2013_6_top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 反正天皇と八岐の大蛇

平成25年6月16日

 日本の歴史上、とても不思議なところでした。
八岐の大蛇とは、以下のようです。文献の内容を比べてみてください。

八岐の大蛇

八岐の大蛇

八岐の大蛇

 反正天皇が、これらは皆が虚偽記載だと申しています。書記が、時の権力者に脅され、書いたのです。
八岐の大蛇とは神倭朝18代 反正天皇のことなのだそうです。何度も言いますが、これも絵ではありません。

反正天皇

 日本書紀はじめ、何処から、何処まで、中国人が手を入れたものは嘘ばかりです。
手賀沼周辺も、悪霊フジアンが手を入れ歴史を破壊したのです。

 この近辺の宗像神社の意味は、中国人の宗像大社ではなく、出雲朝の六、七代の事なのだそうです。
六七方(むなかた)神社なのだそうです。

 そして、反正天皇陵は八街市にあったのだそうです。
ここだったそうです。ヤマタノオロチが八街(やちまた)になったのです。

反正天皇陵

 大国主陵跡も教えて頂きました。謎の六所神社でした。大国主尊は出雲朝六代天皇です。
こちらは六社神社ですが、その本質は大国主尊が御祭神です。

六社神社

 東金とは、唐が根、ここがイタ公の手先の中国人工作員の地です。銚子などは林がいっぱいです。
だいぶ前に訪問者様に頂いた貴重な六社神社の写真です。訪問者様に感謝です。

六社神社

 この時は出雲朝の資料も全くありませんでした。それで、この神社の意味もわかりませんでした。
反正天皇の皇居、都(政令指定都市のようなもの)は、埼玉県の川島町だったそうです。

 反正天皇もフリーメーソンです。空を飛べたのです。それで牛ケ宿です。
先日まで、この地形に悩んでいました。

牛ケ宿

 皇居はこちらだったそうです。
やはり小学校に成っています。役人が字を間違え、八ツ俣を八ツ保にしてしまったようです。

反正天皇皇居跡

 こちらが反正天皇と皇居の皆さんです。
平成十年十月十日に撮影したものです。

反正天皇と皇居の皆さん

 何処かにあると思っていた長福寺の写真も見つかりました。
イスラエルの預言者、欽明天皇様とモーゼです。いつも述べるように、呼び名は地方でいろいろです。

イスラエルの預言者、欽明天皇様

 こちらは出雲朝の十代雍主日子(ミカヌシ)という方です。ミカエル、軍神マルス、摩利支天とも呼ばれます。
有名な和名は不動明王です。名付けたのが欽明天皇様です。

不動明王

 右手で剣を突き出しているように見えます。
馬鹿とチョンは嫌いです。よく退治していただけますようお祈りいたします。

 反正天皇様の子孫、天神様、菅原道真公です。

反正天皇様の子孫、天神様、菅原道真公

 今日は関東は久しぶりに雨の休日です。
静かに過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)