四月の表紙
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。
五月の日記

 昭和の日から緑の日へ

平成24年4月30日

 かって4月29日は天皇誕生日でした。それが天皇崩御後、みどりの日に成りました。
いつの間にか、みどりの日は5月4日となり、かっての緑の日は、昭和の日になっていました。

 ウガヤの30代様が、昭和天皇に転生されたというのも、昨年の5月4日の火祭りで知ったことです。
昨日、ヤハヴェの神、田中大神様がウガヤの30代様が、イサクという人物だったと教えてくれました。

旗

 イサクという人がヤコブの父です。
アブラハムという人はウガヤ16代様なのだそうです。生出塚保育園の古墳の方です。

ヤコブ

 そして、イサクと、ウガヤ朝37代と言われたヤコブの間には、六代の天皇が見えます。
この時期も、ウガヤ朝の天皇家の混乱時期だったそうです。

 私の写真にも、某神社の神殿にも、ウガヤの天皇は三十四代以降の方は登場されません。
こちらは、ウガヤの三十三代様の神域です。

ウガヤの三十三代様の神域

 ウガヤの天皇は三十四代より、高い霊性を失ってしまったのだそうです。
その原因が蛇の騙しです。

 最初に蛇に騙されたアダムは上古朝の二十三代だったそうです。地上に出てしまったのです。
誤った知恵のためです。それは今もそうです。

 今も、胎蔵界の人は地上に出て、地上を監視しているそうです。
胎蔵界の一番下は、地表に近いのです。地上のビルの上など、文字通り魔界なのです。

 多くの人はそんな感覚もありません。「海」の中のようです。
海の中は、潜っていると上と下が判らなくなることがあるのだそうです。それが地球の地表の人類です。

 原発もそうですが、政治家、役人は今も利権の蛇に巻かれ、良い事、悪い事の区別さえつきません。
原発は神々に巨大な迷惑なのです。もし再稼働させたら、日本は滅びます。

 福島の原発事故の被害弁償だけでも、もうどうにも成らないのです。現実です。
政治家が、国民など騙し通せると思ったら、大間違いです。

 ・・日本も大きな節目を迎えたのだそうです。
イエス様の言った言葉です。「先のものが後になり、後のものが先になるであろう。」と言うのがあります。

 これは政治家役人が、世のための判断を間違えているということです。
左右、前後、上下を見失わないことは、とても大切です。

 良き神々、眷属の皆さんと、思いを一緒にしましょう。
今月も、訪問、お参り、ありがとうございました。

 光が満ち溢れています。
   
 +(-_-;) 


 連休突入

平成24年4月29日

 連休に入りましたが、自営の方には、休みは、あまり関係ないかと思います。
私も、全くの休日はありません。もう十一年になります。既に満願です。

 先日掲載した神の世界の写真に、さらに説明を加えました。
もちろん、伝えられるのは、ほんの一部です。

神の世界の写真

 何故、光の剣で岩が切れるのかと言えば、それは神の世界だからです。
レーザーメスも似てるかもしれませんが違います。スターウオーズの光の剣は、これを真似たのかもしれません。

 ダイヤは硬いのですが、岩にぶつければ砕けます。ダイヤは熱伝導率も最高で、これはヒヒイロカネも同様です。
岩は、草薙剣の通り道を、自らの意思で断面が離れるのです。見ると、まるで、豆腐を切るようです。→「コン」

 それで、あのように巨石を、綺麗に二つに切れるのだそうです。もちろん切り手や、剣の良し悪しもあったそうです。
草薙剣は沢山あったようです。そして、この場を現すのに、銅鐸が必要だったのです。これもいろいろです。

 今は神社では、注連縄で結界を作っていますが、石切には銅鐸で造られた結界が必要だったのだそうです。→「コン」
あちこちに巨石は沢山ありますが、その切り口、大きさは様々です。

 こちらは十一面観音像です。

十一面観音像

 冠のようです。
これが元かもしれません。

十一面観音像

 言葉や数字で表しきれる世界は虚構、虚仮の世界です。
良き訪問者の皆様には、正しく真実を思っていただきたいです。

 もう、この世界は、最後の時になります。

   
 +(-_-;) 


 白鬚神社

平成24年4月28日

 白鬚神社の主神は、代表にお祭りされているのが猿田彦大神様です。
これは「さる方」と言うことで、数柱居られます。

 元の白髭というのは、ペルシャのシラーズにもかかっていますが、ウガヤ朝の3代様なのだそうです。
真白玉輝彦天日天皇(マシラタママカカヒコアメヒノスミラミコト)と申されます。

 ウガヤの30代様頃まで、天皇は大君だったのです。そして石切さんです。
こちらは頂いた写真です。飯能の白鬚神社のようです。

飯能の白鬚神社

 そして、やはりというか剱神社というのがありました。
白鬚神社とともにあったのだそうです。

剱神社

 その白髭神社は琵琶湖、高島に本社があります。比叡山の下です。
山王、大山咋神様と共にあるのだそうです。

白髭神社は琵琶湖

 私が長い年月をかけて説明してきたことです。白鬚神社の説明は2005年から始まっています。
最初の三種(山主)の神器、草薙剣は現在のイスラエル、ヨルダンで打たれたのだそうです。

 それを打っていたのが、イスラエルの失われた十二支族です。
その材料が竹内文献に見られるという、ヒヒイロカネです。

 皇祖皇太神宮にも沢山のレプリカがあったそうです。
ウガヤの十二代様が名草で使ったものは、七メーターだったそうです。

 石の大きさから見ても、それくらいないと切れません。
ピラミッドの石も、これで切ったのだそうです。あちこちの巨石文明で、この神器が活躍したそうです。

 しかし、争いが起こり、地表の人類の心が腐ってしまいました。
それで、神々は、すべてを隠したのです。

 これがウガヤの後半の話です。悪魔どもは、邪魔な神官を皆殺しにしたのです。欲のためです。
そのため、地表の人類は、肉まで食わされ、神々と交霊できなくなってしまったのです。

太田道灌公

 宮司、禰宜など、神職は肉を食って良いなどと言うのはとんでもない話です。
肉を食いたがるものは、前世で犬が多いのだそうです。それに蛇もいます。

 こんな者が人に生まれてくるのが問題、間違いなのです。皆さんも周りでおかしな者を感じると思います。
人口問題も四十年も昔から、どうするのかと言っていました。

 もはや、アミが言う最後の時のようです。
永遠の命の側か、破滅の蛇の側か、どちらにつくのも、皆さんの生き方次第です。

 イエス様は、堕ちる者を、ウジに覆われるものと言いました。その通りです。
利権に絡みついた、蛇役人どもです。

 私の話に、嘘やCGはありません。
皆さんが、神々にお祈りして、検証してみてください。
   
 +(-_-;) 


 名草の動画

平成24年4月27日

 何とか出来たのですが、ベータ版です。大事なコマが足りませんでした。。
後日、差し替えます。(→出来ました。)



 今現在も、動画を編集中です。
動画に入れ忘れたコマは以下のものです。

動画に入れ忘れた忘れたコマ

 大事なのが、私を案内してくれたお狐さんの写真です。

お狐さんの写真

 この2コマ追加しただけでも、最初から出力しなおしです。
今日中には出来るかと思います。

 名草にも巨大な秘密がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 連休近し・・

平成24年4月26日

 今年も大型連休が近づいてきました。
関東の、神々の子孫の資質ある方には、名草巨石群もお勧めです。

 ここも行く前には、掲示板でも良いのでお尋ねください。火祭り同様に、行くと危険な方もいるのです。

 こちらの神々に縁ある訪問者様に、動画のネタをいただきました。今、動画も製作中です。
連休までには出来るかと思いますが、未定です。最初は足利駅が出発点です。

足利駅が出発点

 そこからバスです。

バス停

 バスの本数が少ないので、帰りのバスもチェックしておきましょう。

バス停

厳島神社の鳥居

 ここを潜り、参拝者様を待っていたのはウガヤの12代様です。

ウガヤの12代様

 棺の石もありました。
エジプトにもあります。すごい波動です。

棺の石

 神社で待っていたのは山王様、大山咋神様です。

大山咋神様

 まさに日本のピラミッドのようです。

日本のピラミッド

 こちらの神々と、私を案内してくれた、桜森稲荷神社のお狐さんです。

桜森稲荷神社のお狐さん

 何も知らなかった私を、この地に案内してくれた、お狐さんに感謝です。
巨大な秘密が世に出たのは、このお狐さん、師匠の大田姫稲荷神社のお狐さんたちのお陰です。

 夢にも思っていない世界でした。
神々、眷属の皆さんに感謝です。
   
 +(-_-;) 


 神の世界

平成24年4月25日

 新興宗教等では、神の世界は近づいた等と言うようです。
神の世界は、この世の人間が考える物質世界ではありません。仏教で言えば涅槃の世界です。美しい世界です。

涅槃の世界

 それは今、この日記を見て、読んでいる皆さんの世界です。
しかし、人間として、忌まわしき肉体を操作している皆さんは、日記を離れた途端に、現実に引き戻されてしまいます。

 昨日の日記で、ご紹介するといったのは、こちらの写真です。
中のはアル、鹿角、牛頭の角=「にほん、日本」です。そして外側はフェザー、羽です。人の姿は、胎蔵界の神、秦氏です。

神の世界

 秦氏は胎蔵界の人と紹介いたしました。秦を「たい」と読むのはそのためです。
もちろん秦氏も金星から胎蔵界を経て地球に来たのです。蚕も秦氏が金星から連れてきたのです。

神々の世界

 こちらは神社関係者様のご先祖様です。
神職に見えると思います。神々の気持ちなのです。

神々の気持ち

 見事な神紋、狐火は現実のものです。
これは羽、妖精、∞です。金星の神々の事です。

神紋、狐火

 皆さんの耳にも、天界の音、光が響いている方が多いと思います。
今日も、光の中、良き1日をお過ごしください。

   
 +(-_-;) 


 聖母マリア様

平成24年4月24日

 ここにはキリスト者の方も沢山来ます。
マリア様の写真には、驚いた方も多いと思います。

聖母マリア様

 一般人とは、キリスト者の方は、マリア様に対する思いは全く異質だと思います。
馬鹿な学者は、普通の人間と思っています。

2012-04-24-14.jpg(75560 byte)

 イエス様は、金星から胎蔵界を経てやって来たと書いたのは、4,5年以上前です。
稗田阿礼神様のところに書きました。イエス様の母、マリア様とは、この母なる星、地球なのです。

 かってお地蔵様を祭ったミトラ教は、ローマ帝国の陰謀によりキリスト教とされてしまったのです。
もちろん、イエス様も胎蔵界の神、お地蔵様なのです。

 「わ」の神社は、その真実の証なのです。
このマリア様の写真を現したのは、ヤハヴェの神、田中(たなは)大神様です。

 こちらはミトラ教のシンボルだそうです。
もちろん、CGなどではありません。

ミトラ教のシンボル

 こちらは神事を執行中です。
指導しているのは、ご祭神の菅原道真公です。

神事を執行中

 ・・鬱陶しいことに、今も「フジ」が出てきました。悪霊です。
もちろん、即、怒りの撃退です。腹が立ちました。。

 いつも、皆様の周りも、神々と悪霊の綱引きがあります。→「コン」
これが、この世の真実です。

 悪霊教祖とは縁を切りましょう。
魂の運命が決まるからです。

 キリスト者の皆さんには、得意なフレーズだと思います。
今日も光のなかで、真実を思いましょう。

   
 +(-_-;) 


 やっと、ほぼ復旧・・

平成24年4月23日

 2日がかりで、やっとメインパソコンの復旧が出来てきました。
困ったのがネットワークの修復や、bluetoohの問題です。

 なかなか以前のように動きません。
メールについては、ポストから来たものは順次お返事いたします。

お花

 こちらも景行天皇にご縁の古墳です。

景行天皇にご縁の古墳

 すごい波動が出ています。

景行天皇にご縁の古墳

 今も、アメリカは水面下で大騒ぎです。テレビで見るオバマ大統領や、クリントン国務長官の表情がひきつっています。
ローマ法王も、やはり、今の人が最後になるようです。

 世を騒がす者たちは、皆、野狐が操っています。プレアデスやらマイトレーヤです。
わけの分からないことで人を煙に巻くのは、野狐の得意技です。

 国連内の大騒動など、とっくの昔から有名です。あそこに行くのは命がけなのだそうです。
昨日の原因不明の、化学工場の爆発もテロと言われていますが、恨みのあるものがやったのかもしれません。

 三井の井戸は、八咫烏の足で、胎蔵界を経て地球と火星、金星のことです。
野狐は、それなりに修行しているので、宇宙のことも人間よりはるかに解るのです。

 アセンションだとかに騙されないようにしましょう。憑かれている教祖も解っていません。
天空の神もいろいろです。自称神も多いのです。

天空の神

 ・・司令官が、これからが山場だそうです。
掲示板でも、そのようなことは伝えました。

 東北の大地震は、10年近く前から、さんざん伝えてあったのですが、現実の引越しは大変です。
私の認識にも、あれほど大きなものが来るとは思いませんでした。

 しかし、政府は私の投書以降、女川の原発を検査して、補強してくれたのは良かったです。
この時は、文字通り預言でしたが、内容証明に配達証明がついていたようなものでした。

 私が政府に投書するまで、頭が割れそうだったからです。
政府に投書して、それはすっきり治まりました。外宇宙からのメッセージだったからです。

 これがあってから、社主が来てくれて世が変わったのです。
何しろ、女川原発は、その時の検査で二千ものヒビが見つかったのです。

 宇宙の神々は、地球で一番危険と言っていたのです。安全と言われたのは島根のもので、ヒビが一個でした。
頭痛というのは、このような原因もあるのです。

 守護霊や先祖は、伝えたいことも多いのですが、多くの方は医者に通って終わりです。
もちろん、時空を超えた恨みに憑かれた者も多いのです。

 細胞が健康に輝いていることが、人の幸せです。これが良いオーラです。
肉を食うのは魔人、悪魔です。それで肉好きは癌で死ぬものが多いのです。

 いつも、正しい戒めが大切です。
   
 +(-_-;) 


 日曜日

平成24年4月22日

 本日はメインパソコンが不調です。
そのため、日記も挨拶程度しか出来ません。

挨拶

 その原因はウインドウズ7のプロをインストールしたからのようです。
今日の日記を作成しているのは、サブパソコンで、こちらはウインドウズ7のプレミアムというものです。

 プロ版のほうがXPと互換性が高いと思っていたのですが、現在は全くダメです。
すでに半数以上の訪問者様もウインドウズ7になっています。それで私もメインパソコン含め3台がウインドウズ7になりました。

 予め、サブパソコンで試してあったので、メインパソコンで事故が起こるとは思っていませんでした。
もちろん、これでは、残りのパソコンはXPのまま行くしかありません。不安だからです。

 こちらはモリヤ族の中のエフライム族を導いている田中大神様、ヤハヴェの神です。

田中大神様、ヤハヴェの神

 何事も慎重さとバックアップが必要です。
今は、まさにハルマゲドンのようです。

 悪しきものを避けましょう。
   
 +(-_-;) 


 久しぶりの動画

平成24年4月21日

 久しぶりに動画を作りました。


 動画の製作は大変に手間がかかります。
パソコンも大変な労力なので、64ビットのウィンドウズ7にしました。

 そのため、一部のソフトが動かなくなり、商売敵の会社のメーラーは削除されてしまいました。(^_^;
当然、沢山のソフトの再インストール、設定などにより日記製作のための時間も、削られてしまいました。

 こちらは動画の神社に現れた「に=仁」です。

「に=仁」

 「わ」の神社に「仁」があらわれたのです。
以前、常世岐姫に見せられたワニさんは、これでした。

ワニさん

 きれいな海は底の魚まで見えます。
霊域も、そのようなものです。利権を求めるものに真実などありません。

 それで、利権を食った者は、次の世は蛇です。
あまりに当たり前です。これがトーラです。

 多忙なため、昨日のメールは、お返事に、少し時間を要します。
ご理解をお願いいたします。

   
 +(-_-;) 


 花の美

平成24年4月20日

 今年の桜も、平地では終わりそうです。
花も、見る目によって価値が全く違います。頂いた針間の桜の写真です。

針間の桜

 こちらは、子供をお守りしているような感じの写真です。

針間の桜

 花の美しさは撮影する機械によっても全く違います。良いカメラに良いレンズが必要です。
神様や、仏様を写すのも同じです。

 撮影者の霊域が、レンズのようなものです。
これは、この世の光学の問題ではありません。

 何故か、針間の方から、同じ日に写真が送られてきました。
こちらの神社もウガヤ27代 建玉天皇様にご縁なのだそうです。おられるのはインドの方です。

インドの方

 五枚ほど送られてきた写真ですが、他のは針間も侵略したイタ公でした。
昨日から、「わ」の神社の動画を出力を始めました。今日中にはアップできると思います。

「わ」の神社

 前世が犬や蛇では、神は理解できないのです。当然です。
そのような者は、性格上、役人や政治家になって、また犬や蛇に逆戻りなのだそうです。

 これはトーラです。
貧しきものは幸いであると言うイエス様の言葉の真髄です。

 貧しきものとは、貧乏なものではありません。
地主金貸し、役人などの利権に関わらないものです。

 そのようなものは、この宇宙に存在してはいけないものだからです。
来世は蛇に成るのかと思った役人への答えです。

 怖くなった方は、精進次第で、犬で済むかも知れません。
天照皇大御神様にお祈りしてみてください。

 ・・残念ながら、天照皇大御神様が、その願いは聞けないと申されています。
蛇も、いろいろですので、程度のいい蛇で済むようご精進ください。

 このサイトに、嘘、CGなどはありません。
   
 +(-_-;) 


 時の流れと認識の変化

平成24年4月19日

 昨日、某銀行のトップだった人が隠れたそうです。
前世は、やはり犬だったそうです。死因は心臓の不調でした。日本経済を奈落の底に落とした原因を作ったとも言われています。

 もちろん本人は、そんなつもりはなかったのですが、今の日本は、その通りの現実があります。
高利貸しが蔓延った世界は全てダメです。その金貸しも多くが破綻しています。ロスチャイルドも負債が271兆ドル以上で破産寸前だといいます。

手向けの花

 嘘かどうかは知りません。財産は日本円で一京円などといいますから、負債が倍ほどのようです。
もしかしたら、明日が危機なのだそうです。多くの国で金融が非常事態に成るかも知れません。

 もちろんユーロの危機も爆発しそうです。しかし、これは多くの国民には、どうでも良いことです。
国民には、消費税が上がることのほうが現実に危機です。

 役人どもは、金貸しを手先にして、国民から、あらんかぎりの生き血をすすりました。
それで、この世は神の世界から、見切られているのです。→「コン」

 この世のほとんどの方は、そんな話さえ全く理解できません。それで地獄に行くのです。
総ての下人が肉を食らっているので、来世は、犬や蛇です。そんな状況に成ったのは、法律を作る者が同程度だからです。

 肉を食らう下人どもということです。議員、役人どもです。私利私欲の者が多すぎるのです。
金貸省に原発推進省、病気蔓延省と思われる省庁がいっぱいです。ワクチンなど悪魔の金儲けだそうです。

 それに定期健診なども然りです。善良な医師はワクチンには猛反対しているそうです。
いつも議員には、どこからか利権が憑いてくるから悪いのです。馬鹿女議員は気持ち悪いです。→「コン」

 この子はどうなるのでしょう。

この子はどうなるのでしょう。

 真偽は皆さんが思ってください。
不審な議員のリストだそうです。誰だかは分かりません。

悪魔の化身?

 ・・やはり蛇女だそうです。見ていて感じている方が多いと思います。
もちろん来世は、醜い蛇です。

 私も12年前は俗世で生きていました。それで神の世界も知りませんでした。この世には、私の師がいなかったからです。
世の宗教は、多くが錯誤や嘘ばかりですから、神仏のことなど解りようもありませんでした。

 この星では、光を求めていても、悪しき宗教に騙され、地獄に堕ちるものばかりです。
すべての宗教、この世の総てと言えるほどの者が、金儲けだけを画策しているからです。

 それで良い神社、仏閣の神様、仏様、眷属の皆さんも、大変な苦労をしたのです。
最初に社主の苦労を聞いた時も、涙が出ました。世の新興宗教が、これほど恐ろしいものと思っていなかったからです。

 そんな私を、神々のもとに案内してくれたのが、社主と師匠のお狐さんです。
神様の使いとはいえ、大変なプレッシャーだったと思います。

 それから、仲間のお狐さんや神々が来てくださるようになったのです。
こちらは、最初にさきたま火祭りに行った2008年の写真です。

2008年の写真

 そしてこちらは2009年の写真です。
この拝火の上は火の神アフラマズダ、建御名方神様です。

2009年の写真

 今のカメラではないので写りが薄かったです。
こちらが昨年の写真です。大山祇神様です。この神域は木花開耶姫命の父神として登場されているからです。

大山祇神様

 毎日、沢山の神社でお祈りされているので、神々はとても忙しいのです。
こちらは某神社の神々です。

某神社の神々

 いつも神仏を理解できる方の前には、沢山の神仏が降臨してくださるのです。
私も、理解できぬものに話はしません。神仏も同じです。

 話は理解できなくても写真を見られる皆さんは真実に近づけたのです。
未だに、悪霊どもは神仏が理解できないのです。

 大事なことは馬鹿に近寄らない事です。
余計なワクチン、薬も避けましょう。

 医者を嫌いな人は、長生きするのだそうです。→「コン」
これもトーラです。

   
 +(-_-;) 


 吉見町の事

平成24年4月18日

 最初に、垂仁天皇、景行天、成務天皇が鴻巣近辺にお住いになったと書いたのは2008年以前です。
垂仁天皇は吉見町の八丁湖の畔に住んでいたと書きました。

 それでは景行天皇は、どこに住んで居られたか、お訊ねいたしました。
景行天皇は和名沼の畔に住んでいたのだそうです。吉見町には御所という地名もあります。天皇のお住まいは御所周辺です。

御所周辺

 吉見の百穴、黒岩横穴群は日本のカッパドキアとも言うところだったのだそうです。
天皇様も、夏は涼しく、冬は暖かいお住まいで、快適に暮らしていたそうです。

垂仁天皇のお住まい

 こちらは景行天皇のお住まいです。

景行天皇のお住まい

 ・・人類の原罪とは、木を伐ってしまったことなのだそうです。地球人類は道を誤ったのです。
キリスト者の原罪とは違います。それは好奇心から始まりました。

 今は肉を食うのと同様に、誰も木の伐採に心の痛みを感じなくなってしまったのだそうです。
あまりに地表の人類は、愚かだったのです。エデンの園から、人を誘い出したのは、悪しき蛇、役人どもです。

 それで、地表に出た人類は、家などを作るために木を切るようになってしまったのです。
ペトラの都のような状況を役人は嫌がったのだそうです。利権が発生しないからです。蛇どもの考えることです。

 利権は役人以外には、何も良い事がなく、国民の苦しみは増すばかりで、自殺は減らず、人もなり手が居ません。
今の日本は、統計を取り始めて以来、最大の過疎に成っています。これからも減るのは当然です。

 神代の人は、世を楽しく生きたそうです。
国宝の妊婦の土偶です。縄文のビーナスといい、雲母が入っているそうです。名草でもありました。

縄文のビーナス

 この女性は神社に祀られる神様で、お腹の御子も神様です。
この集落も中国人に襲われ、消えてしまったそうです。吉見を襲ったのはイタ公です。

 地球の、地表は終わることのない戦争と争いの繰り返しです。欲をかく馬鹿どもが諸悪の原因です。
カッパドキアなら夏涼しく、冬暖かく、原発など不要でした。呪うべきは利権を求める役人どもです。

 こちらは今や日本一のパワースポット、某神社のご霊験です。もちろん、CGなどではありません。
どんな岩も切り裂く、真の草薙剣に、アフラマズダ神=建御名方神様、ヤハヴェの神=石切、田中大神様、ご縁の神々です。

某神社のご霊験

 こちらの神々は、縄文のビーナスとも深いご縁です。
すごい光が、承認の証です。これがトーラです。

 連休は吉見の山歩きもいいかも知れません。
今日も、良き一日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 成務天皇のご開運

平成24年4月17日

 一般的には謎の人と言われる成務天皇です。もちろん、立派な光ある方です。
「わ」の方です。

成務天皇

 かっての倭国が俗にいう日本王国です。
成務天皇の時の、わの国の都は埼玉(さきたま)にあったのだそうです。

わの国の都

 そして、こちらが成務天皇の陵です。

成務天皇の陵

 成務天皇の故郷はこちらです。
現在のタジキスタンです。

成務天皇の故郷

 この時、タジキスタンから一緒に来たのが行田に多い「タジマ」さんだそうです。
そう言えば、前玉神社の宮司さんも田島さんだったと思います。柳生但馬守と言う人もいました。

 ・・「やな」とはタジキスタンの事なのだそうです。常世岐姫神社は渡柳と言うところにあります。「わた・・」です。
ヤナセ、柳川、同志社などと言うのもあります。タジキスタンの一族はメジャーだったのです。

 その都が破壊されたのは神倭朝28代宣化天皇の時だったのだそうです。
かっての東国の王、ヲホドさん(継体天皇)が西国に迎えられたことが大きな理由だそうです。

 金の亡者どもが、真の「わ国」、日本の歴史を書き換えたのだそうです。
これが倭国大乱という事なのだそうです。神代よりの天皇の地は、今と同じく東国だったのです。

 そして大国主はその実態は常世岐姫と申しました。その通りなのです。
そして、菅原道真公、多治比氏が縁が深い玉敷神社も常世岐姫が祀られているのだそうです。和久産霊神です。

 俗に言う御祭神、大己貴命=大穴牟遅尊(おおなむちのみこと)はアナヒター、常世岐姫の別名です。
日本ではイシス神、常世岐姫は神代より八幡様としても祀られていました。八王子権現と言う名もあります。

 こちらは某神社のご神殿です。「わ」の神社です。

ご神殿

 和久産霊神、常世岐姫はじめアフラマズダ、建御名方神、ヤハヴェの神、田中大神、イエス様神々も居られます。
すごい写真です。描けと言われても無理です。

 真の「わの国」の歴史が見えた皆さんは、良き御先祖様、産土神、氏神様にお礼をしましょう。
大切な「わ」の心です。

 金の亡者=無能なクズは、この星から消えて欲しいです。
・・巨大な光の柱が立ちました。
   
 +(-_-;) 


 神仏の世界の光

平成24年4月16日

 昨日、松尾大社にお参りされた方に写真を頂きました。
画像は元のを縮小したので、少しアラがあります。桜が満開だったようです。

松尾大社

 神々が天から降臨されてきました。
天海上人や訪問者の御先祖様も居られます。

神々

 いつも現れる磐船です。
ルベン族のものです。失われていたアークとは、これなのだそうです。

磐船

 いつも大山咋神様と成務天皇が現れて下さいます。
そして、羽つきのハネのような光は、胎蔵界の光です。

大山咋神様と成務天皇

 良き天皇は神の世界、胎蔵界から来たのです。 成務天皇は武内宿禰と同じ日の生まれです。
・・成務天皇にご縁の地に案内して頂きました。

 そこは、昨日の掲示板で秘密と申し上げた、七つの教会の一つでした。
この辺りは宇宙的な秘密です。成務天皇は司令官の仲間です。

 最初に成務天皇に訪問いただいてから、今日で七年十日です。
ルベン族のルーベンとはルーメンのことなのだそうです。あの羽根です。点光源から出る光束です。

 真の七つの教会は偉大な存在です。七人の天使も、これにかけたようです。
大事なことですが、これからの計画をお聞きしました。

 やはり神々は、この地上の人間の腐ったことが見過ごせないのだそうです。それで粛清せざるを得ないそうです。
これから、地表の人類は最悪絶滅です。これはやむを得ません。→「コン」

 宇宙にとって、がん細胞、エイズウイルである地表人と、人である地球、どちらが大事かなど、誰でも理解できます。
私の話は作り話、小説ではありません。

 今週も、良き光のなかで、お過ごしください。
良き天皇様に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 日本の過疎の原因・・

平成24年4月15日

 危ないおじさんが、いろいろと言っています。
真実がどれほどあるかは、皆さんが検証してください。これが大切です。



 危ないおじさんが言っていることです。

危ないおじさんが言っていること

 日本の官僚は給料が安いから天下りして良いというのは間違いです。官僚、公務員の給料は、安くはありません。
第一、売国したと言う総理も元官僚です。日本不沈艦発言で、自分が沈没しました。

 小泉氏の息子さんのユダヤ人と言うのは、ユダヤ人のどの部分を言っているのか不明です。
ここで学ぶ皆さんは、偽ユダヤ人というのも解ってきたと思います。

 悪いユダヤ人は金貸しの代名詞として使われていますが、これは本当ではありません。
定義すれば、ヤハヴェの神=田中(たなは)大神様の氏子、田中さんもユダヤ人だと思われます。日本の大勢力です。

 当然、その父神、アフラマズダ、建御名方神様の氏子も、ユダヤ人かと思います。
かってヤハヴェの神、田中大神様以前、建御名方神様の時代から、割礼はあったのだそうです。

 そして、それはウガヤ31代橘姫の時代まで、すべての男性に続いたのだそうです。
これは皇族の証なのです。

 ところが、何時の頃からか、人々は悪魔に騙され、神の教えが解らなくなりました。
キリスト者の中では、まだ割礼をやっている所もあるようです。

 かっての神の教えは、皆忘れられてしまい、人は皆地獄に堕ちるようになったのです。現実です。魔界転生、畜生道です。
ある方の家では、毎年、イタチが子を産みに来るのだそうです。

イタチ

 これは、その方の御先祖様にお尋ねしたら、かっての弟子だったのだそうです。道を間違ってしまったそうです。
飼い犬や飼い猫が、遠い前世の家族だったという話も沢山あります。

 既に述べたように、犬や猫なら上等なのです。牛馬豚を殺して食ったら、来世は自分の番です。
狸は犬の下で、イタチは猫の下です。ミンクなどは殺され毛皮を剥がれます。

 これを自業自得といいます。天下り役人は、来世は蛇です。→「コン」
先日も肉体を亡くしてから、私の左で泣いていた者がいました。私は10年以上前からサイトに書いています。

 この世に騙された霊たちが祟るべきところは、文部省や厚生省、政府、議員たちです。
ネズミもイタチも、住み着かれると困ります。法律で捕獲も禁止されているので、匂いで追い出すのが良いそうです。

 ユダヤ人を語った金貸しも、このイタチのようです。→「コン」
失われた十二支族の一つ、モリヤ(エフライム)族が、諏訪に住み着いたのはアフラマズダ、建御名方神のそばだからです。

 失われた十二支族が、真のユダヤ人なら、日本人に石を投げれば当たるかも知れません。
こちらがエフライム族の皆さんです。

エフライム族の皆さん

 この神社では、建御名方神様も御祭神です。
嘘は写真に映りません。

 嘘の世界は、もう終わりです。
   
 +(-_-;) 


 人の業・・

平成24年4月14日

 てんかんによる自動車事故はよくあるようです。
その様な方は、自動車を運転するのが間違いです。てんかんは業病です。

 もちろん、この場合は「フジ」=不治の業です。長く学んでいる皆さんには分かっているはずです。
フジだハヤシというのは、ほんとうに事件が多いです。これは報道のとおりです。

 事件を起こした方は、前世、仏教に邪魔をしたそうです。もちろん関係者の命を奪ったようです。役人だったからです。
そんな業も消化しないといけなかったのですが、今生も業を積み増してしまいました。

お花

 業にいるものは、簡単には抜けだせません。人の恨みは時間、空間を超えるからです。
秋葉原の「加藤事件」と近いところもあるのだそうです。殺された方も、前世の因縁なのだそうです。

 てんかんは、霊の知らせなのです。こう言うと解りやすいと思います。件の者にも先祖は知らせていたのだそうです。
運転をする仕事を辞めようかと思っていたのに辞められなかったのは、それは業です。

 これから雇用者にも大きな被害が行くかも知れません。どの程度知っていたかが問題です。
もちろん家族は、秋葉原事件の「加藤」同様、悲惨です。

 現実として、この世は魔界なのです。ここで学ぶ皆さんは、危ないものには、近づかないようにしてください。
八坂神社の地も、危ないのです。事故が起こったのが、その証拠です。

 こちらは昨日の社主のお社です。
訪問者様に頂いた写真です。誉田和気尊と社主、眷属の皆さんです。お供えが、とても優しいです。→「コン」

誉田和気尊と社主、眷属の皆さん

 こちらは川崎大師の稲荷堂です。
訪問者様のご先祖様が待って居られました。この方はルベン族です。興教大師 覚鑁上人も同じ一族です。

訪問者様のご先祖様

 昨日紹介したナフタリ族の故郷に案内して頂きました。

ナフタリ族

 かってのイスラエルという地は広大だったのです。アラビア半島はもとより、アフリカにまで及んでいたのだそうです。
それはウガヤ16代様の時までだったそうです。

 アフリカ側の一族が、ヨセフから別れたというエフライム族です。「モリヤ」と呼ばれます。
あちこちに沢山います。常世岐姫に縁が深い、守谷市というのもあります。こちらが故郷です。

エフライム族

 モリヤと言うと諏訪が有名です。
ナイルの神はイシス神、和久産霊(わくむすび)神、常世岐姫です。

 和久産霊神は、まさに産土神(うぶすなかみ)です。五輪とは五色の人、オリンピックの象徴です。
皆様も感じるものが多いと思います。

 今日も、すごい光です。
   
 +(-_-;) 


 アシェル族

平成24年4月13日

 昨日の続きでアシェル族の地にご案内いたします。
そこは紅海の底です。

アシェル族の地

 拡大します。
やや、かわいい天狗さんです。

アシェル族の地

 団地の調整池で、天狗さんの子孫の皆さんが花見の打ち上げをしていました。
この多くの皆さんが、この団地に来たのは30年近く前で、皆さんは定年後の生活のようです。そうでないと、平日の花見も出来ません。

花見の打ち上げ

 犬は仲間を感じているようです。来世は、多くの人が犬の仲間だそうです。
ここでは、よく犬の集会もあります。蛇に堕ちないのは良い方だそうです。天下り役人の来世は、もちろん蛇です。

 昨日は天気がよく、桜の花も綺麗に撮れたのがありました。

桜の花

 桜の花を見ていたら、足元にも綺麗な花がありました。
危うく自転車で轢きそうでした。(^_^;

綺麗な花

 ここを直進して、市役所に行きました。
かっての古墳の上です。市役所の敷地の古墳に居られるのはウガヤ11代様 禍斬剱彦天皇天日身光万国棟梁天皇(ワザキリツルギヒコノスミラミコトアメヒノミヒカリヨモツクニオムヤノスミラミコト)です。

ウガヤ11代様

 社主のお社も綺麗な花が満開です。
社主と御祭神の皆さんが居られます。

社主のお社

 上空には神々と邪魔が一匹いました。

上空には神々と邪魔が一匹

 この邪魔が、参拝者様の隙を狙うのです。
お参りの帰りも注意が必要です。心の隙を作らないようにしましょう。

 こちらは某神社の霊験です。
注連(しめなわ)縄とは結界を現すものです。神々による本当の結界です。

本当の結界

 こちらは神社に降臨されたナフタリ族です。
綺麗な色です。

ナフタリ族

 綺麗で荘厳な神々、仏様の姿を見ていると、つまらぬ欲得の考えなど失せていくと思います。
これが、人生を良くする信仰というものです。

 おかしなものに騙されないようにしましょう。
光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 生出塚は桜が満開

平成24年4月12日

 昨日は小雨があって、晴れれば最高の桜が見れたのですが、曇りでした。
昨年動画を作った生出塚の桜並木を見に行きました。こちらは写真のバックに使っていた生コンプラントです。

 お世話になりましたが、お別れです。

生コンプラント

 この奥に桜並木があります。
曇っていたので、写真が全く駄目です。今日晴れれば、チャンスのようです。

桜並木

 補正してもこれが限界です。

桜並木2

 ここを直進したところが神代の天皇の古墳跡、鴻巣の陸上競技場です。
ここも満開でした。居られるのはウガヤ12代様です。屋根にゴンと挨拶が来ました。(^_^;

鴻巣の陸上競技場

 ここから社主のお社にお参りして行きました。
待っていたのは太田道灌公と息子さんです。松尾大社にも居られました。神職だったそうです。

太田道灌公の息子さん

 この方はイッサカル族だそうです。
お社を出たオキネさんのお屋敷ではアシェル族の皆さんとゼブルン族の皆さんが待っていました。

アシェル族の皆さんとゼブルン族の皆さん

 アシェル族はご覧のように黄色人だそうです。
赤いのは、ゼブルン族の皆さんです。それにしても神々の霊験はすごいです。

 アシェル族の皆さんの土地は、明日以降にご紹介いたします。→「コン」
ここで、光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 ヤコブ(イスラエル)

平成24年4月11日

 イスラエルの失われた十二支族の主、ヤコブとは、そもそも誰であったか、神々にお訊ねいたしました。
上古十二代の、宇麻志阿志訶備比古遅身光天津日嗣天皇(ウマシアシカビヒコジミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)がその方なのだそうです。ここは上古朝とウガヤ朝が重なった部分です。

宇麻志阿志訶備比古遅身光天津日嗣天皇

 そして、イサクが上古十一代 神皇産霊身光天津日嗣天日天皇(カンムスビミヒカリアマツヒツギアメヒノスミラミコト)、つまりヤハヴェの神、田中大神様です。
その父神は、建御名方大神様です。諏訪大社が麓にある、八ヶ岳がヤコブと言うのは既に述べました。諏訪のモリヤ族というのはアシェル族のことだそうです。

2012-04-11-01.jpg(80133 byte)

 八幡神のうちの火の神アフラマズダ神は、この方(建御名方神)で、火祭りの此花咲耶姫の父神、大山祇神様なのです。
太田道灌も名は変わっています。神様もローカル名はいろいろで、一柱の神に複数の名があることは多いのです。

 それで前玉神社に建御名方神として降臨されたこともあるのです。これが不思議な螺旋∞の意味です。この∞もまた捻れているのです。
もちろん前玉神社拝殿には、大山祇神として降臨されています。

 前玉(さきたま)神社の御祭神、前玉比子尊は、シメオン族だそうです。
ご縁の訪問者様に頂いた写真です。

シメオン族

シメオン族

 そして、社主のお社です。
この方とは、いつも、ご先祖様が一緒です。

社主のお社

 あまり一度に話をすると、アミが言う情報中毒になってしまうと思います。
キリスト者の皆さんは、それではノアは誰かという話になると思います。

 ノアと、その子孫、セム、ハム、ヤペテの話は、また後です。
この辺りは、上古朝とウガヤ朝の、複雑な関係があります。日枝は日本とエジプトで、前(まえ)は、ま国とエジプトです。

 天界から、日本の歴史を研究せよと言われて、早十一年です。
やっと大きな光が見えてきました。これは口伝では伝えられません。頭を抱えている人も多いです。地球人の限界です。

 訪問者の皆さんは、肉など食わず、前世の業を昇華できますよう、お祈りいたします。
・・天界から、今日の分の、承認の光が降りてきました。

 今日一日の苦労が終わりました。
→「コン」

   
 +(-_-;) 


 レビ族の皆さん

平成24年4月10日

 レビと言うと、電気屋でも◯○電気レビ等と言っているところがあります。
レビ族が先祖だそうです。通常は司祭階級の人達です。レビを名につけた人も多いです。


レビ【Levi ラテン】
旧約聖書で、イスラエルの族長ヤコブの子。古来、祭儀の執行を担うレビ族の祖とされる。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 レビ族の皆さんの、かっての住まいはこちらです。
ウラと言うところもありました。ここから来たのが松浦さんです。

お住まい

 ウラは浦和の元にもなりそうです。
周辺に、ご縁の方が多い羽村もありました。

羽村

 こちらの胎蔵界がレビ族の皆さんの住まいだったそうです。

レビ族の皆さんの住まい

 カッパドキアのようなところです。

カッパドキアのよう

 社主がレビ族の皆さんを勧請してくれました。

勧請

 レビ族の皆さんが磐船に乗って到着です。
速玉です。

レビ族の皆さん

 降臨されたレビ族の皆さんです。

レビ族の皆さん

 こちらがレビ族の族長様です。

レビ族の族長様

 レビ族の皆さんは、金星から来てくれたのです。ご苦労様です。
それもこれも、闇の中の真実を、子孫の皆さんに伝えたいからです。

 ・・昨日来た烏天狗さんは、ゼブルン族だそうです。。
鞍馬山にも、金星の話がありました。

 ・・大きな、光の世界の扉が開いたそうです。
よく受けとってください。
   
 +(-_-;) 


 天狗さんの事

平成24年4月9日

 天狗さんにも多くのグループがあります。前にも申しました。
十二支族ではレブロン族が主流なのだそうです。日本の多くの山がレブロン族の天狗さんだそうです。掲示版の写真の解説です。

天狗さん

 赤い天狗さんが統率の立場なのだそうです。
レブロン族の総数は一万二千人ほどいるそうです。そのうち、管理の立場の赤天狗さんは千六百名ほどだそうです。

 いろいろな天狗さんが来ますので、多いとは思っていました。
一般的には、天狗さんは赤く塗られていますが、これは上位の天狗さんです。

天狗さん

 ・・やはり天狗さんも、人間同様、基本的に五色だそうです。

天狗さん

 訪問者様の中には、五角形のものが写る方が複数居られます。
これはシメオン族のものなのだそうです。御先祖様が、子孫に伝えているのです。以前にも先祖の関係とは申し上げました。

 こちらは、ある方が火祭りで撮影したものです。

五角形のもの

五角形のもの

 こちらは御縁の神社のものです。

ご縁の神社

 アメリカの国防総省、ペンタゴンもシメオン族の方が多いのだそうです。
写真に写る神々、仏様、眷属は、皆さんのご先祖様に縁のある方が多いのです。当然です。

イッサカル族

 こちらは天神町にも縁の深い、イッサカル族の皆さんです。
さくら祭りにも、皆さんが行かれたそうです。

 もはや、新興宗教など、お馬鹿の集まりのように感じる方が多いと思います。
それは、正しい思いです。

 皆さんにも、解脱への道が見えてきたのです。
良き日々をお過ごしください。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 桜まつり

平成24年4月8日

 今日は、お知らせの通り、桜祭りです。

桜
 霊験あらたな、この神社には、失われた十二支族の子孫の方も沢山やって来ます。
もちろん、本人は知らないことが多いのです。

 そしてまた、闇の手伝いをした役人も、自分が何をしたか理解できていないのです。

 イエス様は、十字架で天に向かって「彼らは何をしているか知らないのである。」と申されました。
大事なところです。

 十字架に貼り付けにされた原因と成った、イエス様の十二使徒の中の裏切り者は、ヨセフ族から別れたマナセ族だと申されています。

 確か、入り口の信用金庫の理事長も、眞鍋とか言ったかと思います。裏切り者は金の亡者です。
口に出せぬ、いろいろなことがあります。

 真実が、この世には復活していくのです。
・・イエス様が十字架の(はりつけ)の話など、全部嘘だと申されています。。→「コン」
桜

 こちらは神社裏手の元宮です。
お地蔵さんが勢ぞろいです。そして、すごい狐火です。→「コン」

お地蔵さんが勢ぞろい

 拡大します。
昭和天皇の前世がウガヤ三十代様なのだそうです。三十は大切なのです。もしかして、意味するところは、羊、大日如来でしょうか。?

お地蔵さんが勢ぞろい

 この土地が、いかに大事な土地か、皆さんにも感じられると思います。
こちらは殿中です。

殿中

 拡大します。

殿中拡大

 昨日は寒かったですが、お天気は良かったです。
今日も良いお天気のようです。

 いつも真実を見せてくれる神々、仏様、眷属の皆さんに感謝です。
私の部屋も、何度か、こんな状況が見えました。(^_^;

 寝ている時は、飛び起きたことがあります。
この写真を信じられるかどうかは、まさに人生の分かれ目で、魂の格によるものです。→「コン」

 皆さんの御先祖様も、真実に辿りつけたことを、神々に感謝していると思います。
今日も、すごい光です。
   
 +(-_-;) 


 エフライム族の皆さん

平成24年4月7日

 エフライム族というのは、ヨセフ族から別れたようです。
時はウガヤの29代様の御代です。

ウガヤの29代様

 こちらがエフライム族の皆さんです。
巨人だったそうです。

エフライム族の皆さん

 住んでいたところは、イエメンの胎蔵界です。
地上は関係ないそうです。

イエメンの胎蔵界

 拡大します。
まるで、地上絵のようです。エジプトの石像が同じような被り物です。これがウガヤの二十九代様なのだそうです。

ウガヤの二十九代様

 ここには、沢山の女神様がいるようにも見えます。
こちらは山末の大神、大山咋神様です。立ち上る緑の光は初めて見ました。これが生命の樹というもののようです。

大山咋神様

 ほとんどの方が、人として、この世に生まれても、何も得られず、魔界に堕ちるのだそうです。
地震、原発事故、増税案と、とても、この世の末を納得しそうな状況です。

 今日は寒そうですが、お花見の時期です。
明日は温かい日になってほしいと思います。

 ささやかなことを喜びにしましょう。→「コン」
喜びがいっぱいになります。
   
 +(-_-;) 


 アカバの地

平成24年4月6日

 日本にも、とても縁が深いアカバです。
赤羽(あかばね、あかば・・)と言う地名は日本にも沢山あります。都内北区赤羽がメジャーです。

 ここには、ゼブルン族とベニヤミン族が居たのだそうです。

アカバ

 ゼブルン族の皆さんはウガヤ28代様の時、日本に来たのだそうです。
この一族は、全体的に高い霊で、お地蔵様や天狗さんです。

 そのため、こちらの方は、諸国は経ず、胎蔵界を通ってきたのだそうです。
日本の出口は、ここにもあったそうです。

日本の出口

 赤羽駅の西も見事に(うしとら)です。

赤羽駅の西

 昔は、毎日の通勤通学で、星美学園周辺はすごい山だと思っていました。
この学校関係者もゼブルン族が多いのだそうです。→「コン」

 北区に住んでいた総理はイッサカル族だったそうです。
・・今も出てきました。この方は草津に近い中之条というところが出身でした。

中之条

 十二ヶ岳と言うところも出てきました。イスラエルの皆さんの地です。
せっかくなので、消費税の問題についてお尋ねしました。是か否かです。

 ・・今の政治家は役人に騙されているそうです。この方は「いっちゃん」という方とも仲が良かった方です。
代々、殉職をしてしまったのはご先祖様の仕事だそうです。

 政治家は、あまりに大変なので、業を作らぬうちに御先祖様(お地蔵様)が、向こうの世界に引っ張ったのだそうです。→「コン」
実は、こんな事も多いのです。この人は良い方で有名でした。こちらはアカバ(赤羽)の山です。

赤羽の山

 この方は田中という方とも仲が良かったです。切りがないので、政治家の話は、これでおしまいです。

 こちらは火祭りに来たゼブルン族の方です。

ゼブルン族の方

 倭国の皆さんは、永い間、真実を伝えられませんでした。
倭国、日本の真実が、皆さんにも見えてきたと思います。

 役人に支配されない、良い日本であって欲しいです。
天界の光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 アシェル族の事

平成24年4月5日

 失われた十二支族のうちの、アシェル族の事について、お知らせいたします。
この一族は現在のダマスカス近郊の胎蔵界に住んでいたそうです。

アシェル族

 現在はシリア領です。
ここは以前紹介したように、ブラックストーン、黒石です。

シリア領

 塞がれた胎蔵界の入り口、ベルの跡がありました。
ここの人たちも、イタ公に追われ、ペルシャを経て、朝鮮に達し、やがて日本に来たのです。

胎蔵界の入り口、ベルの跡

 神々は、この人達を「ハネ」と言っています。
幸か不幸か、多くの者は、朝鮮から海を渡ってきたので、自分の先祖を朝鮮人と言っています。

 現実はペルシャで「タカ」の信仰をした方も多いのです。それで日本に来て、高橋、鷹橋を名乗った方も多いのです。
高麗神社の「高」はこの縁のようです。この高橋の土台人が増えたのは、朝鮮の兵、イタ公の傀儡、武烈天皇の時なのだそうです。

 この時のイタ公のボスが謎の人間、大伴金村です。歴史書の多くは武力強者の嘘です。
今もそうですが、大伴金村もカソリック、嘘のキリスト教を広めようとしたのです。それで神社を敵にしました。

 嘘と思ったらイエス様にお訊ねください。
大和市にも高橋姓がいっぱいです。

高橋姓

 ある神社では、その為、古墳を潰され、御祭神をすり替えられたのだそうです。これも多いパターンです。
こちらです。

ある神社

 もちろん、現在の氏子たちは真実など知りません。
神社はお飾りではないのです。真の御祭神を、神社のページに掲載いたしました。

真の御祭神

 そして神代から、この地で祀られていたのが八王子権現、常世岐姫なのだそうです。記紀では和久産巣日神と呼ばれます。
エジプトのナイルの神、イシス神もであり、豊受大神様の母神様でもあります。

 豊受大神様が、この地に来るのを嫌がっていたのは、これが理由なのだそうです。
いつもすごい霊験が現れるのは、常世来姫の力なのだそうです。お狐さんも高位なので、狐火もすごいです。

狐火

 太田姫稲荷神社のお狐さんの自慢の弟子です。。
良い参拝者の皆さんには、沢山のご利益があります。→「コン」

 日曜日は、お祭りです。行ける方は、ぜひお参りしましょう。
今日も、天界の力による、奇跡の世界です。
   
 +(-_-;) 


 マスコミは新興宗教・・

平成24年4月4日

 消費税の必要性も原発の必要性も、一般国民にはゼロだそうです。
引用です。民間人は負担が増えるだけだそうです。

消費税の必要性

原発の必要性

 何故天下りにカネをくれていたかと言えば、それは多くの口封じです。→「コン」
キャリアは闇の秘密をいっぱい知ってしまうからです。

 日航機墜落にしても、原因は全てが秘密、原発もそうです。
先日から「イガラシ」と言う霊が来ていました。普通では話は聞きませんが、私が観た動画の作者だったのだそうです。

 この動画を作った方だったそうです。

人口地震

 皆さんも観たことがあったと思います。
動画は無くなっていました。誰かが、わざわざ連絡したのです。

動画削除済

 本人によると黒手は日本人だそうです。闇のジーメンです。
何しろNHKも官邸同様、アメリカ人が記事をチェックするのだそうです。

 私が以前聞いた話では、NHKの記事は読まれる前に、半分は没になっていたということでした。
ところが、この方が言うには、読めたのは2割か3割だそうです。

 NHKに来る以前に役所では事務方がチェックします。キャリアです。
それが多くの秘密を抱えたまま退官の時(一部が定年)を迎えるのです。天下り先は、その者たちの口止め料なのだそうです。

 その為、天下りした者たちは、来世は全て蛇なのだそうです。当然です。→「コン」
もう、そんな時代ではありません。

 こちらは世を騒がす、危ないおじさんです。
やはり御先祖様は「古」ですが、十二支族ではないそうです。

危ないおじさん

 イガラシという方は十二支族の中のダン族だそうです。
こちらがダン族の皆さんです。

ダン族の皆さん

 危ないおじさんは、皇室の本質を知らないといけないと言っています。
天皇陛下は、神代よりの、日本人の心の支えです。

 問題は、皇室に取り憑き、利用した貴族、役人ども=蛇の素です。神々の敵です。
日本国憲法では、貴族は認めていないのですから、天下りも憲法違反という判断が必要です。このままでは日本が滅びます。

 現在の皇室もイッサカル族の流れに当たるのだそうです。
こちらはオキネさんの窯跡をバックにしたイッサカル族の皆さんです。

イッサカル族の皆さん

 ・・建御名方神様もイッサカル族なのだそうです。
当然、御子神のヤハヴェの神、田中(タナハ)大神様もイッサカル族です。

 この血統はモーゼ、開化天皇の流れでもあり、まさに皇統です。
イスラエルの皆さんも、この話をよく理解しましょう。

 イスラエルの皆さんは、いつも沢山着ています。。
今日もご苦労様です。光がおみやげです。
   
 +(-_-;) 


 三種の神器

平成24年4月3日

 日本の秘密、三種の神器と言うのがあります。
これは失わた12支族にも縁が深いと言われます。三種の神器とは以下のものです。

 三種の神器(さんしゅのじんぎ)
古くから,天皇が皇位の璽 (しるし) として,代々伝えた3種の宝物,すなわち八咫鏡 (やたのかがみ) ,草薙剣 (くさなぎのつるぎ) ,八坂瓊曲玉 (やさかにのまがたま) 。
草薙剣は天叢雲剣 (あめのむらくものつるぎ) ともいう。
「記紀」の伝承によれば,アマテラスオオミカミがこれら三種の神器を孫のニニギノミコトに与えたという。鏡は垂仁天皇のときに,伊勢の五十鈴川のほとりに (伊勢神宮の起源) ,剣は日本武尊が東征の帰途尾張に祀った (熱田神宮の起源) といわれる。
代々伝えられる鏡と剣は模造品である。鏡は宮中の賢所 (かしこどころ) に安置され,剣は壇ノ浦の合戦で海に没したが,玉は初めのままである。
南北朝合一も,この神器の授受を第1の条件とした。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
 結論から言うと、この3種の神器は、この世のものは偽物だそうです。
八咫鏡はもちろん、勾玉などは神器ではなかったのだそうですが役人が二種を三種にするため、辻褄を合わせたのだそうです。

 三種の神器とは、本来は山主の神器だったそうです。山主とは山王 大山咋神様です。

山王 大山咋神様

 この草薙剣と言うのは、ウガヤ十一代様に、名草で使われていたのだそうです
大きな石が自然に割れて、勝手に積み上がるなど、子供でも信じません。名草巨石群の石の写真です。

名草巨石群の石

 これはウガヤ十一代 禍斬剱彦天皇天日身光万国棟梁天皇(ワザキリツルギヒコノスミラミコトアメヒノミヒカリヨモツクニオムヤノスミラミコト)が石切りして積んだのだそうです。→「コン」
そして、こちらはウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇(イヤヒロドノツクリスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)が石切りして積んだのだそうです。

ピラミッド

 その為に使った剣が草薙剣と呼ばれているのです。その剣は大山咋神様より賜ったのです。
ところが、この奇跡を聞きつけたイタ公が、例によって、侵略して来たのだそうです。

 それで、ウガヤ十二代様は、この神器を持ちイスラエルの胎蔵界に隠れたのだそうです。
この天皇様も昨日から紹介しているイッサカル族なのだそうです。

 基本的に、失われた十二支族は山末の大神、大山咋神様の子孫なのだそうです。
私も含め、大山咋神様、山王様が、ここに来る方の多くの氏神様と言うことです。

 既に三日になりましたがイエス様と社主のご挨拶です。

イエス様と社主

 私は社主に六芒星の壁紙を太郎子山稲荷神社に使用せよと言われた時は、理由は分かりませんでした。
それから、今日で七年ほど経っているかと思います。七つの教会もキリスト教の秘密です。

 今日もすごい光です。
欲からアークなどを探してはいけません。

 神器は神々のものです。
欲の深い方は、天誅に注意しましょう。

 眼の前にある以外のものには、悪魔の釣り針が憑いている事が多いからです。
天誅は自業自得ですが、積善、徳を積むのも自分のためです。

 ・・天国は、貧しき者たちのものである。どこからか声が聞こえてきました。。
さすがにイエス様は、素晴らしい教えを授けて下さいました。

 いつも感謝です。
   
 +(-_-;) 

 天下りした役人どもは、地獄堕ち以外に行く先はありません。当然です。来世は良くて狸です。。
・・社主が、その望みはなく、天下り役人共の来世は蛇だそうです。→「コン」

 鴻神社へお参りに

平成24年4月2日

 昨日は一日(ついたち)だったので、鴻神社にお参りに行って来ました。

鴻神社

 現在の本殿の後ろに、旧本殿があります。
そこに看板がつきました。

旧本殿

 屋根の三つ巴は、地球と火星、金星のことです。
鴻巣は、「こうのす」です。「こう」とは皇、甲・・、地球と火星と金星の調和です。

 ところが、この地球の地表には、悪魔=役人が発生してしまいました。これが現状です。
聖書における悪魔の発生、アダムとイブの話はウガヤ37代様の時だったのだそうです。

 これが「ま国」の半島での話だったそうです。
早くも、ここで、すごい光が降りてきました。今日の分の光は、ここで十分だということです。

 しかし、皆さんも、もう少し読みたいと思いますので続けます。
鴻神社から、駅前のスーパーに行きました。

 久しぶりにエルミの駐車場に上がり、大間方面を撮影したしました。
居られたのはオキネさんに縁が深い皇族の方です。

皇族の方

 もちろんここも古墳だったのです。見事な(うしとら)の地形です。
栄町、境、寒河江などと言うところは、エジプトのサッカラの縁です。

栄町

 買い物を済ませてから、帰宅の途中にウガヤ31代様と32代様が現れました。

ウガヤ31代様と32代様

 もちろんご縁の方のご紹介です。
イスラエルの失われた十二支族の一つ、イッサカル族の皆さんです。

イッサカル族の皆さん

 場所は駅前の通りです。

駅前の通り

 「ま」のつく電気屋の脇です。
昔は、この辺にも祠がいっぱいあったようです。

イッサカル族

 タブーとは以下のようです。

タブー【taboo; tabu】
(ポリネシア語で「聖なる」の意のtabu, tapuから)超自然的な危険な力をもつ事物に対して、社会的に厳しく禁止される特定の行為。
触れたり口に出したりしてはならないとされる物・事柄。禁忌。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 私のサイトに新興宗教の信者、関係者が出入り禁止なのは、本当に心筋梗塞を起こすことがあるからです。→「コン」
もちろん、この世の誤った教育を鵜呑みに信じ、育ったものも駄目です。

 死んでから泣きつかれても、神々もどうにも成りません。
閻魔様に判決を受け、初めて、この世が魔界だったと判るものが多いのです。

 ことら総合研究所で、悪魔は懲役四百万年と書いてあるのは、嘘ではないのです。
この世的には、左端(サタン)の千年でも長いように思っていましたが、宇宙はそんなに甘くはありません。→「コン」

 地獄に堕ちるかどうかは、勝手な思い込みではありません。
心に大事な事を、よく思いましょう。

 余計なものに悩まされない日々が大切です。
今の皆さんがいるところは天界です。。
   
 +(-_-;) 


 卯月

平成24年4月1日

 今年も卯月になりました。
暖かくなるかと思ったら、また季節が戻ったように寒いです。

 今月はイスラエルの失われた12支族について、書いていこうと思います。
最初はルベン族というところからです。

失われた12支族

 こちらがルベン族の皆さんです。お地蔵様です。

ルベン族の皆さん

 かっての地はここです。

ルベン族の

 イスラエルと言っても、今の感覚と違います。広かったのです。
そして、12支族は胎蔵界の方です。ペトラの遺跡を観た方は解ると思います。カッパドキアもそうです。

 このルベン族には興教大師 覚鑁上人の御先祖様も居られたのです。
真言宗御室派は胎蔵界の方です。覚鑁上人の生まれた家の地下道は知っている方が多いと思います。

 覚鑁上人の父上も、日本とイスラエルを行き来していたのだそうです。
ところが、ある日イタ公が侵略してきたので、あの道は塞いでしまったのだそうです。

 覚鑁上人の家は、その為、皆が出家したのだそうです。イタ公が危険だったからです。
これが覚鑁上人の母上までが出家してしまった理由なのだそうです。イタ公は皆殺しと歴史の焚書、捏造が得意です。

 土地を拡大すると、Aが現れました。→「コン」

Aが現れました。

 上杉が公家としてペトラからやって来たのは、ここで長く学ぶ皆さんは知っていると思います。
その上杉は、やはり「へい」だったのだそうです。

 太田道灌が、扇ガ谷上杉で讒言のため殺されたのは、先祖がイタ公だったからというのが大きな理由だそうです。
これが赤鬼と青鬼の霊の確執です。上杉が赤組で太田道灌は青組だったというわけです。

 源平は、紅白の合戦だったと言われます。平家は白だったということです。
あちこちで桜が咲き出し、ことら学園も新学期のようです。

 新しい訪問者様は、よく注意をして勉強してください。
心筋梗塞で亡くなる方は多いようです。

 人生は自業自得です。
神々の御承認、光がいっぱい降りてきました。

 今月も、良き日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;)