2013_12top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


 木星の衛星イオ

平成25年1月11日

 昨日の日記で綏靖天皇様を紹介いたしました。
ある時代までは、孔子が神倭朝2代 綏靖天皇様だったことは、国家の上部は知っていたのです。

 それで徳川幕府も1690年、徳川綱吉の時に、湯島に孔子廟を祀ったのです。
ところがいつの間にか、日本ではろくでもない孔子の記録だけが独り歩きしだしたのです。

 多くの学者が、孔子を野合の子としています。とんでもない吉外ですが、この悪魔の洗脳が、日本に定着しています。
いくつか持っている孔子関連の文献は、皆同じようです。これは中国人の草(在日の工作員)のせいです。今も同じです。

 司馬遷の「この上なき聖人」という評価は当然です。

孔子

孔子

 あきれ果てた歴史ですが、孔子が中国人とはおかしいと思いました。
今のお住まいは、木星の衛星イオなのだそうです。久しぶりに、この悪魔の出来損ない文明の星に降臨されたのだそうです。

木星の惑星イオ

 まことに感謝に絶えません。私も知りませんでした。ただ、久しぶりのご降臨なので写真がありません。
孔子廟を造ったのは、「お犬様」徳川綱吉です。これはお手柄です。褒めてあげました。

 しかし、家来が行き過ぎた、いぬ、生類の保護をしたのは、過ちでした。
これが権力者の言葉の力なのです。家来のいぬ達は、忠実に実行するからです。もちろん命令に背く、楯突く馬鹿犬では困ります。

 幕府も、鎌倉幕府のように、天皇に逆らう、逆賊と化したものもあります。
徳川は、同じイエメンの傭兵団でも、政権を天皇家、朝廷に返したので、源氏、平家のように同和部落にされませんでした。

 今も徳川家は、あるそうです。
こちらが、お手柄の徳川幕府の面々です。家光が言ったように、皆、いぬです。しかし天皇様をもり立てた忠犬です。

徳川幕府の面々

 ・・またも、不意の涙が溢れて来ました。
いぬも、よく分けましょう。

 よく仕えたいぬには感謝です。
ご苦労さまです。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)