日本の開運

道中、その1
 駅から墓地を回りこみ、道なりに歩くと最初の分かれ道と思われるところに出た。

 ここは大きな通りを道なりに進む事を決断した。

感じでは、大きな茂みの右辺りが、神社の方向だと思った。

この川の右側を歩き、奥に見える橋に出た。

予想と全く違う道であった。このような山とは夢にも思わなかった。埼玉の秩父の様である。

歩いてきた道は以下のようです。