201407_Top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。
太田姫稲荷神社  伏見稲荷大社  平成26年 さきたま火祭り その1
その2 その3 八王子権現 黙示録版

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 アラブとイスラエル

平成26年7月3日

 いつまでも解決がつかないアラブとイスラエルの間にはパレスチナ問題があります。
一昨日の記事です。

イスラエル

 パレスチナは出雲朝のものでした。ヘブライエ朝の王、大国主の下にあったのです。
それを仕切っていたのはソロモン王です。この方はウガヤ朝の21代に当たります。

 もちろんジャイアントです。

ウガヤ朝の21代

 この方が私に挨拶に来てくれたのは、2005年の3月5日と記してあります。
向こう、天界からは、こちらは丸見えなのです。私の過去生も見えるのです。

 ソロモン神殿の解説です。

ソロモン神殿
ソロモン神殿

 全キリスト者の呪いの的、ヘロデはソロモン王の家来だったのだそうです。逆賊です。
エドムとは、ソドム以前に在った街なのです。ソドムとは、祖がエドムと言うことです。



 こちらは、ま国、アラブに成ります。イスラムが興ってしまいました。
そこから日本に来たメジャーは、松本姓です。私は相性が悪いです。

matumoto0703

 全国的にも、高名な人物は少ないようです。
このサイト内には見当たりません。

 人の感覚はDNAが大きな装置です。
ソロモン王の解説です。

ソロモン王

 妻や妾の話は、もちろん捏造です。それほどの富が在ったということです。
今日の最後は、謎多きシバの女王です。

シバの女王

 この方は八王子権現、常世岐姫(和久産巣日神、イシス神)の娘、豊受大神なのだそうです。
・・豊受大神様が御開運と申されています。

 ・・大山祗命が、良いと申されています。
この方は、さきたま火祭りでは瓊瓊杵尊の嫁、木花咲耶姫です。偉大な神には、ローカルネームが多数あります。

 私が最初に大山祗命に案内されたのがイエメンのマーリブでした。
巨大な石柱がいっぱいあります。



 火祭に降臨された、木花開耶姫命(豊受大神)と大山祗命です。

konohana0703

 光と闇の戦いは、DNA内の戦いでもあります。
水と油といいますが、馬鹿にはモノは解りません。

 無理に混ぜたら分裂破滅です。
バカチョン=カラ(エドム)のDNAを避けた日々が安全です。

 ・・新興宗教、戦争、自爆推奨のイスラムは、多くが間違いです。
amateru0630
   
 +(-_-;) 

~26年5月