・部落問題の原点 身分制度

神々の世界

・最初にお願い
・ここで見た事は他言してはいけません。やたらに口に出すと、殺されるかもしれません。
・最初の部落について掲載しました。これはあるところの地名です。神々によると、ここは普通の村、集落ではないのだそうです。
・この土地には魔界に通じているところがあるのです。それは何処か言えませんが、世界中に沢山あります。
・それが部落(ブラック)なのです。本来は、人を差別するための部落(ブラック)ではないのですが、政治的に利用されたのです。
・危険な土地が部落なのです。これが本来の意味です。ソドムやゴモラの様な背徳が起こる土地の事です。人の事ではありません。

部落の原点

・こちらは日本のあるところです。本当にブラック、暗黒です。
 ここはマスコミで騒がれました。既にグーグルでは修正されています。

ブラック、暗黒

・古代の律令制による賤民の発生←中国に習って身分を賤民と良民に分けたとされる。
・同和問題の発生は中国人渡来人が悪いのである。
・奴(ぬ)と言う賤民を五段階に分けた。賤民の一般的知識については、こちらを参照。
・役人は中国人の子孫が悪いと神々が言っておられる。その通りである。日本国の草の根(役人の利権)が腐っているのは中国人の前例容認と言う毒のせいである。
・神々は中国は悪魔の国であると言っておられる。租庸調も中国人の入れ知恵である事を忘れてはいけない。毒入り餃子事件さえうやむやである。
・国民の知らぬところで、中国人留学生には悪魔の国の子孫の役人が、小国の国家予算ほどにもなる莫大な金をくれているのである。
・奴(ぬ)とはアフリカのエジプト、スーダンから来た民である。ヌビアの民である。これが「野」である。
・日本に侵入した悪魔、利権に食いついている中国人子孫にはヌビアの神(日本神道の神産巣日神、稲荷神である田中大神、キリスト教ではヤハヴェの神)をお祭りするヌビアの民が邪魔だったのである。
・大山積神の時代にも中国は攻めてきて、その戦争中に大山積神は天界に帰られたそうである。それが山戸神社だったそうである。
・中国人は日本で生まれ変わっても根性は治らない。中国人は何処まで行っても中国人である。自衛隊でも突如免職された草(代々のスパイ)がいた。有事の時は草が本性を現すのだそうである。
・インドで言う不可触賎民とは、人を殺して、その肉を食らう中国人たちである。
・第2次大戦、太平洋戦争になったのもおかしかった。盧溝橋事件は他国に仕組まれたのである。

平成21年02月18日

・陵戸(りょうこ)→この人たちが埼玉古墳を造ったのだそうである。
・官戸(かんこ)
・家人(けにん)
・公奴婢(くぬひ)
・私奴婢(しぬひ)
の五段階だそうである。公奴婢、私奴婢が部落の者だったそうである。

・陵戸(りょうこ)
・官戸(かんこ)
・家人(けにん)
は家族生活を許され、売買されなかった。

官戸は上戸(じょうこ)、下戸(げこ)とあり、下戸は酒を飲むことを許されなかった。

・公奴婢(くぬひ)
・私奴婢(しぬひ)
は家畜と同じ扱いを受ける規定であった。

・奴婢とは主にエジプト、スーダンのヌビアの民です。

奴婢の里
・官戸(かんこ)
・公奴婢(くぬひ)
は官有であり、他は私有であった。

・素朴な疑問として、何故人がこの様に分けられたのか? いくつかの理由は見えている。
・卑弥呼が埋葬される時既に100人もの公奴婢が殉葬されたと言う。人柱と言うものかと思う。
・しかしこの時は律令制が始まる以前3世紀頃であった。
・これらの人たちは律令国家の崩壊と共に良民に混入したとされている。
・幕藩体制化においても、えた、非人、猿飼(さるかい)等が賤民身分とされた。
・これが法的に廃止されたのは1871年太政官布告の賤民開放令だと言う。廃藩置県の年である。
・県、地域によって、同和問題は大変色濃く残っている。最近の同和問題参照。
・しかし、その後も根強く残っているのが、各地区の同和問題なのである。

 ・陵戸というのは課役として墓守をしていた人たちである。
  山窩の人たちは、このカテゴリーのさきがけの様にも見えるが、律令制の始まるよりはるかに以前の事である。
  上古22代 日向方女皇参照。
 ・えたと言うのは17世紀から18世紀にかけて全国的にこの蔑称が普及した。
 しかし、その人たちの始めは本来の本州の王、神武天皇に敗れた長脛彦の関係者だと言う。
  神倭朝の発生と共に日本に存在していたわけである。2660年前からの事である。

 ・同じ様な話は府中にもある。徳川が江戸に来た時,  従わなかった旧幕府の関係者が賤民とされたようである。

・幕藩体制化においても、えた、非人、猿飼(さるかい)等が賤民身分とされた。
・これが法的に廃止されたのは1871年太政官布告の賤民開放令だと言う。
・しかし、その後も根強く残っているのが、各地区の同和問題なのである。

 同和地区問題の原点の一部かと思いますが、こればかりではありません。
 同和問題は既に述べた様に難民問題でもあります。
 今も後進国では難民を酷い扱いをしているところもあります。
 イスラエルやエジプトから来た人も多いのです。→苗字
 神代ではその様な人の交流が大切にされていたからでもあるようです。
 ある時から、そのような大切な交流も禁止されました。
 そして、エジプトから来た人たちの住居跡は吉野ケ里遺跡として発掘されたわけです。
 全ての遺跡や記録を超大国は闇に葬ったのだそうです。。
 これは欠史10代の天皇の治績がない事とも関係する事です。
 
・つまり、同和問題とは何時根を出すか分からない地下勢力を、権力者が隔離している状況もあるようです。
 
2005/08/28 
・ことらの日記には沢山の事が書いてあります。
・ことらの日記には、日本の開運のトップから行ってください。
日本の歴史