真実のお釈迦様
※ここで見たこと、知ったことは、他言してはいけません。

11月の日記

 十月の晦日

平成23年10月31日

 今月もまた晦日がやって来ました。
いろいろと繰越作業があります。神棚の榊も取り替える方が多いと思います。

 こちらは某神社に降臨された神々です。
平岸天満宮などで十二山岳之神と祀られています。オリンポス十二神です。

十二山岳之神

 なかなか幻想的です、

十二山岳之神

 十二山岳之神の全神々が居られるそうです。
平岸天満宮の神名と備考は一致しません。天皇の御代の関係のようです。信じないで、適当に覚えておいてください。

 俗にいう英才教育とは、騙しやすい人間を養成するためのものです。役人です。
上の者にとっては、自分の言ったことだけを信じて行動するものが必要だからです。

 それで、学業的に優秀と言われる者は、とんでもない理論でも歴史でも、何でも言われるままに覚えこみます。
当然、その後は魔界で苦労するのです。

 今の中国も、これをやっています。もはや、中国は滅亡寸前です。
中国では、鉄道の工事代金も、未払いが三百万人も居るのだそうです。政府の経済成長率の発表も、とんでもない粉飾ということです。

 こちらは川崎大師の天狗さんです。
凄い霊験です。ゼットはオメガ、この星の地表の人類は、もう最後という意味です。

川崎大師の天狗さん

 針間のお花と、大山咋神様です。

針間のお花

 大山咋神様と神々です。

大山咋神様と神々

 もうひとつ咤枳尼眞天様が気に入ったというお花です。

咤枳尼眞天様が気に入ったというお花

 情熱と花の色が調和されていると思います。
自然の美や、優しいペットの癒しはとても大切です。

 誤った思い=蛇に巻かれないようにしましょう。
確か、アミの世界ではコンクールで賞もありません。。

 つまらぬ貨幣価値などに気を揉んではいけません。
大事な事は、天界のよい光を心にいただく事です。

 光がいっぱいです。
良い月末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 川崎大師 尊賢上人

平成23年10月30日

 昨日は良い日で、お参りを計画していました。
そこに川崎大師の上人様が、私をお誘いに来ました。覚鑁上人ではなく尊賢上人という、川崎大師を開基された方でした。

 最初は大山門です。
上にいるのは大山咋神様はじめ神々です。仏教では天と言います。

大山門

 こちらの一文字の龍神様に乗っている方が尊賢上人です。
この雲に因る造形は人間の世界には言葉がありません。ウーヤーターと言ったところです。

尊賢上人

 川崎大師の開基に当たる秘密を教えてくれました。
この方も品陀和気尊の、子孫に当たるのだそうです。

川崎大師の事

 実は、このとき夢枕に立った高僧というのは品陀和気尊だったのだそうです。
ここには、やはり古墳があったのだそうです。神々、仏様による見事なヤー(∞)です。

ヤー(∞)

 こちらは少し駅よりです。
そして天狗さんです。ウガヤの29代様、天狗さんです。この方の陵もあちこちあったのです。

ウガヤの29代様、天狗さん

 この姿は、初めて見ると思います。
こちらは、お釈迦様です。今月のテーマでした。いつも大切な教えは、基本的に、お釈迦様の教えです。

お釈迦様

 最後に、猫の世話をしている方のお話です。
猫と一緒にいるのは狸です。

猫の世話をしている方

 こちらは天狗さんがいます。(^_^;

天狗さん

 天狗さんも猫の世話をしているのです。
まともな宇宙レベルの心なら、動物の殺生、その死骸を喰らうなど、出来るはずがないのです。

 いつも挨拶に来たトラ猫は夏に2匹が隠れたそうです。
その代わりに、最近、誰かが2匹置いていったそうです。(^_^;

 現在8匹くらいいるようです。それでも、昔より減ったそうです。
信徒会館の前では違う方が、白猫とミケに餌をやっていました。向こうの猫は、ほぼ獣でした。猫もいろいろです。

 こちらの画像は、空はカシオのカメラで撮りました。
しかし、神々仏様のヤーは、やはりペンタックスのカメラでしか写りませんでした。

 ペンタックスはペンタゴン、五角形でアメリカの国防総省なども現します。深い意味で、天狗さんのマークのようです。
上野の手前の謎の駅、尾久はオクタゴン(八角)なのだそうです。八面(イエメン)です。星は地球の支配星、金星です。

 地名は庶民と違う世界の存在がつけるのです。それで一般人には理解出来ないし、やたらに教えてもいけないのです。
氏神様はご苦労さまです。

 氏神様は、今も皆さんを守っています。魔界でのそれは、とても大変な苦労なのです。
ちゃんと感謝して、お祈りするのが当たり前です。

 当たり前なことも、分けましょう。
   
 +(-_-;) 


 光と闇の戦い

平成23年10月29日

 これは世界最古の経典ゾロアスター教のアベスタに書いてあることです。
アフラ・マズダはNag、建御名方神様です。行田市渡柳の常世岐姫神社(八王子権現社)にも祀られています。

アフラ・マズダは建御名方神様

 そのアフラ・マズダ神と共に7柱の神々がいるとされています。これで八王子権現、八幡様です。
エジプトにもインドにも大変多い地名がNagです。長野はもちろん、行田市にも「長野(発音は語尾上がる)」があります。

 そして、インドと言えばお釈迦様です。
一緒にいるのは大迦葉様です。建物は生コンプラントです。

お釈迦様

 こちらは、お釈迦様の表情です。
お十夜に勝願寺に降臨された時と同じ表情です。無数の神様仏様、眷属の皆さんです。

お釈迦様の表情

 そして昨日約束した、御神宝です。
八幡様とオリンポス十二神です。兼務の方もいます。十二とは、もちろん六本指だったからです。

八幡様とオリンポス十二神

 六本指が五本指になってしまったのは、太陽系の星の事情からです。悲しい過去の歴史です。
そして夜空に不思議な空間は金星の霊界です。神々と共にあります。


金星の霊界

 この世は玉石混交です。
悪霊もひしめいていますが、神々仏様、天狗さん、眷属の皆さんもちゃんと居られます。

鮮やかなお花

 夜明けの扉を開いてくれたのが、この方です。
この方も、私の氏神様だそうです。

天手力男尊

 今日も針間から、綺麗な花が届きました。

綺麗な花

 蛇の策略、闇の法に縛られないように生きましょう。
拝火教にご縁の皆さんも、時が来たようです。

 よい週末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 審神(さにわ)

平成23年10月28日

 私がいつも言っている、真実を分けるという事です。
目に見えるモノ、耳に聞こえるものはモノはもちろん、金銭もそうです。→「コン」

 悪いお金をひも付きといいます。利息のつくお金もそうです。
悪いものを信じると、見えない紐で縛られます。これが新興宗教の教えの(たぐい)です。良い師が大切です。

 騙されるというのは、そこに欲があるからです。騙されないためには、中立な第三者の鑑定眼が必要です。
これが審神者です。下の写真は、いつものお邪魔虫です。

お邪魔虫

 新興宗教なら「御神宝」にされるかもしれません。

お邪魔虫

 これも、本当の神々の後に出てきたのです。それは明日公開いたします。
掲示板で解説を約束した写真です。七柱の天狗さんと、中心で輝くのは、お大師様です。(天狗さんは描いたものではありません)

解説を約束した写真上

 こちらは胎蔵界の地蔵菩薩と言われる方です。
綺麗な緑はご先祖様を現しています。

解説を約束した写真下

 そして、初登場は平将門公です。凄い光です。

大山咋神様と平将門公

 深い悲しみ、苦しみの中に居た将門公は大山咋神様に導かれてきたのです。
ここにいる多くの方もそうです。山王大権現と言う呼称もあります。

優しいお花

 昨日降臨された神々です。
巨大な神々のお住まいは木星です。

神々

 和久産巣日(わくむすび)神様(=常世岐姫、イシス神)の母神、宇気持神様です。沢山の神々です。

宇気持神様

 ここはオキネさんの御屋敷跡です。開発は許されません。
今日も光の洪水です。

 (はかり)は、良いものでないといけません。
神々の光を、よく思いましょう。自称「神」に騙されないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 磐座(いわくら)

平成23年10月27日

 あちこちに神々が降臨される磐座というのがあります。
こちらは針間のものです。高岳神社と言います。

高岳神社

高岳神社)

 そして、こちらは多くの方がお参りに行ったポンポン山の磐座です。
写真に登場されているのはダイエット前のテノール歌手abokohさんです。天狗さんが一緒です。守っています。

天狗さん

 さきたま火祭りでも、小さな点のように沢山の方が写っている写真があります。
拡大します。

天狗さん

 前世の弟子は、どこからとも無く擦り寄ってきたのだそうです。
こちらは掲示板の写真です。やはり、天狗さんです。


天狗さん

天狗さん

 皆さんが大過なく人生を過ごしてくることが出来たのは、守護、指導していただいている霊のおかげが大きいのです。
多くの方は、あまりに、それが解りません。

針間の花壇

 こちらの撮影者の方も、天狗さんの子孫です。
危ないところを助けてもらっています。

 この世の事故も、魔界に堕ちるよりは遥かに良いことだと言う霊もいます。
悪魔に騙され新興宗教で折伏を重ねたら、それは人として償えないことなのです。来世は畜生です。

 免罪符の販売が悪い事と思わなかった者たちも多いのです。高利の金貸し、地主も同じです。
当然、冤罪を創る役人など話にもなりません。来世は蛇でも文句は言えないのです。頭で考えれば当然です。

 これは私の作り話ではないのです。たいていのお坊さんは知っているはずです。
地球人の低度な出来損ないの科学などに毒された霊は不幸ですが、それも自業自得です。



 いつもそばで守ってくれている自分の守護霊指導霊、眷属の皆さんに感謝しましょう。
ご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 人生の節目

平成23年10月26日

 俗に厄年などというものがあります。陰陽道のものです。
必ずしも一定しないそうですが、一般的には次のようです。

やく‐どし【厄年】
人の一生のうち、厄にあうおそれが多いから忌み慎まねばならないとする年。
数え年で男は25・42・61歳、女は19・33・37歳などという。
特に男の42歳と女の33歳を大厄たいやくといい、その前後の年も前厄まえやく・後厄あとやくといって恐れ慎む風があった。
厄回り。年忌としいみ。宇津保物語楼上下「左大殿の―におはするとて」

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
針間の空

 この所、私が感じているのは、男性の厄年43歳前後が、やはり転機だということです。
この日記を見ていて、多くの方が自分の事だと思っているはずです。

 もちろん氏神様、天狗さんのご縁の方も多く、やはり見えない世界の力としか言いようがありません。
この年代は、社会的にも、中堅として、力を発揮しないといけない年代です。

美しい力を発揮した、綺麗なお花

 43歳前後というと昭和40年代です。苦労して、ここまで辿り着いた方が多いです。
それだけに、今までの思いを、よく理解できた方は多いのです。

球磨

 不思議なドームはクマです。山の熊は冬眠の準備中です。
クマとは、以下のようです。

くま【隈・曲・阿】
@道や川などの湾曲して入り込んだ所。万葉集13「道の―八十―ごとになげきつつ」
A奥まって隠れた所。すみ。源氏物語明石「かの浦に静やかに隠らふべき―侍りなむや」
B色と色とが相接する所。光と陰との接する所。ぼかし。陰翳いんえい。暈うん。陰。くもり。源氏物語賢木「月の少し―ある」。「目の―」
C秘めているところ。隠していること。後撰和歌集秋「秋の夜の月の光は清けれど人の心の―は照らさず」
Dかたすみ。へんぴなところ。源氏物語常夏「さる田舎の―にて」
E欠点。源氏物語浮舟「そのことぞとおぼゆる―なく」
F歌舞伎で役者の顔に施す色どり。くまどり。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 以前にギリシャや中東の球間を紹介したことがありました。
あれがミト(ミソ)だと神々が申しています。知りませんでした。

 そう言えば、天狗納豆で有名な水戸周辺にも天狗さんの世界がありました。
針間も天狗さんの本場のようです。関東にはない大山咋神社というのもあります。

 ・・丸墓山もミソなのだそうです。

優しいお花

 優しいお花の時期も過ぎていきます。
自然の美や優しさ、神々を忘れた世界は、滅びるしかないようです。

 大事なご先祖様、氏神様の思いを大事にしましょう。
悪霊にだまされない日々を過ごしましょう。

 針間の写真家の方、そのご先祖様には、厚く感謝申し上げます。
いつも、ありがとうございます。
   
 +(-_-;) 


 ウラ

平成23年10月25日

 どこにもある「ウラ」です。地名では「浦」が多く使われます。
さいたま市にも浦和があります。

うら【浦】
@海や湖の湾曲して陸地に入り込んだ所。「田子の―」
A一般に、海辺。また、水際。「―の苫屋とまや」
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 やはり三水は関係しているようです。
千葉には袖ヶ浦と言うところもあります。昔から、自動車の袖ヶ浦ナンバーを不思議に思っていました。

袖ヶ浦

 ウラルと言うと、ウランに繋がり原発事故があった旧ソ連のウラル地方です。
ところが、この袖ヶ浦は祖先の出がウラと言う意味です。

 これは文明発祥の地、メソポタミアです。市は「うし」です。これはウルを現します。
市原市の下には上総牛久と言う地名もありました。ここは皆牛さんのようです。

 以前にも述べたように、ウルから来た人がウラです。
最初に神々、ご先祖様が降臨されたのはここだそうです。テヘランの西です。ピラミッドがありました。

テヘランの西

 こちらは、山が彫刻のようになっています。これはイエメン(八面)八柱と同じく、八幡様なのだそうです。
上にあるのも神殿のように見えます。

神殿

 こちらの山は、遠くから見て、どう見てもピラミッドです。

ピラミッド

 大きな位置はここです。

ピラミッド

 もう、雪が降っているのかもしれません。
山の上の宮殿には上古の22代、天照皇大神様の時代まで神々が居たのだそうです。

 神々のすごい光に導かれ、ここを探すことが出来たのです。
これは毎日のことです。

 人の力では、私のサイトは出来ないのです。
今も凄い光です。
   
 +(-_-;) 


 雪彦山

平成23年10月24日

 日本三彦山というのがあり、その一つが、この雪彦山(せっぴこさん)だそうです。
こちらです。

雪彦山

 ここも修験道の山なのだそうです。
迦葉山とも似ています。

雪彦山

 説明です。
品陀和気尊はご縁が深いそうですがイザナギ・イザナミは参拝者集めの戯言だそうです。観光地、温泉も嘘は多いです。

雪彦山説明

雪彦山説明

 ここにもピラミッドのような山が沢山あります。

ピラミッドのような山が沢山

 山の上の龍神様にいるのは撮影者のご先祖様です。
迦葉山と雪彦山は天狗さんのご縁です。話せないことも沢山あります。

 歴史を破壊したのは、ここでもイタ公だったそうです。今の自民民主の政党のように売国した天皇がいたそうです。
五世紀と言えば、28代の天皇の頃です。日本の歴史をご覧ください。

 確かに、当時のローマ帝国には逆らえる国はなかったのだそうです。その手先は中国だったわけです。
中国は、今また、同じようなことを考えています。とても危険です。

 中国人は子供が目の前で交通事故にあっても、誰も助けないのだそうです。警察や救急車くらいは日本人なら電話すると思います。
中国人は、腹の足しに成ること以外は、何もしないと言う事です。

 もちろん、人の子供も死ねば食料なのです。
中国のことは恐ろしすぎて、話にもなりません。

 藤原不比等などと、ふざけた名前です。よくも、とんでもない嘘っぱちを残したものです。
悪いことは、中国人も朝鮮人も自分らの国でやってほしいです。

 この世の悪しきゴミが、よく浄化されますようお祈りいたします。
針間の花壇巡りの差し替え版が出来ました。

 今度のは、前のよりも良いです。



   
 +(-_-;) 


 埋もれた真実

平成23年10月23日

 掲示板にあった多指症についてお知らせいたします。
指が一本多い方は多いそうです。親指か小指の外に出るようです。

多指症

 歴史上で有名なのが豊臣秀吉です。サルと呼ばれました。
それは天狗さんの子孫だったからです。本来の氏神様は大山咋神様です。右手の親指が1本多かったそうです。

2011-10-23-02.jpg(64592 byte)

 それで木下という下人から、信じられない大出世をしました。失敗の原因は思い上がりです。
朝鮮出兵などで失敗し、増税のために太閤検地などを企画して、大山咋神様に嫌われ豊臣は滅亡したのです。

 その木下藤吉郎の生まれたところに案内してもらいました。
愛知県の名古屋の東です。広久手町と言うところなのだそうです。地名の意味です。多くはトヨタの工場になったそうです。

2011-10-23-05.jpg(73874 byte)

 そして、ここから大きな秘密です。権現様の両手の指も12本なのです。
ここから12ヶ月が1年、12進法、60進法が起こったのです。フランスでは今も60進法です。

 伏見稲荷の大稲荷狐も12体です。宇迦之御魂大神様とオススキで権現様です。
社主の直接の上司=師匠様は第九位なので、大稲荷狐なのです。→「コン」

 この12進法は神代、ウガヤの29代様の時に起こったそうです。天皇の両手の指が12本だったからです。
それはウガヤ31代橘姫天皇の時まで続いたのだそうです。

 ・・品陀和気尊もそうだったと言っています。
かっては天皇のもと、世界は一つだったのです。フランスは12進法から起こった、60進方を今も守っているわけです。

 かって天神、上古の時代は、天皇の指は、皆六本だったそうです。これが六芒星の意味です。
それが五本になりウガヤ朝と改めたのだそうです。

 しかし、六本指の方も20人ほど居られ、その方たちを除外した古文書もあるのです。
これが宮下文書などと呼ばれるものです。それで御代の認識は霊によっても違うのです。

 現代でも6本指は不具者ではありません。
身障者ではないそうです。むしろ果報者かもしれません。。→「コン」

伏見稲荷大社

 伏見稲荷の権現様は、いつもご苦労様です。
神様、眷属の皆さんに嫌われないように生活しましょう。

 親指が痛かったと言う天狗さんの子孫は、理由が感じられたと思います。
今日も、巨大な光が溢れています。

 良い休日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 無心

平成23年10月22日

 昔からお金のことをお願いすることを無心と言います。何故、無心なのか、昔から不思議でした。
ある方の息子さんは、ある方にだけ、電話で突然「お小遣いちょうだい」「お駄賃ちょうだい」と言うのだそうです。

 親にも言わないことを何故、突然言うのかといえば、それは潜在意識の過去世の霊が働きかけるからです。
肉体の臓器も、随意のものばかりでなく不随意的に動くものが多いです。心(霊)にもそのような部分があるのです。

 前世の霊が、話している相手を感じ、現実的には突飛と思われる発言をさせます。これは発言する本人は無心な状態です。
もちろん霊は、自分の意志を伝えたいのです。この息子さんは、もちろん精神疾患ではありません。

神々、撮影者のご先祖様

む‐しん【無心】
(ムジンとも)
@心ないこと。何の考えもないこと。思慮・分別のないこと。枕草子133「かへりて―ならんかし」。日葡辞書「ムシンノショマウ(所望)」
A情趣を解する心のないこと。無風流。源氏物語若菜下「柳の葉を百度あてつべき舎人どもの、うけばりて射とる、―なりや」
B遠慮なく物をねだること。「金を―する」
C邪念のないこと。「―の境地」「―に遊ぶ」
D人間以外の、心を持たないもの。動植物や無生物。木石。
E連歌で、機智・滑稽をむねとしたもの。
F無心連歌の略。
G和歌を有心うしんというのに対し、狂歌の称。
H〔仏〕妄念を離れた状態。沙石集2「―の上の妙用皆かくの如し」

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 その電話の相手の方は、前世、地中海の島で神に仕えていたのだそうです。私のサイトは、こういう方が多いです。
現在男性の方は、そこでは女の子で、教会のお手伝いをしていたそうです。これが真相です。涙が溢れました。

 その島は既に沈んでしまったそうです。こんな島が沢山あります。
今も沈みそうな島はもちろんあります。タイも大変です。こちらは針間のお花畑です。優しい風景です。

針間のお花畑

 今年もコスモスの時期です。

針間のお花畑 コスモス

 お花が綺麗です。綺麗なお花の撮影も神職の仕事です。心に良いからです。いつもありがとうございます。
人が生まれる地を選ぶのは、この世の仕組みを理解できる環境を選ぶ魂も多いのだそうです。

 この世の99.99%の人は前世などあるとも解りません。神や仏、眷属もそうです。
このおかしな発言をする男の子も、ひとつ間違えば、精神病院で検査の対象です。

 多くの霊が、真実を求め彷徨い、悪しき新興宗教の餌食になっているのです。
潜在意識下の霊の苦しみは、想像を絶するものなのです。これも精神病の原因です。

 ・・新興宗教に虚仮にされた稲荷狐の恨みも凄いものがあります。。(^_^;
神々、仏様も、悪魔に名を語られ、それは大変だったのです。

綺麗なお花

 折伏は、金儲けのためにのみ行われていた、と言っても過言ではないようです。
悪魔どもに全財産を差し出してから、騙されたと気がついて、お布施返還訴訟も沢山あります。

 これも淘汰粛清です。
くれぐれも、バカの配下に入らないよう生活してください。

 馬鹿の相手は疲れます。
真実を感じるようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 実りの秋

平成23年10月21日

 世界経済やタイの洪水は大変ですが、日本の多くの土地では無事に五穀が収穫されました。
針間の訪問者様に撮影していただいた神々です。龍神様に乗った神々、中心が大山咋神様です。

龍神様に乗った神々、中心が大山咋神

 こちらは天狗さんの顔を表現していますが、「心」という字でもあります。

天狗さんの顔

 こちらは、どこにもある火伏せの神社、愛宕神社です。蓮田のものです。大国主の写真も見た方が多いと思います。
降臨されたのは建御名方神様、七柱の神々です。

建御名方神様、七柱の神々

 調神社に降臨されたヲホドさん、継体天皇様です。
品陀和気尊は動画でも紹介してあります。

2011-10-21-02.jpg(103900 byte)

 旧本殿脇の御神木に居られるのは、大山咋神様と、その子孫、モーゼ、神々です。

大山咋神様と、その子孫、モーゼ、神々

 拡大します。

大山咋神様と、その子孫、モーゼ、神々

 最後はおじゃま虫です。

おじゃま虫

おじゃま虫

 いつも言うように、悪霊は神様、仏様の真似をします。
ここが人生で大事なところです。多くの新興宗教です。

 お釈迦様が言うように、誘惑は甘露で目に耳に優しいのです。人を騙す為です。人生に、うまい話はありません。
大事な線は、皆さんが見極めないといけません。

 バカとは縁を切るのが良いのです。
バカには、つける薬がないからです。
   
 +(-_-;) 


 空飛ぶ円盤

平成23年10月日

 写真は訪問者様に贈っていただいたものです。
撮影した場所は秘密です。

空飛ぶ円盤

 こちらも円盤です。
同じ星のものですがタイプが違います。

空飛ぶ円盤

 こちらは場所がバレると思います。

空飛ぶ円盤

 久しぶりに登場いただいた、太陽神アポロン、天手力男尊です。

太陽神アポロン、天手力男尊

 この写真の撮影場所は、既に判ったと思います。

天手力男尊

 撮影してくれた方は、この踊り子さんのお母さんのようです。

踊り子さん

 どこの誰かは、私の口からは言えません。。
ご苦労様です。

 お子さんは、是非、舞踊の道に進ませるのが良いそうです。→「コン」
最後に、昨日の自前の写真です。神々と磐船です。

神々と磐船

 この太陽系の星も、文明の進み方、文化のあり方は様々です。
円盤は、多くが「あお」系です。磐船や光の玉体、擬宝珠は白、白金の様です。

 伏見稲荷の本殿にはいろいろな星から神々が降臨されていたのです。
アオ系は土星の周囲と言うことです。タイタンも綺麗な緑です。

 赤は火星です。私も太陽系のすべての星を転生しています。
高度な文明では、行きたいところの地図をクリックするだけでテレポートが出来るのです。

 空腹や苦しみはありません。これが涅槃の地、天国です。地球はもちろん魔界です。
地球人の苦しみの根源が貨幣の問題です。ギリシャも既に国家存亡の危機のようです。

 貨幣の世界は必ず滅亡するというのが宇宙の常識です。
わけの分からぬ宇宙の果ての話は、地球人には不要です。

 その前に、地球人は足元を見つめ、多くの苦しめる人の救済を思うべきです。
それにしても、円盤は前世のご縁で来てくれたのだそうです。

 守護霊さん、眷属の皆さんは、まことにご苦労様です。
宇宙の光が凄いです。

 ちなみに、ほかの星で作った業というのがある人も、当然います。
土星に行った浦島太郎は、玉手箱を開けた途端にお爺さんに成りました。土星の一年は地球の29.5年くらいだからです。

たま‐てばこ【玉手箱】
@浦島伝説で、浦島が竜宮の乙姫おとひめからもらい受けたという箱。「開けてびっくり―」
A転じて、秘密にして容易に他人に明かさない大切なもの。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 そして多くの星で1日は11時間程度です。
地球の常識が、他の星と違いすぎるので、まともな魂の人は苦労が多いのです。

 お釈迦様が言うように、よく気をつけて生きるしかありません。
   
 +(-_-;) 


 ブラックマンデー

平成23年10月19日

 今日は水曜日ですが、世界情勢は、やはり危険です。

ブラック・マンデー(Black Monday)
暗黒の月曜日の意味。 1987年 10月 19日のニューヨーク株式市場の大暴落を指す言葉。この日,世界的な金利上昇懸念,インフレ懸念などを背景に株価が大暴落し,ダウ平均で 508ドル,22.6%の下落となった。この影響で翌日の東京市場も株価が大暴落したが,幸いにしてニューヨーク連銀がただちに流動性の供給を行うことなどを表明したため,これが世界経済全体の混乱につながることは避けられた。株価大暴落の原因については,経済の基礎的な条件の変化に加えてコンピュータによるプログラム売買が下落を加速したとされている。ブラック・マンデーという言葉は,大不況の引き金となった 1929年 10月 24日のニューヨーク市場の大暴落を「ブラック・サーズデー (暗黒の木曜日) 」と呼んだのにならったもの。 [ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
針間のコスモス

 愚かな地球人類の世界は、生命の本来の喜びを忘れ、金の苦労ばかりが覆っているようです。
これでは、地球人類に明日はありません。

 私は中学の時から、この世の経済はおかしいと思っていたので、今の状況は納得です。
高額所得者というのは馬鹿の代名詞です。聖書に地獄に堕ちると書いてありますから事実です。

 私は不動産バブルの時も思ったのですが、人間のバカな考え「青天井」が間違いです。
誰が考えても、そんなモノは途中で折れて倒れます。倒れなければ地球の自転が狂います。これが滅亡です。

神々の地

 日銀は高利にすればバブルが潰せるといって、いきなりの金利引き上げをしました。これで日本経済は終わったのです。
土地の値段など、最初から制限しておけばよかったのです。これが間違いでした。→「コン」

 そもそも、土地の所有が出来るなどというのが間違いです。土地の所有者は、侵略者が多かったのです。
マッカーサーは農地だけは開放しましたが、山林は開放しませんでした。それで八ヶ岳の所有者などという人もいます。

 個人が所有していいはずがありません。ところが、田舎には山の所有者が沢山います。山は人間のものではありません。
いつもトンネルでおかしな事故が起こるのは、祟です。

 リニア電車の工事は、トンネルばかりに成るのだそうですが、これは早く中止すべきです。
そんなモノを作っても悪いことしかありません。皆さんも感じると思います。

神々の思い

 金星では貨幣がないのですが、石をどかすのにもお伺いを立てるそうです。
この感覚がまともです。神石と呼ばれるものが沢山あります。

 山をダイナマイトで崩すなどというのも吉外です。
石の分類も大切です。これも昔からの研究テーマです。→「コン」

 お墓に使う御影石はピラミッドにも使われていますが、放射線が強いのです。
そして、水の浄化に高い力を持っているのです。

 その御影石の産地が灘五郷、六甲山地です。
灘の清酒が有名です。六甲の水が美味いのだそうです。

 そう言えば、日光の水も美味しかったです。
水は、神々にとっても大切なモノです。

 日本の水がどれほど良いものか、思いを巡らせましょう。
日本は神の国です。
   
 +(-_-;) 


 平成23年おおとり祭り

平成23年10月18日

 今年も一昨日、鴻巣おおとり祭りが行われました。

鴻巣おおとり祭り

 年々、祭りは小さくなり、山車は一昨年より3台も減ってしまいました。
何しろ、祭りを行なっている町内の山車さえ出なくなったのです。子供がいなくなったからです。

 ここは、かって富永町と言いました。かっての繁華街の中心です。
大型商業施設や料理店、電器店も潰れました。その残骸地にはパチンコ屋、マンションが出来ました。世は終わりです。

 何しろ、山車もろくに出なくなり、神々も当然来てくれません。勘定したら、山車は5台しかありませんでした。
人形町の貴重な一台です。

人形町

 そして、こちらも本壹町の貴重な一台です。
乗っている光の玉は、太田姫稲荷神社にご縁の方だそうです。

本壱町

 こちらは祭りに向かう道中、17号上空で撮影した八幡様の磐船です。

八幡様の磐船

 「岩」は祝いの「いわ」でもあるそうです。
こちらは移動中の法要寺そばの駐車場です。いつも不思議な八幡様の霊験です。ヲキネさんもおります。

八幡様の霊験1

 上を地図の北にすると前方後円墳のように艮向きです。
ここには、以前大きな古墳のようなものがあり、無縁仏の石碑が積まれていました。兎山という地名です。

 この写真は、やはり9枚出来ました。

八幡様の霊験2

 これが普通の写真に近くなったところです。
これは、やはり愛用のペンタックスのカメラにしか写りません。そのような光の周波数なのだそうです。

八幡様の霊験3

 これを見ると、神や仏、眷属の皆さんを理解出来ない低能な人たちも、何か感じるかと思います。
ここも、常世岐姫神社同様、大切な胎蔵界との通り道なのです。

 残念なことに、御神木であった大きな銀杏の木(胎蔵界との通り道=樋口)は伐られてしまいました。
掃除が大変だったからです。

 こちらが中心のヲキネさんです。
凄い光です。

ヲキネさん

 オキネさんは仏教用語では、お地蔵さんといいます。
ここ法要時にも六地蔵が祀られています。

 明治政府が、神仏分離などと、ややこしいことをしたのが間違いなのです。
オキネさんが選んだ花です。綺麗です。撮影者様に感謝いたします。

オキネさんが選んだ花

 こちらは針間の上空の神々です。

針間の上空の神々

 神も仏も正しく理解しましょう。
カネのために毒を吐くのが悪魔です。

 テレビ、ラジオ、マスコミも注意しましょう。
インチキ新興宗教など、話しにもなりません。

 吉外を避けた、健康で、明るい日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 杉山神社

平成23年10月17日

 最初に一昨日の掲示板のオキネさんの写真です。
拡大して補正致しました。なかなか素晴らしい絵になりました。これも神々の力=デザインです。

2011-10-17-01.jpg(94541 byte)

 次に、以前にご紹介した太田道灌に縁の深い横浜市都筑区の杉山神社です。
訪問者様に写真をいただきました。屋根の上に居るのは太田道灌の先祖です。

杉山神社

 ご縁の神々です。

ご縁の神々

 こちらは針間の訪問者様に頂いたお花です。

2011-10-17-02.jpg(129909 byte)

 杉山神社の事をを簡単な紹介ビデオにしました。



 世界的に貧富撲滅のデモが拡大しています。
そして、やはりという感じで、中国では夜逃げが多発しているそうです。

 原子爆弾ではありませんが、原発が爆発しても人の心は冷え込んだようです。
本当の核戦争が起こったら、今以上の、異常な気象になり、地球が冷え込み、人は生きていられないそうです。

 貨幣経済は既に消えて行くというのが実感です。
これも10年以上前からの、ことら総合研究所の主張です。

 この世の多くの方は、自業自得で、裁かれます。
人を騙した量が、あの世で償うべき罪の量刑です。

 何があっても、神様仏様に、文句を言ってはいけません。
   
 +(-_-;) 


 お参りご苦労様でした

平成23年10月16日

 昨日は15日の土曜日でした。
あちこちの神社に訪問者の皆さんがお出かけに成りました。おなじみのテノール歌手Abokohさんです。

テノール歌手Abokohさん

 大山咋神様に呼ばれて三ツ木神社にお参りされたそうです。
大山咋神様は、天狗の皆さんの神様だからです。

大山咋神様

 そこから常世岐姫神社にお参りしたAbokohさんのところに、掲示板でお馴染みのハゼルさんが自転車で登場したそうです。(^_^;
とても楽しい状況です、ご本人のご希望で、ハゼルさんの姿は、ほぼ非公開です。

ハゼルさんが登場

 前玉神社にお参りしたAbokohさんには天狗さんがいつも一緒です。

前玉神社

 前世から、いつも一緒なのだそうです。ご苦労様です。
お花の撮影者様も大山咋神様のご縁です。いつも心休まる綺麗なお花の写真です。ご苦労様です。

今日のお花

 こちらは咤枳尼眞天様の磐船です。
凄い光です。

2011-10-15-07.jpg(30092 byte)

 長い、長い闇の中を、ここまでたどり着いた皆さんは、ご苦労さまです。
今日も良い休日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 眷属(けんぞく)の事

平成23年10月15日

 眷属とは次のような意味です。


けん‐ぞく【眷属・眷族】
@一族。親族。親眷。身うち。うから。やから。
A従者。家子いえのこ。腹心のもの。
B仏・菩薩につき従うもの。薬師如来の十二神将、千手観音の二十八部衆など。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
お花

 辞書によっては仏教用語と書いてありますが、もちろん神道でも使っています。
人生では、使う辞書、文献は大切です。

 神社によっては、神様のお手伝いをする動物とも書いてありますが、実際は上の解釈が良いです。
天照皇大神様の眷属が鶏というのは、天照皇大神様ではなく、神社の庭(神庭(おおば))で飼われたからだそうです。

 鶏は夜明けを告げるからです。この為、天照皇大神様の眷属とされたのです。生きた目覚ましです。
しかし、現実には鶏は、天照皇大神様の直属の眷属ではありません。→「コン」

 神庭(=大場=O場)というのは神社、神殿の領域を流れる川が曲流したところです。
ナイル川はルクソール神殿の所で曲流しています。あのようなところです。鴻巣の荒川もそうでした。

古名新田

 その為、日本一の川幅地域には、無数の神々が降臨されるのです。
綺麗な写真です。神の世界は、いくら金銭を積んでも撮影できません。当日は、プロカメラマンも、近くに沢山居たのです。

無数の神々

 愚かな瀬替をしてしまったのは、侵略者の役人どもです。イタ公の手先だそうです。
いつの世も、愚かな役人どもが、世を破滅に導くのです。

 原発事故は氷山の一角です。
福島県民のみならず、多くの農民漁師の苦しみなど、役人は考えていません。

 嘘っぱちの歴史書に騙されないようにしましょう。
今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 親の怒り

平成23年10月14日

 誰しも、自分の子を虐められて怒らない親はいません。
一昨日、ある霊が少し離れた子孫に伝えて欲しいとやって来ました。

 自分の娘を虐めた孫の嫁が許せないそうです。それで、この孫の家に事故を起こすのだそうです。
自分の娘といっても大往生をしたような年齢ですが、痴呆があり介護の問題で孫の嫁に虐められたのだそうです。

花とミツバチ

 自宅介護の経験がある方は、よくご存知だと思いますが、それは大変なのです。
それに痴呆があったら、地獄のようです。

 介護施設でも虐待するところもあり、問題は尽きません。
他界した親が子を見守っている方も結構いるのです。痴呆は肉体的問題が大きいです。

 自分で自分が制御できない状態です。この女性は息子の嫁に恐ろしい思いをさせられたそうです。
嫁の恐ろしさに、ボケていても「家に帰りたい」と泣いたようです。

 子供の頃の思い出は忘れないのだそうです。それで見守っていた母は、復讐を決意したそうです。これは普通の思いです。
その思いのために、子を見守っていた母の霊は、すでに「−4」のレベルにいました。

 既に、向こうの世界では、復讐は実行されたということです。

お花

 それは、何時か、こちらの世界で現象になります。
知らせるべき子孫には、知らせておきたかったのだそうです。

 ここにも、娘をお持ちのお母さんは沢山います。
大半の方が、ずっと見守るのだそうです。感じるものがあります。父親でもいました。

 この魔界の星に出てくること、子孫を残すことは、とてつもなく危険なのです。→「コン」
ある方は、姉の安産祈願に行ったら頭が痛くなったのだそうです。

 それは、ご祭神様が引き受けられないという事だったからです。
姉の子に入った霊が、前世で「兵」だったのだそうです。それで頭痛で教えたのだそうです。

 前世で兵の霊では、当然、事件が起こる確率は高いのです。
不妊などで悩む方も、それは守護霊が護っている事もあるのです。

 人は、その使命で、環境は様々です。もちろん、子は持たないという方針の方も多いです。今の世界では先がありません。
いつも、皆さんを見ていてくださる神々です。お地蔵さんも居ります。

神々、お地蔵さん

 中央はウガヤ31代の橘姫様です。
拡大します。ほぼ元の写真の大きさです。

元の大きさ

 豊受大神様、咤枳尼眞天様、摩利支天も居られます。
スキあらば、付け込もうというクズばかりが多いのが、この世界なのです。

 物事は正しく判断し、人を分けましょう。
馬鹿がいては、すべてが壊れます。

 日々、隙を作らぬよう注意しましょう。
綺麗な花が今日も優しかったです。

 贈っていただいた方、ありがとうございました。
この方も父が守護しています。ご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 秋祭り

平成23年10月13日

 あちこちで、今年の稲の実りに感謝しての秋祭りです。
菅原道真公、オキネさんを祀る生出塚神社でも、幟が立ちました。

生出塚神社1

生出塚神社2

 中央が菅原道真公です。

生出塚神社3

 こちらは、この土地に縁が深いウガヤ二十七代様と二十九代様、神々です。
円内は咤枳尼眞天様です。

ウガヤ二十七代様と二十九代様

 円内を拡大します。
 
円内を拡大

 これから沢山の土地で秋祭りが行われます。
いつも、よいお祭りには神々が降臨されます。

綺麗なお花

 今日も針間から、お花が届きました。
神々には、つまらぬ確執はありません。

 神々と豊かな実りを与えてくれた大地に感謝するのが秋祭りです。
新米が美味しい時期です。

 静かに安全に過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 笹山稲荷神社

平成23年10月12日

 大和市郷土民家園というところにあるそうです。
ウガヤの29代様にご縁なのだそうです。

大和市郷土民家園

大和市郷土民家園

 当たり前ですが、犬などは入れません。

参道

参道

 天狗さん拡大。

参道

参道


参道


ご芳名


祠、拝殿、本殿


祠、拝殿、本殿

 社名も雰囲気も眷属さんも白笹稲荷と似ている方が多いと思います。
眷属さんは、同じです。ササン朝ペルシャから来た人たちが、神社の社名に「笹」をつけるのです。


ササンちょう(Ssniyn (l-i Ssn); Ssnids)
アルダシール1世によって創建され,アラブ人に滅ぼされたイランの王朝 (226〜651) 。
その名称は同王朝の祖先であり,イスタクルの祭司であったササンに由来する。アケメネス朝の再興を目指し,ゾロアスター教を国教とする神政国家の性格を有する中央集権的官僚国家を樹立したアルダシール1世は,226年アルサケス朝パルティア帝国のアルタバヌス5世を倒してクテシフォンを都とした。
アルダシールの子シャプール1世 (在位 241〜272) のとき,軍事力は絶頂に達し,アルメニアの占領,ローマ皇帝ウァレリアヌス (在位 253〜260) をシリアのエデッサ付近で捕虜にするなどの功績をあげている。
エフタル族などの外敵を駆逐して帝国を再び安定させたのは東洋的聖王といわれるホスロー1世 (在位 531〜579) で,その領土は西はシリアのアンチオキア,東はアムダリア (オクソス川) 地方,南はアラビア半島のイエメンにまで及び,ゾロアスター教を基礎とする文化的発展とともにササン朝の黄金期を築き上げた。
しかし戦争の連続で国力の消耗は著しく,それに伴って,国政はゾロアスター教僧侶や貴族の専横によって左右されるにいたり,ヤズデゲルド3世のとき王朝は 30代,425年間の命脈を絶った。
しかし帝国滅亡後もその政治制度は長くイスラム国家に継承され,さらにゾロアスター教の経典『アベスタ』の翻訳,注解,ササン朝美術などの文化遺産が後代に与えた影響は大きい。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]


祠、拝殿、本殿

 ペルシャと日本はササン朝以前から深い縁があります。アケメネス朝以前です。
インドとペルシャが重なっていた時期もあります。どんな行政区分だったのかは不明です。最古のペルシャはエラムです。

 所在不明のジーロフトというのが胎蔵界の人たちの国です。地上ではないのです。
それがエラムに成ったそうです。蛇のりんごの羅沙毒に中った人が地上に出てしまったのです。人類の悲劇の始まりです。

 ササン朝も、当時創始されたばかりの新興宗教イスラムに滅ぼされました。この立教の背景は金の亡者クライシ族です。
この性で、日本には佐々木さん等が沢山いるのです。

 その佐々木さんも氏神様を知っているでしょうか?
拝火教の神はアフラ・マズダ、建御名方神様です。そして司法神はミトラ神、宇迦之御魂大神様です。

 そしてヤハヴェの神、田中大神様が建御名方神様の子孫だと言われています。
イスラムを嫌い、日本に来た方の子孫には、新興宗教などに騙されて欲しくないです。

 嘘っぱちの神仏、本尊を祭った邪教に、天誅が堕ちるのを、お祈りいたします。
正しき思いの訪問者の皆様に感謝いたします。
   
 +(-_-;) 


 大山咋神様の神紋

平成23年10月11日

 鴻巣花火大会の最初に大山咋神様が出てきたことを御説明いたします。
神代のことを説明しないと話が進みません。訪問数の浅い方は、いきなり全てを理解することは不可能です。

 昨日撮影した大山咋神様です。山末の大神です。
地表を覆っている汚いのがのが無明です。悪霊の棲むところです。

大山咋神様

 下の地図の糠田運動公園が花火会場でした。
荒川を挟んで、無数の神々が降臨してきたのです。動画のとおりです。

糠田運動公園

 下の地図には、荒川の向こうに古名(こみょう)、大和田と地名があります。この辺が大事です。
これは、オキネさんに教えてもらったイスラエルの民の地名です。明秋とは盟主の意味だったそうです。糠田も広かったそうです。

古名、大和田

 かねてより謎だったクロップマークがあります。
航空写真にしか見えません。

クロップマーク)

 その秘密を神々にお尋ねしました。
あれはエジプト・ルクソールの紋なのだそうです。あちこちにあります。

 ベンツのマークにも似ています。ベンツの創業者はカール・ベンツと言います。
ルクソール、カルナック神殿のカルです。日本にも軽皇子という方がいました。

 カルとは遠い氏神様、金星の方です。大山咋神様の氏子、子孫です。

カルナック神殿

 古名新田とは古名神殿だったそうです。
やはりダニエルも縁なのだそうです。古名新田の皆さんのご挨拶です。

古名新田の皆さんのご挨拶

 木の所が古墳だそうです。
ウガヤ朝の17〜18代様の頃イスラエルから来た天狗さんです。当然、空を飛べたのです。

天狗さん

 こちらがベンツマークの方向です。

古名新田の皆さんのご挨拶

 こちらに見えるのは旧荒川の一部です。
あの左が古墳だったそうです。毎年、釣り大会をやっています。私はもちろん参加しません。

古名新田の皆さんのご挨拶

 こちらは釜寅の皆さんです。写真左に旧荒川のあと、大きな沼があります。
こちらの皆さんはウガヤ朝の29代様の頃に、この地に来たそうです。

釜寅の皆さん

 ここをずっと行くと、蓮沼と言う所があります。

 そこの方は、ウガヤの31代様の時に来られたそうです。
ここまで自転車で回って、疲れました。(^_^;

 神々のわからないことは、不幸なことです。
全国で秋祭りが行われているようです。

 氏神様をよく思いましょう。
   
 +(-_-;) 


 花火大会の神々

平成23年10月日

 鴻巣花火大会のβ版ができました。
撮影に使用したのは、ペンタックスのカメラと、カシオのカメラです。ご覧のような状況でした。

ペンタックスのカメラ

 久しぶりに、大間の土手に座りましたが、長時間のため、お尻が痛くなりました。
途中で花火の画像が入りきらなくなったため、カメラをカシオの広角のものに変更しました。それでも入りきりませんでした。(^_^;

 ペンタックスのは防水機能があるので、撮影中に雨が降ってきても安心です。
それで、出かける時はいつも携行しています。

 これは水の中でも使えるものです。今年は水中撮影の機会はないようです。
神々、仏様、天狗さん、眷属、妖精の皆さんです。

神々、仏様、天狗さん、眷属、妖精の皆さん

 同じ写真から撮った画像です。一枚の写真でも、どれほどの数の方がいるかは不明です。
お邪魔なのは、たいてい紛れ込みます。これが危険です。

神々、仏様、天狗さん、眷属、妖精の皆さん

 赤い光の玉が摩利支天(まりしてん)と呼ばれる方です。

摩利支天

 摩利支天のマルスとは火星です。火星の天狗さんです。
ローマ神話では戦いの神です。牛若丸に剣術を教えたそうです。武家が祭ったのは当然です。

 こちらは天狗の皆さんと、東国に縁が深いウガヤの天皇様です。

天狗の皆さん

ウガヤ29,30代様

ウガヤ31代様

 平成23年鴻巣花火大会の高画質版が完成しました。
撮影中は気が付かなかった子供の歓声が凄いです。



 撮影した土手の前の荒川周辺には無数の古墳があったのです。
今も吉見側には、結構あります。それが、土手に成ったのです。ところどころに石碑もあります。

 かっても、今も東国が日本の中心です。
中国人の嘘に騙されないようにしましょう。

 不明な事は、ここに居られる神様におたずね下さい。
   
 +(-_-;) 


 平成23年 鴻巣花火大会へ

平成23年10月9日

 昨日、鴻巣の花火大会に行って来ました。
以前申し上げたとおり、源氏の館跡にお邪魔しました。皆さんが待っていてくれました。

源氏の館跡に

 源氏の皆さんです。

源氏の館跡に

 源経基さんと家臣の皆さんです。

源氏の館跡に

 家臣の皆さんです。

源氏の館跡に

 家臣の皆さんです。
屋敷には八十人ほど居たそうです。

源氏の館跡に

 源氏の皆さんです。

源氏の皆さん

 この日は迦葉山の主、大迦葉さんも見えていました。
私も初めて見て、インドの方とは思いました。

大迦葉

 そして国王神社の如蔵尼様です。
女性らしい優しいお色です。

 ・・なんと、ネフェルテイテイの子孫なのだそうです。→「コン」
それで、凄い霊力なのです。

如蔵尼様

 そして、今月のテーマでもある、お釈迦様です。
もちろん大迦葉さんの師です。

お釈迦様

 今日の最後が花火です。
周りに神様がいっぱいです。

花火

 花火の動画は、只今作成中です。
明日には公開できるかと思います。

 源氏と平家、イエス様からお釈迦様まで、いろいろな方が私のサイトには来てくださいます。
大事なのは心のパラメーターです。

 お金では、いくら積んでも、高い世界との交霊など出来ません。
昨日判ったことは、神様も、花火がお好きです。(^_^;

 花火大会は、良いお祭りです。
   
 +(-_-;) 


 世界金融危機

平成23年10月8日

 ギリシャ、イタリアはじめ世界中で金融危機などのようです。

世界中で金融危機

 この原因は後進国でもそれなりの、世界市場で競争できる能力を持った商品が、作れるように成ったからです。

世界最安パソコン

 日本では人件費が高い、土地価格が高いので固定資産税が高い、おまけに現在は円まで高く、競争が大変です。
土地バブルを起こしてしまったことが、日本の大失敗でした。土地売買の過ちです。

 私は宅地は住む人のものだと思っています。天照皇大神様も、そう言っています。
農地も本来耕作人のものなので、マッカーサに解放されたのです。バカな侵略者が癌でした、土地の所有権など宇宙にはないのです。

 貨幣、金融などを発明したキチガイどもに、現在の世界の苦しみの責任があります。他にどこにあるでしょう。
こちらは、いつも日本の最高額紙幣の表紙だった聖徳太子です。針間の空で、左目から血の涙を流しています。

聖徳太子

 聖徳太子の選んでくれた花です。
十六花弁より、花弁は多いかもしれませんが、今日はこれしかありませんでした。綺麗です。

聖徳太子の選んでくれた花

 良い話題のない状況ですが、夜も明けるかもしれません。

太陽神アポロン 天手力男尊

 これから、避けては通れないハルマゲドンの戦いがあるのだと思います。

宇気母智大神様

 ハルマゲドンは、今の世(ノアの洪水以降)が始まった時から、アフラ・マズダ、建御名方神様に予言されていたことです。
来年のアメリカの大統領選も鍵です。アメリカのデモも大変です。失業率が10%に近いからです。

 アミが言うには、今の地球の地表の人類は、これが最後だそうです。
地震が日本中で起こっています。マヤの予言のようです。

 そして意外なことに、中国の水没もありえます。中国は地盤沈下が酷いからです。
中国の優秀な易者が、中国に2013年がない確率は8割以上だというのですから、信憑性もあります。

 何があっても、人類全体の自業自得です。
もはや、地球の貨幣経済も瀕死の状況です。

 嘘に惑わされない、優しい日々を過ごしましょう。
良い三連休をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 松尾(まつのお)大社に大山咋神様

平成23年10月7日

 伏見稲荷から松尾大社に行く方は多いです。
訪問者様も、沢山の方が、お参りされています。松尾山には、もと22社が祀られていたそうです。

松尾大社

 大山咋神様です。
ここはいい場所です。土蔵と水の流が調和されています。

大山咋神様

 向こうが、松尾山方面です。

松尾山方面

 天に見事な「大山」です。
大山咋神様です。

大山咋神様です。

 こちらは違う表情です。

大山咋神様です。

 掲示板に登場された、眷属のお猿さんです。
こちらのお猿さんは川崎大師から来たそうです。

眷属のお猿さん

 優しい顔が解ると思います。

綺麗なお花

 今日の写真も、関西の方に送っていただいたもの、掲示板のものです。
毎日、良い写真をいただき、感謝です。

 選んでくださるのは、神々、撮影者のご先祖様です。
カメラが好きだったというだけに、良い写真が多いです。

 空気も映る様な、そんな世界が、真実の世界です。
私の写真も不思議なのが沢山ありますが、この世の科学では説明できません。

 目に見える不思議な現象は、神々、仏様、その眷属によるものです。
薄暗い会場で、役者と手品師が見せる芸とは、文字通り次元が違うものです。

 大山咋神様は、山末の大神様です。伏見稲荷の稲荷上の社にも祀られているのです。
末とは「スエ」です。金星から来たという意味です。伊那・・→イナとは金星です。

 稲荷とは金星の使い(=吏)という意味です。皆さん(氏子)の平和を守るために来てくれたのです。
家内安全、心身健全が、人生の基礎です。

 悪いものを避けた、良い日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 伏見稲荷のイエス様

平成23年10月6日

 伏見稲荷のイエス様とは、キリスト者の皆さんには不思議かもしれません。
しかし、ここで学ぶ皆さんは田中(たなは)大神様はヤハヴェの神と知っておられます。

イエス様

 こちらは十二神です。ギリシャはもとより、世界中で祀られています。

十二神

 そして、ある方の息子さんが中学の修学旅行で撮影した金閣寺の滝の天狗さんです。

金閣寺の滝の天狗さん

 私のサイトで学ぶ方には、沢山の現象が起こり出します。
それは、神々、佛、天狗の皆さんが、正しい方に、心の世界を知らせたいからです。

綺麗なお花

 天狗さんのご縁の方も沢山います。お花を撮影してくださるのも、天狗さんの子孫の方です。
しかし、お子さんの霊性は様々なことがあります。

 行って良いところ悪いところは、親子でも様々に違います。
ゴルフ場の事故などもよくあります。

 人生の大事は、よく気をつけることです。
これは、お釈迦様の言葉です。自称ブッダなどおりません。

 静かな日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 市内ミタンニの開運

平成23年10月日

 鴻巣市内のミタンニと言えば、箕田というところです。
ここがメインの交差点です。

箕田南

 重要なところなので解説をします。

ミタンニ王国
ミタンニおうこく

 古代オリエントの王国。Mitanni。
支配階級はインド・アーリヤ系。前2千年紀前半,フルリ系民族にひき続いてメソポタミア,シリアに侵入,馬と戦車戦術を広めた。
小アジア南部・シリアを支配し,エジプトとも通交。前16,15世紀に最盛期を迎えたが,後に分裂して,前14世紀ヒッタイトとアッシリアに滅ぼされた。
その首都ワシュガンニの遺跡は未発見。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス



フルリ(古里)人→故郷、故里
フルリじん(旧約聖書のホリ人→ホーリーカーバ、堀川)「古」が付く地名、人名は、この縁が多いのです。イスラエル関連です。
Hurrians

 前2千年紀のオリエントの歴史と文化に重要な役割を果たした民族。
メソポタミアのウル第3王朝の史料にすでにフルリ人の人名や地名が現れる。チグリス川左岸やザグロス山脈に居住していたと推定される。
 しかし前2千年紀初頭からしだいに西方に移動し,とりわけインド=ヨーロッパ語族の南下に影響されたとみられるその移動は大規模で,ザグロス山脈とバン湖の間の地方から出て,前 18世紀にはシャムシ=アダド1世のアッシリアを滅ぼし,チグリス川の東にヌジ (ヌズ) という都市 (→ヌジ遺跡 ) を建てて通商の一大中心地とした。
またシリア各地やアナトリア東辺部にも入植し,ヒッタイト人と隣接するにいたった。当時北メソポタミアがフルリ人の最も多く住んだところであった。
 前 15世紀アーリア系の貴族のもとイランの山岳地帯からシリアを支配するミタンニ王国を形成,ワシュカンニを首都とした。
エジプトとは,トゥトモス3世のときシリアの支配権をめぐって争ったが,アメンホテプ3世時代には友好関係を保ち,両王家の婚姻も行なわれた。
 しかし前 14世紀中頃シュッピルリウマシュ1世のもとに勢力増大したヒッタイト帝国と戦って敗れ,ミタンニ王マッティワザはヒッタイトに臣従。
またアッシリアも再び独立したため,政治的には支配力を失ったが,キリキアのキズワトナ王国やシリアの諸都市のフルリ人は経済的・文化的勢力を持続し,ヒッタイト帝国の宗教,文学ばかりでなく,王家の血統にもフルリ的色彩を色濃く残した。
 シリアの海港ウガリトでも同様であった。アルメニア山中のハヤシャ王国を除いて,前2千年紀末までに民族的集団としてのフルリ人は消滅した。フルリ人の言語 (→フルリ語 ) は現在では死語となっているが,カフカズ (コーカサス) 地方のグルジア系諸語はその系統をひくという説もある。

[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
 その地の中心は、この周辺でした。

ミタンニ王国ワシュカンニ

 ここも倭国だったのだそうです。
昔は鴻巣にも周堀のある円墳が沢山あったのです。丸墓山の小さいやつです。丸墓山にも周堀があったのです。名残は残っています。

 そして、箕田には、後に箕田源氏という武士が出たわけです。イエメンの人です。
源仕という方が有名です。

 ミタンニの王様です。家来、家臣の方も沢山います。

ミタンニの王様

 これは天狗さんの霊力です。
元画像は、こちらです。上が川崎大師の天狗さんです。

川崎大師の天狗さん

 川崎大師の天狗さんのアップです。→「コン」

川崎大師の天狗さん

 ご縁の深い田中(たなは)大神様です。

田中大神様

 昨日頂いた伏見稲荷の写真です。もうじき改修工事は終わるそうです。

伏見稲荷の写真

 神代の王様は文字通り「大」だったのだそうです。既に写真でご紹介致しました。
今の巨人症というのは、たかが知れた大きさです。せいぜいが8尺(2.4メーター)程度です。

 かっての王様は、文字通り人種、御先祖様が違ったのです。悪を撃つ大魔神という存在だったようです。
ホリという人も、どこにも沢山いますが、色が白い人は知りません。ホリ族は、知っている限り、皆、浅黒です。

 川崎大師の「川」も、ナイル川ばかりでなく、チグリス、ユーフラテス河も意味しているとは思っていました。
この先、天海上人御縁の、大山咋神を祀る三ツ木神社近くには川面(かわづら)という地名もあります。

 「かわづ」にもいろいろな意味があるようです。
ミタンニのムラジ(連)の皆さんはご苦労様でした。

 ・・生出塚神社のご祭神、ヲキネさんも嬉しいそうです。
精霊の皆さんの不思議な光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 目は心の窓

平成23年10月4日

 芸能人でもテリー◯◯さんなど、俗にいうロンパリの方がいます。医学的には斜視というそうです。
程度の差はありますが、どこにもいるようです。


斜視(しゃし)squint
俗に寄り目,やぶにらみという。ある物体を凝視したとき,一眼は目標に向うが,他眼 (斜視眼) は向かない状態をいう。視力の異常を伴う。視線のずれ方によって,外斜視,内斜視,上斜視,下斜視に分けられる。両眼が交代して斜視になるものは交代性斜視という。また,両眼で注視すると正位をとるが,一眼をおおうと他眼が偏位する潜在性斜視 (斜位) がある。別に,眼筋麻痺のために起る麻痺性斜視があり,この場合は複視を訴える。子供の斜視は,できるだけ早く眼科専門医の診療を受ける必要がある。治療は手術で眼球を正位に復し,大型弱視鏡などで両眼視の訓練を行う。ただし,遠視を伴う調節性内斜視には手術は行わず,遠視めがねの装用あるいは抗コリンエステラーゼ剤の点眼をする。 [ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
 目に出るものは、ご先祖様の業から出ることが多いのです。徴だからです。役人の業だそうです。
修復不可能なような、肉体的、精神的な、自分の業が出る方も当然います。

お花

 ロンパリは、ご先祖様の生業の問題から、子孫に出ることが多いそうです。
阿漕(あこぎ)な事をすれば当然です。

あこぎ【阿漕】
(地名「阿漕ヶ浦」の略。古今和歌集六帖3「逢ふことを―の島に引く鯛のたびかさならば人も知りなむ」の歌による)
@たびかさなること。源平盛衰記8「重ねて聞し召す事の有ければこそ―とは仰せけめ」
A転じて、際限なくむさぼること。また、あつかましいさま。ひどく扱うさま。狂言、比丘貞「―やの―やの今のさへ漸と舞うた、もう許してくれさしめ」。「―な仕打ち」
B能。伊勢国阿漕ヶ浦の漁夫が密漁して海に沈められ、地獄で苦しむさまを描く。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 阿漕と言えば、やはり筆頭は天下りする役人です。それに金貸し、新興宗教、地主共です。
役人どもは水でも大儲けをしました。地域格差が巨大です。役人どもは、地獄以外に、死後の行き場はありません。

役人どもは水でも大儲け

 国民年金で暮らす高齢者から、保険税などの延滞税も、「14%」を、未だに毟っています。
役人の神経はキチガイどもです。悪魔としか言いようがありません。

 これを野放しにしたのは悪しき議員どもです。同じ穴のムジナどもです。
この表の出来た時点での水道料金は立米当たりの最高値が夕張市の約154円で最安値は赤穂の立米当たり約21円です。

 これでは低所得者は市外へ転出するのは当然です。
鴻巣でも水道料金は異常な高値です。立米当たり115円くらいになります。

 これは巨額な借金を抱えた吹上町に騙され、合併したのも大きな原因だそうです。
水は止められると、命にかかわります。水道料金の格差は、選挙の一票の格差より重大です。

 同じ国内で、水の値段が7倍以上違うというのは異常です。鴻巣も水道が出来た当初は、立米20円くらいだったと思います。
これも原発と同じで、後から後から経費が増え、市民は負担が増えるばかりです。

 昭和30年代前半は、水道など普及していなかったのです。どこにも井戸がありました。
日本では、どこにも十分な水もあったのです。水道の水より、ずっと良い水です。今でも水道の水は浄水器がないと飲めません。

 悪魔(役人)が考えることは、住民に苦しみを増やすことだけです。他に言いようはありません、現実です。
「吉外」じみた水道料金も、払わないなら、水道を止めると、悪魔どもはほざきます。


優しいお花

 かって、平将門も住民の苦しみを見兼ねて反乱を起こしたのです。
苦労して作った米を、なんで、侵略者共にいくらでも取られなければいけないのか?

 ただ搾取されるなど、誰でも嫌です。
バカな役人どもは、日本の過疎は自分らの責任だと夢にも気がつけないのです。

 これが、多くの国民の素朴な思いです。
ガス、電気、水道、全ての公共料金を底辺の国民の生活が成り立つものにすべきです。

 電気料金など、嘘の塊だったとマスコミでも言っています。高すぎました。
政治家など肉を食い、嘘がつける人間でないと成れません。ここに来る人が出来るものではないのです。下人の世界です。

 東電の前社長は辞める前に1億円の住宅ローンを返済とも言われています。
一体どこから金が出てきたのでしょう。NHKの会長の退職金のようなものなのでしょうか。あれも税金です。ふざけすぎです。

 その悪の根の役人の給料も数も、民主党の公約、「2割削減」とは、全くかけ離れています。
いつも役人どもには、怒りでいっぱいです。千葉の子供を殺したという知的障害者も冤罪の疑いが強いと騒がれています。

 見ても、刑事責任が問えそうな感じもありません。事実はどこにあるのか不明です。役人は業務の時間さえ潰せばいいのです。
方針の決められた裁判では、無実でも無罪にはならないのです。どこの国でも、沢山あるようですが、日本も酷いのです。

 いつも、中国人思想=役人への怒りでいっぱいです。
そんな時にも、神々は来てくださいます。同じ思いだからです。先ほど撮影した大山咋神様、咤枳尼眞天(だきにしんてん)様です。

大山咋神様

 天界の神々です。

天界の神々

 神々の思いが伝わるでしょうか?
一部の腐った役人どものために、この世は、既に末期です。

 正眼でモノを見るようにしましょう。
まともな魂の方には、正しい認識が発生すると思います。
   
 +(-_-;) 


 国家の防衛

平成23年10月3日

 今の地球で最も危険な国は、もちろん中国です。
すべてを他国から盗もうとしているからです。

盗人中国

 神代の昔から、中国は、さんざん日本に侵略を繰り返してきたのだそうです。
そして、出雲朝を滅ぼし、鹿島の武神も殺したのです。そして沢山の嘘が中国人に撒かれたのです。

 今や、世界の女性の富豪の三分の二は中国人だそうですが、お笑いです。
バブルなど、一度弾ければ、あっという間に財産価値など消え失せるからです。株も紙くずです。今は紙くずすら残りません。

 日本でも二十数年前、そんな恐ろしい時代がありました。都市銀行まで潰れたのです。
これから中国で起こるバブル崩壊は、まさに人類の歴史上最大のものに成ります。

 ・・すでに崩壊は始まっているそうです。やはりという感じです。
こちらは針間の空の龍神様、神々、天狗さんです。

針間の空の神々、天狗さん

 そして、綺麗なお花の側にいるのは撮影者のご先祖様だそうです。
天狗さんです。天狗さんは、神通力で、変幻自在なのです。

撮影者のご先祖様

 不思議な写真ですが、全ては真実です。
強制起訴された議員は、中国に関わりすぎたのかもしれません。

 この議員関連の裁判は、国家防衛をするための判決が必要なのです。
たしか、中国との国交回復は、この議員の師匠がしたものです。

 頭のよい訪問者の皆さんには、道理が見えるかと思います。
現在の中国は思い上がり、既に腐ってしまったということです。世界が、そう思っています。

 在日の中国の皆さんは、放射能が危険なので、早く国に帰りましょう。
ネットの接続もお断りです。

 中国の皆さんは、もう日本には来ないでください。
神々のお気持ちです。
   
 +(-_-;) 


 一日のお参り

平成23年10月2日

 昨日は本倉稲荷神社、三ツ木神社にお参りに行って来ました。
最初は道中で撮影した自前の花の写真です。逆光でした。

花の写真

 天上の神々は、よく撮れました。

天上の神々

 お世話になっている本倉稲荷神社です。

本倉稲荷神社

 そして、大山祇神様です。
あの空の下に大事な土地があります。

大山祇神様

 こちらは、山王様、大山咋神様を祀る三ツ木神社です。
屋根の上に眷属のお猿さんがいます。

三ツ木神社

 神社から出たところです。
神々眷属の皆さんです。向こうが埼玉(さきたま)方面です。

神々眷属の皆さん

 17号からさきたま方面を撮影しました。
お世話になっている大山咋神様、神々、眷属の皆さんです。

大山咋神様、神々、眷属の皆さん

 そして、その直後にやって来るのが、おじゃま虫です。

おじゃま虫

 見て、霊域の違いを感じないといけません。
こちらは、少し走ったところの、箕田八幡田の、八幡神社方面です。優しそうな無数の神々です。

 この八幡様には大山阿夫利神社という銘もあります。→「コン」
火の神アフラ・マズダは建御名方神様です。

八幡神社方面)

 それぞれの写真は、見た瞬間に感じるものが違うと思います。
ここが大切です。

 こちらは今日の厳選の花です。

今日の厳選の花

 もう一枚です。
蜂の仕草が優しいです。→「コン」

今日の厳選の花

 この辺りは稲刈りが最盛期のようです。
優しい光の神々に感謝です。
   
 +(-_-;) 


 十月 昌平 水精

平成23年10月1日

 今日から十月です。十月にも秘密がいっぱいです。Octoberは形容詞的存在の名詞です。通常十月を表します。
本来は8番目の月です。ローマ暦では八月です。octagonは八角形です。octopas(タコ)は八本の足という意味です。

 昌平とは、中国人ではありません。
由来は孔子の生まれた土地、地名だったそうです。中国のものは嫌いです。これは日本の言葉です。こちらが神田の昌平橋です。

2011-10-01-00.jpg(107468 byte)
しょう‐へい【昌平】シヤウ‥ 国運が盛んで、世の中が平和なこと。泰平。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 何故、孔子廟など造ったのかというと林系の渡来人子孫が造ったようです。傭兵に使った者たちです。
孔子も皇祖皇太神宮で神道を学んだそうですので、帰化人のうちかもしれません。歴史の真実改竄など中国人には朝飯前です。

 今も、かっての悪さを真似し、他国のコンピューターに侵入して秘密を盗もうとしています。
まさに盗人国家です。中国がバカなロケットを打ち上げ始めましたが、かって滅亡したムーの再来のようです。

 今は先進国の軍部は核弾頭の付く大陸弾道弾を抱えています。
アミがいう最後の時を迎えた星でも、これが無数に降り注いだのだそうです。沢山の国が秘密裏に持っているのです。

 バカどもの苦労は知ったことではありません。それは、ここで学ぶ皆さんにとって下界のことです。
さて水精という言葉も皆さんは聞いたことがあると思います。広辞苑では以下のようです。


すい‐せい【水精】 水の精。月をいう。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ところが実際は、こちらです。

水精

 水の中では魚のような気もしますが、飛んでいます。
もちろん跳ねている魚はいませんでした。

 拡大すると、フライング◯◯とか言うものにも似ています。
不思議なものがいます。カメラに映ります。有機体です。

 ・・太田姫稲荷神社のお狐さんによると、あの魚にも敵がいるそうです。蛇だそうです。この世と同じです。
肉魚を食うものには、その蛇が来るのだそうです。黒い恐ろしいやつです。

 かって毎日通った道も、だいぶ変わってしまいました。
しかし、このラーメン屋の看板だけは30年以上変わっていません。それと丸善、ニコライ堂などもです。

ラーメン屋の看板
 本は生協で割引があったので、全てそこで買っていました。生協は太田姫稲荷神社の鳥居の前でした。
同窓のものは、太田姫稲荷神社のお狐さんと縁の深いものが多かったのだそうです。

 ところが人の魂も、縁も、何も解らず人生を終えていくものが、今の人類の99.9%以上です。
真実を求めるものは、多くが、悪魔の罠である新興宗教に騙されます。

 騙される方の悲惨な人生は神仏のせいではありません。
今月は日記のトップをお釈迦様にしたのは、そのためもあります。お釈迦様を語るものには、正直、怒りを覚えるからです。

綺麗なお花

 昨日も針間からお花を贈って頂きました。これは釈迦牟尼の選んだお花です。
自称「ブッダ」に騙されている皆さんは、ここに掲載した一丈六尺のお釈迦様と、詐欺師を、よく比べてみてください。

 大事な人生の喜びを、詐欺師に奪われてはいけません。
良い月初め、日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;)