2013_11_Top
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 両宮山(りょうぐうさん)

平成25年11月29日

 以前、訪問者様に写真を送っていただいた、ゆるぎ岩、両宮山の事を教えていただきました。
各地にある偉大な神蹟の一つです。これも出雲朝のものです。

 最初はゆるぎ岩です。
所在地は岡山県赤磐市です。

所在地



ゆらぎ岩

 これを積んだのも出雲朝最大の王、建御名方命です。諏訪神社は祖倭神社です。倭は出雲朝です。
神倭朝とは、上は出雲朝という意味です。

 天狗さんは空を飛んだので、出雲朝の王は、世界各地に様々なローカルネームがあります。
建御名方命の神子(みこ)がヤハヴェの神、田中大神です。

 田中大神は神子なのですが、前世の魂は金星の出身なので、ウラでは無かったのです。ヤハヴェの神としてキリスト教で祀られたのです。

建御名方命

 そして、出雲朝4代 淤美豆神(オミズヌ)、成務天皇から、9代 建御名方命までが、ウラと呼ばれたのだそうです。
ウラ(URA)は天空の意味です。四代から九代まででは、六代に成ります。

ウラ

 何より、世界各地に巨石はいっぱい残っているのです。
文字通り、動かせない証拠です。東北にも有りました。

 東北のはこちらの方が造ったそうです。
バールベック神殿に祀られている天之冬衣神(アメノフニギヌ)と言う方です。

天之冬衣神

 深淵之水夜禮花(フカブチミズヤレハナ)、垂仁天皇、イエス様は金星の方ですが、ウラは木星の方なのです。
出雲朝は、主に火星、金星、木星の方で構成されていたのです。これが三島の意味です。

 当然、ウラとされる方の古墳は木星を向いているのです。
埼玉古墳の前方後円墳の造り出しが木星です。これは艮を向いています。金星です。

 岡山の両宮山古墳に、埼玉古墳のような造り出しがないのは、このためです。
ここは出雲朝8代 国忍富、誉田別命のものだったのだそうです。国忍富、誉田別命です。

20131129-17.jpg(56382 byte)

 もちろん、両宮山は中国製ではありません。

両宮山古墳

 出雲朝の神々、仏様です。
出雲朝の御祭神は、もちろん太陽神 オオヒルメノムチ、天照皇大御神様です。

天照皇大御神様

 誉田別命はじめ、ウラと言われる方は、祈りの山、陵は12あったのだそうです。
ギリシャの12山岳神などは、ここから来たようです。

 前玉比子でもある建御名方命は、中国人どもに凄い怒りです。
前世が中国の方は、埼玉古墳に行く時は、十分にご注意ください。

 ・・太陽界の爆光です。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)