kaiun01_02w170.jpg 

狭山 野々宮神社
 

平成17年2月15日の昼下がりでした。
最初のお狐さんのお話が終わってから次のお狐さんが参りました。
聞けば埼玉県内のお社で、太郎子山稲荷神社の社主の友達だと言うのです。
歳も社主より3つ上の♀のお狐さんだそうでした。
笠間稲荷より赴任して56年だそうです。
早速、お社に案内していただきました。

2008_01_18_12.jpg

お狐さんは狭山から所沢に向かうあたりのある地点を示しました。
もちろん私の全く知らないところです。



野々宮神社と言うお社が登場いたしました。

2008_01_18_13.jpg


立派です。





















 良い看板です。龍神様に化けた蛇には注意しましょう。
 悪い蛇は新興宗教です。過収入を求める心は悪魔の誘惑です。→「コン」




 この下の三枚は2006年の写真です。



nonomiya_01.jpg

こちらがご本殿です。初めて知ったお社です。^_^;
ごらんのように、本殿には狛犬(高麗犬)の像があります。日高(かっての高麗)との縁は大変感じられます。
下がお狐さんの像です。心無い人、朝鮮から帰化した人が顔を壊したそうです。
現実には狛犬は日本には殆どいません。お狐さんの顔を壊した人は祟られたかもしれませんが当たり前です。私も許せません。
それで以前のお狐さんは、ここをやめて他所に行ってしまったのだそうです。当たり前です。

nonomiya_02.jpg(80816 byte)

 お狐さんによると佐田彦大神様(猿田彦大神様)と大宮売大神様が現実には御祭神で神社をお守りしているのだそうです。
現実にはこのお狐さんがお参りに来た人をお手伝いしているのです。
日高にある野々宮神社の分社である事は違いないそうですが、元々は稲荷神様をお祭しているのだそうです。

天照大神様も御祭神なのですが、当地に来られる事は無いそうです。
やはり、多くの日本の皆様には稲荷神様が正一位の神様なのです。

それも、もちろん優秀なお狐さんがお手伝いしているからです。
狭山内外の近郊の皆様、是非霊験あらたかな狭山野々宮神社に御参拝頂きます様お願い申し上げます。
とても立派なしっかりしたお狐さんが三代目で頑張っております。

石像を壊した方の子孫には、作り直していただくと嬉しいとお狐さんが言っております。。
壊したものが地獄から助けられるための最低の条件のようです。

nonomiya_03.jpg(86341 byte)
もちろん、他の方が作ってくれたなら、ご利益は大変なものになると思います。
倉を建てたい方は、まずお狐さんの像を作ってあげてみてください。倉を建てるくらいは過収入ではありません。
・・それから月日は流れ、徳のある方に お狐さんの像が、新しく造られました。
とても立派な像です。











 
 ここまで、野々宮神社のお狐さんが何度も「コン」をしてくれました。

 これでいいかなと思うと、「コン」と来るのです。とても楽しいものです。
お狐さんの「コン」は音階や調子で、良い、駄目、もう少し等、意味が解ります。

 今日は、このページのために、全部で9回の「コン」をしたそうです。。
ここのお狐さんも力のある、お狐さんです。

 狭山所沢方面の方はお参りされると良いと思います。
もちろん新興宗教の信者、会員の方は辞めてからお参りしてください。