2013_6_top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 第六天神の真実

平成25年6月1日

 六月のはじめに、無明の開放をしないといけません。
先月しばらく、ウガヤ朝の御代は何代が適当か検討していました。

 そこに赤城神社の御祭神様、神倭朝22代 清寧天皇がやって来ました。
ここでは、六六六が祀られています。ウガヤ朝は六代なのだそうです。

、神倭朝22代 清寧天皇

 すると当然のことですが、ウガヤ朝の6代が、神倭朝初代の神武天皇なのです。
ウガヤ朝の初代、武鵜草葺不合身光天津日嗣天日天皇 (タケウガヤフキアハセズミヒカリアマツヒツギアメヒノスミラミコト )は上古朝の最後の天皇 大山咋神様なのだそうです。

 天皇様も、その御代によって、持っている認識は、当然違うのです。
大山咋神様、エンリル神の母とされるチグリス川の神、千種姫天皇は、常世岐姫と同様、天神七代後半の時代の方なのだそうです。複数の践祚をしたのです。

 こんなに御代が増えていたのは、中国の工作員、宣化天皇一味の仕業です。(安閑天皇談)
その証拠に、宣化天皇は、日本に来ていた技術者を派遣した北魏の滅亡(534年)とともに、即位(535年)しています。

 宣化天皇が居たところです。光が丘公園です。
かって、サルゴン建玉天皇も居たところです。サルゴン建玉天皇は世界王と言われただけに、あちこちに神蹟があります。

2013-06-01-08.jpg(168167 byte)  北魏滅亡もイタ公の手先がやったそうです。歴史の裏、暗黒部分です。
そして宣化天皇が、イタ公の指令通りに神社を創め、日本人に手を叩かせたのだそうです。

 それまでの神社は、神宮寺のように神仏習合、混交だったのだそうです。
wikiの説明です。

神仏習合、混交

神宮寺

八幡様

別当寺

 お釈迦様からして天皇様です。
その仏教が、安閑天皇の時代まで、日本に無かったというのも嘘です。

 イタ公の手先、中国人宣化天皇が、後の天皇に廃仏を要求したのだそうです。これが古代天皇家の悲劇です。
フジアン藤原氏、悪しき中国人の根は、この宣化天皇の時、朝廷に潜り込んだのだそうです。

 私が日本の歴史を書き始めた頃、用明天皇はまっさきに飛んできてくれましたが、その時は何も理解が出来ていませんでした。
やっと10年以上を経た、今日、平成25年の6月1日に、ここまでを発表できたのです。

 柏原(かしはら)氷川神社のお社には大六天社と銘があります。

大六天社

 オオヒルメノムチ、天照皇大御神様と神倭磐余彦尊、神武天皇です。

オオヒルメノムチ、天照皇大御神様と神倭磐余彦尊、神武天皇

 日々、ここで学ばれている皆さんは、神様、仏様のご縁ある方です。
ウガヤの六柱の神々、天皇が六地蔵に当たるようです。

 不明なことは、こちらの神々にお尋ねください。
おかしな、自称神、自称仏に近寄ってはいけません。

 神社仏閣も、よく分けてください。
平成25年の後半も、よく光の中をお過ごしください。

 無明の夜明け、大光です。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)