天照皇大御神様

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28


 神倭朝の始まり

平成25年2月22日

 その始まりは言わずと知れた神武天皇様です。
竹内文書ではウガヤ73代とされているようです。

神武天皇様

 歴史書も、いろいろな役人の思惑が入ります。それで歴史は複雑になります。
神武天皇様によれば、邇邇藝命(ニニギノミコト)の曾孫というのは正しいのだそうです。当然出雲朝の王でもあったのです。

 既に述べたように、偉大な王、天皇様は各朝廷を複数践祚されていたのです。
前世のウガヤ朝では鹿島神宮の地で22代様だったのだそうです。今日2月22日は、大切な日です。それで今日、記させて頂きました。

 そして、神武天皇様は出雲朝では10代 雍主日子(ミカヌシ)等に当たるのだそうです。
キリスト教では軍神マルス、ミカエルなどといわれる方です。もちろん、事代主も居たのです。

 時空的には出雲朝初代から2代の間です。
いろいろな都合で、落ちている御代もあるそうです。神功天皇(卑弥呼)のようなこともあるのです。

 天孫、邇邇藝命は千歳の人だったからです。邇邇藝命は火星から来たのです。
神武天皇様は、ご本人の希望で、地味な写真にされました。

神武天皇様

 まことに、神々は、ご公務が忙しいのです。
こちらはサルゴン建玉天皇様と、四大神様、神々、お地蔵様です。須弥山、スメールの神々でもあります。

神々、お地蔵様

 建玉天皇様の時代が4300年ほど前とすると、以前書いた鹿島神宮の歴史は五千年以上と言うのは当たっています。
その当時は、サルゴン、建玉天皇様のことは知りませんでした。

 歴史上、日本の朝廷も、南北朝のように並立していたのです。
それが出雲朝とウガヤ朝、神倭朝だったのです。

 しかし、出雲朝では徴税を許可しませんでした。十分な自主的な貢物があったからです。
ところが、フジアン、藤原氏(=中国人)はこれを嫌がりました。それで出雲朝、ウガヤ朝を襲い、滅ぼしたのです。

 鹿島の武神とは、この方、神倭朝初代 神武天皇様だったのです。
そして鹿島神宮に降臨された建御名方神様は、先祖にもなるそうです。本当の御祭神様です。

 実は菅原道真公も皇統なのです。それで日本の歴史を、ご守護、ご指導をしてくださったのです。
そうでなければ、とても、こんな巨大な真実は現せませんでした。

 以前、夢で、とてつもなく長い道を歩き、諦めていたことがありました。
希望など、欠片も見えない世界でした。

 諦めていた私のところに、大きな光の玉が飛んできて、乗せてくれたのです。→「コン」
ここでは、大日如来というべき存在です。

 その光の玉の中は、やすらぎの世界でした。それからは、自分でも乗れました。宇宙少年ソランの玉のようでした。
自力でも大日印を組んで飛ぶこともあります。不思議がいっぱいです。

 神倭朝は現在の広島で興ったそうです。出雲から近いです。
広島でも沢山の神蹟の破壊がありました。やったのは闇に潜む草、中国人工作員たちです。

発祥の地

 拡大します。
やはり加茂神社がありました。二息稲荷神社というのも不思議な名前です。

地図

 ここに朝廷があったのだそうです。和歌山とも感じが似ています。
天神の神々、梵天様、大明神様です。

天神の神々、梵天様、大明神様

 欲をかくと、縛り(=蛇)ばかりが増え、ろくなことはありません。今の中国のようです。
ここに神仏の教えがあります。

 苦しみの元、嘘をつくものとは離れましょう。→「コン」
・・光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


御台の序列などについては、未だ不詳のところが多いです。漢数字とアラビア数字は、現す意味が違うからです。捏造された部分もあるようです。
この世の考えで、内容を曲解しないようにしてください。御代より、近い音が大切です。
世界の人にとってのガン、嘘つきは、もちろん特ア、マスゴミの者たちです。
img087.gif(1659 byte)