H26 お正月

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 ラマ教

平成26年1月13日

 多くの方がチベット仏教(ラマ教)のことは知っていると思います。
中国が弾圧、殲滅を目論んでいるのは出雲朝の流れだからです。チベットは自治区で、中国ではありません。

チベット仏教

 先日、鞍馬=来ラマの事をご紹介いたしました。ラマは日本のあちこちに来たのです。
ラマ=上人とは天狗さんです。ラマ僧とはチベットの方ばかりではないのです。

 ヨーロッパでラマ僧と呼んだのは、スイスにも出雲朝の根があるからです。
ヤマトタケルはオウスノミコとも呼ばれたのです。

 ここにもラマの皆さんが来たそうです。
猿場稲荷です。島原(CIMA=神仏、バラ=木星、その子孫)の千々岩というところです。

千々岩

 訪問者様が取材してくださいました。いつも感謝です。
お釈迦様が来ているのは、前世の訪問者様は、お釈迦様の弟子だったからです。

saruba0113

 ラと言うのは太陽です。エジプトではラーです。
ラサというのは太陽の日照時間が長い土地のことです。

 中国人は太陽に嫌われているので、アミの言うように、らりるれろが解りません。
色弱同様、音弱もDNAレベルで存在するのです。それがバカチョンです。話しても無駄です。

 バカチョンには所有の問題を満たすこと以外に、心の糧が存在しないのです。
それで悪事の限りを尽くすのです。これが悪しきアオ、レプタリアンです。

 染色体が群青色で治し様もありません。黒に近いのです。腹も真っ黒です。
これも見えれば解ります。ここには、売国記者、売国マスコミ共のような、カネの問題はないのです。

 昨日撮影の神々、仏様です。

amaterasu0113

 ラサは日の当たる土地、ラマは太陽界です。
チベットのフジアン、中国人には、一刻もはやく消えて欲しいです。

 ・・今日も事故の(しるし)があるそうです。
お出かけには注意してください。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)