池上本門寺 長栄堂のお狐さん

2004/11/23 編集
2007/06/14 更新
一昨日から、東京のお狐さんが来ています。
いつものように、お狐さんにお社に案内していただきました。
お狐さんは東京は大田区にお堂があると言いました。



ここは本門寺という有名なお寺があります。
お狐さんは本門寺を示して、ここだといいました。
私はまさか本門寺にお狐さんは似合わないと思いました。。



 いつものように地図を拡大すると本門寺内に長栄堂という所が出てきました。
まったく鮮やかです。(;^_^A
 ここは大威徳天(稲荷神の中の托枳尼眞天様との事です。)を祭っているのです。それで、お狐さんがいたのです。

honmonji_12.jpg(123691 byte)

 立派な石像です。

honmonji_14.jpg(117375 byte)

 このお狐さんは、6体いるうちの次席のお狐さんで、ここにくる前は三浦の城ヶ島の「州の御崎神社」に居たそうです。
筆頭のお狐さんは笠間稲荷から参られたそうです。笠間稲荷からは2体のお狐さんが参られたそうです。

 大田姫稲荷神社から2体、伏見稲荷、豊川稲荷から、それぞれ1体づつ来たそうです。霊験あらたかなはずです。





長栄堂に来る前に次席のお狐さんがいたのは、この洲崎神社で、その前が大田姫稲荷神社だったそうです。
もちろん宇賀之御魂大神様の辞令によるのだそうです。
お狐さんは、とても忙しいのです。

このお狐さんは♂で働き盛りの492歳だそうです。
もちろん都内の1等地のお社を任されるのですから実力派です。
かっての繁栄を極めた太田姫稲荷神社の出身でもお分かりと思います。
このお狐さんの生まれは和歌山で、伏見稲荷大社で修行したそうです。
かなりの名門コースを歩んできたお狐さんです。
大田区の皆様は、この長栄堂に参拝されると霊験あらたかな幸福な日々を過ごせると思います。
是非、ご参拝されることをお勧めいたします。


2004/12/04

 土曜の午後6時頃でした。
社主が大きな音で「コン」と私を呼びました。東京から神様が来たというのです。

 私はどちらの神様かと思ったら、前にお狐さんがやって来た本門寺の方だと仰られました。
本門寺は日蓮が没した所で、大変大きなお寺です。日蓮宗は日蓮亡き後、2つの宗派に分かれ争ってしまいました。

 さらに分かれた日蓮宗は、日本全国で問題を起こしている宗教団体の母体に成ってしまいました。
日蓮はこれらの問題で今も大変に苦しんでいるそうです。無理もありません。

 この日参られた神様は3300年ほど前にインドに出られた方で、日蓮を指導した神様だそうです。
やはりドラビダ人で13歳の時に出家され68歳まで肉体に居られたそうです。
 写真に三柱の神様がおりますが、向かって一番左の方だそうです。2代目の方も指導したそうです。
調神社の写真に写っている方です。如来様です。

 灯篭の上の光の玉がそうです。



本門寺の如来様
 このお寺には6柱の神様(眷属)が居られると言っております。(これは眷属のお狐さんのことでした。)

 如来様によると日蓮の前世は太陽の裏のX星だそうです。曲がったことの大嫌いな人々の星です。
日蓮の性格でも判ると思います。

 そのため日蓮は弟子たちの分裂でも大変苦悩して、地獄に落ちて苦しんでいるのだそうです。
インドでも蓮の華(古代蓮)は大変神聖なものであることは知っていると思います。

 日蓮が蓮の華を尊んだのは、この如来様の指導なのだそうです。
お釈迦様も蓮華の教えを垂れています。

 この神様と出た年代の近い宇賀之御魂大神様も蓮の華を尊んでいます。
神様は日蓮が苦しみから抜けられないので、日蓮宗が元のようにひとつに成って欲しいそうです。

 もちろんとんでもない問題だと思いますが、日蓮を語る宗教の者がすべき仕事のはずです。
日蓮を指導した神様は、名誉や欲で分派した者たちがいけないと言っております。

 問題の新興宗教は破門してしまったお寺にも管理責任があるといっております。
確かに地位名誉金儲けに染まった悪しき者たちを野放しにしてしまったような気もします。
これは日蓮宗関係者の宗徒全ての問題だと思います。

 教祖を地獄に落としっぱなしで、宗教などといえますか?
邪宗を解散させ、元のひとつの日蓮宗にまとまって欲しいそうです。

 以前来たお狐さんは、この神様のお使いで来たのだそうです。ご苦労様です
ちなみに、私のところでは一切の苦情は受け付けられませんのでご了承ください。
日蓮宗の皆さんが善処してくださいますようお願いいたします。

honmonji_24.jpg(169371 byte)