秦野から相模大塚へ

2007/10/31

 白笹稲荷神社を後にした私は、電車で相模大塚に向かった。
相模大塚に着いた時、雨が降ってきた。

駅前の信用金庫

 信用金庫の裏手が、桜森稲荷神社である。
お参りには真に便が良い。鳥居前では雨が激しく、写真に映っている。

鳥居

 鳥居をくぐったところで、お狐さんが登場した。
こちらも綺麗な光のお狐さんである。

石碑

 お社のスタッフが皆で映っている。歓迎しているのだそうである。
ここに来れて、とても良かった。

八幡様(応神天皇)

 掲示板で紹介した八幡様、応神天皇も来てくださった。
御神木の右手で、良い写真だと思う。

27体のお狐さん

 応援に駆けつけた27体のお狐の皆さんである。
右手に宇迦之御魂大神様、八幡神様、建御名方神様、興教大師様が居られる。

 右上に鳥居の紙が写ってしまった。。

不思議な世界

 不思議な世界は、涅槃の世界である。
このような光景は、作れと言われても出来ない。

雨の日のお社

 ここでまた、雨が落ちてきた。ご本殿前をお狐さんが飛び回っている。
そして、ここでも大明神様がご降臨された。屋根の上が凄い光である。

お狐さんのお喜び

 この凄い光の玉は太田姫稲荷神社のお狐さんである。いつもの事ながら、天晴れである。
自慢の弟子たちの神社を紹介できて、嬉しいとの事である。

 交通の便も良い桜森稲荷神社に、皆様も是非一度、お参りください。

    +(-_-;) 


 秦野 白笹稲荷(しらささいなり)神社へ(4)

2007/10/30

 こちらは鳥居前の石碑である。
上が猿田彦(佐田彦)大神様、八幡神様(応神天皇)、興教大師様、下のはっきり写られたのが稗田阿礼神様である。

石碑1

 お狐さんは12体居られます。
下は並んだ石碑です。大きな光輪は御祭神の宇迦之御魂大神様です。
石碑2

 白笹稲荷の手水所は風情があります。お狐さんも気に入っているそうです。
大明神様、御祭神様、神々と、お狐の皆さんです。→「コン」

手水所

 こちらの大明神様は中央の大明神様の露払いをしておられます。ウガヤ15代様だそうです。
臼杵天皇天日身光天皇(ウスキネノスメラミコトアメヒノミヒカリスメラミコト)と申されます。→「コン」
凄い光の中央の大明神様は上古の初代様だそうです。

 鳥居をくぐったところで、筆頭のお狐さんのご挨拶です。
とても綺麗な光の玉です。とても可愛いお狐さんでもあります。

筆頭のお狐さん

 筆頭のお狐さんにご挨拶を頂き、本殿に到着です。
本殿では、雅楽が演奏されました。初めてのことでした。

ご本殿

 とても楽しい秦野 白笹稲荷神社へのお参りでした。

    +(-_-;) 


 秦野 白笹稲荷(しらささいなり)神社へ(3)

2007/10/29

 いよいよ鳥居をくぐって、境内へと入った。
大明神様や稲荷神様、眷属のお狐さんが沢山お待ちかねであった。

灯篭にお狐さんと八幡様

 灯篭の周りに、お狐の皆さん、神様が居られる。真ん中は稗田阿礼(ひえだのあら)神様である。
一番右の灯篭の光の柱は、八幡様、応神天皇である。

御祭神の宇迦之御魂大神様

 こちらは上が白笹稲荷神社の御祭神の宇迦之御魂大神様と、いつもお手伝いしてくださっている興教大師様の光の柱である。
これだけを見た方は、妖精などと思ってしまうかもしれない。

 パンフレットより

 御祭神は三大稲荷神様である。
これは参拝殿のところのパンフレットを頂いたものである。お参りの方は一部頂くと良いかと思う。

 この下は、弟子の神社に参られた太田姫稲荷神社のお狐さんとご一行様の、お参りのお祝いの歓迎の霊験である。
 太田姫稲荷神社のお狐さんの霊験は、いつも桁が違うと思う。知らない人が見たら、間違いなく腰を抜かす。宇宙人だと大騒ぎになると思う。

お参り歓迎の霊験

 いつも見ている私もびっくりである。幟が地上2メーターくらいの高さである。
目の前でやられたら、たいていの人は、ひっくり返ると思う。

 大稲荷狐は、悪い者を脳卒中等であの世に送るのも簡単だそうである。
しかし、お狐さんは神様の使いなので、悪い考えを改めさせるのが技なのだそうである。

 お狐さんがお薦めの白笹うどんであった。

白笹うどん

 忙しかったので食べられなかった。次回は食べたいと思う。。
こちらが、ご本殿である。大明神様がご降臨された。すばらしい光である。

ご本殿の鳥居

 続きは、また明日掲載いたします。。

    +(-_-;) 


 秦野 白笹稲荷(しらささいなり)神社へ(2)

2007/10/28

 秦野駅から白笹稲荷神社への最大のチェックポイントは、市立南小学校である。
この市立南小学校が右手に登場した。

市立南小学校

 ここを過ぎれば、白笹稲荷神社は近い。
次が最後の曲がり角である。

最後の曲がり角

 曲がり角をでて、最後の直線に出た。
この先の川の向こうが、関東三大稲荷神社の白笹稲荷神社である。

この先が白笹稲荷神社

 この室川の向こうは既に神域である。
お狐の皆さんが、迎えに来てくれた。

お狐さんのお出迎え

 お狐の皆さんが、とても楽しそうである。
私もとてもわくわくしていた。坂の上に白笹稲荷神社の鳥居が登場した。

ほぼ到着

 ここが、関東三大稲荷の白笹稲荷神社である。
とても立派な鳥居である。

白笹稲荷神社の鳥居

 わくわくしながら境内へと進む。
続きは、また明日掲載いたします。。

    +(-_-;) 


 秦野 白笹稲荷(しらささいなり)神社へ(1)

2007/10/27

 昨日、午前3時50分頃、朝と言うか夜明け前、お狐さんの威厳のある声に起こされた。お参りせよとの事である。
それで、起きて支度をした。シュークリームを1個食べ、牛乳を飲んで、駅に向かった。

 朝5時29分の始発に乗り、鴻巣より、一路秦野へと向かった。
赤羽、池袋、新宿で乗り換え、秦野には8時頃着いた。小田急線は15年ぶりに乗った。

 お社参りの必需品、地図と磁石を持ってくるはずだったのに、磁石が無かった。
それで、最初に北口に行ってしまった。出てからおかしいと思って気がついた。

hadano_000.jpg(92921 byte)

 JRは何処にもある蕎麦屋が構内に無かったので、お決まりの野菜天ぷらそばを食べて南口へ出た。
通路の上下には、案内のお狐さんがいる。左にいるのは、何処にも居る浮遊霊である。

hadano_000ekinai.jpg(144452 byte)

 お狐さんが両側の上下で道案内してくれている。
これが2本の柱、鳥居を現している。浮遊霊は道を間違わせようとするのである。→「コン」

 この地縛霊はやはり事故で亡くなったものだそうである。
この霊の供養は行政の責任である。私は一切関知している暇は無い。ここに知らせたのは世のためだと思う。

 物事が上手くいくのは、お狐さんの道案内のある時、このような時である。
この浮遊霊は通行人の肩を叩いたりする。そんな気がした方は多いはずである。→「コン」

 南口には不思議なモニュメントがあった。

秦野駅南口

 大体、このモニュメントの先が白笹稲荷神社であるとは判っていた。
私のサイトに来ている沢山の人が、ここ秦野の地で、これを目にしたはずである。

 駅を出て、名水公園と言う標識はあったが、何故か墓地は私の地図に無かった。
ここを回り込むようにして、私立南小学校方面へと向かった。

 室川

 予想外の山であった。。
関東平野の真ん中に住む私は、山は苦手である。秩父の入り口、都幾川村か小川町のような感じを受けた。

 お狐さんの案内で、山道を登ってきた私に、見事な滝が目に入った。
黒山3滝よりも立派な滝である。夏は滝行が出来そうである。。

秦野の滝

 左に居られるのが、道案内してくれた、白笹稲荷神社の筆頭のお狐さんです。
皆様の前に出られるのは初めてだそうです。

 今後ともよろしくとの事です。
続きはまた明日掲載いたします。

    +(-_-;) 


 人のノルマ

2007/10/26

 そんなものは本来無い。
しかし、人の組織に属すると、それは発生する。

 各企業の営業はもとより、経理、総務と目標値が与えられる。
それは悪魔のためにある。

 ある宗教では、サラ金で金を借りさせ、お布施させるという。話にも成らない。
公明党の母体も、そんな様であるらしい。都営団地から夜逃げしたものがいるという。

 年間のお布施金額でランクがあるようである。
西の転利も同じである。お布施が足りずに銀行を襲撃し、失敗して自殺したものがいるという。

 民間の営業マンも、自動販売機の売り上げ台数が足りず、自分で買ったりとか言う話はある。
自動車も同じである。帳尻合わせは大変である。

 アメリカの金融機関が1兆円近い赤字も発表になった。
なんにつぎ込んだのかは知らない。高利のローン破綻が多いようである。

 そして西海岸の住宅火災で、ますます被害は大きくなると思う。
対物保険は天災には適用されないからである。

 それでアメリカは早々と国家補償を打ち出した。
弱者は皆殺しの日本とは違うかもしれない。もちろん、アメリカは、先の洪水の復興さえ出来ていない。

 文字通り、水と火で天罰があたった様である。
イスラムの人はアラーの神の賜物と思っていると思うし、それは事実に近いかもしれない。

 地球環境の悪化も、火災の大きな原因なのだそうである。
アメリカの国家の長たる者のノルマは経済を維持する事である。

 国家とは経済体になってしまったのである。
悪魔は、これからの資金繰りをどうしようかと火の車である。

 人のノルマの未達成が悪魔の終焉と成るのかもしれない。
この辺りが、悪魔の能の限界だったと思う。先に良いものは無いようである。

 すべては中国のオリンピックの終わりに見えてくると思う。
皆さんの予想は近いと思う。

    +(-_-;) 


 ウイルスソフト

2007/10/25

 昨日、パソコンのウイルスソフトが更新期限が近いので買って来た。
今までのと同じものを買おうと思っていたら、変な霊がやって来た。

 どこかのソフト会社の霊である。金の亡者を手伝っている様である。
ウイルスソフトも実に沢山の種類がある。最近は10年間更新の必要なしというのが売れている様である。

 現実には無料のソフトでも、まず大丈夫の様である。セカンドマシンはAVGの無料のを使っている。
メインマシンはアメリカの国防総省も採用していると言う大手のものである。

 これは一昨年より使っている。その前はマカフィーという会社のものを使っていた。
有料のウイルスソフトは更新期限終了が近づくと毎日ダイアログが出て鬱陶しい。

 これは戦争と軍需産業のような関係で、誰かがウイルスを作っているのである。前にも書いた。
それで、ウイルス対策ソフトは大変に種類が増えた。誰かが大儲けをしたのだと思う。

 新興宗教と災難、まやかしのような関係でもある。
ある宗教は交通事故があると勧誘に行ったと言う。アメリカの弁護士の様である。

 また、ある新興宗教は流行らないお店に、入れば客が来ると言い、独身者には良い異性がいると唆すそうである。
悲しいかな、人は甘い言葉に弱い。それで、この世に勝つには、大変な試練を乗り越えないといけない。

 狐というのは動物の中でも特殊な存在である。親子でも真に厳しい教育をする。あっという間に親子の別れが来るのだそうである。
その中から、稲荷狐までなれるものは、ほんの僅かなのである。

 気がついたら1頭だったというお狐さんも多い。
やはり、お狐さんの故郷も、大きな川の傍が多い。文明の発生と同じようである。

 優秀な狐は稲荷狐にスカウトされ、修行に入るのである。大変な名誉なのだという。
しかし、多くの狐が脱落し、50年ほどの修行の末、一部のものが稲荷狐と成れるのだそうである。

 その修行期間は様々な様である。
稲荷狐は宇宙にまで行くのである。太陽系の星は全て行けるのである。それで、上位の狐は過去未来さえ解るのである。

 昔の漫画では、タイムマシンは地球の周りを凄いスピードで回った。1周が1日掛からなければ、理論的には過去も未来も行ける。
南極、北極の細い地軸の傍なら、あっという間に日付は変えられることになる。

 それで、これはおかしいという事になった。地軸は大きくなくてはならないのである。
それでも、同じ時間は既に地球上には無い。それは宇宙にあるのである。

 宇迦之御魂大神様がオススキに乗ってやって来た。
この先は、神の世界である。

    +(-_-;) 


 10月もあと一週間

2007/10/24

 もう来年のカレンダーを買った方も多いと思う。今月もあと一週間で、今年は9週しかない。
世の中には、見えないところでいろいろな者が居る事を多くの方が解って来たと思う。

 話題になっている冷蔵庫の裏の音が何か、社主に尋ねた。
あれは、この世で事故で死んだものが、コンプレッサーの音にひかれるのだそうである。

 夢にも思っていなかった。その辺の地縛霊が来るのだそうである。
確かに冷蔵庫のコンプレッサーは機械そのもので、事故で死んだものはひかれるような気がする。

 前にも言ったが、事故で死んだものは、すべて地獄に居る。成仏は大変である。
何しろ、自分が死んだ事を理解できていない者が多い。-4から下の世界が多い。

 あの世の監獄には、無数のものが詰まっている。
事故で死んだ者の原因は誰にあるか、考えていただきたい。

 これは何処まで行っても本人である。子供なら、その親にもあるかもしれない。お守りの無い子が死んでいるそうである。
車が突っ込んできても、それは避ける責任はある。親は避けさせないといけないのである。

 いつでも魔界のものは、善良なものを狙っているのである。なぜなら面白いからである。
この感覚を仕切れるか如何かが人生の分かれ目である。

 他の動物を殺して食えるのは、人間の感覚ではないのである。もちろん蛇である。
今もでかいのが出てきた。

 そういえば、エアコンの室内機にも黒いのが居た事があった。
空気の音も悪いのだそうである。

 そう言えば、良い歌手の歌を聴くと悪霊は苦しくなるのである。先日も北海道で事例があった。
これは、音声の霊が光っているからである。コンプレッサーのところは真っ黒である。

 音の色がわかるのを観音様と言う。一般的に女性である。
ところが社主も判るのだという。お狐さんも観音様であった。→「コン」

    +(-_-;) 


 家の中のこと

2007/10/23

 お狐さんがコンをするところはプリンターの上が多いとは、初めて知った。
昔は天井も多かったが、天井は魔が潜む事もある。

 これはお札が無い家の場合である。お札があれば、お狐さんが定期的に巡回してくれるので大丈夫である。
私は最初、社主のお札が無い時、社主は雨戸を「コン」された。

 伏見のお狐さんは玄関脇を「コン」された。
一体何回「コン」されたか判らない。私も、お狐さんの「コン」とは意味が解らなかったからである。

 社主に尋ねたら33回も「コン」をされたそうである。
真にご苦労様でした。お狐さんは悪霊と違い、お札が無い家には上がれないのである。

 私は最初、本当に宇宙人かと思った。その頃は宇宙と主に交信していたからである。
いろいろな事があり、ある日、社主が天照様にお祈りしている私の脇に来て、祀って欲しいと言われたのですべてが理解できたのである。

 社主によると、これは天照様と一緒にお祭りしている豊受大神様の計らいだったのだそうである。
お祈りしている時間は、御祭神の傍に来ても良いのだそうである。

 それで、私も社主に気がついたのである。
その前に竜神様は来ておられた。使えと言って弟子をおいていったのだが、あまり良い弟子ではなかった。

 その弟子は、竜神様の怒りに触れたのは、ことら総合研究所に書いてあることである。
真に凄い仕込だった。狐もそうなのだという。

 上の狐には絶対服従である。どこかの相撲部屋より厳しいのだと思う。
オススキは筆頭の大稲荷狐であるが、凄い存在感である。まさに桁が違う。

 今、上の行を書いたところで、もうオススキが感応した。
オススキは、配下の稲荷狐が、何処で何をしているかは、すべて解るそうである。

DSCF0057_1.jpg(47936 byte)
 そして、修行途中でぐれてしまった野狐もすべて監視しているそうである。
昨日も、伏見稲荷のお狐さんが来たが、迫力がある。

 私が皆様に知らせて上げられることも、事実の一部である。
悪霊の誘いを見切り、断ち切り、稲荷神様のもとに辿り着いた皆様は、大変良かったと思う。

    +(-_-;) 


 ある祠

2007/10/22

 写真はあるところの祠である。良い土地である。
台座に狐の顔が映っている。偶然ではない。

ある祠

 この狐は先日までは野狐だった。野狐といっても悪い事はしていない。
この祠が気になった訪問者様が、鑑定して欲しいと送って来たのである。

 写真を見たら、すぐに狐がやって来た。力のある狐だった。
どこかのお社で、稲荷狐の修行をしたのかと思ったら、していないのだそうである。

 それで、稲荷狐の下で修行する気があるのか尋ねたら、したいと言う。
それで、訪問者様がお祭りしている伏見稲荷の寄り方にして頂いた。

 ここまでは、鑑定を依頼してきた方にもお話した。ここの祠が大変気になっていたのだそうである。
狐は、稲荷狐に取り次いで貰いたかったのだそうである。埋もれていた狐も居る様である。

 この話には続きがあって、この祠の裏は古墳だったのだそうである。
そう言えば、土が盛り上がっていると思った。

 この狐は、この古墳を守っていたのである。男性が2柱居るのだと言う。
そして、ここの狐はその霊を守るため半島から来たのだそうである。

 訪問者様が、ここの祠が気になったのは、ご先祖様と縁があるからなのだそうである。
ただの狐ではないと思っていた。話を聞いて狐のひたむきさに涙が出てしまった。

 多くの古墳でも稲荷神社があるのはこのような訳もある。
飯綱大権現は高尾山の御真言である。飯綱の法の管狐とは、百済から来た狐の事である。

 高尾山の開祖、行基と言う方が高麗(こま)の方とは前にも書いた。
伏見稲荷の5番目の大稲荷狐も高麗から来たと言う。高麗は、かっての日本だったのである。

 皆さんの心に湧き上がる思いは偶然ではない。

    +(-_-;) 


 自分の心

2007/10/21

 自称チャネラーと言う人も沢山いる。自称神様に似ている。
いつかも、自称神様と言う霊に呼ばれて九州に行った事がある。

 行き着いた先は○○○○記念館だった。霊はそこに住んでいると言う。
自称神様は、名誉欲にとり憑かれた地縛霊だったわけである。

 困ったものだが、付ける薬はない。生きている人にも、このような人がいる。
宇宙と交信新していると言う自称チャネラーである。

 もちろん私も交信している。それで神様、眷属の皆様が感応してくださったのである。
宇宙と交信して、あーだ、こーだと言っても皆様のためには成らない。

 欲が悪いと言うのは、蛇の罠に引っかかるからである。
誰しも、自分の「分」の呼吸はしないといけないのである。そして、欲張っても2人分の呼吸はできないのである。

 人のする分の息を、貨幣に替え、自分が盗もうとするのが蛇たちである。
もし、自称神様や自称チャネラーが正しいなら、神々、眷属の皆さんは、その者たちの前に姿を現すのである。

 私の知る限り、自称霊能者、自称神様に、そんな者はいない。
多くの方は、自分の心さえ解らないと言うのが本当である。

 それは、悪霊が心に紛れ込み大事なところを隠すからである。まず邪念を払わねばならない。
神社の祝詞では、まず、祓いたまえ、清めたまえ、とある。これは真言なのだそうである。

 そして、お経は真言ではない。題目を唱えるのは木魚を叩くようなもので、お経よりましだそうである。
今も、北海道で老女を騙している悪魔がやって来た。私に招待をばらされ文句をつけに来たのである。真っ黒だった。

 この悪魔は自称チャネラーの背後に居たものである。見栄と名誉の悪霊である。
悪霊に憑かれた者が、人生相談を受ければ当然相談者は地獄以外に行くところは無い。

 行きはよいよい帰りは怖いの世界である。
自称チャネラー本人が、悪魔に騙されているのを解らないのが不幸である。もちろん、悪魔は、その様に引張るからである。

 これが負の連鎖である。自称チャネラーの人生を送って、大きな宗教を作った者たちに幸福だったものなどいないである。
一切の地位名誉財産など、苦しみの元以外にはならないということである。

 これは、すべての否定などではない。頭のある方には解ると思う。
人生を最大有意義に生きるための法である。破邪の剣である。

 文明が正しく進化すると、人の幸せ、愛や、魂のレベルも計器で表示されるのである。アミの言うとおりである。
もちろん、神々や眷属のお狐さんは、計器が無くても人の光が解る。

 この世を騙している悪魔たちにとっては、そんな事はあってはならないのである。嘘がばれるからである。
それで悪魔たちは、必死に私たちを邪魔するのである。

 お狐さんが「コン」をして良い人、あるいは写真に映って良い人は、それなりのレベルの人なのである。
それ以外の人を神様やお狐さんは相手に出来ないからである。

 言動一致と言う言葉があるが、それに幸せの現象も伴ってはじめて信仰である。
私も苦しい事は嫌である。馬鹿を相手にするのはもっと嫌である。

 当然悪魔たちは本能的に私たちの光が解るのである。
それで、訪問者の皆さんも苦労したと思う。

 悪い者とは縁を切りましょう。

    +(-_-;) 


 悪夢の正体

2007/10/20

 ある人は宮司に襲われると言う。
お狐さんに尋ねたら、これは蛇が化けているのだと言う。

 嘘っぱちを並べる新興宗教の教祖のようなものである。
蛇だから当然首を絞めるのである。

 この方も以前、新興宗教の教祖に騙されていた。
自称霊能者を本当の霊能者と思い込んでいたのである。

 そして、その悪霊の言う事に騙され、稲荷狐は怖いなどと洗脳されていたのである。
実は、この方を守っていたのはお狐さんだったのである。

 それで、無事に私のサイトに辿り着き、今に至ったのである。
一般人も、心の目で見ると恐ろしい蛇の事がある。蛇が憑いているので当然である。

 そんな蛇を、私もお狐さんに退治してもらったことがある。
人間と思っていたら、実は恐ろしい蛇だったのである。

 そんな心の人間が、死ぬと、当然蛇の姿である。
私のところもよく蛇が襲ってきた。

 応神天皇に剣を貰ってからは、蛇の襲撃が少なくなった。やつらも怖い様である。破邪の剣と言う。
実物ではないので、私はホームセンターで買った木材で、簡単な模型を作って部屋に飾ってある。

 今も応神天皇が参られた。
今、多くの皆さんにいろいろな現象が出ている。

 どのような道を行くのも、最後は自分の判断である。
人間はお金がないと生きられないと言うが、お金のために生きているのではない。

 ところが蛇に追いかけられると、どうにも成らない。道徳の理性を失う。
どんな事をしても目先の金を追いかけてしまうのである。これが不幸の元である。

 株の暴落、高利の借金、不当な徴税、皆蛇の仲間である。いくら儲けてもお金は足りなくなるのである。
金は儲けようとすればするほど、苦しみは増えるのである。

 その挙句、日本の社会も人口が減少に転じたのである。
のん気な方は日本の人口減少は7千万人台で納まるといっている。私はこのままでは3千万人台に成ると言っている。

 私が言う減少の根拠は、日本の食料自給率である。農家も減るので日本の力では3千万人養うのも大変に成るのである。
お金の価値がなくなると、何処の国も食料は売ってくれないのである。

 あまりに当たり前である。貨幣に頭を犯された地球人類に未来は無い。日本の食料自給率は現実は数%だと言う人もいるのである。
皆様の予想は、何千万人台でしょうか?

 これからの地球人類は、存在の価値を、宇宙から問われているのです。
皆様の魂の価値は皆様のものです。大きな蛇に騙されないようにしましょう。

 お狐さんの知恵は、皆様を正しい喜びに導くのだそうです。
喜びにも正邪があるのを見抜きましょう。

    +(-_-;) 

 本日の内容は、八幡様(応神天皇と姫神様)が言われた事です。最後は姫神様です。ごみのような蛇がキーボードを打つ私の左手の親指に噛付きました。 心にわきあがる喜怒哀楽も、よく背後を見抜くと良いと思います。書き終わってほっと目を瞑った私の前に菊の御門が現れました。稲荷神様は皇族です。

 霊域のこと

2007/10/19

 皆さんもお分かりのように、家族さえ、霊的レベルは様々である。
こちらは札幌の発寒神社の写真である。陰にある光の色が変わっているのが分かると思う。

発寒神社

 参拝者様の方はきれいな光だが、向こうは悪い色である地面にはお狐さんも写っている。守っているのである。ここが結界と言う事になるのである。

 これは霊域の違いが写ったのである。発寒神社にも内緒でおまいりしている新興宗教の信者が居るそうである。

 辞めると言うと、殺されることさえあるのが新興宗教である。先日の事件でも内幕は分かったと思う。
現実に、入った途端に、家族や子供が死んだと言うのもある。

 その香典や、保険金さえ悪魔が狙っているからである。これは事実である。
 
 この写真は参拝者様が守られているのである。汚いところは霊域が穢れている、つまり悪霊がいるわけである。悪霊は隙を狙っている。→「コン」

 太田姫稲荷神社は、かって山城の国にあるときは一口稲荷神社(えもあらいいなりじんじゃ)と言った。
これは穢も洗うと言う意味である。それで太田道灌は娘を助けてもらった。

 何処に行っても治らなかった娘の病が治り、大田道灌は感激して、その神社を江戸に勧請したのである。
これが後の太田姫稲荷神社である。

 ある方からメールが来て、家族が悪い宗教に再入信してしまったのだそうである。
はっきり言って、高利貸しの切り返しと言う手口と同じ様である。その宗教は「WM」と言うところだそうである。

 掲示板を見ている方も沢山心当たりの方が居ると思う。
経済的な苦しさが無くなる様な事を言うのだそうである。もちろん嘘っぱちである。

 ここの教祖は沢山の裁判を抱え首が回らないのは有名である。
宗教法人の認可が下りず、静岡県に損害賠償請求まで起こしたそうである。むちゃくちゃである。層化にも似ている。。

 ある意味、霊力を謳うだけ、層化より悪いかもしれない。
さっきもでかい蛇が来た。教祖はそんな事は夢にも知らないのである。

 太田姫稲荷神社のお狐さんは、苦しまれる参拝者に、また参拝せよと温かい言葉を下さった。→「コン」
悪い教祖には、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいものである。

    +(-_-;) 


 桜森稲荷神社のページが出来ました

2007/10/18

 写真を送っていただき、桜森稲荷神社のページが出来ました。
お狐さんが、後ろで見ています。こちらは寄り方のお狐さんだそうです。

 今日は時間が掛かりましたが、中々良いと思います。
太田姫稲荷神社のお狐さんも、弟子のサイトが出来たのを嬉しそうです。

 足利に不思議な名所も見つけました。
クリックしてご覧下さい。

    +(-_-;) 


 桜森稲荷神社のお狐さん

2007/10/17

 ある方からご紹介いただいたのが桜森神社である。
立派なお狐さんが居られる。

桜森稲荷神社

 写真の右手(向かって左)から5体のお狐さんが居られる。
筆頭様は、太田姫稲荷神社で修行された稲荷狐である。地面に狐の顔が並んでいるのが解ると思う。

 このお狐さんは白笹稲荷神社のお狐さんの姉妹弟子である。やはり相当な力である。
昨日は私の家で何度もコンをされた。今も来ておられる。

 こんな立派なお狐さんが居るのに、今までサイトが無かった。
それで私が作ることになった。ある方が、写真を撮ってくださることになった。

 この写真はネット上のものを撮影したものである。
お狐さんが写っていても、一般の方は解らない。さびしい事である。

 昨日は川崎大師の狛犬が挨拶に来た。お狐さんとは違う「コソ」と言うかわいい音で、誰かと思った。
人間は「がさ」「ごそ」と言う音を出すものが居る。たまに玄のチャイムを鳴らしたものまで居た。

 狛犬は中々可愛い。狛犬も寄り方のうちだそうである。
今日は竜神様まで来ている。

 稲荷狐も狛犬も眷属は皆律儀である。
お狐さんのご要望にこたえながらサイトも作っているつもりである。

 いつも困るのは、お狐さんに「金の亡者が来た」と言われるときである。進入禁止と書いてあるのに入ってくるのである。
死んでも直らない人は沢山いる。業が深い人というわけである。

 私のサイトでは、その様な人は相手に出来ません。

    +(-_-;) 


 紀元水とは

2007/10/16

 昨日、紀元会という新興宗教の暴行殺人事件疑惑で20名ほどが逮捕された。
場所は長野県小諸である。なんと少年まで居た。

小諸

 今は2代目の教祖が仕切っているのだそうである。
なんでも、紀元水というのを飲むと病気が治るというふれこみだったそうである。

 元は先代の奥さんが街の神様として物見をしたのが初めだそうである。
とても良く当たり、訪問者が増え、宗教法人になったそうである。

 もちろん野狐が指導したのである。かって豊川稲荷で修行したメスの狐だそうである。地図の稲荷神社に居たそうである。
先ほど、姿が見えたが中々の狐だった。ちゃんと修行すれば稲荷狐に成れたかも知れないと思う。

 やはり修行を妨げたのは欲である。祀られて、肉や魚を食いたかったのだそうである。
なんとも言えない。本能の壁だったと思う。地位名誉や食欲、生物の本能的な部分である。

 狐も野狐は生寿司が好きである。それが何故すし屋の経営者を殺したのか?
すし屋は盛っていた様である。やはり、教団の強引な財務が死に追い込んだ様である。金を出させるための、見せしめだった様である。

 夫がとても若く不自然だったが、これも教団の指導だった様である。
洗脳の恐ろしさを、多くの方が見たと思う。

 噂の紀元水と言うのも野狐の知恵だったそうである。PH2.7とかの酸性水である。
これでは癌は治らない。先代の教祖夫婦は共に癌で死んでいるそうである。野狐が居ると肉が食いたくなるのは当然である。それで癌にもなる。

 日記を書いているうちに蛇まで来た。。
邪魔の邪は蛇でもある。

 この新興宗教の野狐は失業である。この宗教の、お祭りのお供えは大量の油揚げだったそうである。もう頂けないと思う。
精進とは、できる者と、出来ない者の間には無限の壁がある。

    +(-_-;) 


 話題のシーちゃん

2007/10/15

 かねてより話題の猫、はなこさんの家のシーちゃんです。
一家を層化の悪霊から救うため、白笹稲荷神社のお狐さんに救いを求めた霊能猫です。

 これは建御名方神様が来た事をお知らせするため、お狐さんの指示で神棚に上がりました。

シーちゃんのお出迎え

 白笹稲荷神社のお狐さんと建御名方伸様をお出迎えしています。
普段は、このようなことはしないそうです。上がる場所もわきまえています。

 猫も、まさにピンからキリまでです。
猫が出て行くと家が傾くと言います。私もそう思います。

 逆に猫が来た家は、家運が上昇するのだそうです。よく言う話です。
これは、猫がお狐さんも連れてくるからです。社主のお社にも沢山の猫がお参りに来るそうです。

 そう言えば、伏見稲荷大社にも沢山の猫が居ます。
私のところにお参りに来た猫もいました。今、川崎大師のお狐さんも参られました。

 私も猫は大好きで、代々猫がいました。
確かに猫が居ないときはろくな事が無いようです。今は、お狐の皆様に来ていただき、やっと真実の淵に辿り着いたところです。

 今日は15日です。
いつものように、お供えを上げたいと思います。

    +(-_-;) 


 お狐さんとウニちゃん

2007/10/14

 こちらは発寒神社の筆頭様と霊能猫ウニちゃんである。猫と言ってもウニちゃんの実体は稲荷狐である。
最近は貫禄が出てきたと思う。今も私のところに来て「コン」をされた。

お狐さんとウニちゃん

 昨日、ある方からメールがあって、仕事を変わりたいと言う事だった。
この半年間程、職場で、何故か嫌な事が起こり、苦しまれていた。

 原因は、蛇が職場に住み着いてしまったのである。金の亡者が来たからである。
担当のお狐さんは、先月まで、辞めて良いと許可を出されなかった。

 昨日は、どうしても辞めたいと言われ、担当のお狐さんに尋ねたら、準備が出来たので辞めて良いと言われた。

 人生とは、食べて、排泄して日々を過ごすだけで、それに付随して、心地悪さ、心地よさがある。
その上に、蛇は人間に見栄、娯楽を求める心を植え付けてしまった。これが諸悪の根源である。

 それを満たすために、多くの人間が人生で嘘を重ね、地獄に堕ちてゆくのである。
悪い者たちは、本能的に、光あるものを排除したがるのである。そうしないと濡れ手に粟が得られないので当然である。

 もちろん、粟は西の米で、それをするのが馬鹿とチョンの子孫と言う事である。
日本人は粟など手に付いても、普通では誰も喜ばない。

 職場にも木の字、悪い渡来人の子孫が多いと、滅茶苦茶である。
職場を変わろうかという時もメールを下さい。

 とんでもない職場は、確実にあります。
関係者が相次ぎ変死しているテレビ局TB○などもそうです。製作会社を苛めすぎなのだそうです。

 その局は、社員の半数が層化とも言われています。
先日、突然亡くなった、製作会社の20代の女性は、実際の時給は400円程度だったそうです。

 最低時給の王様と言われるイトーヨー○堂よりはるかに安いです。
社主によると、テレビ局は8割以上が、悪魔が支配しているそうです。頷けそうです。

 悪魔は、気の緩みを狙います。注意しましょう。

    +(-_-;) 


 良い住まい

2007/10/13

 住むところは、人にとって大切である。
何が大切かと言うと、周りに霊も含めて変な住人が居ない事がある。

 社主によると、私の住環境は最低で、それは近所に「吉外」ちょんの子孫が越してきたからである。
過っての同和地区、桶川辺りから来た。下人である。大声で騒ぐは礼儀は知らないはで、歳を食った全くのチョンである。

 声を聞いただけでも鬱陶しく、裏の住人も、あいつは頭がおかしいと言っている。
近所で公認されたおかしな夫婦である。もちろん木の字である。

 霊も変なのが憑いている。−7の地獄霊である。先祖だと言う。とんでもない迷惑である。
こんな霊に助けてくれと言われても、私は近寄られるだけで嫌なのである。

 見るのも嫌だし、声を聞くのも虫唾が走る。やつらは嫌われているのさえ分からない。
社主が、心の構造が違うのだと言っている。そうだと思う。

 やつらには、迷惑を感じる能力が無いのである。それで周りの人が「困る」のである。
それでパチンコ屋、新興宗教、危ない団体など平気で出来るのである。

 誰でも分けよとは言わないが、悪いものを近づけてはいけない。
それで同和地区は必要である。はっきり言って、悪いチョンの子孫は迷惑である。

 多くの方が不快を感じているのは、馬鹿とチョンの子孫なのである。
日本の外人犯罪の8割は馬鹿とチョンである。

 そして、その他の日本人犯罪も木の字、坂、堀、草などが圧倒的に多いと思う。
悪い土地は清めないといけない。そして、引越しにも最大の注意が必要である。

 引っ越してしまってからでは、どうにも困ると思う。
不安な方は、メールを頂きたいと思う。

 近所に変なものが居るのは、絶対に嫌であると思う。

    +(-_-;) 


 蛇の目

2007/10/12

 こちらは伏見稲荷の中の熊鷹舎というところである。
ここからも最近多い、神に対峙する悪霊の写真が送られてきた。撮影してくださったのは訪問者様である。

jyanome_001.jpg(106077 byte)

 宇迦之御魂大神様、佐田彦大神様、大宮売大神様が壇上に居られ、その脇にお狐の皆さんが22体居られる。
そこに、蛇と野狐に憑かれた女性がお参りに来た。

 新興宗教に関わっているそうである。
野狐は、写真を撮っている訪問者様を睨んでいる。ばらしたら只ではおかないと言っている。

 さっき私のところにも来た。もちろん追い返した。
伏見稲荷で修行に失敗して、ぐれてしまったのだそうである。

 この女性は蛇を16、野狐を22も抱えているのだそうである。大変だと思う。病気もあるそうである。
新興宗教の親分も隠れてお参りしている者が居るのだそうである。

 もちろん、稲荷狐は手伝えないが、野狐は、お供えが欲しくて欲の深い者に飛びつくのである。
もちろん蛇の相棒となるのである。

 訪問者様はお分かりと思うが、竜神様と稲荷狐の逆のバージョンである。滅びしかない。
野狐と蛇は、闇金のような根性である。どうにも成らない。

 もちろん野狐は、図体がでかくても、ろくな修行は出来ていない。
修行が2割から、せいぜい4割くらいで脱落してしまうのだそうである。これは、やはり見ていて辛いと言う。

 元は同じ狐なのだが、人を守るための術がマスターできなくては、神様のお手伝いは出来ないのである。
それでも、寄り方で、稲荷狐の手伝いをしている狐も多い。

 野狐の中には、力不足を刃物で補おうと言うものも居る。困ったものだが、その程度である。
正しき、ご信徒の皆様は、何も心配は要らない。危険なのは、やはり交通事故である。

 この世は、いつも神と悪魔のせめぎあいであるのが、この数日で解ったと思う。
心の中の葛藤は、神と悪魔の声が混ざってしまうからである。

 いつもご神前で、よく思うことが大切である。

    +(-_-;) 


 ご先祖様の事

2007/10/11

 ご先祖様の居所は様々である。
父母から始まって、七代前までには、沢山の霊が存在し、居るところは様々である。

 白笹稲荷神社のページを開けたら。お狐さんが飛んできて、洋服ダンスの上に鎮座し「コン」をされた。
御伽噺ではなく、現実である。

 あるご信徒様だが、北陸の出身であった。
その方の父は亡くなられているのだが、良くない世界に居る。

 その原因は、良くない宗教だったのだと言う。
既に10年以上経っているのだが、当然その方の子孫は苦労があった。

 その方の父は、-4レベルの世界に居るのだそうである。
人を殺すような事をしたのである。良くない宗教は、その様なものなのである。

 なぜなら、人の人生を破壊するからである。
悪い宗教の者は事故死も多い。事故死では、まず天国にはいけないのである。事実である。

 悪宗教では、悪霊が信者の家族にとり憑き、事故を起こし、人を殺す事もある。
その人に、あなたの息子は保険金を残してくれた、寄進しなさい等と言うわけである。

 層化の悪霊は恐ろしいものだが、そこまでやっているとは思わなかった。
しかし、お狐さんが言っているので事実である。転利や麻痺雁も同じようである。

 皆考えているのは、人の金を自分の懐に入れることばかりなのである。
その様な宗教にかかわったものは、子孫に業が行くか行かないか、考えていただきたい。

 親は子が可愛くて、金のために、そんな宗教にかかわったものも居る様である。
そんな業を受けると、やはり悪霊が寄るのは当然である。

 だんなの浮気、薬物依存、ギャンブル依存、交通事故等、何かが起るようである。
今、その霊が見に来た。反省しているのだと言う。

 霊は自分の苦しみが、肉体にあるときは解らないのである。
それで、環境に流され、悪事を繰り返してしまうのである。

 何が良いか悪いか、決めるのは人間ではない。
霊が、頭が痛いと言っている。当然である

    +(-_-;) 


 破邪の光

2007/10/10

 こちらは太鼓谷稲成神社である。ここは稲成神社と書くのである。
太陽光に気味の悪い、赤い光がまじり、それを綺麗な薄青緑の光が防いでいる。

太鼓谷稲成神社
 この赤が蛇の呪いの光である。
悪魔が発するものである。いわば呪いである。先日の祐徳稲荷でもご覧になったと思う。

 これはもちろん、稲荷神様が参拝者に危険を知らせたものである。
きれいな薄青緑は、参拝者様を守る稲荷神様の光である。

 この時、訪問者様は間一髪であった。
以前悪い家主に酷い目にあっていたのだが、その家主から脱出した後、その悪魔の呪いが、再び襲ってきたのである。

 悪魔の欲は底抜けである。関わってはいけない人間だったが、魔が刺したのである。
もし、この不思議な写真が撮れなかったら、参拝者様は、また悪魔に捕まったのである。

 今まで、この手の写真は公開しなかったのだが、最近多いのである。
2年程前にはとんでもない写真が送られてきたこともあった。本人は神様と思っていた。

 それが、修験者の山だったからである。
もし神様が、皆様の前に現れたなら、それは何のためか、考えていただきたい。

 皆様の労をねぎらう事などあったら、まず悪魔と思っていただきたい。
神は絶対約束事などしないのである。

 多くの立身出世物語は、悪魔の戯言(たわごと)と思っていただきたい。
その思いは、必ず皆様のために成るのである。

    +(-_-;) 


 お狐さんの思い

2007/10/09

 それは、もちろん皆様の幸せである。
一番危険なのものは、もちろん交通事故である。

 私も自分からぶつかった事はないが、狙われた事は数回ある。左のドアをぺしゃんこにされた事もある。
危ない事もあった。今は社主の指導により車は運転しないので、ゴールド免許を更新中である。

 今は、主に電車と自転車で用を足している。
昨日、社主が、自転車のライトを増強せよと言った。

 先日前かごにカバーをつけたら、ライトが暗くなったからである。
毎日の生活上の事である。それで、ライトを付け替えた。後ろにも赤く光るものをつけた。

 100円ショップのものであるが、かなり明るい。
前かごのは電池を合わせて200円である。安全のためには必要である。もちろんLEDのものもあるが前かごが大きくて付かないのである。

 LEDのは新しいものを買わざるを得ないと思っている。
このようなことも、皆様の日々の安全には大事である。自転車でぶつかり死んだ方も沢山居るのである。

 普段なんでもないようなことの中にも、神と悪魔の綱引きがあるのである。
こちらは、訪問者様にいただいたお狐さんの像の写真である。とてもかわいいとおもう。

お狐さんの像

 右手(向かって左)に居るのは稲荷狐である。左手側に居るのはお呼びでない者である。
気の緩みや慢心は、悪魔に隙を見せることになるのである。

 このくらいと思うところを悪魔は狙う事が多いのである。
不安な事は掲示板に書いていただきたいと思う。

 こちらも訪問者様に送っていただいた写真である。
風神様が竜神様の姿を現している。凄い霊験であると思う。この山には九体の竜神様が居られる。

風神の霊験

 風神とは良く名前は聞くが、この様な霊験を見たのは初めてである。
竜神様とは切っても切れない仲なのだそうである。

 心の思いも、最後の詰めは、とても大事で、百里の道の九十九里は、まだ半分とも言う。
到着と思うところを悪魔は待ち構えているからである。→「コン」

 楽しいとか苦しいとかの思いを、霊は見ているのである。
その様な思いを離れる事が、仏教的な中道と言う意味である。

 正邪の思いを、よく判断できれば、人生は変わるのである。

    +(-_-;) 


 沢山のご相談

2007/10/08

 土日連休は沢山のご相談が来ます。
中には、急がないといけないものもあり、メールの返事が遅れている方も居ます。

 もしかしたら、それで忘れてる方も居るかもしれません。(^_^;
その様な方は掲示板に書くか、再送してください。

 大事な事は、たいてい、お参りしているお社の神様か、お狐さんが来てくれます。
それで、返事を書くのは深夜が多いのです。

 中には大事な事を、早く相談してくれればと言うものもあります。
本人が良かれと思っても、一般人に見えない悪は沢山いるのです。

 それで、時にはお狐さんが知らせて欲しいと頼みに来る事もあります。
悪を退けるのは、ノウハウが必要です。これが「法」です。

 今、多くの新興宗教で、信者に狐は怖いなど洗脳したのは悪魔の半島の者たちです。
社主によると、大正時代から、悪魔たちは、この手法を使い出し、無数の良い人を地獄に落としたのです。

 テレビやマスコミは、馬鹿チョンの成分のタレントを使い、嘘八百を撒きちらしています。
あまりにおぞましい、この世の現実です。

アスワン湖

 こちらはアスワン湖の夜明けだと思います。
嘘に騙されたまま一生を終わる人が、少しでも減ります様お祈りしています。

    +(-_-;) 


 画像掲示板

2007/10/07

 phpのものをつけようとしたのですが上手くいきません。
社主に尋ねたら、セキュリテイの面で不安があるので駄目だそうです。

 毎日山の様に来るアダルトの投稿をシャットアウトできないと駄目だそうです。
確かに、それが正しいと思います。

アブシンベル宮殿

 これはおなじみのアブシンベル神殿です。
実は壊されているのは、宇迦之御魂大神様の大変関係の深い事が原因なのだそうです。

 多くの皆さんも何か感じていたと思います。
ラムセス2世が建造したものです。大神殿は太陽神ラーを、小神殿はハトホル女神を祭神としています。

 小神殿は最愛の王妃ネフェルタリのために建造されたものでもあるとの事です。
一番左(=右手)がアミン・ラー、つまり阿弥陀如来様です。

 その隣が和久産巣日大神様なのだそうです。水の神様でもあります。
あまりに巨大な歴史が、また少し見えたかと思います。

    +(-_-;) 


 神田の龍神様

2007/10/06

 東京の空に、龍神様が参られた。
凄い絵であると思う。これも天の慈悲である。偶然は無い。

竜神様

 撮影したのは、神田の須田町辺りである。
太田姫稲荷神社のお狐さんが呼んでくださったのである。

 家宝にしたいような立派な竜神様である。
いつものように九体居られる。

 乗っておられるのは、八幡様である。
応神天皇は、八幡大菩薩としても崇められている。

 お馬鹿な人は何処まで言っても偶然などを主張する。こんな雲は作れと言われても出来ようはずが無い。これが神霊なのである。
神や仏が居ないなら、何処の馬鹿が信仰、修行をするのか?

 坊主や神職までが、利権に胡座(あぐら)をかき、肉を喰らい、酒を飲み放題である。
まさに、霊の戦いは始まっている。

 悪魔と一緒に滅ぶ者たちがほとんどである。
悪魔は、コンピューターにも入り込むのである。

 そして、あらゆる契約にも狙いをつけるのである。
知恵ある皆さんは、悪魔に騙されないようにご精進いただきたいと思います。

 とても悪魔の動きが顕在化して来た様に感じています。→「コン」

    +(-_-;) 


 神と悪魔の戦い

2007/10/05

 これは、面白半分の小説のタイトルではない。
日々皆様の周りで、現実に起っている事である。場所は祐徳稲荷の山門前である。

祐徳稲荷

 蛇が狙ってきたのは、このお子さんである。
前世はフランスで神職だったそうであり、前世の恨みで蛇が狙ったのである。

 2匹の大蛇は、フランスからやってきたのである。
白い光は、蛇を退治に参られた八幡様(応神天皇)である。

 悪魔の蛇どもは、母の足を引き、母子をこの橋から落として、殺そうとしたのである。
福岡の大上(大神)さん事件を思い出していただきたい。

 あの時は○林に悪魔がとり憑き、悪魔の計画が達成されてしまった。皆さんも覚えていると思う。
林とは悪魔の心臓部である。魔の中には「林」があり、これは「はやし=早死」なのだそうである。医者、法曹にも多い中国人の成分である。

 これは人の寿命を縮める事である。法律的には殺人行為と言われる。
信じようが信じまいが、目の前の写真には事実がある。

 魔が刺すとは、オーム地下鉄サリンでも、奈良のカレー事件でも、幼児誘拐殺人でも「林」が関わったので良く分かると思う。

 神様とお狐さんが守ってくれていたので、楽しいお参りだったのである。親御さんには何も解らなかった筈である。
お狐さんは、臨戦モードであったので、オーラの色が違う。

 蛇どもは、いつものように応神天皇様に首をたたき切られ、地獄に堕ちたそうである。→「コン」
いつもお守りをつけて、外出しましょう。

 お子さんにも、良い神社のお守りをつけてあげましょう。
事故が起ってからではどうにも成りません。特に走る殺人兵器、車には、十分気をつけましょう。

 今まで、車に何十万人が殺されたか、よく考えてください。

    +(-_-;) 


 神棚について

2007/10/ 4

 神棚の一般的な形は以下の様である。
多くの家ではこの様だと思う。

神棚

 社主によると、希望はだいぶ違う。
お宮よりも、稲荷神様のお札を置いて欲しいとの事である。

 神具屋としてはお宮を売りたい気持ちは分かるが、お狐さんは当然稲荷神様のお札が大切なのだそうである。
その、お札の脇には、もちろん狐の置物が良いそうである。お札の前には鏡は必要である。

 鏡は本来は魔よけであり、姿見ではなかったのである。
銅鏡は魔よけに大切なのである。神道の必須のアイテムである。

 狐の置物をネットで探したが見つからない。近くのホームセンターにあった。
1組3000円くらいだったが、表情が気に入らなかった。

 お狐さんの希望としては、やはり板の広いのが良いのだそうである。鎮座できるからである。
神棚には中々、スペースが取れない。

 それで、洋服ダンスの上などは広くてよいのである。
私の部屋も、社主が鎮座できるように棚の上70センチ程を空けてある。

 ただし、大稲荷狐の皆さんは乗れない。写真の通りである。
神社の祭壇の様なら良いが、普通の家では無理である。ポイントは、なるべく大きな板である。

 板と言っても、神棚用の檜の1メーターの板は5万円以上する。無理をしてはいけない。
社主が、白いパネルで良いと言っている。これなら、数千円で買えると思う。→「コン」

 ところで、お狐さんは眉毛の数を数えるのだと言う。知らなかった。
悪い狐も数え、眉毛の少ない者を騙すのだと言う。騙しやすいのだそうである。

 眉毛の少ないものは霊力が弱く、騙されやすいのだと言う。
社主は私の眉毛の数をチェックして、私のところに来たのだそうである。

 私は全く知らなかった。眉毛の多いのは、人の良さでもあるのだそうである。
悪い霊に騙されないためには、眉に唾をつけるのが良いのだそうである。

 これを眉唾と言う。

    +(-_-;) 

・神棚、神具を見たい方は、左下の楽天のバナーをクリックして頂き、「神棚」を検索→全商品で探すをクリックしてください。
 いろいろなのがあります。

 とり憑かれた人たち

2007/10/03

 人は人生でいろいろなものに関わり、憑かれる事がある。
大将軍(たいしょうごん)は七代祟ると言う。

 これは、犯してはならない方位の事である。
七人、あるいは七代に渡り死者が出ると言うものである。

 社主に尋ねたら、そんな方位はないという。当然と思った。
ただし、悪い霊が巣食う土地はある。犯したら厄介である。

 そんなことをしなくても、親の遺伝で恨みを買っている方は現実に居る。
祟り霊は、子孫が解るのである。

 ここに来る皆さんは、やはり木の字とは相性は悪いはずである。
「木」て国に入られると、「困」(高麗)る者に、その様な苗字をつけたのである。木は「き」でもある。

 多くは労働者として連れてこられたという。
国鉄は有名である。戦後労働力の不足を補うため連れて来たと言う。アメリカの鉄道も作ったのは中国人である。

 しかし、その者たちは代を重ね横柄になり、国鉄に、あっという間に30兆円もの借金を作らせた。
当時は残業は絶対なしで、もし1時間でもあったら、次の日は有給休暇だったと言う。信じられない。

 午前中は3時間働き、風呂に入って帰ったものが多かったそうである。
駅の切符売りも横柄なものが居た。私も頭に来た事があった。酷すぎた。

 中曽根総理大臣のとき、言う事を聞かない高木と言う総裁を更迭し、国鉄解体は出来た。
とんでもない民族であると思った。

 その前は、徳川家康が東照宮を造営するときも連れて来た。
工事が終わっても、朝鮮に帰らず、大工たちは埼玉の岩槻区に住んだという。もちろん高麗(現在の日高市)にも行ったのである。

 大宮の西口もろくでもない者が多かった。日進という地名も分かると思う。
草木川の字、いろいろな集落がある。密入国も沢山居たはずである。

 外圧による同和地区の開放は、そもそもが無理があったのである。
それで現在は、日本自体が、かっての国鉄化してしまったのである。節度や礼儀も分からぬ者たちが日本中に蔓延してしまった。子供も酷い。

 そして、同和の利権がヤクザの温床化している。大阪で事件もあった。
そして、「かす」=中国人子孫が役人として日本を食い尽くしているのである。霞とは、「か住み」である。凡例:加須→春日部、春日大社等

 春日大社とは藤原氏のものだが、藤原とは中臣鎌足が祖である。

 埼玉県南西部にも朝霞市というのがある。川越にも霞ヶ関と言うのがある。皆さんが思ったとおりである。
霞ヶ浦も、馬のトレセンや、かっては飛行場があった。軍需である。茨城には五霞村と言うのもあった。栗橋から近かったと思う。

 基本的に、駒込とか牛込とか、牛馬は分けたのだそうである。
もちろん、牛(中東系)の方が上だったそうである。馬の県の新総理は拉致被害者の会から蔑視されていると言う。

 先祖の国は、もう過去のものだと思うが、由緒ある群馬の馬賊の子孫は違うらしい。
いつか来た霊も、家系図が家の宝で、逃げるときはそれを持って逃げたのだと言った。

 きっと、立派な宝は蔵の中にあるのだと思う。
中国に莫大な援助をする役人の根性は、これが原因である。まともな日本人の、役人への怒りはDNAのレベルなのである。

 役人は、本来は公僕、国民の使用人なのである。とても鬱陶しい。
以上は内緒です。

    +(-_-;) 


 信じていたものへの思い

2007/10/02

 多くの人が信じる事は、大きな利益、儲けとなる。
沢山の宗教には、沢山信者が居る。

 何故、新興宗教をはじめるのかと言えば、それは儲かると思うからである。
カリスマ性というものが儲けの鍵のようである。

今夜の暮れ(トルコ)

 いきなり、本当のことを言うと、新興宗教を信じている方もショックは大きい。
それで、少しづつ、小出しに事を言ってきたつもりである。ことら総合研究所を始めて、早7年経った。

 神様、仏様がやって来て、立教せよ、と言ったという新興宗教は多い。
転利のようなお筆先も沢山ある。しかし、皆の家族が、多く悲惨な死に方をしている。跡目争いも多い。

 中山○きと言う転利の開祖も、娘2人が発狂して死んでいる。
私のサイトの勘の良い方は解ると思う。憑いているのは蛇、金の亡者である。

 いつも言うように、神様や眷属のお狐さんが見えて交信できたら、新興宗教など絶対やらないのである。→「コン」
いつも、お狐の皆さんは金の亡者は嫌いだと言うのである。なぜなら、蛇が憑いているからである。

 層化の様に凶悪でなくても、凄い施設の新興宗教は沢山ある。
今日も、あるところをネットで見て驚いてしまった。関西では有名なのだそうである。

 最初に、ネットを開いたとき狐が出てきた。野狐だが、かって、八幡様のところで修行したそうであった。
力のある野狐には、自称如来を名乗って、教祖を騙すくらい朝飯前である。

 稲荷狐に成れても、お社を任されるまでになるのは大変なのである。
それで、手っ取り早く還俗して欲のある者に憑く悪い考えの狐もいるのである。

 夜中に、その者の枕元に立ち、化けて唆すのである。
社主が、そんな事は朝飯前なのだと言う。前に、この技も見せてもらった事がある。凄い迫力だった。

 零脳者には100%神様と思われる。
狐は頭がいいし、稲荷狐の修行で人の病の治し方も教わっている。たいていの病も治すのである。

 それで、教団は大繁盛するところもある。
これは、稲荷神様のご信徒様に使うはずの業なので、霊験が高いのは当たり前なのである。

 ここの教祖は90歳代まで生きたそうである。
層化や転利よりましかもしれないが、行った先は地獄の6段目だそうである。

 野狐に騙され財産を作っても、後は大変である。
人の幸せのありかは、稲荷狐でないと解らないのである。

 心にしみたかと思う。

    +(-_-;) 

 昨日はお狐の皆さんは27体で、122軒のお宅を訪問されたそうです。
いつも暖かいおもてなしを賜り、真にありがとうございます。


 10月になりました。

2007/10/ 1

 下は、私の使うカレンダーです。
六曜やいろいろな日が解ります。

10月の暦

 一粒万倍日、不成就日と言うのもあります。
知っている方は多いと思います。一つの種が万の実を結ぶ、あるいは事が成らないという日です。偉い差があります。。

 これに大安など複数の好条件が重なる日を吉日とするようです。
これは人によって解釈も違い、行いの方角も左右します。また土地の吉凶もあります。何処の誰が何処で何をするかが問題なのです。

 私も、何か思ったときは社主に尋ねています。ネットでさえ社主が「コン」(=注意せよ)と知らせてくる事も多いのです。
悪いものが地上には溢れています。皆様も不安な時は掲示板、メールに書いてください。

 この世はピンポイントで吉凶が存在し、単純な占いで幸せにはなれません。
それに、神様、眷属の手助け、助言があって、初めて事は成るのです。良い神社のおみくじの意義はここにあります。

 商売人の占い師や霊能者と言う人は、新興宗教と一緒で麻薬のような方も多いのです。
除霊に数十万は良心的な方だそうです。出向いて外壁工事までやるなら仕方ありません。外壁、外回りも重要なのです。

 気功師と言う方も、悪い者は悪玉を送り込みます。これは欲念からできるのです。
悪い宗教は悪玉の作り方を伝授しているようです。ただ教祖も会員も中身は蛇だと解らないのです。

 それは、もちろん宗教の会員信者や気功の客を自分のところに縛り付けたいからです。
宇宙の秩序を乱すのが蛇と、蛇に憑かれた者たちです。

 今月も、身の回りを注意して、安全な日々を過ごしましょう。

    +(-_-;) 

 
 
 
 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2007