2013_12top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 岩殿山安楽寺

平成25年12月15日

 有名な吉見の岩殿山安楽寺に行ってきました。
吉見町御所の真言宗智山派のお寺です。天皇が住んでいたので御所と言います。

 ここには継体天皇のお住まいがあったのだそうです。
先日申したように、継体天皇は、その後、真言宗中興の祖、覚鑁上人として転生したのです。

 簡単な紹介です。最後の説明だけ10秒です。

iwadono1

 この辺りはオービ川同様、成務天皇が造られた土地なのだそうです。
そして、誉田別命、継体天皇と御縁の方が多いのです。

 神社は成務天皇、お地蔵様は誉田別尊、お寺は継体天皇といったところです。
私も、昔から惹かれた八丁湖とは、八幡様、成務天皇が造ったのだそうです。

成務天皇の地

 タコーと言う発音は、欽明天皇の民、イスラエルの人たちなのだそうです。新規参入した民が同和の民です。
・・多古という表記も当たります。吉見の古名もイスラエルの民です。

 帰り道は、当然明秋神社に寄ってきました。
お気づきの方も居たかと思いましたが、用明天皇の父は欽明天皇ではありません。

 父は、景行天皇の時代より武内宿禰として天皇家に使えた秦氏なのだそうです。
伏見稲荷の履中天皇の時から秦氏を名乗ったのだそうです。

 これは侵略者の目から隠れるためだったそうです。沢山の豪族が武内宿禰の子孫を名乗りました。
蘇我を含め、ほとんどの豪族が、侵略者なのだそうです。

 その秦氏の本拠が旧大里郡の船木台だったのだそうです。デンデン虫のようです。
・・魔法陣なのだそうです。

船木台

 終わりの最初は八丁湖遠景です。最後は、帰りにお参りした明秋神社です。
いつも霊験がいっぱいです。画像も内容も掲載しきれていません。

meishu1

 吉見のはじめは、やはりタムラ族の孝元天皇だそうです。
吉見は山なので、自転車取材が、とても大変です。

 ・・今日も光が燦々です。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)