2013_11_Top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り
           
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 火葬の始まり

平成25年11月15日

 天皇の火葬は、公には持統天皇の時に始まった事になっています。
これはもちろん文書の上の仮装です。天皇を火葬にするなどとんでもないことです。どこの国でもしません。下層民とは違うのです。

火葬

持統天皇

 ・・ここで既に大光です。神仏が感応したからです。
こちらに皇居があったそうです。



 朝廷にとり憑いた悪霊どもは、真実を闇に葬りたかったからです。
本当は、最初に火葬にされたのは、淡路島に流された淳仁天皇だったそうです。淡路廃帝とされています。

 淡路島に流された時は、既に天皇の位を奪われていました。道鏡のせいです。
天皇としては、最初の火葬は淳和(じゅんな)天皇なのだそうです。・・この方も苦労されたそうです。病で細身に窶れていました。

 苦労の原因は、やはりフジ共だったそうです。欲が深いバカチョンどもです。
病平癒のお礼に、稲荷神社に從五位を与えたそうです。

 天皇家は足利の時代は大変だったのです。葬儀も出来ない方がいました。
豊臣から徳川に至り、天下は安定したのです。徳川はミカドを奉る、まともな幕府だったのです。

 徳川は、天皇を火葬にするようなことはしなかったのです。これは大事なことです。
・・先帝も火葬は望まれていません。関係者は考えていただきたいです。私も望みません。

 徳川と縁が深い勝願寺は、昨日はお十夜でした。
行こうか迷っていたら、お昼休みに、家光公の使いが呼びにきました。(^_^;

 少し、紹介します。主に三秒のコマです。

お十夜

 勝願寺のお十夜には、いつも神様、仏様は元より、家光公と家来衆が大挙してやって来ます。
それに大山咋命、托枳尼眞天様もです。解っているのは、ここで学ぶ皆さんだけです。

 山門から本堂への途中です。五平餅が美味かったです。
オオヒルメノムチは仏教界では胎蔵界大日如来とされています。

胎蔵界大日如来

 いつも神々、仏様の偉大な光に感謝です。
出演してくださる神々、仏様、お地蔵様に感謝です。

 ・・お地蔵様の光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)