201407_Top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。
太田姫稲荷神社  伏見稲荷大社  平成26年 さきたま火祭り その1
その2 その3 八王子権現 黙示録版

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 山背大兄王(やましろのおおえのおう)

平成26年7月16日

 謎が多い山背大兄王です。

山背大兄王

 こちらの方です。



 漢字表記の山背が山代と成ったのだそうですが、当時の山背は現在の吉見です。ヤマシロ、山州です。→ san_29 san_30(稗田阿礼尊談)

山背

 何時でも日本の中心は東国です。
 山背(やましろ)の山は吉見の山です。背=シロはシロで、今でも川、州と同じようで泉、出雲です。
蘇我の邸宅は町役場のところにありました。吉見で発見された巨大な謎の古墳は関係者です。

吉見

 こちらが山背大兄王の陵です。生前から在った祈りの山です。
東松山市古凍(ふるこおり)というところです。確かに山背のようです。

20140716-04.jpg(88180 byte)

 吉見町役場から直線で3.2キロほどです。
生出塚神社の御祭神、安閑天皇によると、宣化の後釜が孝徳なのだそうです。


 悪霊、蘇我蝦夷、入鹿の背後には、これ=バカチョン悪霊、霊的無能なカラどもが居たのです。
頭が「空っぽ」とは、この者たちです。烏帽子は被っても、神仏は頭には何も居りません。

 神官の頭には神仏の光の玉が必要なのです。
天界の会議では皆、光の玉を被っています。→「コン」


 その為、皇極天皇が即位した翌年、山背大兄王たちは、蘇我に追い込まれたのです。
エジプト、アスワンの悪霊蘇我と中国人、カラ共が出雲を攻め、その記録を無きものにしようとしたのです。

 全ては下界で所有の問題を満たすためです。下人どもです。
蘇我氏は馬子以後、出雲朝の裏切り者です。

 馬子は私の前に現れた時、背を向き、震えていました。恐ろしかったからです。



 悪霊どもが侵略してきたのは、何度も言うように欽明天皇、安閑天皇の時代です。宣化は天皇ではありません。
古文書にはなかったのです。漢字の古文書は全て中国人、カラどもの偽書です。

 その悪霊蘇我一味も中大兄皇子、中臣鎌足(→藤原鎌足)によって成敗されたのです。
ところがカラどもは、天武の時、大織冠藤原の子孫を名乗り、朝廷に取り憑いたのです。これがフジアン藤原氏=中国人です。

 当時も神官の中臣には子孫など居なかったのです。僧侶、神職の妻帯は明治まで禁止です。しかも中臣はチョンでした。
中臣は不幸でしたが、今もチョンはシナに乗っ取られる寸前です。

 バカチョン、カラどもに恨みは尽きません。多くの方の先祖の時代から、心の底から呪っているのです。
チョンの敵はシナです。歴史通りです。バカチョンどもはソドムとゴモラ同様に終焉が来ます。

 韓国は強姦発生率が日本の40倍の国なのです。狂人国家ソドム、ゴモラそのものです。
既に述べたように、この本質がカラです。欲、娯楽しか思わない悪魔のDNAです。

 昨日の斑鳩宮の蓮の花です。
持ってきてくれたのは神倭朝12代 景行天皇、孔雀明王と呼ばれるアショカ王です。感謝です。

ikaruga0716

 偉大な神々仏様、良き天皇様の大光です。

amateru0630
   
 +(-_-;) 

~26年5月