三月の日記
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。
四月の日記

 梵字の知らせ

平成24年3月31日

 最初に掲示版の写真の解説です。
掲示版の元画像を補正いたしました。金星の磐船です。

金星の磐船

 これは訪問者様が太田姫稲荷神社のサイトにお参りしているので、金星の神々が感応されたのです。
日枝神社は太田道灌が川越から勧請いたしました。

 それは江戸城を守るためだったのです。
太田道灌は前世を金星で過ごしたのだそうです。その為、扇ガ谷(おうぎがやつ)上杉に仕えていたのです。

 扇ガ谷とはスエズ、山末の地、シナイ山です。ここの神様が大山咋神様です。
もちろん訪問者様も、前世でイエス様とも縁があったのだそうです。

 私のサイトの訪問者様は、そのような方が多いのです。
失われた十二支族の子孫の方も多いです。

 今日の本題の梵字です。
こちらは有名な某神社の殿中です。ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇様の巨大な妖精のような絵です。

某神社の殿中

 ウガヤ12代様が牛頭だと知ったのは、既に4年以上前です。
この絵は特別なものです。こちらがウガヤ12代様の梵字、花押です。

ウガヤ12代様の梵字、花押

 「に」とは荷、仁、A・・天狗さんを現します。花押とは、火星の王族の様です。
三輪とは、地球と金星、火星の胎蔵界です。これが繋がっているのです。

 こちらは胎蔵界の祖の皆さんです。

胎蔵界の祖の皆さん

 ここのリンク先の胎蔵界はインドの海の下です。
アミが言う、即座に位置することの意味が感じられると思います。

 出来損ないのロケットも原発も悪魔の造ったものです。
余計な紙幣も、悪魔の産物です。従って人類のためにはなりません。

 神々の光の中、静かな月末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 国の興亡

平成24年3月30日

 中国の易者は、かなり前から、今年は中国が終わる可能性が高いと言って来ました。
その理由は、役人の腐敗、経済の行き詰まりもあります。

中国滅亡の理由

 こんなザマで、よく国が維持できるものです。
そして、エイズなどの病気を野放しにしているのも大きな原因のようです。

エイズなどの病気を野放し

 何しろ中国では、未だに売血がされているようです。

未だに売血

 そして民間病院でやっている検査では、陽性でも、そのまま患者を帰してしまうようです。
なぜなら書類など面倒だからだそうです。恐ろしい国です。

恐ろしい国

 こんな状況に国民の怒りが頂点に達しているようです。

中国の暴動

 日本でも、HIV感染症の患者には、なんと1人に約1億円医療費が必要なのだそうです。
中国では、そんな医療費は出ようはずもありません。

 昨日も政治家が挨拶に来ました。増税をしたいようです。
しかし、それは下界のことで政治家の問題です。

 仮に、今回の増税が上手く行っても、また金欠に成るのは火を見るより明らかです。
原発事故も未だに処理の目処も立ちません。これで増税に電力料金値上げでは、既に経済の落ち込むのは明白のようです。

 更に年金問題も種別を問わず、深刻な事態が明らかに成ります。
これは、神々が「中国人」と罵る、役人の責任以外の何物でもありません。

 役人は最初から年金など払うつもりもなかったのです。
年金開始時は、当時の平均寿命を過ぎてからの支払いだったからです。

 かっては、50代が平均寿命でした。国鉄など定年前に沢山の人が死んでいました。
従って、役人は保険料を、みな飲み食いしてしまったのです。今も同じようです。

 中小零細企業の従業員は、年間300万から400万の収入から、莫大な保険料を納めさせらていたのです。
それをAIJの社長は年間7000万もとっていたそうです。これはおかしいことです。

 周辺に天下りしている役人に、監督責任がないというのはありえません。
東電にしても、どれほどの天下り人間に、甘い汁を吸わせていたか不明です。元最高裁の裁判官までいました。

 国民は、天下り役人のもろもろに、怒りがいっぱいです。多くの国民が皆そうです。
今日は金曜日なので、何かあるかも知れません。

 政治家の皆さんは、運命の分かれ道かも知れません。増税に、賛成も反対も、大事なのはその人の心です。役人に騙されていたのではダメです。
私は正体の見えない、薄汚い金の話は大嫌いです。天下り役人どもの退職金もそうです。異常です。

 今日は、魔界の汚い話でした。それで神々の写真は掲載できません。
ここに来る皆さんは、汚いものに、かかわらないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 悪魔どもの終焉

平成24年3月29日

 今は、まさにハルマゲドン、光と闇の戦争のようです。
世に巣食う悪魔、蛇共は、狡猾に人を騙そうとします。どこもかしこもAIJの様です。

 金のためだけの人生では、自分が拝んでいるものが神か悪魔かさえ解らないのです。
それで、天界では、地上を粛清しないといけません。これが決まりです。綱紀などとも言います。

 目に見えぬ総論、各論が現実には人の心のうちにあります。これが後光となります。→「コン」
自称、霊が解るというものは、すべてといって良いほど悪魔の手先です。

 「我を信ぜよ」等というのはキチガイのレベルです。言った者は、心筋梗塞で死に損なったそうです。
イエス様や、お釈迦様も言いません。

 こちらは川崎大師のご上人様、お大師の皆さんです。
仕舞っておいたものです。

川崎大師のご上人様、お大師の皆さん

 こちらは掲示版にもあった、豊受大神様、咤枳尼眞天様、眷属の皆さんです。

豊受大神様、咤枳尼眞天様、眷属の皆さん

 そしてインドに縁が深いのがウガヤ28代天皇様です。

ウガヤ28代様

 これは訪問者様が撮影したものです。→「コン」
日本の歴史の写真と比べてみてください。

 この天皇が乗ってきたのが天浮船、磐船とも言われる三輪、美輪です。
最後が円盤状です。芸術的です。

天浮船、磐船とも言われる三輪

 これに乗って、神仏の世界から、この魔界にまで飛んできてくださるのです。
それは皆さんに真実を見ていただくためです。

 こちらはウガヤ28代の天皇様と皇后様です。
周りはお仕えしている皆さんです。

ウガヤ28代の天皇様と皇后様

 おかしな宗教、この世で洗脳された方は、信じるのが大変だと思います。
ここに来て気が狂った人、心筋梗塞で死んだ人は、神々や私のせいではありません。自業自得といいます。

 こちらは私が撮影した大山咋神様です。御先祖様です。→「コン」

大山咋神様

 白い玉体の写真は、中心が菅原道真公です。
梅の花にも似ています。湯島御縁の方なので霊域が違います。EU島の縁です。

中心が菅原道真公

 最後は見た通りの天神様、神々です。

天神様、神々

 光の中心はヒマラヤの神、宇気母智神様、和久産巣日神様、豊受大神様、咤枳尼眞天様たちです。
御神宝です。

 全ての方の御代や名前は付けきれません。
しかし、それは重要な事ではありません。→「コン」

 大事な事は、皆さんを騙そうとしている金の亡者と縁を切ることです。
思いが浄化されてくると、天界の扉が開いてきます。

 良い思いを心がけましょう。
   
 +(-_-;) 


 追分

平成24年3月28日

 追分とは、あちこちにあります。

おいわけ‐ぶし【追分節】オヒ‥ 民謡。もと中山道と北国街道との分岐点である信濃追分の宿駅で唄った馬子唄。またそれの各地に伝わったものの総称。
悲哀を帯び、声を長く引いて唄うものが典型。越後追分・松前追分・江差追分などが知られる。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ここにも追分がありました。

追分

 一体何を分けたのか、多くは不明です。
こちらはテレビにも出た、結構有名な温泉旅館です。

結構有名な旅館

 訪問者様のカメラに写ったのは、多くが、現在のフランスを祖国とするムラジの皆さんです。
その時代は神倭朝九代 開化天皇の時からなのだそうです。

 ここで言う「おいわけ」とは、生い立ちは「け」だそうです。→「コン」
東北は佐藤姓はじめ、現在のフランス周辺から来た人が多いのです。

 フランスは、かってガリアと呼ばれました。そこには「ケルト人」がいたのだそうです。
これが「おいわけ」の「け」なのだそうです。

「おいわけ」の「け」

 ここはアクィタニア族の子孫が多いそうです。
ご先祖様の地に案内して頂きました。

ご先祖様の地

 拡大します。

ご先祖様の地

 引越しの原因は、やはりイタ公の侵略だそうです。ご苦労様です。
最初はケルトの皆さんが祀ったという神社です。

磐城国造神社

引用

 伝記はほとんど嘘だそうです。→「コン」
こちらは神社で氏神様がトーラ(伝統行事、お祭り)をやっています。拝火中です。バツはイタ公の蛇の眼です。

氏神様がトーラ(伝統行事、お祭り)

 ちゃんと行儀よく整列して、未だに拝火をしています。火祭りです。
イタ公は、こんなトーラは嫌だったのです。

 馬鹿な軍事勝者、役人は、金を毟ることしか考えません。
その結果、ローマ帝国も潰れたのです。

 氏神様、御祭神様はご苦労様です。
、 心にしみます。。
   
 +(-_-;) 


 復活した神々

平成24年3月27日

 先日、イスラエルの失われた十二支族のことを書きました。
京都の松尾大社も縁が深いのです。私が行ってから、既に3年になります。

 訪問者様の御先祖様も、その失われた十二支族の一つで、族長だったそうです。
こちらの方です。

訪問者様の御先祖様

 遠くイスラエルから日本に来るまでは、苦労が沢山あり、こちらの方も最後に日本に来るのに朝鮮で足止めされていたのです。
もちろんユダヤ教の神職だったのだそうです。

 ご先祖様の思いが沢山伝わってきて、私も涙が出てきます。
こちらは、ご縁の神々、天皇様です。

ご縁の神々、天皇様

 太田道灌の次男は、扇ガ谷(=シナイ半島)の縁だそうです。山末の神、大山咋神様の縁です。
訪問者様も、敵が多いので、守護霊の仲間に参加したのだそうです。ありがたいことです。

 マナの壺と言うのは三輪の変化したもので、よい祈りあるところに現れるのだそうです。「祈りに(こた)えて〜♪」というものです。
ただ、現状では、この世の99.9%のキリスト者の方は、それを知ることがありません。→「コン」

 こちらは、某稲荷神社の殿中です。
上位の稲荷狐の見事な狐火です。

狐火

 こちらは梵字が現れています。
もちろん稲荷狐の力です。イエス様は、「狐のように賢くあれ」と言われたのです。「蛇のように」ではありません。(怒)

梵字

 この音は「に」です。深い意味です。
まさに、この稲荷神社は聖地です。狐火は太田姫稲荷神社、桜森稲荷神社、白笹稲荷神社の稲荷狐によるものです。

 上位の稲荷狐の霊力は、皆さんに想像もできません。
神々の御加護を受けたい方は、余計な欲を持ってはいけません。

 →「コン」
   
 +(-_-;) 

参考資料


 マナイとは、魔無い、魔抜けの人たちのようです。


 光の世界

平成24年3月26日

 地上で文明が始まったのはメソポタミアの胎蔵界で、その始祖は金星から来た神々です。
これが天神の時代の始まりです。

 そして上古朝は、インドの胎蔵界で始まったのだそうです。
ここはエジプトの胎蔵界と繋がっているのだそうです。

 そしてウガヤ朝は、ここ日本の東国の中心、埼玉県鴻巣市のオキネさんの地、生出塚(おいねづか)、天神町で始まったのだそうです。トーラ(=十三)です。
それで、鴻巣には複数の窯跡があるのだそうです。

 神々が胎蔵界から出てきたところです。

神々

 昨日撮影したものです。

神々

 まさに、大明神様というところです。

 こちらは、お揃いの写真ですが、これでも半数くらいのカットです。
全体写真は御神宝です。ネットでは非公開です。金の亡者にコピーされないためです。→「コン」

 こちらには秦氏の祖やイエス様も居られます。秦氏の祖は、先日、秦ウカソと紹介した方です。
この方が伏見稲荷大社では佐田彦大神と呼ばれる方です。稲荷神様は宇迦之御魂大神様以下、皆様が居られます。


 こちらは飛んでいる速玉に近いものです。乗っている神々が、見えます。
田中大神様、ヤハヴェの神も居られます。神々の乗り物は、出来損ないの円盤などではありません。ロケットなど話にもなりません。

速玉に近いもの

 マヤ、アステカの文明はイスラエルの胎蔵界から、伝えられたのだそうです。
それでアメリカは、すべてに於いてキリスト教で、田中大神様、ヤハヴェの神を祀っているのだそうです。

 アメリカの、お馬鹿な宇宙人話は適当にあしらっておいてください。
グレイやレプタリアンなどというのは、中国人のようなもので、人食いです。宇宙の不良だそうです。

 そんな者に感心を寄せては、皆さんに良いことはないそうです。
日本の神々は、世界の神です。

 ここで拝むのが間違いありません。
よき日本の神々に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 神々のお喜び

平成24年3月25日

 昨日は日本の歴史に、竹内宿禰(たけのうちのすくね)という方の写真を掲載しようと過去の写真を探しました。
その中に見つけたのが、昨年十月に撮ったうちの一枚です。

竹内宿禰

 神々には、いろいろなローカル名があるということは既に述べています。
仏教では、十二神将という方が、この方です。

 皇祖皇太神宮の竹内家は、女系ですが、たしかに子孫なのだそうです。私には営利は関係ありません。
いろいろな真実を伝える時が来たということです。

 こちらは神々のお喜びの写真です。
ミネ、尖塔です。Aに見えます。栄光という事です。

神々のお喜び

 ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇が、まさか真実が世に出るとは思わなかったと申しています。→「ゴン」(屋根の上)
神代からの全ての真実を隠蔽したのが、悪しき役人ども、他国の草などです。

ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇

 仲哀天皇が、景行天皇に八十人の皇子女がいたというのも、役人のでっち上げだと言っています。
何しろ、日本武尊もいなかったのだそうです。その実態は成務天皇だったのだそうです。→「コン」

 いろいろな都合で、日本武尊の名で活動したのだそうです。ご苦労様です。
仲哀天皇も、見ての通りの素晴らしい光の方です。口に出せぬことも多かったと思います。

 こちらは昨年の火祭りの帰りに、常世来姫神社で撮影した写真です。
すべての、よき天皇が、ここで挨拶されたのだそうです。数えたら、この場だけで、この様な写真が6枚以上あります。

常世来姫神社で撮影した写真

 こちらは、その6枚には入っていません。
八王子権現の「8」を現しています。見ての通りです。

「8」

 8は八地なのだそうです。
八は∞、無限ということです。

 嘘に嘘を積み上げた地上の民は、粛清が待っているそうです。
とても当たり前の話です。

 徳を積んでいる皆さんは、光の中で、静かな日々をお過ごしください。
そうでない方には、地獄の業火が待っています。当たり前です。→「コン」

 ・・・    
 +(-_-;) 


 闇の世界

平成24年3月24日

 訪問者の皆さんの関心が高いので、昨日の年金不安の続きです。
苦しい思いで掛けてきた保険料を、馬鹿な会社に搾取されたとあっては、多くの方が怒り心頭だと思います。

 市内でもF電気の工場があります。その会社は90億もすられたそうです。行田の半導体試験装置製造の会社もありました。
日本ユニシスと言うところは既に返ってこないと諦め、50億の損失を計上したそうです。妥当な判断です。

 この先、この問題がどこまで拡大するかは、現状不明です。
しかし、こんな業界に外部監査が入っていないのは異常だと思います。

魔界

 今、業界には160兆ほどの資産があるそうです。簿価だと思います。AIJは簿価(帳簿の金額)でした。
現在は、多くの会社で時価会計だと思います。資産はその時その時で評価が違うからです。

業界には160兆ほどの資産)

 AIJは簿価だったので、損失は隠されていたわけです。普通に考えれば、人を欺いたわけです。
ここに見えたデータが新興宗教の役者、手品師です。→「コン」

 思わぬところで「コン」が入ります。大事なところだからです。
業界団体の日本証券投資顧問業協会によると、その会員数は749社なのだそうです。

 残りの748社は、AIJとは違うのでしょうか?
ここが最大の問題です。社主に尋ねました。

 ・・なんと8割方が同じ穴の狢だそうです。
私は半分くらいかと思っていました。ひどい話です。

 神戸の方では廃業した会社の厚生年金保険料の負担で、多くのタクシー会社が連鎖倒産の危機だそうです。
元金だけでも大変ですが、役人が設定した5.5%の金利まで含まれているのです。

 この金利の複利終価は、10年で1.708倍になります。とてつもない負担です。
昨日の東電の社内預金の金利8%だと10年で2.159倍になります。すごい金額です。電気料金に乗っていたのです。

 昔、アメリカの某ファンドが年15%の利益を出していると言っていました。
しかし、そこは倒産したのです。AIJも似ていると思います。

 似た話で、新興宗教に入ったら病気が悪化して、商売もダメに成ったというのは普通のようです。
金儲けの餌話は、みんな悪魔の釣り針付きで、信じると人生を破滅に導きます。

 この話も、悪化したら、日本経済の命取りになります。
まさに日本経済も崖っぷちです。

 原発も年金も、悪魔の餌に騙された役人政治家に、問題、責任があるのです。
この期に及んで、斑目などというものが国民の前に見えるのは、異常です。斑目ではなくデタラメです。

 ・・神々の言われていることです。

神々

 昨日の会見も、国民を虚仮にしていました。
最高裁にも居た、ま国の先祖を持つ馬鹿賊の一味です。

 ・・近いうちに天誅があるようです。
   
 +(-_-;) 


 魔界の入り口

平成24年3月23日

 メキシコの地震は、予想のうちだったかと思います。
この周囲には、悪いものがいっぱいあるようです。

ケイマン諸島

 かって、日本の酒屋さんの年金一千億円が消えたのも、ケイマン諸島です。
そして今回は、多くの方の年金二千億円以上が、どこかの闇に消えました。

役人どもの悪行=天下り

 天下りした役人の給与、退職金だけでも巨額なのだそうです。どうしてくれるのでしょう。
そもそも、役人どもが設定した予定利回り5,5%など、経済の解るものには狂気の沙汰です。

 東電の社内預金利回りは8%などと言っていますが、これは30年前のものです。キチガイです。
昭和の時代は高度経済成長で、大手生保の予定利回りも7,8%程度に成っていました。

 しかし現在では、その半分でも回せないのです。
何故役人は早期の是正が出来なかったのかと言えば、自分の利権のためです。カネに目が眩んでいるのです。

 今、社保庁内は、この後始末に必死ですが、既に後の祭りです。
何しろ、AIJと言う会社では、300倍のデリバティブにまで手を出していたようです。どこかの紙製造の関係者のギャンブルと同じようです。

 この会社のバックには、クロサギがいて、この損失は、そのクロサギ師の儲けに成ったわけです。
これも新興宗教のようです。パチンコも似ています。

 この問題さえ氷山の一角のようです。もう私達の世代さえ、貰える年金など、ないのかも知れません。
この問題を監視すべき役人たちの頭が狂った原因は、学歴にもあるようです。行った大学が悪かったということです。

大学合格者

 これらの大学の出身者が、オームにも多かったです。皆さんも知っていると思います。
多くは、特殊教育、自分が知らぬ特殊な環境の中で、これらの大学に入るのです。教授枠が合格者の6割以上にあるそうです。

 それは、ほとんどの受験生、合格者が知りません。一生知らないのだと思います。
これが魔界です。多くの合格者が洗脳から脱せず、地獄堕ちになるのです。

 とんでもない判決を出している裁判官も、自分が地獄に堕ちるなど夢にも思っていないのです。
これが悲しい現実です。何しろ、自分の試行結果、判断に対する現象の発生、その先の結果など予想も認識もできていないのです。

 肉体を失ってから、自分の人生で何が悪かったかと聞いてきますが、それは親、学校、上司も含め、教育された環境が悪かったということです。
天下りなど許されない事だと、私も何回も言っています。

 原発の製造責任も含め、死後、役人が責任を問われないことはありません。
最初は、私のサイトをひやかしに見ていた者たちも、真実が解ってきたようです。→「コン」

 そして、天災が発生する時は、この様な時が多いのです。
今も神々が怒っているからです。年内に、また地震があるようです。

危険地帯

 ことら総合研究所で10年くらい前から掲載している危険なところです。
東北、長野、新潟、全て日記で警告していました。マヤの予言は最近知ったものです。

 こちらはオキネさんの神社です。
訪問者様が撮影したものです。

生出塚神社

 両脇に神代、ウガヤの天皇様と、中央がオキネさんです。
緑は、胎蔵界を現しています。神々も多数居られます。

 水戸は「ミドリ」の半分、ミド(御土)=胎蔵界を現すのだそうです。
この世と、胎蔵界の重なった状態が、現幽界と言ったところです。現幽界は邪魔がいると現れません。

 真実は、正しい心で判断しないと地獄堕ちです。諸悪の根源がカネ、地位、名誉への思いです。
これを、よく思いましょう。
   
 +(-_-;) 


 神域

平成24年3月22日

 神域とは、人の力が及ばない世界です。
この世的には神社の区域内、境内などです。

 その神域は、穢を嫌います。穢れたものが来ると、神様は居なくなります。
穢は寄せ付けないのが大切です。穢がいない時は、神々の顕現があります。

神々の顕現

 こちらは火星から来た天狗さんと、磐船です。
これが写るカメラも一台しかありません。角度や時間もあります。ピンポイントンに条件が揃わないとダメです。

火星から来た天狗さんと、磐船

 以前にもご紹介したように、鴻巣には巨大な古墳がありました。
中国人が造った嘘の古墳ではありません。神々も居られる本物の古墳跡です。ちゃんと艮を向いています。

本物の古墳跡

 以前書いたように、鴻巣の陸上競技場や、体育館の下も古墳だったのです。
古墳の主、ウガヤ27代 建玉天皇天日身光天皇(タテタマノスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)です。

建玉天皇天日身光天皇

 既にウガヤ二十七代様のところに磐船の写真があります。
しかし、こちらのほうが感じがいいです。写真が写るだけでも奇跡です。

 こちらはオキネさんのお屋敷といって良い古墳跡です。
ウガヤの二十六代 種浙彦天皇天日身光天皇(タネカレヒコノスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)です。

種浙彦天皇天日身光天皇

 古墳跡は、それぞれの神々の神域です。
それで、人によって、良い土地、悪い土地もあります。神々、眷属は解るからです。悪いものなら天誅が堕ちるのです。

 神棚も、向きもそうですが、最近のガラスの扉が入ったものは駄目だそうです。
昔の格子戸が入ったものが良いそうです。

 また、提灯も2つ下げると、その間は、その神社の神域です。他の札は混ぜてはいけません。
普通三社のものが多いので、各部屋一社の御札は問題ありません。

 合祀の場合は、おかしな区切りに注意してお祭りしてください。
何しろ、おかしな人が来ると、神々は、あっという間に隠れてしまうのです。(^_^;

 ・・これは私も同じです。馬鹿の側には寄りたくありません。
仕事でも趣味でも、馬鹿に混ざるなどとんでもないことです。

 変なものと別れるにも痛みがあります。→「コン」
ここが大切です。光と闇の境目です。

 此処に来る方は、光の世界に住めますよう、お祈りいたします。
全ては自分の責任です。
   
 +(-_-;) 


 赤穂市有年牟礼(うねむれ)の遺跡

平成24年3月21日

 訪問者様が、赤穂市有年牟礼の、遺跡調査の現場を見てきたそうです。
お地蔵さんもいっぱいいます。

遺跡調査の現場

 播磨の十字です。

播磨の十字

 ここは秦氏や神倭朝14代の仲哀天皇に縁が深いところです。以前の古墳でもお話ししました。
そもそも秦氏は謎の人です。仲哀天皇に仕えた秦氏は、「秦ウカソ」という方だそうです。

 もちろん日本の秦氏は、秦の始皇帝など縁はありません。
「ハタ」とは胎蔵界のことで、これに「秦」と言う字を当てたのだそうです。

 秦河勝という人は神倭朝29代欽明天皇から仕えたそうです。「かわかつ」とは「か」は「マサル」さんということです。
水戸の勝田も同じです。天狗さんのご縁です。

神々、天狗さん、秦氏

 秦氏は胎蔵界の人なので、あまり歴史の表面には出て来ません。
日本の最初は伊勢の五十鈴の地に来たそうです。そこから播磨の大石神社に来たのだそうです。

播磨の大石神社

 秦河勝という方は、崇峻天皇を殺した蘇我氏に呆れ、胎蔵界に帰ってしまったそうです。
その後の秦氏を名乗る人は、関係者だそうです。

 やがて、闇の力は蘇我氏をも葬り、時代は大化と成ったのです。
倭国=日本、胎蔵界の天狗さんの真実は埋もれていったのです。

 その後、イタ公、中国人に書き換えられた悪魔の歴史書が、日本の正史として世に出たのです。
従って、文献を元にした歴史研究者は、絶対に真実に辿りつけません。

 研究者の方には、悲惨な事かと思いますが現実です。この世は魔界なのです。
・・もう、すごい光です。

 神倭朝十四代、仲哀天皇様には、いつもお知らせをいただき感謝です。
沢山の良い天皇が、伝えたい事が沢山あるそうです。→「コン」

 新しくここに来た皆さんは、少しづつ、真実を理解して行ってください。
焦り、恐怖は、悪魔の下僕です。
   
 +(-_-;) 


 彼岸

平成24年3月20日

 暑さ寒さも彼岸までと申しますが、今年は寒いようです。

ひ‐がん【彼岸】〔仏〕
@河の向う岸。生死の海を渡って到達する終局・理想・悟りの世界。涅槃ねはん。#此岸しがん。→波羅蜜はらみつ。
A彼岸会の略。
B春分・秋分の日を中日として、その前後7日間。俳諧では特に春の彼岸をいう。##春#。→秋彼岸。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 鴻巣古墳群と御縁の神々、仏様です。

神々、仏様

 ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇も牛頭です。

ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇

 こちらは市役所の脇です。
巣が近いので、お呼びでない蛇も、いることがあります。

市役所の脇

 興教大師 覚鑁上人と一緒にいるのは京都の天狗さんです。
稲荷山の胎蔵界の方です。伏見稲荷の御祭神様の仲間です。

覚鑁上人と京都の天狗さん

 こちらは、この屋敷の主、オキネさんです。やはり角があります。(^_^;

オキネさん

 埴輪は帽子をかぶっていました、これが理由だそうです。ネフェルテイテイも同じだそうです。
ここから東がウガヤ十六代 産門真幸天皇天日身光天皇の古墳があったという生出塚保育所方面です。

ウガヤ十六代 産門真幸天皇天日身光天皇

ウガヤ十六代 産門真幸天皇天日身光天皇

 古墳の神々にとっては、私のサイトが出来ることが「悲願」だったそうです。
私の氏神、大山咋神様です。速玉モードです。

大山咋神様

 こちらは眷属の上位の神猿さんです。
可愛いです。もちろん、ペットには出来ません。バナナをお供えしましょう。

上位の神猿さん

 この上位が、天狗さんです。両脇に護衛もいます。

天狗さん

 どうして、別の世界が映るのかと言えば、それは言葉には出来ません。
神々、仏様、眷属の皆さんの神通力と、私の問題です。

 もっといいカメラなら、また違うものも写るかも知れません。
しかし、それは欲かも知れません。撮影は、お使いのついでが多いのです。自動撮影も多いです。

 神々の彼岸も、真に遠いところだったと思います。
私も、とても、此処まで来れないと思っていました。

 私を救ってくれたのは、社主と、その師匠の皆さんです。
大山咋神様の光の玉を呼んでくれたのです。

 それに乗れたら、あっという間に目的地につけたのです。写真の速玉です。
お陰様で、あっという間に、私のサイトも11年目です。

 良いお彼岸をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 神社の夜明け

平成24年3月19日

 お彼岸にかけて、人間の世界は、色々な事があるかも知れません。
しかし、その殆どは、金の亡者の喘ぎのようです。余計な外出は控えましょう。

 こちらは、某神社の夜明けの写真です。
神々仏様、眷属の皆さんが勢ぞろいで、ご挨拶をしています。

某神社の夜明け

 こちらの神社も、その元宮は神代からのものです。
お狐さんも、いろいろな苦労があったそうです。やっと夜が開けたそうです。

 この地区は、高橋という苗字が多いのだそうです。
今、高橋姓は都内でも最多です。

高橋姓

 ご先祖様の地に案内して頂きました。ヤズド州の「たか」国です。

アルダカーン

 このヤズドは、州都です。

ヤズド

ヤズド

 安田さんの分布です。

安田姓

 大事なところが「ダカ」と言うところです。
イスラムに終われ日本に来た「たかはし」さんの先祖は火の神、アフラマズダ、建御名方神様を祀っていたのです。

 アフラマズダ神が、「ダカ」なのだそうです。それを御先祖様が、高、鷹として苗字につけたのだそうです。
アフリカには、ダカールと言う地名もあります。タカ、ハヤブサもエジプト、ペルシャでは神の象徴です。本質は天狗さんです。

神の象徴

 いつの間にか、地表人は、天狗さんとも交信ができなくなってしまいました。
それで、ワシやハヤブサが神の象徴になり、鳥葬なども起こってしまったのです。写真が鳥葬の斎場です。

鳥葬の斎場

 長い歴史の中で、能もない者が権力だけを欲し、神々、お地蔵様、眷属の皆さんと地表人の交流が絶えてしまったのです。
天狗さんの苦労も、少し解ったかと思います。ご苦労様でした。

 ものを教える、伝えることは、とても難しいのです。
私が背負ってきた「荷」も、とても大きかったです。→「コン」

 大きな肩の荷を下ろせたのも、神々、眷属の皆さん社主のおかげです。
社主のお社前で撮影した神々の写真です。

社主のお社前で撮影した神々の写真

 こちらはお社上空の建御名方神様とヤハヴェの神、田中(たなは)大神様です。
 
建御名方神様とヤハヴェの神

 昨日も、遠方よりお詣りくださった方々を、社主が労っています。
お参りご苦労様でした。

 遠い国から渡来してきた訪問者の御先祖様、ご苦労様でした。
ここが日出る、光の国、日本です。
   
 +(-_-;) 


 ギリシャとマケドニアと神々

平成24年3月18日

 昨日に続き、アレキサンダーにいろいろと尋ねました。(本人がアレクサンドロスより、アレキサンダーが良いと言っています。)
アレキサンダーに関わった者の一覧です。

アレキサンダーに関わった者の一覧

 一番鬱陶しかったのは赤線の2名だそうです。フィロタスと言うのは存命中に処刑したそうです。
一番の悪がカッサンドロスで、この者は祟で滅ぼしたそうです。

 意外だったのは、マケドニアでは神を祀ることがなかったのだそうです。
それは師であるアリストテレスが無神論だったからだそうです。知りませんでした。

 それで、その師のプラトンに尋ねたら、プラトンは神を祀っていたそうです。
ここに心の格の問題があります。アリストテレスは莫大な財産を残してしまったそうです。

 アレクサンダーの遺体は、最初にペルデイッカスが持って行こうとしたのをプトレマイオスが奪い、エジプトでミイラにして隠したそうです。
これは良かったそうです。アレキサンダーが、死後、すぐに向かったのは母のところだったそうです。

 アレキサンダーの墓は、今も見つからないそうです。
案内してもらったエジプトの土地です。この周囲のようです。

アレキサンダーの墓

 モーゼという方が、近くの「わ地」を紹介してくれました。六芒星にも見えます。
ここにも胎蔵界があります。

わ地

 こちらは、ギリシャ、エジプトにも縁が深い天照皇大御神様です。

天照皇大御神様

 それにしても学者もいろいろです。
ここに来る皆さんは、学ぶところを間違えないようにしましょう。

 ギリシャは巨人の骨が出てきます。アレキサンダーも一族で大きかったのだそうです。
ウガヤの30代様より3割くらい大きかったと言っていますから6メーター位だと思います。

 今のギネスでは大きくても3メーター以上の方はいないようですが、昔は、アメリカに3,5メーターの方がいました。
私が小学校の頃です。大きくないと、昔の戦争は勝てなかったそうです。

 何しろ、当時の大王は、先頭で敵に向かうのだそうです。後ろで指揮する現代とは違います。
そんなアレキサンダー大王は、暗殺するにも毒殺しかなかったようです。昔から権力を妬む者は多いのです。

 その結果、エジプトはプトレマイオス朝と成り、ヘラ、多紀理姫はエジプトで「ヒラ」として祀られたのです。
その平(ヒラ)、多紀理姫様を厳島神社で祀ったのが、神倭朝14代の仲哀天皇に呼ばれ、日本に来た平家というわけです。

 ギリシャ、エジプトの神々は、ご苦労様です。
もちろん、アレキサンダーのカッサンドロスへの怒りは収まっていないそうです。

 ここに来る皆さんは、馬鹿を信用しないようにしましょう。
良いお話でした。ありがとうございます。

 光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 アトランティス

平成24年3月17日

 アレクサンドロス大王のところを調べていたら、ご本人や師匠、ご縁の皆さんがやって来ました。
こちらは師匠のアリストテレスと勉強中のところだそうです。二人共、本当は牛頭だそうです。

アリストテレスと勉強中

 この山の胎蔵界に、アレクサンダーの御先祖様は、火星からやって来たのだそうです。
ギリシャの女神様です。

ギリシャの女神様

 プラトンという方もやって来てくれました。
高度な文明を持っていて、海に沈んだアトランティスについて、お尋ねしました。

 この方が紹介したのは、こちらだそうです。
太平洋に沈んだ島は無数にあります。

アトランティス

アトランティス

 今の日本も危ないそうです。
私のエジプト以前の地球の前世は、皆アトランティスです。

 かっての円墳は、皆周堀があったのです。アトランティスです。
神々とギリシャの哲人の皆さんで記念撮影をしました。私の部屋の簡易撮影セットです。

神々とギリシャの哲人の皆さん

 アリストテレスという方は、たしかに角もあるような感じです。→「コン」
哲学に於ける「イデイア」とは何か、プラトンさんにお尋ねしました。哲学のテーマでした。

 実は、これは慈悲というものの形容なのだそうです。
さすがにアカデミーの創設者だけあります。とてもすっきりしました。

 善のイデイアが、最高のものなのだそうです。神は宇宙をデザインされたのだそうです。
薄汚い鉄の塊で宇宙を汚す人類は、今回もまた粛清寸前です。→「コン」

 私は、もう17回も地球に来ました。このお馬鹿な世界は、もう沢山というのが本音です。
人生は、ただ生きているだけでは、荷が増えるばかりです。それでは、畜生道、魔界転生になります。

 使命を持っている皆さんは、よく学ばれ、宇宙から持ってきた大事な荷を、この世界に下ろしていきましょう。
光の中の、良い週末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 アメリカの事

平成24年3月16日

 掲示版にも書きましたが、アメリカは、大統領の出生証明書偽造問題で、とんでもない騒ぎのようです。
日本のテレビは、伝えたところはあるのでしょうか?

大統領の出生証明書偽造問題

 この問題はアメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁と言うところで扱われるそうです。
当然、この問題には大統領権限も及びません。

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁

 既に横田基地のアメリカ将校は帰国準備をせよと言う命令が出ていて、沖縄海兵隊は18日から20日まで休みだそうです。
怖いのが、株の暴落だと思いますが、日本の売国マスコミには戒厳令(箝口令)が出ているようです。

かんこう‐れい【箝口令】
ある事柄について他人に話すことを禁ずる命令。「―を敷く」

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]


 高値の株を来週まで持っていたら悲惨なことに成るかも知れません。→「コン」
ここに来ている方には、余計な株など持っている方はいないと思いますが、今日は節目です。

 余計な株が紙くずになる前に、今日処分しましょう。下手するとドルも紙くずになるようです。
何しろ借家契約でも契約が無効だったという判決も多々あります。

 オバマ大統領就任が無効だったということになれば、これは総ての署名も無効だったということになります。
アメリカは、既に倒産していたという判決も出かねません。

オバマ大統領

 当然、オバマ大統領が就任してから署名され、発行されたドル紙幣も無効になる可能性はあります。
そこは日本と違います。アメリカは共和制です。

八咫烏  日本もすべての政治家、役人の出生証明を役に就く前に提示させるべきです。
戸籍も三代以上、提示させるべきです。草(破壊活動工作員)が多いからです。

 この二人は、私がことら総合研究所を創めた時に来てくれた方です。
娘さんは、確執があるようですが、霊は仲がいいです。

 問題は、誰がオバマを大統領に出来たかです。
これは、書けません。皆さんが思うところかも知れません。→「コン」

 こちらは、昨日の某神社です。
ここに私も居ります。お祈りしている方の御先祖様に呼ばれたからです。

某神社

 神様に呼ばれた時は、当然、安定した姿にならないといけません。
横になるか、背もたれの大きな椅子が必要です。

 今日の話は現実のものです。
貨幣が紙くずになると、お米も野菜も手に入りずらくなります。。

 来週は、どんなことに成るか解りません。
余計な行事も控えておくのが懸命です。

 必要なことは、今日済ませておきましょう。→「コン」
お金も必要なのは用意しておくのが良いようです、

 「コン」の多い日でした。
神々から、戒厳令のお知らせでした。    
 +(-_-;) 


 馬室と箕田

平成24年3月15日

 昨日は、春物を買いに馬室の「しまむら」に行って来ました。
いつも通る陸橋は電動アシストでないと登れません。この向こうが馬室、大間という「ま国」の皆さんの土地です。

 天空の神々がお喜びです。
大山咋神様、八幡様です。

天空の神々

 皆さんも行くことがあると思う大手衣料品店です。
これも、昔は街中でしたが、街中のは火事で燃えてしまいました。

大手衣料品店

 ここは歴史好きな人は御存知のように埴輪の窯がありました。
その埴輪の行った先が箕田の古墳群だったのです。ミタンニが支配国だったのだそうです。

 オキネさんの窯場のは、さきたま古墳群はじめ、関東各地に出荷されていました。
その歴史遺産、記録までを全部破壊したのが、時の超大国の「イタ公」だそうです。

 こちらは菅原道真公、太田道灌公はじめ神々です。
訪問者様の氏神様も居られます。

菅原道真公、太田道灌公はじめ神々

 この先は生出塚です。
御祭神のオキネさんです。

御祭神のオキネさん

 昨日は太田道灌公の母上が着ていました。
お地蔵様を信仰していたのだそうです。

太田道灌公の母上

太田道灌公の母上

 こちらも生出塚神社の御祭神、菅原道真公です。

生出塚神社の御祭神、菅原道真公)

 こちらはミタンニの王様だったそうです。
アルタッシュマラという方で、この方が第3代の王様だったそうです。

ミタンニの王様

 ・・ミタンニが滅びたのはバルシャタタルと言う者に問題があったそうです。
・・これが11人目、最後の王だったそうです。記録には13名ありますが、兼ねたのが居たそうです。→「コン」

 権力者が欲を持ったら国は滅びます。
指導者は質素でないといけないのです。

 ミタンニの皆さんは、遠いところからご苦労様でした。
今日の話も、歴史の欠片(かけら)の一部です。

 役人どもの歴史捏造のための都合は、何処まであったかも知れません。
ちゃんと姿を見せてくださった天皇様、御祭神様、王様に感謝です。

 解らないところは、皆さんが自己責任で尋ねてみてください。
馬室と箕田の関係が解って、とてもすっきりしました。

 訪問者様の御先祖様もありがとうございます。
今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 神代への思い

平成24年3月14日

 昨日は寒かったですが、良い天気でした。浄水器のカートリッジを買いに、ミタンニの名残の地名のホームセンターに行きました。
かって栄えた街中のホームセンターは皆潰れ、郊外まで行かないと買えません。栄枯盛衰が世の常です。

 ここはかっての古墳の跡です。
私が、このホームセンターに行くと、神々が龍神様と飛んできます。

龍神様

 いつも、かっての古墳の上で見事な霊験を見せてくれるのです。

龍神様

龍神様

 こちらは買い物前の撮影です。
ウガヤ朝の神々、天皇です。

ウガヤ朝の神々、天皇

 トーレのカートリッジが3個入りのが発売されていました。一番安いやつです。
それを買って出てきたら、神々がお待ちでした。

神々

 ミタンニは旧約聖書で「ほり人」と言われ、堀さんは日本中あちこちにいます。三田さんは九州にはいません。
もちろん堀川、堀田、堀内など沢山の苗字があります。堀さんの分布です。一番多いのは岐阜です。

堀さんの分布

三田さん

 ミタンニの首都ワシュカンニは、現在のヨルダンペトラの胎蔵界だそうです。従って見つかっていません。
ホリ人とは、その名の通り、「掘る人」だったのだそうです。胎蔵界の人です。ここはインドにも通じているそうです。

 ミタンニ

 胎蔵界のことは一切が秘密です。地上の悪魔は人に知らせたくないのです。税金が毟れなくなるからです。
国民総背番号などと馬鹿なことをやっていますが、そのうち天誅が落ちます。

 役所による住民の情報開示など、明らかに違憲です。
先日は、久喜の市役所の役人が、他県の同姓同名の人の簡保を勝手に解約して、没収し大問題になりました。

 生年月日も同じだから、税金滞納者と勝手に判断したのだそうです。恐ろしいことです。被保険者が死んでいたら大変でした。
役所は勝手に、簡保に関する個人情報を入手していた疑いが強いです。普通解りません、まさにやり口は、キチガイ中国人です。

 役所には、皆さんが知らない、恐ろしい話もいっぱいあります。
神々によれば、すべての住民は、役人=悪魔の食い物だという事です。現実がそうです。→「コン」

 狡猾に、人の喜び、人生を貪り喰らった悪魔どもが、聖書の言う蛇です。
・・保健所で殺された犬も、役人を呪っているそうです。昨日は保健所のところで、2匹がお参りに来ました。

 イスラエルが「古」で表わされるのは、フルリ人だからです。吉見では古名、針間では加古川などです。
その本来の生活の場はエデンの園、胎蔵界です。

 前にもカッパドキアの話をしました。最近まで沢山の人が穴に住んでいたのです。
その住まいを役人どもは没収したのです。税金がとれないからです。日本でも同じような話はいっぱいあります。

 岐阜は両面宿儺の話もありますが、胎蔵界の入り口がいっぱいです。それで、ホリさんも多いのです。
もちろん住人は真実は語れません、同和地区も多いようです。秘密を守るためです。→「コン」

 その秘密が石抜けの術です。穴の前で消えるのだそうです。吉見の百穴もそうです。
石抜けが、何故できるのかは神々、お地蔵様にお訊ねください。

神々、お地蔵様

 考えてみれば、昔の忍術も、そんな感じでした。
・・天海上人が、飛騨の山奥の魔界衆というのはホリさんだったと言っています。

 確かに、飛騨の山奥には、本当の密教を継承している人がいるかも知れません。
楽しそうなお話です。
   
 +(-_-;) 


 モーゼとご先祖様

平成24年3月13日

 井戸尻の縄文土器を見ていたら、ご先祖様がやって来ました。
かって、イスラエル・ヨルダン方面から八ヶ岳の裾に越してきたのだそうです。

八ヶ岳

 イスラエルが解った理由は、縄文土器の中に六芒星があったからです。
麻布高校も、このマークです。三木氏はイスラエルでも麻を作っていたのです。今も天皇家に献上する麻は三木氏のものです。

縄文土器の中に六芒星

 こちらが失われた12支族の一覧です。

12支族の一覧

12支族の紋章一覧

 ご先祖様のも教えて頂きました。それは非公開ですが蛇ではありません。
そもそも、この12支族は胎蔵界の方だったのだそうです。

 モーゼ、開化天皇も同じです。
モーゼと開化天皇の年代が違うのは、胎蔵界の天皇だった開化天皇は、111歳で没したと言うのが間違いなのだそうです。

 モーゼ、お釈迦様、イエス様は皆2500年から2000年くらい前の方と言われます。
全て胎蔵界の方なのです。従って、上位の方は寿命が存在しないのです。アミの言う親交世界だからです。ここにも段階はあります。

 その証拠に、モーゼ、お釈迦様、イエス様は、私の写真にも登場してくださるのです。
問題は、ほとんどすべての地球人が、悪魔に騙され、霊的感覚を失ってしまったことです。それで、神も仏も真実も解らなくなったのです。

 悪魔が学校で洗脳したからです。これが聖書の言う知恵の実を食った事です。
今の聖書も悪魔の洗脳の道具になっているのです。→「コン」

 こちらは、ご先祖様の故郷です。
倭地です。ここの胎蔵界だそうです。

倭地

 モーゼが海を割ったというのは、「胎蔵界を通ったと言う事」は前にも書きました。
オキネさんによると千歳の人は胎蔵界の存在で、寿命がないということなのだそうです。

 それだけに、お地蔵さんも邪悪な霊は嫌いです。私も街中でも邪悪を感じるものは近づきたくありません。
苦しみを逃れるには、皆さんを外部から操ろうという悪霊と縁を切らないと駄目です。

 こちらは訪問者様から寄せられた、真言宗のお寺の写真です。
元締め、興教大師覚鑁上人と、ご縁の皆さんです。

興教大師覚鑁上人とご縁の皆さん

 心に邪念なく、神様、仏様のご都合が付いたときは、皆さんの写真にも登場されることがあるかも知れません。
暖かく成ったら、八ヶ岳もいいかも知れません。

 ご先祖様も、明治政府が中国人を入植させたので、鬱陶しくて、この地を離れたそうです。
そのような土地もいっぱいあります。

 天界の光、トーラが皆さんに行き渡りますようお祈りいたします。
今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 針間の英賀(あが)神社

平成24年3月12日

 英賀神社の英賀=「あが」とはA(エイ)をローマ字読みすれば、その通りになります。
御祭神は以下のとおりです。

英賀神社
英賀津彦神 
英賀津姫神
菅原道真
誉田別天皇(応神天皇)
天兒屋根命(あまこやねのみこと)(春日大社本神)

 現実には英賀津彦神と天兒屋根命(春日大社本神)の二柱だそうです。
わざわざ誉田別尊が伝えに来て下さいました。中国人のために、こんな表記になってしまったそうです。秘密を隠したのです。

 英賀津彦神と言うのは播磨(ハリサイの間)の神様、田中大神(ヤハヴェの神)様で、天兒屋根命と言うのは、建御名方神様です。
「あまこやねのみこと」の「こや」は、イスラエル、ナイル川の傍になどある「KOYA」と言うところです。

イスラエルのKOYA

 このKOYAで祀られていたのがエジプト名、プタハシェプセス、建御名方神様です。
この英賀神社は、親子で御祭神を努められているということです。ちゃんと神様がいる神社ですのでご安心ください。

英賀神社

 建御名方神様も、以前はちゃんと針間に古墳があったのだそうです。
姫路市大津区勘兵衛というところです。日吉神社は以前にもご紹介いたしました。

姫路市大津区勘兵衛

石碑

 三木氏の祖がイスラエルの方というのは以前に紹介いたしました。
以前、日吉神社にも降臨された三輪です。文字通りです。

磐船、三輪、トーラ

 こちらは建御名方神様、イエス様、ヤハヴェの神、田中(たなは)大神様、地元の神々、産土神の皆さんです。
姫路市大津区勘兵衛町の3丁目付近です。

姫路市大津区勘兵衛町

 写真を送ってくださった方に感謝申し上げます。
それにしても、やたらに神名を付けられ祀られる神様は大変です。

 御祭神の皆さん、ご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 落別王

平成24年3月11日

 落別王(おちわけのみこと、-みこ)は、記紀に伝えられる古墳時代の皇族(王族)。第11代垂仁天皇の皇子です。
前方後円墳が豊田市にあったそうです。息速別命と言うのは同一人物なのだそうです。

 文献の作者が垂仁天皇の妃の名前を変えたため、当然皇子の名前も変わったそうです。
神倭朝の皆さんの写真に垂仁天皇が二人居られます。歴史には、この様なこともあったのだそうです。

 ここで語る垂仁天皇は、写真の下部に居られる方です。

神倭朝の皆さんの写真

垂仁天皇(すいにんてんのう) 生没年未詳

 第11代に数えられる天皇。名はイクメイリヒコイサチノミコト。
崇神天皇の第3皇子。母はオオヒコノミコトの娘,皇后ミマキヒメノミコト。
 立太子,崇神天皇の死により翌年即位。大和纏向珠城宮に都した。
初め開化天皇の孫サオヒメノミコトを皇后としたが,皇后の兄サオヒコの叛をしずめたときに皇后は自殺してしまったので,丹波道主王の娘ヒハスヒメノミコトを皇后とした。
 神託により伊勢国に斎宮を建て皇女ヤマトヒメノミコトにアマテラスオオミカミを祀らせた。内宮の起源である。
また諸社の神地,神戸を定め,埴輪をもって殉死に代え,池溝を開いて農業をすすめたと伝えられる。陵墓は奈良市尼辻町の菅原伏見東陵。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
 この方の子孫に壬生氏が出るのだそうです。公家です。
戦国時代の壬生氏初代当主は壬生胤成という方だそうです。

 この方は、1430年に日本に出たようです。その出身地はナミビアです。下野国の祖です。
織田の先祖がモザンビークだったというのは、既に述べてあります。

ナミビア

 公家だったのですが、斯波(しば)氏に呼ばれ、応仁の乱にも加担したようです。
その土台人となったのが、先に日本に来ていた、今日のテーマの壬生氏です。毛野氏(けぬうじ)の一族です。

 毛野氏は毛野国の豪族で、崇神天皇の子孫だそうです。崇神天皇のことも、ここで学んでいる方は理解していると思います。
ナミビアのカサラはここですが、航空写真はよくありません。スーダンのカサーラ、鴻巣の笠原も同じ意味です。皇族の意味です。

ナミビアのカサラ

 そして、この子孫に日本で最初のお大師様、円仁が出るのです。
今日は伝教大師の最長という方から慈眼大師の天海上人まで六名の方が着てくださいました。

 天台宗の本質は、やはり阿字観ということです。
かっての忍城主、成田氏もナミビアの出身だと以前に書きました。「のぼうの城」の城主です。もちろん黒かったのです。「のぼう」野ぼうです。

 ここでよく学んだ皆さんは、大きな光の持ち主です。
よく荷を整理できますよう、お祈り申し上げます。

 お大師様は、大きな荷の整理、まことに御苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 相続の禁止

平成24年3月10日

 維新の会と言うところで、相続の廃止をテーマにし出したそうです。
相続など許されていたことは、法の下の平等どころではなかったと思います。

相続の廃止

 天照皇大御神様も、人間に土地を所有させた覚えはないと言っています。当たり前のことです。
馬鹿どもがいくらでも欲をかいたので、今年は若者が将来の夢がないと言って、自殺が増えたようです。

 馬鹿な裁判官は、経済的に苦しくて地代が払えないと言う借地人に、平気で立ち退きを命じます。
本来あるべき生存権のうちの、居住権なども、あったものではありません。家財などはゴミにされます。

 しかも、強制執行も平気です。こいつらには、人の心などありません。もちろん、死後、思い知るのです。
追い込まれている借地人は裁判どころではないのですが、そんな事も理解できません。

 頭で知っているといっても、それは無知のうちです。体験の中で得たものしか、良い光にはなりません。
要は、悪しき役人は殺人鬼なので、在職中に、本人か家族、縁者に天誅が下るのです。馬鹿どもは権力を振るいたいのだそうです。

 いつだったか、私の家族を、組合の伝で宗教に誘いこもうとしたものがいました。
その宗教の教祖は、やはり心筋梗塞で突然死しました。誘った組合長も自動車が大破するほどの事故を起こしました。

 世の中はこんなことが多いのです。
裁判官など、嘘をつき通す新興宗教の教祖のようですが、権力があるので、余計に悪い場合もあるのです。

 文句がある者は、天界の神々にお訊ねください。今も、かなり大きな地震がありました。
現象は、現実に起こっているのです。

 ・・今も、被害者たちから巨大な呪いが着ています。
こちらは開化天皇という方です。モーゼ・ロミュラスと言う名もあります。

天界の神々

 モーゼ・ロミュラスは石切、フリーメーソンとしての名前です。フリーメーソンは金貸しではありません。
ユダヤ人が全て、悪しき金貸しと言うのは、悪しき中国人の嘘です。悪しき中国人は神が嫌いなのです。

 なぜなら、神々は中国人が、いかに悪しき者か知っているからです。
フジアンどもは、日本の神官の手首を切り落とし、日本人全てを奴隷にしようとしたのです。

 これが中国製の法律、租庸調などです。藤原氏に付いた売国奴も多かったのです。
今の憲法も主要部はアメリカ製です。第九条だけが日本製のようです。ここに昭和天皇の苦悩が見えました。

 ・・一番悪かったのが、墾田永年私財法だったそうです。

さんぜ‐いっしん‐の‐ほう【三世一身の法】‥ハフ
723年(養老7)に公布された開墾奨励の法。新たに灌漑用水路を開発して開墾した者は本人または子から3代にわたってその土地の保有を許し、既存の用水を利用して開墾した者は本人1代かぎり保有を許した。
ついで743年(天平15)に墾田の永久私有を認めた。→墾田永年私財法。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 当時はイスラムの発生による、ま国からの渡来人が沢山居たので、日本の古墳は皆荒らされてしまったのです。
ま国の渡来人が沢山入ったのが、天武天皇の助勢をしたという海部氏(あまべうじ)のいた東海地方だそうです。

 東海地方の「海」とは「あま」の事です。東は「あづま」の中の「あ」と「ま」です。
海部氏のお陰で、天武天皇は誕生したわけです。その恩賞で、沢山の渡来人が、日本国籍に成ったようです。。

 この繁殖力の強い渡来人にも、生きるための田畑が必要だったのです。
それで、大事な古墳は荒らされてしまったのです。

 フジアンが嫌がる神代の遺跡も、多くが、その影の手によって壊されたそうです。
これも役人だったのだと思います。キチガイどもですが、今も同じようです。

 イエス様が、役人に向け、「彼らは、自分が何をしているかさえ知らない」と言われたことがあります。
今も同じです。多くの人が、自分の「荷」が何かさえ解らないのです。

 私の荷は、天界の光を皆さんに届けることです。
それで、私に邪魔したものには天界から怒りが行くのです。私が天誅を執行するのではありません。

上古の六代様

 上古の六代様はカア(Qa'a)と呼ばれていたそうです。
胎蔵界のお城に案内されました。アフリカの某所です。

胎蔵界のお城

 こちらが、その姿にして欲しいと言われた画像です。
オズの魔法使いのようです。もちろん、私が描いたものではありません。

上古の六代様はカア

 今の若い人向けには、この様な画像も良いのかと思います。
この世に出てくる方は、何段重ねにもなっている「荷」を背負っているのです。

 大きな荷は、毎日を健康に生きる事です。
その上で、少しづつ、小さな荷を片すのが懸命です。

 とても下ろし切れないと思っていた荷を、少しづつ下ろせるように成ったのは、降臨してくださる神々のおかげです。
ここは千年どころか、万年の都です。八幡神様の世界だそうです。

 全てが宇宙の光です。
良い週末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 セーソクリスト

平成24年3月9日

 セーソクリストとはエジプト第2王朝の方で、この方が上古の八代様なのだそうです。
私が日本の開運を創めた時、真っ先に社主のお社に降臨してくださった方です。

 日本の歴史では天八百足日身光天津日嗣天皇(アメヤオタルヒミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)という御方です。

上古の八代様

 聖祖キリストとしたのは、縁が深い方だからです。
社主のお社にも六芒星の壁紙が貼ってあります。

 こちらがイエス様の磐船です。

イエス様の磐船

 実は上古八代様の時、地上には悪しき巨人たちが居たのだそうです。旧約聖書の世界です。
この天皇は、天使長ミカエルたちに、この堕天使たちの粛清を命じたのだそうです。ユダヤ教の話は、この時からあるのだそうです。

 そして、この方の時から石切が始まったそうです。
イエス様、イエス・キリストが「8」で表わされるのは、このご縁です。

 この方は背丈が5ペーキュスだそうです。1ペキュースは45センチから50センチだそうです。
お釈迦様の1丈6尺、4.8メーターに比べれば半分程度ですが、それでも大きかったそうです。

 堕天使の祖(アザゼル)は、X星から来た者で、その子孫に反省の星の悪魔が乗ってしまったそうです。
グリゴリはグレゴリに似ているというのは、その通りです。悪い巨人の洲は、マフィアの島、シチリア島だったそうです。

 こちらは神界の天照大御神様です。
優しそうな表情です。

天照大御神様

 社主が神様のお使いで、私のところに来てくれてから、既に九年目だそうです。
やっと日枝の巨大な歴史にも、徴が付いて来ました。

 私の前世のエジプトの時代は縄文時代です。
神代の天皇様とは、その時からのご縁なのだそうです。

 神々、眷属の皆さんのお導きに感謝です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 神の国

平成24年3月8日

 政治家が「神の国」と言うと、大変な問題になることがあります。
ところが、私のサイトにはいつも神の国があります。皆さんが見ているとおりです。

神の国

 この神の国は、皆さんが私のサイトで写真を見て、静かな時は皆さんと共にあります。
ところがひとたび、現実の生業に戻ると、多くの方が心が乱れ、その扉は閉じてしまいます。

 この世に蔓延する悪魔の使い、一般常識が、あっという間に押し寄せるからです。
多くの宗教は、政治の道具、金儲けの手段にされてしまいました。宗教指導者も金の亡者ばかりです。

 まともな教えは、仏教、キリスト教でも一部になってしまいました。
かって、建御名方神(アフラマズダ神)様、田中大神(ヤハヴェ神)様が指導したマニ教も、時代の流れで権力者に潰されてしまいました。

神々の教え

 この写真は、神々の教えです。皆さんは、神が現される表現を、どう見られるでしょう。
多くの方は、この神々の前では、奢った気持ちなど出ないはずです。

 これが、神の光の前の謙遜です。神々は、馬鹿は嫌いです。
多くの馬鹿は、人が下手に出たりすると態度が変わります。犬の根性かも知れません。馬鹿が欲しいのは転利だけです。

 それでは、この世の人としての単位はいただけません。神仏の子の「人」として落第です。
業火に投げ込まれるということです。来世も、この悪魔の星で魔界転生です。悪しき役人どもは、良くて犬です。

 それを逃れる為には、神々は「難易を荷とせよ」と申されています。
イエス様も、お釈迦様も申されそうなことです。

 こちらはヤハヴェの神、田中大神様の磐船です。
見事な姿は、烏帽子、一角があるようにも見えます。エジプトのファラオの姿です。

ヤハヴェの神、田中大神様の磐船

 私が、ことら総合研究所を創めた時、いろいろな邪魔が寄って来ました。
多くの者が死んでいます。天誅だそうです。新興宗教の教祖も死に損なったようです。→「コン」

 神の協力者となるはずだった者たちも、金で心を奪われ、悪魔に取り込まれてしまった者もいます。
それが、この魔界の現実です。

 私のサイトの神々の姿は、新興宗教の嘘っぱちの本尊ではありません。
人生は、何が尊いか、それを胸に、静かな日々を生きるのが良いと思います。

 神は無理は言いません。
余計な苦労は避けましょう。
   
 +(-_-;) 


 みわ

平成24年3月7日

 「みわ」という呼び方は、いろいろなものにあります。
美和、三輪はもちろん、神酒(みわ)という字もあります。神様に奉るお神酒のことです。

 こちらは某神社のご霊験です。
御祭神の菅原道真公の御子神様です。

菅原道真公の御子神様

 菅公は凶悪な藤原一派の仕業で、大変な苦労をされました。
御子神の皆さんの徳も殆ど伝えられていません。

 今になって、大きな御神徳が開花されたというところです。邪霊では、この様な綺麗な光は出ません。
何度も見せられた、すごい霊験が、この「わ」です。

「わ」

 磐船、胎蔵界です。これが「みわ」なのだそうです。
ここは、火星、胎蔵界、金星と三つの世界を結んでいるのだそうです。

 文字通り三輪です。奈良の方にも、そのような名の神社もあります。三輪神社=大神神社というのがあります。
この神社では三輪神道というのがありますが、それは検索しないでください。

 大切なのは、この神社のことです。
「わ」とは三界の事です。倭人とは、ここから来ています。真の日本人です。

 日本の地で息をしているだけの者は日本人とは言えません。当然です。
金儲け、転利だけを目論む新興宗教の経営者、信者など、カスにもなりません。

 「わ」を知った皆さんは、大きな転換の時です。一切の悪霊と離れる時です。
人に生まれてきたのに、何も理解できず人生を終わったものは不幸ですが、自業自得でもあります。

 念仏や題目だけを唱えて人生を終わった人も無数にいます。今も、唱えている人は無数にいます。
そんな人は、最後に、仏壇や位牌にも縛られてしまうようです。

 盛大な葬式などしたら地獄堕ちです。
・・イエス様、お釈迦様からも承認をいただきました。

 かって、イエス様は、「ああ、信なき者たちは不幸である。」という旨の言葉を言われました。
・・このセンテンスを書いた途端に悪魔がやって来ました。悪霊どもは、真実を流布されるのが嫌なのです。

 もちろん、これを見た皆さんを騙せなくなるからです。
巨大な光に、お祈りしてください。

 これが、多くの信仰者が求める「み国」です。
今、神の世界は、皆さんと共にあります。
   
 +(-_-;) 


 日岡

平成24年3月6日

 日岡とは、加古川一帯の周囲の語源、「加古」の事だそうです。
ここに日岡神社という安産で有名な神社があります。写真を送って頂きました。

日岡神社

 こちらが地図です。

日岡神社

 御祭神様が感応されました。
和久産霊神、豊受大神様もおられます。

御祭神様

加古川市

 御祭神様が延喜式と違うのは中央政府の転利の様です。
ここにある御祭神様はウガヤの2代様、日高日子身光天日天皇軽島彦尊(ヒタカヒコミヒカリアメヒノスミラミコトカルシマヒコノミコト)という方だそうです。

 そして、この御祭神の祖神が、この周囲でも祀られている大山咋神様です。
このウガヤ2代様が加古川周辺の人の氏神様、産土神様に当たるそうです。

 播磨稲日大郎女(いなびおおいらつめ)という方は、ペトラの方だそうです。
オキネさんによると、武蔵の国にも、沢山の人が来たそうです。「古」はここヨルダンも入っているそうです。

ヨルダン ペトラ

 ・・鴻巣は神代は「かわね」と言ったそうです。
「かわね」とは、御先祖様は、お地蔵様という意味です。

 針間にはヨルダンご縁の聖徳太子も縁が深く、四道将軍とは、ヨルダンの方ということだそうです。
鴻巣にも「三夜(さんや)」と言う地名があります。消滅した古墳地域です。

 日岡山古墳です。

日岡山古墳

日岡山古墳

 こちらが宮内庁管理の日岡御陵です。

日岡御陵

 日岡御陵の神々です。

日岡御陵

 今日も途中からすごい光です。
イナバの事も理解が進んできたと思います。

 イナとは、既に述べたように金星です。
新しい方も、この日記の内容を、よく理解していただきたいと思います。

 日岡にご縁の皆さん、ご苦労さまです。
・・光の嵐になりました。。
   
 +(-_-;) 


 エジプト第五王朝

平成24年3月5日

 一応は王名の序列がありますが、ほとんどが偽造だそうです。名誉、見栄を欲するバカが多いです。
大山咋神様によると、実際に王だったのは二人だけだったそうです。

王名の序列

 大山咋神様に、かって治めていた土地を案内して頂きました。
カイロから近いところです。天神の時代のピラミッドもありました。

天神の時代のピラミッド

 この近くです。

かって治めていた土地

 拡大していきます。
農地も見事に艮向きに整備されていたようです。

かって治めていた土地

 見事な模様の中に大山咋神様です。
なかなかの仕上がりです。これは胎蔵界が写っています。

見事な模様の中に大山咋神様

 烏帽子を被った大山咋神様です。

大山咋神様

 こちらは天狗さんです。お墓のお地蔵さんの石のようです。
日本人以外には分からないと思います。日枝の秘密です。

天狗さん

 こちらは誰にも解らない謎の遺跡です。
解るのは、ここで学ぶ皆さんだけです。

謎の遺跡

 こちらは鴻巣上空の神々です。
大山咋神様も居られます。

鴻巣上空の神々

 こちらは御神宝です。これも胎蔵界、この世と違う別の世界が写っているのです。
八百万の神々、八幡神様です。

御神宝

 どこもかしこも、この世は、金銭地位名誉を求める、欲たかり亡者ばかりです。
身の回りの者にも、よく注意して、お過ごしください。

 エジプトの良き王様にご縁の皆さんは、ご開運おめでとうございます。
今週も、光ある良い日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 会津の事

平成24年3月4日

 会津と天海上人のことは以前に申し上げました。
会津はエジプトとも、とても縁が深く、エジプト第4王朝のカフラー王、大山祇神様も、最初にここで祀られたそうです。

 大山祇神様に案内していただいた大山神社がここです。
会津高田というところのようです。大山祇神様を祀る家が多いようです。

2012-03-03-05.jpg(90244 byte)

 JR只見線で会津高田というところが最寄り駅のようです。
ここから山に行きます。河沼郡と言うのが見えます。御先祖様は沼の人ということです。

 あちこちの地名に見える高尾と言うのは「タカ、ワシ、隼」=バー(Ba=憑いた婆さん、氏神様のうち)の事です。
バーというのは法廷関係も言います。最高裁は隼町にあります。黒くて長いものです。カーバ(イスラムの黒い四角)は、これの象徴のようです。

 バー=頭がタカ、ワシ、隼の神様が御祭神というわけです。エジプトと一緒です。

JR只見線で会津高田

 暫く歩くようです。

大山神社

 神社の航空写真です。

大山神社、愛宕神社

 新潟では奴奈川姫と言う、建御名方神様の母が祀られています。
若松とは、エジプトとま国の土地です。

 やはり、洪水の時、胎蔵界を経て日本に逃げてきたのだそうです。
ここから地上に上がってきたのだそうです。入り口はカフラー王のピラミッドの下なのだそうです。

 もちろんエジプト政府は、非公開にしています。
車の流れが、ま国の避難民のように感じます。ここは馬室(まむろ)と言うところです。

馬室の陸橋上

 上で人々を見守って居られるのは天照皇大神様の御子神様です。
こちらは二本のビルの上の神々です。エジプトのようです。

二本のビルの上の神々

 明日は、大山咋神様のエジプト第五王朝の話をいたします。
大山咋神様の父上も、胎蔵界からエジプトに出られたのだそうです。

 光の中、良い日曜日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 馬と駒

平成24年3月3日

 昨日、財務省の役人がひったくりで御用になりました。
前回は、強姦でした。ともに「藤」の憑く、近藤、佐藤です。

財務省の役人がひったくりで御用

 外務省でも騒ぎを起こしたのは佐藤とか言いました。
神様が言う役人とは「中国人」、そのままの性格です。嘘=悪い事が大好きな者たちです。結果がそうなっています。

 天下りなど法律で罰せないのもおかしいです。それで天誅が落ちているのです。
こちらが世田谷区下馬の官舎です。

世田谷区下馬の官舎

世田谷区下馬の官舎

 ここも鴻巣の財務省の官舎と同様に古墳の跡です。
神様が感応して故郷に案内して下さいました。

 区別がなかった馬と駒の違いを教えて頂きました。
白(=シラーズ)は三十(御祖)にも繋がります。

馬と駒の違い

 そして、天神の時代がここから始まったのだそうです。

天神の時代

 岩から生まれたというミトラス神です。ミトラ神も同じです。
胎蔵界から出てきた天狗さんです。この剣は、私のと似ています。

ミトラス神

 何故岩に入れるかと言われても、入れるから入れるのです。
磐船に乗ったときは、後ろから、簡単に入れました。そして飛んで行くのです。

 石抜けの術もいろいろあり、FBIのXファイルでは、コンクリートの壁をすり抜けるものがいたそうです。
新聞に出ない所では人体発火というのもよくあるようです。人が内部から燃えてしまうのだそうです。

 ・・天海上人が、この世にいてもらっては困るものはゴミとして燃やすのだと言っています。。
癌でくたばった裁判官どものようです。ゴミ掃除は大事です。

 日本の歴史では、天神のところは触れないでおきました。
、 しかし、神々が教えに来てくださいましたので、これからすこしづつ書いていきます。

丸木

 八ヶ岳のような山です。
建御名方神様が感応されました。

 この先は長い話になります。
今、建御名方神様に聞いた話では、天神の最初がミスラ、ミトラ。ミトラス神という事になります。

 イエス様同様、胎蔵界を経て、岩から生まれたので、処女から生まれたということになっているそうです。
・・この方は、美しい星、タイタンの方なのだそうです。

 ここに、現在の地球の人類の歴史が始まるのだそうです。
エジプトの上古の初代はトラスという方だったそうです。

エジプトの上古の初代はトラス

 そして天神のはじめもミトラ、ミトラス、ミスラです。
トラはトラディション=伝統ですが、岩により受け継がれたという事です。

 こちらも天狗さんを崇めています。

天狗さん

 ミトラス教は、入門試験があったそうです。
胎蔵界、密議の世界は、皆似ているかも知れません。

 此処まで辿りつけた方も、真にご苦労様でした。
光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 宇麻志阿志訶備比古遅身光天津日嗣天皇(ウマシアシカビヒコジミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)

平成24年3月2日

 日本の歴史、古事記でも掲載されている宇麻志阿志訶備比古遅身光天津日嗣天皇(ウマシアシカビヒコジミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)という方が居られます。
古事記では宇麻志阿志訶備比古遅神とされています。

 この方が日本の歴史の上古12代様で、世間一般では大山祇神様として祀られている方です。
エジプトではカフラー王と言う名前でした。

大山祇神様

 沢山の神々はエジプト時代の方です。
こちらは大山咋神様です。

大山咋神様

 エキゾチックに仕上がったのは八ヶ岳と神々、建御名方神様です。

八ヶ岳と神々、建御名方神様

 写真をやったことがある人は、良い写真を仕上げる苦労が分かると思います。
公開できるのは、撮った写真の、ほんの一部です。

 昨日のでは、これが一番のようです。
太田道灌公と菅原道真公、神々が居られます。

太田道灌公と菅原道真公、神々

 こちらは、帰り道、鴻神社前です。
誰にもよく分かる大山咋神様、誉田和気尊、神々です。

大山咋神様、神々

 昔は、この辺にも銀杏の木や沢山の祠がありました。
この辺にも神様がいっぱいです。

神様

 何時の時代も、世が滅びるときは、人がまことの神々を忘れている時です。
今もそんな時なのかと思います。

 いつも、出演してくださる神々に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 やよい 石切さんの技

平成24年3月1日

 あっという間に三月になりました。
石切さんのことを思っていました。東大阪が有名ですが、関東にも、その技の跡は沢山あります。

名草 厳島神社

 有名な名草の厳島神社です。

厳島神社

 全体像を見ると、見事なピラミッドです。
こういうのは、アカデミーが嫌いな写真です。

ピラミッド

 ・・ここは、大山咋神様、田中大神様はじめ、イエス様までが訪問されたのだそうです。
その理由が、これだそうです。ピラミッド内の磐船です。

ピラミッド内の磐船

 貴重な写真がありました。

ピラミッド内の磐船

 多くの天皇が、これに乗って金星から来たのだそうです。
孫悟空も石から生まれたといいます。

 私は、神々が母というのが何のことか、しばし理解できませんでした。
ここには雲母もあります。これが秘密です。もちろん、鉱物は、かってに持って帰ってはいけません。

 すごい神蹟も沢山あります。ヤハヴェの神、田中大神様、石切さんの仕事です。
・・今、悪霊どもがやって来ました。秘密をばらされるのが嫌なのです。返り討ちにしました。

 ここは大阪羽曳野の神蹟ともよく似ています。
胎内潜りも同じようです。胎内潜りの意味が、皆さんには解ったと思います。

 このピラミッドの外壁などの石は、霊山と言われる加波山周辺から持ってきたのだそうです。

加波山周辺

 石は、綺麗に二つに切ると、神官の命令で空を飛ぶのだそうです。
見事に切れています。今の技術ではできません。

空飛ぶ石

 エジプトの古代ファラオは神官だったのです。
それで、あの巨大なピラミッドも出来たのです。

 このピラミッドだって、現在では出来ません。
神代からの、良き天皇は皆さんの幸せを思っています。

 神々、仏様は、余計な金儲けなどを思っているものを相手になどしません。
私が、いつも言ってていることです。

 神々の光の中、良い三月の日々をお過ごしください。→「コン」
   
 +(-_-;)