延壽稲荷神社と出世稲荷神社



・神田の航空写真です。
掲載日 2007年12月02日

神田の航空写真
2006/10/30 編集

・ご案内 地下鉄が便利です。りそな銀行を目印にすると直ぐ解ります。

延壽稲荷神社


延壽(えんじゅ)稲荷神社


・りそな銀行の左を入って直ぐです。

延壽稲荷神社

・こちらは日本一小さいと言われていますが、すばらしいお狐さんがいる延壽稲荷神社です。
かっては土井能登守の屋敷にあったようです。今は関係者は居ないようです。

延壽稲荷神社 お正月
土井 利延(どい としのぶ)は、肥前唐津藩の第3代藩主。土井家宗家7代と成った人。

享保8年(1723年)、分家で5000石を領した大身旗本・土井利清の長男として生まれる。
唐津藩の第2代藩主である土井利実の長男であった土井利武が享保18年(1733年)に早世したため、利実の養子として迎えられる。
元文元年(1736年)、利実の死去により家督を継いで第3代藩主となる。

元文2年(1737年)12月、従五位下・大炊頭に叙位・任官する。しかし幼少のため、家老の土井内蔵が政務を代行した。延享元年(1744年)に死去。享年22。

後を弟で養子の土井利里が継いだ。

土井古河家系図

@利勝―┬―A利隆―┬―B利重
      |       ├―C利久
      |       └―D利益――E利実――出雲守利武
      └―能登守利房――豊前守利良――備前守利清―┬―F利延
                                      └―G利里
2007年12月01日


 ここから近いところに出世稲荷神社があります。


出世稲荷神社


 りそな銀行から3つ目のかどを左に入って直ぐです。
 
出世稲荷入口


 とても良く手入れされた神社です。

 出世稲荷正面

 こちらが神社の御由緒です。

出世稲荷の由緒

 本殿の鈴の下にご降臨された大宮売大神様の玉体がおります。下には、この神社の2体のお狐さんが居られます。

出世稲荷拝殿に大宮売大神様

・こちらは2007年12月1日の月次祭のご開帳です。訪問者様に送って頂きました。
 お狐さんが2体でご挨拶をしています。

2007/12/1月次祭

町名の由来など





shusse_003.jpg(119112 byte)