 byte)

鴻巣古墳群
埼玉古墳群
埼玉古墳群2
埼玉火祭り

・同和問題 山窩
・古い記事は修正すべき箇所があります。ご了承ください。
平成25年09月13日
・最近の同和問題
・苗字の分布、渡来人
・地名の事
・部落、身分制度の事


エジプト黎明朝
 ・タイタン〜第3王朝まで 

  スコルピオン1世(Scorpion)
●  日記 タイタンの王 
●  日記 天神公園

エジプト第1王朝
 ・スワヒリ 

  ナルメル(Narmer)
●  日記 ナルメル王、シュメール人(6.28日記) 
●  日記 ナルメル王 
●  日記 カリスト(後半) 
  ホル・アハ(Hor-Aha)
●  日記 出雲朝12代 ミロナミ 

エジプト第2王朝
  セーソクリスト
●  日記 聖祖キリスト(3.9日記)
  ラーネブ(Raneb)
●  日記 花巻でアラハバキを祀る(後半)
  ニネチェル(Nynetjer)
●  日記 イエスキリスト、崇神天皇(後半)

エジプト第3王朝
 ・世界のピラミッドの始まり(中南米、日本) ・天の鳥船 ・日枝神社(シュメールから来た8人の王)

  サナクト(Sanakht)
●  日記 笠間稲荷(後半)
●  日記 旭町稲荷神社 白い狐(後半)
●  日記 弘前市岩木山のピラミッド(後半)

エジプト第4王朝
  シェプスセスカフ(Shepseskaf)
●  日記 出エジプト、山神社(後半)
●  日記 神蹟 蓮田市高虫(後半)

エジプト第5王朝
  ネフェリルカラー(Neferirkare)
●  日記 三笠宮、ミカヌシが祖、テラ(後半) 
●  日記 富山皇祖皇太神宮(後半) 
  ネウセルラー(Niuserre)
●  日記 日本最初の地下ピラミッド(後半) 
  ウナス(Unas)
●  日記 サムエル(後半)

エジプト第6王朝
 メソポタミア、シュメールからエジプトへ  ・戸場口山古墳 ・徳川家綱の前世 ・日光古峰神社/・星宮小学校 ・神明神社 ・アブシンベル小神殿

●  日記 高天原 別所沼(後半) 
●  日記 開花天皇の出エジプト時代 
  テティ(Teti)
●  日記 オシリス神を祀る
●  日記 孝昭天皇 秩父氏の祖(後半)
  ペピ1世(Pepi I)
●  日記 パウロ 出身は金星、キエフ(後半)
  メルエンラー(Merenre)
●  日記 欽明天皇の前世(後半)
  ペピ2世(Pepi II)
●  日記 クフ王のビラミッド、ヒマリア(後半)
●  日記 クウイ家、ククイ王(後半)
●  日記 地球の方、お地蔵様(後半)
●  日記 木星の衛星ヒマリア(後半)
●  日記 戸場口山古墳(後半)

エジプト第7王朝
 ・出雲族降臨 ・第六天神 ・六地蔵 ・ミトラ教の始まり /・羽生市医王寺 ・アブシンベル小神殿の建造  ・シャンバラ、アガルタ ・ヨベル書(後半) ・ノアの洪水 ・ガニメデ、豊受大神とされる方を祀る

●  日記 サウジアラビアのリヤドの胎蔵界(後半)
  ウアジカラー(Wadjkare)
●  日記 倭、六地蔵(後半)
●  日記 ヒエログリフが発生(後半)
●  日記 ハツクニシラススメラミコト、開化天皇
●  日記 孝霊天皇
●  日記 忍の始まり、欽明天皇(後半)
●  日記 白山姫神社、ヤコブ(後半)
  ネフェルカラー1世(Neferkare I)
●  日記 黒又山の主(後半)

エジプト第8王朝
 ・ピラミッドの始まり ・新堀神社 ・武田さん ・山本太郎 ・日蓮 ・北条時宗 ・覚鑁上人  ・堀川天皇 ・宮沢賢治の前世 ・プトレマイオスの前世、八部衆/・金星 ・ヒトラーの前世 ・逆卍 ・日光 

●  日記 大ピラミッド(後半) 
  カカラー・イビ(Qakare Ibi)
●  日記 大日如来 
●  日記 将軍山古墳(後半)
●  日記 カカラー・イビ

エジプト第9王朝
 /・最初の大洪水 ・江戸 ・敏達天皇 ・十二社(アスワン) ・岩手 ・巨勢氏の祖の時代 ・行田市神仙寺

  メリイブラー(Meryibre)
●  日記 糠田 放光寺、古墳跡(後半)
●  日記 お釈迦様の前世(後半)
●  日記 神倭朝九代 開化天皇(後半)
  メリカラー(Merikare)
●  日記 この時代にプラトンが居た(後半)
●  日記 古墳 高源寺

エジプト第10王朝
 ・七夕の始まり ・クズが第11王朝まで続く ・小泉、あべ /・アブシンベル大神殿 ・崇神天皇 ・尺貫法 ・大崎 ・名草の巨石から行道山 ・豊橋市石巻町の祖 

×カーネフェルラー(Kaneferre)
●  日記 アメリカの闇(後半)
●  日記 小池親子、悪政(後半)
●  日記 廷臣 枝野(後半)
●  日記 サタン、ルシフェル(後半)
×ネブカウラー・アクトイ(Nebkaure Akhtoy)
●  日記 真名板の高山古墳(後半)
●  日記 エノク書、捏造(後半)
●  日記 ルカ、悪霊マーク(後半)

エジプト第11王朝
 ・ファラオの被り物(丁髷)/・道元 ・垂仁天皇 

●  日記 豊葦原(後半)
×アンテフ2世(Intef II)
●  日記 悪魔に魂を売ったもの(後半)
●  日記 吉村作治氏(後半)
  メンチュヘテプ2世(Mentuhotep II)
●  日記 大宮神社、成正寺(後半)
  メンチュヘテプ4世(Mentuhotep IV)
●  日記 垂仁天皇(後半)

エジプト第12王朝
 ・・太陽系、倭の世界の皆さん ・10点満点で7点 ・ロシア(ダキア) ・カリストの縁 

  アメンエムハト2世(Amenemhat II)
●  日記 仲哀天皇のエジプトでの王位(後半)
  アメンエムハト4世(Amenemhat IV)
●  日記 須の子新田の皆さん(後半)
  セベクネフェル(Sobekneferu)
●  日記 独神、水星の方福禄寿(後半)
●  日記 予言者 カイン(後半)
●  日記 ハコル王の守護霊 三輪大神(後半)

エジプト第13王朝
 ・十三イズ、大己貴命 

  ウガエフ(Khutawyre Wegaf)
●  日記 宇賀神
●  日記 宇迦之御魂大神、黒浜沼(後半)
●  日記 小見真観寺古墳(後半)
●  日記 太郎子山稲荷神社(後半)
●  日記 スフィンクス おすすき(後半)
  ネフェルヘテプ1世(Neferhotep I)
●  日記 多眼天皇

エジプト第14王朝
 ・仲哀天皇 

  ネヘシ(Nehesy)
●  日記 プラトンにアトランティスの話を伝えた予言者(後半)

エジプト第15王朝
 ・比企氏の祖 

  アペピ2世(Apepi II)
●  日記 ウガヤ27代(後半)
●  日記 北条の祖、サルゴン建玉天皇(後半)

エジプト第16王朝
 ・耶蘇会の元 


エジプト第17王朝
 ・サッカラのピラミッド ・ヒエの世界/・お釈迦様の言った極楽浄土 


エジプト第18王朝
 ・新王国時代→支配星がカリスト 

  イアフメス1世(Ahmose I)
●  日記 磐船1世は笠原へ(後半)
  アメンヘテプ3世(Amenhotep III)
●  日記 お釈迦様の前世(後半)
  アメンヘテプ4世(Amenhotep IV)
●  日記 オバマの先祖
●  日記 ネフェルテイテイ 福禄寿(後半)
  ツタンカーメン(Tutankhamun)
●  日記 ネフェルテイテイの姉妹
●  日記 ツタンカーメンの事
●  日記 ツタンカーメンの神殿
●  日記 ツタンカーメンの真
●  日記 隕石の剣

エジプト第19王朝
  セティ1世(Seti I)
●  日記 セティ1世
●  日記 玉前神社、九十九里(後半)
●  日記 月輪神社(後半)
●  日記 大電神社
●  日記 前の意味(後半)
●  日記 アビドス
  ラメセス2世(Ramesses II)
●  日記 四大神、四天王を祀った(後半)

エジプト第20王朝
  ラメセス7世(Ramesses VII)
●  日記 カイン

エジプト第21王朝(タニス)
  プスセンネス2世(Psusennes II)
●  日記 大網白里 天満宮(後半)

エジプト第22王朝(リビア朝)
×オソルコン2世(Osorkon II)
●  日記 オソルコン2世の居場所 西友の裏
●  日記 古墳 古市場(後半)
×シェションク3世(Sheshonk III)
●  日記 シェションク3世の古墳跡
●  日記 手塚(後半)

エジプト第23王朝(リビア朝)
 ・ソロモン 

  シェションク4世(Sheshonk IV)
●  日記 六角氏
●  日記 奥の山古墳(後半)
  タケロト3世(Takelot III)
●  日記 武内宿禰、越の国、タケウガヤ(後半)

ヘルモポリス
×ニムロト
●  日記 悪魔ニムロデ(後半)
●  日記 イサクはニムロデ

エジプト第24王朝(サイス朝)
●  日記 オシリス、国忍富の世界(後半)
●  日記 アトランテイス沈没(後半)

エジプト第25王朝(ヌビア朝)

エジプト第26王朝(サイス朝)
●  日記 ユダヤ教、古文書の発生(後半)
  プサムテク1世(Psamtik I)
●  日記 ひふみ神示(後半)
●  日記 多賀称神社
●  日記 ヤコブ 笠原(後半)
  プサムテク2世(Psamtik II)
●  日記 プサムテク2世の神蹟(後半)
●  日記 陵、行田中学校のプール
  ネカウ2世(Necho II)
●  日記 久喜の久伊豆神社の北(後半)
  イアフメス2世(Ahmose II)
●  日記 天の磐船
●  日記 八幡山古墳(後半)
●  日記 真蹟 星宮(後半)
  プサムテク3世(Psamtik III)
●  日記 神蹟 行田市ごみ処理場横(後半)
  ウアフイブラー(Wahibre)
●  日記 九十九里、アトランティス(後半)

エジプト第27王朝(第1次ペルシア支配)
 ・ミトラ教→拝火教へ /・諏訪神社、熊野神社

●  日記 ヌビアのピラミッドは火星のもの
  カンピュセス2世(Cambyses II)
●  日記 カンピュセス2世
●  日記 ミトラ教の終わり
●  日記 無量院、面足神社(後半)
●  日記 エゼキエル、安閑天皇(後半)
×ダレイオス1世(Darius I)
●  日記 偶像崇拝、宣化天皇(後半)
  クセルクセス(Xerxes)
●  日記 用明天皇、コームオンボ(後半)
  プサメティコス4世
●  日記 安閑天皇(後半)
×ダレイオス2世(Darius II)
●  日記 諸悪の根源(後半)
●  日記 奴隷制の始まり、アッバスの根(後半)
●  日記 パソナタケナカの前世(後半)
  アルタクセルクセス2世(Artaxerxes II)
●  日記 行田 代官所跡(後半)

エジプト第28王朝
 ・加須花咲(ソロモン)

  アミルタイオス(Amyrtaeus)
●  日記 奴奈川姫
●  日記 日本での重要な洪水(後半)
●  日記 アミルタイオス陵(後半)
●  日記 カリストの方(後半)
●  日記 懿徳天皇、阿弥陀如来
●  日記 ウサギと亀(後半)
●  日記 箕田の古墳(後半)
●  日記 竹取物語、建御名方命(後半)
●  日記 sphinx、鍵

エジプト第29王朝
 ・氷川神社(29王朝終わり頃)・行田市盛徳寺 ・竹田恒泰氏

  ネファアルド1世(Nefaarud I)
●  日記 陵跡 まにわ製麺所横(後半)
●  日記 鹿島神宮の大刀の持ち主(後半)
●  日記 カゴメカゴメ(後半)
●  日記 神蹟 元荒川 常光(後半)
  ハコル(Hakor)
●  日記 ハコル王のこと、箱田神社
●  日記 釜寅(後半)
●  日記 ソーラン節
●  日記 社主の前世
●  日記 シナイ山の麓の胎蔵界(後半)
  ネファアルド2世(Nefaarud II)
●  日記 第29代 欽明天皇(後半)

エジプト第30王朝
  ナクトネブエフ(Nekhtnebef)
●  日記 土星系(後半)
●  日記 昭和天皇の前世(後半)
  ネクタネボ2世(Nectanebo II)
●  日記 エゼキエル
(第2次ペルシア支配)
  アルセス(Arses)
●  日記 今上天皇の前世(後半)
×ダレイオス3世(Darius III)
●  日記 最後の出エジプト(後半)

マケドニア王朝
  アレクサンドロス大王(Alexander the Great)
●  日記 弥勒菩薩
●  日記 福泉寺(後半)
●  日記 ペロポネソス戦争(後半)

プトレマイオス王朝
  プトレマイオス1世(Ptolemy I)
●  日記 嘘のエジプト学
●  日記 シリア、光被六合
  クレオパトラ7世(Cleopatra VII)
●  日記 クレオパトラ7世
●  日記 広徳寺 クレオパトラの古墳
●  日記 ピリッポス2世
●  日記 クレオパトラ
●  日記 クレオパトラの天体図

・神倭朝(即位年)

国旗

・日本は開闢して、およそ8400年が過ぎています。
・神武天皇の記述が間違い、捏造なのです。少しづつ修正したいと思います。

 出雲朝は火星より天孫降臨した瓊瓊杵尊が初代王です。
当然、天照皇大御神(オオヒルメノムチ)様を祀っていました。皇祖神です。

 10代崇神天皇より、出雲朝の王を経て、神倭朝の天皇に践祚する方が多かったのです。
これが崇神天皇をハツクニシラススメラミコトにすべきと言う意見です。


 百科事典などの内容も参考にしていますが、事実は大きく違っていることが解りました。
日本書紀などが諸悪の根源です。(安閑天皇談)
平成25年04月25日

・古代の天皇は、基本的に空を飛べたのです。
 これがフリーメーソンです。その為、地域的な問題はなかったのです。
・神倭朝の30代 敏達天皇まで、空をとべる天皇が多かったのです。
・天狗が空をとべるのは日本人の常識です。絵はレバノンのバールベック神殿です。
バールベック神殿は、かって国境なき時代の出雲朝のものです。当時は、国名はなかったのです。

天之冬衣神

・空を飛べるのは男子だけです。女性の天狗、フリーメーソンはおりません。
・女性天皇も女系ではないのです。

・女性宮家は日本人の言うことではありません。

 エンリル神、Emperor 大山咋命 
1 神武天皇(-660)

大六天神 神日本磐余彦
●  日記 神倭朝の始まり
nihon_kokki_15.jpg(900 byte) 日記 つつじヶ丘公園
●  日記 加茂宮
●  日記 エンリル神
●  日記 マルドゥク神
●  日記 エンキドゥ
●  日記 艮神社
●  日記 建国 東国の日本開闢の地
●  日記 すばる プレアデス アトラス
●  日記 オリオン座のM43
●  日記 キュロス2世古墳跡(後半)
●  日記 アメノウズメ(後半)
●  バビロン捕囚(BC597-538)

2 綏靖天皇(-581)
●  日記 孔子
●  日記 孔子廟
●  日記 綏靖天皇の朝廷、皇居
●  日記 イオ
●  日記 綏靖天皇行宮 出丸
 ユダヤ教始まる 

 真のハツクニシラススメラミコト、安寧天皇の御代より朝廷の文字、山窩文字が導入される。  カタカムナ同様、お地蔵様のものです。

山窩文字

3 安寧天皇(-549)
nihon_kokki_15.jpg(900 byte)  お釈迦様
●  日記 安寧天皇の朝廷 東光寺
●  日記 安寧天皇の皇居の壕、天神下公園
●  日記 メディア王国
●  日記 胄山神社 大迦葉
●  日記 仏教の話
●  日記 須弥山
●  日記 お釈迦様、大蔵経

大倭(オオヤマト)竜虎、地蔵尊
4 懿徳天皇(-510)
●  日記 照稲神社 陵 孝霊天皇お住まい 

5 孝昭天皇(-475)
●  日記 皇八山諏訪神社 陵
●  日記 孝昭天皇
●  日記 北本放光寺 真の天皇の世界
●  日記 クレタ島 タロース
●  日記 神倭朝五代 孝昭天皇 ペリクレス
●  日記 川島の神倭朝の始まり
●  日記 氷川大社、沼津のピラミッド
●  日記 孝昭天皇とガリレオ
●  日記 神倭朝5代 孝昭天皇

倉稲魂(うかのみたまのかみ)
6 孝安天皇(-392)
 マガダの人 チャンドラグプタ
●  日記 皇八山香取神社 陵
●  日記 オオエ
●  日記 孝安天皇
●  日記 マガダ 碧眼
●  日記 糠田放光寺
●  日記 孝安天皇の事 バルフ
●  日記 アレクサンドロス
●  日記 青蓮寺 荒子 弥勒菩薩
●  日記 勾玉 マガダ チャンドラグプタ
●  日記 月護王 チャンドラグプタ

7 孝霊天皇(-290)
 タムラの人
san_11.jpg(2309 byte)
san_09.jpg(2699 byte)

2013-08-16-08
●  日記 川面へ
●  日記 孝霊天皇様の事
●  日記 八色の姓
●  日記 倭のはじめ 子之神神社
●  日記 つくば市の八坂神社
●  日記 弥生土器窯跡
●  日記 アルダシール1世
●  日記 シチリア、シキリア、施基皇子
●  日記 アトランチス、クリティアス
●  日記 大山咋命と話し合い
●  日記 アルキメデスの事
●  日記 最初の古墳
●  日記 孝霊天皇 シチリアン
●  日記 アレクサンドロス大王を指導(後半)

8 孝元天皇(-214)
 ローマ以前のイタ公(タムラ族) 
 バチカン発生による国境の発生
 軍部が天皇の眼を盗み、ローマ建国に動く。
 ローマ建国は軍人
 この天皇の御代に、火星から出雲朝の人が降臨
 日本神話の天孫降臨
 武内宿禰は、この方の孫です。
●  日記 鷲宮神社 陵
●  日記 我孫子の千勝神社
●  日記 平家の守り
●  日記 日本の横穴
●  日記 鴻巣市稲荷町
●  日記 武内宿禰、巨勢氏 屋敷跡
●  日記 巨勢氏の館跡へ
●  日記 弥勒菩薩
●  日記 高尾
●  日記 孝元天皇皇子の古墳 長谷
●  日記 カルタゴ カトー
●  日記 セプルン族の銅鐸
●  日記 スパルタ、カトー
●  日記 武内宿禰、プラトン
●  日記 ソクラテスの生地
●  日記 アロン 孝元天皇
●  日記 草薙剣、ヒヒイロカネ(後半)

9 開化天皇(-158)
●  日記 ことらの素 モーゼの話
●  日記 都幾川 古墳
●  日記 一二三神示 ユダヤ教の密教
●  日記 欠史八代
●  日記 大倭神社
●  日記 開化天皇のご開運
●  日記 開化天皇の地 滝馬室
●  日記 土師氏 野見宿禰
●  日記 宝達山 タイタン
●  日記 エルミ前の古墳跡
●  日記 テイスペス
●  日記 タイタンの天皇
●  日記 鴻巣の鉄工所跡
●  日記 天皇とユダヤ教 タルムード
●  日記 ニギハヤッヒ、伊奈町(後半)

02出雲朝 布波能母遅久奴須奴(フハノモジクヌスヌ)
10 崇神天皇 イエス・キリスト(-97)
 ユダヤ戦争(66-74) 
武蔵一宮 氷川大社創建
 朝廷文字(山窩文字)で、以下のように成ります。
 
san_32
san_31
san_28
san_30
san_31
san_33
san_34
san_30
武蔵一宮 氷川大社

・もちろん昔は武蔵ではありませんでした。東国一宮だったそうです。
・御祭神は天照皇大御神(オオヒルメノムチ)
・邇邇藝命、木花開耶姫命
・全部で八柱の出雲朝の神々が祀られていたそうです。
・崇神天皇はアラハバキ神をお祀りしていたそうです。ここで言う宇気持大神です。
・宇気持大神は常世岐姫(イブ)の母神、豊受大神の祖母神に当たります。

●  日記 みつぎ
●  日記 崇神天皇様のお話
●  日記 武蔵一宮 氷川大社
●  日記 崇神天皇 水星 ナブー
●  日記 ヒエ
●  日記 正月の始まり
●  日記 出雲朝の神蹟
●  日記 崇神天皇陵 神明神社
●  日記 スーダンから吉見へ
●  日記 奴婢とはヌビア
●  日記 ヌビア=奴婢
●  日記 ナザレのイエス
●  日記 皇居の崇神天皇、垂仁天皇
●  日記 忌部氏 ガド族(後半)
●  日記 崇神天皇

03出雲朝 深淵之水夜禮花(フカブチミズヤレハナ)
top
11 垂仁天皇(29)写真左、2分の1がイタ公
→イエス・キリスト
●  日記 袋神社
●  日記 十一面観音の謎
●  日記 総持寺
●  日記 神聖ローマ帝国
●  日記 水辺公園
●  日記 垂仁天皇の都 上尾
●  日記 麻の栽培 大麻生
●  日記 垂仁天皇の御子 蚊斗谷
●  日記 垂仁天皇の皇子 十王堂
●  日記 九十九里
●  日記 秩父氏の祖 大霊神社

12 景行天皇(71)
第三回仏典結集のアショカ王
●  日記 孔雀明王の秘宝
●  日記 庚申塚 青面金剛
●  日記 アレクサンドリア Greece
●  日記 アショカ王の思い
●  日記 倭の五王
●  日記 アショカ王の事 目連
●  日記 武内宿禰
●  日記 祝田
●  日記 四道将軍 大彦命
●  日記 アショカ・ピラー
●  日記 武内宿禰 豊国文字
●  日記 丸墓山 聖観音
●  日記 十二社 熊野権現
●  日記 神倭朝12代 景行天皇、武内宿禰
●  日記 景行天皇の事
●  日記 景行天皇、タラシヒコの事
●  日記 戸隠、「あさか,ashoka」
●  日記 ギリシャの事、北斗七星

04出雲朝 淤美豆神(オミズヌ)
 大巳貴命→
13 成務天皇(131)
・朝廷は川里 宮殿様
●  日記 上氷川神社
●  日記 刺国大
●  日記 荊原の事
●  日記 日本の酒
●  日記 ウラ
●  日記 成務天皇陵 麻生小
●  日記 成務天皇の都 立川市砂川
●  日記 成務天皇の前方後円墳 福聚寺
●  日記 神嘗祭 オミ神社

05出雲朝 天之冬衣神(アメノフニギヌ)
天之冬衣神

●  日記 仲哀天皇の古墳 八幡山古墳
06出雲朝 大国主(オオクニヌシ)
14 仲哀天皇(192)
●  日記 寒川比子尊
●  日記 大国主命
07出雲朝 鳥鳴海(トリナルミ)
●  日記 成海神社
●  日記 小野神社 ウワハル・シタハル
●  日記 パルテノン
●  日記 ネフェルテイテイ
●  日記 砺波 トリナルミ
●  日記 レオナルド・ダ・ピンチ
●  日記 仲哀天皇の故郷、経津主命、ダキア
(15 神功天皇)(200)
卑弥呼は出雲朝では王ではなかったそうです。
●  日記 卑弥呼の真実
●  日記 湖
●  日記 八女
●  日記 シャープール1世
●  日記 卑弥呼 降臨
●  日記 安志姫神社
●  日記 大日本史の事
●  日記 冠位7階(後半)


 08出雲朝王名は国忍富(クニオシドミ)

 この時の出雲朝の朝廷は鴻巣市加美町。
15 誉田別命(応神天皇)(270)
 忍町(現在の行田市)の祖
 出雲朝8代 国忍富(誉田別命)
●  日記 日本王国の祖
●  日記 鴻巣の神蹟
●  日記 幾星霜
●  日記 国忍富の都
●  日記 誉田別命 「忍」
●  日記 国忍富 加美 箕田
●  日記 勝呂神社、オーデイン
●  日記 フェニキア以前の事

16 仁徳天皇(313)
第4回仏典結集のカニシカ王
●  日記 カニシカ王のこと
●  日記 仁徳天皇陵、皇居跡 出雲朝14代
●  日記 仁徳天皇
●  日記 荒神社へ
●  日記 囲炉裏
●  日記 竈、台所、荒神様
●  日記 寒川神社

17 履中天皇(400)
 大倭(オオヤマト)は倭に変更。
アオローマがキリスト教を国教にしました。←諸悪の根源
そのため、アオローマは深淵之水夜禮花(フカブチミズヤレハナ)、イエス様の居た出雲朝殲滅を画策。
履中天皇はイタ公侵略による、正しい歴史の消失を危惧しました。
忍(大臣)に真実の守りを託しました。
●  日記 履中天皇様
●  日記 「しの大神」
●  日記 宇迦之御魂大神
●  日記 市部押磐皇子
●  日記 クムラン洞窟 竹内文書(後半)
●  日記 死海文書
●  日記 履中天皇故郷(後半)
●  日記 履中天皇の陵(後半)

18 反正天皇(406)
●  日記 反正天皇と八岐の大蛇
●  日記 火祭りの反正天皇、イオニア海
●  日記 竹内文書 正福寺

19 允恭天皇(412)アオイタ公の傀儡
 キリスト教を国教にしたのが軍事国家ローマの間違いだった。
●  日記 盟神探湯、仁賢天皇
●  日記 盟神探湯 お盆
●  日記 允恭天皇
●  日記 オリエントとアジア
●  日記 エジプトのお地蔵様(後半)

20 安康天皇(453)
 雄略天皇に殺される。

●  日記 長髄彦
●  日記 アンカラから上尾大石へ
●  日記 川越の日枝神社、古墳
●  日記 葛城円
●  日記 古事記の最初の天皇

21 雄略天皇=EU侵略(456)
 アオイタ公 サルデーニャ島
 派遣したのはバチカン
●  日記 雄略天皇陵
●  日記 ワカタケル大王
●  日記 金錯銘鉄剣
 鉄剣に漢字で銘を入れたのは侵略のため。
当時、日本では漢字は使っていなかった。

●  日記 斑鳩の真実
●  日記 大悪天皇

22 清寧天皇(480)
●  日記 清寧天皇様
●  日記 第六天神の真実
●  日記 清寧天皇 出身
●  日記 清寧天皇の「セ」とは
●  日記 三宝荒神
top

23 顕宗天皇(485)
●  日記 若小玉、小玉作り
●  日記 オワケさんの紹介
●  日記 長屋王のご先祖様、ハルシャ王
●  日記 サクサイワマン
●  日記 出身 ベネズエラ(後半)

24 仁賢天皇(488)
・仁賢天皇→徳川家康(天海上人 談)
 古事記はここまで。ここまでが口伝だったのです。
●  日記 仁賢天皇
●  日記 オケノミコト 都
●  日記 土手、呉の孫権

25 武烈天皇(498) 朝鮮のヘイ

 武烈の古墳が朝鮮にあるのは日本の天皇を殺したからです。
 武烈はただのヘイです。天皇では有りません。
 朝鮮では伊藤博文を殺した者も銅像が建ちました。
●  日記 宝登山
 巨人・大臣の時代の終わり
26 継体天皇(507)
・安閑天皇が建立された北本市東間の浅間神社です。真の継体天皇陵。

継体天皇陵

●  日記 継体天皇
●  日記 継体天皇陵へ
●  日記 継体天皇の神璽
●  日記 真実の継体天皇陵
●  日記 マンナエ
●  日記 岩殿山 安楽寺
●  日記 16大国
●  日記 御所 安楽寺
●  日記 継体天皇御即位の地(後半)

27 安閑天皇(531)
●  日記 生出塚と安閑天皇様
●  日記 安閑天皇様の事
●  日記 諡号
●  日記 生出塚の朝廷
●  日記 拝塵の地
●  日記 国境の発生
●  日記 中山神社
●  日記 三関
●  日記 鴻巣夏祭り
●  日記 逆川とは安閑天皇の地
●  日記 旧約聖書の嘘 サムエル
●  日記 倭と日本
●  日記 安閑天皇の大倭神社(後半)
●  日記 生出塚の窯場の事件
●  日記 安閑天皇陵(後半)

 イタ公の手先、中国人が出雲を襲う。
 真実の歴史書が焚書される。
 ↓諸悪の根源、歴史を捏造した中國人。

28 宜化天皇(535)←悪霊、スサノオ本人、根の国は現在の中国
氷川神社で、スサノオは拝んではいけません。宣化は朝敵そのもの。
イザナギ、イザナミも宣化のでっち上げ。
●  日記 橋杭岩の戦い
●  日記 横見郡 野芽神社

29 欽明天皇(539)
 如意輪観音
 ハプスブルクの祖
●  日記 長福寺 陵
●  日記 丸貫の熊野神社
●  日記 虚空蔵山古墳
●  日記 天狗と仙人
●  日記 勝願時のお十夜
●  日記 フリーメーソン、地蔵塚古墳
●  日記 東漢氏
●  日記 帝紀
●  日記 ストーンサークル 大石
●  日記 都塚古墳
●  日記 メロエ 野 パラケルスス
●  日記 仏教伝来 ジャイナ教
●  日記 聖徳太子の生家
●  日記 きたしひめ 魔法陣
●  日記 三十番神社
●  日記 地熱の事
●  日記 医王寺、薬師如来
●  日記 カイン ウガヤ朝12代
●  日記 斑鳩宮、魔法陣、ヤマシロ
●  日記 啓蒙とは蒙を啓く
●  日記 君が代、聖徳太子の先祖
●  日記 多眼天皇、八端十字架
●  日記 欽明天皇の母のお社 春日神社
●  日記 トラキア人、西スラブ人(後半)
●  日記 物部氏の屋敷
●  日記 欽明天皇の窯場(後半)
●  日記 欽明天皇の陵の跡 田幡公園(後半)

29-30の間の天皇  多眼天皇(仮称)
 欽明天皇の第一皇子
 蘇我氏に殺されたため、御代、諡号なき天皇
この方が「多眼」と呼ばれる天皇。
多眼
●  日記 多目皇子お住まい跡
●  日記 第一皇子 御成橋御柱跡
●  日記 多眼皇女の補足
●  日記 多眼天皇
●  日記 多眼天皇の事
●  日記 陵 大蔵寺(後半)
●  日記 出身 ゲブゼ(後半)

30 敏達天皇(572)
 欽明天皇の第二皇子
 即位していませんでした。
 真実の30代は多眼天皇です。  出雲朝の終焉
 フジアン藤原氏(中臣)に滅ぼされる。

出雲朝の落人は闇へ。部落(black)
●  日記 敏達天皇
●  日記 敏達天皇の事
●  日記 敏達天皇役人の古墳へ
●  日記 小野妹子
●  日記 田眼皇女
●  日記 押坂彦人大兄皇子
●  日記 糠田聖泉寺、氷川神社
●  日記 向原寺
●  万葉集
top

31 用明天皇(585)
●  日記 用明天皇様
●  日記 明秋神社へ
●  日記 用明天皇陵 推古天皇皇居、陵
●  日記 穴穂部間人皇女
●  日記 用明天皇陵 殿山緑地
●  日記 聖徳太子の陵跡
●  日記 眞光寺、實相寺
●  日記 堅塩姫
●  日記 用明天皇、崇峻天皇の都
●  日記 聖徳太子の寺跡
●  日記 用明天皇のご挨拶
●  日記 用明天皇の事
●  日記 虚空蔵菩薩
●  日記 聖徳太子 マジャル人
●  日記 用土の事
●  日記 朝廷 勝龍寺
●  日記 用明天皇=ラメセス2世
●  日記 聖徳太子、アシュケナジム、三輪文屋
●  日記 ヒエの事
●  日記 用明天皇の陵 持田駅の北

32 崇峻天皇(587)
●  日記 崇峻天皇陵跡
●  日記 東国の復活
●  日記 崇峻天皇の都 大神公園
●  日記 崇峻天皇皇居跡 川越第一小
●  日記 崇峻天皇陵跡
●  日記 蜂子皇子
●  日記 崇峻天皇の都 赤塚
●  日記 崇峻天皇が没した地

33 推古天皇(592)
●  日記 推古天皇と聖徳太子
●  日記 山背大兄王
●  日記 聖徳太子の役人 物部連兄麻呂
●  日記 沼津から糠田へ
●  日記 推古天皇陵
●  日記 行宮 まいまいず井戸
●  日記 推古天皇 縮地 三つ巴
●  日記 聖徳太子の古墳、寺
●  日記 推古天皇と聖徳太子
●  日記 秦河勝
●  日記 推古天皇の事

34 舒明天皇(629) 歴史の捏造始まる。↓
 諸悪の根源は遣唐使
●  日記 舒明天皇陵
●  日記 タムラ族
●  日記 ひょうたん池の猫
●  日記 タムラ族の事 ジョエル
●  日記 万葉集 額田王
●  日記 舒明天皇のお屋敷跡へ
●  日記 歴史の捏造の始まり
●  日記 糠手媛、シチリア

35 皇極天皇(642)

おはりだ宮
●  日記 歴史捏造の始まり
●  日記 小墾田宮 小針日枝神社
●  日記 五十、八十、ウソ
●  日記 山背大兄王陵 古凍
●  日記 飛鳥板葺宮 上福岡阿蘇神社

[飛鳥時代]
36 孝徳天皇(645)中国悪霊
 出雲朝の記録が消える。
---645 大化---
---650 白雉(はくち)---
●  日記 朝廷 鳩山 持統天皇陵
●  日記 孝徳天皇の都

37 斉明天皇(655)
●  日記 中丸氷川神社
●  日記 天皇としての資質
●  日記 国の起こり
●  日記 ナタ池

38 天智天皇(661)
●  日記 中丸緑地公園
●  日記 天智天皇陵跡
●  日記 白村江の戦い
●  日記 帝紀
●  日記 中大兄
●  日記 中臣鎌足
●  日記 壬申の乱
●  日記 中臣鎌足・蘇我蝦夷陵
●  日記 岡本天明 一二三神示
●  日記 中臣鎌足陵跡
●  日記 山背大兄王、三輪文屋
●  日記 もがり

39 弘文天皇(671)多摩川、是政朝廷
●  日記 弘文天皇の事
●  日記 六道山 七所神社
●  日記 木簡
top

40 天武天皇(673)
●  日記 普門寺 朝廷
●  日記 出雲朝の真実 銅鐸の地へ
●  日記 諏訪神社 長屋王 高市皇子
●  日記 長屋王の天誅、バルダナ朝
 古事記編纂開始も失敗。

41 持統天皇(686)
---686 朱鳥(しゅちょう)---
●  日記 飛鳥浄御原宮
●  日記 古事記

42 文武天皇(697)
●  日記 文武天皇、元明天皇陵
●  日記 万光寺 文武天皇陵
●  日記 文武天皇 皇居
●  日記 この世は魔界
●  日記 マホメット(後半)
---701 大宝---

43 元明天皇(707)
---708 和銅---
●  稗田阿礼
●  日記 太安万侶
●  日記 イマーム、河原神社 出丸
●  日記 太陽神 ケプリ
●  日記 倭の事 皇居跡
●  日記 出丸の朝廷
●  日記 高負彦根神社 田甲
●  日記 元巣神社 さくら堤公園 如意輪
●  日記 元明天皇のご開運
●  日記 神代の国道工事 息障院
●  日記 Contents Torah アベの根
●  日記 県 犬養三千代
●  日記 初午
●  日記 草壁皇子も百度
●  日記 斎、サウード家、マホメット
●  日記 「アベ」、拝火教
●  日記 忍町、行田町
●  日記 サラセン帝国とウマイヤ朝
●  日記 岡宮天皇は諡号
●  日記 初午の始まり
●  日記 元明天皇陵跡
●  日記 藤原式家、越生神社、難波宮
●  日記 軽皇子、マルワーン1世(後半)
●  日記 ウマイヤ朝 略系図(後半)
●  日記 アブジャド
●  日記 イスラム圏の服装(後半)
 古事記編纂開始 元明7年頃(5年は間違い)
古事記も当初は朝廷の文字、山窩文字で、木簡に書かれていた。
・和銅遺跡(別項 秩父市保存会)
和銅遺跡(google別項)

44 元正天皇(715)
●  日記 皇居跡 桶川西校の脇
●  日記 養老
●  日記 出丸朝廷
●  日記 藤原宇合
●  日記 元正天皇と長屋王
●  日記 テオティワカン
●  日記 偉大な王 元正天皇
[奈良時代]
---715 霊亀(れいき)---
祝 古事記完成 712年1月28日
 古事記は山窩文字で木簡に書かれていました。

木簡 古事記
古事記の意味です。
250141016-15-1-1.jpg(73078 byte)
---717 養老(ようろう)---
 朝廷が西へ動き出す。役小角尊登場。
日本書紀完成 720年
●  日記 日本書紀の作成 ナチス
top

45 聖武天皇(724)

---725 神亀(じんき)---
---729 天平(てんぴょう)---
★朝廷が関西に動く
東国の証拠隠滅 
墾田永年私財法発布743年
東国と西国
 ★→倭から大和に変更

 ★朝廷の文字を漢字に変更。★
 ★これ以前はサンカ文字
 ★漢字使用開始

●  日記 天皇陵 中臣鎌子陵
●  日記 聖武天皇
●  日記 聖武天皇の出身地、陵
●  日記 日進の天満宮
●  日記 正倉院も嘘、岡部
●  日記 朝廷 八合神社(後半)

46 孝謙天皇(749)
---749 天平感宝(てんぴょうかんぽう)---
---749 天平勝宝(てんぴょうしょうほう)---
---757 天平宝字(てんぴょうほうじ)---
●  日記 西の話は全部嘘
●  日記 皇居跡 田間宮小、陵

47 淳仁天皇(758)大炊王 
san_31.jpg(2239 byte)
san_29.jpg(2121 byte)
san_24.jpg(2679 byte)
●  日記 サンカ文字廃止
●  日記 火葬
●  日記 淡路廃帝、大井町
●  日記 三保谷神社、光仁天皇陵
●  日記 舎人親王 歴史の節目
●  日記 淳仁天皇の祟、陵
●  日記 刀の事
 古事記など、朝廷の文書を漢字に変換。当然間違いが多かった。
 諸悪の根源は道鏡だそうです。
 歴史の闇の時代へ

48 称徳天皇(764)
---765 天平神護(てんぴょうじんご)---
---767 神護景雲(じんごけいうん)---
●  日記 三種の神器の事
●  日記 歴史の捏造 阻止した和気清麻呂
●  日記 和気清麻呂公の地 天沼
●  日記 称徳天皇陵(後半)
●  日記 若小玉の戦争 勝呂(後半)
●  日記 弓削道鏡、和気清麻呂公の屋敷(後半)
●  日記 クレタ島、タロース(後半)
●  日記 ペリクレス(後半)

49 光仁天皇(770)
---770 宝亀(ほうき)---
●  日記 鞍馬寺 ラマ
●  日記 藤原京 施基皇子
●  日記 光仁天皇、称徳天皇(後半)
●  日記 尺貫法 ISOLA 五七
●  日記 川間神社(後半)

50 桓武天皇(781)←朝鮮悪霊憑依
 母が朝鮮人というのも、アテルイとモレの話も百度です。歴史書は、どこもかしこも、みんな嘘でした。  
 桓武天皇も、とても優しい方です。
---781 天応(てんおう)---
---782 延暦(えんりゃく)---
●  日記 桓武天皇の皇居跡 神明神社
●  日記 平安時代、秦氏
●  日記 平安京の地
●  日記 二本木、平将門、真相寺(後半)
●  日記 都大路、平将門の首塚(後半)
●  日記 タイタン、甲山神社(後半)
●  日記 源頼朝、北条氏の出身(後半)
●  日記 東方正教会
●  日記 早良親王のお住まい、陵(後半)
●  日記 早良親王もタムラ族
●  日記 早良親王とは、祖はラー(後半)
top

[平安時代]
51 平城天皇(806)

---806 大同(だいどう)---
●  日記 平城天皇の皇居や陵
●  日記 忌部神社
●  日記 平城天皇の出身地、皇居(後半)

52 嵯峨天皇(809)
---810 弘仁(こうにん)---
●  日記 小野篁 斧
●  日記 小野篁公
●  日記 嵯峨天皇皇居
●  日記 嵯峨天皇お住まい 白山神社
●  日記 キュロス2世のおさらい
●  日記 白山神社
●  日記 嵯峨天皇皇居、吉備内親王陵
●  日記 祖は「ガ」とはガリア人(後半)
●  日記 源平の真実 箕田源氏(後半)
●  日記 拷問係の業
●  日記 自称マルス
●  日記 灌仏会(後半)
●  日記 白ウサギとはアル(後半)

53 淳和天皇(823)
---824 天長(てんちょう)---
●  日記 源仕、淳和天皇の皇居(後半)
●  日記 淳和天皇のお住まい、陵
●  日記 淳和天皇の出身地(後半)
●  日記 伊奈氏の祖、陵 浄国寺(後半)

54 仁明天皇(833)
---834 承和(じょうわ)---
---848 嘉祥(かしょう)---
●  日記 仁明天皇
●  日記 YAP遺伝子 エフライム族(後半)
●  日記 家紋(後半)

55 文徳天皇(850)
---851 仁寿(にんじゅ)---
---854 斉衡(さいこう)---
---857 天安(てんあん)---
●  日記 日本で最初の金鉱脈(後半)
●  日記 文徳天皇皇居跡 市神社跡(後半)

56 清和天皇(858)
---859 貞観(じょうがん)---
●  日記 JIZAN、マヤ文明の王、寒巌義尹禅師
●  日記 マヤ文明、皇居
●  日記 神宮大麻、金星系のお地蔵様
●  日記 清和天皇の故郷、陵(後半)
●  日記 平将門公一家、タナ湖(後半)

57 陽成天皇(876)
---877 元慶(がんぎょう)---
●  日記 古尾谷八幡神社、光仁天皇(後半)
●  日記 陽成天皇の神蹟(後半)
●  日記 陽成天皇の故郷 ヴォログダ(後半)

58 光孝天皇(884)
---885 仁和(にんな)---
●  日記 光孝天皇の出身、皇居(後半)

59 宇多天皇(887)
---889 寛平(かんぴょう)---
太上天皇、菅原道真公を登用
●  日記 凶兆と吉兆
●  日記 御室派 御室神社
●  日記 最澄 仁和寺
●  日記 天神様 菅原道真公
●  日記 後ウマイヤ朝 初代カリフ(後半)
●  日記 マルワーン2世 系図(後半)
●  日記 宇多天皇の出家
●  日記 ハプスブルグ家(後半)
●  日記 ベルベル人、ウガヤ朝25代(後半)
諸悪の根源は朝廷に巣食ったフジアン、藤原氏
=中国人

60 醍醐天皇(897)
---898 昌泰(しょうたい)---
---901 延喜(えんぎ)---
---923 延長(えんちょう)---
●  日記 平将門
●  日記 醍醐天皇陵、宇多天皇陵
top

61 朱雀天皇(930)
---931 承平(じょうへい)---
---938 天慶(てんぎょう)---
●  日記 朱雀天皇、円融天皇の陵(後半)
●  日記 同和問題 河原神社

62 村上天皇(946)
---947 天暦(てんりゃく)---
---957 天徳(てんとく)---
---961 応和(おうわ)---
---964 康保(こうほう)---
●  日記 村上天皇様のご先祖
●  日記 陰陽師 安倍晴明
●  日記 村上天皇陵 吹上
●  日記 胎蔵界の徴 丁髷、お住まい、陵跡
●  日記 安倍晴明、式神(後半)
●  日記 カラスの発生、陵(後半)
●  日記 安倍晴明、施基皇子

63 冷泉天皇(967)
---968 安和(あんな)---

64 円融天皇(969)
---970 天禄(てんろく)---
---973 天延(てんえん)---
---976 貞元(じょうげん)---
---978 天元(てんげん)---
---983 永観(えいかん)---
●  日記 円融天皇陵 丸和工業(後半)

65 花山天皇(984)
---984 寛和(かんな)---
●  日記 白川神道、倭−オマーン系
●  日記 花山寺、お住まい、ご出身(後半)

66 一条天皇(986)
---()---
●  日記 一条天皇お住まい
●  日記 一条天皇の朝廷(後半)
●  日記 源義家(後半)
●  日記 一条天皇の故郷(後半)
●  日記 一条天皇の陵 大里村

67 三条天皇(1011)
---()---
●  日記 紙、パピルス
●  日記 不老門
●  日記 赤芝新田(後半)

68 後一条天皇(1016)
---()---
●  日記 大鏡
●  日記 藤原道長の墓 福田
●  日記 チャチャポヤスから川越へ
●  日記 白山愛宕山古墳、皇居(後半)
●  日記 藤原道長のカサ、法成寺(後半)

69 後朱雀天皇(1036)
---()---
●  日記 朝廷 桶川市運動公園
●  日記 パレンケの王
●  日記 神明山古墳
●  日記 後朱雀天皇の役人 堀江氏(後半)
●  日記 最初の陵、最初の皇居(後半)
●  日記 若小玉の古戦場
●  日記 山王塚、ヤコブ(後半)
●  日記 宇佐神宮

70後冷泉天皇(1045)存在せず
---()---
●  日記 古墳を破壊
●  日記 三関の廃止
top

71 後三条天皇(1068)
---()---
●  日記 後三条天皇
●  日記 後三条天皇の前世
●  日記 御先祖様の解析
●  日記 後三条天皇 皇居
●  日記 モホスの王
●  日記 後三条天皇は蠍座より
●  日記 南米ボリビア

72 白河天皇(1073)
---()---
●  日記 白河天皇
●  日記 白河天皇 皇居 愛宕神社

73 堀河天皇(1086)
伊勢神宮創建←丹後 元伊勢より
---()---
●  日記 遷御の儀
●  日記 男衾の謎 ハプスブルグ
●  日記 榛沢郡
●  日記 堀河天皇の食事、皇居

74 鳥羽天皇(1107)
---()---
●  日記 鳥羽井
●  日記 寒厳禅師 鳥羽天皇皇居跡

75 崇徳天皇(1123)
---()---
●  日記 崇徳天皇、上皇、ホピ族

76 近衛天皇(1141)
---()---
●  日記 近衛天皇

77 後白河天皇(1155)
---()---
●  日記 満願寺勝道上人 陵(後半)
●  日記 後白河天皇の朝廷跡

78 二条天皇(1158)
---()---
●  日記 マヤの予言、二条天皇のお社

79 六条天皇(1165)
お地蔵様
---()---
●  日記 前世の敵味方
●  日記 六条天皇の朝廷、古墳

80 高倉天皇(1168)
---()---
top

81 安徳天皇(1180)
平家滅亡
---()---
●  日記 安徳天皇
●  日記 壇ノ浦の合戦は百度(後半)

 鎌倉幕府 1180
[鎌倉時代]
82 後鳥羽天皇(1183)
---()---
●  日記 田村神社
●  日記 後鳥羽天皇

83 土御門天皇(1198)
---()---
●  日記 五芒星 土御門 皇居
●  日記 日蓮、土御門天皇の皇居
●  日記 伊勢新九郎、北条早雲の事

84 順徳天皇(1210)
---()---

85 仲恭天皇(1221)


86 後堀河天皇(1221)
---()---
●  日記 お住まい 寶蔵寺

87 四条天皇(1232)
---()---
●  日記 足利氏の先祖、足利に入る(平家残党)。
●  日記 エクアドル

88 後嵯峨天皇(1242)
---()---

89 後深草天皇(1246)
---()---
●  日記 深草北陵
●  日記 皇居、陵(後半)
●  日記 神倭朝89代 後深草天皇(後半)
●  日記 下河原崎高山古墳群(後半)

90 亀山天皇(1259)
---()---
top

91 後宇多天皇(1274)
---()---
●  日記 エベンキ族
●  日記 皇居 西福寺、陵 氷川神社(後半)

92 伏見天皇 (1287)
---()---
●  日記 神倭朝92代 伏見天皇

93 後伏見天皇(1298)
---()---
●  日記 皇居 遠山記念館
●  日記 出身 キエフ(後半)

94 後二条天皇(1301)
---()---

95 花園天皇 (1308)
---()---

96 後醍醐天皇(1318)
 鎌倉幕府滅亡 1333
●  日記 後醍醐天皇の古都 カルタゴ
●  日記 新嘗祭
足利幕府(室町幕府) 1336

97 後村上天皇(1339)
---()---
●  日記 皇居と陵 伏見深草(後半)

98 長慶天皇 (1368)
---()---
●  日記 同和地区、金山、お屋敷(後半)

99 後亀山天皇(1383)
---()---
●  日記 後亀山天皇
●  日記 足利義満の住まい(後半)
●  日記 南北朝の終焉
 南北朝の終焉に伴い、太田道灌の祖父がローマより日本に派遣される。
top

100 後小松天皇(1382)
---()---

101 称光天皇(1412)
---()---
●  日記 織田、豊臣、忍の清善寺
●  日記 成田刑部少輔顕忠
●  日記 畳 皇居跡(後半)
●  日記 足利義教(後半)

102 後花園天皇(1428)
---()---
ローマ滅亡(1453)
●  日記 初雁城(後半)

幕府財政難
103 後土御門天皇(1464)
---()---
●  日記 太田道灌の祖
●  日記 後土御門天皇の皇居、陵
●  日記 アラキ、荒木、もがり
●  日記 蓮如上人
太田道灌、扇ガ谷上杉に謀殺される。(1486)(記録上)
ローマが滅亡したため残った勢力を排除。七人塚はシチリアンの象徴。

104 後柏原天皇(1500)
---()---
●  日記 後柏原天皇の陵跡(後半)

105 後奈良天皇(1526)
---()---
●  日記 後奈良天皇の陵跡(後半)
●  日記 川越夜戦、後奈良天皇のお住まい

106 正親町天皇(1557)
---()---
 足利幕府(室町幕府)1573/7/18滅亡
●  日記 陵 上尾太平中(後半)
●  日記 豊臣秀吉、正親町天皇の出身(後半)
●  日記 顕如、騎士
●  日記 日本の敵は耶蘇会
●  日記 千利休、皇居、陵(後半)

107 後陽成天皇(1586)
---()---
●  日記 皇居、朝廷 豊臣秀吉(後半)
●  日記 伊奈とは豊受大神(後半)
●  日記 後陽成天皇、後水尾天皇の古都
●  日記 マムルーク、関ヶ原の合戦(後半)
●  日記 赤松氏、浦上氏、宇喜多氏(後半)
 徳川幕府(江戸幕府)

108 後水尾天皇(1611)
---()---
●  日記 徳川の始まり
●  日記 神倭朝108代 後水尾天皇
●  日記 後水尾天皇陵、山神社(後半)

109 明正天皇(1629)
---()---
●  日記 戦争の業(後半)
●  日記 徳川秀忠、明正天皇の皇居

110 後光明天皇(1643)
●  日記 後光明天皇皇居や陵
●  日記 スイスの胎蔵界(後半)
●  日記 徳川家綱の住まい 津田新田(後半)
top

111 後西天皇(1654)
---()---
●  日記 後西天皇の皇居跡、故郷(後半)
●  日記 後西天皇の陵(後半)

112 霊元天皇(1663)
●  日記 神倭朝112代 霊元天皇
●  日記 お住まい、一ツ木氷川神社(後半)

113 東山天皇(1687)
●  日記 神倭朝113代 東山天皇
●  日記 東山天皇皇居跡、陵(後半)

114 中御門天皇(1709)
---()---
●  日記 神倭朝114代 中御門天皇(後半)

115 桜町天皇(1735)
---()---
●  日記 中御門天皇お住まい、桜町天皇

116 桃園天皇(1747)
---()---
●  日記 神倭朝116代 桃園天皇
●  日記 桃園天皇の陵(後半)

117 後桜町天皇(1762)
---()---
●  日記 後桜町天皇(後半)

118 後桃園天皇(1770)
---()---
●  日記 神倭朝118代 後桃園天皇

119 光格天皇(1779)
---()---
●  日記 神倭朝119代 光格天皇(後半)
●  日記 切り分け

120 仁孝天皇(1817)
---()---
●  日記 陵、開墾してはいけない地(後半)
●  日記 仁孝天皇の皇居、陵 御所(後半)
●  日記 ウルグアイのお地蔵様、陵(後半)
top

121 孝明天皇(1846)
---()---
 徳川幕府(江戸幕府) 大政奉還 1867
●  日記 大室寅之祐(後半)
●  日記 孝明天皇の事
●  日記 徳川慶喜(後半)
●  日記 アフガンの胎蔵界、大正天皇(後半)

[現代]
122 明治天皇(1867)

---1868 明治()---
●  日記 田布施システム(後半)

123 大正天皇(1912)
---1912 大正()---
●  日記 大正天皇の陵(後半)

124 昭和天皇(1926)
---1926 昭和()---
●  日記 昭和天皇の思い(平成25年8月15日)
●  日記 元伊勢神社
●  日記 張角
●  日記 鈴木貫太郎
●  日記 昭和の日
●  日記 昭和のこと
●  日記 昭和の日の思い ミトラ
 国民の思い

125 今上天皇(1989)
---1989 平成()---
●  日記 皇室典範
---()---

北01(1331)
---()---
北02(1336)
---()---
北03(1339)
---()---
北04(1348)
---()---
 北05(1371)
top
---()---

---()---
以下は竹内文書の記録です。
宮下文書とは御代数が違います。

・ウガヤ朝は東国、現在で言う武蔵の国が中心です。  ウガヤ朝の御代数は、記紀の1代限りは少すぎます。
しかし、50代以上は多すぎます。
実際は6代くらいだそうです。(清寧天皇談)
捏造は、何時の時代も、中国人、朝鮮人です。
竹内文書にある上古朝の記載
上古朝の神紋 上古朝は宇宙にありました。
上古初代  天日豊本葦牙気皇主身光大神天皇
上古2代  造化気万男身光天皇
上古3代  天日豊本黄人皇主神天皇身光神
上古4代  天之御中主神身光天皇
上古5代  天八下王身光天皇
上古6代  天目降美身光神天皇
上古7代  天相合美身光天皇
 古事記の始まり
上古8代  天八百足日身光天津日嗣天皇
上古9代  天八除魂身光天津日嗣天皇
上古10代  高皇産霊身光天津日嗣天皇
上古11代  神皇産霊身光天津日嗣天日天皇
上古12代  宇麻志阿志訶備比古遅身光天津日嗣天皇
上古13代  天之常立男身光天津日嗣天日天皇
上古14代  国之常立身光天津日嗣天日天皇
上古15代  豊雲野根身光天日嗣天皇
上古16代  宇比地煮身光天日嗣天皇
上古17代  角杭身光天津日嗣天日天皇
上古18代  大斗馬王身光天津日嗣天日天皇
上古19代  面足日子身光天津日嗣天日天皇
上古20代  惶根王身光天津日嗣天日天皇
上古21代  伊邪那岐身光天津日嗣天日天皇
上古22代  天疎日向津比売天皇
上古23代  天之忍穂耳身光天津日嗣天日天皇

上古24代  天仁仁杵身光天津日嗣天日天皇
上古25代  天津彦火火出見身光天津日嗣天日天皇
火星から地球、出雲に天孫降臨された方。
さきたま火祭りの主役瓊瓊杵尊

古事記にある出雲朝の初代王
top

ウガヤ朝
鵜葺草葺不合朝(うがやふきあえずちょう)
初代 武鵜草葺不合身光天津日嗣天日天皇(タケウガヤフキアハセズミヒカリアマツヒツギアメヒノスミラミコト)
2代 日高日子身光天日天皇軽島彦尊
3代 真白玉輝彦天日天皇
4代 玉噛尊天津日嗣天日天皇
5代 天地明成赤珠彦天日身光天皇
6代 石鉾歯並執楯天皇天日天皇身光天皇
7代 櫛豊媛尊天日身光媛天皇

8代 光徹笑勢媛天皇天日身光媛天皇

●  日記 エンメバラゲシ
9代 千種媛天皇天日身光媛天皇
9代 千種媛天皇天日身光媛天皇 詳細
●  日記 ピラミッドの事 セルケト
●  日記 加茂大明神
●  日記 エア、延喜
●  日記 ウガヤ朝7代
●  日記 忍の神々、受気持大神
10代 千足媛天皇天日身光万国棟梁天皇

●  日記 イザナミ アフロディーテー
top
11代 禍斬剱彦天皇天日身光万国棟梁天皇
●  日記 金星系 古墳を大別
●  日記 押上の神蹟 鷹栖神社
●  日記 ギョベクリ・テベ
12代 弥広殿作天皇天日身光天皇
●  日記 神璽
●  日記 チャタル・ヒュユク 古事記上巻
13代 豊明圀押彦天皇天日身光天皇
●  日記 豊国文字
14代 火之進奇猿媛天皇天日身光天皇
●  日記 遠山記念館
●  日記 ヒエの世界、タイタンの方(後半)
15代 臼杵天皇天日身光天皇
●  日記 アマゾン ボリビア
●  日記 比企氏(後半)
16代 産門真幸天皇天日身光天皇
17代 表照明媛天皇天日身光天皇
18代 依細里媛天皇天日身光天皇
19代 少名形男彦天皇天日身光天皇
20代 天津明少名大汝彦天皇天日身光天皇
top
21代 天饒明立天皇天日身光天皇
●  日記 佐田彦大神
●  日記 浦島太郎(後半)
22代 天押開神魂彦天皇天日身光天皇
23代 天饒国饒狭真都国足天皇天日身光天皇
24代 天饒国饒黒浜彦天皇天日身光天皇
●  日記 阿伎留神社(後半)
●  日記 阿比留文字
25代 富秋足中置天皇天日身光天皇
●  日記 鴻巣免許センター(後半)
●  日記 富秋足中置天皇天日身光天皇の神蹟(後半)
26代 種浙彦天皇天日身光天皇
 この方は中国で幻の夏王朝を建てた禹と言われた方です。 竹内文書にある通り、日本の天皇が世界を指導していたのです。
 生出塚の窯場を造った方です。
 出雲朝9代 Nag 建御名方命に仕えた方です。

●  日記 窯跡公園
●  日記 ハムラビ法典を制定
●  日記 生出塚窯跡、笹目神社例大祭
●  日記 ネムルト山
27代 建玉天皇天日身光天皇
 鴻巣の埴輪が千葉に出荷されたのは、およそ3500〜4500年前くらいからのようです。 サルゴン、建玉天皇様は、その頃の方です。
 馬室の窯場を造った方です。
●  日記 大魔神 出身地 東部緑地公園
●  日記 うさぎ山
●  日記 カアバ
●  日記 鎧、カブト、甲冑
●  日記 建玉天皇のピラミッド 日原
●  日記 馬室の窯場の事
●  日記 黄檗希運、ラルサ
●  日記 明用のコスモス 吹上
●  日記 皇女 ネフェルテイテイ
●  日記 ネフェルテイテイの姉妹
●  日記 ウガヤ朝27代 建玉天皇
●  日記 サルゴン建玉天皇の古墳(後半)
 
セティ1世
 ・サルゴン建玉天皇の後継

28代 天之海童○楽之雄天皇天日身光天皇
 tera アブラハムの父 寺 卍
●  日記 カーバ
●  日記 ノアの洪水
●  日記 古墳 忍東照宮(後半)
 
29代 神豊実媛天皇天日身光天皇
●  日記 ピタゴラス
  ・ピタゴラスは人の肉体を持っていません。
●  日記 イエメン マリブ
●  日記 ザルモクシス
●  日記 ダマスカス
30代 円脊之男天皇天日身光天皇
●  日記 トロイ戦争
●  日記 乃木希典、山鹿素行
●  日記 宝石寺
top
31代 橘媛天皇天日身光天皇
●  日記 ラムセス2世女性です。
●  日記 豊後のこと
●  日記 比企氏
●  日記 アメノコヤネノミコト
●  日記 高千穂神社
●  日記 記録の修正 アブシンベル神殿
●  日記 大分の亀塚古墳
●  日記 セティ1世
●  日記 ヒエログリフ
●  日記 部民
32代 花撰媛天皇天日身光天皇
33代 清之宮媛天皇天日身光天皇
 以下の該当は無し
注、竹内文書に記されたウガヤ34代以降の名
34代 八千尾亀之男天皇天日身光天皇
35代 花媛天皇天日身光天皇
36代 若照彦天皇天日身光天皇
37代 松照彦天皇天日身光天皇
38代 天津太詞子天皇天日身光天皇
39代 神足伊足彦天皇天日身光天皇
40代 神楯媛天皇天日身光天皇
41代 神楯広幡八十足彦天皇天日身光天皇
42代 鶴舞媛天皇天日身光天皇
43代 豊足大御中天皇天日身光天皇
44代 大炊気吹天皇天日身光天皇
45代 空津争鳥天皇天日嗣天皇
46代 鳥言足清男天皇天日嗣天皇
47代 大庭足媛天皇天日嗣天皇
48代 豊津神足別天皇天日嗣天皇
49代 豊足彦天皇天日嗣天皇
50代 神足別国押之女天皇天日嗣天皇
51代 国押別神足日天皇天日嗣天皇
52代 天津紅之枝玉天皇天日嗣天皇
53代 天開明知国束天皇天日嗣天皇
54代 高天原輝徹国知天皇天日嗣天皇
55代 天津玉柏彦天皇天日嗣天皇
56代 天津成瀬男天皇天日嗣天皇
57代 天津照雄之男天皇天日嗣天皇
58代 御中主幸玉天皇天日嗣天皇
59代 天地明玉主照天皇天日嗣天皇
60代 天照櫛豊媛天皇天日嗣天皇
61代 豊足日明媛天皇天日嗣天皇
62代 天豊足別彦天皇天日嗣天皇
63代 事代国守高彦尊天皇天日嗣天皇
64代 豊日豊足彦天皇天日嗣天皇
65代 勝勝雄之男天皇天日嗣天皇
66代 豊柏木幸手男彦天皇天日嗣天皇
67代 春建日媛天皇天日嗣天皇
68代 天津日高日子宗像彦天皇天日嗣天皇
69代 神足別豊耡天皇天日嗣天皇
70代 神心伝物部建天皇天日嗣天皇
71代 天照国照日子百日臼杵天皇天日嗣天皇
72代 彦五瀬天皇天日嗣天皇
73代 神武天皇
top07_005.png(807 byte)