amateru0131.gif(10701552 byte)

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28


 天誅の日

平成26年2月15日

 昨日は、かねてよりお知らせしていた天誅の日でした。
多くのところで信じられない事故が起こっています。記事の紹介です。

 電車の追突、駅舎、体育館の屋根の崩落、洪水、雪崩もありました。
遠い国で行方不明の女性たちも居ます。起こるわけがないと思っていた事故ばかりです。

 原発事故も、絶対起こらないと思っていたものが見事に起こりました。
これが天誅です。

tenchu_0215

 事故で死ぬ人を横死といいます。
天誅で死んだのだそうです。

横死

 業がない人は災難にあっても生きるのです。山形で雪崩に巻き込まれた人は奇跡的に助かったと言っています。
現在の中国は自業自得の苦しみです。お地蔵様も泣いています。

 日本では、10年も前から環境対策をしろと言っていたのです。それなのに中国人は免疫があって強いと思っているようです。
まともな中国人は、もはや北京からは逃げ出せと言っているのです。命あっての仕事です。

shina_shuuryou

 ・・天誅の危険な期間は天気予報通り18日までだそうです。
家で、そっと過ごすのが無難です。

 フジアン藤原氏、中国人をよく成敗してくださった小野篁公です。

onojinjya0216

 こちらは雪の倭の神社です。
神々、眷属の皆さんが幻想的です。

sakuramori0216

 天誅の原因は、多くが前世の業ですが、今生の業もあります。
ダイビングなど余計な娯楽だったと言われれば、そのとおりです。

 いつも大事なのは質素を思う心、これが信仰心です。
バカチョンの嘘に騙されないことが大切です。

 ・・精妙な光です。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)