2月の日記

 月末です。

平成23年1月31日

 明日から2月です。毎年、同じような感じですが、今年は少し、雪の多いところが多いようです。
山陰から北陸まですごい雪で、雪下ろしに苦労される方が多いようです。ご苦労様です。

 末と言えば、古事記にもある山末の神、大山咋神様です。
そのはじめは、サルゴンが造った都、アッカドです。

 そこに住んだ人がアッカド人です。そことは台地の部分です。皆さんに紹介した高天原というところです。
そして、その台地に住めない人が、シュメール人だったのだそうです。

 神猿さんは甲山古墳でも一番上におられます。
実は、高尾山も薬王院より、上の本社というところにお参りに来て欲しいのだそうです。

 このサルゴンという方は、ウガヤ朝の11代の天皇なのだそうです。
ワザキリツルギヒコノスミラミコトアメヒノミヒカリヨモツクニオムヤノスミラミコトという方です。

ウガヤ朝の11代の天皇

 この方は、万国棟梁天皇という称号です。
台地の下の土地を「WADI」=倭地といいます。倭国とはこのことです。上にいたのはサルゴンです。

 この方が倭王(=輪王、輪王寺)です。それは天皇の事であったというと理解もできると思います。
かっては国境などなかったのです。金の亡者が塀を作り、天皇の領民を奪い、自分の国などと言い出したのだそうです。

 それがウガヤ朝の終盤なのだそうです。生きた猿を殺して生で脳みそを食らう、あの悪魔の国の者たちです。
苗字、地名の谷や川は、この倭地のことであることも多いのです。「WADI」は水の枯れた川を現すとされています。

 そんな氏神様を思い、その土地の領主が苗字を決めたところは多いのだそうです。
田中、佐藤、鈴木、和田、高橋など、多くの方は、その氏神様を理解できてきたと思います。

 こちらは大山咋神様の眷属、お猿さんです。
立派な姿で登場してくださいました。

大山咋神様の眷属、お猿さん

 悪魔の国が日本に攻めてきたのは、ウガヤ31代様の頃だそうです。
そして、天照大神様を祀っていた出雲も完全に滅ぼされてしまったのだそうです。

 今月は掲示板荒らしが来たり、嫌なこともありました。
秋葉原事件で、加藤に殺された被害者の方は、加藤を凶気に走らせた掲示板荒らしも呪うべきです。

 今年はうさぎ年で調神社が大ブレークしています。
最後に、大山咋神様のご挨拶です。

大山咋神様のご挨拶

 本当の意味で、新年の挨拶かと思います。
倭国に悩んだ皆さんには、よい日記になったかと思います。
   
 +(-_-;) 


 北島神社

平成23年1月30日

 富山県の北島神社のご祭神様が参られました。
富山県の神社のご祭神様は、ペルシャの方が多いのは、既に何年か前に紹介いたしました。

富山県の北島神社

 かっての大国、ペルシャやバクダッドから来た人も多いのです。上市(かみいち)とはウル、ウルクから氏神様が来たということです。
中東の王族は引退すると出家したようです。日本の天皇も出家した方は多いです。

 北島神社は、応神天皇、神功皇后、(ひめ)大神を祀るとされているようです。
応神天皇、神功皇后は体裁を守るため、合祀されたようです。私のところに来たのは比盗_という方です。

 白山姫神社の白山菊理媛というのも、この方なのだそうです。
その理由がムハンマドとの縁なのだそうです。

ハールーン・アッ=ラシード  この方がアッバース朝の第5代カリフなのだそうです。そして日本で比盗_として祀られたのだそうです。
日本では神職として過ごしたそうです。ムハンマドが富山県に来たのは竹内文書にある通りのようです。

アッバースちょう Abbasids; `Abbs 中央アジア,西アジア,北アフリカを支配したイスラム王朝 (750〜1258) 。第2代カリフ,マンスール (在位 754〜775) は「平和の都」バグダードを築いて首都とし,政治,経済,文化の中心地とした。 マンスールはまたペルシア的な官僚制度を導入してカリフをその頂点とする中央集権的な国家体制を整えた。 しかし9世紀後半になるとカリフ権力が弱体化し,地方に独立政権が次々と誕生して,945年にはバグダードもブワイフ朝のアミール政権のもとにおかれ,1055年からはセルジューク朝の保護下にあった。 12世紀中頃からカリフはイラク地方の統治権を回復したが,1258年モンゴル軍のバグダード攻略によって,ついにアッバース朝は崩壊した。 [ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
カリフ(英語: Caliph)あるいはハリーファ(アラビア語: ?????? khal?fa) は、預言者ムハンマド亡き後のイスラーム共同体、イスラーム国家の指導者、最高権威者の称号である。原義は「代理人」である。
 アッバース朝は、バクダッドの後もカイロで存続したそうです。
それで、埼玉(さきたま)の白山姫神社の方はエジプトから来たと言われたのです。
 何しろ、シュメール文明は八千年以上前であるとも言われています。
今の公の歴史が、いかに嘘の上塗りか、感じられると思います。
 欲に凝り固まった役人権力者は、粛清改易が必要なのです。
 実は、ムハンマド(マホメット)がイスラム教を始めるまでは、中東でも八幡様をお祭りしていたのだそうです。
イエメンの太陽神殿でもわかります。八面の八柱の神々です。→64

 ところがマホメットは蛇に騙されてしまったわけです。
それでイスラム圏では、血の争いが絶えません。

 アッバース朝の5代様は、身内を粛清して日本へと来たのだそうです。
それで、故郷には記録などありません。北島神社が、その証なのだそうです。こちらは地球救済計画の司令官です。

地球救済計画の司令官

 久しぶりの登場です。昨日の写真です。
牛と縁の深い、ご祭神様の話で、良いかと思います。綺麗に撮れる写真は少ないです。次はミカドです。

ミカド

 天照大神様のご縁の土地で写したものです。これも昨日のものです。
八幡様に比盗_様がセットの理由もなんとなく理解できたかと思います。

 白山菊理媛はアッバース朝のカリフだったということです。
それで白山神社も沢山あるわけです。その氏子は一緒に日本に来た人たちと縁のある人たちです。

 白山菊理媛に教えてもらわなければ、こんな事は絶対に解りませんでした。
それにしても事実は小説より不思議です。

 白山菊理媛様は、開運、おめでとうございます。
   
 +(-_-;) 


 秩序とは

平成23年1月29日

 人間社会には秩序がないと成り立ちません。
これは明文化されていなくても法というものです。

 ところが教員や裁判官が、これを理解出来ないものが多いのです。
これでは日本は現状は駄目です。


ちつ‐じょ【秩序】
@物事の条理。物事の正しい順序・筋道。次第。中村正直、西国立志編「整然として―ありて」
A特に、社会などの規則立った関係。「安寧―」
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 判断を誤った裁判官は、近いうちに簡裁に送られると思います。話になりません。
それにしても、日本人の皮をかぶった悪魔どもが鬱陶しいです。

 悪魔どもは、裁判官など役人や教員に化け、日本を滅ぼそうとしているのです。これを草というのです。見ての通りです。
時には、国文学者などにも化け、歴史も捏造するのです。それで、とんでもない歴史、神話もできたのです。

 そして、(おぞま)しき反天連の者たちの中身もそうです。
天皇陛下は人間としての戸籍、苗字もないので、虚仮にしても名誉毀損にならないなどと主張して、馬鹿な行動をしているのです。

 あんなデモを許可する公安、警察も、岡ざきトミ子のような売国奴、草が多いようです。腹がたつのが、まともな日本人です。
エジプトのデモも拡大しました。どうなるかは不明ですが、神代にも、あんな事があったのです。

 それがアテン神を祭ったアマルナ時代などです。アマルナの人は既に述べた余目に来たのです。
アクエンアテンから悪縁という言葉にもなりそうです。発音は土地や時代、人種で変わります。微妙なものです。

 アメンホテプ4世は霊的能力に乏しく、悪霊を祭ってしまったのだそうです。新興宗教そのものです。皆さんにお見せしている天空のバッテンを付けた者たちです。 そのためネフェルテイテイが、アメンホテプ4世は吉外だったというわけです。

 その当時の土地からはアマルナ文書というのが発見されています。

アマルナ文書

 これもシカゴにあります。書かれているのはペルシャのくさび形文字だそうです。
かってのオリエント世界は大きかったのです。これが日枝の世界です。

 そこにギリシャ(くま)、イタリア(伊、板)などが侵攻してきたのです。
ササン朝の人も、杜氏や神職、坊主として沢山日本に来たのです。(=ささ)ウルクの人が来たのは牛久です。ウルとは、牛と、だいぶ以前に申し上げました。

 たまに来た人が、私のサイト理解できず、私に文句を付けてきたら天誅がないほうがおかしいのです。
地名の項目にも、毎日たくさんの人が来ています。

 はっきり言って、興味本位の低能の馬鹿には来てもらうと迷惑です。→「コン」
その上、私に精神秋に行けといった者には天誅が落ちたそうです。当然です。

 地獄に堕ちた馬鹿、役人どもは、皆が寒いと呻いていますが、それは当然です。
君が代にもケチをつける、ふざけた教員どもも、皆地獄落ちは当然です。

 ここは下人が来るところではありません。
肉を喰うのが、ほとんど下人です。
   
 +(-_-;) 


 災い来たれり

平成23年1月28日

 昨年より、宮崎県では口蹄疫(こうていえき)、鳥インフルエンザと農家に災いが続いています。
そして、今度は火山の害です。

 神武天皇が言うには、これは神社が、祭祀のあり方の間違いをしているからだそうです。
詳細は知りません。しかし、天災とは、そのようなときに起こるのです。

 そもそも、牛や鳥を殺して食うなど、とんでもない間違いなのです。
こちらが新燃岳だそうです。

新燃岳

 兎の耳と言われるところだそうです。
噴煙の中にいるのは、他所の星の悪霊です。地域の神社の宮司の心が間違っていては、神々もどうにも成りません。

 悪霊どもは、日本を虚仮にした中国人のようなものです。
天空の馬鹿どもです。ご覧のとおりです。

天空の馬鹿ども

 こちらも悪霊です。
以前に似たのが札幌の宮司が愚図な神社にも現れました。

悪霊

 この愚図どもは、人の心が招いたのです。
この土地も神代からの、天空との連絡所だそうです。

天空との連絡所

 愚図を引っ張ってしまったのも自己責任です。
肉など食ってはいけません。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 システムメンテ

平成23年1月27日

 パソコンは便利ですが、時に故障もあります。
毎日のバックアップは当然ですが、それでも予期せぬ故障はあります。

 ハードの不調、故障はもちろん、瞬間的な停電などによるソフト面の故障です。
これを避けるには、バッテリーのバックアップをつける事が必要です。

 しかし、このバッテリーは長持ちせず、瞬間的な停電もめったに起こりません。
それで、私も今はノート以外はバッテリーをつけていません。

 不思議な事に、こんな時停電はやってきます。
そして、故障も続きます。こんな事故のサイクルは人智を超えたものです。

 アメリカの大統領は、万一の事故に備え、副大統領以下、バックアップが10人以上居るそうです。
その序列も決まっているのです。

 徳川家康も、影武者が五人居たと言われますが、実際はもっと居たのだそうです。
毒を盛られ亡くなった人も居るようです。それで、毒見役が居ました。

 将軍は温かいご飯は食べられなかったのです。毒見役が食べて、30分は様子を見たからです。
将軍とは、命がけの、とても大変な役目だったようです。関が原でも死んでいるという話は有名です。

 すると、日光に葬られた徳川家康は、一体、何人目かは秘密です。
何しろ、江戸城内にも、将軍の命を狙う沢山の忍者が居たようです。これも草です。

神々、眷属

 今、坂本竜馬などの写真を見ても、皆、色が黒く、縮れ毛が多いです。
高知も「甲地」だそうです。土佐=十三(とさ)です。

 この先もありますが、まことの密教なので教えられません。
病気が治るだとか、金が儲かるなどと言うのは密教ではありません。欲ボケの戯言(たわごと)です。

 挙句の果てに、自分の法力なら、どんな人間でも延命できるなど、馬鹿の言う事を聞いてはいけません。
あまりに、手品、役者で人を騙す詐欺師が多すぎます。こちらは天神様です。

天神様

 この天神様も、安全な神様です。
いくら拝んでいただいても問題はありません。

 ちゃんとした、良い神様、仏天なら、ちゃんと眷属が来てくれるのです。
・・祈りに応えて〜♪慰めたまわん〜♪ということです。

 心の御手入れも良くしましょう。
   
 +(-_-;) 


 死に往く街角

平成23年1月26日

 街中が死んでゆくのは、今や日本中同じ様です。
市内でも、昭和39年より、40年以上に亘り存続したスーパーが閉店になるそうです。

与野フード鴻巣店

 時代の流れで、誰も抗えません。
こちらが閉店のお知らせです。

閉店のお知らせ

 駅前に大きなスーパーが出来たのも原因です。中山道周辺でも沢山の店が消えていきました。
人の命も肉体的には、あっという間に終わります。今の人の寿命は僅か数十年、良くても百年程度です。

 快楽を得る為に過ごした人生では、次の世は畜生、蛇と言うことです。
これを抜けるのが仏教が説く解脱です。その基礎が、黒蛇、野狐、野狸、悪霊に騙されない事です。

 悪霊に騙されず、悪いものを祓うといって新興宗教は人を騙すのです。病気が治る、お金が儲かると言うのです。
それは皆嘘です。教祖の口から出任せです。何しろ、新興宗教には、眷属の修行を落第したものが多いのです。。

 中には眷属では上位になれないので、新興宗教の教祖に憑いたのも居ます。
その方が、簡単にご馳走にありつけるからです。

 これで、人を救えといっても無理です。
霊験あらたかな神社仏閣には、ちゃんと、本当の眷族が居るのです。皆さんも解かってきたかと思います。

 関東の三大師というと、私が勧めるのは川崎大師だけです。
昨日、川崎大師のお狐さんを御手伝いしている大狸、弟子の狸たちが挨拶に来てくれました。

川崎大師の狸の皆さん

 一昨日、私のところにお参りに来てくれたのが、弟子の狸です。
もちろん川崎大師の天狗さんも来てくれました。

川崎大師の天狗さん

 私が忙しくて、川崎大師に行けないので、向こうから来てくれたのです。
これだけ見事な姿を見せていただくと、川崎大師のご利益も感じられるかもしれません。

 幸か不幸か、金の亡者も、そんな仏様や眷属の力は解かるのです。それで川崎大師には大きな寄進があるのです。
神社仏閣を維持するにも、大変な経費が掛かります。その維持は必要なのです。

 そして、訪問者の皆さんにも、良い神社仏閣と、そうでないところは、分けていただかないといけません。
秋葉原事件ではありませんが、この世では、何処で邪霊が待ち構えるかもしれないのです。

 私は、お使いに行く時も、社主に尋ねています。悪い店は行きません。
この世的な評価の先に、良い人生があるということは少ないのです。

 この世的な評価は、悪魔の提灯です。
それに群がったら、悪魔に食われると言う事です。真理です。

 イエス様は、祈る時は戸を閉めて、誰にも見られぬよう祈りなさいと申されました。
アメン神とはYemenの太陽神殿を祭る言葉です。アーメンと言うのは、本来はエーメンです。

 ヤハヴェの神のヤハヴェとはヤベ=矢部、谷部、薮などと成ったのです。
最初に言葉ありき、言葉は神であったと言うのが旧約聖書の始まりです。

 ご先祖様の言葉の意味さえ忘れてしまった人たちが、悪魔に騙されてしまったのです。
アメン神の、「あ」は阿(曲がったもの)ではなかったと言う事です。→「コン」

 語りつくせぬ、言葉の「音」意味が解かってくれば、世は違う目で見られると思います。
神も仏も、眷属の神猿、稲荷狐、狸も白蛇も、全ては実在のものです。

 もちろん、アミも居るのです。
良い神社仏閣、神棚にお祈りして、悪霊に絡まれぬ、よい日々を過ごしましょう。

 狸も猫舌なので、お供えは、蕎麦もうどんも、冷えたものが良いそうです。
天狗さんは、納豆も好物だそうです。私も、朝、食前に毎日お供えしています。

 天海上人が納豆が好きだったと言うのは、これも理由なのです。
密法をひとつ申し上げました。これは皆さんの健康に直結します。

 肉は食わずに日々納豆、蕎麦、うどんが健康のもとです。
   
 +(-_-;) 


 学者と言う名の盗人ども

平成23年1月25日

 日本の仁徳天皇稜から発見された宝も、何故かアメリカにあるそうです。当時の県令が私腹を肥やすのに売ってしまったそうです。
県令は後に知事と言う名になったのですが、中国で県の長官だったそうです。やはり卑しいです。

 仁徳天皇稜は、大阪では貴重な、まともな古墳です。その秘密は公には語りきれません。
何処の国にも同じ様な事があるようです。侵略者は悪いです。

ネフェルテイテイ

 ネフェルテイテイの夫はアクナートン、もしくはイクナートンと呼ばれます。

イクナートン (アクナートン)

 エジプト第18王朝の王(在位前1364年ころ―前1347年ころ)。アメンヘテプ3世の子。
唯一神アテンの信仰を唱導し,アメン神殿を閉鎖,神々の礼拝を禁じ,名をアメンヘテプ4世からイクナートンと改め,都をテーベからアマルナ(古名アケトアテン)に移した。

 反伝統的な〈宗教改革〉や内・外政の失敗で,〈アマルナ時代〉は一代で終焉した。
ネフェルティティは妃,ツタンカーメンは後継者。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス

 今も凄い光でネフェルテイテイがやって来ました。私が、今生で、一番世に伝えないといけないところかもしれません。
長い間、毎日私のサイトに来てくださっている訪問者様は、少し内容が見えているかと思います。

 ネフェルテイテイにお尋ねしたら、発音は、やはりアクナートンのほうが近いそうです。
視聴覚の感覚も、ご先祖様によって違うのです。

 ネフェルテイテイによると、アクナートンは、王になってから狂ってしまい、誤った神を祭ってしまったのだそうです。
アテン神は、私の写真にも出てくる、天に写る変なオヤジです。アサカも同じです。悪魔の「あ」です。

 真実に似せたもので、内容は異物と言うことです。
日本でも馬鹿は、すぐ遷都をしたがりました。その結果が、出来損ないの四角い町です。

 藤原京など、僅か10年で潰れました。中国人の程度が見えます。
親が吉外なら子も吉外だったそうです。あの少年王ツタンカーメンです。

 国が豊かになると、盗人が寄ってくるので、その守りに傭兵は何処の国でも必要になるのです。
その傭兵は、国に住み着き、やがて問題が起こるわけです。これが歴史の真実です。

 今もアメリカも傭兵の処理で苦しんでいます。多くは傭兵の派遣会社から来るようです。
派遣切りは国家の存亡に係わるようです。何処の国も、そんな事情で、貨幣経済は必ず破綻するのです。

 アミが言う、目に見えない支出が多すぎるのです。そして膨大なミサイル、核爆弾の在庫もどうするのでしょう。
・・オバマ政権が終わったら、中国に投棄されるのが、現在見えている筋です。

 今もアメリカには八千発とも言われる原水爆があり、まだ製造しているそうです。。
そこで働いていた従業員たちは、皆被爆して癌で死んでいるそうです。

 馬鹿の連鎖が、この地上です。魔界と言う以外にありません。
今の多くの人間は、肉食と放射線被爆を原因とする癌で死ぬのです。携帯電話さえ危険なのです。

大山咋神、神々)

 放射線の被曝を防ぐには味噌汁がよいと言われます。
その味噌汁に、納豆などを入れると、さらに良いようです。

 肉の目に見えないものに、騙されないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


写し世

平成23年1月24日

 宮崎では、やっと狂牛病が収まったら、今度は鳥インフルエンザが出たそうです。
これは、神武天皇の、天界からの、肉は食うなと言うメッセージだそうです。

 こちらは木星から飛んできた磐船です。
乗っているのは天狗の皆さんです。

天狗さんの磐船速玉

 養鶏場も、その規模は様々で、鳥の飼い方もいろいろです。
しかし、大きなところは殆どが、鳥は身動きできないよう詰め込まれています。始めて見ると驚きます。

 良くあれだけ詰め込めるものだと思います。鳥がかわいそうです。
肉など食わずとも、私は毎朝納豆で、とても健康です。

 こちらは御祭りで先頭を行く、太田姫稲荷神社の天狗さんです。

太田姫稲荷神社の天狗さん

 社主のお社の上には、品田別尊です。

品田別尊

 鳥居の内側には、眷族の狸が居ります。
いつも、天界からは沢山のメッセージが来ているのです。

 宮崎で動物の病が続けて起こったのは、偶然ではありません。
多くの人に、事を思ってもらう事が大切です。

 来世、悪い畜生、蛇にならないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 本巣市(もとすし)

平成23年1月23日

 本巣市のことについてお話いたします。
本巣市は環境に恵まれた良い土地に見えます。→「コン」

 ここで長く学ぶ皆さんは、周辺の土地の意味が見えていると思います。
昨日も、11の悪霊に憑かれた馬鹿が来ました。地名の話は、土地の人が嫌な思い入をするなどと言っていますが、そんな話は聞いたことがありません。

 そもそも、なぜそんなことを掲示板に何度も落書きしようとしたのか、その魂胆はヤクザな嫌がらせです。新興宗教の手先です。
このサイトは、悪霊が11も憑いていると言う馬鹿は出入り禁止です。このサイトは私が管理している私有地状態です。公共の場ではありません。→「コン」

 馬鹿はここから直ちに帰るよう言っておきます。鬱陶しいです。大切な時間も浪費させられました。
掲示板荒らしの馬鹿には、不法行為による損害賠償も請求できるかもしれません。もちろんIPも記録してあります。

 今日の本題です。
「も」と「す」市とは、その名のとおりです。かっては本巣郡です。旧美濃国です。1891年、濃尾地震があったそうです。

 巨大な崩落が起こったのは、地下に道があったからです。
世が悪くなり、故郷との道は閉ざされたのです。亡くなった方にも、それなりの理由があったそうです。

本巣市

 土地の神様を産土神(うぶすなかみ)といいます。
こちらは特派員様の撮影した、本巣市の氏神様たちです。綺麗に写りました。

本巣市の氏神様

 特派員様も、ここの土地の氏神様とは縁が深いのだそうです。
そうでなければ、神々も登場してくださいません。

 新興宗教には、神様仏様は、もちろん近寄りません。いるのは詐欺師と手品師、野狐、黒蛇どもです。
それは土地によってもそうなのです。東京の信濃町は、都内でただ一箇所の人口過疎地だそうです。あれがあるからです。不気味です。

 悪い地では、住んでいた人も逃げ出すのは当然です。これは個人の権利です。
もとすの皆さんも故郷で争いがあり引っ越してきたのです。もちろんここからです。

「も」と「す」

 ナイル川にはイシス神が祀られていました。イブが揖斐川の名に成りました。ここにも極道=役人の記録などありません。
今日の花押は大山咋神様です。昨日の写真です。

大山咋神様

 ここで長く学ぶ皆さんは、私のサイトが理解できてきたと思います。
ヤクザ=極道=新興宗教の手先には来てほしくないです。

 私の日々の時間は、よい訪問者様、神々、仏様、眷属の皆さん、天狗さん、宇宙のためにあるのです。

 昨日、たくさん頂いた写真は、また明日掲載いたします。
馬鹿が消滅し、良い訪問者様が、心の目を開かれますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 神々の世界

平成23年1月22日

 余計な地位、名誉、金銭、もろもろを欲しがる者、その霊を悪霊といいます。
馬鹿、無能なのに人前に出たがるのです。それは欲を満たすために手段を選ばないからです。

 いつも神々の前後に出てきます。脇にいることもあります。隙あらば、人を騙そうというわけです。
これが多くの新興宗教の教祖です。

 当然、その者に騙されているものも悪霊です。そのため、その関係者は、ここに来てはいけません。
ところが何度言っても、お馬鹿さんは寄ってきます。救えない上、掲示板に落書きされ、とても鬱陶しいです。

 救えないのは、悪霊が憑いているからです。多くの教祖自体が悪霊です。
したがって、自分で認識していなくても、弟子も悪霊なのです。

 何度か言いましたが、天界の霊も、自称神様というのが複数いるのですが、やはり馬鹿です。
その馬鹿に憑かれた政治家、役人が、とんでもない世界を造ってしまったのです。それで、この世が魔界です。

 天照大神様も馬鹿の世界に嫌気が刺し、天上に篭られていたのです。
天手力男尊が天照皇大神様をお呼びしてくれたのです。この仔細は秘密です。天照大神様と天狗さん、神々です。

天磐舟

 巨大な磐舟は、鴻巣の文化センター、クレア鴻巣の上です。クレアとはクレタ島から出た言葉です。
クレタ島には、ハニアというところがあり、ここから埴輪という言葉が出ました。鴻巣にも大変縁が深いのです。

 鴻巣の上会下の事もだいぶ前に紹介しました。
そして昨日紹介した卑弥呼さんが降臨してくださいました。

卑弥呼

 かっての日本の天皇は、世界中を巡幸されたのです。これも最初から皆さんには申し上げています。
卑弥呼さんは九州には居たことがあるそうですが、関西にいた事はないそうです。畿内説は間違いだそうです。

 九州で卑弥呼さんがいたところが、八女(八面)です。
これもだいぶ前に、皆さんに話しましたが、多くの人は、理解されるのが大変だったようです。

 精神科のお医者さんが、患者に霊が憑いているとしか思えないというのは、全く正解です。
問題はいくつの悪霊がいるかです。悪い患者は10以上いるそうです。

 精神科のお医者さんも、そんな患者は大変だと思います。
腹の黒い裁判官は、もちろん黒蛇や野狐が憑いているのです。それで考えられない判決を出してしまって魔界落ちです。

 こちらは、立派な姿の大国主命です。
この方は大明神様の位の方です。こんな方が、因幡の白兎の話では酷い事を書かれていました。

大国主命

 私は日本書紀を見て、これはおかしいと気がついた時から、神々が来て下さる様になったのです。
つまらぬ日本書紀や古事記の本を沢山買ってしまいました。

 インチキな本は、それを書いて生計を立てたものが当然いるのです。
それを書かせたのは、中国人の草です。皆が憎むべきものです。

 昨日、一生の間、日本書紀を研究して苦しんでいたという者が来ました。
私のサイトで、目が開いたのだそうです。魔界から抜けられたわけです。

 人を騙し続けるのが、この世です。
この世のもろもろを越えるのは、大変なことです。

 それが邪悪を討ち祓う解脱です。
こちらは、お釈迦様です。今日のも、皆、昨日の写真です。

お釈迦様

 こちらは高尾山の天狗さんです。

高尾山の天狗さん

 今日は土曜日です。
休みの方は、よく、心のお手入れなどもされると良いと思います。

 神々は無理は言いません。ノルマなど本来ないのです。
折伏などと言う、馬鹿な事には関わらないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 夢の世界

平成23年1月21日

 昨日、掲示板に起志乃天神例大祭の案内が上がりました。
見ていると出てきたのが卑弥呼です。調神社と縁が深いのだそうです。

 以前も、卑弥呼に呼ばれ調神社に来たことがあります。
一般的な知識は以下のようです。


卑弥呼
ひみこ
生没年未詳

 3世紀前半頃,邪馬台 (やまたい) 国を統治したと伝えられる女王。
「ひめこ」とも読む。邪馬台国の所在地によって,九州の女酋とする説と,神功皇后,ヤマトヒメノミコト (垂仁天皇の娘) ,ヤマトトトヒモモソヒメノミコト (孝霊天皇の娘) などにあてる説とがある。
 『三国志』の『魏志』東夷伝のうちの倭人 (わじん) の条 (→魏志倭人伝 ) によれば,帯方の南東の大海中にあった倭人の国は,多くの部落国家に分かれ,男王が統治していた。

 2世紀後半,大いに乱れ,部落国家が抗争していたが,3世紀前半に女王卑弥呼を擁立して連合国家的組織をつくり,国内は安定した。卑弥呼は「鬼道に仕え,よく妖をもって衆を惑わ」し,その姿を見た者はまれであった。
一生夫をもたず,政治は弟の輔佐によって行なわれた。
 武装した兵士に警備された壮大な宮室を営み,常に 1000人の婢にかしずかれ,取り次ぎは居室への出入りを許された1人の男によって行なわれた。
中国の景初2 (238) 年 (一説に景初3年) 第1回の使節を魏に遣わし,生口 (奴婢) や布を献じた。これに対して明帝は,卑弥呼に親魏倭王の称号と金印紫綬とを与え,かつ錦,絹,刀,銅鏡,真珠などを贈った。
また邪馬台国が狗奴国と交戦した際,魏は詔書を送ってこれを励ましたという。卑弥呼が死ぬと,径百余歩の塚を築き,女婢百余人とともに葬られた。そののち男王が立ったが,国中が服さず,卑弥呼の一族で 13歳になる少女壹与が女王となって国中が治まったという。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]

 この話も文献により、内容に違いがあります。魏志倭人伝は、一般の話が嘘です。
そもそも、当サイトが認識している倭人は、現在の日本人ではありません。

 日本は日枝の国、エジプトやインド、中東イスラエルとも密接に交流があったのです。
ご本人が申されるには、卑弥呼さんは、ウガヤ33代の女帝様、清宮媛天皇天日身光天皇(スガノミヤヒメスミラミコトアメヒノミヒカリスミラミコト)なのです。

倭地

 ・・卑弥呼さんは、中国とはかかわりはなかったと言っています。そもそも中国人など、その姿を見たものはおりません。
今の世で、姿を見せたのは私だけだと言っています。以前申したように、光り輝く素晴らしい美しさです。絵にもかけません。

 鬼道に仕えとは、司令官はじめ胎蔵界の牛頭の皆さんのお手伝いをしていたということです。
そう言えば、この卑弥呼さんが来てから、司令官はじめ、胎蔵界の方が沢山訪問して下さる様になりました。

 「帯方の南東の大海中」の帯方とは、かっての中国の植民地(現在のソウル辺り)ではなく、山末の国イスラエル周辺だったそうです。
大海中とは倭地=和地=Wadiの事です。

 海とは「あま」の意味もあります。ここで言う海の意味はCです。

うみ【海】
@地球上の陸地以外の部分で、塩水をたたえた所。地球表面積の約7割を占め、その面積3億6000万平方キロメトル。平均深度3800メトル。允恭紀「いさな取り―の浜藻の寄る時時を」。「―の幸」#陸りく。
A湖など広々と水をたたえた所。新古今和歌集秋「にほの―や月の光のうつろへば」
Bあたり一面にひろがったもの、また、無数に多く集まっているさまにたとえていう。「火の―」「言葉の―」
C硯のほりくぼめて水を貯える所。D陸おか

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ウガヤの時代の偉大な事実が少しづつ見えてきたかと思います。
大化以降、中国人藤原氏は、日本書紀により、ウガヤの真実も滅ぼしたのです。それは現在の中国の地は神々に認められなかったからです。

 今でも中国は凶悪な盗人国家です。振り込め詐欺師の元締めもいて、地球まで滅ぼしそうです。
菅原道真公は中国の粉飾を見抜き、縁を切るよう建白したのです。それで藤原に讒言され太宰府に左遷されてのです。

 菅公が亡くなってから、京には無数の祟がありました。これからもあるそうです。
かっての偉大な文明を誇った、上杉の故郷、ペトラも龍神様の怒りで滅びました。中国も異常な渇水でも滅びます。

 そして、インドはじめ、各国からの怒りの炎が核弾頭を積んだ大陸弾道弾です。
そんな事はないと、太平洋戦争の前も、多くの人は思っていたそうです。中国人も思っているはずです。

きれいなお月様

 昨夜もきれいなお月様でした。神々、眷属、妖精たちが飛んでいます。きれいな世界がいいです。
深い欲、思い上がりで、悪しき者、国は滅びるのです。

 天災はいつも予想を越えるのです。人の力、科学などでは、どうにもなりません。
悪しき者の浄化は大切です。
   
 +(-_-;) 


 開化天皇

平成23年1月20日

 調神社に大変縁の深い天皇が開化天皇です。
一般的知識です。

かいか‐てんのう【開化天皇】‥クワ‥ワウ 記紀伝承上の天皇。孝元天皇の第2皇子。名は稚日本根子彦大日日わかやまとねこひこおおひび。→天皇(表) [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 他の文献には陵墓や母、皇后も記してあるものもありますが、それらは全部嘘だそうです。
やはり、中国人フジアン、藤原の被害者です。あの国は、必ず滅びるそうです。下は昨日の写真です。

開化天皇

 拡大写真です。速玉は右に飛んでいます。
人の姿が解ると思います。

開化天皇

 開化天皇も日枝の方です。
日本とイドフ(エドフ)を交流していたそうです。参勤交代はこれを真似たのだそうです。→「コン」

Moct

 日枝の時代の、その任期は七年だったそうです。
日本の天皇家のバックには神々が居られ、守っています。

 その座を狙ってきた、蘇我氏、藤原、平家、豊臣と馬鹿は皆滅びました。
その全ては、国の守りを固めるための傭兵共でした。皆思い上がったのです。

 自称天皇を名乗り、寝首を掻かれた武烈も朝鮮人の兵だったそうです。もちろん、悪魔の子などいませんので安心してください。
豊臣を根絶やしに滅ぼした徳川も、最後は役人が腐り、薩摩長州に城を明け渡しました。

 ここで長い間学ぶ皆さんは、歴史の大きな流れが見えてきたと思います。
たまに来た愚か者が、私が10年の歳月をかけ神々に尋ね、書いてきたことを、簡単に理解できるはずなどないのです。

 挙句の果てに精神科に行けなどといった者は、万死の業が適当です。
祟は神々が落とすものです。このサイトは神々のものだからです。私に謝っても許されません。既に発狂しそうで、精神科に行ったようです。自業自得です。

 礼儀知らずの馬鹿には、精神科のお医者さんのために、一生通院してもらうのも、いいかと思います。
最後に、いつも神々が描いてくださる花押です。

神々の花押

 これが「八」です。見事です。
神々、仏様、眷属の皆さんは、いつも優しいのです。

 また寒くなりそうですので、健康に注意してお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 汚い霊

平成23年1月19日

 人間もそうですが、悪いものは人相が汚く見えます。
霊も同じです。人間同様伝わってくる雰囲気も悪いです。微妙なのは社主に訪ねます。

 先日、バチあたりに憑いていた「あさか」が来ました。
この写真です。汚いおやじの様です。

あさか

 朝と言うと、国で思うのは朝鮮です。
日本で大切な麻と言うと麻布です。これはイスラエルです。イスラエルにも、あるところに麻の畑があります。→「コン」

 「あさか」については、これ以上は秘密です。
「あさか」が朝敵なのは申し上げました。それで自衛隊があるのです。朝霞、新座は、ここに来る多くの人には危険なところです。

 この件は以前にも、半島系の人にも足止めをお願いしました。
もちろん半島の人にも危険なところがあるのです。それは半島の先祖の事情です。

 朝鮮でも犬を食うところと、食わないところがあるのは、多くの日本人は知らないと思います。
・・犬も食ってはいけないそうです。。

 アメリカにもワシントンに尖塔があります。寺で言えば五重塔などのようです。
これは神霊の通り道です。エドフにつながっているのだそうです。→エーメン

神猿

 神猿さんが電柱のそばにいることが多いのも、これが理由です。高木も切ってはいけません。
基本的に、木は切ってはいけないのです。祟があります。

 どうしても切らないといけないなら、よくお祓いをして、寒の内に切らないといけないのが決まりです。
・・社主が、それも嘘だと言っています。道を曲げないといけないのだそうです。

 山に穴を掘るなどとんでもないことです。大きな事故が良く起こっています。あれは祟なのです。
こんな事故も、馬鹿な役人、行政による人災です。

 人間は自分の分際を思わないといけません。正しく思う事が大切です。
天誅が落ちてから考えても、後の祭りです。自業自得です。

駅前の夜景、神々

 静かな夜景も、世界経済が破綻し、戦争になったら見られなく成るかと思います。
増税論議も白熱しそうですが、まず国会が解散してからだと思います。

 こちらは、前世エジプトのファラオ アイ(会津生まれ)、天海上人です。

天海上

 飢饉でもないのに、何故、多くの若者が就職もなく困窮してしまったのか?
それは諸悪の根源の貨幣が、通るべき回り道を失ったからです。人の仕事がなくなったからです。

 とても不気味な、悪魔の世界が近づいてきたという事です。
就職のない学生の皆さんは大変だと思いますが、それは神様、仏様のせいではありません。

 悪いのは金の亡者の尽きぬ欲です。
こんな世界では駄目だと思う方は正常です。

 各人が正しく「この世」を想いましょう。
掲示板のらくがきには祟がありますので注意してください。自業自得です。
   
 +(-_-;) 


 大宮売大神

平成23年1月18日

 最初にお断りしておきます。
礼儀を知らない新興宗教のヤクザの手下、馬鹿は読んではいけません。祟があります。

 サッカーでシリアとの対戦がありました。
シリアといえばパルミラ宮殿です。
パルミラ宮殿

 そこの女王がゼノビアといい、五柱居られる大宮売大神様の一柱です。
そして、日本名が四大神(しのおおかみ)なのだそうです。この名は、伏見稲荷、松尾大社にも使われています。

2011_01_18_10.jpg(83817 byte)

パルミュラいせき
Palmyra
パルミュラ遺跡のバール神殿.シリア

H. Roger-Viollet
シリア砂漠にあるローマ時代の都市遺跡。
前2千年紀からユーフラテス川と地中海を結ぶ貿易路の中間に位置するオアシス都市タドモルとして繁栄したが,前1世紀頃からローマに朝貢していた。
住民はアラム語を話すアラブ人。女王ゼノビアの時代 (3世紀) に一時ローマから独立した。残存する遺構はコリント式のバール大神殿,バールシャミン神殿,列柱通り,四面門,アゴラなどで,ヘレニズムの建築様式を示している。この時代の墳墓は塔状の住居型墓と地下式墓がある。墓には死者の胸像や神像などを高浮彫で表現したものが多く,東西両文明の影響を物語っている。
各国の考古学者の手で発掘が行われているが,近郊のドゥアラ洞窟遺跡は日本隊によって調査されている。
1980年世界遺産の文化遺産に登録。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]

 そして、女王は、やはり上杉同様、丹後半島に来たのだそうです。
元伊勢の大きな秘密です。

 この続きは、馬鹿に読まれるのが鬱陶しいので、特定の方以外に公開しません。
続きは希望者にメールか、新しく作る、秘密のところで公開するつもりです。

 人の家に薄汚い土足で上がりこみ、精神科へ行けといった馬鹿者は許されません。
必ずや、この馬鹿者には、イタ公同様、天誅が繰り返しあります。

 馬鹿が地獄に堕ちるのを、皆様もお待ちください。。
   
 +(-_-;) 


 鵠沼

平成23年1月日

 馬鹿の襲来に昨日は悩まされました。もう来るなといったのに、また来て、私に精神科へ行けと書いてきました。
しかし、ここには、ちゃんと精神科のお医者さんもおりますので、その心配はありません。ここには高度な方が多いのです。

 この訪問者は、悪霊に憑かれた者の典型で、同じ内容の事に執着します。ところが本人は、霊に憑かれているのが解らないのです。
降伏の化学あたりの信者の様です。あの教祖も基地外で有名です。通院歴もあります。

 お馬鹿な訪問者は、朝霞は「あさかおう」の発音から出た地名だと市役所で聞いたようです。
この「あさかおう」と言うのは、寝首を掻かれた武烈同様、敵国の兵、金の亡者なのです。魔界の住人です。

 朝霞に自衛隊があるのは、このためです。本来、こんな事は下人に知らせるようなことではありません。
自衛隊があることまで教えて、もう来るなと書いたのに、またやってきて私に文句をつけたのです。許されないと思います。

 この馬鹿な訪問者は、一刻も早く、埼玉医大の精神科に行くことをお祈りいたします。
埼玉医大の精神科は毛呂山にあり、埼玉では名門です。昔は毛呂山の脳病院と言いました。

 埼玉医大病院の奥には、この馬鹿な訪問者が悪化した様な、重症の患者がいると噂されています。
その患者の中には、毎日、壁に体当りする者もいるので、壁は特殊な弾力性のものだそうです。建築工事の関係者から聞いた話です。

 以前にも、精神科に通いながらも、新興宗教が辞められないという方がいました。
中には、当然亡くなった方もいました。これも自業自得です。週に35通もメールが来ました。返事など書ききれません。

 一般の人からみると、何故、馬鹿な新興宗教が辞められないのか、不思議に見えます。
ところが、一度入ると、会社も変わるのが大変です。新興宗教は背後にヤクザがいるところも多いのです。極道はカモは逃がしません。

 そのため、お医者さんも、身に危険があるため、簡単に辞めろとは言いづらいのです。信教の自由も持ち出されます。
ただ、ドクターストップで、1年間、宗教活動を休めというくらいは良いと思います。

 馬鹿とは縁を切り、塩をまきましょう。
綺麗な月と妖精たちです。

綺麗な月と妖精たち

 新興宗教の信者は、教祖に騙されていたと気づいたときに、極度に重症化する者も多いようです。
もちろん、反対に、綺麗に目覚めれば、それは奇跡です。

 融通手形の仲間が、一人先に逃げると、発狂してしまうものもいるようです。似ています。
本日の題の鵠沼(くげぬま)は湘南海岸です。鵠(くぐい)とは鳥です。


くぐい【鵠】クグヒ
(ククヒとも)ハクチョウの古称。垂仁紀「時に―有りて大虚おおぞらを度たびわたる」 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 鵠とは白鳥です。鴻=おおとりです。沼はヌビアの隠語とは、ここで良く学んでいる皆さんには常識のはずです。
そして、海岸、砂丘が大切なのだそうです。神々、大山咋神様のお話です。

大山咋神様

 確かに、砂浜にも人を引きつける優しさがあります。
そして、穴守稲荷はじめ、神事に使う砂もあります。エスナの事も忘れてはいけません。南無飯縄大権現です。

 外の画像掲示板は、馬鹿が来ると疲れますので閉鎖の可能性もあります。
こんな事も、何度も、あったことです。

 告訴状を書いて告訴したのも何人かいます。
それも疲れるので、承認しない記事は上がらないようにしたわけです。

 自称、宇宙で一番偉い神様とか、お釈迦様の生まれ変わりなどと言った者は、ろくな死に方はしていません。
馬鹿な教祖に苦しめられている方は、早くインチキ宗教と縁を切りましょう。

 毎日が光り輝くと思います。
   
 +(-_-;) 


 自称 巫女・・

平成23年1月16日

 全国で善意の寄付が相次いだかと思えば、詐欺師も捕まりました。
自称、六本木の巫女を名乗り、お年寄りを騙したそうです。4%の国債など虫の良い話はありません。

 ここで言う「虫」とは、思いを引き起こす起点になるもの、要は欲です。
欲のある人は、新興宗教の嘘話を自分に都合よく解釈するので入信させられ、長い間、苦しむのです。

 こう考えてくると、虫とはやはり、長虫=蛇です。
どこの会社も4%の利回りでは、資産を回せないのです。こんな話は信じるほうが悪いのですが、相手は詐欺師です。

 警察官も騙されることがあるのです。そんなこともありました。
俺は騙されないと言っていた方も、振り込め詐欺では騙されているそうです。余計な電話は、出ないのが一番です。

 通常は留守電で十分です。
今も悪霊が来ました。詐欺師を神様と騙されているのだそうです。守護霊が引っ張ってきたそうです。。

 馬鹿に人生の案内を頼まれた守護霊は大変です。
しかし生まれてくる前は、まともだったのかもしれません。前世は半島だったそうです。そして、今はあそこです。このパターンも多いようです。

 人のよい霊は、余計に、おかしな教祖でも、疑えないようです。不幸の極みです。苦しいはずです。発狂前に宗教と縁を切るべきです。
こちらは綺麗な月と神々、眷属の皆さんです。

月と神々、眷属の皆さん

 お世話になっている神々、神猿、眷属の皆さんです。
いつも掲示板に出てくる猫たちもやってきました。トラ猫はいつも皆さんが掲示板で見ています。すごい霊力です。

 その下はロシアンブルーのようです。

2011_01_16_03.jpg(63076 byte)

 かわいい猫は大好きです。何故か、猫は六匹飼っているという人も多いです。
普通の人は、獣のような猫でも、虐めることはできません。それは魂の世界の決まりごとのようなものです。

 このあたりが宇宙の法の入り口です。

神猿と眷属の狸たち

 上位の神猿さんと眷属の狸は、とても優しそうです。
お猿さんは、可愛い狸を虐める犬が許せないのだそうです。これを犬猿の仲と言います。

 馬鹿な犬は保健所で締められ、払い下げられ半島の人の食卓に上るのがいいところです。
中国では人間の肉が上りますので、中国よりは、よほどましです。

 アミが下を見ると切りがないといいます。たしかにそうです。
その反対に、上は太陽の人たちです。地球の霊は近づけません。

 私のサイトに文句をつけようとした者には、皆、天誅が落ちています。
ここは、神々、仏様、眷属の皆さんが運営しているからです。

 人の力では、これらの写真はできません。
肉が大好き、余計な物がほしい、おかしな人は、ここに来てはいけません。

 今日も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 満月の十五夜

平成23年1月15日

 1月15日、小正月の起源はここにあるそうです。
当然、15日と言うのは天界の霊も感応するのです。そのため、いろいろなお祭りがあります。

 もろもろのリズムは、30日が周期です。
そのため、日本では一日と、十五日が休日でした。戦前です。

 日本は敗戦で度量衡はもとより、多くの慣習も、アメリカに破壊されました。
そして、マッカーサーが二千人とも言われる宣教師を日本に送り込んできたわけです。

 こちらがイエス様と使徒です。
そして、昨日申したように、イエス様の御子もおられます。

イエス様と使徒

 多くの皆さんがどのように感じられるかは知りません。
悪魔に騙されている者たちには、目覚めの機会です。イエス様と使徒たちに感謝しましょう。

 こちらは皆さんを騙そうとする魔王です。霊域が違います。
・・聖書に出てくる悪い王だそうです。

悪い王

 こちらは対峙する神々の軍勢です。

神々の軍勢

 この世では、いつも見えないところで、このような状態なのです。
それは金の亡者が多いからです。このままでは破滅しかありません。

 この世界の殆どの者は救えません。肉を食らい、欲に走るからです。
前世で役人だったものも、白黒の猫と犬に生まれ変わります。もちろん猫のほうが良いのです。

 役人は上司の命令で簡単に人を殺すものも多いのです。その仲間が人に転生できると思ったら大きな間違いです。
役人、政治家は、人の命を啜っていることを忘れてはいけません。

天界の使徒

 ここに居られる皆さんも、天の使いですが役人ではありません。天界には貨幣などないからです。
ただ、心の光のために、神々、精霊のお手伝いをしてくれているのです。

 こちらが木星から来た精霊です。聖霊の上の方です。万物の根源をなすという方です。
心眼で見ると、此の様なのです。よく写真に映りました。

木星から来た精霊

 見ての通り、冠を被っています。
王様の姿は、この方に似せたようです。

 ここに来れた方は、良い眼を持つ人達です。
天界の慈悲、神々、仏様、眷属の皆さん、妖精たちにも感謝しましょう。

 明日に続きます。
   
 +(-_-;) 


 御子神

平成23年1月14日

 ある古文書によると、イエス様には子がおられたそうです。
神々にも、当然、御子神が居られます。→「コン」

 こちらは八幡神の御子神だそうです。
白いライオン、猫の様にも見えます。

八幡神の御子神

 こちらは、宇宙神の様にも見える八幡神様です。周りを飛ぶのは妖精たちです。
巨大な岩船です。光輪、光の輪というのは当たっています。

八幡神様

 ここは金の亡者が開発許可申請を出したのですが、却下されたところです。
おキネさんのお屋敷前、愛宕神社があったというところです。

 馬鹿な役人政治家は、欲に切りがありませんが、祟は嫌なようです。
こんな所を開発したら、何らかの祟が落ちると思います。

 欲の深い宮司たちと、それに騙される氏子では駄目です。
欲の深い宮司にお祓いしてもらっても、効果はありません。野狐、野狸、蛇が憑くくらいです。

 真摯な心の宮司でないと、お祓いしていただいても無駄です。
日本に名前のない神様は、常世岐姫の息子さんだそうです。

 当然宇気母智神様のお孫さんだそうです。
昨日も、すごい光が飛んでいました。。

 ・・今も光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 前世の恨み

平成23年1月13日

 死後、地獄に堕ちて、自分が何をしたというものは多い。特に役人が多いです。
罪人であっても、人を殺しておいて、自分が何をしたというのは、頭が馬鹿な証拠です。

 勿論、牛馬、犬や猫などを殺すのも悪いことです。中国人子孫でない日本人は判ると思う。
前世で膝に石を載せられ、拷問で自白させられ処刑されたら、それは担当役人は恨まれるのが当然です。

 冤罪の恨みは転生を超えても、恨みをはらす対象に向かうのは当然です。→「コン」
都内で、あの人は恨まれることはないという人が、襲われました。本人が知らないものだと言っています。

現地

 この地図を見れば、ここで学ぶ人は、古墳の跡だと判るはずです。
いろいろな要件が、実行者に作用したそうです。人を殺して、そこから歩いて帰ったそうです。普通ではありません。

 怨霊が憑いて、やったのなら、犯人はそれも覚えていないかも知れません。
昨日どこかに行ってきたが、それが解らないという人もいるのです。

現地

 この古墳の主も、おもしろくなかったようです。地鎮祭が不十分だったそうです。
前世で刑場などに勤めていれば、少なくとも二桁以上の刑の執行に関わったようです。今も、状況は近いかも知れません。

 前世で織田信長の火打で焼き殺され、それを仕返した者たちもいました。
こういう犯人は捕まらないようです。それは善悪のエネルギーが、ほぼ釣り合っているからです。

 ・・すごい光がやって来ました。大事なところです。
動乱や戦争は勿論、役人にもかかわらないのが良いということです。

 今の若い人は、就職は役人がいいなどと言うのはとんでもない間違いです。地獄に堕ちます。
役人は生きているだけで人の生き血を啜っているのです。

 こちらは土地の霊です。

土地の霊

 此処に来たのは神倭朝13代の成務天皇の時だそうです。やはり諏訪です。
・・やはりエジプトやスーダンから来たそうです。それで諏訪山橋です。

 こちらは、ご縁の深い天海上人と菅原道真公の磐船です。

天海上人と菅原道真公

 クラウンを被った大山咋神様です。

大山咋神様

 私は、あらゆる処刑は人の手で行うべきではないと思います。
人の思いには、間違いがいっぱいだからです。

 勿論、禁固刑などは必要です。この星自体が、そんな罪人の世界なのです。
それで、この地球の殆どの者は、宇宙に行くことは許されません。肉を喰うのも立派な罪なのです。

 殆どの地球人は、エイズウイルス程度の存在なのです。
今は、お釈迦様の説いた法さえ忘れらた時代です。末法の世と言います。

 幸いなことに、多くの神々、仏様、眷属の皆さんが、私のサイトで姿を現してくださいました。
これが天の慈悲です。

 ここに来る方の中には、天界で名を刻まれる方もいるかも知れません。
良い日々を、大切に過ごしましょう。地鎮祭は大悦です。
   
 +(-_-;) 


 ウガヤ16代 産門真幸天皇

平成23年1月12日

 鴻巣古墳群を作り始めた頃、夢にも思わなかったのが、ウガヤ16代様です。
現在の市役所周辺に、これほど沢山の歴史から消された事実があったとは、夢にも思っていませんでした。

 埼玉古墳の神々や社主の案内により、夢にも思わなかった沢山の事実を世に出すことができました。
それは神々、仏様、眷属の皆さんの力によるものです。

 最初はカメラも「写るんです」を使っていました。デジカメは、今のが3台目に成りました。
調神社の大明神様は写るんですで撮った写真です。それをスキャナーで取り込みアップしました。

 私のサイトは、口先と役者、手品師が、暗いところで人を騙す新興宗教とは訳が違います。
天界の意思で運営されているのです。それで神様、仏様、眷属の皆さんが出演してくださるのです。

 こちらがウガヤ16代 産門真幸天皇です。

ウガヤ16代 産門真幸天皇

 背後に見えるのが市役所です。ここには池がありました。埴輪の窯跡の北に成ります。
こちらはオキネさんの御屋敷跡です。神々、オキネさんです。

神々、オキネさん

 ・・おキネさんが、イタ公は馬鹿なので文化融合というのは理解できず、皆破壊したと言っています。
それは中国人も同じです。出雲を滅ぼし、ルノーからも技術を盗もうとしました。盗むしか能がない国です。

 技術開発もせず人から盗んで済むなら、それは儲かります。その結果が今の状態ですが、もはや崩壊です。
この一年で、それは分かってくると思います。日本でも起こった、恐ろしいバブル崩壊が起こるからです。

 経済混乱により、中国人は、やはり暴動に走ると思います。日本人とは訳が違います。
政府が軍を抑えられずに暴走というのもよくあるパターンです。→「コン」

 当然世界中を相手に戦争して滅亡と言うパターンが見えます。これがアミが言う最後の時だと思います。その時は、中国で水爆が爆発するようです。
・・アミが中国人は神経構造がおかしいのだと言っています。とてもよく理解できます。中国人は、らりるれろも解りません。

 日中戦争が始まった時も、中国の飛行機は日本の飛行機を一機も落とせず全滅しました。
今度の飛行機、軍備には自信があるのでしょうか。。

 馬鹿な中国の軍部は、そう思っているようです。
かってゴビ砂漠にあったというムーは不正背徳が横行したため、神の怒り、天誅で滅びたそうです。

 中国の易者の、中国滅亡予言は、これが再現すると言っているようにも思えます。
・・そのとおりだそうです。

 静かな日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 20年・・

平成23年1月11日

 昨日は多くのところで成人式が行われましたが、バブルが真に弾けたと言われる平成3年から20年でもあります。
大阪では老女が2名餓死しました。親は20年前に相次いで亡くなったそうです。父親は銀行勤めだったそうです。

 老後のためにと造った、入居者の居ないマンションのため、金銭の苦労が増え、最後はガス水道が止められ、食べ物も買えず餓死したそうです。
行政も頼ったかも知れませんが、役人どもは生活保護の申請など簡単には受け付けません。クズどもです。

 二人ともお嬢さんだったのだそうです。ニュースを聞いて、祟を感じました。
親が金貸しでは、子にいい事があるはずもありません。自殺した者、(十数名)が祟っています。当たり前な話です。

 老後のためにとマンションを作っても、全く入居者がないところも結構ありました。
ある家主は、誰も入らなかったので、そのまま壊した方もいました。賃貸住宅など、既に造るものではありません。

 都内の商業施設でさえ大変なのです。さいたま市内でも、がらがらのテナントビルがあります。
貸しビルなど造っても、残るのは借金だけです。森ビルもピンチなのはお知らせしました。

 そうかと思えば、また宅配業者を装った人間に高齢の方が刺殺されました。
以前殺された人は元役人でした。今度の方も、かなりの恨みを持たれていたのが判ります。

 バブルを起こして、それを崩壊させ、日本社会を世界最悪の人口減少、デフレ状態にしたのも役人です。
NHKで日本の状態をジャパン・シンドローム(日本症候群)と題していました。他国の経済学者も研究テーマにしているそうです。

 これは平成16年、福沢諭吉が一万円札の表紙なってから悪化しているような気がします。学生の就職が無くなりました。
何と言っても、日本の最高額紙幣は聖徳太子でないと駄目だったのです。聖徳太子は、1万円札の代名詞でした。福沢諭吉では肖像の価値が感じられません。

 厩戸皇子は現在のヨルダンの方と言うのも、以前日記に掲載いたしました。ヨルダンと日本は縁が深いのです。
ペトラから来た上杉や、埼玉に来た忍氏などがいます。鴻巣にも三夜と言う地名があります。

 こちらは社主のお社上空の、大国主命始め、神々の磐船です。

神々の磐船

 一緒にやってきた高尾山の天狗さんです。

高尾山の天狗さん

 こちらは太田姫稲荷神社の皆さんが乗った速玉です。
・・新興宗教の教祖どもが震えているのが見えました。

太田姫稲荷神社の皆さんが乗った速玉

 みんな昨日の写真です。こんな絵は、素人では誰にも描けません。
昨日は、とても寒くてシャッターを押す指先が痛くなりました。しかし、宇宙への奉仕です。

 訪問者の皆さんが風邪などひかず、大寒を乗り切れますようお祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 破壊神

平成23年1月10日

 成人式では、地方で暴れる者が出るところがあります。
ニチレンにはシバ神=破壊神=悪魔が憑いていた。それで悲惨なことになってしまったのだそうです。

 悪いことのもろもろは、新興宗教、狂人サークルなどの信者会員の仕業です。
その原因がシバ神です。オームで祀っていました。何も解らないので、あんなものを祀ったのです。

 昨日私のところにも来ました。見事に映りましたが、勿論非公開です。
やって来た理由は、常世岐姫の母神、宇気母智神様が来たからです。皆さんに新年のご挨拶です。

宇気母智神様

 善神として、宇気母智大神様、常世岐姫(和久産巣日神)、豊受大神様が祀られている一方、シバ神は破壊神=悪魔です。
恐怖により祀らせようというわけです。恐怖政治などというのもありました。手下は悪い役人どもです。

 オームにも警察官などがいました。皆さんも写真を見れば、神とは解ると思います。それで騙されるのです。
天空の悪い霊は、何か汚いのです。アミが悪いものに美人はいないと言っています。同じようです。

 こちらは火星から来た天狗さんです。
白いのです。

火星から来た天狗さん

 こちらは、神々、眷属の皆さんです。

神々、眷属の皆さん

 いつも写真とは思えない、美しい絵の様です。

お猿さん

 それにしても白い天狗さんがいるとは思いませんでした。
火星から来た出雲の人も白かったのだそうです。写真は精霊という皆さんです。

精霊

 地球では名前がないのだそうです。
宇宙神ということです。→「コン」

 この方まで来たので、シバ神も来たのです。シバ神が来たときには、この方は居りません。
皆さんの心の変化は、神にも悪魔にも感応するということです。

 肉を食わず、余計な物を求めないのが良い日々を過ごすために大切です。
成人の皆さんも考えていただきたいと思います。
   
 +(-_-;) 


 人の礼儀

平成23年1月9日

 道に缶を投げたりする礼儀を弁えないものは、老若男女を問わずに多いようです。
これが、法に触れると逮捕され、起訴され、殆どが犯罪者と成ります。

 人の生命、財産、身体の自由=大事な時間を毀損するからです。冤罪なら当然役人の責任です。
新興宗教に騙されたものは、これが判りません。これを馬も鹿も解らない馬鹿と言います。

 当然、誤ったことを教えた者は、業に成ります。知らなくても教員の業です。
ところが新興宗教は、多くが確信犯です。マスコミとも結託しています。鬱陶しい層化の宣伝は悪いニュースを流させないためです。

 凶悪な新興宗教は、ニチレンが島流しに成ったのでも解ります。真宗もそうです。世話になった他宗の兄弟子は苦労したはずです。
その業から、ニチレンは弟子の分裂を招き、今も魔界で苦しんでいます。嘘と思う人は魔界を覗いてみてください。

 降伏の化学なども親から新興宗教の会員です。親は多くのところを渡り歩き、信者の騙しのテクニックも知っているのです。
その師事したところの教祖もやはりニチレンのようです。根は半島です。

 当然のことながら、戦争では特攻隊の一員だったようです。
池袋の空手屋さんもそうだったようです。勿論半島の人です。よく日本のために頑張ってくれたと思います。

 ところが、ここも弟子は分裂、ニチレンのようです。
この人達は、神風を信じていたようです。しかし、神風は吹かなかったと言っています。

 その後、人は騙した方が勝ちと思ったようです。そのため、弟子も、それを真似たのです。
ここには、人の礼儀など見えません。

 周りにも、その程度の霊がたむろしているのです。
皆さんにも、恐ろしい黒蛇、悪魔が見えれば、少しは、この世が理解できると思います。

 このサイトは、皆さんの心の目を開くために神々の力で運営されているのです。
掲示板への程度の低い書き込みには天誅が下ります。よく覚えておいてください。

 こちらは御祭神の品陀和気尊です。

品陀和気尊

 ニチレンですら、肉など食わなかったのです。
肉を食らい、金を儲けていいなどと言った愚かな教祖には、巨大な天誅が下ります。見ていれば解ります。

 その教祖が師事した教祖も、エイズか何かで死んだそうです。エロキチでは当然の報いです。
余計な地位、名誉、金銭を望むものは、ここに来てはいけません。

 天国は清貧な者のためにあるのです。皆さんの人生のための言葉です。
よき礼儀を弁えましょう。
   
 +(-_-;) 


 13年連続・・

平成23年1月8日

 自殺者が去年より僅かに減ったとは言え、13年連続で3万人を超えています。
日本は既に過疎なのですから、前年比での自殺者が減っても、これは当たり前です。

 勿論心神喪失が原因ですが、その原因は霊の憑依です。
新興宗教は勿論、危険な団体の会員などが、ほとんどだそうです。

 勿論危ない会社も危険な団体です。 よくぞ、この宇宙に、こんな恐ろしい世界、魔界ができてしまったものです。

 いつも私が言うように、人を苦しめるのは地位、名誉、金、見栄などの欲求です。
アミが言うには、苦しんでいる人は、心の基準、ものさしを、正しいものに取り替える必要があるのだそうです。

 苦しんでいる人は、すべての新興宗教、職場も含めた危険な団体と縁を切らないといけません。
しかし、それは大変なことです。悪魔、悪霊、蛇に縛られているからです。

 悪魔の集会の誘いを断ることは大変なのだそうです。私も夢にも思いませんでしたが、地区長が逃がさないのだそうです。
勿論、香典強奪などの金集めと共に、地区長のノルマなのです。

 いつかは上納の金が足りず、銀行強盗を決行して失敗し、自殺した新興宗教の地区長もいました。悲惨です。
何処も新興宗教は似たか、よったかの、黒蛇、野狐、野狸の憑いた亡者ばかりです。

 地区長ばかりでなく、一般信者もサラ金で借金してお布施するものがいて、最後は夜逃げするものもいるそうです。
電車がしょっちゅう遅れるのは、このような人が、苦しんで飛び込むのも原因です。

 さらに、問題は、その様な霊が、他の人を引くので困るのです。
それは前世の業とも似ています。こちらは、心を休める、神々眷属の磐船です。

神々眷属の磐船

 肉体を失った霊は、そばにある他人の肉体を、自分のものと思ってしまうのです。それで、自殺行為を繰り返すのです。
悪霊も同じです。人の心のことなど考えず、狙った者に憑依して悪さをするのです。夢遊病もこの状態です。

 良い信仰がなく、良い神様、仏様、眷属に守ってもらえないと、この世を生きるのは大変なのです。
変な宗教に引っかかり、膨大な量の狂った本をかわされた方も悲惨です。宗教と縁を切っても、馬鹿な本は古本屋さんでも引き取らないのだそうです。

 人間革◯なども、100円で売っていましたが、背表紙さえ見る気もしません。
ふかみ、おおかわ・・縁を切った人は沢山います。信者数一千万人等と言っても、議員には誰も当選できません。実質は二十万人だとか言っています。

 史上最悪な粉飾決算をした、フジサッシの様ですが、それよりひどいです。
騙されだすと、何事も真実は見抜けなく成るのです。変な団体の信者会員の皆さんは、経営側の嘘をよく見抜きましょう。

神々眷属の皆さん

 寒に入り、昨日撮った写真です。
此処に来る全ての心良き皆さんが、苦しみから解脱できますよう、お祈り申し上げます。

 とても寒いので、風邪などひかれませんようご注意ください。
   
 +(-_-;) 


 日嗣(ひつぎ)・・

平成23年1月7日

 ウガヤの時代は永きにわたり日嗣が途絶えていました。
日嗣とは何か調べてみました。


ひ‐つぎ【日嗣】
(日の神の大命で、大業をつぎつぎにしろしめす意という)天皇の位。皇位。天位。あまつひつぎ。
万葉集18「高御座たかみくらあまの―とすめろきの神のみことの」
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 日嗣天皇という方は、世襲の天皇なのだそうです。
日嗣でない天皇は、神官が神の意(八幡神の意)を受け選んだのだそうです。

八幡神の意

 これは、だいぶ以前に日本の歴史にも記載しました。
その神の意を拝命するのが高御座です。イスラム教のカーバは、それを真似たものです。

 そして、その基は、タイタンにあったのだそうです。大己貴命の世界です。(大国主と大己貴命は別の方です。)
もちろん、中国人は、そのようなものを妬み、欲しくなるのです。

 そのため、重要な神官は、中国人に皆殺しにされたのだそうです。恐ろしい話です。
出雲も同じです。フジワラに皆殺しにされたのは生き残りの方、証言者も居るようです。

 これはテレビで大々的に放送したので、多くの方が知っていると思います。
何しろ出雲では、巨大な柱の跡が見つかってしまったので、中国人の草ども(姿は日本国の学者)も(とぼ)けようがありません。

 フランスでもルノーの役人が産業スパイだったそうで、大騒ぎです。
日本の藤原氏も同じように中国の草だったのです。大きな権力を持ったので、日本の歴史を滅茶苦茶にできたのです。

 やはり、売国奴というのが当たっているようです。
とんでもない歴史を覚えこまされた皆さんには、言葉もありません。

 日本の歴史を書けと天命を受け、何年が過ぎたかも、解りません。
とてつもなく大変な仕事でした。

 ここまで来たのは神々、仏様、眷属の皆さんのおかげです。
今日は七草です。美味しい七草粥を食べてください。勿来、ナコソス島の名残です。勿来は猫祖=金星です。

 とても良き日本を感じます。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 蘇る神代

平成23年1月6日

 神倭朝の開闢(かいびゃく)についての話が始まります。
何度も来ていただいている神武天皇は、立派な写真も掲載しています。皆さんも見ていると思います。

 そして、いつも国造り神話に出てくるのが、その兄、彦五瀬命(ひこいつせのみこと)です。
神武天皇のご兄弟が長脛彦と戦い、彦五瀬命が矢に当たり亡くなったということになっています。その彦五瀬命を祀る神社がこちらです。

男神社

 Aが男(おの)神社というようです。

男(おの)神社

 海に近いほうが男神社浜宮(おのじんじゃ・はまみや)と言うようです。
この方は実はウガヤの72代様です。この方は長脛彦ではなく、中国人の矢に当たり、ここで亡くなったのだそうです。

 悪しきフジアンは、とんでもない神話を残してくれたものです。身体が怒りに震えそうです。
この方も日嗣だったのです。ここに来る皆さんも、ご縁の方が多いのです。

 「おの」と言えば、淤能碁呂島=エドフです。
ここは、古く呼唹郷(おのさと)と呼ばれた地だそうです。

 近くに、八王子神社もあるようです。
ここは泉南市だそうです。仙人に縁が深いようです。

 ご案内してくださったのは大山津見神様でした。
悪しきフジアン、中国人には、最大の警戒が必要です。

 曲げたことを伝えないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 仕事始め

平成23年1月5日

 昨日は会社関係は多くが仕事始めだったと思います。
山陰地方の方は、信じられない大雪で大変だったと思います。沈んだ漁船が400隻以上だそうです。鉄塔が倒れたのも驚きました。

 雪の被害は、人間の想定を超えたところにあったわけです。
よく出てくる五芒星とはなにか、調べています。あちこちの国や宗教、神社、仏閣で重要なものです。

 そもそも五芒星の「芒」とは何か、調べました。

芒 字形
〔#部3画/6画/7174・676A〕
〔音〕ボウ〈バウ〉#
〔訓〕のぎ・すすき
##
#稲・麦などの穂の先端にある針状の毛。のぎ。穂さき。転じて、きっさき。
「芒種・光芒」#日本では、穂の出る野草「すすき」にもこの字を当てる。
#ひろびろとしている。ぼんやりとして見定めがつかない。#茫。「芒洋」
#[#]は異体字。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 ・・おすすきが、自分の名前は、ここから来たと言っています。(^_^;
そして、重要なのが「五」です。稲荷五大神も「五」です。五行に通じるものは世界中にあります。

金星の運行

 金星は自転は倍以上、公転も地球の1,6倍程度早いのだそうです。私は地球の支配星と紹介しています。
土星も自転は早いのですが、公転は30倍くらい遅いのです。

 そのため、土星の竜宮城にいた浦島太郎は、地球に帰ってきて、玉手箱を開け、一度に歳を取りました。

 アメリカのペンタゴンも、この五芒星です。事実を見ぬくことが大切です。
キリスト教と稲荷神社、八幡神社、勿論神々も大きな関係があるのです。

 天神様の梅にしても、太田道灌の桔梗にしても、五芒星、五行が基礎です。
そして、六芒星は太陽を現しています。この太陽系は太陽がほとんどすべての存在です。

 かって火星から来たという出雲族は、六芒星を祀っていたそうです。
御祭神は太陽神としての天照大神様だったそうです。

品陀和気尊

 こちらは神倭朝十五代の品陀和気尊です。五に縁が深いのです。
品陀和気尊によると実際に出雲を攻めたのは、神武天皇ではなく、中国人フジアンだったのだそうです。

 勿論、記録は中国人が得意の捏造だったそうです。
神武東征は、おかしな侵攻だと思っていました。

 フジアンどもは、日本人は騙しきったと思っているのです。皆さんは歴史の嘘に騙されてはいけません。
中国製のソフトなど、危険そのものです。注意して過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 汚れた者たち

平成23年1月4日

 人がしていけないことは殺生です。ところが役人たちは、大義名分があると言って殺戮、侵略を繰り返しました。
戦国武将などひどいものでした。江戸の土地も僅かな武将がほとんどを使い、後は商人と町民が分けたそうです。

 今の高層長屋もとても悲惨なようです。災害時には地獄です。
昨日、テレビで長屋王のことを言っていました。

 讒言によって、その生命を奪われた方です。今なら冤罪で死刑に成ったわけです。
それは、この方が呪詛を行ったという噂がたったからです。

太田姫稲荷神社
ながやおう[生] 天武4(675)/天武12(683).大和,飛鳥[没] 天平1(729).2.12. 奈良

天武天皇の孫。父は高市皇子。母は天智天皇の女御名部皇女という伝承もあるが確かではない。妃は草壁皇子の娘吉備内親王。ほかに藤原不比等の娘もめとっている。
和銅2 (709) 年宮内卿,翌和銅3 (710) 年式部卿,養老2 (718) 年大納言,養老5 (721) 年右大臣となり,勢力を拡大。
 神亀1 (724) 年さらに左大臣に進み,政治の実権を握った。天平1 (729) 年「ひそかに左道を学び国家を傾けんと欲す」と密告され,朝廷から謀反の疑いを受け,軍隊に邸宅を囲まれ,妃および所生の諸王子とともに自害した。
 儒教を重んじ,詩文を好み,よく詩宴を開いたといわれる。『懐風藻』に詩3編,『万葉集』に5首を残している。墓は奈良県生駒郡平群町にある。
  1988年平城京付近で屋敷跡と約6万 5000点にも及ぶ木簡が発見された。 [ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]

ながや‐おう【長屋王】‥ワウ
天武天皇の孫。高市皇子たけちのみこの子。724年(神亀1)正二位左大臣に進み、藤原氏に対抗したが、藤原氏の陰謀により自害させられた(長屋王の変)。(684〜729) [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 長屋王たちへの殺人指令は、藤原不比等が出したのだそうです。
まともな人間では、自分の娘まで殺そうということは考えませんが、霊的無知なのが、フジアン、中国人です。

 藤原不人は、くたばる前に、天下の偽書、日本書紀まで編纂させています。
多くの学者は、この偽書で、大変に苦しめられています。真実になど辿り着きようはずがありません。

 火星からやって来たという出雲族も、中国人藤原に滅ぼされたのは有名な話です。
先日も、火星に過去世のある方が、夢で、火星の光景を見たそうです。

 サイトに書いてあるように、もうだれもいない星です。地球と音じような波動です。
火星から来た方も結構いて、その方たちも悪魔に狙われているのです。悪魔フジアンには出雲族は邪魔だったのだそうです。

 もちろん、栄華見栄の邪魔をする者は、すべてを謀略で葬ってきたのが藤原氏です。
ほぼ絶滅中と思いますが、根はまだ残っているようです。

善通寺

 長屋王にお尋ねしたら、墓は平群ではなく、ここなのだそうです。
それにしても中国人は恐ろしいです。現実にも人食い人種なのです。

 尖閣でも解るように、政府は中国への備えが甘すぎます。
中国は持っても、後2年はないというのが、中国の易者の見立てです。

 これも当然自業自得です。
長屋王の母上含め、火星から来た皆さんも、大変にご苦労様です。

 今年も、皆さんが、心静かに、生活ができますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 神々のご挨拶

平成23年1月3日

 昨日は、あちこちでお焚き上げもやっていました。
最初は頂いた写真です。

お焚き上げ1

 神々、眷属さんです。
稲荷神、宇迦之御魂大神様です。

お焚き上げ2

 こちらは、品陀和気尊です。

品陀和気尊

 今年は、日本の歴史などの集大成が始まります。畜生道、餓鬼道など、魔界転生もまとめたいと思います。
いろいろな真実を掲載したいと思います。それは、さすがに公開できないことも多く、入室者を管理いたします。

 今月、一月十日頃までに用意出来れば良いと思います。
夢にも思っていなかったような事が、追加されてきたからです。

 情報源は、勿論神々と眷属の皆さん、それにかっての聖職者と言う皆さんです。
昨日の時代劇でも、武将や、その家臣のことは諸説多く、何が事実かは断定できません。東照宮の霊もやって来ました。。

 お釈迦様は、すべてを断定してはならぬと言ったそうです。実に深い意味です。
天界の神々のご挨拶です。

天界の神々

 こちらは十字架です。
イエス様のご挨拶です。

十字架

 龍神様とヤハヴェの神、田中大神様です。

龍神様とヤハヴェの神、田中大神様

 沢山の霊も、私のサイトを見ています。
しかし、霊の願いを聞いてやるわけにはいきません。宇宙にも、この地上にも、仕切りがあります。

 この仕切は、それぞれの世界の至宝です。秩序が司法です。
大事な、人としての秩序を破壊してきたのが、悪しき役人どもです。

 武将にしても、金、権力、名声に目が眩んで悪事を重ねたものが多いのです。
そして、その先祖は、多くが傭兵です。これまで述べたとおりです。

 悪しき者たちは、夜も眠れず、日々苦しんでいるのです。先祖の業です。
人に武器を持たせ、殺しを教えた悪魔どもは、粛清されねばなりません。世が滅びるからです。

 もちろん、悪しき貨幣などなければ、金のための殺し屋=黒手組も現れなかったのです。
アミが言うように、今は、満杯の水が溢れる寸前です。

 最後の一滴の雫は、半島か、中東で垂れるかもしれません。
多くの国で、闇のなかで原爆製造が進んでいるのです。莫大な国民負担です。

 そして、恐ろしいのが、水爆への繋がりです。どれほどの国が持っているでしょう。
・・アミに尋ねたら、信じられないほど多くの国が水爆を持っていました。

 水爆は原爆が起爆剤なので、核保有国はすべてが持っているようです。
先進国は、ほとんどが持っていると思っていいようです。驚きました。軍事秘密です。

 武器も、高金利と同じで、行き着く先は破滅です。
すべての武器を、人の役に立つ、鍋や釜に打ちなおしたときに地球人類に平和が来るのだそうです。

 膨大な武器の在庫が、世界人類を苦しめているそうです。
今さら戦争で、なにか良くなることなどありません。

 しかし、各国首脳の頭は、危ない国への対策で一杯のようです。
一滴の水ならぬ、一発の大陸弾道弾が発射されたら、それが地表の地球人の最後だそうです。

 まったく、そのとおりだと思います。
アミが言うように、核の雨で、地球は住めなくなって、多くの者が救われず魔界堕ちです。

 肉を喰うものは、シンソ度数が高くても救えないそうです。霊的に中毒だからです。→「コン」
基地外は救えません。厳しいと思う方は、宇宙の医療は担えません。

 明日にも、全面消毒されそうなのが、地球の人類なのです。
備えは、皆さんの、日々の正しい祈りです。

 よく考えましょう。
   
 +(-_-;) 


 うさぎと阿弥陀様

平成23年1月2日

 今年はうさぎ年です。
こちらの写真は、アモン・ラー、阿弥陀様です。ウサギの耳の形がアル、二、仁、双・・です。
アモン・ラー

 エジプトでは、あちこちの寺院に、このような姿が刻まれています。
ほとんどの方が、ウサギの耳のようだと言うはずです。アミダくじも、ここから来たようです。

 調神社でも沢山紹介いたしました。鴻巣で「うさぎ」といえば「うさぎ山」(古名、現在は本町)です。法要寺があります。

法要寺1

法要寺2

 ここは太古より、宇宙と繋がる大切な土地だったのです。
お寺、お墓は宇宙と繋がる聖地に造らなければ、埋葬しても、魂は成仏ができません。

 馬鹿な役人は道路を造ると言って、墓地、お寺を移動させます。そして山に穴をあけ祟られるのです。自業自得です。
馬鹿な役人どもに、大切な人としての感性はゼロ、私が言う、悪魔とは役人だとの証明です。

 元々は寺が過去帳も管理していたのですが、役人が利権として、権利を奪ったのです。
国民の総台帳など作ったら、それこそ、この世は終わりです。悪魔の所業だからです。

 現在も役所は差押ができません。それで役人は、平気で敗訴の判決など踏み倒します。
江戸の時代も、寺や神社は、寺社奉行しか手が出せませんでした。それなりの権威があったのです。

 その反面、日蓮や真宗では、坊主の窃盗など、大変な問題も起こったわけです。
神も仏も解らない神職、坊主と、それに輪をかけた役人どもでは、何一つ宇宙の法の真実など理解できようはずもありません。

 それで、この世は、またも破滅寸前なのです。
馬鹿な高給取り=役人が、のほほんとして国民を苦しめているのです。どうにもなりません。

 きっと役人どもは、仕事をしていると言うはずです。それは盗人も同じです。
天下りを繰り返して、死後、魔界に落ちた者に、皆さんは同情できますか?

 悪しき役人に成ろうと思った時点で、人生は、この世に対し、負けなのです。悪魔に憑かれたからです。
お釈迦様の法が第一といった道元は、鎌倉に誘われて断ったそうです。勝海舟も役人でしたが賄賂を突き返したそうです。

 天下りなどが、悪しきものに当たらないと思う方は、それは間違いです。
多くの人間の総意が、宇宙の意志と感応するのです。

 お祈りするにしても、聖地でないと、宇宙に祈りは通じません。携帯ならアンテナが立っていない状態なのです。圏外なのです。
神々、仏様、眷属の皆さんは聖地にしか居ないからです。聖地は胎蔵界、金剛界へと繋がっているからです。

鴻神社

 屋根の上に居られるのは鴻巣大神と呼ばれる鴻神社の御祭神様です。
お住まいは胎蔵界です。

鴻巣大神

 以前にも何度か紹介しました。
かっての氷川神社の御祭神様だそうです。

 今日も、あちこちの神社がこむと思います。
事故に注意して、お出かけください。
   
 +(-_-;) 


 明けましておめでとうございます。

平成23年1月1日

 明けまして、おめでとうございます。

謹賀新年

 本年も、宜しく、お願いいたします。
   
 +(-_-;) 

 

ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2011