2013_11_Top
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 廿日のご挨拶

平成25年11月21日

 最初に下界の話です。
やっと、チベットで大殺戮を重ねた悪魔どもが裁かれそうです。

 その数は百万人以上とも言われています。
当時、それを見て見ぬふりをしていた国にも、祟はあります。

豚

 昨日、チョン国はバカと日記に書いたら、景行天皇(アショカ王)がやって来られました。
あんな国は、不可触民の国なのだそうです。不可触国という事です。

 たしかにインド人にとっては、中国などゴミです。戦争も有りました。
既にインドでは中国、パキスタンに向け、核弾頭の付いた大陸弾道弾も配備済みだそうです。

 チョン国など、その属国です。物の数にも成りません。早く、中国ともども、地球から消えて欲しいです。
昨日、ご挨拶に来られた東国の天皇様を動画にしました。5秒のコマです。

 個人宅など、周りを伏せているところもあります。
伏せてあるところには、廷吏の皆さんがいると思ってください。もちろん、昨日も、宣化どもは来ました。



 太田姫稲荷神社の天狗さんは、小野篁さんです。
参拝者様は、ここで拝まれても結構です。

 訪問者様に出雲朝の神蹟、普門寺と周辺の写真を送っていただきました。
取材後不調に成ったのは、ここに石仏を破壊したバチあたりのバカチョンがいたからです。封じておきました。

 バカチョンどもは、DNAから腐っているので、石仏を破壊します。
もはや救いようがないのです。それが火病です。現在、チョン国は、国自体が発火中です。

普門寺周辺

 ・・今も蛆虫、バカチョンがやって来ました。
もちろん返り討ちです。

 古代東国の天皇様も、バカチョンでは苦労されたのです。
その最悪が、蘇我だったそうです。

 中臣鎌足と蘇我入鹿の首をはねた中大兄皇子(→天智天皇)は、スッキリしたそうです。
奴隷商人の元締め、蘇我が生きていては、どうにも成らなかったということです。

 出雲朝の聖地に降臨された天照皇大御神様です。9月に紹介したものです。
9月の日記も、軽くなるよう検討中です。



 昨日も述べましたが、来週は地震に注意です。
光ある時をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)