12月の日記

 山のあなたの空遠く・・

平成21年11月30日

 訳が解らないような文節ですが、山の穴田というと、「ウー八ー田」です。
これはアナトリアの事です。地域的にはトルコ(鶴)、アナトリア半島です。丸十と言う屋号は、多くが、ここの人たちです。

 穴穂部皇子という方もいました。欽明天皇の皇子です。
この方は、蘇我馬子らに殺されたと言われます。

 そしてアナヒターと言うのが、八幡神のうちの一柱、常世岐姫です。アナヒターは水の神と言われます。記紀で言う和久産巣日神です。
これが穴守稲荷神社に和久産巣日神(常世岐姫)が降臨された理由でもあります。

アナトリア半島

日ら出る日や

 アナヒターは観音様の原型とも言われます。
貴船神社の「きふね」はキプロスの「き」だそうです。

 そして、厳島神社の厳島=なくさ、名草に縁が深いのが「大塚」なのだそうです。相模大塚の桜森神社参照。
この人たちは八=八面=イエメンの和地から来たのだそうです。

イエメン和地

 大塚さんは日本中に沢山居ます。
日本に来たのは、ペルシャが侵攻してきたからだそうです。平家の落人ではありませんが、こういう人たちも同和地区の元です。

大塚さん

 この辺にも多いですが、やはり浅黒です。
この巨大な塚が、イエメンには沢山あります。エジプトにも似たのがあります。

平山

 この平山は、地表人には出来ません。高天原です。
こちらに桜森稲荷神社のお狐さんも居られます。立派な光です。

桜森稲荷神社のお狐さん

 あまりに沢山の神様、眷属の皆さんが居られます。
この土建屋の先祖はアフリカのゲルマ(→ゲルマン、ニギハヤッヒ、物部氏、イエメン源氏の一派)の人間だそうです。

 解りやすく言うと、現在のドイツ人です。アフリカのゲルマも既に消えてしまいました。
イタ公もローマが滅びて逃げ延び、エタに成ったものも居るそうです。業を背負った落人(兵)は、いつも大変です。当然です。

 国滅びて山河(サンガ)ありとは意味が深いです。
侵略はいけません。。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 伏見稲荷のお山巡り出来ました。

平成21年11月29日

 お待たせいたしました。
伏見稲荷大社の第3部、お山巡りがやっと出来ました。

 50Mほどありますので、回線が遅いと、読み込みに時間が掛かる事があります。

お山巡り

 それにしても、よく歩けました。
コメントがあまり出来ていませんが、見ているだけでも行った気がします。

 ゆっくりとご覧ください。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 鴻巣古墳群と天照大神様

平成21年11月28日

 かっての関東の中心の巨大な日本王国の秘密は、超大国ローマによって封じられたのは既に理解されたと思う。
昨日、久しぶりに大掛かりな調査をした。鴻巣が誇る丑寅の土地群である。

 オキネさんの土地は、あちこちが侵略者(俗称イタ公)により奪われ、多くの古墳が金の亡者に破壊されたのです。
しかし、それは上辺、地表だけです。今も、胎臓界には沢山の神々が居られ、宇宙との交信もされています。

 これ以上は、まさに密教です。
もちろん、昨日は天照大神様も来てくださいました。ここは土建屋です。テイアール・・と言うのは、かっては大成道路と言いました。



 最初の写真は、いすずの車両置き場です。
地図に見えるのは、何処も、見事な丑寅の地形です。

いすずの車両置き場

 神々、眷属の皆さんが多数居られます。これが、古代鴻巣の証明です。→「コン」
見事な「コン」が入りました。下は、土建屋です。十二神将もやって来ました。眷族、妖精も凄い数です。

テイアール・・

 そして、天照大神様の銅鐸の脇に、もうひとつ似たのがありました。
どちらも、同じ方向を向いています。

銅鐸

 こちらは、その前の道です。
神々の世界です。オキネさんも居ります。

神々、オキネさん

 天照大神様も御降臨くださいました。
小さい銅鐸のほうです。見えない聞こえない人には、何も解りません。この写真は神々、仏様の慈悲です。

天照大神様

 既に述べたように、これは天の岩船、赤岩なのです。
あれは皆さんに見えるように、天照大神様が天の岩船に乗っているのです。

 周りに妖精も居ます。妖精も天の岩舟(赤岩)も金星のものです。
ここは下人が来るところではありません。

 言っている意味は、皆さんがお分かりだと思います。よく、御理解ください。
心やましい方は、精進されるよう、お祈りいたします。

 今日も光が凄いです。
   
 +(-_-;) 


 穴守稲荷神社

平成21年11月27日

 昨日は久しぶりで川崎大師のお狐さんの所に、おまいりに行ってきました。

川崎大師のお狐さん

 大山門の四天王のうちの一体は、神道で大山咋神と言われる方だそうです。牛頭天王とは大山咋神様はじめ諸天善神の事です。
大山門にふさわしいです。後でサイトに追加いたします。

大山咋神

 昨日は、ここから穴守稲荷神社に行ってきました。
すぐ近いです。自転車が無いので、電車で行きました。

穴守稲荷

 穴守稲荷駅を出て穴守稲荷神社まで5分くらいです。
おおとりいは「鴻居」と変換できます。穴(あな)とは「胎臓界」の事です。和久産巣日神様の事でもあります。

鳥居


 お猿さんと妖精たちです。
お猿さんは胎臓界に居ます。

御由緒

 こちらは大山咋神様と稲荷神の四大神様です。
四大神様は、やはりエドフ(江戸府)の方だそうです→「コン」

 この神様は和久産巣日神と言われる方です。豊受大神様の母神とされる方です。
和久産巣日神は常世岐姫神社で常世岐姫として祭られる方です。稲荷神社では、四大神の一柱です。

 豊受大神様は、大変に忙しいので、昨日はお出でになれませんでした。それで、母神が来たのです。→「コン」
来年のお正月は6日に来られる予定だそうです。

 整理すると、常世岐姫が大山祇神様のお姉さんで、大山咋神様は甥っ子さんということです。
此木花之佐久夜姫(このはなのさくやひめ)は大山咋神様のお姉さん従姉妹なのだそうです。

神楽殿

 こちらがお狐さんです。
太田姫稲荷神社で修行されたそうです。

お狐さん

 立派な石像で、とても愛しく感じます。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 消えるメール

平成21年11月26日

 先ほども、返事がないと言うメールがありました。
その内容は、あるところの神社についてのお尋ねでした。

 原因は、その神社に巣食う蛇がメールの邪魔をしたのだそうです。
地元では有名な神社ですが、神社庁に属さない、金の亡者なのだそうです。

どこかの神社

 この写真を見ても、ほとんどの方がどこかは分かりません。
分かった方も、神社の名前を人に教えてはいけません。蛇が騒ぎます。

 私のサイトに来た方は、ここには行かないでください。
行く方は、ここに来た方ではまず居ません。

 蛇が悪さをしたから悪いのです。
現実には、新興宗教の関係者のメールは、まず消えます。途中で止まっていたのさえあります。

 蛇が回線で詰まっていたのです。
電車でも、そんな事で事故がありました。

 神社は豪華で大きければよいのではありません。
質素な神社でも、心が神様に通じることが大切です。

 神社の関係者が見ていたら、よく心の調整をしていただきたいと思います。
全ては自己責任です。
   
 +(-_-;) 


 神様のご苦労

平成21年11月25日

 大山咋神様は、滋賀県坂本の日吉大社は、好きではないのだと言う。
それは、織田信長の焼き討ちがあったためであるが、その原因は比叡山の坊主たちの強欲であった。

 私が大山咋神様に呼ばれたのは、赤坂の日枝神社と京都の松尾大社であった。赤坂は、もう行かないと思う。
歴史的には、日吉大社は崇神天皇が祭ったので、とても由緒はあった。

日吉大社

 しかし、坊主たちは、それをいい事に、神輿を担いで朝廷に強訴をしたのだそうである。
崇神天皇は開花天皇の第2子だそうである。既にスーダンやタンザニアの事も紹介した。当然、調神社にも縁が深い。

  以下は広辞苑の解説である。
-------------------------------------------------------------------------------------------
ひえ‐じんじゃ【日吉神社】 #滋賀県大津市坂本(比叡山東麓)にある元官幣大社。
東本宮に大山咋神おおやまくいのかみ、西本宮に大己貴神おおなむちのかみをまつる。
古来、山王さんのう・山王権現または山王二十一社と称し、朝廷の尊崇が厚かった。
例祭は4月14日で日吉祭・山王祭と呼び著名。二十二社の一つ。日吉山王。ひよし。今は日吉大社と称。
---------------------------------------------------------------------------------------------

 この21と言うのは13(十三)の次の数字である。
21は秘数である。栄光を現しているのだそうである。

十三参り

 現在の倭朝も13代まで阿字の天皇だったのだそうである。
皆さんは、既に大きな秘密に気が付かれたかと思う。

 神々は大きな秘密を抱えておられ、それも苦労である。
役人どもが、まともな歴史を残さなかったからである。売国奴どもと言うのが適当である。

 侵略者の言いなりに、歴史書を残したのである。
もちろん、役人は上の言う事を聞かなければ殺される。それは今も変わらないかもしれない。

 私が役人など成ってはいけないというのも、ここに理由がある。
巨大な力を持っていた阿字の蘇我氏も、藤原の大きな罠で殺されてしまった。

 この世は、いつの時代も魔界です。
菅谷(すがや)さんを助けた弁護士が阿部さんというのも、阿字観をマスターした皆さんには感じるものがあると思う。

 崇神天皇(すじんてんのう)は偉大な方で、仏教的には如来と言う方である。
天神様でもある。そのうち、玉体を御紹介したいと思う。
   
 +(-_-;) 


 神璽

平成21年11月24日

 神璽とは神に雨+玉である。皇位のしるしである。古くは護身の鏡と剣で八咫鏡(やたのかがみ)草薙の剣を言った。
後に八坂瓊曲玉(やさかにのまがたま)を加え、三種の神器とされた。あまつしるし。

 以下は広辞苑の解説
やた‐の‐かがみ【八咫鏡】
(巨大な鏡の意)三種の神器の一つ。記紀神話で天照大神が天の岩戸に隠れた時、石凝姥命いしこりどめのみことが作ったという鏡。天照大神が瓊瓊杵尊ににぎのみことに授けたといわれる。伊勢神宮の内宮に天照大神の御魂代として奉斎され、その模造の神鏡は宮中の賢所かしこどころに奉安される。

やさかに‐の‐まがたま【八尺瓊勾玉・八坂瓊曲玉】
大きな玉で作った勾玉。一説に、八尺の緒に繋いだ勾玉。三種の神器の一つとする。

 天照大神様にお尋ねしたら、それ(八咫)は「智慧の鏡」の事なのだそうである。自分を写せるのは大切である。
八咫烏も同じである。長い間のストレス、「うーやーたー」の謎が解けそうである。

 「うーやーたー」とは、かってのヒーロー、少年ジェットが発した奇声である。同年輩の方は知っているかと思う。
これを相手に浴びせると、木が割れたりする。ウルトラマンのスペシウム光線の様でもあった。

 少年ジェットは、誰が原作したのかは知らない。
スクーターに跨り、傍に犬がいた。

十三重の塔

 この塔は、奈良県吉野郡東吉野村大字小(おむら)と言うところにある。
小川城主の墓だそうである。天照寺と言うところである。

 「小」は「おむら」でちゃんと変換が出来た。これはイドフの印なのだそうである。
天照大神様に教えていただいた事である。斎にも、ちゃんと「小」が入っている。

 そして、天照大神様のランドマークがあった、鴻巣の西中曽根村も斎藤一族の村であった。
小川と言う苗字も多い。皆パーマで色が黒いような気がする。。

阿弥陀様

 これも、天照大神様が父上だと言う上古の13代様、アメン神、宇迦之御魂大神様である。
阿字観をマスターした皆様は、「おがわ」についても、既に理解が出来たと思う。

 偉大な智慧を授けてくださった、天照大神様に感謝である。→「コン」
神璽とは、いつも皆様が見ている天照大神様を含めた光の玉体、天眼である。

神璽

 天照大神様が、役人が作った神璽では役に立たないと申されている。。
偉大な教えである。
   
 +(-_-;) 


 三島

平成21年11月23日

 三島大社は大山祇神様をお祭りしている。
その三島がどこかは、いつも問題である。

 大山祇神様に案内していただいた。
その三島とはここである。

ギザの三大ピラミッド ギザのピラミッド

 以前に、ここには水があったことはお伝えしている。あの神殿もJINJYAなどの物と同じである。イエメンにもある。伏見稲荷のも、少し似ている。
もちろん、テイノウな地球人には、こんなピラミッドは造れない。

 興教大師様がやって来て、川崎とはナイル川の先でギザであり、あの神殿は大山門に当ると言われました。
ピラミッドはご本殿に当たるのだそうです。さすがにお大師様です。

 お大師様のお悩みは、坊主の皆さんが、金勘定に頭を悩ます事だそうです。不動産屋に苦しめられてはいけません。
確かに、金勘定はお坊さんの仕事ではありません。不動産屋は蛇です。

 丑寅を向いているが、製作したのは、木星、金星、胎臓界の方だそうである。
近くの住居のようなところさえ、地球人には出来なかったのだそうである。今でも、あの石を持ち上げるのは大変である。

2009_11_23_06.jpg(77587 byte)

 あの真ん中のものは、常世岐姫のものだったと言われている。
やはり巷で言われるカフラー王のものでは無いそうである。

侵略者

 侵略者は、名前を入れただけだそうである。
昔からいる、不動産屋=ヤクザと一緒である。

 大山祇神様がミイラなど造ったものは全部地獄堕ちだと言っておられる。納得できる。
馬鹿は全部侵略者だそうである。

 昔も今も変わらない。
地球人に出来たのは、日干し煉瓦の建物くらいだったそうである。

 所有の問題は蛇が引き起こすのである。
その小さな蛇は、巨大な蛇の餌となるのである。

 今も重い住宅ローン(小さな蛇)に苦しむ方は大きな蛇(役人)に食われる前に、問題を整理しておくのが良い。
何年か前に、私が住宅ローンは整理しておくように言った方は沢山いる。

 とんでもないでかい黒蛇は、ちゃんといるのである。
親の意見と冷酒は、・・・と言った世界である。

 この地上の地球人は、馬鹿のオンパレードで、マヤの予言までも持てば上等である。
大山祇神様が、マヤの予言のときには、地球人は全部滅びる予定だと言っておられる。



 この話が怖い人は、役人を含む悪い人であると思う。これは自業自得なのである。
意見は、掲示板に書いてください。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 平岸天満宮

平成21年11月22日

 お狐さんと相談しながら、平岸天満宮を更新いたしました。
いつもの事ながら、連休中は回線が込んでいます。

平岸天満宮

 昨日は、犬が狸の穴に嵌って騒いでいました。
犬は、鹿を追う途中で、狸に出会い、頭を狂わせ狸を追って行って、穴に入り嵌ってしまったのだそうです。(^_^;



 自業自得で、何か、人間の世界も似たところもあるかもしれません。飼い主は、よく救出しました。。
あそこは岩屋だったのだそうです。見ていて、私もそう思いました。

 役人の皆さんは、変なところに嵌らないように注意しましょう。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 絶滅危惧種

平成21年11月21日

 人間の思い込みと言うのは、その環境にある。
マスコミや近所で目に付くものは、他所にもある、または無いと思ってしまう。

 鴻巣の市内には紀陸(きろく)と言う看板が複数ある。
それで、こんな苗字は、全国にもあるのかと思っていた。

 ところが調査しようとしたら、変換さえ出来なかった。
開けてびっくり玉手箱であった。全国で11軒では、トキより少ないと思う。

紀陸

 しかも、鴻巣に7軒居た。

鴻巣の紀陸姓

 これは騎西に通じるのだそうである。会下=ギリシャ東部である。
この「き」がつく人たちの御先祖様は、キクラデス諸島から来たのだそうだある。

キクラデス諸島

 それで気がついたのが、紀州である。
紀州和歌山は鬼でも縁が深い。和歌山の「わ」は和戸の「わ」である。

鬼がいっぱい

 こちらは教会である。
角のある鬼の顔である。角の間に妖精が居る。鬼の皆さんは馬鹿な地球人に愛想をつかして金星に帰ったそうです。

教会

 アトランテイスが近かったせいか、アピラントスというところもある。
地図ではアピラトスに成っている。瓢箪のような花瓶もある。

アピラントス

アピラントス

 探していた厚岸(あっけし)の故郷も見つかった。厚岸の神はここであった。
厚岸町は厚岸郡にあり、町長は若狭(わかさ)という人のようである。

厚岸

 あっけにとられた、厚岸の故郷発見であった。ここはトルコ(鶴)である。
ここも敵が攻めてきたのだそうである。。

 しかし、オスマントルコの時代には、やや仇をとったというべきか。。
浄土宗の開祖、法然上人は、父親を殺されたとき、死ぬ間際の父親に、敵討ちはしてはならないと言われたのだそうである。

 馬鹿でも、殺せば恨みは連鎖する。
仏教では、殺生は禁止です。

 馬鹿には絡まれず、相手にしないようにしましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 神猿

平成21年11月20日

 アメリカでは株が暴落しているようである。157ドル下げたと言っていた。
現実にはないが、日本の株価なら、1万円下げれば0である。

 下手をすると年末は恐慌になるかもしれない。そんな感じでもある。
日本の舵取りは、今日も国会で議論している。

国会

 日枝神社のお猿さんがやってきた。先日も勝願寺に来てくれた。
日枝神社には、太田道灌の像があったようである。知らなかった。

日枝神社

太田道灌と眷属の皆さん

 昔の江戸城はとてもぼろかったと、一般的に言われている。
何時でも歴史の真実は伝わらない。後からの支配者は、必ず前は酷かったと言う。→「コン」

 大山咋神様が、既に江戸城には濠もあったと言っている。
何時でも人々は戯言に騙され、心身を消耗して苦しんでしまう。多くの歴史家は、悲惨のきわみである。

 そこに、蛇どもが甘い言葉で誘惑するのである。金貸し、新興宗教、悪人である。
だいたい、現実を見ても日本人は毎日、見えない敵に追い詰められ苦しんでいるものが多い。それが過疎の原因である。

 この責任は政治家と役人以外にはない。
馬鹿役人どもが、自己責任などとほざくな。競馬などギャンブルで公金を使い込んだ役人もどれほどいるか解らない。

 宮司が群れて、夜の街で飲み歩いているなど話にもならない。
これが、お猿さんの苦労なのだそうである。

 お猿さんが言うには、現在、蛇のフルセットが境内にいるのだそうである。私も見た。
12匹の蛇である。これが宮司に憑依して、事件は起こったのである。蛇が3匹憑依して、事件を起こした宮司は、無意識に近かったはずである。

 それでも責任は免れない。蛇に憑依されたのは普段の心がけに問題があったというべきである。→「コン」
日枝神社では最初にこれが目に入った。異様な光景であった。大山咋神様は、神社の問題を見せたかったのだそうである。

ゴミ捨て場

 私の先祖にも神職がいて、山王様、大山咋神様をお祭りしていたのだそうである。
今の肉食のサラリーマン宮司では、神様、眷属に、全く感応しない。これでは神様をお祭りなど出来ない。

 宮司の格好を見栄、金のためだけでしているだけだと言っている。
大山咋神様は厳しいが、本当だと思う。神様も、眷属もいるのがわからないのでは、今の人は多くがそうなると思う。

 (たぐい)は友を呼ぶのは、事実である。
皇居の周りにも、でかい蛇が居るところがあった。

 生身の人間の、心が重要である。大山咋神様は、馬鹿宮司がいるうちは、あの神社は駄目だと言っている。
なぜなら、蛇が寄って来て巣食っているからである。私ももう行きたくない。松尾大社とは世界が違う。

 蛇が寄らないように、注意しましょう。
神職も、僧侶同様、肉を食ってはいけません。
   
 +(-_-;) 


 最悪の世界

平成21年11月19日

 もがいても、もがいても赤字が増える、もはや墜落しそうな飛行機の会社のようである。
高額な人は100万円と言われる企業年金が、足を引いた。

 いまどき、予定資産利回りを4.5%に設定したままだったのだそうである。
経済を知っている人間なら、あきれ果てる。何処の馬鹿な銀行も相手にするはずがない。

 株価も百円割れである。当然である。
私は人間の飛行機は乗った事がないし、これからも乗らない。悪魔の産物だからである。

 自動車だって、毎年1万人を殺して、交通戦争と言われる。
3万人を自殺で殺しているのは、悪しき法律、前例を作った政治家と、実行した役人どもである。連帯責任である。

鬼とウサギ

 ソクラテスは政治実験をして失敗だと罵られ、死刑になった。判決から僅か数十分〜3時間程度で毒杯を呷ったそうである。
そして、プラトンも政治に愛想を尽かし、哲学者としてアトランテイスを発表した。私の遠い前世の土地である。

夕日と猿

 石の光と言うものは多くの人に解らない。
しかし、ピラミッドの中は明るかったのである。電気など要らなかった。

 ピラミッドの石は透けて外が見えたのである。
沢山の寺院も傍にある。いつの間にか、地球の人間は大切な心を失い、悪魔の奴隷、肉を食う様になった。

 これは現実である。生前が役人だった者どもは人のせいにするなと言う。責任など微塵も感じていない。
いつも文句をつけに来るが、お前ら以外に悪魔の手先は居ない、と言っている。人の流した血と汗と涙で生きているのが役人である。

 いつも役人が考えているのは、どうやって領民を騙し、税金を毟るかだけである。
今も政治化の目先を騙し、予算を分捕る事しか考えていない。図星である。

 そんな続きで、沢山の人が神様に付いて、世界中から逃げたのである。出エジプトもそうでる。
その、到着先の村の多くが同和地区と呼ばれたのである。誰だって余計な税金など払いたくはない。

 逃げてきた人たちを、税金を払わないので、エタ(役立たず)、猿飼などと呼んで役人は侮蔑したのである。
しかし、あのお猿さんのほうが、役人より、よほど天国に行けそうに見える。。

・・もちろん猿も、玉石混交だそうです。あの猿も神猿には成れないそうです。。
→「コン」
   
 +(-_-;) 


 神の世界

平成21年11月18日

 神の世界と人の世は、ある意味では混在しています。
しかし、蛇に巻かれた悪魔、新興宗教なども混在しているので、この世は苦しみばかりなのです。

 こちらは先日の十夜の人形塚です。
普通の世界です。写真がはっきり写っています。

普通の世界

 ところが、良い霊域が現れると、雲がかかったようになります。
以前埼玉火祭りでも紹介いたしました。下のは神仏の世界が現れた状態です。ただ、肉眼では解りません。

神仏の世界

 この時は、近くに悪い人、霊は居ない状態です。
木の上には、お猿さんも居ます。時々刻々と環境は変化しているのです。

 悪い宗教の者が集まったら、こんな状態は発生いたしません。
下の写真も龍神様です。煙はこんなにありません。

龍神様

 天の岩船には、天照大神様とネフェルテイテイが乗ってきたのだそうです。
地球上で、皆さん以外、この事は誰も知りません。

天の岩船

 こちらにも、大山咋神様の大きな玉体が写っています。
ここは日枝神社です。

大山咋神様

 私のカメラに、この世の物質が良く写る時は、神々はあまり写らない事も多いようです。星の位置が悪いと言っています。
もちろん、罪業を抱えたものには、神々、仏、眷属は近寄っても来ません。写るわけが無いのです。

 天照大神様が、この星の者は、当たり前さえ理解がしづらくなったと言っています。
それは、もちろん誤った教育、環境が大きな原因です。親が肉を食わせるのが大きな原因のひとつです。→「コン」

 肉や酒は兵を狂わせるためのものだったのです。
いまなら麻薬です。太平洋戦争のときは、特攻兵にも麻薬をつかったそうです。

 低い霊性の者たちは洗脳がされやすいのです。
それが新興宗教の信者に多いのです。

 新興宗教は、詐欺師の経営者以外は、悪い人間なのではありません。多くが欲のために完全に騙されているのです。
この状態を洗脳されていると言うのだと思います。私から見ると、肉を食うものは皆が同じようです。

 肉を食う事が悪魔との契約なのだそうです。解ります。神様の振りをした悪魔に騙される不幸は後を絶ちません。
ガンジーは穀物以外は食わなかったそうです。これも、彼にすると当たり前だったのです。

 健康のためにも肉を食わないようにしましょう。
解脱への一歩です。
   
 +(-_-;) 


 ジャイプール

平成21年11月17日

 今思ったのですが、変換で蛇居プールが出ました。
ジョイプールなら楽しい池でよいですが、蛇居プールなら蛇が居る穴になります。穴がプールの原義です。

女神様

 この女神様の本質は、豊受大神様なのだそうです。地球に金星から、お米を持ってきてくれた偉大な神様です。
伊勢神宮の外宮、調神社などに祭られています。ここを拡大します。

十

 これは、どこかの会社のマークにも見えますが、「十」=天なのです。
イスラエルでも同じものがあります。ここにも「にほん」があります。双葉、プタハでもあります。双日などと言うのもあります。

 そして、この地はイエス様が降臨された地です。
長、永、那賀=ナガ(龍神様、建御名方神様)の付く地名が沢山あります。

長、那賀=ナガ

 下人はナガを蛇と訳すのです。確かにどちらも物理的に長いですが、天と地の違いを解らないので下人はどうにもならないのです。
それは、蛇のDNAが混じってしまった人間も本当に居るからです。それで、凶悪な事件も起こります。

 インドでは、今も象さんが建築現場や観光スポットで働いています。
見ていると、心が休まります。

象さん

 像も、ネコたちと同様に金星から来たのだそうです。→「コン」
それは上古以前、天神の時代だったそうです。

 この地球の悲劇は、蛇が居た事です。
アミが言うように、あんな恐ろしいものは宇宙的にも珍しいのだそうです。

 それは、皆様が見た事のある蛇とはまったく違います。恐ろしいです。
この地球は、蛇のため魔界なのです。

 日々、注意して、生きましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 ウガンダのジンジャ

平成21年11月16日

 今日も阿字観の勉強があります。
ウガンダのジンジャと言うのはナイル川の始まるところでもあります。

ナイル川の始まるところ

 あるお医者さんの遠い御先祖様は、ここで神官だったそうです。→「コン」
ここには、アナトリアもありました。神殿です。ちゃんと丑寅を見ています。

アナトリア1

アナトリア2

アナトリア3

 ここにも五本の柱の跡が見えます。
これもカジマの御先祖様が造ったのだそうです。これと同じようだったそうです。


五本の柱

五本の柱

 ここにも、神代に「あお」が攻めてきたのだそうです。
何処もかしこも、「あお」(足)がみんな壊しました。

 このときの侵略者の子孫が、今、このお医者さんの患者になっているそうです。。
このお医者さんは精神科だそうです。

 患者は、やはり新興宗教で苦しんでいるのだそうです。
エネルギー不滅の法則は、因果応報といいます。動物を殺した死骸を食ってはいけません。

 馬鹿は相手にしないのが良いのです。
良い縁は、大切にしましょう。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 勝願寺のお十夜

平成21年11月15日

 昨日は、勝願寺のお十夜でした。
勝願寺は浄土宗のお寺ですが、徳川に大変縁が深いのです。それで、徳川の関係の皆さんがやってきます。

山門とお猿さん

 午前中は雨でしたが、たいてい止みます。
こちらは本堂の様子です。

本堂の様子

 仏様と十二神将です。
中央は徳川と縁が深い天海上人です。

鐘楼

 次は、太田姫稲荷神社のお狐さんの技です。

太田姫稲荷神社のお狐さん

 とても優しい、お狐さんの表情です。↑
煙で作れといわれても出来ません。。

龍神様

 こちらは龍神様です。↑
木の上のお猿さんも、これは綺麗に写りました。

木の上のお猿さん

 そして、今日最後の写真は、いつもお見せしている天眼です。

天眼

 実は、あれはアミの円盤です。天海上人は、ここではアイとして登場されました。
アミといろいろ話したのは、もうだいぶ前です。

 オカルトではなく、この地球には、沢山の星からいろいろな人が来ているのです。
地球人の馬鹿さ加減に、愛想をつかして、地球人を消毒しようと言う宇宙人(神々)も居るのです。

 そのくらい、地球は危険なところに来ているのです。
地球人の武器など、歯が立ちません。

 あの円盤さえ、見える方は、居ないのです。見たのはここに居る皆さんだけです。私のカメラにしか写らないのです。
アミが言うように、あの円盤が見えたら、地球人は攻撃します。馬鹿だからです。

 攻撃されたら、宇宙人(神々)は本当に地球人を消毒します。
今も危機なのです。

 馬鹿の素の肉も食ってはいけません。。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 崇神天皇(すじんてんのう)

平成21年11月14日

 サイトの年長の方は、皆御存知と思う。11代の天皇である。
「はつくにしらすすめらみこと」とも言われる。

 阿字観をマスターしつつある皆さんは。すぐにスーダンの方と解った筈である。
奈良の古墳が崇神天皇のものでないなら、その陵は、やはりスーダンにあった。

 崇神天皇様に案内していただいた。
青ナイルというところの円内である。

スーダン

 下の山がそうなのだと言う。

崇神天皇陵

 「崇」とは、やはり「山」冠である。宗としている山の衆という意味でもある。山の頂点はピラミッドである。
最初は伊勢には、大山祇神様をお祭りしていたのだそうである。大変な話に成った。

 ・・崇神天皇が開運されたといっている。
永い、永い間、重い荷物だったと思う。

 近くで見つけた動画に、やはり牛の神様が居た。背後には立派な山がある。

牛の神様

 ここまで書いたら、神々が、皆お喜びになられた。
これは私の作り話ではありません。

 天照大神様の御信徒の皆さんには、昨日よりショックもあったかもしれません。
しかし、あの巨大なランドマークも実物です。

 私には、あの田んぼの一枚さえ自由にはなりません。
ここにあるのは、巨大な、天界の力の証です。

 良い日々を過ごせますようお祈り申し上げます。
今日も凄い光です。。
   
 +(-_-;) 


 天照大神様の御降臨

平成21年11月13日

 今日は11月13日の金曜日である。本当は大事な日である。昨日は今上天皇の即位20年の記念日でもあった。
下生出塚古墳群に天照大神様が御降臨してくださった。

天照大神様

 この天眼は、岩船に乗っている状態なのである。
いつも言うように、この地上はとても危険なのである。

 移動するときは、あの玉体が光るのである。
天眼が発光しているときは、移動可能な状態である。光で飛ぶのである。

天海上人と大山咋神様

 こちらに、岩船が飛んでいるところがよく撮影できた。
こちらに乗っているのは天海上人である。御神宝の一部である。赤岩でもある。レーダーには映らないと思う。

天海上人

 以前私も乗ったものである。扉もないのだが、乗れるのである。そして飛ぶのである。
この光の玉体は、もちろん資質がないと乗れない。当然である。音もなく飛ぶのである。新興宗教の嘘っぱちではない。

 天神町の空は、毎日光の玉体が飛びまわっているのである。それで、私のカメラには写るのである。
もちろん、出来のいい写真は、ほんの僅かである。

 天照大神様とお近づきに成れた皆様は、光栄な方たちである。
   
 +(-_-;) 


 人を騙すもの

平成21年11月12日

 テレビで邪馬台国の跡が見つかったのかと騒いでいる。
もちろん、奈良には、そんなものは無い。

 魏志倭人伝など、何処にも正しいものと言う証明など無い。
そもそも、国の正史など嘘が多い。他国の事もまともに書くわけが無い。

 無明の中に居る人を煽って、商売のネタにしようと言うのが大方である。
奈良等鬱陶しい。蛇と蛇霊がいっぱいである。見える古墳は中国製の偽物ばかりなのだそうである。

見える古墳は偽物ばかり

 格好だけで人を騙す中国人の根性がよく見える。
奈良の神社仏閣では本物は2割だそうである。

 これは神仏が降臨できるところだそうである。
普通の土地では、8割くらいは可能なのだそうである。

社主のお社

 こちらは社主のお社です。
小さくても、神様も、眷属の皆さんも沢山降臨されます。

 人生は所有しているものの多寡ではありません。
人生の苦しみと成る、所有の問題を乗り越える事が解脱には大切です。

 今日も、皆さんの心に、よい光がありますようお祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 十日のお参り

平成21年11月11日

 昨日は十日だったので、社主のお社に御参りに行きました。
天神町のオキネさんのお屋敷跡付近で撮った写真です。

十二神将

 お馴染みの十二神将です。
実は、この霧のように写っているのは、火星から来た円盤なのです。そこに十二柱の神、仏様が乗っているのです。

 皆様は既に何度も見たはずです。
下は、円盤の霧がない状態です。中央は川崎大師のお狐さんです。このお狐さんが十二神将を呼んでくださるのです。

神仏、眷属の皆さん

 火星には、既に人類は居ません。
火星最後の人類は出雲にも来たのだそうです。

 これ以上は、誰も知らないことだと思います。
これが原因で、中国人の藤原氏は出雲を滅ぼしたのです。いつでも多勢に無勢で日本を攻めてきたのです。

 鹿島の神様、武神さえ、中国人の集団攻撃の弓矢で殺されたのだと言っていました。あの巨大な刀の持ち主です。
外国人の選挙権も、在留中国人が多くては、とんでもない事になります。

 地球には、今もいろいろな星から神々が降臨されているのです。
もちろん困った宇宙人も居ます。地球人程度は、人に認めていないのです。肉を食らう低級人類だからです。

 それで「亜印主体ん」に嘘っぱちを自動書記で伝え、地球人類は原爆を造るに至ったのです。
まともな宇宙人の種族は肉を食ったり、爆弾など造らないのです。貨幣がないから必要ありません。

 それで、地球人をエイズウイルス程度の病原菌とみなしているのです。私がいつも言うとおりです。
医者の立場なら、こんな病原菌のような人類が、出来損ないの、星の血液を原料にした乗り物で宇宙に出るなど許せません。

 ここに来る皆さんも、同じ考えだと思います。
しかし、ほとんどの方は、事実が何も見えません。聞こえません。したがって、理解できないのです。

お狐さん

 頭で判っていても、覚醒剤のような肉食は止められないのが地球人です。
それなら、まともな宇宙の人は、この星の人類は危険だと判断するのが当然です。

 地球のロケットで、地球のウイルスを運ばれたら、まともな星の人類も絶滅の危機になるのです。
これはアミも言っています。

前玉比子命

 昨日、社主のお社に来てくださった前玉比子命と天神様、眷属の皆さんです。
これを見た皆さんは、まともな思考になることを、お祈り申し上げます。

 魔界、黄泉の国とは中国です。。
   
 +(-_-;) 


 火焚き祭り

平成21年11月10日

 伏見稲荷を更新し、火焚き祭りを追加いたしました。
お狐さんがやって来て、宮司たちの問題を教えてくれました。

火焚き祭り

 宮司の中に、金の亡者が居て、困っているのだそうです。
前にも少し聞きました。宮司が金で困ってどうするのでしょう。

火焚き祭り2

 現実には、巫女までが会社員のような感覚で、心に病を持っているのだそうです。
そういえば、春に行った時、必要な資金40億とか出てました。金の亡者を感じました。

火焚き祭り3

 火の写真も、社主に許可されたのは、これだけでした。
下の一枚です。悪いものが火の回りに渦巻いているからです。

火焚き祭り4

 東京の日枝神社でも若い宮司たちには、サラリーマンのような感覚を感じました。
それも、程度の低い会社です。→「コン」

 宮司たちは神々、眷属の皆さんのおかげで生活できているのに、そんな事も忘れているのだそうです。
馬鹿な新興宗教と同じレベルになったら、神々眷属の皆さんも引き上げます。

 現実に、そうなった神社も多いのです。
神々は、神職を馬鹿な役人と言うこともあります。現実に、そんな事件も起こっています。

 よく心身清めて、日々の仕事に当たっていただきたいと思います。
宮司が地獄に堕ちていたのでは、話にもなりません。

 本当の話で、神々の切なる思いです。
   
 +(-_-;) 


 壱岐

平成21年11月9日

 壱岐島姫(市杵島姫)の事を松尾大社の頁に追加しました。
壱岐とは昔から神々にご縁が深いところで、縄文時代の遺跡もあるそうです。これも天照様のものです。銅鐸です。

縄文時代の遺跡、銅鐸

 ここは有名な原の辻遺跡と言うところの様です。
鴻巣古墳群の下生出塚のものと同じです。


原の辻遺跡

 とても貴重な航空写真です。
そして、妻ヶ島と言うところに名を知らない神社が出てきました。



 この神社の神様は、実は天照大神様の従姉妹なのだそうです。
従姉妹が2人居たのだそうです。もう一柱が市杵島姫だそうです。

 立派な銅鐸まで有ります。天海上人(前世エジプトのファラオ、アイ)も来て下さりました。
妻ヶ島とは妻沼(めぬま)と同じく「めヶしま」だったのだと思います。

 大宮売大神様は「おおみやめのおおかみ」様と読みます。売は「め」に当たります。
売は「うる」で本来は「うし」です。市(壱)です。津の上(角上)山が見えると思います。

 大山咋神様に見事な角があるのは、市杵島姫様の御子神なので、当然なのです。
牛頭天皇の秘密も理解できたと思います。山王様です。

牛頭天皇 大山咋神様

 ご覧の通り、大きな山が冠です。
いつも、ありがとうございます。
   
 +(-_-;) 


 三ツ木神社更新いたしました。

平成21年11月8日

 既に見た方も多いと思います。
三ツ木神社のサイトを更新いたしました。以下の5点の写真を追加いたしました。

眷属のお猿さん

眷属のお猿さん

眷属のお猿さん

眷属のお猿さん

眷属のお猿さん

 やはり、神猿の皆さんも、神社で姿を見せたいとの御要望で、愛車をこいで撮影してきました。疲れました。(^_^;
すっかりお馴染みになった、電柱のお猿さんも、とてもいとしく感じます。

 世間では、信じられない恐ろしい事件も起こっています。
先日は、悪魔が口から、恐ろしい黒い蛇を吐いていました。皆さんは、この世が安全などと信じてはいけません。

 この世は、いつも言うように魔界なのです。
特に若い女性は、街中でさえ襲われています。犯人も捕まっていません。

 夜間の女性の外出は危険です。
伏見稲荷の稲荷五大神、五柱の神々について、少し、お話します。

 それがこれです。
京都で最も格式が高いと言う、松尾大社の塀の五本線もこれなのだそうです。

 こんなものがあったなど、神様以外知らないと思います。
神々の系統は、また後で説明いたします。十三参りの秘密も感じられたと思います。十三は宇迦之御魂大神様です。

稲荷五大神

 ここは、あるところの、かっての神殿跡です。
八幡様については、大山祇神様に案内していただいたイエメンの8柱の神々を紹介いたしました。

 イエメンとは家面、八面、八女(ヤメ)なのだそうです。卑弥呼の後継者の「トヨ」の事も前にお話いたしました。
イエメンには、太陽の宮殿があり、その神々が八柱だったのだそうです。ご覧のとおりの巨大な石柱です。

太陽の宮殿

 この神々が、八幡様なのだそうです。
当然、大山祇神様も、そのうちの一柱なのだそうです。

 お釈迦様は、この事を知っていて八正道と言われたのだそうです。
寝ぼけた狸憑きが仏陀再誕など、よくもほざけたものです。とても腹が立ちます。

 大きな秘密の開放が、皆さんの心を揺さぶったと思います。
あの巨大な石柱は、エジプトでも見つかっています。今では、切り出しさえ出来ません。

 あれは宇宙と交信するためのアンテナなのだそうです。
ここからは、秘密です。

 出かけるときは、神棚に一声かけてから出かけましょう。。
   
 +(-_-;) 


 松尾大社(まつのおたいしゃ)

平成21年11月7日

 半年以上、お待たせしましたが、やっと松尾大社のサイトの原型が出来ました。
まだコメントもほとんどなく、写真ばかりです。

松尾大社

 まだリンクが効きませんので、少しお待ちください。
・・効きました。

三ツ木神社のお猿さん

 こちらも大山咋神様を御祭神にする三ツ木神社のお猿さんです。

   
 +(-_-;) 


 地頭方(じとうほう)

平成21年11月 6日

 不思議な地名だが、もちろん持統天皇の土地である。
かって、天皇の住居、皇居があった吉見(よしみ←えみ)の地名である。

持統天皇の土地

 時代は中国の手先、藤原氏が暴れていた。持統天皇が言うには、悪魔の時代だったそうである。
悪魔Fujianは、藤原京などと言うのを造ったが、僅か16年で滅びた。鬱陶しい。。

 そして、日本人から搾り取るため租庸調などと言うのを、中国に真似て始めたのである。
持統天皇の孫、文武天皇は、此れ(租庸調の発布)をいやがったため、宮殿に巣食う悪魔に殺されたのだそうである。

かっての宮殿跡

 そして、飛鳥時代最後の天皇となったのが、持統天皇の娘さん元明天皇である。
元明天皇の時代には何とか、古事記(ふるごとき)が出来上がった訳である。

 古事には、大きな秘密がある。
吉見にも古名があったのは、偶然ではない。古河公方も繋がっている。

持統天皇の土地

 金剛院というのも、当時あったそうである。この氷川神社は常世岐姫のご縁だそうです。見事な丑寅です。
天皇陵は、役人どもが、歴史の捏造のために、奈良に造ったのだそうです。

 役人が書いた歴史は事実とは程遠いと言う事である。
・・持統天皇が開運されたそうです。

 代々の天皇は、東国に居たのだそうです。
当時の奈良は、中国人侵略者のために魔界だったそうです。とてもよく感じます。

 その悪霊どもが、転利も始めたそうです。吉外宗教です。
「あすか」には近寄らないのが無難です。
   
 +(-_-;) 


 みさき

平成21年11月5日

 みさきとは、岬、三崎という表現が多い。これは御門、三門、三角、帝につながる。
これが三門である。銅鐸にも似ている。市内では2つめのランドマークである。。

御門、三門、三角、帝

 そして、山神社と言うのは、大山祇神様が御祭神である。
ここは市内である。下の土地である。

大山祇神様

 見事に「みさき」を現している。

ルクソウルの様な元荒川

 昔から、元荒川が、おかしな曲がり方と思っていた。天狗の秘密はこれなのだそうである。
ルクソウルの様である。そして、山神社の「みさき」もエドフのものと同じなのだそうである。→「コン」

エドフ

 カラスのくちばし部分である。
川の瀬換えにしても、現在でも、これだけの工事をするのは大変である。

 誰の事業か、大山祇神様にお尋ねした。
これはウガヤ21代の天皇の事業なのだそうである。前に私のところに来てくれた方である。

 今も来て下さったのだが、屑役人も付いてきたので成敗してやった。いつも鬱陶しい。。
天皇様も昔から、馬鹿役人のために御苦労が多い。。

 このルクソールの先にあるのが持田(もちだ)である。
昔は、持田の意味も解らなかった。「もち」はエジプトである。ここも「みさき」である。

持田(もちだ)

 ここも古墳だったのだそうである。
昔、夢にお狐さんが現れ、国道を案内されたのだが、この駅は国道から分からないところにある。

 山神社にしても、目印は国道のレストランくらいである。
高虫恩母(こーむおんぼ)につながるのが、恩田である。関東には驚くくらい沢山あった。

恩田

 偉大な神々、神代の天皇様の御案内なくしては、一切がまったく解らなかった。
山神社は静岡に多いようである。

山神社

 三島や沼津はご縁が深いところである。
この周辺にも、まだ沢山の秘密が眠っている。
   
 +(-_-;) 


 魚沼とは

平成21年11月4日

 魚沼と言えば、おいしいお米の産地である。
「沼」は既に何の事か御紹介した。それでは「魚(うお)」とは何処か。大山祇神様に御案内いただいた。

魚(うお)

 この辺りが「魚(うお)」なのだそうである。
ケープタウンとは、(みさき)の町である。山と甲で見事に大山祇神様である。

 こちらは魚沼周辺である。 守門村(すもんむら)の権現様とは大山祇神様だったのだそうである。当時は、名前も知らなかった。

魚沼周辺

 福島の只見町でも、あちこちに大山祇神社が祭ってあるのだそうである。
動かせない事実である。そして宇加地と言う地名もあった。田川もある。

宇加地

 先日紹介した「芋」もある。さといもである。
これは、アトランテイス時代の主食でもあった。

芋

 竜光とは立つ甲の光である。
そして、天神様があった。光が凄くなった。真実である。

 「あいうえお」は母音と言うが、遠い御先祖様に因んだものが多いのである。
この辺の人は、音を忘れておらず、今でも教員室を「きょうえんしつ」と言う方が多いそうである。

 高虫恩母と書いても、この世の99.99%の人は、何の事か全く解らない。
ここに来る皆さんは、偉大な神々の御信徒様である。

 天にまします、われらの父とは、金星の稲荷神様である。
日々のお導きに感謝いたします。アーメン →「コン」
   
 +(-_-;) 


 文化の日

平成21年11月3日

 以前は明治節といい、旧制の四大節の一つであった。
11月3日は明治天皇の誕生日(旧暦では9月22日)だったのである。1927年(昭和2)制定、48年廃止と成る。

 今、この日は国民の祝日の「文化の日」で意義を異にする。
そもそも、文化とは何か?

 広辞苑の文化についての内容は、以前とは変わっていない。
最初の頃の、2版は出すのが重いので、とりあえずは見ない。広辞苑の内容は以下の通りである。

#文徳で民を教化すること。
#世の中が開けて生活が便利になること。文明開化。
#(culture)人間が自然に手を加えて形成してきた物心両面の成果。
衣食住をはじめ科学・技術・学問・芸術・道徳・宗教・政治など生活形成の様式と内容とを含む。
文明とほぼ同義に用いられることが多いが、西洋では人間の精神的生活にかかわるものを文化と呼び、技術的発展のニュアンスが強い文明と区別する。
#自然。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 最後の自然と言うのはいいと思う。文明は文化を破壊するとは、まさに自然破壊のことである。
30年前から思っていた。

 今は案の定、馬鹿の時代である。
そんな世の中でも、前世の縁は、ちゃんとある。

 ある方が、田巻という方に出会ったのだそうである。
不思議な苗字である。

田巻

 御先祖様は新潟の人であった。
新潟でも、三条の人である。

三条の人

 不思議な事だが、二人とも前世エジプトの縁である。
田巻とは、甲田の事である。

田巻とは、甲田

 不思議な糸で引かれ、皆さんもここに来たのである。
田園とは伝縁でもある。伝という螺旋は、大きな秘密である。

皇国とは甲国とも言える。

神々と不浄霊

 神々が御降臨されると、不浄霊も追ってくる。
これは当然である。苦しみは、全てが人間が作り出すのである。

 私のところにすすり泣いてきた女性の霊も居たが、私の守護霊は「悪霊よ去れ」と一括された。
とても厳しくも思ったが、男に騙されたのが悪い。

 男も女も、とんでもないのがいます。
近づくときは、御注意ください。

 この世、地球は魔界なのです。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 閏戸(うるいど)の王

平成21年11月2日

 閏戸とは蓮田市や千葉にも地名がある。
門に王が入っている。大事な土地、時間を表している。閏年は4年に一度である。

閏戸

 ここは貝塚でもある。貝塚はゴミ捨て場ではない。
貝塚の貝は、本当は甲斐である。エジプトである。そして、王は大山咋神様である。→「ゴン」(お猿さん)

芋茎、菖蒲

 芋茎と言うのも不思議な地名である。芋とは「さといも」で茎とは「こう(甲)」である。芋とは「江も」である。
菖蒲の菖は「あやめ」で、蒲は植物の名に当て用いる字である。

 菖、「あやめ」→「しょう」はピラミッド、tombを現すのだそうである。
行田から、鴻巣、菖蒲、蓮田と77号線でつながっている。高虫(たかむし)の謎も解けた。

高虫

 高虫とは、もちろん、コームである。元は「コーム」だったのだが、馬鹿が「たかむし」にしてしまったのだそうである。(怒)
昔から、とてもストレスだった。浅間山(せんげんさん)を「あさまやま」にしたのも同じようである。

 鴻茎(こうぐき)もおなじである。おおとりの甲である。
そして、同和地区が多い久喜も、甲だったのである。行政のカモにされたわけである。

大国主、大明神様

 以前、大国主神が愛宕神社で御降臨されたときは、大山咋神様のことは知らなかった。
当然、ここが大山だったなど夢にも知らなかった。

 ただ、呼ばれて来ただけである。
もちろん、ここにはとんでもないでかい蛇がいた。

 それが、神代の秘密を隠してきた悪魔どもである。
天海上人に、いろいろお教えていただき、とてもすっきりとしました。

 しかし、多くの人は何も気がつかず、無明の中で人生を終えてゆきます。
悪い縁は、すっきりと切って、安らかな日々をお過ごしください。→「ゴン」(お猿さん)
   
 +(-_-;) 


 霜月

平成21年11月1日

 今年も残り2ヶ月となりました。
鴻巣でも、昨日は駅前で菊の展示会をやっていました。

菊の展示会

菊の展示会

 コウノトリの上には社主がいます。

菊の展示会

菊の展示会

 こちらが市長賞だそうです。
 立派と言うより、さわやかな感じです。優しいです。

菊の展示会、市長賞

 こちらは天神町の社主のお社の前です。神様、仏様、眷属の皆さんです。→「コン」
社主の挨拶も入りました。。

神様、仏様、眷属の皆さん

 こちらは天神町の氏神様と言うべき、オキネさんと、大山咋神様と眷属の皆さんです。
オキネさんは写真に入りませんでした。居ると思ってください。

オキネさんと、大山咋神様と眷属の皆さん

 アメリカでは、また銀行が潰れそうです。
金の亡者の苦しみは、まだ続きます。

 皆さんは静かな日々を過ごせますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 

 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2009