日本の開運

道中、その2
やや予想外の山に不安を覚えながらも、私は橋を渡り、秦野南小学校を目指して歩いた。
 少し歩くと、私の左の前方に滝が現れた。予想外であった。しかも立派な滝である。
畑を通していただき滝に接近した。
 やはり立派な滝である。越生の黒山三滝より水量が多い。
 立派な滝の前で、ご案内のお狐さんが姿を現した。これが白笹稲荷神社の筆頭様である。
立派なお狐さんである。
畑を通していただいて、元の道に戻った。
既に、小学校が見えた。
ここが、白笹稲荷神社への最大のチェックポイント、秦野市立南小学校である。
この先が神社のはずである。
最後の交差点が見えてきた。あそこを左折すると神社は近いはずである。
ここで歩いた道は以下のようです。