天照皇大御神様

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28


 霊験の事

平成25年2月4日

 こちらは赤坂豊川稲荷のトラ上人様です。
見ているだけでくつろげる人は、正しい人です。背中に四大神様、托枳尼眞天様が居られます。

トラ上人様

 ・・太田姫稲荷神社のお狐さんと、お話中なのだそうです。
交霊するには、場が必要です。そして、魂に転生で頂いた受信機が必要です。これは人間には出来ません。

 よく神仏を祭り、精進してきた方が、その人専用の物を、神仏より魂に頂けるのです。
いかなるカネを積んでも、これは手に入りません。日々の精進、神仏への思い、祈りが全てです。

 神仏は、その人が、日々をどのように過ごしているかは、一目瞭然なのです。
そして前世で、どんな徳を積んだかも解っています。もちろん悪事もです。

 前世の徳がある人達が集まると、そこに神域が現れるのです。
こちらは倭の神社です。いつもライトブルーのストライプと神示です。黄巾の霊も現れています。関係者様の守護霊です。

倭の神社

 黄巾の乱は有名です。

黄巾の乱

 この宗教は中国では道教の元になったそうです。
・・五斗米道は、子孫だそうです。まだ続いているそうです。

 こちらは神倭朝十四代 仲哀天皇様、大国主の霊験、ご挨拶です。

倭の神社

仲哀天皇様、大国主の霊験、ご挨拶

 倭の神社の3枚目は、神倭朝の天皇の皆さんと、景行天皇様の母上、ヒハスヒメです。
・・一緒に日本に来たのだそうです。

倭の神社

 最後は昨日の深井の上空です。
八幡様、大山祇神様と木星の神々です。

深井の神々

 いつも優しい神々に感謝です。
悪しき役人どもには、何時の時代も、何処の国でも、必ず天誅があります。

 馬鹿に染まらず生きましょう。
大光です。

   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)