平成23年師走の日記
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。
平成24年 お正月の日記

 今年も、お世話になりました。

平成23年12月31日

 早いもので、今年最後の日記に成りました。
明日は平成24年です。私は、今日も来年の準備をしないといけません。

 こちらは新年の準備が出来た、社主のお社です。

社主のお社

 今年も沢山の神々、仏様、眷属の皆さんに、お世話になりました。
昨日、ご挨拶に降臨された神々です。

降臨された神々

 此処では、今年最後のご挨拶です。
皆様、今年も、お世話になりました。

 良いお年をお迎えください。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 七里

平成23年12月30日

 あちこちに七里という地名がるようです。先日の、なばなの里にも、七里遺跡というのがありました。
「七」は秘数です、ヤハヴェの神、田中(たなは)大神様を表します。

 埼玉県で七里と言えば、さいたま市にあります。大和田=「王はダ(=ダニエル)」の隣です。

七里

 ダニエルのことについて、ウイキから引用しました。

ダニエルのこと

 ネブカドネザル二世や、バビロン捕囚のことは、多くの方が知っていますが、真実は闇の中です。
その最初が、ウガヤ七代様の時始まったのだそうです。それで七里なのだそうです。

 そしてダニエルは、日本では記録がないとされる、神倭朝八代の孝元天皇なのだそうです。
寺社にあった事実の古文書は、ローマの手先が焚書したのです。

 七里にも第六天神があります。
これは祖が六芒星の人だということです。

第六天神

 そして旧事本紀に掲載されているという十種の神寶は第六天神と七里です。「第」は台、=祖を現すのです。
かっては七里村だったそうです。

第六天神と七里

 以前にも申したとおり、ことら総合研究所の「とら」は「た」に当たります。
ことら総合研究所の「こ」はコンテンツの「こ」です。

 ネヴィは神々の言葉をいただき=預かり、縁のある皆さんにだけ伝えることです。
今は、神々の姿もいただけるようになりました。こちらがヤハヴェの神です。

ヤハヴェの神

 この写真も昨日撮影したものです。
まだ根深い秘密(ネブカド)がいっぱいあります。

 私は十年以上、正月すら休んでいません。
神の光と共にあるので生きていると思います。

 光が凄いです。
   
 +(-_-;) 


 須磨離宮

平成23年12月29日

 須磨離宮公園というのがあるようです。

須磨離宮公園

須磨離宮公園

 こちらです。

須磨離宮公園

 とても古く、以前は武庫離宮と言われたそうです。

説明

 此処にもUFOが出現致しました。
乗っているのは菅原道真公のご一行様だそうです。

UFOが出現

 こちらが胎蔵界の入り口です。
昔、大映でガメラと言う怪獣が出てきましたが、少し似ていると思いました。

胎蔵界の入り口

 この桜は、十月桜と言われるそうです。
針間の意味は、既にご紹介致しました。

十月桜

 やはり、高尾山と言うところに天狗さんが居られるそうです。
上がったばかりの動画をご覧ください。音楽の一部が音が小さくなっていますが問題はありません。

動画

 素材を提供してくださったのは、お世話になっている、はり・けんさんです。
いつも、ありがとうございます。
   
 +(-_-;) 


 太宰と大宰

平成23年12月28日

 お参り禁止の勅令が出たお宮は、太宰府というところにあるようです。
大宰という苗字もあります。大田と太田ということもあります。

 地名を現すときには「♂」の太宰府という事になります。
官名には♀の大宰を使うのだそうです。

 大宰、太宰さんの分布を調べてみました。
大宰さんは絶滅危惧苗字です。

大宰さん

 太宰さんは、結構ありました。
宮城と岡山の人です。福岡は2軒でした。

太宰さん

 地名に使う「太」は、実は暁の星、金星のことです。
すると、菅原道真公を祀る太宰府天満宮も、やはり牛さん、金星が見えてきます。

 こちらは掲示板に投稿頂いた円盤です。
以前にも登場頂いた皆さんです。覚鑁上人も居られます。

 円盤も即座に現れる位置があるのです。これが霊域で、特定の周波数があるのです。
神々が現れるのに必要なのは、その「場」です。いつも同じではありません。

円盤

 ここから出てくるそうです。
胎蔵界も七段に成っていて、高度な世界は地球の中心に近いのです。

奥宮

 神々は、ここを「ひえ神社」と言います。宇宙にも繋がっているのです。
地球人のロケットでは、話にならないのです。

 こちらも胎蔵界の皆さん、神々です。
昨日は寒かったです。

胎蔵界の皆さん、神々

 その時の霊域でも違う色が出るようです。
紫や薄緑が多いようですが、白っぽい色も出ます。違うところです。

胎蔵界の皆さん、神々

 こちらは無数の妖精です。霧のようです。
御先祖様という神々も居られます。

無数の妖精

 事実は小説よりも奇なりと申します。
それだけ、この世の人は、洗脳されているということです。

 小悪霊は、大悪霊に騙されているのが分からないのだそうです。
何時まで苦労しかないはずです。

 ・・自業自得です。
   
 +(-_-;) 


 気力

平成23年12月27日

 体の力は、いろいろなことで変わります。
もちろん霊の作用も大きいのです。

 霊は人の力を左右します。
無気力が襲うというのも、悪霊のダマシが多いのです。

 そんな時は、足湯なども良いです。
こちらは長島温泉の足湯のようです。

長島温泉の足湯

長島温泉の足湯

 ここが長島温泉です。私は地図を見たのも初めてです。
なばなの里というのがあります。

なばなの里

 やはり神代の土地です。
「なばな」の真の意味は、菜花ではなく奈鼻です。天狗さんです。

なばな

 円盤の上から神様が下界を見ています。

円盤の上から神様

 こちらは、何度か紹介している胎蔵界の円盤です。
胎蔵界に入っていくところです。何処かで見たと思ったらアミの円盤です。ご苦労様です。

胎蔵界の円盤

 いつも言うように、光も玉石混交です。
カドがあるのが駄目です。天狗も野天狗がいます。注意しましょう。

野天狗

 こちらは安心な天狗さんたちです。
とても優しい景色です。→「コン」

天狗さんたち

 こちらは綺麗なお花です。

綺麗なお花

 取材してくれたのは、御先祖様も天狗さんの、はり・けんさんです。
いつも感謝です。

 お正月は温泉という方も多いかと思います。
神々、仏様、天狗さんの光と、良い年末を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 神々のお悩み

平成23年12月26日

 それは霊域が悪化してしまうことです。
やたらな遷宮はもちろん、お呼びでない宮司がやって来ると、お宮が駄目になります。

 事件を起こしてしまった、都内の有名な神社も、そのひとつです。
九州の有名な神社も、お呼びでない宮司が現れたのだそうです。

 神々が行きたくないのでは、霊験も、ありようはずがありません。眷属も行きませんので当然です。
この神社の御札は、知っている方はお焚き上げしてください。

 こちらも菅公にご縁が深い神社です。
大己貴神は、いろいろな表記がありますが、多くの神社で大国主命の別名とされているようです。

2011-12-26-04.jpg(71016 byte)
 広辞苑では以下のようです。

おおなむち‐の‐かみ【大己貴神・大穴牟遅神・大汝神】オホ‥
大国主命おおくにぬしのみことの別名。大名持神おおなもちのかみとも。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 大国主神、ご本人が大穴牟遅神は右腕のようなものと申されています。ほぼ本人ではあります。
「お」の国は例のところです。ナイル川の神がイシス神です。大穴牟遅神は元荒川などの神です。どちらも川の神です。

 大国主は「イナバ」の神です。共に在られるのは間違いないようです。
天空のワニさんと思ってください。イナバにもワニさんは付きものです。。

 こちらは、社主のお社のスタッフです。太田姫稲荷神社、川崎大師、高尾山、沢山のところの神様眷属の皆さんが居ります。
今年も多数の方に参拝して頂きました。宇宙の秘密の螺旋です。

社主のお社のスタッフ

 昨日紹介しようかと思っていた大山咋神様です。

大山咋神様

 撮影したところは生出塚保育園のそばの公園です。
イエス様もここに来たのです。

 ここも、太古からの聖地です。
宮司も、神々に嫌われないように精進していただきたいです。

 光の世界に嘘は存在できません。
   
 +(-_-;) 


 クリスマス

平成23年12月25日

 今日が誕生日だったというのは、この人です。
ニュートンという人です。

 ・・残念ながら、社主から、画像の掲載を却下されました。(^_^;
理由は皆さんが思うとおりです。

 こちらはキリシタン灯籠というものです。
初めて見ました。

キリシタン灯籠

 写っているのはご縁の方です。
池田忠継という方です。

 この方は16歳で毒を盛られてしまったそうです。自ら毒を食ったのではなく、盛られたのだそうです。
考えても、正嫡のために、自ら毒を食うというのは無理があります。そして次男が本当だったそうです。

 実は、この方の寺の写真も、社主に掲載を却下されました。以上の関係から悪霊がいるからです。
こちらは国王神社に行って来たというabokohさんです。

abokohさん

 背後のバツ印は平将門公の足を引いた悪霊だそうです。
何処にも、こんな悪霊がいますので、どこでも、いつも注意が必要です。

 こちらは神々からのクリスマスのお祝いです。
バツ印は将門公の足を引いたものです。

御霊験

 ・・将門公が、バツ印の者は、断じて許さんと言っています。
何処にも、武家の時代は恐ろしい話がいっぱいです。

 国王神社も開運されました。

国王神社も開運

 ・・如蔵尼様が感激されています。
それにしても武士に限らず、悪事を働いた役人どもは粛清が必要です。

 悪い役人は、いつも皆さんの知らぬ所で悪いことをしています。
一般人には想像もつかないことをです。

 毒を盛られた方も、どれほどいるか知れません。
お釈迦様が言うように、いつも気をつけることが大切です。

 業を作らないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 平家はキリシタン

平成23年12月24日

 平家の落人の墓がキリシタンのものだったそうです。
実は、平家はキリシタンだったそうです。

平家はキリシタン

 平氏(たいらうじ)とは、文字通り読めば「兵士」でした。阿地のHiraから引っ張ってきた傭兵です。
最初は桓武天皇の時です。それでキリシタンというのは頷けます。

 しかし、キリスト教と言っても、阿字のモノはギリシャのものと違いコプト教のようです。
部外者には知れない、大きな秘密があるようです。

 ・・コプト教は、特にマリア様を信仰していて、それで平家は、田霧姫(多紀理媛)様を祀る厳島神社を建てたのだそうです。
マリア観音様は多紀理姫様だったということです。

 しかし平家は思い上がり、やがて秘密警察のようなものまで配備してしまいました。
それで、朝廷は、カマの源氏を登用し、これを討ち果たしたのです。

 ところが源氏も思い上がり、雇い主である天皇を島流しなどにしました。
これが歴史の(あや)です。「あや」に縁の方は沢山います。地名も多いです。

 これが「あや」です。源平=紅白です。

あや

 武家は、これに公家の上杉なども入ってきます。
上杉は「ま」のものです。強盗殺人鬼があちこちに闊歩したわけです。

 何処の国も、ひとつ間違えば軍事政権になってしまいます。
ローマの最初もそうでした、北朝鮮も、それに近いです。

 日本の戦国時代、武士の時代の背景が、少し見えたかと思います。
イエス様も、稗田阿礼の項に書いたように、本質は、お地蔵様なのだそうです。金星の方なので当然です。

神々、お地蔵様、金星の皆さん

 神々、お地蔵様、金星の皆さんです。
イエス様もおられます。

 今日はクリスマスの前夜祭です。
ご苦労様です。安らかにお過ごしください。

 天界から、お祝いがいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 クリスマスツリーの事

平成23年12月23日

 クリスマスが近づいて来ました。
クリスマスとは以下のようです。


クリスマス【Christmas; Xmas】 (Xは「キリスト」のギリシア語表記の頭字。masは祭日の意)キリストの降誕祭。12月25日に行う。
ミトラ教の太陽神の新生を祝う「冬至の祭」をキリスト教が取り入れたもの。聖誕祭。降誕祭。ノエル。

 クリスマスツリーは、樅の木です。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 出来がよくありませんが、樋(ひ)の光を真似たものがクリスマスツリーです。
これは、かなり本物です。聖地では、この様に御神木が輝くのです。ここは、かっての古墳の上です。

クリスマスツリー

 今は何もわからない人ばかりに成りました。
社主が木を伐ってはいけないと言っています。神々の通り道だからです。

 こちらは川崎大師の尊賢上人様です。
ハリサイの皆さんと深い御縁です。

川崎大師の尊賢上人様

 そして御先祖様はキリシタンだったという太田道灌です。

太田道灌

 実は、クリスマスの写真を撮ろうとイエス様と待ち合わせたのです。
ところが、私が早く行き過ぎたため、イエス様の乗った電車は、まだ胎蔵界でした。(^_^;

 生身の人間には、昨日の夜は寒かったです。。
・・社主も寒かったそうです。

 寒い日は温泉に浸かって休むのがいいです。
今日も天皇様の祝日です。

 今日も寒いと思いますので、静かにお過ごしください。
五十鈴の皆さんもご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 魂の責任

平成23年12月22日

 人は悪行を重ねると畜生道に堕ちます。普通の人は知っていると思います。
ところが、科学的になどというバカは、解ろうとしません。役人極道共です。

 こちらは現在は猫の姿です。黒白は役人極道です。お狐さんによると、悪名高き、イスラエルの律法学者だったそうです。
この黒白の猫たちは、本倉稲荷神社のそばにいたのだそうです。

黒白の猫たち

 この黒白の猫は、先日、訪問者様がお参りに行った時、交通事故で死んでいたのだそうです。
この猫を不憫に思った訪問者様が、この猫の死後の行き先を尋ねられました。

 この猫は、さらに下の世界に堕ちるのだそうです。それは自分を守れなかったからです。
交通事故は、十分な注意をすれば防げたはずなのです。自らの生命を失うことは大罪です。

 もちろん、自殺などということは論外です。キリスト教でも禁止されています。
自爆テロが聖戦などというのは、真っ赤な嘘です。あっては、いけません。

 こちらは集団のリーダー的なトラ猫です。
私が昔飼っていた「トラ」にそっくりです。

トラ

 良いトラ猫は安らぎを感じますが、今は飼いません。
それは執着の問題です。→「コン」

 社主は、金魚さえ飼ってはいけないと言っているのです。
あの黒白猫は、来世は蛇だそうです。貴重な哺乳類の生命の時を、駄目にしたからです。

 役人の業は恐ろしすぎます。役人になど、成ってはいけないのです。
役人が人生の勝者などと思ったら、とんでもない間違いです。魔界に堕ちるのです。

 すべての役人は、これを覚悟しておくべきです。
上司が悪かったというのは、言い訳に成りません。役人とは魔業なのです。

 さて、本倉稲荷神社にお参りした方は、多くが三ツ木神社にもお参りされます。
こちらは三ツ木神社の御神木です。

三ツ木神社の御神木

 円盤に真似たのは転利の悪霊です。
背後の緑の霊が胎蔵界から出てきた御先祖様です。秦氏のご縁です。

 いつも言うように、悪霊は神に紛れ込み、人を騙すのです。
「世界人類が平和でありますように」と言う看板に、神様がいたことはありません。

 こちらも見分けは難しいです。玉石混交です。
アミも円盤内で画像を見つめます。画像の動いていく先を見ているのです。

玉石混交

 こちらは常世岐姫神社の御一行様です。
八幡様ということです。これも、すごい画像です。

常世岐姫神社の御一行様

 この世の99.9%以上の人は、神の姿など思うこともなく悪行を重ね、地獄に堕ちるのです。
神様、眷属の皆さんも、思ってもくれない人は守りたくありません。当たり前です。

 そして、それはいつも言うように、金銭の問題ではないのです。
ここに辿り着いた方は、魔界を抜けられる可能性があるということです。

 この世がいかに恐ろしいところか、よく考えて見ることが大切です。
もちろん体験以上に貴重な認識はありません。ホピの皆さんの言うとおりです。

 訪問者の皆さんの精進が、神の御心にかなった時、眷属の皆さんが来てくれるかもしれません。
油揚げと、綺麗な心を用意して、ご精進ください。

 稲荷狐、眷属の皆さんは優しいのです。
野狐、悪霊には、いつも注意しましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 




 玉敷神社へ その三 円盤現る

平成23年12月21日

 帰りは、近いので農道を走りました。
もちろん街路灯など、ろくにありません。ナビがないと走れません。

農道

 この向こうに、お地蔵さんがありました。

お地蔵さんの手前

 こちらが、お地蔵さんです。
引っ張られて、よろけました。(^_^;

お地蔵さん

 やがて見沼代用水の側道に出ました。
自転車の前で道案内、お守りしてくださっている方がいます。これが鴻巣古墳の方です。

鴻巣古墳の方

 この信号を右折すると鴻巣です。

信号を右折すると鴻巣

 ここも交通量が多く、夜は危ないのです。
そこに強力な守護霊団が登場しました。円盤も居ります。

強力な守護霊団

 円盤に乗っているのは菅原道真公と、そのお仲間です。多治比氏も居られるそうです。
前を守ってくださっているのは鴻巣古墳群の新屋敷11号墳の神様です。現在警察の敷地です。

 ずっと、こんな感じで守ってくださっていました。

強力な守護霊団

 脇仏と言われる皆さんが自転車の右側を守って下さいました。お地蔵様の眷属だそうです。
昔、ここでは、大きな車で、怖い思いもしました。

脇仏

 ここは既に郷地です。
ここには昔、沼がありました。私が子供の頃です。古墳だったのです。

昔、沼がありました

 もう、あの向こうは元荒川です。

円盤

 円盤、神様、仏様、皆様に先導して頂き、無事に元荒川の交差点につきました。

元荒川の交差点

 元荒川の橋の上です。

元荒川の橋の上

 新幹線の下です。

新幹線の下

 無事に社主のお社前まで帰って来られました。社主が拍手しています。(^_^;
円盤も高度なものは有機体です。→「コン」

社主のお社前

 ここで、スーパーにお使いに入りました。
とても健康な一日でした。

 星と同じく、高度なUFOも生命だということです。
UFO好きな皆さんは楽しかったと思います。

 今日紹介したのは一部です。
こちらが先導してくださった新屋敷古墳の神様の最初の写真です。初公開の御神宝です。

新屋敷古墳の神様

 いろいろな御神宝は、皆さんの既成概念を覆したはずです。
霊の毒、肉を食わないようにしましょう。

 腫瘍のある方は、尿健康法を実践してください。
諸々が好転していきます。

 不明な事は、写真の神々に尋ねてください。
今年も、後十日です。節目だと思います。

 今日も、大光です。
   
 +(-_-;) 


 玉敷神社へ その二

平成23年12月20日

 旧騎西高校から左に入ると玉敷神社です。
掲示板で紹介した子供たちです。

子供たち

 この子たちは神社の閉門の太鼓が終わると、皆で、拝殿で拝んでいました。
少し鳥居の写真がぼけました。居られるのは鴻巣古墳群の方です。

鴻巣古墳群の方

 今は鴻巣警察署のある、新屋敷11号墳の方だそうです。
かっては鴻巣警察周辺も古墳だらけでした。こちらもそうです。ウガヤ15代の時の方だそうです。

新屋敷11号墳の方

 騎西では誰でも知っている「力士」と言うお酒です。

力士

 旧騎西高校の上は、大己貴命を祭った菅原道真公です。
千人以上の方が暮らしているそうです。

菅原道真公

 やはり玉敷神社は、この古墳のための神社だったのです。
駐車場の上に降臨された神々です。

駐車場の上に降臨された神々

駐車場の上に降臨された神々

 こちらは帰り道方面です。

帰り道方面

 かっての古墳の神様は、少し悲しそうです。

かっての古墳の神様

 帰り道です。

帰り道

 帰りの田んぼ道の中で、神の世界が現れました。

神の世界1

神の世界2

 暗くなった道を、ここから約8キロ、自転車で鴻巣まで帰らないといけません。
出来れば避けたいところでしたが、これも自業自得です。

 田園では、沢山の神々が降臨して下さいます。
続があります。また明日です。

 ・・凄い光です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 玉敷神社へ その一

平成23年12月19日

 昨日は寒かったですが、天気がいいので、愛車に跨り、玉敷神社に行って来ました。
県道38号は危ないので、県道308号を走りました。農道は近いですが、舗装がない所があります。

交通ルート

 ここは郷地(ごうぢ)と言うところです。天界の神々です。
いつも綺麗な空に見とれ写真を撮るので、到着が遅れます。これも自業自得です。

2011-12-19-13.jpg(61841 byte)

 みずほ斎場を過ぎ、境(東)に至る交差点です。
天気が良すぎて写真が白いです。こちらは自動撮影です。

道中1

 境交差点を入った川です。見沼代用水と言います。地元では星川といいます。
浦和の見沼田んぼというのが有名です。この下流です。沼が見えるのだと思います。神々の下に水鳥が幸せそうです。

見沼代用水

 見事な龍神様です。

龍神様

 やがて愛車は国道122号に到着しました。

国道122号

 あそこに見えるのが福島県の双葉町の人が住む旧騎西高校の校舎です。
あそこにも、やはり大きな石碑がありました。

旧騎西高校の校舎

 双葉町の人は氏神様のご縁で、この地に避難できたようです。
これは天の配剤です。

 ここを左折すると玉敷神社です。
明日に続きます。
   
 +(-_-;) 


 掲示板の写真を補正致しました。綺麗です。
該当の方は、神々、ご先祖様に感謝しましょう。

掲示板の写真

 二見浦

平成23年12月18日

 二見浦の「二見」とは何か、お尋ねがありました。
ここが二見浦です。

二見浦

 狭義ではかっての東国、西国の二つの日本を見れたということです。
それで二見浦なのだそうです。広義では違う世界が見えるということです。

東国、西国

 赤外線でエジプトに埋もれた都市がわかるように成ったそうです。
こちらはタニスというところの画像です、

タニス

 こちらがタニスです。
タニスは、もとはギリシャ語だそうです。プトレマイオス朝があった為です。

タニス

画像比較

 ナイル川の氾濫は規模が違います。
私の前世の地も埋もれています。

 もちろん、この下に胎蔵界があるのです。
この輝く土地の下に指令本部があるそうです。エル・カググのかぐや姫の土地のようです。

指令本部

 こちらは伊勢から案内してくださった天照皇大神様、品陀和気尊、イエス様です。

天照皇大神様、品陀和気尊、イエス様

 伊勢にも司令室があり、そこが本当の「イス津」です。五十鈴川の上流です。
胎蔵界が少し感じられてきたと思います。

 ここはまだ入り口です。
タニスの皆さんがコンコンと大騒ぎでした。

 二見とはアナザーワールドです。タニス=他に洲、巣です。洲は胎蔵界のことです。
光がいっぱいです。    
 +(-_-;) 


 心の癒し

平成23年12月17日

 人生で大切なモノは、これが全てのような気がします。
ところが悪霊どもは、義務だノルマだと無理難題を押し付け、人を苦しめます。これが役人と言えます。

 特に税務署など悪魔です。いろいろな訴えがありました。とんでもない課税をされることです。
テレビでも苦しめられた人が出たことがあります。

姫路城
 館林市の蕎麦屋さんなどでも怒り心頭で、業務を縮小した店もありました。
いきなり殴りこんできて、勝手に、もっとカネがあるだろう、出せというわけです。強盗のようですが、もっと性質が悪いです。

 かってに仕入先の調査から儲けを想定して、税金の請求書を出すのです。
昔の鎌倉幕府のバカ役人と同じようです。これを怒って叩き切ったのが新田義貞と言われています。もちろん逃げたそうです。

 当然、上からの無理な要求は領民を苦しめるだけです。武士など戦以外に能はありません。元は「ハシ」傭兵です。
・・「ハサ」が先だったそうです。

ハサ

 波佐と言うのは北海道の人です。

波佐

 橋本という方は全国区です。大阪の市長は波乱を巻き起こしています。
同和地区、ヤクザの息子で何が悪いと選挙中言っていました。何のことか知りません。

橋本

 橋本という方は以前総理でもいました、色が黒く剛毛で、剣道をやっていました。
あの人も行政改革をやると言っていたのですが駄目でした。これで支持率が落ちたようです。

 色が黒く剛毛で竹刀を持った体育教師というのが♂の橋本さんのイメージです。
大阪市の役人は戦々恐々の様です。ふざけた役人の粛清は、何時でも大事な事です。

姫路の円盤

 こちらは姫路城に現れた胎蔵界の円盤です。
矢追純一さんが、来年UFOが来ると言っていますが、いつも来ています。

 ハ、マの字は祖、氏神様が中東と思って間違いありません。八幡様です。
・・景行天皇様によると、イエス様も八幡様のうちなのだそうです。無理がないようです。

 浜の人は、真っ赤な嘘を嫌い、三日月刀を持ち、日本に来たのだそうです。
特に天武天皇の時です。キリシタンのもとです。

 そして、これがイスラムとキリスト教の確執でもあるのだそうです。
根が深い、大きな問題です。

・・神々がお喜びです。
   
 +(-_-;) 


 五十鈴(いすゞ)

平成23年12月16日

 五十鈴と言うのは地名でも人名でもあります。有名なのはいすゞ自動車などです。
昔から、何かと思っていました。30数年以上です。こちらはお世話になっている神倭朝12代 景行天皇様です。

神倭朝12代 景行天皇様

 五十鈴のことを教えて下さいました。
やはり有名なところは三重県の五十鈴です。そして二見も重要です。

三重県の五十鈴

 五十鈴の「五」はペンタゴン= 星を表します。クリスマスツリーの上にあるものです。古も同じようです。
十は天=テンですが、これは氏神様、「祖」を現しています。昔から、訪問者様に教えています。

 最後の「鈴」は「ベル」です。クリスマスツリーにも必ず「憑き」ます。
「ベル」が何かは、ちゃんと学んでいる訪問者の方は理解しているはずです。

 こちらはかっての県社と言う玉敷神社のある騎西町(現在は加須市)正能です。
県内では騎西町と言わないとピンと来ません。

騎西町(現在は加須市)正能

 正能というのは天狗さんの団扇、五(星)の子孫という事です。菅公の梅マークもそうです、星です。
高尾山でも星祭りをやっています。

 遠い日の真実が、少し見えてきたでしょうか。
導いてくださった神倭朝12代 景行天皇様に感謝です。

 これ以上のことは、また、どこかに書きます。
大光が降りてきました。クリスマスも近いですが、当面秘密は厳守してください。

 真実を知ることが出来るのは、ここで学ぶ皆さんだけだからです。
深い意味で、命は大切です。
   
 +(-_-;) 


 久伊豆神社(きゅういずじんじゃ)

平成23年12月15日

 本倉稲荷神社にお参りに行った時、菅原道真公が降臨して来ました。
伝えたい事があると言われたのです。

 それは元荒川の沿いにある久伊豆神社のことでした。
さきたま古墳のための神社だったのだそうです。

久伊豆神社

 御祭神は大己貴命です。
菅公は自分の神社であったと言われました。意味が不明でした。。

 実は、その総本社が以前にご紹介した騎西の玉敷神社でした。
これで謎が解けました。703年に創建したのが多治比真人三宅麿という方だったからです。菅公の一族です。

騎西の玉敷神社

騎西の玉敷神社

 北野天満宮も多治比文子(たじひのあやこ)という方の創建です。
しかも、多治比氏、菅公は秦氏一族なのだそうです。これは歴史にはありません。

 ・・菅公も東国には来ていたそうです。やはりフジアンが捏造した歴史には、この事実は出て来ません。
そして、久伊豆神社も秦氏一族、菅公が創建に関わったのだそうです。

 全く歴史が不明だった久伊豆神社の謎が見えました。
呪うべきは、日本の歴史、魂を悪魔に売り渡したフジアン、バカ役人共です。

 京都には菅公の呪いで雷、突風に隕石まで落ちたそうです。
かってゴビ砂漠に栄えたムーと言われる街にも隕石が落ち、ムーは滅びたという話もあります。

 来年、中国には隕石ならぬ、核弾頭付きの大陸弾道弾が堕ちるのかもしれません。
今後の成り行き次第です。天神町の神々です。

天神町の神々

 久伊豆神社の秘密が解けて、とてもすっきりしました、
双葉町の方が騎西高校に避難したのも、遠いご先祖様の縁なのだそうです。

 秘仏の蔵王権現というのは、やはりヒマラヤの神だそうです。
菅公も日本中歩いたそうです。

 フジアンに改竄された、公の歴史に、真実はないようです。
こちらが菅公です。生出塚神社でも祀られています。

菅公

 ・・とても大切な類聚国史が消えてしまったのも、フジアン共の仕業だそうです。
全く鬱陶しい、盗賊国家が中国です。一刻も早く地球の歴史から消えて欲しいです。

 不明なところは菅公にお訊ね下さい。
カネに関わらない、真の光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 暮のお参り 其の2

平成23年12月14日

 昨日の続きです。三ツ木交差点を左折した愛車は鎌塚へと進みました。
地図にあるコンビニは、現在「魔通夜」などと呼ばれる、牛の死骸の煮込みを売っている店に成ったようです。

鎌塚

 確か、以前はホットスパーなどと呼ばれるコンビニだったと思います。それがファミリーマートに成りました。
牛の死骸を食わせる店になって、この辺りの霊域が悪くなりました。これは、あちこちで感じます。

 愛車は本倉稲荷神社に到着です。
皆さんがお待ちかねでした。

本倉稲荷神社

本倉稲荷神社

 少し、写真が曲ってしまいました。(^_^;

本倉稲荷神社

 私の到着に合わせ、神々の御降臨です。
八幡様、大山祇神様、咤枳尼眞天様ご一行です。この方向に山神社があります。

八幡様

 本殿内の神々です。

本殿内の神々

 八幡神の皆様には、いつもお世話様です。
サイトも久しぶりに更新したいと思います。

 今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 暮のお参り 其の1

平成23年12月13日

 お世話になった本倉稲荷神社に、暮のお参りに行きました。
その道中です。旧中仙道です。二本木と言うところを過ぎたあたりかと思います。

 お寺の案内の霊がいます。小さなお猿さんです。
地図を見たら永林寺などというお寺があるようです。

旧中仙道

 よくあるキリスト教の標語ですが、神は契約などしないので和解もありません。和解も契約だからです。
この腐った世界は粛清以外にありえません。

 北鴻巣の団地です。
ここも立派な古墳がいっぱいありました。

北鴻巣の団地

 ここは駅前を過ぎたところです、
ミカドのマークです。矢印の先は三ツ木神社の方向です。

ミカドのマーク

 三ツ木神社の天狗さんが待っていました。
天狗さんは信号が好きです。

三ツ木神社の天狗さん

 ここを右折すると三ツ木神社です。

三ツ木神社

 皆さんがお待ちでした。
ここから本倉稲荷神社までは、まだかなりあります。

大山咋神様

 本倉稲荷神社は、あの信号を左折です。

信号を左折

 続きは明日です。
やや、疲れました。。
   
 +(-_-;) 


 グランドクロス

平成23年12月12日

 以前にノストラダムスの大予言で19999年の七の月と騒がられた事がありました。
グランドクロスは多くの星が直列にならぶ必要はありません。
掲示板の写真  グランドクロスとは、十二宮上で4つの惑星が十字型に並べば良いのです。占星術の意味としては凶座です。

ここに来て、よく現れています、来年を暗示しているのかもしれません。
こうどう‐たい【黄道帯】クワウダウ‥
〔天〕(zodiac)黄道を中心にして南北に幅それぞれ8度、すなわち総幅16度の帯。
主な惑星および月・太陽は主としてこの帯内を運動し、その外には出ない。
これらの天体の位置を指定するため、古代よりバビロニア・エジプト・インドにおいて黄道帯を十二宮に等分した。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版] 黄道帯

 李氏が縁が深いというグランドクロスです。李氏とは最近は「いし」と言う発音も多いようですが「ひし(菱)」だと言っております。
四天王はこの4つの星(天、神道では神)です。

グランドクロス 菱

 皆さんがご存知のように、川崎大師の四天王は、この天王を祀っています。
大山咋神様が、その内の一柱というわけです。

 ちなみに菱が三つで十二宮となります。三菱などというグループもあります。
やはりご先祖様は六本指だったというわけです。

 三菱の秘密を描いたら蛇共が感応しました。嫌だったようですが、私の知ったことではありません。
こちらは天空のお猿さんです。キングコングのようです。蛇など引きちぎりそうです。

天空のお猿さん

 こちらは、私をはじめ、ここに来る多くの方の氏神様、大山咋神様です。

大山咋神様

 品陀和気尊です。

品陀和気尊

 今週で、今年も残り半月を切ります。
やすらぎある、良き日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 新人さん登場

平成23年12月11日

 新人さんといっても、猫です。前玉神社にいるようです。
行儀よくしているところは役人のようです。前世は宮司だったそうです。

前世は宮司

 人間的に悪いことをしたのではないのですが、生まれ変わっても、ここに居たかったのだそうです。執着は駄目です。
こちらは、お馴染みの赤坂豊川稲荷のお大師様です。→「コン」

赤坂豊川稲荷のお大師様

 お大師様の前には、沢山の神々、仏様、お大師様が居られます。ご覧のとおりです。
綺麗な紅葉を撮るのは難しいです。鴻巣のせせらぎ公園です。ほかは全部色が出ませんでした。

鴻巣のせせらぎ公園

 空では、いつもの様に、神々と悪霊がバトルをしていました。悪霊はカットしました。
ピラミッドのような形は建御名方神様です。

建御名方神様

 不思議な菱形は李氏を現しているのだそうです。
先日、出自を説明致しました。八幡様の下はグランドクロスに成っています。

神々の世界

 「り」とは使いのことです。「し」は栄光という意味だそうです。栄光とは宇宙です。
地球のロケットは栄光には絶対行き着けません。

 地上を見守る神々、八幡様です。

神々、八幡様

 神々、仏様、眷属の皆さんの苦労が減りますよう、お祈りいたします。
いつも、ご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 大日如来

平成23年12月10日

 お寺によっては本尊を胎蔵界大日如来としている所があります。
それは、金剛界大日如来と胎蔵界大日如来の二つの像があるからのようです。

 もちろんご本人は一人です。
こちらが大日如来と言われる方です。某神社にご降臨されました。

大日如来

 普段は胎蔵界にお住まいですので、胎蔵界大日如来という表現も正しいそうです。
もちろん、大洗の海上でも写って下さいました。自在なところに現れることができるそうです。

だいにち‐にょらい【大日如来】
(梵語Mah#vairocana 摩訶毘盧遮那)宇宙と一体と考えられる汎神論的な密教の教主。大日経・金剛頂経の中心尊格。
その光明が遍あまねく照らすところから遍照へんじょうまたは大日という。大日経系の胎蔵界と金剛頂経系の金剛界との2種の像がある。
遍照如来。遍照尊。遮那教主。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 本地垂迹では大日如来は、天照大神様とされます。オオヒルメノムチとは以下のようです。

 ひる‐め【日#・日霊・日女】
日の女神。天照大神あまてらすおおみかみを称える語。太陽神に仕える巫女の意ともいう。
大日#貴神おおひるめのむちのかみ。万葉集2「天照らす―の命みこと」
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 漢字は以下のようです。

おおひるめのむちのかみ

 写真の表記は大日如来にして欲しいと天照大神様に言われたのです。
私は毎日、神棚も仏壇も拝んでいます。真言宗なので、御本尊は大日如来です。お経は読みません。

 ギリシャの12神ではアルテミスよりヘーラーだそうです。
以前に大山祇神(ゼウス神)と縁が深いと言われたのはこの事です。

 神々に男性女性、親族を分けたのは人間の都合なのだそうです。この辺りから金儲けの臭がします。
しかし、今も天照様はここに居ります。写真にも写っていますので、よく見てください。

 この星の地上の人間は、生まれた時、多くはそれ以前から洗脳されています。それで真実が理解できません。
神々は世界中で祀られていて、様々なローカル名があります。それは神道、仏教間でも同じなのです。

 明治政府が廃仏など馬鹿な事をしたのが大きな原因でもあります。
子供に、バカな乗り物で宇宙にいけるなどと教育した教員は、全てが地獄堕ちだそうです。

 教員自体も何も分からないのですから、子供に余計なことを言ってはいけないのです。
テレビで無重力などという状況を放送していますが、吉外のすることです。

 あんなものを見てもいけません。悪魔の提灯です。
かって、月に行ったと言われた人は皆早死したそうです。その理由は皆さんが思ってください。

 あまりにバカすぎるのが、この星の指導者たちです。そして悪魔が役人どもです。
嘘で固めた地球の科学は、文字通り「しながく」中国人の百度です。

 文句がある方は、こちらの神々にお訊ね下さい。ゼウスの神、大山祇神様も居られます。

神々

 いつも言うように、この星は粛清される寸前なのです。
マヤの予言は高度なものです。皆さんも感じていると思います。

 私は馬鹿の相手は御免です。
   
 +(-_-;) 


 インドの胎蔵界の事

平成23年12月9日

 日本エジプトと縁が深いインドの胎蔵界の事をお知らせします。
インドの大きな胎蔵界はベンガル湾の中にあります。石抜けができないと入れません。

インドの胎蔵界

 ある方の娘さんは石抜けして行ってくるそうです。
この胎蔵界は札幌の焼山と言うところに繋がっているそうです。ここもピラミッドです。

札幌の焼山

 ピラミッドは宇宙と繋がっているのです。胎蔵界は関所の様な所で、ここを通らないと宇宙にはいけないのです。
アミの円盤も山に入って行きました。これが石抜けです。皆さんも石抜けする円盤の写真を見ているはずです。

 地球のロケットが真似したら木っ端微塵になります。→「コン」
私が地球のロケットでは絶対宇宙にはいけないということの意味が、万分の一くらい感じられたかと思います。

 もちろん、アミの円盤もいろいろです。友達はテレポートできる方もいました。
私も向こうの世界ではしたことがあります。夢の世界と判って、帰ろうと念じると次の瞬間は布団の中です。

 こちらは木星の神々、天神様です。

木星の神々、天神様

 文字だけいくら並べても、この星では、誰も信じてはくれません。夢で終わりになります。
神々のお引き立ては、この地球、宇宙のためのものです。金のための嘘で動く魔界は、滅びねばなりません。

 ・・今、悪魔どもが震えています。→「コン」

常世岐姫

 常世岐姫も札幌の石山通りは縁が深いのだそうです。常世岐姫はイシス神です。
最後は蝶蝶のような八幡様の表現です。宇宙を現しているのです。

蝶蝶のような八幡様の表現

 こちらは生出塚の石碑の上の品陀和気尊です。
天狗さんも居られます。

品陀和気尊

 いつも大変にお世話さまです。
優しい神々に感謝です。

 ・・今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 銀河鉄道

平成23年12月8日

 銀河鉄道は皆さんの多くが毎日のように乗っている電車です。
私は、自動車だったり、自転車だったり、時には光の玉そのものに乗ります。御狐さんにも乗っています。自分で飛ぶこともあります。

 胎蔵界に行った時は、川崎大師のお狐さんに乗せて行ってもらいました。
いつも言うように、そこは世界が違います。現象の起こる法、法則が違うのです。

胎蔵界

 この世のように、お金で悪いことが出来る世界ではありません。
この世ではお金で何でも解決しようとしますが、あの世、まともな世界では、貨幣はないので価値がありません。

 貨幣があるのが地獄です。
頭で考えれば解ると思います。金は苦しみしか生み出しません。いまの世界がそれです。

 人生で何が大事かと言えば、それは陰徳しかありません。何が陰徳か。
それは、皆さんも考えてみてください。

いん‐とく【陰徳】
人に知れないように施す恩徳。「―を積む」◯陽徳
◯陰徳あれば必ず陽報あり

○陰徳あれば必ず陽報ありいんとくあればかならずようほうあり
[淮南子人間訓]人知れず善行を積んだ人には、よい報いが目に見えて現れる。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 この先は生出塚神社、オキネさんの神社です。

生出塚神社

 銀河鉄道は、この地上から胎蔵界を経て宇宙に繋がる光のドームです。
これが、その線路というべきものです。

銀河鉄道

 私は、眠くなると駅が見えてくることがあります。
そして、起きる前は地下鉄の駅から出てくることが多いです。バスや自転車もあります。

 皆さんも、光のドームの中を、あの世とこの世、行き来していると思ってください。
但し、富めるものは、イエス様が言われるように、あのドームを通れないのだそうです。

 今、大きな光が降りてきました。
・・ここが光のドームの中です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 高尾山の神々です。八幡神様のご一行です。

2011-12-08-28.jpg(92893 byte)

 下界の話

平成23年12月7日

 朝鮮王室儀軌というものを返したことで騒がれています。
あまりピンと来ない話です。

朝鮮王室儀軌返還

 日本のものは返さないというのもおかしな話です。
フランスでは返さないそうです。

フランスの対応

 そもそも、この李氏などと言うのは何処から来た人間か、調べてみました。
広辞苑では以下のようです。


り‐ちょう【李朝】‥テウ
@ベトナムの王朝。初代李公蘊(太祖)は首都をハノイに定める。9代で外戚陳守度に滅ぼされた。(1009〜1225)
A朝鮮の最後の王朝。1392年李成桂が高麗に代わって建て、対外的には朝鮮国と称す。1897年に国号を大韓帝国と改め、1910年(明治43)日本に併合されて、27代519年で滅んだ。国教は朱子学(儒学)。都は漢城(現ソウル)。朝鮮王朝。李氏朝鮮。(1392〜1910)

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ベトナムの人が朝鮮に渡来して王朝を開いたそうです。ベトナムの主要民族がキン族です。「金」です。金は李子の家来だったそうです。
ハノイの「イ」が李に当たるそうです。ハは8です。ここも1945年にフランス、日本から独立しました。

 現在宗教は盛んではないそうですが、仏教国です。
ハノイも胎蔵界の出入り口上にあるのだそうです。

ハノイ

 在日の人が川崎大師の大山門を見て、朝鮮にも「大山」があると言っていました。
李という方は韓国にはとても多いようです。在日ではリチャードを名乗る方もいるようです。

 それにしても、外務省の対応も国によって様々です。
かってのローマは、この様な記録から焚書して、国を侵略したのだそうです。

 あんな国が、実質2千年も存在したというのですから、この世の記録など、みんな嘘のようなのです。
大化に便乗して、嘘の歴史書、日本書紀を作成したフジアンなど魔界堕ちも良いところです。

 こちらは神々です。お釈迦様も居られます。
ウガヤの天皇はもちろん、お釈迦様も皇族なのです。それで見事なミカドを現しているのです。

お釈迦様

 見事な霊験です。沢山の神々、仏様が磐船に乗っています。周りにも無数に居られます。
役人に限らず、神仏を迷信などというキチガイどもは天誅も思いません。

 馬鹿な柔道家は、10代の女性に悪戯して、その事には合意があったなど戯言をほざきました。
出るべきところに出ると未成年との合意は親の承認が必要です。

 合意者の資格の要件が揃って、初めて甲乙の合意が成立するのです。
もちろん、教え子に悪戯したことは、社会的にも許される話ではありません。

 最近は大学でも、こんな問題が多いです。世も末です。
今の世が終わっても、二度と、こんな魔界に転生しないことが大切です。バカはそれが解りません。→「コン」

 本当のお釈迦様の姿に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 ハザールの事

平成23年12月6日

 謎と言われるハザール国のことを調べてみました。
位置はこちらだったそうです。丸印が中心地だそうです。

中心地

 ご覧のとおり、ここは本来は仏教国です。
「八」です。山門です。

仏教国

仏教国

エリスタと言います。

エリスタ

 ここの方も多くがインドから来たそうです。インドと金星のご縁です。
お釈迦様の背後の光が「8」「八」ハザール王国の「八」なのだそうです。名古屋のマークでもあります。

ハザール王国の「八」

 こちらが、ご案内してくださった咤枳尼眞天様です。

咤枳尼眞天様

 人類の記録、歴史など、ほんの僅かなものです。
こちらは上空の神々です。

天界の神々

 金剛界、胎蔵界がひとつになって宇宙なのですが、言葉では伝えられません。
神々、仏様、お地蔵さん、眷属の皆さんが姿を現してくれることが慈悲です。

 不明なところは、皆さんの精進が大切です。
神々仏様に感謝です。
   
 +(-_-;) 



 すっぽんの祟

平成23年12月5日

 ここに来る皆さんは丸鍋(すっぽん鍋)は食べないと思います。漫画では美味いと掲載されていましたが食ってはいけません。
タイトル通り、すっぽんは祟るのだそうです。

 すっぽんの祟という話がありました。
一家全滅だそうです。

すっぽんの祟

 今も、すごい怒りが来ています。
すっぽんの怒りです。

すっぽんは眷属

 社主によると、すっぽんは眷属なのだそうです。
亀を食うのは呪われた民、中国人です。ある方の職場でも、すっぽんの祟は噂されているそうです。

 牛豚馬などばかりでなく、狐狸犬猫はもちろん、貝さえ祟るといいます。
2枚貝のたたりが子の目に出たという話があります。むき身やさんの家の子の目が離れてしまったそうです。

 これは検証もできませんが、私に楯突いたものはかなり死んでいます。弁護士や裁判官共です。
もちろん他からの怒り、恨みも相当あったはずです。心臓に杭が打たれたようだったと思います。→「コン」

 そう言えば、新興宗教の教祖も心筋梗塞で、よく死ぬようです。大革も死に損なったそうです。
悲惨なのは、戦争で南方に行った兵隊さんです。役人に騙され南方に行かされ、多くが飢餓や病気で死んだそうです。

 酷いところは、食料がなく共食いだったと言っています。中国人のようだったわけです。
中国では現実に敵兵を殺して食うしか食料はなかったようで、チンギスハンもそう言われています。

 兵隊、一般人の区別もなく、柔らかい女性は自分で食ったという話もあります。
こんな戦争を起こした役人どもは、当然呪われています。議員だって戦争に加担したものは同じです。

 この悪魔の星では、これまでに、どれほどの人が無実の罪=役人の都合=金のために殺されたかさえ不明です。
バカな戦争の勝利で軍の上層部はのぼせ上がり、軍国教育に走ったのです。

 諸悪の根源が役人で、それは中国人なのだそうです。
今も、日中戦争の原因は闇の中です。中国に仕組まれたというのが本当です。

 これが太平洋戦争につながり、大きな不幸が日本を襲ったのです。
当然、中国という国家にも天誅は下るのです。それが2012年と言われているようです。

 こちらはマヤの皆さんと縁が深い下忍の金比羅神社です。

下忍の金比羅神社

 こちらは、ご縁の神々、天狗さんです。
よく写っています。

ご縁の神々、天狗さん

 そう言えば、何時か常世岐姫の眷属でワニさんがやって来ました。
・・すっぽんも常世岐姫の眷属だそうです。

 祟がありますので、食べるものに注意しましょう。
大事なお話です。
   
 +(-_-;) 


 磐船の皆さん

平成23年12月4日

 こちらは宇気持大神様、和久産霊神大神様、豊受大神様、咤枳尼眞天様たちの乗った磐船です。
優しい女神様が乗っているのが感じられると思います。

磐船

 元の写真のサイズは幅が4288、高さが3216です。
その中の一つの磐船です。

 昨日の写真のものとは違うところです。この磐船も周りが緑です。
この磐船のそばに居られるのが大山咋神様です。

大山咋神様

 これも御神宝ですが、元の写真は、この5倍以上あります。誰にも全体の想像はつきません。
非公開なのは、下人が見たら心筋梗塞を起こすかもしれないからです。殺生は嫌です。

 もちろん、その防止のために、現状は全て非公開です。私の世界だからでもあります。

 宇宙が理解出来ない、宇宙最下層の人類、地球の地表人に見せるものではないようです。
これだけ見られただけでも奇跡です。見た方の偏差値は80以上です。

 問題は、これを見て、何を思って生きていくかだと思います。
東大出ても変な宗教に入って懲役や死刑に成ったものが沢山います。送るべき日々が間違っていたからです。

 生業の問題にしても、凶悪な金貸しから、自動車を作って、沢山の人を殺してきた自動車メーカー等色々あります。
利息はもちろん、自動車事故で死んだ方も何万人居るか解りません。

 それに肉屋で肉を売れば、それを食って癌で死ぬ人も相当います。
あちこちにカルマの素がいっぱいです。これらも詰めて思わないといけません。因果のことです。

 ジャイナ教では、根菜を食わない理由は、それを収穫する時、土中の虫に迷惑をかけることがあるからなのだそうです。
インドでは、そう思う方も多いようです。これも、まともな神経です。

 多くの方は瞑想しているだけでは生活が出来ません。
しかし瞑想もしないと、魔界転生になりかねません。アミが言う、さらなる下の世界に堕ちることです。役人の行く畜生道です。

 この世界だけでも、まともな日本人はもう御免と思うはずです。
これが、日本の過疎の理由の一つです。

 ところが役人はバカで、こんな事は夢にも理解できず、移民を入れようなどと言う者がいます。
役人も代々世襲でやっているので、こんな思いしかできないのです。

 どうしたら良いかという政治家がよく来ました。それを考えるのが政治家の仕事です。
こちらは古墳の神々です。石碑の周り、上に居られます。

古墳の神々

 上部の拡大です。

古墳の神々

 かってヲキネさんの国も王国で、ここの皆さんの埴輪もたくさん作られたのだそうです。テレビに出た日本王国です。
昔は、地表の人間も、神々、お地蔵さんと交霊ができたからです。

 ところがバカなイタ公の侵略により、すべての文化が破壊されてしまったのだそうです。
この地でも争いがあったのだそうです。

 バカ役人共は、お決まりで利権に走ったのです。これが大化です。
嘘と思う方は、ここに居る神々、お地蔵さんに訪ねてください。

 あまりに日本の歴史は嘘の塊でした。
古代日本の癌は、侵略者に魂を売った金の亡者、役人どもです。何時でもそうです。

 古墳や石碑がある道理を、よく考えてみましょう。
この世の先も、どうすればよいか感じられると思います。
   
 +(-_-;) 


 拝火

平成23年12月3日

 神社仏閣は灯明をつけるのが原則です。これは単なる明かりでなく火でないといけません。
これは伊達や酔狂ではありません。

 火を灯すことにより神が降りてこられるからです。
こちらは、日本の開運で、とても有名な某神社です。

 この神社では、神の知らせにより、本来の灯明が復活しました。
それより、沢山の神々が降臨されるように成ったのです。ご覧のとおりです。

某神社

 御祭神の建御名方神はアフラ・マズダと言い、拝火教で祀られる火の神です。
ヤハヴェの神、田中(たなは)大神様は、その子だと申されています。

 そして景行天皇はイエス様の御子なのだそうです。イエス様も居られます。
これは新興宗教の嘘っぱちではありません。

 こちらは国王神社と縁が深いテノール歌手のAbokohさんです。
如蔵尼さんによると平将門公が、国王神社のサイトができたので、千年の呪縛から逃れられたのだそうです。

 如蔵尼さんによる努力が開花したのです。開運です。

国王神社

 こちらは大山咋神様と天狗さんです。
平将門公はご苦労様でした、

大山咋神様と天狗さん

 Abokohさんの写真に写るペンタゴンのカドが、少し、なくなってきたのが解るでしょうか。
これは精神的な変化によるものです。何事もカドはよくないです。

 こちらは埼玉古墳の神々です。稲荷山の方だそうです。神社を壊し堀の水を抜いたバカ役人には天誅が落ちます。
この世的な名前は、この神々にはありません。稲荷神様です。

埼玉古墳の神々

 私があまり通えないので、鴻巣まで来てくれるのです。
撮影したのはオキネさんの窯跡付近です。

 よくご覧になり、今の世界と比べてみてください。
神々は優しいのです。

 師走最初の休日を静かに過ごせますようお祈り申し上げます。
今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 カメラの事

平成23年12月2日

 カメラによっても、ご神体の写り方は、かなり違います。
最初は訪問者様の掲示板の写真です。キャノンのカメラのようです。胎蔵界の皆さんです。

胎蔵界の皆さん

 こちらは私のパワーショットで撮影したものです。
安いものなので色は出ましたが、写りが駄目です。

2011-12-02-03.jpg(21672 byte)

 咤枳尼眞天様です。

2011-12-02-04.jpg(20032 byte)

 ミカドです。

2011-12-02-05.jpg(19077 byte)

 市杵嶋姫です。
ここまでがキャノンのカメラです。

2011-12-02-07.jpg(18344 byte)

 最後のは乗っている方の顔も出ています。あの方が市杵嶋姫です。観音型の磐船です。観音=キャノン=大聖堂
これが艮を向いた前方後円墳の姿なのだそうです。真実だそうです。

 こちらは現在主力のペンタックスで撮影した胎蔵界の神々、龍神様です。

神々、龍神様

 お呼びでない人や車が来そうになると、その瞬間に神々は消えてしまいます。
こちらは常世岐姫=和久産霊神様です。

常世岐姫=和久産霊神

 神々の写真を撮るには、カメラより皆さんの心の中の掃除が何より大切だそうです。
食べるものの波動も、そのまま皆さんの心に身体に影響をあたえるのです。

 頭では簡単にわかることですが、肉を断てない人がいかに多いことか。
先日もテレビで、肉を食う人は食わない人より癌になる確率が4割以上高いと言っていました。

 現実には、それ以上です。
身も心も浄めて、神々、仏様、眷属の皆さんと楽しい日々を過ごせれば良いと思います。

 ここに来る皆さんは、バカな金儲けの話で、苦労してはいけません。
先日も九州で稲尾という弁護士が着服で騒がれました。弁護士の使い込みは沢山ありますが、金額が数千万のようです。

 かってのスーパースター、西鉄の稲尾投手を連想してしまいました。
しかし、あの方は子供は4人が娘だったと思いだし安心しました。

 男の子が欲しかったようですが、人生は、そんなモノです。
今は法曹のみならず、すべてが行き詰まった世界です。

 ここに来る方は、よく因果を思い、苦しみのない日々を過ごしていただきたいと思います。
自業自得が宇宙の法です。
   
 +(-_-;) 


 師走

平成23年12月1日

 あっという間に今年も師走に成りました。
大山咋神様、お地蔵さんのご挨拶です。とても優しい絵です。オキネさんも居られます。

大山咋神、お地蔵さん

 背後には日枝神社の稲荷狐もいます。

大山咋神、お地蔵さん

 ウガヤ29代様は赤色人だったそうです。
先日の写真でも解ります。

ウガヤ29代様

 こちらは迦具土尊です。
頭に天狗さんがいます。伊弉諾、伊邪那美が親であったというのは新興宗教だそうです。やはりです。

迦具土尊

 神々のお喜びです。

神々のお喜び

 皆、昨日の写真の一部です。撮った写真は、この数倍以上あります。
すべての写真に神々と一部のお呼びでないものが写っています。

 後ろのほうで、何故、神は、我が身前に来てくれぬと騒いでいた者がいました。
それも自業自得のうちです。陰徳というものが大切です。

 私に文句をつけるものに神は現れません。
心身の健全な生活が大切です。

 イエス様が言われたように、この世(の常識)に勝つことが大切です。
今日も光がいっぱいです。

 今月も、静かな良い日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;)