kamo0728
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。
太田姫稲荷神社  伏見稲荷大社  祐徳稲荷神社  FC2掲示板  さきたま火祭り 平成26年度版
平成27年度版

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 幡羅郡(はたらぐん)

平成28年1月21日

 先日、1月15日の日記でオーストリア・ハンガリー、ハプスブルグ聖徳太子とハンガリー秦氏を紹介いたしました。
熊谷には大里郡大幡村がありました。いずれもハンガリー秦氏の縁です。

 Wikiから幡羅郡の引用です。

001.jpg(160741 byte)
002.jpg(321326 byte)
003.jpg(110302 byte)
004.jpg(168204 byte)
005.jpg(298189 byte)

 岡部にある正倉院、コメの貯蔵庫です。旧岡部町は漬物が地場産業です。
オーストリアやハンガリーは、米ができなかったそうです。→Hungry

006.jpg(257786 byte)

 ・・ハンガリーの食事には、コメはなかったようです。
・・日本ではじめてご飯を食ったそうです。

 深谷、熊谷周辺はあちこちが秦の地名だったようです。
あちこちにもありますが、埼玉北部が最大です。

008

 聖徳太子も住んだ斑鳩宮は安閑天皇の関係者も住んだのです。
今は開墾され、整地されてしまいました。

 そこから東が金錯銘鉄剣が打たれた串作になります。

tekken0121

 ・・この鉄剣は継体天皇のものだそうです。
・・知りませんでした。

 ここにはじめてきた人などが、おかしな思いをされると、私はとても嫌です。
下界の転利しか思わぬ波動が来るからです。

 私におかしな波動を向けた者には、全て天誅が落ちています。注意してください。
ふざけた者は、水や火、事故で、皆命を失っています。当然です。

 この世的には、なんの問題もない著作権収入さえ、親交世界、常世では悪霊なのです。
イスラムも禁じる利回りなど、バカの戯言です。どこもかしこもAIJです。

 私には出版や肉を食うことはもとより、金魚を飼うことさえ悪なのです。
このサイトも無休、無給で16年目です。

 何が喜びかといって、神々、仏様の喜びが法悦です。。→コン
皆さんも感じられれば解ります。人の体は清い水分が主体です。肉は蛇です。(ご上人様談)

 恐ろしい世界はこれです。

chouchin00307

 この世の学者や役人でことが済めば、私は何も書きません。
何度も言うように、この世は学者と役人が滅ぼすのです。原発がいい例です。事故は、また起こります。

 夏の埼玉古墳の神々です。

amateru0610

 寒さに注意してお過ごしください。
・・大光です。

 正しい信仰無き者は、全部滅亡です。
この世は、粛清されなければなりません。

Correct faith defunct person is all destruction .
This world , must be purged .

・・太陽界の神々、仏様、良き天皇様のお喜びです。

amateru0630.gif(45208171 byte)
ピラミッド5千年の嘘
   
 +(-_-;) 

 注文明細は、月の御守料、月謝などで結構です。金額は500円から不問です。お賽銭はミニマムペイメントで200円より可能です。サイトの環境等維持のため、訪問者の皆さんに、月に一度、お願い致します。パスワード管理では皆さんも不便だと思います。
御守に使えるデビッドカードは原則無審査です。口座のある大抵の銀行で作れ、通販に便利です。為替(振込)手数料が安いからです。 口座不要のデビッドカードは、コンビニ払いより便利ですが、損失が発生する恐れがあります。日々、日記を読んでくれる皆さんにお願い致します。
mail1-tengu.gif  銀行振込が良いという方は、左記より「天狗さんへ」などとタイトルし、空メールを下さい。
 これは自動返信です。
mail_2500.png(605 byte)  その他の御連絡は左記のポストにお願い致します。

一斉連絡用のメーリングリストを作りましたので、訪問者の皆さんは登録しておいてください。
会員登録されても、変な請求はありません。



~26年5月


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2015年の記事
武内宿禰とはプラトン

・日記のログ制作中です。
サイト内検索
 powered by Google


倭の朝廷跡など