11月の日記

 白髭の神様

平成21年10月31日

 白髭神社と言うのは日本に沢山あって、その御祭神は田中大神様、キリスト教で言うヤハヴェの神であると申し上げた。
私も、いつの日記に書いたかさえ解らなくなってしまった。

 そして、田中大神様は石切様としても祭られている。かってはソドムとゴモラを滅ぼした巨大な力の神様である。
なぜ白髭かと言うと、写真があった。ちゃんと角もある。

田中大神様、ヤハヴェの神

 見ての通りである。
実は、ここはヨルダンである。ぺトラと言うところである。翻訳すると岩宿とでも言うところである。

ぺトラ

 さすがに、石切さんの都と言うところである。

石切さんの都
 この巨大な岩の都は、神の怒りで滅びてしまった。
それは渇水である。水がなくては生物は生きていけない。今もヨルダンは水がない。他所の国から水を輸入しているのである。

枯れた木  この木が、この都の終焉を物語っている。そして、この都を支配していたものたちが日本へと来たのである。

もちろん、田中大神様のお導きである。
それが、上杉の祖なのだそうである。

 上杉は、かっては京都の公家で、丹後の出である。

 丹後とはヨルダンから来た者たちなのだそうである。
いつも、驚く話である。

 これを私に語ってくれたのは、太田道灌である。
太田道灌は菅原道真公の子孫なのだそうである。その証拠に父親は太田道真を名乗ったのだそうである。

 確かに、半端な霊力ではない。
太田姫稲荷神社を勧請してくれた事は、感激ものである。。

 東京の日枝神社も川越から勧請したのである。

 太田道灌の家にも、多くの古文書があったのだそうである。類聚国史まであったそうである。
太田道灌の父親は、太田道灌が主人に謀殺された時も越生に住んでいたのだそうである。

 下の写真の大宮神宮と言う辺りだそうである。

大宮神宮

 丹後町と言うのもあちこちにあります。埼玉にもあります。
過ぎ越しの祭りと越生も引っ張っています。

 近くには石戸宿というところもあります。
そして、イスラエルとの関係は、また明日以降です。

 大きな話は、太田道灌殿が語ってくれました。
江戸城の前には、諏訪神社があったとも教えてくれました。岩槻城にもありました。

岩槻城

 不思議な話が密教です。この地上で皆さん以外は知りません。
今日も天神様、神々、眷属の皆さんが御降臨してくださいました。

天神様

 今月も今日で終わりです。
良い一日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 背後に来る者

平成21年10月30日

 悪霊はそっと背後に忍び寄ってきます。
そんな時、多くの人は騙されるのです。

大山咋神

 神様が地上に来ると、悪霊が寄ってきます。
それで、警護の皆さんも沢山来るのです。地球は悪霊の巣窟なのです。

 病気や災難は人間が作り出したものです。
車だ飛行機など、乗るのが馬鹿です。悪い薬も飲むのが馬鹿です。

 神様に文句を言えば、当然反動は人間に来るのです。
邪教の経営者など、心筋梗塞で即刻地獄堕ちも当然なのです。

 こちらは大山咋神様と電柱のお猿さんです。
いつも守ってくれています。

大山咋神様と電柱のお猿さん

 私のところも鬱陶しいのが来ます。私が気がついたときはLEDを撃って退治しています。
そうでないときは、背後で凄い騒ぎがあります。肉体にも感じるのです。(^_^;

天神町の高天原

 こちらは、いつもの建物を背後から撮影いたしました。
神様と眷属の皆さんです。

 やっと復旧しましたが、鴻巣古墳群のサイトは、オキネさんによると「ナカジマ」が荒らしたのだそうです。
消えてしまったファイルもありました。ナカジマは前玉比古命のかっての家来です。

 悪霊はパソコンにも忍び込み、悪さをします。
いつも、何事に限らず注意しましょう。
   
 +(-_-;) 


 倉田八幡宮

平成21年10月29日

 なかなかの名社のようです。
静かな景色で、良い所です。

風光明媚

 山と水は、人の心を和ませます。
立派なお社です。

倉田八幡宮

 関東の神社も、なかなか行けませんが、遠い土地の良い神社は、写真でも気持ちが良いです。
あまりにきんきら金の派手な神社は、私も嫌です。

 静かに人生を過ごしたくても、この世は魔界です。
油断していると、とんでもない事が起こります。

 最近の練炭を使った自殺や殺人は、とても悲しいものを感じます。
多くの、私と同世代くらいの人は、練炭にお世話になったことがあると思います。

 練炭のぬくもりは、何か風情があります。
だんだん寒くなってくると、飼っている猫が布団に入ってくる方も多いと思います。

 ネコも多いときは、5匹くらい居た事があります。
今は猫はいませんが、お狐の皆さんがいます。

 ・・今、応神天皇が来ました。
立派なウルトラマンの様なクラウンを被っています。この神社の御祭神様です。

 優しい日々に感謝しましょう。
   
 +(-_-;) 


 前世の業、祟りと病

平成21年10月28日

 仏道では、人に悪事をすれば祟ると言うのは当然である。
昨日、テレビで難病に苦しむ早○と言う人が出てきた。若い人であった。

 18歳過ぎた頃から、おかしな病気が出てきて原因は不明なのだそうである。
天海上人が来て、あの者は、前世役人だったと言われた。

天海上人

 それで、ピンと来たのが早良親王であった。
早良親王とは桓武天皇の弟である。

さわら‐しんのう【早良親王】とは光仁天皇の皇子。
同母兄桓武天皇の即位とともに皇太子となる。785年(延暦4)藤原種継暗殺事件に連座して廃され、淡路に配流される途中で飢餓のため死亡。

 当然、怨霊として祟ったとされ、800年、崇道すどう天皇の尊号が追贈された。(750〜785)
京都は、実はこんな神社が多いのである。

 餓死したのは、ハンガーストライキをしたからと言われる。
藤原氏などがかかわるとロクなことはない。

 藤原氏が悪いと言っても、刑を執行するのは、役人どもである。
祟られないと思ったら間違いである。役人など成ってはいけないのである。

 怨霊の皆さんによると、やはり祟るのは深夜2時前後だそうである。
ふざけた「フジ」はただではおかないと言っておられる。当然である。

 洋の東西を問わず、貴族は先に殺したものが勝ちである。
藤原の四家でも同じようだったのである。

 太田道灌も、下克上の疑いありと讒言をされ主人に殺されてしまった。
しかし、その主人も川越夜戦で殺され、扇ガ谷上杉は滅びたのである。

 私は、以前にも前世役人だった女の子に、18歳の誕生日まで、前世殺した人にお線香を立てるように言った事がある。
18歳の誕生日とは、子の霊が親の庇護の配下を抜ける時なのである。

 それで、この頃から、前世恨んでいた霊が、祟りだすのである。
現実に、今も日本中で現象は起こっている。原因不明の病気である。

 これは、本人の祈り以外に治す方法はない。
私が何をしたなど、寝言では済まないのである。今生きている馬鹿役人どもにも言っておく。

 祖父が、南方で戦死した人も、それは業が似ているので子孫になったのである。
戦争など、何があっても行ってはいけないのである。

天神町の神々、仏様

 解らない事は、神々、仏様にお尋ねください。
病気で苦しむ人、御家族も、口が裂けても、神々、仏様に文句を言ってはいけません。

 自業自得、因果応報は、宇宙の現実です。
皆さんが、心身に良い時を過ごせます様、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 八王子

平成21年10月27日

 東京の八王子の地名は北条氏照が城を築いた深沢山には、牛頭天王の8人の王子神である「八王子権現」が祀られていた。
そのため八王子城と名づけられた。この城名が市名の由来であるという。

 それでは、八王子権現とはどちら様かと言うと、牛頭天王である。
日吉山王権現、あるいは牛頭天王の8人の眷属神は八方の各方位を司るとされた。

 この牛頭天王が、大山咋神様なのだそうである。
八王子権現(はちおうじごんげん)は近江国牛尾山(八王子山)の山岳信仰と天台宗・山王神道が融合した神仏習合の神とのことである。

 ここまで書いたら、最澄と言う方が参られた。お供のお狐さんの見事な「コン」が響いた。
日本の天台宗の開祖とされる方である。大津の生まれで、先祖は中国の王族だそうであるが、発祥はエジプトだそうである。

大津

 近江とは「オ」の湖(うみ)で、この辺の人も黒い人が多い。アフリカのご縁である。
最澄と言う方も、いろいろな論客に攻勢をかけられたそうである。

 もちろん勝てば(論破すれば)転利となるのが坊さんの世界である。
しかし、天台宗は密教の側面もあった。ここにも八祖と言うのが登場した。

 密教とは口で現せない教えである。
それで、最澄は12年の山間の修行を、後に決めたそうである。修験道である。

 広辞苑によると、てんだい‐しゅう【天台宗】とは、仏教宗派の一つである。
法華経を根本経典として一乗主義の立場をとり、五時八教の教判理論や止観の実践体系を特徴とする。
中国で、北斉の慧文・慧思を経て、智#(ちぎ)によって大成された。

 日本へは鑑真が最初にもたらしたが、本格的には804年(延暦23)最澄が入唐して学び、翌年帰朝して比叡山延暦寺を中心にこれを広めた。
後に山門・寺門の両派に分かれ、中世末真盛しんぜい派が分出した。

 最澄は密教・禅・戒をも合わせて伝え、総合的な学風を特徴とする。止観宗。天台法華宗。天台法華円宗。
特に、延暦寺を本山とする天台宗山門派をいう。

 最澄と言う方は、今の坊さんを嘆いていた。
坊主が肉を食うなど話にもならないそうです。これは、私も感じています。

 私のところに来たのは、大山咋神様のお導きです。
最澄と言う方が、大山咋神様にお礼を申していました。

大山咋神様

 こちらは「にほん」の間の大山咋神様と神々、仏様です。
神職、僧侶の皆さんは、肉など食わず、よく精進していただきたいと思います。

 最澄さんはご苦労様でした。
   
 +(-_-;) 


 「めぬま」「かぬま」の謎

平成21年10月26日

 売沼(めぬま)と言うのを検索すると、常世岐姫に繋がる。
沼河比売(ぬなかひめ)は建御名方神様の母とされている。常世岐姫の祖母なのだそうである。

 妻沼(めぬま)と言うのは鴻巣の隣の熊谷市にもある。
聖天山と言うお寺が有名である。

2009_10_26_08.jpg(121656 byte)

 すでに皆さんは、「沼」が何かさえ知っている方が多いと思う。
日本と言わず、世界の巨大な秘密であった。「め」は多くの土地で雌を思わせるが、めとは目、アイである。

 沼の人は、下の土地からも来たと言う。
大山祇神様に案内していただいたところはタンザニアであった。

タンザニア

 鹿沼市にも茂呂と言うところもちゃんとある。
埼玉にも毛呂山はある。

茂呂

 タンザニアが丹沢と似ているのも、これは偶然ではない。
大山祇神様のご縁である。

 そして売沼は八上群である。八幡様、常世岐姫のご縁である。
常世岐姫神社も八王子神社だったのである。忘れてはいけない。

 案内してくださったのは、こちらの神社、八上郡賣沼神社の神様です。
以前は古墳のそばにあったのだそうですが、移転させられてしまったそうです。

八上郡賣沼神社

 神様はタンザニア、丹沢の神様、大山祇神様です。
秋の丹沢も、これから良い所です。

 皆様が、心静かな日々をすごせますようにお祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 常世岐姫

平成21年10月25日

 今月もあっという間に25日である。時間は早い。
少年老い易く、学なり難し、などと言う。師も居ない魔界ではなおさらである。

 調子が良い、自称霊能者は、詐欺師ばかりで、肉まで食らっている。
多くの人が、神仏を求めても欲ばかりが先にたち、何も解らず地獄落ちして行くのが、今の地球である。

 愚か者は神や仏など居ないと思って、新興宗教などを創め人を騙すのである。
いつも私のサイトを覗きに来る者たちは、苦しんでいるものは多い。

 自分が教祖に騙されていたと信じるのが、とても苦しいからである。
これは今までの自分の人生を、否定する事ではないかと苦しむのである。

 しかし、今ここで目を覚まさないと永遠に悪魔の食い物にされ続ける。
いつも社主が、また来たと言う。。心が病気の人たちである。

 そんな人たちが満ち溢れた、背徳の町、ソドムとゴモラは、ヤハヴェの神、田中大神様に粛清された。
田中大神様は、また、そんな時が近づいているのだと言う。よく理解できる。

神々

 今の世界も薬物や嘘に覆い尽くされ、人の心が暗くなってしまった。
芸能人が薬物に手を染めやすいのも金のせいである。

 毎日、100円のカップラーメンを食べているのでは、庶民は薬物など手が出ない。
低所得者が薬物に手を出すと、金の問題から強盗までしてしまうのだと言う。

 薬物中毒者に殺された人は悲惨である。
しかし、新興宗教も、会員を中毒にしているのは同じようである。

 いつも神々が言うが、悪いものは金銭なのだそうである。
金が儲かる、人生がうまくいくと騙され、新興宗教に入信してしまうものが多いのである。悪魔は口が上手い。

 それは、ちゃんとした神社仏閣なら良いが、悪魔どもは何もしなくても御利益があるなどと言うのである。
多くの人間は、欲から騙されるのである。しっかりとした目で、真実を判断していただきたい。

大山祇神

 こちらは「にほん」の柱の間の大山祇神様です。
こちらも全てが昨日の写真です。

 新興宗教には神も仏もいませんが、私のサイトには沢山の神々、仏様、眷属の皆さんが居ります。
こちらは電線、電柱の上から見守ってくれている眷属のお猿さんたちです。

眷属のお猿さんたち

 いつも神々、仏、眷属の皆さんは、心正しき皆さんと共にいます。
毎日ご覧になっている写真のとおりです。

 嘘など何もありません。。
   
 +(-_-;) 


 お地蔵さん

平成21年10月24日

 日本のどこにもあると思われるお地蔵さんである。
前に胎臓界の方だと御紹介した。

お地蔵さん

 アミの司令官と同じ世界である。
もちろん、いろいろな世界がある。お猿さんは、お地蔵さんも護っているのである。

 それで、お祭りのときは、みんなで地上にやって来て、神様、仏様を護っているのである。
そして、こちらは金剛界の皆さんである。

金剛界の皆さん

 巨大な玉体は建御名方神様である。昨日の写真です。
八幡神、八神というのが下の写真である。八柱の神々である。

八幡神、八神

 その中心は建御名方神様なのだそうである。
すると、八神姫は、やはりアナヒター、常世岐姫と言う事である。

 あまりに日本神話がぼろぼろだった。理解するのに時間もかかった。
しかし、神々、御仏、眷属の皆さんのおかげで、ここまで理解できた。

 不思議な写真が写る時は、シャッターが自動的に止まることもあります。下りないのです。
神様も被写体に成るのに数秒間は時間が要る事もあるようです。

 また、先日は、凄い光の柱を見ました。しかし、この時もシャッターが下りませんでした。
人間に見せてよいもの、いけないものは、当然あるのです。

 ここまでの写真も、見られる人間は、ほんの僅かな人たちです。
こちらは、いつも護っていてくださるお猿さん、お狐さんです。

お猿さん、お狐さん

 神仏と人間をつなぐものは、皆さんの良い心しかありません。余計な欲のない心です。
馬鹿に縛られていては、光ある日々も失われます。

 悪魔の集会になど、騙されて参加してはいけません。
皆さんの大切な人生です。
   
 +(-_-;) 


 遠い日々

平成21年10月23日

 永い、永い日々が地上では過ぎ去り、昔の記憶は解らなくなりました。
それをいい事に、邪教が暗躍したわけです。

 遠い土地から、日本に来た多くの人は悪しき役人の呪縛から逃れてきたのです。
そして、様々な土地に記憶を残すために神社を作りました。

糠田の氷川神社

 確かここにも古墳があったと思います。
奴(ぬ)の御先祖様の神社です。インドの神様が居られるそうです。

 あらゆる記憶を葬ったのが、悪しき草冠、藤原氏たち中国の草が画策した大化です。
皇極天皇は、まさか目の前で蘇我入鹿が殺されるとは思っていなかったそうです。

皇極天皇

 そして、弟の孝徳天皇のとき、大化と言う日本で最初の年号が始まったのです。
これより後に、徐々に律令が取り入れられ、租庸調なども導入され、中国人子孫が役人として甘い汁を吸い続けたのである。

 そして、嘘を嘘で繕った悪魔の歴史が残されたのである。
皇極天皇は、やはり、日本には歴史書はなかったのだと言っている。中国人の偽書が出るからである。

武蔵水路
 蘇我氏が作っていたアラビア語のものは本物だったのだそうである。
それに、蘇我蝦夷が、自ら、屋敷に火を放ったと言うのも嘘だと言っている。やはり犯人は中臣氏(藤原氏)だそうである。

 藤原氏は本国(中国)の意向を受け日本にもぐりこんでいた草、工作員だったのだそうである。
藤原氏が、エジプトの国、出雲を滅ぼした事もすでにお伝えした。そして、目の上のたんこぶ蘇我氏も策を立て滅ぼしたのである。

 まさに「フジアン」は悪魔の使いである。必ずや天誅が下される。
神々は異常なほど中国を嫌っているのである。これも理由である。必ず中国は滅びる。

 愚か者ども、中国人の手先が、神代日本は中国の属国だったなど馬鹿なことを言うな。
いつも、中国が攻めてきたのは事実である。馬鹿どもの子孫は今も役人として日本人の富を食いつぶしている。。

コスモス街道

 中国を滅ぼすのはアメリカではなく天界の力である。
中国のくそのような核兵器など、神々の前ではマッチほどの価値もない。

天神町の神々

 天神町の神々は金星と木星の方である。
神、仏を感じる事も出来ない人食い人種の国、それが中国である。

 騒いだからと言って、自分の国の人間を戦車でひき殺すなど、まともな神経の役人=兵士では出来ない。
自業自得は、自分の責任だと言っているのである。これから起こる事に文句を言うな。

 文句は天に言っていただきたい。
罰が当たるのを覚悟の上で。。

 今日の日記は、神々のお怒りでした。。
   
 +(-_-;) 


 コスモス畑

平成21年10月22日

 一昨日、テレビでコスモス畑を放送していた。
鴻巣のは結構有名である。夕方、環境に優しい愛車に跨り、見に行ってきた。

コスモス畑

コスモス畑2

 コスモスアリーナとはよく命名したものである。
しかし、土手の下は花が一面に咲き乱れ、俗に言う天国のようだった。神の世界である。

神の世界

コスモスたち

 花は摘み取りが出来るのは来週の月曜からです。

摘み取り禁止のお札

 西の空にはきれいな夕日と龍神様が現れました。

きれいな夕日と龍神様

 こちらは見事な三雲です。
・・龍神様の三兄弟だそうです。

三雲

 さわやかな秋の一日でした。
心の健康が、人生には、とても大切です。
   
 +(-_-;) 


 心の病

平成21年10月21日

 心の病の人は多い。
それは真の神仏の世界を忘れ、この世で欲に支配されるからである。

 これが苦しみの根源と説いたのがお釈迦様である。
お釈迦様は二度と地上には来ないので、馬鹿なテレビコマーシャルになど騙されないでいただきたい。

 仏陀再誕などと言うのは、金の亡者、悪魔どもの芝居、嘘っぱちである。
2500年以上前、天に戻られたお釈迦様は、今も木星霊界に居られる。地上になど来ない。

 お釈迦様の生まれ変わりとほざいた、幸福の科学の師匠は。おかしな死に方だった。
降伏の化学でも、お釈迦様の生まれ変わりなどと狸がほざいている。腹が立つ。

 そう言えば、アサハラもそんな事を言っていたようだ。馬鹿どもの巣窟である。詐欺師の師匠は詐欺師である。
確か、十字架に貼り付けになったアサハラの絵もあった。降伏の化学ともども、同じ運命になると思う。

 そんな馬鹿どもの頭には、無数の蛇がついている事がある。
これがメドウサである。皆さんの悟りを向上させるため、特別に公開する。

 写真の人物もお医者さんのお世話になっているそうだが、これは治すのは大変である。男性である。
通っている宗教を辞めろと言うのも、危険な場合もある。触らぬ馬鹿に祟りなしと言うような恐ろしい状況である。

メドウサ

 狸や野狐の一匹二匹ならともかく、これでは精神分裂である。→「コン」
よく娑婆にいられると言う状況である。

 ・・社主が日蓮系の宗教だと言っている。
強引な勧誘で警察にお世話になっているところもある。恐ろしい話である。

 こちらは野狐である。
西にある野狐の神社で修行したのだそうである。 野狐の弟子は、やはり野狐である。

野狐

 この狐の親分は、伏見稲荷で修行した。でかい狐である。
いつか、私に文句をつけようとしたが、伏見稲荷のお狐の皆さんに厳重に管理されている。。

 大きな新興宗教は、野狐の力で発展したものも多いのは事実である。
昔は、夢にも思わなかったことである。社主の指導のおかげである。

 最後に、お祭りの写真に入りきれなかったオキネさんをお宅で撮影してきました。昨日の写真です。
いつも神々は、皆さんをお守りしています。

オキネさん

 メドウサは目が合うと石にされると言いますが、本当に恐ろしいです。
太古の昔から、詐欺師どもは人を洗脳して、地獄に落し、利権を貪っているのです。

 降伏やアゴン、エチレン系など、馬鹿なところに近寄ってはいけません。
真の神仏の皆さん、眷属の皆さんは、いつもご苦労様です。

 天界の優しい心が感じられると、神仏の皆さんも嬉しいと思います。
お祈りの真は、ここにあります。
   
 +(-_-;) 


 おおとり祭り その2

平成21年10月20日

 おおとり祭りには、お狐さんはもちろん、大山咋神様の眷属、お猿さんも沢山来ていました。
こちらは山車の上です。

大山咋神様の眷属、お猿さん

 横丁にも、沢山のお猿さんが居ました。
御信徒様の家族を守っているのです。

横丁

 こちらは、かってのメインな通りです。
さすがに賑やかです。

かってのメインな通り

 最後に20日ですので、御神宝クラスの写真です。
強い光は常世岐姫神社のお狐さんと威光稲荷堂のお狐さんです。いつも見事です。

 社主は地表で、野狐から御信徒様を守っていたのだそうです。。

常世岐姫神社のお狐さんと威光稲荷堂のお狐さん

 夢のような写真は、全て真実が写っています。電信柱のお猿さんは、とてもよく似合います。。
いつも、参拝者の皆さんを、眷属のお狐さんや、お猿さんが守っているのです。

 いつも言うように、心静かなお祈りをしましょう。
欲の深いのは、いけません。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 おおとり祭り

平成21年10月19日

 昨日は、鴻巣の大祭、おおとり祭りでした。

おおとり祭り

 私は伏見稲荷のお祭りは行けませんが、宇迦之御魂大神様がご降臨して下さいました。

宇迦之御魂大神様

 その上、鴻巣駅では京都の物産展をやっていたので、京都のお菓子を買ってきました。。
売り子さんはご苦労様です。

京都の物産展

 まるで京都に行ったかのような気もしました。。
こちらは、三島大社の御祭神、大山祇神です。この方向が八幡神社です。

大山祇神様

 そして、勝願寺の方向には、太田姫稲荷神社のお狐さんです。
いつも、神様のような光です。。

太田姫稲荷神社のお狐さん

 それに日枝神社の御祭神、大山咋神様です。

大山咋神様

 以前紹介したように、お祭りも玉石混交です。
頭に野狐が憑いている人も数人おりました。

 それに犬の周りは、やはりは野狐たちです。

野狐

 頭の上のでかいのが親分です。
かわいい犬に憑いて、野狐は人を騙すのです。

 そのため、それなりには飼い主を守ります。当然です。
しかし、それ以上はありません。

 こちらは真言宗智山派の法要寺入口です。
火の神、アフリマズダ、エジプトのファラオ、アイだった天海上人が御降臨されました。

法要寺入口

 これも螺旋なのだそうです。
それについては、以前紹介いたしました。空間の秘密です。

 この世は、いろいろなものが混ざっています。
悪魔、野狐、蛇は皆さんの心の隙を狙っています。

 偏らぬ心ですごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 名草

平成21年10月18日

 名草といえば、桜森稲荷神社のお狐さんが故郷だと申されていた。今も光ながらやって来た。。
その名草は、かって紀伊にあった名草郡が有名である。

 福島には勿来(なこそ)という所もある。
地名の由来は、どちらも似ていると思う。

勿来

 粟島神社というのがある。粟島とはどこか?
皆さんも気になると思う。粟と栗は良く似ている。もしかしたら、隠語だったかもしれない。

「なくそ、なこそ」とは、やはりエーゲ海であった。近辺にタイラ(平、磐城市内)もあった。

naxso

 英語読みなら、ナクソスと言ったところかと思う。
名草には厳島神社があったのを忘れてもらっては困る。海のそばでもないのに不思議だった。→「コン」

 家の外から、桜森稲荷神社のお狐さんの見事な「コン」が入った。びっくりしてしまった。(^_^;
ここにも凄い巨石群がある。ここの神様も伊にやられたと言っていた。。

天照大神様

 実は、この神様が天照大神様なのだそうである。
足(伊)どもはオキネさんの腕も切っていた。。

女神様

 後に出雲に攻め込んだ中国人、藤原氏は、これを真似、出雲の神官の手を手首から切ったのだそうである。
手がないと、神通力が使えないのである。悪魔どもはこれを封じたのである。

天神町の神々

 大きな時を経て、かっての時代を少し紹介できた。
これは、神々、御先祖様、眷属の皆さんのお力があってのものである。

 皆さんの大きな前世の宝も、いつの日か蘇るかもしれない、
蘇民将来とは、この事かもしれない。→「コン」

 山に行くには良い時期になりました。
足元には注意していきましょう。
   
 +(-_-;) 


 埴輪の故郷(はにわのふるさと)

平成21年10月17日

 鴻巣にも埴輪の釜は二つ見つかっている。
生出塚と馬室である。

 その埴輪というのは、やはりCREATEの島、クレタ島が、発祥の地のようである。

埴輪

 こちらはミロのビーナスの様である。
腕を切ったのは、残虐な足(悪し)の国の者たちだそうである。。

埴輪

 こちらは鴻巣の埴輪です。

鴻巣の埴輪

 オキネさんと、姉妹です。なかなか洒落たパンツです。

オキネさん

 オキネさんの埴輪は、ここにあります。

クレア鴻巣

 クレタではなく、クレア鴻巣に大事な埴輪があります。
・・クレア鴻巣とは、オキネさんが、役人に命じて付けさせた名前だそうです。

 これも天の力です。よく、まとまっています。
ご苦労様です。大事な事だったのだそうです。

 今日も凄い光が降りてきました。。
   
 +(-_-;) 


 「きち」

平成21年10月16日

 きちと言えば、多くの人は「吉」を思うはずである。
日吉(ひよし)はかっては「ひえ」であった。吉とはどこだったのか。大山咋神様に案内していただいた。

 はるか太古の人々を思うと、目頭に感じるものもある。
やはり地中海、キプロスだった。

吉

 オキネさんも、吉見の古名はイスラエルから来た人だったと言っていた。
キプロスから来た人が、「吉」で、その東のイスラエルから来た人は「古」だった訳である。

ソルトレーク

 白いところは巨大なソルトレークである。
不思議な石像が東を見つめている。

不思議な石像

 上空から見ると下の写真である。

上空から見る

教会

 イスラエルではシオニズムと言う国家建設の運動が起こった。シオとは塩の事である。
起こしたのはユダヤ人である。パレスチナにユダヤ人国家は復活した訳である。

 ユダヤ人は島の人とは違うのだそうである。島とは「十」である。
天国は、島でないといけないのである。城には、皆堀があるのはそのためである。

きれいな海

 きれいな海で、ここには原発は出来ないと思う。
こちらは昨日、鴻巣市役所の前に降臨された大山咋神様、神々です。

大山咋神様、神々

 あっという間に金星から飛んできてくださいました。
もちろん、眷属のお猿さんも一緒です。

神々、妖精、眷属

 お猿さんは、鳥居の上です。
そう言えば、伏見稲荷にも大山祭りがありました。

 いつも、神々、眷属の皆さん、妖精たちには感謝です。
写真がないと、誰も信じなかったと思います。

 天の配剤は、皆さんの見えないところで、確実に皆さんを救っています。
眷属の皆さんには、お供えが大切です。

 お狐さんの好きなバームクーヘンなどは、袋から出してお供えして下さい。
先日、袋から出し忘れたら、「コン」と注意されました。(^_^;。

 偏屈な信仰は、悪魔のものです。
悪魔と縁を切り、良い日々をすごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 お国どす。

平成21年10月15日

 「お国どす。」と言うのは京都の表現の様である。滋賀県もそうである。
大山咋命の地元である。

 私の太祖は金星からギリシャに来たのだと言った。
ギリシャの中でも、文明の始まりはクレタ島である。クレタは英語でcreateの事である。→栗田

 クレタ島、キプロス島は地中海の中心の様なところで、日本の神々も縁が深い。
上古24代のニニギノ命もそうである。これは前にも言ったと思う。上古の神々である。

 ニニギノ命の息子さんが上古25代の大山咋命である。御本人が光栄だと申されている。
その神々が、私を呼んだところが、該当の地である。方言もクッキーのようなものだと思った。

国どす

 見事なアナトリアがあった。
ギリシャにも天照大神様の神話があるのも理解できたかと思う。

大理石の柱

 この神殿は大理石の柱の様である。
・・ニニギノ命様によると、この神殿では上古の13代、アメン神、ミトラ神、宇迦之御魂大神様をお祭りしていたのだそうである。

 もちろん攻めてきたのは、足の国だそうである。どこもかしこも壊してくれた。。
それで、ここの皆さんは京都滋賀(山城の国)に引っ越してきたのだそうである。

 国、「くに」と言うのも、これが語源なのだそうである。さすがにcreateである。
その故郷は、下である。「伊豆見る」の下である。

お国どす

 拡大すると、下の写真である。
神様が私の右手をビビッと引っ張ってくれた。。普通では解らない。

お国どす。拡大。

 また京都、松尾大社などに行きたくなりましたが、予定は立ちません。
山王様、大山咋神様にご縁の深い方は多いのです。

 そう言えば、松尾大社でも十三参りというのもありました。
馬鹿な役人が欲をかいて、侵攻してこなければ、多くの土地では幸せな日々が続いたのです。

 京都に、同和地区が多いのは、こんな人たちが多いからでもあります。
同和地区の人たちは役人が嫌で国を捨ててきたのです。余計な税金など取られたくないからです。

 それで役人どもは、自分らが悪いにも拘らず、同和地区の人を罵ったのです。
新田氏も鎌倉幕府の収税人をぶった切って逃げる羽目になりました。。

 種籾まで持って行こうとした馬鹿役人をぶった切って、文句を言われるのは筋違いです。役人は強盗どもです。今でも、こんな話が沢山あるのです。

 どちらが馬鹿か、普通の人は解りますが、奉行所(裁判官)は切った者が悪いと言います。馬鹿の連鎖です。馬鹿な裁判官など、死後は魔界以外に行くところはありません。

 それで、時にフランス革命のような事も成功します。日本でも未遂は沢山ありました。
国民がパンがないと嘆いたのに、マリーアントワネットは、それなら菓子を食えと本気で言ったようです。これでは殺されます。

 その後、新田氏に恨まれた鎌倉幕府は滅び、新田→松平の徳川の時代になったわけです。豊臣も太閤検地で滅んだのです。
馬鹿どもにくれてやる、余計な年貢など、多くの領民にはありません。

 大山咋神様もご苦労様でした。。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 エーゲ文明

平成21年10月14日

 中学で教わったエーゲ文明であるが、ここの周辺の人たちが来たのが騎西という町である。
先日の天海上人ご縁の雲祥寺がある上会下(かみえげ)と言う地名は、この名残である。

エーゲ海

 昔から、騎西とは何の事か解らなかった。解ろうはずもない。
騎士の「騎」に西である。ギリシャ人から騎士は連想できる。

騎西町

 昔、地名研究を始める前、キプロスからやってきたと言う霊がいた。大きな方だった。
当時は、そんな遠くから、土地の御先祖様がやって来たなど、私も夢にも思っていなかった。

 しかし、社主が来て、神々にいろいろの話を聞いているうちに、常識が覆されてきた。
何より、社主、眷属の皆さんも、神様、仏様も無数に居るのである。→「コン」

 多くの神々が、私の先祖であると言うのである。驚いた。
しかし、それは、ここに来る皆様は同じかもしれない。皆さんの光明への偏差値は80以上である。

 それらを証明するかのように、毎日天神町では、神様仏様のお祭りのようである。
こちらも、昨日の新しい写真である。文句をつける罰当たりは、どこにも居ない。

神様仏様のお祭り

 毎日、凄い写真が沢山出てくる。
神々、仏様も、今が最後の機会と判っているのである。こちらは金神様と言えるような写真である。

金神様

 撮影したのは、社主のお社の鳥居の上である。
アイ→雲海上人→天海上人が居なかったら、全ての事実は闇に埋もれたままだったと思う。

 皆さんは、この巨大な力の発動を目にした貴重な人々である。
悪魔どもが、役人を使い、皆さんの人生を邪魔したのも、ここに理由がある。

 ここに来る多くの皆さんは、神仏の軍勢なのである。
馬鹿に邪魔されないように、日々を注意してすごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 エジプトのご縁

平成21年10月13日

 多くの方が、エジプト、インドの大きな縁は感じていると思う。
そして、その縁を闇に隠している者たちの存在もである。

 幸いなことに、私や皆さんは神々、眷属の皆さんのおかげで大きな秘密にたどり着くことができた。
下は、エジプトの猫だそうである。旅行に行ってきた方に送っていただいた。

エジプトの猫

 昨日、お昼にウガヤの27代と言う方が参られた。
烏帽子をかぶり、薄緑の服を着ておられた。先日、鴻神社に御降臨された建御名方神様の光の色である。

 最初に宇迦之御魂大神様が来たときも、あのような色の服であった。貴族かと思った。
皆様に、私が心眼で見た、その色を御紹介できたのは、これも神々の奇跡である。

 こちらに、ウガヤの27代様が居られる。

ウガヤの27代様

 こちらは、いつもお世話になっている天鈿女命、ネフェルテイテイである。
神話の裸踊りは、馬鹿が作った嘘である。

天鈿女命

 光輪を背負った観音様のようにも見える。それは正しい。
音ばかりか、匂いもちゃんとあるのだそうである。悪霊は臭いのだそうである。

 昨日の子供を殺した犬も、臭いで子供に噛み付いたのは、犬を食ったと判ったのだそうである。
前世で犬を食った臭いが判るのも犬だからである。

 人間はおろかな考えで、神も霊もいないと思って新興宗教などで金を儲けてしまうのである。
おろかな教祖たちは、神々、御仏に、死後の言い訳など、できようはずがない。

 嘘つきの教祖たちは騙してしまった弟子や信徒たちにも、如何責任を取るつもりなのか?
いくら修行した格好をしても、神々、御仏、眷属にはすべてがお見通しである。

 自業は自分で禊しなければいけない。
騙した信者に謝れるものはいないと思う。

 全てが地獄に堕ちている。。
   
 +(-_-;) 


 犬の呪い

平成21年10月12日

 大型犬が人に噛み付き殺すなどと言う事故はたまにあります。
子供は特に危険です。犬も、犬を食った人間が判るのだそうです。太田姫稲荷神社のお狐さんが前世を見てきてくれたのです。

危険な犬の事件

 それにしても、前世で犬を食っていたと言うのは、この世的には判りませんが、神仏の世界では、すぐ判るのです。
さすがに太田姫稲荷神社のお狐さんは、神々仏様のお使い、最高位の白い狐です。。

 下に犬の写真があります。

犬の写真

 人間は、胸に様々な看板をぶら下げていて、それが神仏、眷属はもちろん、悪魔にも判るのだそうです。
何度でもカモられる人は、悪魔が目をつけているのです。

 新興宗教も、何度でもカモるそうです。
危ないところには行かないようにしましょう。

 お子さんは、この世的には何の罪もありませんでした。
しかし、牛や豚、馬、生き物を殺して食うのは、確実な犯罪です。→「コン」

 動物にも恨まれない様にしましょう。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 10日のお参り

平成21年10月11日

 昨日は市内の鴻神社にお参りに行きました。
あちこち、行きたいところは沢山ありますが、時間がありませんでした。

お祭りのご案内

 途中で、ご無沙汰してしまった興教大師様が待っていてくださいました。
川崎大師も行こうと思っているうちに、もう10月です。時は早いです。

興教大師様

 こちらがお馴染みの拝殿です。

拝殿

 下の手水屋の前に鴻巣大神様が居られます。

鴻巣大神様

 この日は、氷川神社の本当の御祭神でもある建御名方神様も来てくださいました。

建御名方神様

 鴻巣大神様と建御名方神様は、もちろん長い間の関係で、やはり弟子に当たるのだそうです。
このような写真は、神々の力がないと写せません。

 もちろん撮影者に欲があったら、自称神様、自称稲荷狐に騙されます。。
いつの時代も同じです。信仰は欲ではありません。その結果が、人知に図れぬ、良い日々になるのです。

 皆さんはいつも回りに、神様、眷属の皆さんが守っているのを気がつかないだけです。
こちらは、いつも一緒にお参りしている太郎子山稲荷神社の社主です。

太郎子山稲荷神社の社主

 連休の中日です。
良い一日に成りますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 10月10日は体育の日

平成21年10月10日

 昔は体育の日といえば、運動会と決まっていた。
それがなぜか、おかしな感じである。10日はとても大切な日だと思っていたのだが、何かに壊されたようである。

運動会

 そして、国民の大事な人生も、金融という悪魔に、多くの人が苦しめられている。
今、亀井さんはモラトリアム(返済の猶予)が大切だといっている。

 もちろん、悪魔の金貸しどもは反対が多い。金貸し(銀行)がつぶれるか、借り手がつぶれるかといった状況である。
私は、数年前にも多くの人にマンションを売り払ってしまえと言った事がある。

 耐震偽装で建て替えられたマンションは、多くの人が2重ローンのようである。
これは買い手に責任がないと思ったら大間違いである。

 買ったので苦しみが始まったのである。都内では、なんと9月から建替えの始まったところもあるようである。
吉も凶も、動より生ずるのである。人生の基本である。そして、その根が見栄や欲なら、これは、尚更に駄目である。

 アメリカでは昨年より、潰れた銀行は120以上あるようである。
日本でも金貸しの経営陣も苦しいと思う。

 そして、日本は貧富差も世界一になったようである。
子供を学校にやれない親は可哀想であるが、これも自己責任である。

 ある公立高校では、生徒にアルバイトさせ、給料日に教員が職場に集金に行くそうである。
子供の手に入ると、子供が使ってしまうのだそうである。恐ろしい時代になったと思う。

 民主党の子供手当てには6兆3千億が必要なのだというが、ODAだけでも8兆円あるのだそうである。
そのODAも金をくれた国から、日本が悪いと言われて裁判まで起こされた。馬鹿丸出しの悪魔の構図である。

 みんな自民党のやった事の負の残骸である。
国民年金から天引きされる介護保険料も上がったという。高齢者の皆さんも怒っている。

 後期高齢者などという表現も一刻も早く廃止して欲しいと思う。
人を「もの」に見る馬鹿役人どもの時代は終わったのである。

天神様

 それはそうと、自民党は借金が莫大に増えたのだそうである。
もはや、政権もなくては、倒産にいたるかもしれない。政党の倒産は、あまり聞いたことはないが。。

 どんなものを担保にしたのか知れないが、国民の苦労を知っていれば、もう少し衆院選も善戦できたと思う。
また次の選挙も近いが、JAまで逃げてしまっては、もはや勝機は薄いと言わざるを得ない。

 もちろん、「勝利」と叫んでいた者たちも見捨てたわけである。悪いやつらは逃げ足は速い。
人生は、何が悪かったか、自分で、よく反省しないといけない。

 苦しいローンを抱えている人にも考えてもらいたい。
悪い弁護士の餌にされないようにも注意していただきたい。

 この世は、すべて自己責任です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 神々は忙しいです。

平成21年10月09日

 こちらは昨日の写真です。
社主のお社の上に飛んで来た神々と眷属の皆さんです。

飛んで来た神々と眷属の皆さん

 飛んできてくださったのは、私が写真を撮るためです。
この様な写真は、地上の何処にもありません。見られた皆様は奇跡の人です。

 見ることが出来るのは奇跡なのです。
いつもの様に、神々が姿、輪郭を現してくださいました。

神々

 多くの方が、信じられないと思います。
神々は、別の次元に存在しているのです。これは口では教える事は出来ません。

 私の手元の写真は、もっとはっきりしていますが、このサーバーに上げる事が出来るのは200kbまでです。画質が落としてあります。
多くの方が、沢山の前世で、神仏を求め、今生は、ここまで来れたのです。

 神々には御忙しいところを大変に御手間を頂いているのです。
いつも言うように、終わりも近いからです。

 中国の2酸化炭素の排出量は、ついに世界一になりました。
それに伴い、日本では巨大な竜巻、天変地異も激増しました。それに倒産もです。。

 アンゴルモアの恐怖の大王とは、やはり馬鹿な中国だったと言うところです。
このままでは、確実に、今の人類も滅びます。

 ご意見は掲示板にお願いいたします。。
   
 +(-_-;) 


 魔が刺す人

平成21年10月08日

 昨日テレビで騒いでいた。
山口県の母子殺害事件の関連である。

山口県の母子殺害事件の関連

 このライターは福田死刑囚とは同年なのだそうである。福田と言う苗字は、私も大嫌いである。知る限り馬鹿ぞろいである。
数十回面接して、本人から名前を出してもいいと了解を取ったのに、例の弁護団が異議を出したそうである。

 犯行の経緯はおかしなもので、福田死刑囚には、それ以前の非行暦は無かったのだそうである。
急に凶行に及んだのは18歳の時のようだった。この原因は、業の満期であった。

 先祖の業が出る最後の歳が18歳なのだそうである。
したがって満18歳までは、親は注意しないといけないが、この福田死刑囚は家庭にも問題があったそうである。

 そうは言っても、そんな人は世間には沢山居る。
情状酌量の余地は無い。

 大きな原因は、祟りだったのだそうである。先祖の業が出たのだそうである。
それは、鷲頭山に関係していたと言う。

鷲頭山

 ここで先祖が人を殺したのだそうである。
殺された人は見つかっていないそうである。この祟りだそうである。

 先祖と言うのは、本人の親から7代目までが多い。
以前ある人に、子どもさんが18歳の誕生日を過ぎるまで、苦しみを与えた人に御線香を立ててやって欲しいと言った事がある。

 それは、その子の前世の業だった。
収税人で人を苦しめ、沢山の人を死に至らしめてしまったのだそうである。

 これは本人のせいばかりではないが、役人になど成った事が業の原因であった。
学校でトイレが怖くて、トイレにいけず、教室で漏らしていたのだそうである。

 そう言えばオームに係わった藤の憑く弁護士も水が怖くて風呂に入れなかったそうである。
ヤメハンであった。(ヤメハンとは元裁判官と言う意味)

 本人は、お釈迦様が大好きだったと言うが、御釈迦様は困ったと思う。
牛、豚、馬などの死骸を食らう人が、神様、仏様にお祈りするようなものである。

 親の因果が子に報いとは、良く言う事である。
この世の魔界の原因は、それを学校教えない、信じないことである。

 神仏の祟りは必ずある。→「コン」
人間世界の決算のようなものなので、これは避けられない。

 アミも言うように、既に、そのエネルギーは満期寸前である。。
   
 +(-_-;) 


 高橋さんの分布解析

平成21年10月07日

 高橋と言う苗字は佐藤、鈴木に次ぐメジャーな苗字である。
ご先祖様を解析してみた。訪問者様にも沢山居る。最初は人数である。

高橋と言う苗字

 東京に次ぎ北海道が多い。
占有率はどうか見てみた。佐藤同様に蝦夷(えみし)であった。

2009_10_07_02.jpg(83634 byte)

 蝦夷とはエジプトを縁とする民である。「え」とは日枝神社、エジプトの「え」である。蝦夷とは東北、北海道の人を言った。
分布図で観ると一目瞭然である。蘇我蝦夷と言う人物も居た。蝦夷とは中央に従わぬものと言う意味もあり、蝦夷の乱もあった。

分布図

 高橋の「たか」とは鳥である。ナルメル王の縁である。
その高橋さんの神社が古四王神社なのだそうである。蝦夷の神社だそうである。祭神の「タケミカヅチ」は嘘っぱちである。

古四王神社
 場所は、かっての大曲市、現在は大仙市なのだそうである。大仙市は知らなかった。。
地図は下である。

2009_10_07_06.jpg(62298 byte)

 本当の御祭神は建御名方神様である。蝦夷の神である。
高橋姓も数が多いので玉石混交である。新興宗教を起こしてしまった悪も居る。

 オームも、降伏の化学も、この教祖を真似たそうである。
とんでもない話で、この教祖も、今、地獄の底である。

 新興宗教の教祖は、皆、おかしな死に方が多い。
無数の人を騙しているので当然である。

 高橋さんは七割はまともな人だそうです。
変な人には近寄らないでください。
   
 +(-_-;) 


 雲祥寺

平成21年10月日

 日記を書こうとしていたら、雲海上人様が現れた。
ご存知の通り、後に天海を名乗った徳川所縁の上人様、前世はエジプトのファラオ、大神官アイである。→「コン」

 鴻巣に上会下(かみえげ)と言うところがある。私は「かみあげ」も良いと思っていた。「会」とはアイである。
そこに、雲祥寺と言うお寺があった。現在は市内だが見たことも無い。

 上人様は、私をそこに導いた。

雲祥寺

 ネット上に写真があった。
なかなか立派な石碑である。

曹洞宗龍嶋山雲祥寺 

 こちらが山門です。

2009_10_06_05.jpg(110980 byte)

 脇に居るご住職は七代前の方だそうです。ご苦労様です。

2009_10_06_06.jpg(130556 byte)

 下は鐘楼(かねつき堂)です。
なんと、この鐘は雲海上人(天海上人)の時からあるのだそうです。

2009_10_06_10.jpg(88471 byte)

 こちらが、その由緒です。
確かに、天海上人が私を呼びに来た理由がわかりました。。

2009_10_06_07.jpg(84183 byte)

 かってのナイルの民の事を、雲海上人は、鴻巣に来た時、既に悟っていたのだそうです。
奇跡のような話ですが、私も10代で前世を知っていました。

 しかし、既に述べたように、それを説明できる師は、地上には居なかったのです。
長い日々が、闇の中でした。それは皆さんも思い当たるかと思います。

2009_10_06_08.jpg(44868 byte)

 この川は星川と言います。
かっての川里村の象徴のようでした。→「コン」

 境と言うのは、もちろんサッカラの人たちが居たという意味です。
この様な巨大な力の指揮は、徳川の参謀だった天海上人以外には出来ませんでした。

 とても不思議な地名の秘密に私が手をつけたとき、闇の世界が揺れました。
悪魔どもが、長い間封じていた秘密が世に出たからです。

 皆さんの人を見る目も、だいぶ変わったと思います。
よい日々を過ごすには、事実を見抜かないといけません。

 余計な苦しみを、背負わないように生きましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 霊の苦しみ

平成21年10月05日

 先祖供養は家によっては大事である。
ご先祖様や関係者が苦しんでいるからである。

 ある方の父上は眠れなくて苦しんでいたそうである。
肉が好きだった性で、筆舌に尽くせない病気のオンパレードだったという。

 贅沢をしたご先祖様が苦しんでいたので、この方も苦しんだのだそうである。
贅沢をすれば、地獄に堕ちるというのは、まともな宗教者は皆言っている。

 生まれた時から宮殿住まいで、苦労を知らなかったから、その人には罪が無いと思うのは間違いである。
今の人が、子供の頃から肉を食わされ、癌になり、苦しみぬいて、死後は地獄に堕ちるのも当然過ぎるのである。

月にウサギ

 狸が憑いた新興宗教に限らず、いんちき密教亜ゴンも欲を肯定している。あきれ果てる。
この人間世界は修行の場と言う。それもやや当たっている。しかし、本来は苦しみのない世界であったのである。

 ある方のご先祖様は、訪問者様が供養のお祈りを始めて10日ほどで、症状が激変してきたと言う。
先祖に薬が届いたと言うところである。これは子孫が心を込めることでしか、救えないのである。

 私の神道、仏道は誰にも「光平」でリーズナブルである。
心の苦しみは、金で頼んだ坊さんや神主だけでは救えないのである。不眠は辛いと思うが、霊の仕業が多いのである。

天神町の医薬検査期間、神々

 悪魔、アダムは人間に人を騙す事を教えたのである。金を儲けろと言うわけである。
この研究機関も、最近はインフルエンザの仕事か何かで忙しいようである。

 以前は残業などしていなかった。
このところ、戦争が無く、世界の製薬業界も儲からないのでインフルエンザのウイルスを撒いたのかと思う。

 昔から、ひとつの病気が解決すると、また新しい病気が発生する事になっているのである。
金の亡者の考えはいつでも同じである。

天神町の神々

 ご先祖様や、その関係者と言うのは恨んでいる者である。
これは、正体を見せないものが多い。地獄の底に居る。

 先祖が女道楽で、酷いことをしたりしたものは子孫に出る事もあるようである。
何も覚えていないと言う話も多い。

 霊が対象者の意識にもぐりこみ、悪さをするからである。
パソコンでも、2つのマウス、キーボードで作業が出来る。ひとつがワイヤレスなら、気がつかない。

 また、逆に先祖が立派なら、不思議な導きもしてくれる。
もちろん、稲荷狐の皆さんも、御信徒様を良い方向に導こうとしているのである。

 途中で待ち伏せる悪霊ども(現世利益を謳う新興宗教の類)には注意していただきたいと思う。
悪魔の組織に入ったら、抜けるのは大変です。。

 悪い業を作らない日々を過ごしましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 お月様

平成21年10月04日

 秋は十五夜、十三夜と言う月の御祭りがある。
十五夜は中国から来たが、十三夜は縄文時代から日本にあるようである。

 大事な十三である。天照様のご縁でもある。
この間の十四が破滅に当たったようである。その原因は、現在の中国だったそうである。

 昨日は月の光と、神々と眷属の皆さんが競演してくださった。
こちらにはお猿さんも居る。

月の光と、神々と眷属の皆さん

 神々の線が、良く解かると思う。
無数の天神様、仏様が居られるのである。下は神々の玉体も沢山居られる。

神々の玉体

 空の線は、神様や仏様、それに稲荷狐や、猫にも見えるかと思う。
エジプトのスフィンクスなど、宇宙には、地球と違う姿の動物が沢山居るのである。

 もちろん、人類の形状も違う。アミのパパも、違う星で生まれ変わったら、ママが調子悪かった様である。。
日曜ですので、もう一枚、天界の写真を出します。これも昨日のものです。こんな写真は人力ではできません。

月の光と、神々と眷属の皆さん

 いつも、神様仏様、眷属の皆さんは、こころよき皆さんをちゃんと守っているのです。
ところが、悪霊どもが、嘘を並べ、皆さんを地獄に引き込もうとするのです。

 新興宗教の悪霊どもは、絵に書いた餅を、本物だと騙すわけです。
何処もかしこも、金が集まるところは同じ様です。魔界です。

 金貸し、パチンコ、新興宗教、諸々は、皆魔界のものです。人を幸せにするものなどありません。
念力だ、掌、れえき、勝利だなどと言っている、馬鹿な宗教の信者の皆さんは、悪魔と縁を切りましょう。

 皆さんが目を覚ますのは、皆さんの為です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 三種の神器

平成21年10月日

 三種の神器とは皇位の標識として歴代の天皇が受け継いできたという三つの宝物である。
すなわち八咫鏡やたのかがみ・天叢雲剣あまのむらくものつるぎ・八尺瓊曲玉やさかにのまがたまである。

 鏡と剣、勾玉であるが、大事なものは鏡と剣だそうである。
 
天神町の神々

 最近では、比喩的に、備えておきたい3種の高価で有用な物を言うようにもなった。。
1950年代に、テレビ・洗濯機・電気冷蔵庫を言ったことから広まった用法であると言う。マスコミで良く使っていた。

 新興宗教で、金儲けの三種の魔器といえば、役者、手品師、それにゴーストライターである。
何故あんな嘘に引っかかるのか知れないが、その根は欲である。要は新興宗教は騙しのシステムである。

 それに蛇が巻きつき、多くの人が身動きできないのである。→「コン」
一度入ると、信者、会員に紛れ込んだ、サクラと会報なるものに投稿するゴーストライターの作文で、訳が解からなくなるのである。

 作文の内容も稚拙なもので、何故あんなものを信じるのか、訳が解からない。
しかし、アミは特定の人は、引っかかりやすい人が多いのだといっている。

 この種の人は、やはり半島系なのだと思う。
熱しやすく、何かをしだすのである。

 新興宗教の経営陣は、月末は役者の給料、手品師のネタ代、職員の給与と大変なところもあるようである。
もちろん、ヤクザが絡んでいるところもあるようである。→「コン」

天神町の神々

 天神町の神々は、出演料はない。もちろん私の取材費、原稿料もない。だから、神々も御引き立てしてくださるのである。
余計な金など、腐った者たちの世界の産物である。神々、仏様の姿の線も解かると思う。

神々の玉体

 良い修行、人生は、天、地、人、それぞれに恵みを与えるものだと思う。
とても当たり前な思いである。

 秋の良い日は、エジプト旅行の人も居ますが、自転車も良いと思います。
お狐さんの嬉しそうな顔が楽しいです。。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 年金

平成21年10月02日

 今日航を瀕死の重症に追い込んでいるのも年金である。
8つの労働組合が年金の改定を認めないという。

 噂では、月額で70万円以上だとか言っている。
これでは、潰れても当たり前である。かってのバブルの時の確定企業年金も40万以上の会社があった。

 これは通常10年であった。それで打ち切りである。
それ以上は払わなかった。

 ところが、日航のは終身年金のようである。これでは会社が持つはずが無い。
アメリカでも、パンナムなどは倒産させた。かっての社員の権利を消滅させたわけである。

 日本は政府が救済しても、これは税金負担が弱いものに増えるだけである。
国際線など一生乗らない人が多いのに、税金投入など許されない。

 そんな日航機がかって群馬県の川上村御巣鷹山の尾根に墜落した。
大変な事故であった。

日航機

 この飛行機は、鷲の祟りで落ちたのだそうである。鷲、隼はエジプトの繋がりである。
堕ちたところは、本当は高天原山だったそうである。川上村は村長は黒澤さんと言う人だった。

川上村

 既に皆様は、ある程度の察しはついたと思う。
川上さんは北海道が一番多い。川上はどこから来た一族か、神々にご案内いただいた。

ソマリア

 最近海賊で忙しいが、川上さんの故郷である。
ここは川の密集地があって、川の神と言うことである。私はナイル川の上流かと思っていた。

川の密集地

ソマリアの川

 ここも、太古の昔、泥に埋もれてしまったのだそうである。
氏神様(ご先祖様は)は、高天原山に飛んできたのだそうである。

 地図に見える男山(おやま=尾山、御山、小山、雄山)と言うのは大山祗神の事である。
火の神アフリマズダ神、建御名方神様のご縁である。アフリカを思っていただきたい。

 今日も、とても大切な事を告げさせていただきました。
「お」の意味が少し解かったかと思います。大事な皇統にも繋がる事です。

 先ほども、ここの山の牛頭さん、鬼さんが出てきました。
堕ちるべくして落ちた飛行機ですが、それでも何名かは助かったのです。

 笠間稲荷の御信徒の芸能人、坂○九と言う人は、この山で死ぬのが運命だったのだそうです。
坂はサッカラの事です。

 ・・笠間稲荷のお狐さんは、乗らないように止めたのだそうです。
人生は自己責任です。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓


 十月になりました。

平成21年10月01日

 昨日はやっと室内の整理が出来て、少し落ち着きました。
目覚める前に、あるところで犬とも猫とも見える、可愛い動物が4匹いました。

 もちろん社主に尋ねたら、お狐さんなのです。
場所が金星だったため、地球とは姿が違うのだそうです。

 地球上とは、光の性質が違うのです。
五重塔のアンテナは、霊にはトンネル、通路に見えると皆さんには申し上げましたが、見えるばかりでなく、通れるのです。

龍神様

 上は龍神様と、下は龍神様に乗った大山祗神様です。
Vサインをしているように見えます。神々は優しいのです。

大山祗神様

 こちらは天牛なのだそうです。お狐さんやウサギもいます。
肉は食ってはいけません。

天牛

 秋の空に神々はいろいろな物を見せてくれます。
今月は、後半は菊の時期です。

菊の時期

 人間は、目で見るものしか信じません。
新興宗教の教祖は「我を信ぜよ」などと寝言を言っていますが、もちろん信じてはいけません。

 多くの人は、暗闇でうごめく役者の演技と、手品師に騙されます。
ある時、自分は騙されていたのかと悩む方が多いようです。生きているうちに悟り、縁を切りましょう。

ウガヤ15代臼杵天皇天日身光天皇

 こちらは白笹稲荷神社のウガヤ15代臼杵天皇天日身光天皇様です。
私のところには、役者や手品師はまったく居ませんが、神様、仏様、眷属の皆さんは多数居ります。→「コン」

 良い秋の日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 

・クリック↓

 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2009