二月の日記
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。
三月の日記

 閏日に、建御名方神様のお怒り・・

平成24年2月29日

 全く不可解だった鹿島神宮のご祭神名、武甕槌命(たけみかづちのみこと)と言うのは、建御名方神(たけみなかたしん)様の事なのだそうです。
以前に頂いた鹿島神宮の写真にも写っていたので、不思議に思っていました。(これは違います。)

鹿島神宮

 実際、神奈川の神社では、はっきりと武甕槌命と言うのは建御名方神様の事と記してあります。
これは、かっての中臣鎌足の婿と言われるフジアン、藤原不比等の仕業だそうです。

 それは、建御名方神様を春日大社の御祭神にするにあたり、武甕槌命と神名を変えたのだそうです。→「コン」
とんでもない罰当たりです。

 かっては建御名方神様は、エジプト第4王朝のファラオだったそうです。プタハの神はここから来たようです。
先日からのファラオの表を整理してみました。次のようです。

ファラオの表

 今日もヤハヴェの神、田中大神様も来て居られます。既に光の渦です。
豊宇気大神様がアソに祀られた後、此花咲耶姫としてフジに祀られた理由も、フジアンが諸悪の根源です。

 カスとはよく言ったものです。今日は閏日なので、神々の真実が開けたのです。
文字通り王の門が開いたのです。今日はお参りに良さそうです。

 建御名方神様に、かっての陵に案内して頂きました。
行ってびっくりです。日本の古墳のようです。埼玉古墳の埼玉火祭りに、神々が感応されるはずです。。

かっての陵

 ピラミッドも時代で、材料、作り方が違うのだそうです。

かっての陵

 中臣氏は鹿島の神官だったのに建御名方神様を裏切る結果になったのだそうです。悲しい事です。
これが、中臣鎌足→藤原鎌足が多武峰(とうのみね)で十三重の塔に祀られた理由です。

 そして、今まで引っかかっていた年代のことです。
ウガヤ朝と上古朝は、多くの部分で並立していたのだそうです。

 それが、氏神様が、火星か金星かの問題なのだそうです。
どちらにも混ざってはいるのですが、金星が地球の支配星なのです。金星の地がエジプト、イスラエルなどです。

 その背後に、いつも居られるのがユピテル、巨大な木星の神々です。
いつも、皆さんを助けて下さる稲荷神様は、火星、金星の方です。お地蔵様、司令官は地球の方です。

 四年に一度の閏日も、今年は特別なようです。
ささやかに、お参りされると良いと思います。

 ・・耳が引っ張られてウサギのようです。
私のエジプト時代の姿だそうです。

 今日も神々に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 禍福は(あざな)える縄の如し

平成24年2月28日

 今年も2月は、もう終わりそうです。2月は逃げると言います。しかし、今年は1日余計にあります。
これは禍福のどちらでしょう。答えは、人によって、違うと思います。

 久しぶりに審神(さにわ)です。
俗にオーブというのも、見ただけでは解りません。ヤクザな人間と同じです。これも邪霊です。

邪霊

 私は感知計があって、邪霊を感じます。それで、社主に確認します。
天界に魔が住むというのは昔から言います。どうしたら魔を祓えるのかと言えば、それは心次第なのです。

 いつも言うように、金銭、地位、名誉、見栄などが人を惑わせるのです。
お釈迦様は欲からしたことは駄目と言っています。これが仏法です。こちらは、川崎大師の天狗さんです。

ウガヤ二十六代様 種浙彦天皇天日身光天皇

 天皇として、ウガヤ朝の二十六代様です。鴻巣に古墳があったそうです。市役所にレプリカのようなのがあります。→「コン」
先ほどの邪霊は、天皇の役人だったそうです。困った役人は、何時でもいるようです。

鴻巣に古墳

 こちらは、ある稲荷神社の神殿です。何処かは解っている方が多いと思います。(^_^;
上古の十五代様はじめ、沢山の神々が降臨なされました。

ある稲荷神社

 綺麗な神域ですので、綺麗な光です。
こちらは、神殿でお祈り中の崇敬者様です。守護霊は天狗さんです。

神殿でお祈り中の崇敬者様

 こちらは、昨日の天神町の神々です。

天神町の神々

 こちらも胎蔵界の神々ですが、金星の方です。
オキネさんは、司令官の仲間で地球の方です。天神町の胎蔵界の神様です。仏教用語で「お地蔵さん」と言います。

天神町の胎蔵界の神様

 オキネさんによると、火星にも金星にも、悪魔の跋扈する地上界はないのだそうです。
最初にエジプトで悪魔に騙されたのが、火星から来た出雲の人たちなのだそうです。これが出雲の秘密です。

 出雲を滅ぼしたのは、テレビで放送されたとおり中国人、フジアン藤原氏です。
藤原氏なども困った役人たちだったのです。宇多天皇、菅公もひどい目にあいました。

 中国への天誅が堕ちる確率は・・
・・なんと130%だそうです。。

 すごい数字ですが、中国人の易者が言っているので自業自得のようです。
嘘は百回吐いても嘘です。中国人は自業自得の意味を思い知るようです。

 ・・天狗さんがお喜びです。
   
 +(-_-;) 


 遠い御縁

平成24年2月27日

 掲示板の写真です。
最初は神田のお地蔵さんと、土井利里という方です。

神田のお地蔵さん

土井という方

 当然というか、武士は皆地獄に堕ちてしまうそうです。
この方は、信仰が厚かったので、お地蔵様に守られていたのです。

 掲示板に、もう一枚の写真がありました。
こちらは沼津の八幡神社の裏の不動様です。

不動様

 どちらも胎蔵界の神々(お地蔵様)が、ご挨拶してくれました。
ここにも源氏の縁の武士の名がありました。もとの家柄格式など、ごちゃごちゃで解りません。。

 源氏は、カマと言うのは知っているはずです。カマとは、ハマでもあります。田中(たなは)大神様の発音と一緒です。
沼津の八幡神社の近くには浜町のバス停がありました。よく学んでいる方には分かったはずです。

 代代仕えている大名を、譜代大名といいます。
土井さんは譜代大名だったようです。


ふだい‐だいみょう【譜代大名】‥ミヤウ
江戸時代の大名の家格の一つ。関ヶ原の戦以前から徳川氏の臣であったもの、およびその家格に準ぜられたもの。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ここが、譜代大名の皆さんの故郷の海です。サナア(真田)の左です。
沼津の海のように綺麗です。

譜代大名の皆さんの故郷の海

 源氏とは、武士の源(みなもと)とでも言ったところです。最初の源氏を名乗ったものは、シバの方でした。
武家の多くは、柴田だ羽柴だと皆シバをつけました。徳川は将軍の名に「家」をつけたのです。イエメンは、家面、八面でもあります。

 ・・土井さんは、この事を知っていたそうです。
何時の頃からか、もろもろの文書が嘘ばかりになり、教員も何も解らず、子供を洗脳したのです。

 その結果、今の役人も洗脳されたまま大きくなり、物事の収集が大変になったのです。
徳川の時代も改易された家が2百以上もあったそうです。虎退治で有名な「加藤氏」も、そのひとつです。

 この沼津八幡神社にも名があった福島氏や加藤氏は、エジプトやシバ方面の先祖だったそうです。
家康は、当然「フダイダ」が先祖だったそうです。よく分かる話です。

 音が変わることを音便といいます。中学で習ったと思います。
「たなは」が「たなか」に成ったのも音便です。博多は「は→か」多という事です。

おん‐びん【音便】
国語学の用語。音節の一部が脱落して、もとの音とは違った音に変わる現象。
「咲きて」が「咲いて」、「早く」が「早う」、「飛びて」が「飛んで」、「知りて」が「知って」になる類。一般に、イ音便・ウ音便・撥音便・促音便の4種がある。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 墓というのもこれです。神道では墓は奥津城(おくつき)といいます。一つの結末です。
地球人類の墓も近づいているようです。
   
 +(-_-;) 


 アマルナとアナトリア

平成24年2月26日

 今日の本題のアマルナとはこちらです。
テル・エル・アマルナと読みます。天照皇大神様のご縁です。

天照皇大神様

 天照皇大神様は、男性だ女性だと騒ぐ人も多くて、その話は収集がつきません。(^_^;
真言宗智山派では胎蔵界大日如来とされる方です。

 先史時代からの神跡です
ここも、もちろん胎蔵界に繋がっています。前方後円墳のマークです。

前方後円墳のマーク

 こちらは胎蔵界の入り口です。

胎蔵界の入り口

 中は幻想的です。

胎蔵界

 ローソクがありますので江の島の岩屋のようなのだと思います。
田谷の洞窟も真言宗のものだったと思います。

 エジプトには無数の胎蔵界の道があります。
エジプトの最初の王は、胎蔵界の方です。宇宙からの司令で地上に出て、エジプトを治めたのだそうです。

 こちらは最初のものと言われる階段ピラミッドです。最初は五段だったそうです。
真実はプトレマイオスの時代に、みな書き換えられたのだそうです。何処の国も同じようです。

階段ピラミッド

 階段ピラミッドは、この方のモノだったそうです。私の世界では、上古七代様に位置づけています。
地下は胎蔵界に通じています。

上古七代様

 もちろん、胎蔵界の入り口は、鍵があります。一般のものは入れません。
お世話になっている日吉(ひえ)の神々です。

日吉(ひえ)の神々

 私は前世の地、エジプトの歴史を書こうと思っていたのですが、ある日、天から日本の歴史を書けと言われました。
その結果が、今の日本の歴史に成った訳です。

 真実は、あまりに巨大でした。
神々は悪しき金儲けを目論む者たちは嫌いです。

 いつもお導きしてくださる神々に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 笠間稲荷神社の事

平成24年2月25日

 訪問者様に写真をいただきました。
この辺は、訪問者様のご先祖様の、ご縁の土地です。笠間稲荷に天狗さんが降臨されました。ペンタゴンです。

笠間稲荷に天狗さんが降臨

 この天狗さんはウガヤ23代の天皇様です。

ウガヤ23代の天皇様

 ペンタゴン(五角形)は、アメリカの国防省、軍事のことです。
この意味は、摩利支天、マルス、火星のことです。

 こちらは品陀和気尊です。天狗さんでもあります。私も身を守るための神剣を頂きました。
天狗さんは武神でもあるのです。天狗でもある天皇は、侵略者から、国を守らねばなりません。

2012-02-25-08.jpg(91638 byte)

 それで牛若丸は、鞍馬山で天狗さんに武術を教わったのです。
そして、信じられない活躍をしたのです。

 何時の時代も恐ろしいのが人の欲、悪しき思いです。切りがありません。
こちらが、鹿島の光と言う地にお住まいだった方です。

ウガヤの二十三代様

 鹿島の光と言う地は、ここです。
かっての天皇が住んでいたのだそうです。

鹿島の光と言う地

 この記事は2005年に上げたものです。既に七年が経ちました。
中国人に殺された鹿島の武神も、この方の近衛、兵なのだそうです。鹿島神宮の巨大な大刀の持ち主です。

 下野国は天狗さんのご縁、火星の方が多いのだということです。日本を守っている神々です。
こちらの中心はウガヤの三十代様です。

ウガヤの三十代様

 その後、日本に出て、国民を守ってくれた方です。
私のサイトで、よく学んでいる皆さんは、大きな秘密が、また見えてきたと思います。

 天皇家と宇宙のことは、この世にとって、とても重要なことです。
稲荷神様も、火星の方と金星の方です。

 宇迦之御魂大神様は火星の方、天狗さんです。
武家の方が、お稲荷さんを祀ったのはこのためです。

 週末、土曜日に、いろいろと思ってみるのも良いと思います。
ここに来る全ての方が、神々、天皇様のご縁です。

 今日も、良き光に感謝です。
   
 +(-_-;) 

 写真を送ってくださった方に感謝です。

 上古十代 高皇産霊身光天津日嗣天皇(タカミムスビミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)

平成24年2月24日

 昨日の続きになります。
日吉(ひえ)の巨大な秘密が明らかになって来ました。

 以前、巨大なピラミッドは豊受大神様の発注で造られたと、何処かに書きました。
これが、カフラー王のピラミッドだったのです。豊宇気大神様は、この方の娘だったからです。

 よく勉強している方は、この話も解るはずです。そして皇族は、やはり近親結婚でした。平民が混ざるとダメです。
そして、一番大きなピラミッドはクフ王のものです。

一番大きなピラミッドはクフ王のもの

 クフ王が、上古十代 高皇産霊身光天津日嗣天皇(タカミムスビミヒカリアマツヒツギノスミラミコト)に当たるのだそうです。
確かに、高いところを結んでくださいました。

 私は、最初に太陽神としての天照皇大神様の御代を、上古二十二代としていたのですが、これは、ある書籍の間違いでした。
太陽神の天照皇大神様は、やはり肉体を持たれなかったのだそうです。この世の文献は危険がいっぱいです。

天照皇大神様

 よく学んでいる方は、瓊瓊杵尊と木花咲耶姫命の関係も分かったと思います。
そしてモーゼと共に現れたヤハヴェの神が上古十一代 神皇産霊身光天津日嗣天日天皇(カンムスビミヒカリアマツヒツギアメヒノスミラミコト)です。

 これは稗田阿礼のところに書いてあります。私も、真実を聞いた当初は、全く訳が解りませんでした。その父は上古十代で田中大神様の父、建御名方神様です。
大山祇神様は、天皇としては上古十二代様に当たるそうです。今、私が皆さんに伝えていることがトーラです。

 大山祇神、大山咋神様はじめ、皇族の神々です。
中心が天照皇大神様です。

皇族の神々

 こちらは、この世的なUFOに見えます。

この世的なUFO

 昨日、降臨された大山咋神様です。
日本の歴史の御代はウガヤ二十七代の建玉天皇が残してくれていたのだそうです。大変な感謝です。

 桜森稲荷神社にも、よく降臨される方です。
今日も天界の皇族の神々に感謝です。

 わからないところは、神々に尋ねてみてください。
もちろん、その前に十分な勉強と禊が必要です。

 全ては自己責任で理解してください。
私に変なことを思うと、皆さんに天誅が落ちます。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 遠き日々・・

平成24年2月23日

 昨日は暖かかったです。多紀理姫様が嬉しそうでした。
そこに、訪問者様から、江の島の便りがやって来ました。海の夕陽に富士山、龍神様です。

江の島

 江の島といえばエジプトです。多紀理姫様もご縁が深いのは、訪問者様の多くが知っていると思います。
こちらは、エジプトでファラオだった天海上人、アイです。

天海上人、アイ

 神々、ご上人様が閏年の2,22の日に、大事な事を伝えに来てくれたのです。
八百万の神々、八幡神様です。

八幡神

 こちらは出エジプトのモーゼと、お導きしてくれたヤハヴェの神、田中大神様です。

モーゼとヤハヴェの神、田中大神様

 今日の御神宝です。
昨日のものです。

御神宝

 こちらの神々は、エジプトのファラオだったのだそうです。
確かに、私の前世の縁です。それで私の氏神様です。

エジプトのファラオ

ピラミッド

 三大ピラミッドが大山祇神様のものと言うのは、だいぶ前に日記に書きました。
三島とは、ギリシャの三つの半島と共に、三大ピラミッドを表しているのです。

 しかし、大山祇神様、大山咋神様がファラオだったというのは思いつきませんでした。
昨日撮影した写真が、ファラオに似ていたので気がついたのです。

 神々と交霊するにも、神々は、こちらの思いはわかります。
しかし、生身の人間が神々の思いを受信するのは大変なのです。それで、欲があると悪霊に騙されます。→「コン」

 もちろん、その前に神々が、カメラの前に出演して下さいません。
これは、ご神前、仏前でも同じです。良い心の宮司、神職、坊主、僧侶は、良い神社仏閣の絶対条件です。

巨大な石像

 あの壊れたところが、大山祇神様だったそうです。
私がエジプトの前世を知ってから、既に40年近くになります。

 真に、少年老い易く、學成り難しです。
私は、ことら総合研究所を創めなかったら地獄に堕ちました。

 この世の多くの方と、この世に出た目的が違うからです。
それは訪問者の皆さんも、同じなのです。そのため、私達に悪いことをした者は、天誅で死んでいるのです。

 誰かが、伝えなければ、私が紹介している神々の姿も、真実も、全く世に出なかったのです。
神々、仏様、お地蔵さんの姿を拝めた皆さんは、奇跡の人たちです。

 訪問者の皆さんは、この世の悪霊に騙されず、光ある日々をお過ごしください。
良き氏神様が、お喜びです。
   
 +(-_-;) 


 悲しみの世界

平成24年2月22日

 昨日、一家3人が餓死したようだという事件がありました。
私の大嫌な話です。馬鹿な役人どもに、生活保護を打ち切られたのかと思っていました。これは多かったのです。

一家3人が餓死

 鴻巣の市議会議員も、酷い対応の福祉課の役人に怒っていました。何処にも役人のせいで死んでしまった方は多いのです。
苦しみの果てに、最後の助けを求めてきた人に、悪魔どもは嫌がらせしたり、罵倒するのです。

 これは行政の殺人です。役人どもは、もちろん、死後に思い知るのです。→「コン」
多くの役人が、死後の刑務所で、俺が何をしたなどといっているのです。

 怒っていたら、関係者がやって来ました。役人は嫌いで、相談にも行けなかったのだそうです。
その理由は密入国だったからのようです。既に27,8年前の事のようです。某国の地図です。

某国の地図

 この国境線近くに、かっての住まいがあったのだそうです
線の上、北という事になります。生活の不安から、子供を連れ、命懸けで日本に来たのだそうです。

 最初に日本で住んだのはこちらだそうです。
山口県の長門だそうです。

長門

 そこから長野県の岡谷に行ったそうです。

長野県の岡谷

 そして兵庫県の神戸、垂水区に行ったそうです。

垂水区

 神戸も長田区は同和地区があるので有名です。ケミカルシューズの産地です。
一般的なニュースには、もちろん出て来ません。

 そして、最後に土台人を頼り、埼玉に来たようです。16年前だそうです。
そこは半島系のお菓子メーカーの工場だったそうです。武蔵浦和の方面のようです。。

 蟹工船ではありませんが、半島の人には労働基準法など適用されません。戸籍がないのですから法が及びません。
それで、ここを辞め、最後の職場に辿り着いたそうです。

 そこも2年前に辞め、息子さんの日雇い仕事で生計を立てたそうですが、それも無くなってしまったのだそうです。
日雇い仕事も1時間千円で、1日8千円程度が多いようです。月に10日仕事があっても、1ヶ月8万円では生活できません。

 その日雇い仕事も出来無くなってしまったそうです。
それにしても、大学を出た日本人も、あの菓子メーカーは仕事がきついそうです。

 もちろん、裏名簿の人には、もっと辛いのだと思います。
・・裏名簿の人は、何処にも多いそうです。

 そう言えば、労働基準監督署に監視されない、中国人の留学生と言うのもいっぱいいるようです。
何かがおかしい人間の世界です。→「コン」

 件の皆さんはご苦労様です。この話は、これでおしまいです。
この件については、一切のご質問に、お答えできません。

 こちらは某神社に降臨された神々です。

神々

 神々が降臨されると、神殿は磐船状態です。
光の帯は、神々の御子が現しています。地上に名がある神は、ひとにぎりです。

 天の岩戸が開き、天界の光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 

日本の開運TOP

 日々の事

平成24年2月21日

 ここに来る方の、たいていの家には神棚があると思います。
ある方から、神棚回りに不要なものがあるかとお尋ねがありました。

 神々、眷属の皆さんにお尋ねしたら、「絵」と申されました。
何のことかと思っていたら、これでした。

「絵」

 ご覧のように、信仰が厚い方の家の神棚ですので、神々、眷属さんが沢山おります。
何処の街にも、おかしな宗教、神社仏閣があることもあります。これらに近づかないことも大切です。

 神職、僧侶も、お金だけ目安に、神社仏閣の経営をしてしまう方もいます。これは違います。
あるところは、役人の問題で、眷属が全部引っ越してしまい、悪い霊だけになってしまったというところもありました。

 そんなところにお参りに行けば、後は大変です。分かると思います。
こちらは、咤枳尼眞天様、お釈迦様の乗った磐船です。背後は巨大なトーラの神々です。

咤枳尼眞天様、お釈迦様の乗った磐船

 こちらは上古八代様、大山祇神、景行天皇、菅原道真公、神々、眷属、妖精たちです。
綺麗なダイヤは、天界の栄光を現しています。

上古八代様、大山祇神、景行天皇、菅原道真公

 こちらの龍神様の上には、イエス様が居られます。

イエス様

 アメリカは、キリスト教徒が多いと思いますが、イエス様は契約など大嫌いだそうです。
悪しき金儲けは、全てが破滅に至ります。

 今日も、良き一日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 三吉(みよし)霊神

平成24年2月20日

 平岸天満宮で祀られる三吉霊神と言う神様が着てくださいました。
胎蔵界の方です。

三吉霊神

 こちらは大山咋神様と菅原道真公です。皆、昨日の写真です。
かねてより、祀られた経緯をお尋ねしたと思っていました。

大山咋神様

菅原道真公

 三吉霊神と言う神様は、かっては長野県松本市の深志に祀られていたのだそうです。深志とは「みよし」だったのだそうです。
ここです。小学校が古墳の跡だそうです。

長野県松本市の深志

 長野県も明治政府の富国強兵政策の誤りで、中国人を沢山入植させました。「林」も見えます。
そのため、古墳という古墳が、皆荒らされてしまったのだそうです。この辺でも、被害にあった古墳がいっぱいあります。

 中国人には、神や先祖を敬うなどという殊勝な心はないのです。バチあたりどもです。
それで、政府はボロを隠すため、多くを南米に移民で送ったのです。それも非難の的に成ったようです。

 それで、それ以前に三吉霊神という方は何処から来たかお尋ねしました。
この神様はアナトリア(小アジア)のヒッタイトで祀られていたのだそうです。かっての強国です。

アナトリア(小アジア)のヒッタイト
ヒッタイト(Hittites)

前 1800〜前 1200年頃に小アジアに王国を築いたインド=ヨーロッパ語系民族。 (→インド=ヨーロッパ語族 )
1887年に発見されたアマルナ文書の中のアルザク書簡,1906年以来ボガズキョイで発掘された多数の粘土板文書によって後期青銅器時代 (前2千年紀) に小アジア一帯にかけて一大勢力を有していたことが明らかになった。
前 17世紀の初代ラバルナシュ1世から前 15世紀中頃のフッツィヤ2世までを古王国といい,ラバルナシュの子ハットゥシリシュ1世 (ラバルナシュ2世) は都をハットゥシャシュ (ボガズキョイ) へ移した。その後孫のムルシリシュ1世がバビロンを攻撃し,バビロン第1王朝を滅亡させた。

ムルシリシュ1世暗殺後,王族と貴族からなる士族団パンクの間で後継者をめぐりしばらく権力闘争が続いた。

王権を安定させたのはテリピヌシュで,王位継承の順序を定め,法典を編纂した。やがて前 15世紀中頃トドハリヤシュ2世が新たな王朝,新王国を興し,シュッピルリウマシュ2世まで2世紀半続いた。前 1375年頃王位についたヒッタイト中興の祖ともいうべきシュッピルリウマシュ1世は,国内体制を強化し,次いで良港や商業路の集中したシリアに進出目標を定め,その勢力を北シリア全域に広げた。
そのためシリアの支配権をめぐってエジプトとの抗争が激化し,前 13世紀末頃オロンテス川河畔のカデシュで決戦が行なわれ,ムワタリシュはシリアでのヒッタイトの権益を守り抜いた。その後アッシリアの勢力が強まったため,エジプトとの友好を促進させたが,西方の海洋国家の勃興により,属領を侵略され,前 1190年頃「海の民」の侵入により突如として首都を攻撃され,ヒッタイトは滅亡した。

王権はパンクの存在にみられるごとく制限的王権から,新王国における専制的王権へと展開した。宗教・軍事・司法上の権威を一身に集めた専制君主のもとで貴族,戦士,自由身分の農民や職人はそれぞれの身分に応じて封地を与えられ,その下に奴隷の階級があった。
ハッティ人の始めた製鉄法を独占していたことが,ヒッタイトの軍事的強さの一因でもあった。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]

 世界史の謎、「海の民」とは「あま」の民です。それはエジプトだそうです。アマルナというのも知っていると思います。

アマルナもんじょ Amarna tablets エジプトのカイロの南方約 300kmにあるアマルナ (古代エジプト第 18王朝アメンホテプ4世〈別名イクナートン〉の築いた都市) から 1887年に偶然発見された約 360の楔形文字で書かれた粘土板文書。発見された場所は王宮内の文庫跡で,その大部分は,アメンホテプ3世および同4世とバビロニア,アッシリア,ミタンニ,ヒッタイトや,当時エジプトの属領だったシリア,パレスチナの多くの小君侯たちとの間に取りかわされた書簡で,前 14世紀の国際関係や文化を知る貴重な史料である。 [ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
 ヒッタイトが滅ぼしたミタンニの民は鴻巣の箕田に来て、ヒッタイトの民は松本の深志に来たのだそうです。
もちろん全てではありません。人によって行き先は違います。大分にも日田と言うのがあります。

 三吉霊神様によると、これがウガヤの31代、橘姫の頃なのだそうです。
年代的には、橘姫の時代は、3300年くらいは前のようです。度量衡、時間単位も時代で違うのです。

 壮大な歴史ロマンが語れるのは、天界の神々、神代の良き天皇のおかげです。
すべての歴史を焚書したのが悪しきイタ公だそうです。バツ印です。自称神のようです。

悪しきイタ公

 最後に綺麗な太陽に、大山咋神様と菅原道真公です。

大山咋神様と菅原道真公

 トルコ、アナトリアの神と、十二山岳神はギリシャの皆さんでした。
札幌がエジプトとも縁が深いのが感じられたかと思います。

 今日も神々がお喜びです。
   
 +(-_-;) 

 ・・日記を書いていたら、ローマ帝国の悪霊が騒ぎました。既に国は滅びて消えているのに、犬の哀れです。→「コン」

 九所御霊天神社(くしょごりょうてんじんしゃ)

平成24年2月19日

 変わった名前の神社です。
あるところは神々と縁の深い、兵庫県姫路市です。

兵庫県姫路市

 上空には九頭竜神様が居られました。
龍神様は新興宗教など嫌いです。

九頭竜神様

 こちらが拝殿です。
やはり菅原道真公のシンボルがあります。御祭神様、天狗さん、狛犬です。

九所御霊天神社

神額

 見事な優しそうな牛さんです。

優しそうな牛さん

 そしてUFOの様な大天狗さんと、菅原道真公です。
大天狗さんは田中(タナハ)大神様(ヤハヴェの神)と呼ばれ、ハリサイの人を守っています。

 それでイエス様も降臨されたそうです。
大天狗さんの眷属の大狸には、見事な葉っぱが乗っているようです。大狸も、やはり十二いるのだそうです。。

大天狗さんと、菅原道真公

 空から神々が地上を見ています。
山の中心は大山咋神様です。

空から神々

 写真を送ってくれた方に感謝です。
針間は神々の土地です。

 今日も光がいっぱい降りてきました。
   
 +(-_-;) 


 鎌倉幕府の事

平成24年2月18日

 日本の歴史で最初に武家政権を確立したのが鎌倉幕府です。
平家を滅ぼした源氏は3代で終わり、その後は北条氏(←伊勢氏)が実権を握りました。

 平家掃討は良かったのですが、ま国の傭兵なので欲が深かったそうです。
それで天皇は倒幕に動きました。

 しかし、後鳥羽天皇、後醍醐天皇と倒幕に失敗、隠岐に流されてしまいました。
隠岐に流された後醍醐天皇は、機を見て再び倒幕を決行し、足利尊氏が鎌倉幕府を倒したわけです。

 しかし、傭兵共は、やはり欲が深く、天皇家は南北朝の時代に成るわけです。→「コン」
この時、南朝はダミーの南朝を建てたのだそうです。影武者のようです。

 その影武者政権は表向きは本者なので、南北朝統一後に、自称天皇の末裔を名乗る者が、沢山出来てしまったのだそうです。
その南朝にご縁が深い石清水八幡宮は誉陀和気尊(ほんだわけのみこと)が主祭神です。

誉陀和気尊

 こちらは以前にもご紹介した天照大神様の御子神様です。
皆さん以外に、この世の誰も知りません。

天照大神様の御子神様

 次は大明神様のような玉体ではありませんが、いつも私や皆さんをお守りしてくださっている天狗さん、眷属さんです。
日々、よくお礼しましょう。

天狗さん、眷属さん

 以前、ホツマ文字と言う呼び方は間違いだと申しました。
これが、ホツマ文字と呼ばれているものです。

トーラ

 オキネさんによると、これがトーラで、この辺でも多く使われていたのだそうです。
これが航空写真でしか分からない、吉見の不思議なマークです。

吉見の不思議なマーク

 下の地名は釜寅(カマトラ)と言うところがあります。
以前大天狗さんが現れたところです。

 オキネさんによると、この辺でも、神代文字は25種類以上使われていたそうです。
次々と傭兵共が政権を乗っ取ろうとして、下克上をしたので、文書の記録はなくなってしまったのです。

 やっと、ま国の鎌倉幕府を掃討したら、板公の室町幕府も強欲で天皇は苦労したのです。
ちなみに、室町幕府にはフランスの傭兵も多かったそうです。それが群馬、栃木以北に入り佐藤を名乗ったのだそうです。

 前に言ったように、これがシャトウ(chateau:城、館)から来たものです。東北にいっぱいいます。
傭兵も引退して静かに暮らしたかったのです。これは誰でも同じですが、欲の深い、ま者は大嫌いです。

 戦国時代に至る混沌が、少し見えてきたかと思います。
国を守るのは、真に大変なのです。

 強欲な、ま者どもには十分な注意をしましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 天狗さん

平成24年2月17日

 最初は川崎大師の筆頭の猫です。訪問者様に頂いたものです。
品陀和気之尊と神猿の皆さんです。

川崎大師の筆頭の猫

 こちらは太田姫稲荷神社です。
太田道灌公は、いつも鮮やかな色です。

太田姫稲荷神社

 こちらは、自前の写真です。
新しいカメラのものです。少し青系のタッチです。天神町の神々です。

天神町の神々

 天照皇大神様もカメラが違うと、感じも違います。
皆さんが使っているデイスプレイでも相当違っているはずです。

天照皇大神様

 何をどれほど信じるかも、その方の心で違います。
いつも言うように、おかしなことを思うと、天誅があります。

 思うことは、自由ではないのです。
悪しき讒言などした者は、八つ裂きの刑が適当です。

 その執行は、今生ばかりではありません。
これを業、宿命といいます。→「コン」

 社主の承認が下りました。。
   
 +(-_-;) 


 天武天皇と天智天皇

平成24年2月16日

 お二人は、全く兄弟なのですが、その支配しているDNAが違ったのだそうです。
家族でも霊、心の周波数が違うので、先祖を含め、係る霊たちも違ってくるのです。

 天智天皇に寄ってきたのは下野(しもつけ)の霊たちだったそうです。下野とは西アフリカを故郷にするものです。
この辺りだったそうです。その本質は兵だったそうです。

西アフリカ

 一方、天武天皇に味方したのは、イエメンのマハラ辺の霊たちだったそうです。
この辺は武闘派が多いのです。

イエメンのマハラ

 そのため、大海人皇子の軍には沢山の兵が集まり官軍を下し、大海人皇子の軍は官軍に成り、皇子は天皇に成ったわけです。
この時に渡来し、味方した兵に「真人(まひと)」などの(かばね)を与えたわけです。戦勝の褒美です

 その中に、現在でもメジャーな高橋公などもあったのです。高橋という人は、野球はもちろん、剣道部にも多かったようです。納得です。
やはり浅黒い人が多いようです。

 天武天皇に味方した尾張の海部(あまべ)氏は、当然、マハラのご縁の人だったのです。
西アフリカが下野(しもつけ)、東が上野(かみつけ)の縁なのだそうです。群馬が吾妻です。

アフリカ

 こちらは社主のお社上空です。
いつも神様、眷属の皆さんがいっぱいです。

社主のお社上空

 こちらは天照皇大神様と宇迦之御魂大神様です。
皆、昨日の写真です。

天照皇大神様と宇迦之御魂大神様

 いつも言うように、磐船には九柱の神々が乗っています。
今日も、神々の光に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 馬場

平成24年2月15日

 馬場というと、首都圏の方は高田馬場なども思い浮かべますが、馬場さんという苗字も多いです。
有名なのはジャイアント馬場さんです。

 馬場さんの分布を調べてみました。
全国にいます。御先祖様は有名なところから来たようです。

馬場さんの分布

 ウガヤの12代様も縁が深いのです。
神々に、馬場さんのご先祖様の地に案内して頂きました。

馬場さんのご先祖様の地

 やはり「ま国」でした。しかし、証拠を見つけるのが大変でした。これが、いつも大仕事なのです。
私も、生身の人間です。やはり、証拠をつけないと神様の話も理解できません。皆さんも同じだと思います。

 あちこち探して、やっと見つかりました。(^_^;

馬場噴火口

 ヴァヴィヴヴェヴォの馬(ヴァ)に近い音です。
中東にも神々の跡がいっぱいです。こちらは、和久産霊大神、豊受大神様です。

和久産霊大神、豊受大神様

 こちらは案内してくださったウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇(イヤヒロドノツクリノスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)です。→「ゴン」

ウガヤ十二代 弥広殿作天皇天日身光天皇

 それにしても、いろいろなところから御先祖様、氏神様はやって来たものです。
変な苗字の本に騙されないようにしてください。→「コン」

 光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 御霊(みたま)

平成24年2月14日

 御霊とは「みたま」と読むか、「ごりょう」と読むかで大きく意味が変わります。

み‐たま【御霊】
(ミは敬意を表す接頭語)
@神の霊。神霊。
A死者の霊の尊称。
Bおかげ。みかげ。恩恵。万葉集5「吾あが主の―賜ひて」

ご‐りょう【御霊】‥リヤウ
@霊魂の尊敬語。のちに、尋常でない、祟たたりをあらわす「みたま」について言った。保元物語「これ讃岐院の―なりとて」
A御霊会ごりょうえの略。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 皆さんの毎日の生活にも、どちらの霊が関わるかで人生は大きく変わります。
これは先祖のことです。良い先祖は氏神たる存在ですが、自称先祖では困ります。

 更に、その先祖も前世の先祖まで関わっているというのが現実です。
今の生身の体の先祖だけでも、父母から七代で、2,4,8,16,32,64,128,と成ります。

 この中に、良くも悪くも感応する霊がいるのです。
ある方は、前世の先祖が犬に成り、家で飼われることになったそうです。これも他生の縁なのだそうです。

 こちらは大山咋神様の天界の鳥居です。山王鳥居です。
役人は、まず通れないそうです。中にいるのは神猿の皆さんです。。

2012-02-14-01.jpg(81672 byte)

 ・・役人は、8割が来世犬に成るそうです。しっくり来る数字です。

 前世の弟子が猫になったという方も多いですが、犬より良いかも知れません。
牛馬豚に堕ちたものでは、まず100%が屠殺される運命です。犬以外は牛馬豚に成るそうです。役人の因果応報、自業自得です。

 犬や猫も、毎年数十万匹が屠殺されているそうです。詳細は闇の中です。これが役人の仕事です。
厚生労働省の関係者が、おかしな事件に巻き込まれたのも、祟です。

 神々、眷属の皆さんから見ると、人でも、霊のレベルで、犬や豚に見えるのです。
霊のレベルが「−7」以下になると、即、畜生道なのだそうです。

 前世犬だったものは、やはり、犬に気を使うのだそうです。犬は分かるのだそうです。
犬や蛇は、神様を嫌います。→「コン」

 馬鹿な犬は、自分と飼い主だけが一番だからです。
未だに役人どもは、原発再稼働に向け、奔走しているようです。

 福島だけでも、事故後の騒ぎが、既に一年になります。
もう一箇所でも事故が起こったら、それこそ、日本に致命傷になりそうです。

 バカの話はつきませんが、蛇に巻かれたものには、話が理解出来ないのです。
これがこの世の終わり前です。この状態から、破滅に行き着くのです。

 こちらはギリシャでクロノスと呼ばれる方です。神話は嘘です。
木星の神々も居られます。アミが言うように、宇宙の神は何もしません。見ているだけです。それが決まりです。

クロノス

 ところが、この世に肉体を持った皆さんは、そういう訳には行きません。
大地の恵みで生かされているからです。地球に恩を返すのが徳を積むことです。

 大きな徳は、人々を蛇の洗脳から解き放すことです。
危険過ぎる原発を、全廃させる運動も、大きな徳です。

 ストレステストなども、新興宗教のお題目のようです。
あれを唱え続ける人の気が知れません。

 今日も、皆さんの心に、大きな徳が降りてきました。。
良い一日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 南無飯縄大権現

平成24年2月13日

 よく私のサイトで学んでいる方は、この真意がわかるかと思います。
この方が大権現様です。

大権現様

 神道では大山咋神様と呼ばれます。
雄琴(おごと)というと有名な温泉地です。風俗でも有名なようです。

雄琴

 先日、「琴」は滅んだ町を現すと申し上げました。その滅んだ町とは、ソドムやゴモラです。
一瞬の火で町は燃え尽き、人は塩の柱になったというところです。

 そして、山末の大神が大山咋神様です。シナイ山の神様でもあります。比叡山でも大山咋神様が主神です。
ここに、大きな秘密があったのです。

 ソドムやゴモラで、ひとつの人生を過ごしたものは、その魂は穢れてしまっています。これは環境が悪かったのです。
織田信長が、この地を火で滅ぼそうと思い立ったのも、そのような魂の騒ぎがあったのです。

 ・・今既に、凄い光が溢れています。
ここで言いたいのは、既にこの世界も、ソドムやゴモラに近くなっているということです。現在「−3」です。

 既に、天界により粛清される寸前のレベルだということです。
それが「−4」殺人者、生命を奪う者たちの霊のレベルです。この者たちは、殺されても仕方が無いのです。

 これは、この世の法律の問題ではありません。天界の決まりです。
天界の神々は、宇宙のために、この事を執行せねばならないのです。地球人には抗弁できません。

 地球人などより、この星の生命が遥かに大切なのです。当たり前すぎることです。
そんな出来損ないの霊をも、少しでも善導できるよう、神々が毎日のように姿を見せてくれているのです。

 馬鹿な人間はカネと名誉見栄にしか心が動きません。悪魔に洗脳されているからです。
能のないものに、子供の時から、嘘で洗脳されてしまったからです。

 ・・洗脳した者の罪は重いと、イエス様です。私が子供の頃読んだ聖書も書き換えられています。恐ろしいことです。
何しろ、聖書は、世界最大の発行部数を誇っているのだそうです。

 ・・今、蛇が左の踵に食いついて来ました。鬱陶しいです。
蛇に騙された政治家役人の責任が、この世の苦しみです。異常気象も、あちこちで起こっています。

 違法操業を繰り返す、恐ろしい中国人漁師の軍団は、取り締まりに来た韓国の海上警察をも集団が集まり撃退してしまうそうです。
漁師も取り締まれないのでは、もはや中国は無法国家です。

 弱い韓国水上警察にも、非難が多いようです。現実に、これでは話になりません。
そのうち韓国も、かっての出雲のように、中国人の餌食かも知れません。

 出雲は武道の達人が多く、神通力ある者も多かったのだそうです。
ところが中国人は多勢に無勢で攻めてきたそうです。大刀の持ち主だった鹿島の武神も、多勢の中国人の弓矢でやられたそうです。

 あの国には卑怯という言葉はありません。一刻も早く、この地上から滅びて欲しいです。
これは、中国に住む者が死に絶えろというのではありません。国のシステム、政党が悪いと言っているのです。

 中国では、あまりに官僚の巨額の持ち逃げが多いのだそうです。
そのため、世界の何処に逃げても、全ては没収できるという法律も出来たようですが、効力は不明です。

 実は、かってヒトラーが英国に攻めたのも、金貸しロスチャイルドが、ドイツ国民からムシったカネを取り戻すためだったという話もあります。
しかし、何処の国も、移民が持ってきた金など、返したくありません。当たり前です。

 蒋介石など、中国の半分の宝を持って台湾に逃げたのだそうです。これも盗人なのだと思います。
・・蒋介石が、弟子がやったと言っています。。

 こちらは、新しいカメラで撮影した神々、眷属の皆さんです。やはり写真のタッチが違います。
写っているのは、社主のお社のスタッフです。

神々、眷属の皆さん

神々、眷属の皆さん

 こちらは品陀和気尊です。

品陀和気尊

 額にあるのは、神々の徴だそうです。
エジプトでは、これを蛇としたのですが、龍神様(NAG)の間違いでした。

 こちらがナイルの神、イシス神です。
日本の名を和久産霊神、常世来姫と言います。いつも見事な光です。

ナイルの神、イシス神

 前世の禊も、とても大切です。
まず、洗脳されている状態から離れましょう。

 人に嘘を吐く者から、離れることが大切です。
その極が、上司も騙されている役人、多くの新興宗教です。

 ・・現在の皆さんがいるのは、観音様の世界です。
よく感じてみましょう。
   
 +(-_-;) 


 神代の軌跡

平成24年2月12日

 昨日は、かっての古墳の跡にあるヘイワールドに行って来ました。
現在はヤマダ電機、ユニクロなどがあります。航空写真は、まだ以前のものです。道中の龍神様です。

龍神様

 あの下辺りが、お地蔵様の石碑です。
ヤマダ電機が出来る以前は、ここは平和アルミと言う会社の工場がありました。

ヘイワールド

 この交差点は、祟のせいか、日本でも屈指の交通事故の多さでした。
昨日は、ヤマダ電機が売り出しだったので、古く成ったカシオのカメラの後釜を買いに行ったのです。

 カメラは、もちろん高いものではありませんが、機能は向上していました。
大きな問題だったのが、処理速度でした。撮影するたびに待ち時間が長かったからです。

 そのため、社主が、「カメラを取り替えよ」と言っていたのです。
社主のお守りで、買ったカメラのバッテリーは、以前のものが使えました。普通ではこんなことはありません。

 同じメーカーでも、まずバッテリーは使えないのが多いのです。
それに嘘か本当か、値札は期間限定で半値以下に成っていました。

 そのカメラを買って、帰りに、駐車場で、主力のペンタックスのカメラで、神々を撮影いたしました。
カシオのものでは、この写真は写せませんが、カシオのは一般的な風景は綺麗に写るのです。この辺は趣味もあります。

 最初は出口の右です。

神々

 こちらは出口の左、鴻巣側です。
見事な八幡様です。右は木星の神々です。UFOもあります。

 このUFOは、地球の出来損ないではありません。UFOも、高い世界のものは有機体です。
中央右は船の格好にも見えます。これが宇宙船、まさに天の磐船です。

 神々の中には天手力男尊の御子もいるそうです。この方は、地球には、名がありません。

八幡様

 そして、見事なVサインのようなオブジェは、フリーメーソン、出雲朝の12代 ミロナミ王(ヤハヴェの神)の仕事だそうです。
なんだか解りませんが建物のようです。普通はこんな色も出ません。

Vサイン

 神々が心眼で見えていても、他社のカメラでは写らないのが多いのです。
ところが、この愛機は、ファインダーで見えることもあるのです。他の方がどうかは知りませんが。

八幡様

 ここは日曜日、祝日は、とても混んでいます。
私以外は、誰一人として、神々のことは知りません。

 こちらが出雲朝の12代 ミロナミ王(ヤハヴェの神)です。
中央の方です。

出雲朝の12代 ミロナミ王

 今、屋根の方から、ゴンとご挨拶が来ました。
木星の神々も、現在多数の方が、地球を監視に来ています。

 今年が、地球人類にとっての、ひとつのリミットだからです。
建国記念の日に、良い御神宝を頂けたことに感謝です。

 良い休日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 十三湊遺跡

平成24年2月日

 今日は建国記念の日です。役所にある日本の歴史は間違いが多いです。歴史書は侵略者が作ったものが多いからです。
日記を書こうとしていたら、イエス様がやって来ました。

 青森の十三遺跡の事です。先日、十三(トサ)とはトラでもあったと説明いたしました。
トサとは大事な口伝のことです。隠語や祭りにも、その真実は伝えられます。祭りの伝統は大切です。

 十三湊遺跡とは十三湖にあるそうです。

十三湖

 ここには日吉神社が鎮座し、古来より聖域だったそうです。
山王坊遺跡というのが発見されたそうです。

山王坊遺跡

 これは安東という豪族が比叡山から勧請したようです。
その安東氏の最初は今のフランスの渡来人だったそうです。

十三

 五月女は西アフリカです。和歌山というのは若=「も」です。琴は滅んだ町です。古中道と言うのはシナイです。
七里長浜と言うのはシチリアン=イタ公だそうです。

 その鬱陶しいイタ公を駆除するため、虫送りという祭りがあるそうです。
表向きは農作物の虫除けだそうです。

虫送り

 こちらは、ご案内してくださったイエス様です。

イエス様

 こちらもイエス様だそうです。

イエス様

 五所川原の「五」はペンタゴン、お星様のことです。
虫除けも七夕にやるところが多いのだそうです。

 シチリアンと言えばマフィアです。
鬱陶しいイタ公に消えてもらいたくて七夕が始まったそうです。

 そう言えば伊達のいた仙台では七夕が凄いです。
星に込めた願いは、「マフィアがいなくなりますように・・」

 掲示板を荒らす、マフィアのようなのも居なくなって欲しいです。
子供の心には、ゲームが良くないといいます。

 日本の将来を考えるなら、ゲームなど禁止するのが良いのです。
良き建国記念の日でありますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 明日は建国記念の日

平成24年2月10日

 明日は建国記念の日です。
かっては紀元節と言いました。

きげん‐せつ【紀元節】
四大節の一つ。1872年(明治5)、神武天皇即位の日を設定して祝日としたもので、2月11日。第二次大戦後廃止されたが、1966年、「建国記念の日」という名で復活し、翌年より実施。

き‐げん【紀元】
歴史上で年を数える際の基準、または基準となる最初の年。現在世界的には、キリスト誕生と考えられた年(歴史的には紀元前4年頃に誕生とされる)を元年とする西暦紀元を使用。日本では1872年(明治5)、神武天皇即位の年を西暦紀元前660年と定めて皇紀元年と呼んだ。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 今日は神々がお祝いムードです。
何故か11日は事故が多いようなので、今日、当サイトでは神々のご挨拶をさせて頂きます。

 日本の神々仏様です。

日本の神々仏様

 やはり、神武天皇ための記念日ですので、神武天皇を拡大いたします。

神武天皇

 こちらは、お釈迦様です。
梵天とは、火星の方、マルス、摩利支天だそうです。

お釈迦様

 昨日、パソコンが一台不調になり、メールの返事などが、やや溜まっています。(^_^;
そのためメールのお返事などは、やや遅れるかも知れません。

 パソコンも消耗品なので、少しづつ、毎年入れ替えています。
電子部品の寿命は突然やって来ます。

 これは事故も同じです。
11日には注意しましょう。好事魔多しです。
   
 +(-_-;) 


 阿古町の事

平成24年2月9日

 伏見稲荷の稲荷狐と言えば、オススキ、阿古町が有名です。
昨日、伏見稲荷にお参りに行った方に、阿古町がご挨拶に行ったそうです。

阿古町

 こちらは拝殿の皆さんです。
上位の稲荷狐の皆さんです。

上位の稲荷狐の皆さん

 参拝から帰って来た訪問者様は、阿古町の挨拶に窓が割れるかと思ったそうです。(^_^;
あの挨拶はすごい音です。私も京都の旅館で窓が壊れるかと思いました。この時は、全員の挨拶で28回あったそうです。

 阿古町も平八狐です。
故郷に案内して頂きました。

チャタルプル

 チャタルプルと言うところです。
お狐さんとの日々は、いつも不思議がいっぱいです。

 困るのは金の亡者が憑いてくることです。
金の亡者が傍に来ると、心が乱れます。いろいろな恨みを抱えているからです。

 大きな恨みは、古墳の工事代金を踏み倒された親方たちのものです。すごい恨みです。
先日は、鹿島も大きな事故を起こしてしまいました。あれも祟りのようです。

 国内電機メーカーも皆苦境に立たされています。
かっての松下の名を捨てたパナソニックは、歴代で日立につぐ巨額の赤字を計上しました。

 皆祟りがいっぱいです。名を変えても祟りは憑いてくるのです。日立も松下も、金貸しなどに手を出したからです。
サンヨーというのありましたが、あそこも同じです。凄い呪いが渦巻いていました。

 韓国のメーカーが好調といっても、それは一部だけで、韓国経済も瀕死の重傷だそうです。
2000年頃にも国家破綻寸前で日本が救済したことがありました。今もそんな状況なのだそうです。

 その理由は、韓国の大手銀行は全てが欧州銀行の配下だからだそうです。
現実に貯蓄銀行は2011年に16行も倒産しているそうです。

16行も倒産

 何故か、日本のニュースでは全く聞いていません。
そして、中国では精神異常が1億人を突破したそうです。

 冗談のような数字ですが、中国では警察が精神異常と見做すものを捕まえて、精神病院に入院させるのだそうです。
やはり法輪功関係も多いようです。ひどい人は10年以上入っているそうです。

 精神科の医師が診察すると健常者が多いそうですが、当然出られないそうです。
こんな国が、よく今まで持ち堪えてきたものです。。

 中国韓国、ともに危険な状況です。
嘘の報道は注意しましょう。
   
 +(-_-;) 


 神倭朝(かむやまとちょう)の皆さん

平成24年2月8日

 今年も建国記念日が近づいています。
日本の始まりは何時だったのか。そんな事も思います。

 こちらは神倭朝の皆さんです。
ご都合が付かず、お休みの方も居ります。全部は銘の記入もしきれません。

神倭朝の皆さん

 こちらは天皇の磐船です。

天皇の磐船

 撮影したのは昨日で、場所はオキネさんの窯場近くです。
こちらはヤハヴェの神、田中大神様と神々です。

ヤハヴェの神、田中大神様と神々

 磐船の大きさが、分かるかと思います。
ここも数年前まで、木々が生い茂っていました。猫も沢山いたそうです。

 人に生まれてきた皆さんは、何を思って生きていくのがよいか、大きなテーマです。
日本の歴史の真実は、本来、正しく伝えられなければならなかったのです。

 全ては、悪しき金の亡者の暗躍が原因で、解からなくなっていったのです。
それに輪をかけたバカ役人の教育も問題です。死後の裁きは必ずあるのです。

 私は倫理や輪廻、業を感じない馬鹿どもでは、相手にするのも嫌です。
死後の裁きと転生輪廻を伝えていくのは、とても大切な事です。

 多くの人に、これが理解できれば、この魔界も、少しは良くなるかと思います。
日本は、昨年は二十万人以上の過疎だったそうです。

 この先、日本で人口が増えることはありません。
・・天皇の皆さんが、今年を乗り切るのも大変だと言っています。災が起こる可能性が高いからです。

 これはマヤの予言とも通じるものです。
ここに来た皆さんは、死後の裁きで苦労しないよう、心と行いを浄めておきましょう。

 馬鹿のいない、静かで綺麗な世界が良いです。
天皇の皆様、今日も出演していただき、ありがとうございました。

 今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 訪問者の皆さん

平成24年2月7日

 毎日沢山の方がやってきます、
圧倒的に多い検索ワードが「同和問題」です。

検索ワードが「同和問題」

 これは今月のものです。
詳細は以下のようです。全部は出しきれません。

今月のもの

 時期的な要因もあるかも知れませんが、毎月、沢山の方が来ています。
既に述べたように、ご先祖様の問題です。

 大きな集合体は力があるので被差別部落には成りづらいようです。例外もあります。
その内容は、ここにはまとめられません。該当の項目を見てください。

 地名に貴族豪族の名がついたところはとても多く、川崎大師は橘群でした。
橘氏は古代豪族ですが、ウガヤ31代、神代の天皇でもあります。何度か紹介しています。中央の方です。

ウガヤ31代

 こちらは日本の歴史でも写真を掲載しています。ウガヤの十二代様です。
弥広殿作天皇天日身光天皇(イヤヒロドノツクリノスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)と言う方です。

弥広殿作天皇天日身光天皇

 この方は品陀和気之命の御先祖様だそうです。文字通りの「大王」さまです。
桜森稲荷神社に品陀和気尊が降臨されたのも、この縁が深いそうです。

 拡大します。
磐船には沢山の方が乗っています。

弥広殿作天皇天日身光天皇

 この方のお陰で、名草の巨石ピラミッドが出来たのです。
そして、多紀理姫様とも縁が深いのです。それで厳島神社も祀られたのです。

 プトレマイオスはギリシャでヘラ、多紀理姫様を祀っていたのだそうです。
ギリシャのヘラからヘレニズムが起こり、そしてエジプトでヒラとなり、日本ではヒラは平、平家に成ったのです。

 人は神と共にしか生きられないのです。あまりに当たり前なことです。
天照大神様、多紀理姫様、そして神代の天皇様、その下には兵も必要だったのです。馬鹿が攻めてくるからです。

 しかし、生身の兵は思い上がり、天皇に近づきすぎ粛清され、同和部落に追いやられたのです。
これが平家の落人です。兵たちは、自分らの出自さえ知りません。

 五百以上あった平家の領地は、皆源氏のものに成ったそうです。
哀れも感じますが、今の役人どもが、この平家のようです。国家の経済危機に思い上がっています。

 与党も、いつも口だけで、行政改革、公務員の人件費削減が全くできません。
これでは祟られないのが無理です。多くの役人も癌で死ぬようです。癌は過収入の証です。品の山です。

 犬の最後は心臓の病、心筋梗塞なども多かったです。→「コン」
人に生まれた前世犬は、やはり心筋梗塞が多いようです。新興宗教の教祖も同じです。

 バカ役人は権力を盾に何でもやったからです。在任中に癌で死んだ最高裁裁判官も自業自得です。
いつも役人に向けた、巨大な、無数の呪いが、この世には渦巻いているのです。

 その中には、紹介している神々のものもあるのです。
神々は、よくぞ、これだけ地上の土地、地球を荒らしたとお怒りなのです。

 新興宗教の関係者も、同じようです。
バカは救いようなどありません。
   
 +(-_-;) 


 ことらの素 モーゼの話

平成24年2月6日

 一般にモーゼの5書をトーラーといいますが、当研究所では口伝をトーラーとしています。これが「トサ」十三なのだそうです。青森にもトサ岬がありました。
モーゼのことは、本人曰く、全くの新興宗教だそうです。

モーゼ

 生まれたところはエジプトではなく、韓国大田辺りの胎蔵界だそうです。地上の朝鮮ではありません。
ここから、エジプトに行かれたのだそうです。

 実は、この方が神倭朝九代の開化天皇なのだそうです。日本の歴史では111歳で亡くなったことに成っています。
開化天皇(モーゼ)も、ヨーロッパの各国も歴訪されたそうです。

 もちろん、胎蔵界の方は、レベル差がありますが仙人です。食べ物は霞ということになります。現在のインドにも、テレビに出た方がいます。
仙人も、肉体密度があります。多くの方は肉体がないと天皇すら分からないからです。天皇は俗人の「王」ではありません。

 その肉体を離れたのは、インドの海の底の胎蔵界だそうです。
ベンガル湾です。

インドの海の底の胎蔵界

 開化天皇は調神社とも縁が深く、鴻巣にも来ていたのだそうです。
こちらは社主のお社前、オキネさんのお屋敷の敷地跡です。

開化天皇、モーゼ

 これも昨日の写真です。
皆さんへの教材として、神々の慈悲で現れてくださるのです。御神宝です。

 拡大写真です。
無数の神々が居られます。

開化天皇、モーゼ

 解らないことは、こちらの開化天皇にお訊ね下さい。
調神社にローマの亡霊がいたのは、これも理由だそうです。ローマは調神社も潰したかったそうです。

 多くの氏子さんのお陰で、維持できたのだそうです。
それにしても、歴史など嘘八百です。→「コン」

 こちらは一昨日の写真です。神の世界です。

神の世界

 オキネさんとお地蔵さんです。

オキネさんとお地蔵さん

 ちなみにパレスチナは古名を「フル」と言うそうです。
モーゼの絵(レンブラント)と写真を比べてみてください。写真が本物ですが似ているような気もします。

モーゼの絵

 トーラとは開化天皇の口伝だったわけです。
いつも出演してくださる神々に感謝です。

 今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 三角縁神獣鏡

平成24年2月5日

 針間のたつの市の権現山古墳では三角縁神獣鏡と言うのが出土したそうです。
ここは神倭朝23代、24代天皇に縁が深いところです。→「コン」

地図

 八王子大権現社というのがあります。

八王子大権現社

八王子大権現社

 この日は沢山の皆さんが取材の方を待っていました。
こちらは景行天皇です。いつもの円盤です。

景行天皇

 人によって、写真にトレードマークが付いています。
あれは事業者の方に皆憑いているそうです。こちらもそうです。

トレードマーク

 こちらは大山咋神様の円盤と天狗さんに崇峻天皇という方が居られます。
この方はフリーメーソンです。蘇我馬子の兵、東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)に殺されてしまいました。

大山咋神様と天狗さんに崇峻天皇
やまと‐の‐あやのあたい【東漢直】‥アタヒ
古代の渡来系氏族。阿知使主あちのおみの子孫と称し、朝廷の記録や外交文書をつかさどった。
5世紀ごろ渡来した朝鮮の漢民族の子孫と見られ、大和を本拠とした。7世紀には政治的・軍事的に有力となり、姓かばねは直あたいから忌寸いみきや宿祢すくねに昇格。東漢氏やまとのあやうじ。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 この方は、日本の歴史に2005年8月4日に掲載された方です。訪問して来てくれたからです。
早7年もの月日が経っていました。シオの方です。

 当時は日本とエジプトの関係も知りませんでしたので、大変勉強に成りました。
問題の三角縁神獣鏡ですが、発見されたものだけで400以上もあるそうです。矢印が上です。天狗さんが居ります。

三角縁神獣鏡

 これが最初に何処で造られたか、神々に訪ねしました。
最初の工房でずっと造られていたそうです。場所は愛知県東海市名和町南玄蕃と言うところだそうです。見ても古墳です。

最初の工房

 神倭朝12代の景行天皇の時代から、28代宣化天皇の時まで造られていたそうです。
オキネさんの窯場同様、イタ公に破壊されたのだそうです。

 ここは豊川稲荷、咤枳尼眞天様の土地です。
中心は咤枳尼眞天様です。周りに天狗さん、眷属がいます。拡大してみました。

中心は咤枳尼眞天様

 最初の工房を見つけようとしても、証拠の古文書などは、全てイタ公に焚書されたそうです。
古墳も壊されています。いつも金の亡者のやり口は軍事制圧です。

 建国記念にあわせ、いろいろなものが出てきたのだそうです。
私もひとつ、この鏡を、お守りに飾りたいです。→「コン」

 取材班の皆さん、大変にご苦労様でした。感謝申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 前世の夢

平成24年2月4日

 多くの方が、前世の夢を見ます。
ある方の夢が、メールされてきました。匿名で引用させて頂きます。

しめ繩の張られた岩場のある波打際で、
アジア系の、黒髪を真ん中でわけた、目のキリッとした若い女性が、その人の母親の目の前で
大波にさらわれました。

私は目を覆ってしまったのですが、
母親の嘆きが聞こえ、
『田中大神様』と叫んでいました…。

その後、波にのまれたはずの女性が、妊娠した状態で

男性を含む、何人かの人に脇を支えられながら海から戻ってきました。

黄泉帰った?と言っている人がいました。

そして、塩か何かがフツフツと噴いているように見える
小さな窪みがいくつもあるところ(釜?)で
出産がはじまりました。

しかし、苦しそうに息をしながら出産?している女性を見た時、
女性の体だけが骨になっていて、、
側?には女性の母親らしき人が倒れていて…

それが、あまりにもショックで、、

何か悪い儀式を見てしまったんじゃないかと
恐ろしくなって、目が覚めました…。

起きた後は少し体が震え、肩甲骨、肩甲骨の真ん中あたり、頭のてっぺん、の順に違和感を感じました…

夢の印象は、『怖かった』です…。

所長様、
この夢や、違和感は、
なんなのでしょう…?

 その状況はウガヤの29代様の時のことだそうです。
しめ縄のある岩場の波打ち際とはココでした。かってソドムと呼ばれた町と似ていたそうです。

岩場の波打ち際

 ウイキより引用です。

引用

 田中大神様とは、もちろんヤハヴェの神です。前世の言葉は現在のものに変換されているのです。
これは記憶のイメージ画像も同じです。今身近なところにある画像が引用されるのです。

 ロトの妻が塩の柱に成ったというのは、後ろを振り返っていて、追ってくる波に飲まれてしまったということです。
ソドムは火ではなく水で滅びたのだそうです。塩の柱に成ったとはsioの海に飲まれたということです。

 それにしても酷い街だったそうです。
田中大神様によると、ソドムには正しいものは、僅か9人しかいなかったのだそうです。

塩の柱に成った

 恐ろしい儀式は、前世で見た天誅だったのだそうです。津波は世界中であったのです。
3.11の津波のようだったかも知れません。小さなくぼみは潮だまりです。

 ここから死海に至る道中には、上杉の故郷ペトラもあります。
中東にも、壮大なドラマがあったのです。

上杉の故郷ペトラ

 そして、とても不思議な出産の夢は、訪問者様の、今生の禊が始まったということなのだそうです。黄泉がえりです。
前世で付いた悪い肉は削ぎ落とされるのです。業の昇華です。これにはマニュアルが必要です。それが此処です。

 悪いものは肩甲骨からも頭頂からも抜けていくのです。
私も、肩にすごい力を感じたことがあります。頭頂は、しばらく工事中でした。重要な部分はチャクラとも言います。

 これは神様、御先祖様だったそうです。これは入ってきたのだそうです。霊は骨に宿るのです。
私も、今生でも、馬鹿どもに何度か恐ろしい思いをさせられました。

 その時は、この世が足元から消えて行くのを感じました。
それで、この世界は、もはや、どうにもならないと確信したのです。ことら総合研究所が創む(はじまり)です。

 いろいろな人が、今あるデータで前世の夢を見ているのです。
ある方は、ご先祖様の魔女狩りを見て恐ろしくなったそうです。

 先祖の記憶もDNAで繋がっているので、見るのだそうです。→「コン」
それで、ご先祖様の供養も、自分の供養同様に大切です。

 今日も、意味の解らないところを、太田姫稲荷神社のお狐さんが見てきてくれました。
なにしろ、白い狐は宇宙のあらゆる時代、場所に飛んでいけるのです。それで、私も瞬間的に理解ができます。

 私も稲荷狐の鍵がなくては、天界のことなど、何も理解できませんでした。
いつも、お狐の皆さんに感謝です。

 今の世界も、起こるべくして天誅が始まります。
蛇の世界なので、当然です。
   
 +(-_-;) 


 湯立て神事

平成24年2月3日

 日本全国で湯立神事と言うのをやっているようです。
検索しました。

湯立神事

 こちらのは神様が着ていません。

湯立神事2

 こちらが本来の釜のようです。

釜

 釜も昔の羽釜があればいいかと思いますが、神事は行う人の魂が大切です。
葉は榊や笹等いろいろです。葉は、どれでも良いそうです。

 こちらは、関東の某稲荷神社の拝殿です。
御祭神様が降臨されました。

関東の某稲荷神社

 ご縁の景行天皇様ご一行です。

景行天皇様ご一行

 やがて神殿内が神の世界です。
湯立て神事は、この様なものです。この時、降臨された神々にお祈りをするのです。

 ご神体は清い水分です。執行している祈祷者の心に神々は感応するのです。
この時の、神殿は神の世界なのです。

神の世界

 実は湯豆腐をすると、天狗さんが喜ばれます。
最初は、ただ天狗さんが湯豆腐も好きなのかと思っていました。(^_^;

 もちろん、それもありますが、この時も湯立て神事なのだそうです。
卓上コンロで土鍋にお豆腐です。とても家族にも優しい神事です。

 天狗さんは見えなくても、お供えして呼べば、よく勉強している方の家には来てくださいます。
寒いうちは、お稲荷さんと湯豆腐で、心身暖かくして過ごしましょう。

 これは、とてもよい信仰のうちです。
それと大事なことがあります。天狗さんは、お赤飯は良いですが、お餅は嫌いだそうです。

 ネギは駄目と以前にも申し上げました。キノコは良いそうです。
・・鱈(白身の魚)は弟子の狸が食べるそうです。良いそうです。→「ポン」

 聞いてみないと、分からない事がいっぱいあります。
今年は26年ぶりの寒さだそうです。

 寒さに気をつけ、心身健全にお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 五と塩

平成24年2月2日

 昨日は鴻神社にお参りに行って来ました。
実は年明け初めてです。神々がお迎えして下さいました。


鴻神社

 こちらはカシオのカメラで撮影致しました。
日記のタイトルを説明いたします。

 五というのは、ペンタゴンでペンタックスのカメラです。五は星です。
塩というのは、シオンの事でカシオの事です。「か」は御先祖様を現しています。

 キャノンは「カノン」です。この場合、cannonと綴ります。
観音様は、ここから来ています。キャノン砲の弾というのは、観音堂の窓の形です。これはkanonとも綴るようですが、同じ派生の様です。

 ドイツ・イギリスではkanon・canonで基準という様な意味です。
カノンと言う発音も多いようです。キリスト教では聖書の正典だそうです。

 カナンと言うのはパレスチナ、シリア南部の古名です。
私は現在、以上の3つのメーカーのカメラを使っています。「ことら」たる所以かも知れません。

 鴻神社前の交差点です。
いつも思うのですが、電線が邪魔です。

高神社前の交差点

 久しぶりに上がったエルミの駐車場です。
鴻巣駅と上空の神々です。

鴻巣駅と上空の神々

 所変わってオキネさんのお屋敷です。
和久産霊神様、大山祇神様です。

和久産霊神様、大山祇神様

 そしてこちらは七里の元になったウガヤの七代様です。
・・咤枳尼眞天様の母上なのだそうです。いつもお世話になっています。

ウガヤの七代様

 ・・悪霊どもが騒いでいます。
嘘か本当かは、自分らで訪ねていただきたいものですが、下底な霊は神々は相手にいたしません。

 冗談抜きで、馬鹿相手では、無限ループな話になるからです。そして、時に、恐ろしい結論も出てしまうのです。これが役人が地獄に堕ちる理由です。
ここに来る皆さんは、バカは縁を切り、相手にしないようにしましょう。

 この先に涅槃があります。
   
 +(-_-;) 


 如月(きさらぎ)

平成24年2月1日

 早くも二月、如月です。
天神町の神々のご挨拶です。

天神町の神々のご挨拶

如月とは
きさらぎ【如月・衣更着】 (「生更ぎ」の意。草木の更生することをいう。着物をさらに重ね着る意とするのは誤り)陰暦2月の異称。きぬさらぎ。##春#。竹取物語「―十日頃に」 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 今月のトップ画面は未公開の写真がほとんどです。
オキネさんの石碑は綺麗に写りました。

オキネさんの石碑

 毎日、時間的にも、全くゆとりなどない状況です。
月次更新はトップ画面の制作が一番の仕事かもしれません。

 毎日、皆さんの心に残る映像を提供できるのは、神々、お地蔵様、眷属の皆さんのおかげです。
今年は節目と言われる閏年です。

 今年は多くの方の人生のみならず、魂の歴史の節目に成るようです。
いつも訪問ご苦労様です。

 今日も光いっぱいの月初めです。
寒さに注意して、お過ごしください。
   
 +(-_-;)