2013_11_Top

※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。拝殿で、拍手は禁止。 平成25年 さきたま火祭り

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30


 天狗と仙人

平成25年11月1日

 11月になりました。
季節を感じます。天狗と仙人の事を説明します。根は天孫、火星の方です。

 何により天狗と仙人は違うかというと、その考えです。
天孫の出雲朝にもどちらも居られます。当然、良き天皇様も考えが分かれます。

 欽明天皇はイスラエルの預言者風ですが、部隊(自衛隊)による守りは必要という考えです。
安閑天皇は武力を認めませんでした。マチュピチュの人は馬鹿と争わず隠れたのは仙人だったからです。

 ところが下界にはバカチョンのハサがいます。これが困り者なのです。
欽明天皇は、バカチョンは粛清という考えなのです。その為、欽明天皇が治めていた時はハサも静かだったのです。

 確かに、この世界が親交世界に入ったなら、軍事、軍備は不要なのです。しかし、未だに、この世は下界です。
軍隊ではない自衛隊は必要な状況なのです。私の思いも、バカチョンどもは、もう沢山です。

 欽明天皇は571年に火星に戻ったのだそうです。
その後、宣化と蘇我が手を組み、悪さを続け、今日は山城大兄皇子(やましろおえのおうじ)を攻めた日とされているのです。

山城大兄皇子

 欽明天皇が摩利支天、軍神マルス、ミカエルを、不動明王として祀ったのは、出雲朝、火星の方だからです。
そして欽明天皇に仕えた物部氏も、出雲朝の子孫、天狗だったのです。

 出雲族が降臨した島根県太田市にも物部神社がありました。
私の祖にも当たります。ここに来る多くの方が、天孫、出雲朝の系統です。

物部神社

 こちらは八幡神の元締め、天子、大山祗命です。
ユピテル神です。

大山祗命

 ・・今月も、静かな、光りあふれる日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 

img087.gif(1659 byte)