(フレームメニューが無い時はクリック)

第4章
2003/05/26更新
2015/09/03更新
13.太陽系の星

taiyoukei_02.jpg(89916 byte)

太陽系の星のことについて 
03/09/12 掲載開始


05/02/12 更新 

 太陽系の中心である太陽です。

 万物の生存の営みを可能に成らしめている偉大な星です。
偉大な精神の人々が住んでいます。太陽の人たちの施設は全て地下にあります。
アミ小さな宇宙人」をお読みください。

 太陽の人を信じる人と疑う人がいます。あなたはどちらでしょうか?
この地球の低いレベルの科学や教育で優秀だった人には信じられないかと思います。

 たんぱく質は42度で分解して、霊等は存在しないなどと言う事を理論構成の基礎にしていては真実は何も理解は出来ません。
人間の頭脳には低いレベルから高いレベルまであって、その時の精神状態で高いレベルを高い世界の霊と真理、真を共有できます。

 人間の高いレベルの脳はいかなるスーパーコンピューターより数百万倍の演算能力を持っていると言われています。
DNAコンピューターと言う方もいます。既に結果を知っているのですから当然です。

 脳内細胞に限らず、神経細胞や神経を繋ぐシナプスは光の伝達に拠る通信をしています。
この伝達間経路は本来は力率が100%、損失がゼロなのです。

 これは抵抗がないと言う事です。
世に言う超電導です。物理では絶対零度でしか、超電導の達成はありえないようです。

花
 そのため一秒間に何兆回計算しても、清い人間の高いレベルの答えは導くことが難しいのです。
強引な計算により莫大な熱をクーラーで冷やすスパコンと人間では訳が違います。

 それにスパコンは誤ったパラメータを入力しても強引に結果を出してしまいます。
コンピューターが暴走して人間を滅ぼすと言うのは夢ではなく、今まさに雇用上で人類は滅ぼされつつあります。

 コンピューターに計算させると、(全人類-1)を滅ぼすと地球上の全財産を独り占めできるからです。
これは機械的、工学的に疑う余地の無い正解です。イラク戦争もこんなプログラムの導いた結果なのです。

 この場合、コンピューターを正しいものにするには、地球人類の持っている「財産」と言うパラメータに属するものを消去する必要があります。
この場合「共産主義」「資本主義」による戦争、利権に絡んだ地位や名誉、貨幣と言うものも消去され、争いも無くなります。

 多くの場合の争う事の意義が無くなるからです。


 宇宙の何処かではスパコンの計算結果によると一億度の熱帯があるそうです。皆様はこれをどうお考えに成りますか?
太陽も宇宙の意志の下におかれ、規則正しい光を発し、地球も規則正しい回転、公転をしているのです。

 正しい信仰に至れば、全ての人は平等に神の光を頂けるのです。
正しい世界ではいかなる利権、不公正も存在してはいけないのです。

 高層ビルがいけないのはここにも理由があります。日照権は法律にもちゃんと規定があるのです。
超高層ビルなど悪魔の産物以外の何者でもありません。宇宙から公安の円盤が偵察に来ています。タイタンから来たそうです。

 タイタンはモーゼ、開化天皇などの故郷です。

9.11_01.jpg



第一惑星 水星
suisei_01.jpg(30076 byte)

 一番太陽に近い星です。平均気温は30度くらい。生物の生存できる大気ではありません。




金星  2003/07/05
第二惑星 金星

金星

 厚い雲で覆われているそうです。多くの地球人類の祖(太祖と言います)が来た星です。
多くの方が知りませんが、地球の支配星です。

 アダムスキーで有名な金星です。平均気温は26度くらい。ナサの発表の400度は間違いです。

 コンピューターは60度以上になると熱で停止します。ナサだって間違いはあります。
何しろ大気がないと気温は存在しないのです。地球の方はどれほどの方が理解しているでしょう。

 今年は(2004年夏)暑かったので、パソコンの修理が大変多かった様です。
私も以前暑い夏にパソコンを駄目にしてしまった事がありました。

 ナサの言う事は「ああそうですか・」くらいに受け取った方が良いと思います。
貨幣はなし、一部にテレポート能力を持つものあり。地下文明ですので、地表面からは何もわかりません。
地球の倍以上文明が進んでいます。地球とほぼ同じ大きさですが、人口は地球の四割程度の様です。髪の毛は全て金髪です。

 イエス様や多くの神が居られます。




地球 2003/07/05
第三惑星 地球

chikyuu_01.jpg(46556 byte)

 宇宙の問題?の星です。
嘘の情報が飛び回っています。気をつけましょう。

 宇宙で貨幣が最も大きな権力を持っているは地球と言われています。
悪い仕事があるために、魔界の者たちが唯一来られる星です。

 魔界の者に騙されないようにしましょう。




火星 2003/07/05
第四惑星 火星
kasei_01.jpg(19419 byte)

 地下に巨大な都市があります。今は誰もいません。
良い星を見つけて移住した様です。かっての文明度は地球の1.8倍程度のようです。

 仙人や天狗、陰陽師と言った方が独自の世界を創っています。龍神もおります。
五つの霊界になっています。修行、精進の霊界のようです。




木星 2003/07/05
第五惑星 木星


 地球の11.2倍の大きさ、太陽系最大の惑星です。
質量は地球の318倍と言われていましたが、現実はその8割くらいの様です。引力は2倍近くあります。

 木星人は大柄で,平均2メータくらいの身長があるようです。
人口は地球の6割程度。貨幣はありません。

 国もありません。ひとつの世界です。太陽系で最も文明が進んでいます。
この世界を地球から観たことがありますが、地球と変わりませんでした。

 会議中のところが心=想念体に見えたのです。違うところは金髪なだけでした。
背広も着ていませんでした。かってのギリシャの哲人風でしょうか?

 なぜ他の星のことまで見えるのか分かりませんが、ここに載せるために見せてくれているようです。
かって、三田光一という方は月の裏側を念写いたしましたが、魔界の手先の学者が反対しました。

 そんなことはインチキ、手品であると。
しかし、立派な写真でした。

 千里眼の女性の方も酷い目にあいました。知ってる方も多いと思います。心の腐った学者に葬られたのです。
福来先生も大変でした。

 アメリカやソ連、中国、イギリスでさえ日本のような馬鹿ではありません。
科学で認知できないことも国益に適うと思えば研究してきました。

 アメリカではFBIの捜査に協力しているものもおりますけど、私はいたしません。
凶悪事件をリーデイングすると100%と言って良いくらい、事件背後の魔界の者が文句をつけに来ます。

 「余計なことをするな」と言うのです。聖霊も「あなたの仕事ではありません」と言います。
そう言えば、アメリカの方もテレビで行方不明の捜査はしますが、凶悪事件はしておりません。

 同じ理由からだと思います。ひどい事件は背後にそれなりの恨みのある事も多い様です。

 霊能者の中には優秀な方がいて警察に表彰された方もおりました。
この方も守護霊に注意されたそうです。「悪い者は捨てておけと」。皆さんの心の方が大切なのです。

 上野にも優秀な霊能者がいて、凶悪事件に協力していた様です。
ところが、ある日、事件の真相を知りすぎていると言われて、馬鹿な刑事に逮捕されたそうです。(^_^;

 勿論無実です。魔界の者が刑事を唆したのです。この霊能者は二度と警察には協力しないそうです。当たり前だと思います。

 当然、証拠もないのに逮捕状を出した裁判官も魔界の手先です。冤罪なのですから。
魔者の思ったとおりの結果になったわけです。
こうして、この世は魔界の者が思ったようになることが多いのです。(-_-;)

 かって、お釈迦様は3千世界を見たといっておりました。
この地球に転生してきた方は少なくとも2千回は生まれ変わっているとのことです。

 この太陽系ばかりではないのです。
ただ、殆どの方が、この地球上では魂のファイル、メモリーを制御できません。

 この地球では、生まれた途端に魔性のウイルスに胸のコンピューターシステムが侵されるからです。
一瞬で過去世の記憶、魂のファイルを喪失してしまうのです。復旧はとてつもなく大変なのです。

 ご自分のコンピューターで経験した方も多いと思います。

 私も向こうの世界で、これが持っていけたらと思っていることがあります。
百科事典のようなものです。宇宙の秘密が載っているようです。

 向こうで読んできても、こちらでファイルを開けないのです。
地球の遅れは教育環境が悪いことが大きな原因です。そして多くの魂が地獄に行ってしまうのです。

 しかし、長く地獄に落ちているものさえ、その魂の歴史の中のでは一時なのです。

 木星の平均気温は18.5度くらいで地球よりやや寒いでしょうか。
地球でもそうですが、温かいところは文明が進みません。

 文明が発達しなくても、生活に困らないからです。本来の地球は苦しみの無い天国なのです。→「コン」
南の楽園のような島国ではお金もあまり要らないようです。

 沖縄のある島では給与所得者は2名といっておりました。物々交換で間に合うようです。

 貨幣がない世界でも物の集配所はもちろんあります。
巨大なセンターもあります。読めない文字で看板がありました。

 すべてはコンピューター管理のようです。地球でもそのくらいの技術は目前です。
地球でも大企業の工場ではロボットカーが走っています。

 製造、検品、出荷まで機械化だと人がすることは設計、メンテくらいです。
今、従来の人の仕事が無くなりつつあるのは当然なのです。

 労働から開放された時間を心の世界に向けるのも大切なことです。
木星のことは語り尽くすのが大変です。

 相対性理論の誤りについても木星人は指摘してメッセージを送ってくれています。




相対性理論

 私を悩ませたものとは?

 相対性理論のことです。もう30年ほど私の心の中で鬱々としていたのです。
駿河台にあった大学のキャンパスで突如私を襲ってきました。

 宇宙からのメッセージです。
「 エネルギーは質量*光速の2乗ではありません。」
 (☆o☆)←尾っぽを踏まれた猫?
 それまでアインシュタインのことを研究してきて、解った振りをしていた私でした。
 おろかな者でした。・・・m(_ _)m
 宇宙からのメッセージはエネルギーとは直線的、平面的なものではないと言うのです。
 コサインθ(←力率です。)に虚数は存在しないのです。

 答えは後でサイトに載せます。 
少し言えば、その答えは変異する座標と言うところです。

 この地球の全ての理論は自分を絶対とする天動説的なものが原点です。
かって、アインシュタインは宇宙空間も地表の表面のようなものであると言いいました。

 空間が屈折していると言うことです。
これは宇宙に果てがないことを言っています。

 確かに地表にも果てはありません。
 そして、原点自体が変移していたのです。

 これが、やっと解ったことです。と言っても偉大な霊に教えてもらったのですが。

 私も聖霊が心の中にいると感じることもあります。
 守護霊や指導霊が人に入っていくときは、一瞬その方に電気が流れたように見えます。
  でも本人は気がつきません。
 光が頭からすとんと入ります。(←悪霊は勿論闇です)
 信じられるでしょうか?
 霊は骨に入ります。肉体と霊を結ぶものが骨髄です。
 天子の羽に見えるものは、肩甲骨から出る光です。
 光は骨から出るのです。
 今あなたを駆け巡る思いは誰のものか、今考えてください。w(^_^)
 そこに、アインシュタインの言わんとしていた答えが見出せるかもしれません。
少し難しかったと思います。
人から聞いても駄目です。←相対性理論はこの事を言っています。
聖霊や正しい?宇宙人に尋ねるのは結構です。だます悪霊には注意してください。
余計な金銭欲があると騙されます。注意しましょう。
木星は霊界も既に述べたように太陽系最大です。
多くの星を管理しているのかもしれません。
宇宙的認識では木星の衛星は全部で19ありますが、地球で現在確認されているものは30です。
このうち3つの衛星に全部で二千万人程度の住民がいるようです。
地球では小さなものまでいれて木星の衛星は三十以上と言われていますが、幾つにするべきでしょうか?





天王星 03/07/05
第六惑星 天王星

何も生命はいないようです。生命に必要な大気がありません。
反省のための霊界と地獄界があります。邪な星とはここです。
星が98度横になっています。地球では明けない夜はありません。
しかし、この星は違うようです。朝の来ない夜が続くのです。
地獄が存在できる理由がお分かりになったでしょうか?

暗い世界に落ちているものたちも光を求めています。
光の庇護無くして存在できる存在はありません。

しかし、この地上で考えを誤ったものには、光を得ることは容易ではありません。
そのため、無知で善良な者たちを騙して、食い物にしようとするのです。深海生物の様です。
光りある世界から落ちてきたものや沈んで来た死骸等を食い物にしています。
深海生物も光の恩恵無くして生きられないと言うことです。
地球人の強い者は提灯アンコウと言うのが似合っています。提灯には気をつけましょう。

chouchin0201.gif(6140268 byte)

この星には動物界と言う動物の霊界もあります。猛獣の世界と家畜とに分かれているようです。

動物は皆自己主張が強いものが多いです。民族問題を連想してしまいました。
人間も個性はいいのですが、愚かな者に限って唯我独尊を実行してしまう様です。

愚かな者は欲も深いので、制御できぬ力を持ちたがります。そして、破滅です。
そのような者が再び、三度・・・・と帰ってくる星がここです。よくあきません。
生きてるうちに自分を検証して、精進してほしいものです。





土星 03/07/05
第七惑星 土星 
dosei_01.jpg(17319 byte)
直径が地球の9.4倍、質量が95倍と言われています。実際は直径が9倍で質量は76倍程度の様です。

人口は地球のの26%位の様です。文明は地球程度のようです。平均気温は16度程度。
平和でのんびりしていて宇宙に行こうなんて思ってないようです。

この世界の方が瞑想中に2名で挨拶に来ました。かっての友のようです。やはり大柄で驚きした。
もっともアトランテイスのときの男性の私も、身長185センチで金髪、赤っぽい肌をしていました。(^o^)
今とは別人です。←当然ですが。乗る肉体によって考えも変わります。(^o^)
挨拶に来たうちの一人は白人で、もう一人は黄色人種です。頭が少し天然パーマの様でした。
農耕型の民族で貨幣あり。人種により三つの国に成っているようです。
最も地球的な星です。体型はやはり大柄な人が多いようです。
文明の差が問題になっているようです。キリスト教圏とイスラム教圏のような違いを感じます。
この地球もイスラム教、キリスト教、仏教と3つの宗教圏になっています。
これがそのまま国になった感じでしょうか?
宗教はないようです。太陽系の前世が土星の方も多いようです。外宇宙の方も多いです。
貨幣は太古の昔に統一されていますので、国の争い=戦争はありません。
勝っても負けても自分持ちでは戦争など起こらないでしょう。
多くの方が睡眠中に土星の霊界を訪問しています。沢山の川があります。ちゃんと橋もあります。
家畜を飼っているのも地球人と土星人だけですが、土星では牛のようなものは食べません。
地球人が食べている牛や豚、羊、彼らには何の罪もありません。
毎日多くの家庭で食卓に上がる肉は一月前には健康な動物だったのです。
肉を食べる方は狂牛病や凶豚病も怖くないのでしょうか?....
地球では大小35の衛星があると言われています。現実にはもっとあるようです。

浦島太郎の事

 神様によると竜宮城は土星にあるのだそうです。
竜宮城に行った浦島太郎は、玉手箱を開けたら一遍に年をとりました。
 私のサイトの書いてある通り、土星の1年は地球の29.5年ほどになります。
 これが浦島太郎が一度に年を取った理由なのだそうです。
 




タイタン 03/07/05

土星の星 タイタン
タイタンは緑の美しい星です。

今回の新発見はタイタン星人です。身長は20センチです。美しい青い光に見えました。
そうです、座敷わらしです。
小さな円盤は彼らのものです。とても心がやさしいのです。よく地球にも来ています。
彼らは昔から襖の柄に描かれています。
小紋と言います。私もこの柄が好きでした。根強い人気だと思います。何故好きかは解りませんでした。
同じような光の玉でも違うものがおります。光の量が違うし、光が濁っています。
光の色や強さが違うのは違う者たちです。多くは不浄霊です。
実在界では光の量で住む世界が違うのです。タイタンは太陽系では最上級なのです。
白いものは人の分霊=思いです。次の項目に豊川稲荷の写真を載せました。
タイタンの方は金銀青の美しい光と思ってください。まったく違う様に見えます。
そしてもっとすばらしい光が次の写真です。
seirei
これは晴明神社に降臨した大明神様である。
太陽系の外から来た聖霊様である。
既に太陽系を卒業されている方たちである。
タイタン星人は光の色が青いのである。
寿命的には共に一億年以上自由である。
役の行者(えんのぎょうじゃ)が目指した世界の存在である。
霞を食らい生きられるのである。
これは霊山の清い水が必要であると言う事である。
こちらも大明神様である。
色が似ている。
何より社主が大明神様と言っているので間違いない。
勝手に空飛ぶ円盤などにしてしまうのは、何も知らない地球人の悲しさである。










襖の柄について

小紋とはどんな柄か?
襖のひざ下に帯の柄があるものがあります。これだけでは公団住宅などの低廉なものですが、
糸の入った高級な襖紙はそこに美しい金銀の光の玉が描かれている物があります。これが小紋と言う柄です。
多くの土地で、この光の玉は家の守り神です。大事にしましょう
タイタンは土星よりはるかに文明が進んでいます。しかも実在界だけです。
そのため、タイタン星人には肉体的寿命はありません。いたいだけの期間、そのままいられるのです。
たとえ一億年でもです。望む期間です。一億年くらいのものが多い様です。
何故地球に来るのかと言えば、胸のコンピューターが地球の悲しみに反応するからです。 したがってタイタンは土星とは交流がないとのことです。宇宙の問題は地球なのです。
土星から来たと思ったメッセージは彼らのものでした。
タイタン星人は二千万人ほどいるようです。感激でした。
 日本神話で言う大己貴命(おおむなちのみこと)はタイタンの方だったのだそうです。

大己貴命
  


  

    人の分霊
toyokawainari
これは豊川稲荷である。
写っているのは人の分霊=思いである。
沢山の参拝者がいろいろな思い(お願い)を置いていくのである。
それをお狐さんは全部チェックしているのである。
色も大きさも皆違うが、前出の晴明神社の聖霊様の光を見て比べれば、地球人がどの程度の存在か、理解できると思う。
神社の水周りとかにも漂っていることがある。









2003/6/28 交信録

しばらくタイタンの方が来なかったと思っていたら、ある晩のことです。
寝ようとしていたら机の上でラップ音がしています。
誰か来ているなと思って寝に入ったら、目を瞑った私の目の前に可愛いアニメの女の子がいます。(^o^)
まるで、座敷わらしそのものです。
タイタンの方は非常にレベルが高くて謙虚なのです。地球人のように攻撃的なものはおりません。
謙虚でレベルの高いものは子供の様に成れるのです。
座敷わらしに縁のある方は皆その様です。
今の地球人のレベルでは彼らの世界を想像することさえ不可能なのです。解るでしょうか?
彼らとの記憶は次の日に一切ありません。
私たちのメモリのファイルにはセーブできないのです。波動が違いすぎるからです。
そのため彼らもいろいろな工夫をして地球人にメッセージを送っているのです。

感謝です。m(_ _)m


第八惑星 海王星

必要な大気がないため生物はいません。
第九惑星 冥王星
海王星に同じ





謎の星  太陽の裏側の星
地球の0.7倍程度の大きさで人口は2割程度のようです。文明度は地球の三倍ほどのようです。国も貨幣もなし。
簡単に各惑星の紹介をいたしました。
食料も多くの星では空間物質を加工しているようです。野菜でもいくら食べても良いものではないのです。牛や豚は勿論、肉はとんでもありません。
肉を食べていることは毒を食べているのだと認識してください。
あなたなら、ペットのかわいい動物を殺せますか?
 牛や馬、豚、羊、犬を殺せますか?
そして、その死骸を食べられますか?
前世がこの星と言う方は、日本には結構多いです。
正確的に少し変わっているかもしれません。








中国食人史
中国食人史

かっての中国では人肉を食べていました。2005年現在でも公然と食べています。
中国では戦いで負ければ食われてしまったのです。
「塩漬けにして食ってしまうぞ」と言うのは中国人の脅し文句です。
肉の塩漬けを「シジオ」と言ったそうです。孔子もシジオが好きだったそうです。
ところが、ある日食べたシジオが、かっての弟子だったことが判ったそうです。
孔子は大変悲しみ、この日以来シジオを食べるのをやめたそうです。

平成25年01月22日 編集
 上記の部分は中国人の嘘でした。
こちらが本当の孔子の姿です。

本当の孔子の姿

本当の孔子の姿

本当の孔子の姿

孔子も日本の皇祖皇大神宮に学んでいるそうです。
※孔子(BC551-479)-論語(言行録)が有名である。諸国を歴遊して30年治国の道を説くが用いられず、その後教育と著述に専念。
六経(易経、書経、詩経、春秋、(らい)、楽経)の内容を取捨選択して万世に教えを垂れた。
徳川幕府が朱子学を官学としたため、林羅山(1583-1657)を招いて本郷湯島に聖堂を建立し孔子の像を安置した。
 朱子学は倹約を旨とし、禁欲を説いたからである。権力者が好き勝手をしたらすぐに世の中は暗黒になるからである。
そのためか家康から4代までは無難だった様な気がする。
 一方、陽明学は心の霊明で得られる良知を良いものとし、私欲を努めて除去せねばならないと説く。
わが国では中国渡来人の子孫らである、中江藤樹(なかえとうじゅ)熊沢蕃山(くまざわばんざん)、佐藤一斎、大塩中斎(大塩平八郎)、佐久間象山、高井鴻山らが唱えた。
日本の陽明学の祖と言われる中江藤樹(1608-1648)は最初に朱子学を学んだ。その後、王陽明の致良知説を唱導。
熊沢蕃山は弟子である。

戦後は横浜の中華街でも浮浪者が食われていたと言ううわさがあります。
けた違いにおいしいからのようです。肉が何かを知らずに、お客が来たからです。
今は出来ません。しかし、20年前までは本にさえ、人肉料理のうわさが載っていたのです。
中国人は何でも食べるんだと言うアミの言葉があります。
ただ、中国でも人を食べるのはごく一部の特権階級の人間だけです。当然です。
味を覚えた方はやめられないのかもしれません。それにしても、未だに公然と食っているとは知りませんでした。
味に耽溺してはならないというのはお釈迦様の教えです。深い意味を持つ教えです。
これがお釈迦様の真の教えなのです。あなたの周りで、正しく教えている教団はありますか?
食べるものは波動表を参照して下さい。肉を使わなくてもおいしいものは沢山出来ます。
食料は聖書に出てくるマナと言うものに近いかと思います。
空中から降ってきたというパンのようなものです。
後に解釈した人は空中からパンが降ってくるわけがないと言って、この現象を否定しました。





仙人について

仙人はかすみを食っていると言うのも有名な話です。仙人と天狗は近い種族のようです。
天狗の鼻が高いのはかっての人生の地位が高かったからです。
一説によると高僧が多かったそうです。
役の行者(エンノギョウジャ)と言う方は元々はウバソクと言う在家の仏教信者だったそうです。
生まれつきの博学だったそうです。
雲に乗り、空を飛び、一億年たっても変わらない仙人会に遊び、花に覆われた苑に、霞を食って暮す事を乞い、40過ぎに出家したそうです。
説によっては出家していないと言う方もおります。
在家の毒、垢をすすぎ孔雀王の呪法を習得したそうです。

 孔雀明王とはアショカ王です。景行天皇様として践祚された方です。平成25年01月22日
その陵が、日本一の円墳、埼玉古墳の丸墓山です。

孔雀明王 アショカ王 景行天皇様

役の行者の事は金峯山を見てください。
彼はある星での過去世を思い出したのです。
しかし仙人も、立派な方ばかりではないようです。
自分の名声と力のためのみに修行したものもいるからです。
そのようなものには、悪い動物霊が力を貸すものもいるようです。
インチキ霊能者と一緒で、本人は悪霊に支配されていることを気がついていません。
それは、呪詛を行う全ての行者について言えるようです。
彼らは日々自分の技術を磨いているようですが、時に隠した子供をこの地上に戻せなくなったりしてしまったこともあったようです。
時には、偶然に亜空間に入ってしまう人もいるようです。
そして戻ってきた人もいるようですが、殆どは戻れないようです。




神隠しにあった方を探す方法

昔から、神隠しにあった方を見つけるには篩が使われていました。
現代でも理由が無いのに家族の前から突然姿を消してしまう人が多数おります。
時々テレビでも放送しておりますが、昔は村では鐘が打ち鳴らされ総出で探したそうです。
この時、呪力を持つ篩で観ると、網の目を通して子供が見えたのだそうです。
時には帰ってくる子もいたそうですが、大変疲れていたとの事です。
最近もある田舎でありました。覚えているでしょうか?
子供が山の中をあんなに歩けるわけはありません。かわいそうでした。
亜空間(異次元世界)はいつでもありますが、普段は口をあいておりません。
神隠しの多くは山間部で起こっていますが、都会には神霊の使えるエネルギーが足りません。
ピラミッド型の山、霊峰はそれだけで力があります。
山から立ち上る力が見えるでしょうか?
宇宙の力とのバランスで、亜空間の口が開いてしまうこともあるようです。
富士山は樹海の中では磁石が働かないそうです。これが山の力とも関係しています。
日本では山に神社を造って、古代よりエネルギーを調整していたのです。
お寺も山が良いのです。そして山には石があるから良いのです。
山の神、神隠しについて少しは参考になったでしょうか?




宇宙エネルギーについて

事実は小説より奇成りです。文明が進むとエネルギーも空間から取り出せるのです。そして,資本主義も終わりです。
既にイスラエルのキブツ(自給自足の農業団体)ではこの装置を実用化しています。
日本でも中松先生が作り上げています。永久機関です。ヨーロッパのある国はこれを3000億で買いに来たそうです。
先日、テレビで発表していましたので、覚えている方も多いと思います。
みんなが持ったら東電は即倒産でしょう。電気料、ガス、水道等誰でも払うのは大変ですから。
しかし,髪の黒い人類は少ないです。若い人が髪を染めるのは前世を思う潜在意識の叫びだと思います。みんな、理由はわからないのです。
そして、木星,金星は男女と言うものはありません。中性です。地球でさえその時代があったのです。時代の波動で人間の体は変わるのです。
木星,金星の平均寿命は1200歳くらいです。
銀河系全体では1300歳くらいの平均寿命の様です。一回生まれて魂が落ち着くのに70年かかると言われています。

せめて,100年くらいは基礎的な勉強をするのが、宇宙標準の様です。
狂牛病のことについて。ヤコブ病とか言うものは宇宙から来た病気のようです。

もちろん、宇宙のどこかには薬もあるそうです。

しかし,今の地球には合成すべき薬品材料もまだないそうです。
天から雨に混じってきたのでは対処もできません。しかし、宇宙の意思も2割ほどあるようです。
他の動物を食うなということです。農家を虐めようとしたわけではない様です。
救いは祈りにしかない様です。




太陽に住む存在について

多くの方は太陽に高度な意識を持つ存在がいると思いますか? 
太陽の温度は一万度といわれています。
その太陽に住む存在は体温が8000度程度のようです。
太陽も地下文明です。
全ての施設が地下にあるのです。
勿論、住んでいる方にとっては、太陽は熱くはないのです。
ある方もメールを寄せられた。
「ある教授(故関英雄工学博士)らによれば、太陽は(摂氏)27度くらいとありますが、8000度という説と違っています。」
全ての生物は生きられる温度の域がある。
川の魚だってハヤでさえ30度を越すと狂って死ぬ。フナや鯉は平気である。
しかし、この温度も絶対温度、華氏では(273.16+30)=303.16度である。
次元が違うと存在する物質はもちろん法(現象の発生理論)も違うのである。
宇宙の空間密度も、宇宙によって様様に違う。
太陽の人々は多くの惑星に住む人類とはまったく違う生存系に位置しています。
波動がとても高くて、一般の霊は太陽には転生できないのです。
また、逆も大変なのです。(知りたい方は小さな宇宙人アミの本を読んでください。
私は銀河系宇宙や太陽系、太陽をリーデイングしてからこのサイトを創りました。アミの本もその後知ったのです。同じような内容が載っているのは偶然です。)
太陽の住人は、高度な意識を持ち銀河系の会議にも参加しているようです。
この銀河系の中央で行われる会議です。
ここには、この銀河系の全ての英知、歴史等のデータベースがあります。
私はここにアクセスして多くの知識をいただきました。そのおかげで、このサイトは出来たのです。
他に誰も教えてくれません。縁ある方へのボランテイアですから、他にどうにもなりません。
この太陽系で銀河系の会議に参加しているのは太陽の住人だけのようです。
微生物の中にも、500度以上の温度に生存するものも発見されています。誰が否定できるでしょうか?
お釈迦様は2500年前に全てを断定してはならないと言っております。
時には、太陽から木星に転生するものもいるようです。太陽系のあとの星には出来ません。
あまりにレベルが違うところには転生できないのです。

2004年10月11日、この記事を編集していたら心の中に太陽の方が現れました。
地球の神様的スタイルで飛んで来たのですが、地球には出たことは無いそうです。
立派な白髪をたたえられています。地球的には、この方が大明神様です。
宇賀之御魂大神様や八幡様は諸天善神様です。太郎子山稲荷神社の写真を見てください。
年齢は太陽年で39万8416歳だそうです。太陽年は地球年の592倍だそうです。
地球年では2億3586万2272歳と言う感じでしょうか。
もちろん大明神様は日本中、世界中の全てをご覧になっているそうです。
全ては太陽の恵みによって与えられているのです。太陽に感謝するのは当然です。






レプタリアン

動物も人間にあこがれていても、人間に転生する事はまず不可能なのです。
ごくまれに前世が牛であったとかいう人もいますが、もともとは人だった魂のようなのです。
かって、この地球で人体が不足していたためやむなく動物に一時乗ってしまった魂もいたとの事です。
そして、哺乳類どころか肉食の爬虫類にさえ乗ってしまったものさえいるのです。
そのような魂は爬虫類の輪廻から抜け出してもなお魂のDNAが修正できないのです。
レプタリアンと言う存在については、恐竜人間とか表現している人もいます。
心の目で見ると恐竜に見えます。現在意識にはショックが強すぎます。
元アメリカ大統領のある女性秘書は当時の大統領の真の姿を見てしまって10年も精神的に治療を要したそうです。
個室で変身するのを見てしまったそうです。
その息子さんも見てしまったようで、あまりのショックにドラッグに走ったようです。
今はその方も大統領をしています。
親子で戦争好きで、世界中がやめろと言うのにイラクを酷い目に遭わせました。
このレプタリアンの一族が地球を支配しているのでは、一般の善良な人が住みやすい世界はなかなか出来ないのは当然です。
恐ろしい弱肉強食の波動を持つものは皆さんも感じていると思います。
法の光が心に届かない人たちです。お釈迦様の言う縁なき衆生でしょうか。?
そして、動物の輪廻から抜けられない魂もいるようなのです。
このような者が、ある時、輪廻を解脱すると前世は牛であったとかということになるというのです。
あるとき、新聞に出荷間近の豚が人間に噛み付いたと新聞記事が載っていました。
この豚は人類の魂が乗っていたのではないかと思いました。
普通の豚は出荷が死とは感じないと思います。この豚は何かを感じていたのです。
かって、太陽系にあったもうひとつの有人星から避難民が地球に来たとき、人体に転生
できなかったものは、牛に60%、豚に20%、恐竜に6%、その他に14%
が転生したそうです。
一億三千五百万年前のことです。十二億五千万人ほどが移住してきたようです。
その星の人口の80%くらいのようです。あとの方はその星でお亡くなりになったようです。
牛に乗っていても偉大な魂は能力を発揮したため宗教によっては牛は神となりました。
菅原道真公も牛は大事にされていたようです。何故でしょう?
michizanekou食べるなどとんでもありません。豚についてもいろんな事があるようです。
植物もいくら食べても良いと言うものではないそうです。感情的には動物以上のものもあるようです。
食べるものは五穀を中心にすべきでしょう。根菜類は良いようです。
葉ものが良くありません。なすキュウリや果物も駄目みたいです。
木としては大変な苦労で育てたでしょうから、無理も無いでしょうか?
肉類は牛,豚はまったく駄目、鳥は25%くらい良し、ウサギは50%良しです。
基本的に血の出るものは食べてはいけないのです。
そして問題は未だに動物の転生輪廻から解脱できない魂が2%もいるようなのです。
もしかしたら、あなたと縁のあったものもいるかもしれません。
ギルガメッシュも魂のDNAが肉体形状に出たため頭が牛になってしまったのです。
私の街でもかってそのような方がおり、死後東大で研究のため遺体を引き取っていきました。
親御さんやご本人の苦しみは想像も出来ません。もしご近所でそのような方がいらっしゃったら心で祈ってあげたいものです。
私も最近まで、その星のことさえ深くは知らなかったのですが、ここで研究所を開設してから怒涛のごとく、善悪色々な方が来出したのです。
色々な知恵を持ってきて頂きました。
最初は魔界の者たちが妨害に来ました。
しかし、彼らさえ、今ではこのホームページの内容に感心しています。反省を始めた者もいるかもしれません。
彼らには只で奉仕する者と言うのは考えられないのです。
叩いて埃の出ない者はいないと言うのが彼らの哲学だからです。
困っている者に援助をするどころか、病人の布団まで借金のかたに剥ぐような人生を送っていた者も多いのです。
魔界転生も動物からの転生もどちらも解脱が必要です。
解脱できていないものがかってのあなたの近親者だったらどうですか?
普通の人は近親者が地獄にいるだけでも恐ろしくなると思います。
それでも肉も食べるという方には何も申しません。
ちなみに、銀河系でこれほど肉を食べるのは地球人くらいのようです。地球人の程度は宇宙水準の10万分の一くらいの程度だということを認識しておいてください。
幸いなことに海産物はたいてい良しです。お酒は適量で良し。
日本酒は問題無しですが、発泡酒47%,焼酎が48%良しなのにビールは27%です。
すでにビールは税金の多すぎるのが問題なのです。波動の良いはずがありません。
話が広がりましたが食べ物に耽溺してはならないという、お釈迦様の教えが深い意味を持っていたと感じないわけにはいきません。
多くの宗教で肉食を禁ずる事の深い意味がお分かりになったでしょうか?
ある宇宙人は例外的にほんの少量ウサギを食べていました。今地球にいるウサギはある宇宙人が持ってきたのです。
イルカとともにです。イルカは癒しの能力があるからです。
ウサギの波動が高い理由が判ったでしょうか。?
我々の肉体は色心不二ですから、肉体によっては調整のために少量の肉を必要とすることもあるようです。
肉体の細胞が激しく要求する人もいるようです。
もちろん本当はいかなる動物も殺してはいけません。
多くの宇宙から地球に移住しようとして環境の調整に努力をしたようです。
20くらいの種族が来ましたが、何とか定着したと言えるのは日本人の種族くらいのようです。
そして世界中に人類が移住した様です。
もちろん今の人間とは組成が違います。肉体も精神も違ったのです。
住む土地によって生物は変化します。代を連ねると変わって行くのです。
心も変化します。その土地で生まれ続けると自分も先祖の故郷も解らなくなるのです。
そしてやがて、いろいろな事があり、その地域で独立したくなるようです。
そのためには、自分たちの秘密を守るための言葉や、組織を守るための罰則決まり(=律)が必要になります。
聖書には「神は言葉を分けられた」とあります。
インドでは、その部族の者は家庭に帰ると、その部族の言葉を使うそうです。
それは500以上あるのだそうです。政府にさえ実態が不明なのだそうです。
文字も同じです。外部のものには解らぬ様にしたのです。
日本語も縦書きで右から左に書いていました。
戦前は横書きも右から左に書いていたのです。戦前の会社の看板はその様に書いてあります。
尺貫法も改正され戦勝国アメリカから、ミリやキログラムの単位を押し付けられました。
何時でも戦勝国と言う名の悪魔は敗戦国の文化を破壊します。それは多くが記録にも残りません。
われわれの目の前にあるものは多くが元々宇宙にあるものなのです。
それを、欲に目のくらんだものが自分の発明だと言って特許戦争をしています。
馬鹿な裁判官は一社員の請求を認めて、企業を倒産させるのです。
裁判官は地獄以外に行った者を知りません。ある方は連帯責任だと言っております。当然でしょう。
独自で発明したなら同じようなものが世界中で同時に出来ると言うのがおかしいのです。
ところが、昔からこの様な現象が起こっています。
日本でも青色ダイオードを俺が一人で発明したと言っていた愚か者がいました。
会社の設備、インフラがあって初めて出来たのです。思いあがるなと言うところです。
ところがこの社員を雇っていた会社は他の大企業でも権利を主張されています。
両方の会社の請求を認められたら、中小企業は一たまりもありません。
こんな事を思いつくのも、この世が悪魔の世界だからです。
それで、荷担した裁判官は全て地獄に落ちているのです。
もちろん裁判官になど成ったから悪いのです。自分の責任です。
私の知っている元裁判官は地獄にいないと思ったら、写真をつけてメール下さい。
何故裁判官が黒い服を着せられているか、その意味が解ります。
帝銀事件ではありませんが、犯人が捕まらないと警察や検察の面子が立たない事があります。
それで日本の検察は帝銀事件をはじめとした多数の冤罪をでっち上げてきた様です。
サリン事件でも、松本で疑われた河野さんは「恐ろしかった。」と言っております」。
冤罪承知でも有罪にして死刑にするには、なあなあの刑事裁判官だけの方が都合が良いのです。
・・なんか、臓器移植問題と似ています。
裁判官など最初から国家の犠牲なのです。私が学生の頃は裁判官希望者などいませんでした。
元裁判官の遺族が、死んだ元裁判官に魘される為、負担を減らそうと裁判員制度を創めたのです。(復活ですが)
ここに来た方は信条的な問題で、この仕事を拒否できない様だとは知っていると思います。
私はもちろん裁判員のお願いなど拒否します。現実を知っていますから当然です。

時代と文明
何でも大陸から伝わってきたのではありません。
同じ人類でも、あまりにレベルの違う惑星に転生しても波動が合いません。
意識と肉体波動のギャップが大きすぎると大変危険なのです。死んでしまいます。
まして地球では教育の環境さえ整っていないばかりか、指導者さえ事実をわかっていないのです。
地球は暗黒の世界なのです。そのため地球人は寿命が短いのです。
日本でも戦国時代は50歳まで生きたものすら6割程度で平均寿命は41〜42歳以下だったそうです。
 昭和四〇年頃の日本においても国鉄の職員は平均寿命が55〜56歳くらいだったと思います。
相撲取りの次に短かったのです。当然、年金破綻の心配など全くありませんでした。
不思議な事に国鉄に行っていた方はこの位の年齢でばたばた死にました。
やはり業を持っていたと言わざるを得ません。前世で、関連する事業で利権を得ていたのかもしれません。
事実を自ら知ったものと言うのは、悟りつつあるものです。
聖書に出てくる人は500歳600歳です。モーゼも600歳まで生きたといわれています。
それでも宇宙的には短いのです。
かって再建王などといわれた人も多数おりますが、その生活は皆質素です。
生活を見ればその人たちの主張が正か邪か、自ずと判るはずです。
豪華な家で贅沢三昧では何をかいわんやです。
このような家に住んでいるものの言うことを聞けますか?
脚の裏を見てもらって金を取られたり、壺を買わせられたり、良くある話は動物霊がついていると、自分の事を言っております。
日本の役所でもあります。4割は動物霊が関与している所が。あのG省です。
多くは一般の狐です。(稲荷狐ではありません。)勿論、自分らの正体が解らないようにやっています。
半分は何処かでご本人が拝んだのでしょう。大義名分によって人間の出世に力を貸しています。
後の半分の狐は何処かで勝手にエントリーしたのです。
こちらが騒ぎを起こしやすいのでしょうか?
稲荷狐に成り損ねたコンプレックスがあるのでしょうか?
殆どの稲荷狐は稲荷大明神の支配下におりますから、悪いことは出来ません。
稲荷大明神(この方は人間です)のすぐ下にいるのは13の府県にいる41体の白い狐です。
その下に数万の稲荷狐がいるようです。
この世界は今、稲荷大明神を頂点とし、白い狐は大きな社(全国で13)、その下に地方の社と現場で働く狐の4層になっているようです。全ての狐が現場に出るようです。
人間と狐がこのような協力関係を明白に築いたのは、まだ1060年ほど前です。
天慶五年、942年のことです。時の神社庁が稲荷神社を正一位に奉ったのです。
太郎子山稲荷神社の霊験でも片鱗は解ると思います。朱紫色は貴族にしか許されない色なのだそうです。
千年前にも稲荷大明神や眷族の稲荷狐たちは、偉い貴族たちにこの霊験を見せたのです。
狐はこの地球での生活が長いため、知恵があるのです。六億年とも言われています。
人間と協力した方が発展できると認識したものがいたのです。これが伏見稲荷神社にいるオススキ、アコマチです。
しかし、騙して利用しようと言う一般の悪い狐もいるのです。
人間と同じです。
イギリスでは伝統的に狐狩りをしていましたが、これは悪さをした狐がいたからです。日本でもありました。
したがっておねがいをする時はご注意ください。
御礼にしても、お願い一件について、油揚げ2枚、稲荷寿司2個が限度です。出来ない御礼は約束してはいけません。
何故、動物霊が人間を利用するのかと言えば人間によって自分らの思い、食欲と性欲等本能の満足も実現できるからです。
一部狸もいるようですが、狐とは力が違います。狐に勝てる狸はおりません。
狐と狸の馬鹿しあいとは、この役所の中のことを言ったのかもしれません。
公金を著露まかして、省内メールで連絡を取り合い、高級ホテルで不義密通とは役人の仕事であるはずがありません。
こんな心の役人が、この役所には8割もいるのです。動物の悪いのと人間の悪いのが半々のようです。(T_T)
しかし、真面目に働く、心正しき職員も2割ほどはいるようです。そのため、多くの人が解体を訴えているにもかかわらず、何とか持ちこたえているのです。
(続く)



地球人類の未来

 地球人類の歩みは今から三億六千年以上前との事ですが、その人類の歩みについて少し述べます。
2003年某日、あるテレビで、3億年以上前の人骨(中国)や金属のボルト(ロシア)が見つかったと放送していましたが、どれほどの方がこれを受け入れてくれたでしょう?
 あなたはこれを信じますか?
 私のところに来ている方は「やっぱりそうかな」と思った方も多いと思います。
この手に持っている石の中に3本のボルトが閉じ込められているのです。
地球人類は移住者も含め増えつづけ、今から約2億3千万年前には323億人にもなったようです。500以上の国があったようです。
もっとも、お釈迦様が生まれたインドにおいても当時は小国が乱立し100以上の国があったそうです。
いまだにインドにおいては各家庭ではその部族の言語が使われ、少なくともその数は500以上はあると言うのですから、納得も出来ます。
政府も実態は解らないようです。今の地球人類に与えられた知識がいかに微々たるものか、想像に難くありません。
又支配者たちにとっては民衆は無知な方が良いのです。簡単に操れるからです。外務省の実態でもお分かりと思います。
当研究所の指導員のアミ(メニューの聖書参照)に言わせれば、地球は争いのない理想的な星になれば800億人が暮らせるのだそうです。
私もそう思います。地球は本来すばらしい星だと思います。そして、それは権力者が戦争を放棄した瞬間から可能なのです。
しかし、いつでしょう?
日本だけでも5兆円の防衛費を計上しています。アメリカは45兆円です。2003年はイラク戦争でそれに別途20兆円以上を上乗せしました。
日本は4年続けて3万人以上の自殺者、8万人の行方不明者が出ています。
でも、このお金が資本として中小企業に回ったら、こんなことには成りませんでした。
今1円で会社を起こせると言っています。実際起こした人もいるようです。
あまりに、これまでの経営者を馬鹿にしています。
大企業を保護しようとして、自己資本比率の高い零細企業を片端から倒産におい込み、経営者を自殺に追い込んでおいて、今度は会社ができないと言うのは当たり前です。
今から、誰がこんな国で従業員を抱えるような事業などはじめますか?
何も知らない人だけです。
銀行だって、これからも借り手がいませんから全部倒産するはずです。
昨年、2002年に天から来年倒産すると言われた銀行は本当に潰れました。
私は天からすべての銀行の寿命を聞いています。
役所や銀行に、死に追い込まれた者たちのネガテイブなエネルギーは最後まで消滅しません。
熱力学の第2法則、エネルギー不滅の法則を皆様もご存知だと思います。馬鹿な役人も知っているはずです。
どこがエネルギープログラムの最後かと言えば皆様もお分かりと思います。
庶民を仕事だと言い訳をして軽い気持ちで殺した銀行や役人たちです。
すべての悪役人とその子孫が死に絶えるまでエネルギーは働きます。そのくらい強いエネルギーなのです。
そして、国は滅びると言うのが事実です。今2003年の現状を見て趨勢上どこが違いますか?
天が言うには、今の日本では子供を残したい親さえ3割です。去年より2割も減ってしまいました。どうしますか?
私は2002年に小泉総理に死んでいった者たちを祭ってあげてほしいとメールしたことがあります。本気です。
そのくらいひどい状況なのです。ワールドカップやクラシック鑑賞どころではなかったはずです。
古来より
多くの天皇たち もいろいろなことで神社を造って来たのです。このようなことも理由の一つなのです。
このような話を理解できる能力もトップの資質だと考えますが、皆様はどう思われますか?
信じようと信じまいと、今の日本が滅亡に向かっているのは事実なのです。異論がある人はお知らせください。
さて、地球上には、その後もいろいろな争いが起こり、一億二千万年前頃には200億人,八千万年前には80億人、四千万年前には30億人となり、
二千万年前には絶滅寸前の10万人と成ったようです。
地球人類は初の入植から今までの間7度にも及ぶ大騒ぎがあり、最初に来た方の中には地球に見切りをつけた方が多いようです。これが、その星の人類の滅ぶパターンです。
魂にとって最も悪いものは堕落の発生です。良い指導者がいないと役人に発生します。どんなに究極の文明を手に入れても精進を忘れてはいけないのです。
星も宇宙さえも生きています。今の地球の文明も堕落が始まったらあっという間に消え去ります。原因の多くは役人の腐敗です。
日本にさえ消え去った古代文明は80以上あったそうです。
写真は四億年前の人骨が見つかったと言われる中国の地図です。
日本でもいろいろな古文書の真偽が言われていますが、公に正しく伝わっている歴史は2割以下です。
2000年前の聖書さえ6割しか正しい部分がありません。ここ何年かでも書き換えられた部分がありました。
イエス様が仰ってない事も載っています。為政者に都合が好いようにです。
学校で教える数学物理もあとで調べなおさないと危なくて仕方がありません。法律もしょっちゅう特別法が制定されていますから、要注意です。
昔と言っても私の時代ですが、日本では電子は電気と反対に流れると教科書に載っていたのです。
日本独自の理論だったそうです。サルが人になるとどちらがいいでしょうか?(^o^)
世界で日本だけがこんなことを信じていたのです。
誰が教科書の検定をしているのでしょう? 
それを信じた方はどれほどいるでしょうか?
アインシュタインも日本に生まれていたら、相対性理論も世に出なかったに違いありません。
そして弱いものに都合の良い法律はみんな削除されつつあります。
とりわけ,今最も危ないのは環境問題です。オゾン層の破壊です。先日土星方面(タイタン)から知らせがありました。
地球が赤くなりつつあると言うのです。大変危険な兆候です。最悪のものはジェット機です。これが環境破壊諸悪の67%を占めているようです。
ジェット飛行機は今の15%に減らさないといけないそうです。このオゾン層の破壊により地球には有害な宇宙線=電磁波が直に降り注ぎます。
そのため免疫不全等の治療不可能な疾病が増え続け、今後40年程度で地球の人口は最悪一億人になるようです。
当然、そのままですと、そこから10年で地球人類は滅亡との事です。困ったものです。今のままですと人類の滅亡は遅くとも2052年頃です。今年も昨年以上の熱量が予想されます。夏の外出は気をつけましょう。
もし今飛行機を85%削減すれば100年でオゾン層は復活するようです。難しいでしょうが。今やらないと人類は大変な危機です。
思いきって飛行機には乗らないようにしましょう。せめて、プロペラ機にすればまだいいようです。20%の効果がありますがジーゼルも駄目です。
京都議定書の拒否にしてもアメリカは強行ですけど、5年ほどするとアメリカも少し環境問題に注意せざるを得なく成るようですが、そこまでです。
結局飛行機は減らせないようです。このようなパターンで生存のため地下都市を造る人類は多いのです。愚かな者です。
危険な宇宙線は様様な病気を引き起こす可能性があります。悲しい事ですが直射日光には注意しましょう。
(続く)





アトランテイス

 アトランテイスは神の怒りで滅びたようです。原因は役人の腐敗です。役人の私利私欲はいつの時代も切がありません。2006年以降に発覚した日本の社会保険庁問題も氷山の一角です。
 稗田阿礼神様によると、アトランテイスは地中海にあったそうです。

 なんと、ノアの洪水前は地中海や紅海がなかったそうです。アトランテイスは今のオランダのように低地だったため大雨の1日目で水没したそうです。
そして、莫大な量の水は、地球を浄化するため、神々が木星から持ってきたのだそうです。ローマの最高神がユピテル(木星)です。

アトランテイスの跡

アトランテイス人はその歴史の中において肉体を有していなかった時代が二万年程度あるようです。アトランテイスは建国して以来人々は精神の向上を図り、建国して三万七千年目頃から肉体を有さず活動出きるように成ったようです。
しかし,その後再びあるものから肉体の喜びを求めて、肉体をあらわし始めたようです。アダムとイブの話の原型に近いようです。
確かに、肉体的快楽や食の楽しみはなかったでしょうが、苦しみもなかったのです。全ての因果も見える能力があったのです。
それらを捨て去ってしまったことはあまりに大きな代償だったのです。そして、当然ながら様様な争いが起こってくるのです。
アトランテイスは宇宙文明でした。平均的な寿命は750歳だったそうです。貨幣もなかったそうです。
私もアトランテイスに7回出ているそうです。地球に15回出てそのうち7回です。ムーについては、やはりおかしいと思っていましたが、無ーだったそうです。ムーに当たるものは無かったと言う事です。
ある日、瞑想中に頭の部分を長く改造した人の頭が見えました。下の写真をご覧ください。川崎大師のお釈迦様の像です。

お釈迦様

 当時の私は、被験者の頭の内部がガラスの様に透けて見えています。レントゲンやCTではありません。
そのような能力か装置があったようです。悟りを得るためには、このような頭部が重要なのです。
私がアトランテイスにいたとき、人の寿命を延ばすためにも、そのような研究をしていたそうです。
 脳漿(頭蓋骨内の液体)が多くなるため脳に負担が掛かりづらくなり、脳細胞が長寿に成ったようです。これが重要なのです。
脳細胞は、他の細胞と違い、死んだら終わりなのです。
その時は125歳で学校を終わって950歳くらいまで生きたようです。800年以上医学を研究していたようです。
アトランテイスには癌と言う病気はありませんでした。他の宇宙においてもありません。
地球人は多くが魔族のため、肉を食べます。これがいけないのです。心当たりの方もいるはずです。
しかし、あまりに人の地球での寿命を延ばすことは良くなかったとの事です。
中には2000年以上も生きた人がいたようですが、やはり適当なところであの世に帰るのも必要なようです。
もちろん進んだ文明では過去世を思い出せます。と言うより忘れないようです。
過去世を思い出せないのは教育環境が悪いからです。
前世や霊を迷信など言っていたのでは、あなたの本質は何ですかと聞きたくなります。
向こうの存在がメインなのです。これを信じて都合が悪い方は修正すれば良いのです。
そして、正しく信じることがメモリースイッチをオンにすることなのです。新興宗教には気をつけてください。
正しいところもあるかもしれませんが、多くは皆様のためになりません。
お金も時間も大変ですが、それより間違った教えは心の毒です。注意いたしましょう。
せめて、霊界を信じない方も昨夜の夢くらい覚えていてほしいものです。
こちらに肉体がなければずっと夢の中(=霊界)なのです。
夢見の悪い方は反省して神に光をいただいてください。あなたの心の中の神なら無料です。
でも悪霊には注意してください。謙虚であり、お金に関わらない事を確認してください。
神霊は絶対「自分は神だとか、偉い者だ。」とは言いません。
肉体寿命は長すぎてもいけませんが、今の地球人類はお話になりません。
こちらに生まれてきて魂が落ち着くのに70年掛かりますから、せめてそれ以上は生きることは必要なようです。
短命が性同一性障害に繋がる事は既に述べました。
今の地球人は細胞の組成が問題で、最大でも170年程度しか生きることはできないようです。
当時はアトランテイスと他の国は文明の差がありすぎて国交はなかったようです。

アトランテイスは大西洋に浮かんでいた8つの島だったそうです。アゾレス諸島近辺のようです。
日本もかっては大八島と言う言葉がありました。
大八島を日本と思っている方が多いのですが、日本の島は八つどころではないと思います。
竹内文書には現在の地図にない沢山の大陸が記されているそうです。
今は土星の3つの国も文明の差がありすぎて問題だそうですが、どこの星も発生する問題は共通点があるようです。
せめて地球も貨幣くらい統一すれば少しは違ってくるかもしれませんが、難しいようです。
現状では強いものが許可しません。



創世記としての現代
ある方の問答より
<問> 実在界は、いまの現象界より高度の文明を持ったところであり、人類が他の天体より天孫降臨して来た当時は、実在界と常に交渉をもっていたといわれます。
ところが私たちの知る範囲の人類では、長い原始時代を送っています。
現在の地球の文明を考えますと、この辺のところがどうも理解できません。 
 <答> 特殊な乗り物によって地球上に降り立った人類は、あの世・実在界と交信ができ、文明も高かったことは拙著にある通りです。
その人類の子孫であるのに、長い原始時代の生活があったということは、あなたが指摘する通りです。
ではなぜそうなったか。この点については、まずこういうことを考えてみて下さい。
例えば鉄骨ビルを作る技師、工場、図面、そしてこうした方向に働く人びと、それにビルそのものが、突然この地上から姿を消したと仮定してみて下さい。
おそらく、再びビルを建築するには、長い時間と、技師を養成する教育、発明といったものが必要になってくるでしょう。
人類の歴史は、ノアの方舟現象が何回となく繰り返され、文明が進んだと思うと崩壊し、進んだ時点で再び天災に見舞われ、文明を支えていた科学者、技師、発明者、それに文明の象徴である建築物や機械類が地上から抹殺されていったのです。
生き残った人びとのなかに、こうした科学者や発明者がいても、工場や資材、研究室、図面や資料がなければ、抹殺される以前の文明に変えるのには、長い時間をかけなければならないでしょう。

地上文明は、常にこうした繰返しを重ねてきました。
このため、一億年前の文明より、今日の文明が劣っていたり、あるいは文明の方向が違ってきていることは否定できないと思います。



宇宙からの使者

あなたは多数の宇宙からの使者、関係者を知っていますか?☆刀B・。・★。・。☆・刀B・★・。 ( ̄ー ̄(。-_-。 )ゝ キレイナホシダネ♪
アダムスキー 金星人とのコンタクトで有名です。
かってアメリカ大統領の相談役でした。
嘘などつくでしょうか?

マイヤー

スイスのスーパースターです。
遠い宇宙(ラーソン)から、プレアデス人によって呼ばれてきた魂と言われています。

アミ

小さな宇宙人アミで大ヒットしました。親交宇宙の使者です。
地球救済計画を実行中です。
当研究所のインストラクターでもあります。見えませんが。(^o^)
ちょくちょくテレパシーでコメントが来ます。
先日、アミの本を聖書としてこのサイトに上げましたところ、その夜のことです。
私は向こうの世界で自分の意思で宙を飛ぶことができるようになりました。
以前から2メーターくらいの高さまではできたのですが、このときは5メーター以上は上がることができました。
山といっしょで、上っていくときより、降りるときのほうが怖かったでした。
この世の思いが入らない夢では良く高い空を飛んでいます。
ヘリコプターのようなもので高いところを飛んだこともありましたが、あまりに怖いので下ろしてもらったことがあります。
因みに、私の家族で飛行機に乗らないのは私だけです。死んだ父さえ乗っていましたが、私はごめんです。←何か、魂に、円盤か何かの事故の思い出があるようです。不明です。(^O^) この日は、見えませんでしたが、アミがいたのが分かりました。
アミの声が「テレポートも出来るよ」と語っています。
私はこの世界ではテレポートも出来ます。好きなところに一瞬で行けます。
でも電車や船と一緒で、鈍行には味があります。
もちろんアミと話したこともありますが、それはプライベートなことです。
瞑想していると司令官らしき方からもテレパシーが来たことがあります。偉大な方です。
この方は地球人ですが、一般の方は知りません。シャンバラの方です。
地図にない国です。



宇宙の基準

1.地球救済計画とは
知恵や能力の遅れた子は家族や兄弟が助けてやらねばなりません。
そうしなければ、その子は生きていけない事が多いからです。
老人の介護も大きな問題に成っていますが、子供の教育も大切です。
地球人はわがままで腕白な子供が多いのです。
地球救済計画とは子供である地球人に、愛が宇宙の基本法である事を、知らせる事です。
愛とは人へのものです。男女間のものではありません。それは肉欲が多くを支配しています。
愛とは何処にでもあるのですが、その本質に多くの方が気づきません。
このサイトに来て、ここまで来れた方は気づく可能性があります。
何しろ、そのような方しか、ここには来れないのです。(^o^)/ 結界と言うのを御存知でしょうか? 条件が整った方しか入れないのです。
地球救済計画の参加者は世界で800万人、日本で230万人くらいいるようです。
アミの言う、太陽の人とはどのような人なのか、考えて見て下さい。
最初に申しましたように、貨幣は諸悪の根源です。金さえあればと言う心が全てを狂わせています。
日本でも古来より金は魔物、邪なものとして扱われております。
極論すれば、余計な貨幣は百害あって一利なしです。
多くの者が貨幣による問題で身も心も壊して地獄に落ち、魔界に潜むようになってしまったのです。
戦争にしても大義名聞と言う主張の違いはあっても最終的に国益と言う金銭に帰結します。
貨幣は宇宙的にはなくて当たり前の存在であり、あってはいけないものなのです。
不公平を生み出す元凶だからです。
共産主義と言う理想も、貨幣や権力のためのものではいけません。
権力が偏り、魔が住むからです。
新興に限らず宗教も全てそうです。私はこれを危険と言っているのです。
貨幣がある限り人類の進歩は停滞を続けます。途中で貨幣経済は必ず破綻するからです。
多くの宇宙の歴史でそうなっているのです。地球も例外ではありません。
共産圏が崩壊し、次ぎは何処か? 判ると思います。
貨幣は原始時代の遺物なのです。
貨幣経済が終わり、地球に愛の時代が訪れたとき、天の扉は地球人類を温かく迎えてくれるのです。
これをいやがる者は、世界の富を集め、権力を欲しいままにしている者たちだけです。
私たちには無縁なほんの一握りです。贅沢とは悪である事を認識してください。
何故なら、つけは必ず回ってきます。
ここまで来た方は、宇宙の構造はある程度わかったはずです。
罪なき動物の死骸、肉をむさぼっている方は自分が食われるかもしません。
罪なき動物に矢を射った方は、自分がいつか撃たれるかもしれません。
これが宇宙の法です。エネルギーは不滅で、神の愛は公平なのです。
これが相対性理論の答えでもあるのです。E≠MC2(2乗)なのです。
アインシュタインが求めてやまなかった、統一場におけるエネルギーの終局論でもあります。
統一場とは全宇宙の全時空間です。ここにおいて、全ての行為が一元化され評価されるのです。
その方の発した全ての光がこの宇宙にはあるのです。
リーデイングに写真を必要とするのはこのためです。
アミが言うには、悪人に美しいものはいないのです。
人生とは、魂を太陽とすれば、すったマッチか線香花火程度なのです。
贅沢の基準は心に問う事です。大切なことのようです。
あなたの心のあるがままの良い部分と照らしてください。
人の持ち物と自分の持ち物を比べれば、あなたの心はいかに動くでしょうか?
宇宙の心で自分の所有する財産を見たとき調和される点はどこか?
そして、その財産はどうなって行くかを瞑想して思うべきです。
財産を残したために争いなど起こってはいけません。子孫に美田を残すなかれです。
明日どころか、一瞬先もわからないのが人生です。一切に執着を残してはいけません。
自分の心を観察し、自分の心の中の不調和な環境を正す努力が大切なのです。
これは全ての方の使命です。
これがお釈迦様も言う正定(しょうじょう=正しく定にいる、とは正しく反省の瞑想をする)と言うことです。解釈を間違っている方もおります。
最も大事な事ですが、お坊さんもやっている方は少ないようです。
 反省の要です。自分への愛をもっていたしましょう。

宇宙の基準 03/07/01
正しい宇宙には武器はありません。
一切の武器は存在を許されないからです。全ての武器は原始に分解される様です。
そのための装置はあるようです。
攻めてくるものなどおりませんし、わけなく攻めるものもおりません。
人を攻めるものは装置によって危険度が判ります。愛が計れるからです。
私も周囲に住む住人の危険度をチェックしています。
当然、他の星を攻めるような可能性のある星は全てがチェックされています。
勿論、地球は厳重に監視されています。あまりに危険な星です。
そして、進んだ世界に猛獣はおりません。他の動物を殺して食うものは一切存在しないのです。
微生物さえそうなのです。植物性プランクトンしか食べません。
これが波動の違う世界なのです。あなたは生きていけますか?
当然、蛇などもいるわけもありません。
蛇などが生きていけない波動の世界なのです。
そして、これは人についても言えることなのです。
地球の波動が変わりつつあるので、凶悪な事件が増えているのです。
彼らは、これからの地球の波動に耐えていくことが出来ないのです。
恐竜は、この波動の変化のため滅びました。今の生物学で首長龍はいたはずが無いそうです。
あの首を持ち上げ、血を巡らせる事は今の生物学の理論では不可能だからです。
理解不可能な大変な血圧が必要だったと言うのです。
生物学者は言います。「もし、首長龍が生きていたなら、いつも這いつくばっていたのだろうと。」
しかし、化石が出たのですから、恐竜はいたはずです。
そして、4億年前の地層から出た人骨(中国)と三億年前の地層、岩石に閉じ込められているボルト(ロシア)も事実です。
今の地球の波動では恐竜は生まれてきても生きられません。
だから全滅したのです。
人も生きられなくなれば全滅します。精神性の低い者は全て絶滅するのです。
生きるためには精神性を向上させるしかないのです。
地球も精神性が低い者は生きていけない、宇宙標準的波動世界に成りつつあるのです。
これが宇宙の兄弟が我々に伝えている教えなのです。
宇宙神霊やアミの教えは地球人類の生命への希望そのものなのです。
波動の低い者たちは、地球に生まれてきても成長することは不可能になりつつあるのです。
子供の原因不明の病気にはこのような事もあるのです。
もちろん、子供の波動が高すぎる場合もあります。
ニコラテスラは偉大な兄がいたそうです。やはり死んでしまいました。
そして、10倍早く歳を取る子供たちも波動が違うのです。
宇宙の兄弟は地球のために苦労を惜しみません。感謝です。
続く

お祈りを掲載いたしました。昨年より掲載しようと思っていたものです。
人によっては刺激が強いと思います。少しづつ読んで、慣れて下さい。
善い方には安らぎを与え、悪しき者には闇を熔かしてくれると思います。
どんな意味かは、その方によって違います。
oinori

あなたにも心の耳をすまして、大いなる存在の声を聞いていただきたいものです。

「富める者が天の国に入るのは、らくだが針の穴を通ることより難しい。」

イエス様のお言葉です。



 こちらに居られるのがイエス様です。
一番上に、銀河系を担当する天神様の目があります。そして、ソドムとゴモラを滅ぼされたヤハヴェの神が居られます。

イエス様



ことら総合研究所

進入禁止。

霊の方は直接のご訪問はご遠慮ください。