鴻巣古墳群
八幡神社古墳
2009年08月24日 編集

かっての安養寺村の村社です。
 あの家の向こうが元荒川です。







 御祭神様、八幡神様が居られます。霧のように見えるのが神々です。



 神社周辺

 神社入り口の水の調整設備

 ここも、かっては前方後円墳だったそうです。台座部分の土は悪い者が持って行ったそうです。
朝鮮からの侵略者だったそうです。沢山居ます。

 ここは弘法大師も来たと言う、大事な古墳だったのだそうです。「阿」の土地です。大山阿夫利神社のご縁なのです。

 八幡神社は大山祇神、大山咋神、常世岐姫、応神天皇など諸天善神の降臨される神社です。
ここ安養寺の皆さんも、ウガヤ29代の時に、ここに来たのだそうです。

 私は安養寺の人はアフリカから来たと思っていたのですが、大山祇神様によると、イエメンのアデン(エデン)から天の浮き船で来たのだそうです。下の船です。

 大山祇神様によりますと、天の浮船は、現在の神社の東南に着陸したそうです。そして、安養寺村が始まったのだそうです。天の船は、本物は、もちろん岩でできています。岩船とはここから来たのです。

 これを造ったのは、アデンのフリーメーソンたちだったそうです。これ以上は秘密です。
この土地は、弘法大師もやってきたそうです。



埼玉古墳群
※参考文献…「埼玉県古墳詳細分布調査報告書」(1994・埼玉県教育委員会)など

・クリック





現在の閲覧者数: