天照大神と豊受大神様

 06/02/28

 昨日、オペラ歌手レイさんのところの猫、通称ウニちゃんが遊びに来た。
と言っても生霊である。私以外に誰にも解らない。。

 社主や他のお狐さんとも仲がいいので、良く来ているのである。 
とても不思議と思うのは、皆同じかもしれない。

 私はウニちゃんに尋ねた。
ウニちゃんはどこから来たのかと。

 ウニちゃんは、豊受大神様の命により、木星霊界の眷属(神様のお手伝いをするもの)の世界からやってきたのだと言う。

 もちろんレイさんをお手伝いするためだそうである。素晴らしい事であると思った。
そこで「コン」と社主が私を呼んだ。豊受様が参られた。

 豊受大神様は、やはり女神様で、伊勢の外宮、発寒神社にも祭られている。
本サイトのトップにも写真があるので、その偉大さは誰にも見えると思う。

 何故、豊受様がウニちゃんをレイさんの元に遣わせたかと言うと、天照様の思いがあったのだそうである。

 レイさんのお父さんは天照様をお祭りしていたのだが、残念なことに天照様にはお手伝いできる眷族がいないのである。

 それで、仲の良い豊受様にお頼みして、ウニちゃんがレイさんの元に派遣されたのだそうである。

 もちろん、レイさんを守るためである。。

 ただ、お狐さんと交信できる人間があまりいない。。

 それで、太郎子山稲荷神社の社主に神勅(依頼)が来た訳である。「ことらの所長」と交信せよと。。

 社主は不可能と思っていたようである。誰が考えても大変な事である。

 ところが、奇跡か神がかりと言うのであろうか、天照様の思いは見事に実現したわけである。

 そのおかげもあって、私は毎日、社主や眷属の皆様と楽しい日々を過ごさせてもらっている。

 ウニちゃんの左目が塞がっていたのは、「天照様のお使い」の験なのだそうである。

 これが文字通り「天使」である。眷属は天使なのである。

 豊受様もウニちゃんも写真に写っている。

 誰にも口の出せない、光あふれる「宇宙」界の出来事である。

    +(-_-;) 




 フリーメーソン

 06/02/27

 昨日テレビで放送していた。
鳩山威一郎、鳩山議員の祖父もメンバーだったと言う。

 日本では悪の枢軸のように宣伝されているが、それは間違いである。
本来は日本の天皇家の末裔であり、特権階級である。

 それが何故、日本では悪者扱いされるのかと言えば、マスコミの多くは日本の歴史を滅ぼすための工作員たちだからである。

 アメリカの1ドル札に描かれたピラミッドと目がフリーメーソンの象徴なのである。
多くは語れない。秘密だからである。

 そして、フリーメーソンは偽者もいる。ユダヤ人と同じようである。
なぜなら、活動に便利だからである。

 フリーメーソンは太古より海を渡り、大陸を行き来できたのである。
多くの人類のものとは違う歴史が、彼らにはある。 

 三菱の祖、岩崎弥太郎はグラバーより商売を学び、海洋交易で財を成したという。
そして、もちろん、原爆投下の目印にされた三菱重工も出来たわけである。。

三菱が出来て、良かったのか悪かったのか解らない。 
 悪魔は最後に正体を現すのである。「金を出せと」。

    +(-_-;) 

 宇宙の慈悲

 06/02/26

 昨日は祖母の命日だった。
もう遠い事なのだが、石を磨くためスポンジを持って出かけた。

 何時も鳥の糞が落ちていて、掃除に難儀する。。
綺麗に磨いて、お参りしてきたら、光が来ている。

 一体どこから来たのかと思って、社主に尋ねた。。
社主が言うには、宇宙の慈悲なのだと言う。

 私は、「この太陽系のものか?」と尋ねた。
社主は違うと言った。

 「それでは、この銀河系のものか?」と尋ねた。
社主はそうではないと言った。

 社主が言うには、この慈悲の光は全銀河を含む、全宇宙のものであると言った。
新興宗教の教祖が言う事とはスケールの違う社主のお話である。

 今も光が来ている。
 祖母は惚けてしまったのだが、亡くなる前に祖母の守護霊が来て、向うの世界に帰るために準備をしていた。

 祖母は帰る前に、母に謝っていた。
祖母の守護霊は嫁(=母)を苛めた事を、祖母に謝らせたのである。 

 母は気がついていなかった。
私は、祖母が帰る前に、そっと心霊療法をしてあげた。

 これは家族の誰も知っていない事である。
その数日後、祖母は向うの世界に帰っていった。

 祖母の介護はとても大変だった。一時は施設にも入れたが、祖母が担当の医師に殴られたと言うので家で面倒を見たのである。。

 まさに、この世は悪魔の世界である。
悪魔の医師とは実際に沢山いる。金儲け主義の歯医者や獣医も含めてである。

 それにしても宇宙の慈悲の光とは、どこまで暖かい、安らぎそのものである。
思いもかけぬ、宇宙からのご褒美であったと思う。

 社主も喜んでいるのが、とても嬉しい。。

      +(-_-;) 



皇室典範  

 06/02/25

 皇室典範  (こうしつてんぱん)とは、皇位継承,天皇・皇族の身分など皇室に関する重要事項を定めた法律(1947年)である。

 旧皇室典範(1889年)は大日本帝国憲法と同等の形式的効力をもつ国の最高法規で,議会も干与できなかった。

 しかし現在は、戦後のアメリカ主導の憲法により、憲法に基づく通常の法律にされてしまった。

 当初マッカーサーは天皇を戦犯として処刑し、日本の天皇制を解体するよう、本国から指令を受けてきた。

 戦争の元の財閥も綺麗に解体したが、天皇家は自然消滅するように仕組んだのである。
そのため、旧皇族も分離したわけである。

 徳川も15代将軍のうち、正室から生まれたのは僅か3名しかいないと言う。
かっての皇室には、正室の皇后、后と夫人等10人の奥方がいたと言う。。

 子供が70人以上いた天皇もいたのである。かと思えば某天皇のように、全く子供がいなかった者もいる。

 そのとき、天皇家を救ったのが大伴金村により、インドから招かれた継体天皇だったわけである。

 ここで思い出して欲しいのは、かってのマホメットにも10人の夫人がいたと言う事である。
やはりマホメットも、日本で学んだ証左である。

 問題は貴族、皇族には男子は生まれづらく、男子は死に易いようである。
もちろん暗殺も沢山あったようである。そして呪詛などもあったのである。

 男子の母となった奥方は、自分の子を天皇の地位につけたいからである。
これは無理からぬ思いかとも思う。

 何はともあれ、日本はアメリカの狙い通りの状況に成りつつある。
 かって神代文字が無くなり、漢字が普及したように、今は子供に英語を勉強させるようになってしまった。

 世界の歴史は一般人からは全く見えないところで動いているのである。
 新聞とは全くいんちきとはそのとおりである。そのためにあるのだから当然である。

 腐ってしまった日経新聞でも分かる。氷山の一角である。

    +(-_-;) 



 

 北朝鮮の苦境・・

 06/02/24

 イタリアは「鳥の」オリンピックでにぎわっているが、なんとイタリア人女性が3名以上は北朝鮮に拉致されているようである。

 かって拉致さえていた方が漏らしたそうである。
国際社会はますます北朝鮮に対し、きびしい態度をとるのは明白である。

 なんと馬鹿な事を繰り返したのかと思うが、その程度が北朝鮮の国際戦略の限界だったともいえる。

 今の将軍様が生きているうちに方がつけば上等だと思う。

 北朝鮮も犬を食うと言う。
 昨日はテレビでペットのミニ豚が出ていた。良く芸をしていたが、あの飼い主たちもとんかつを食うのであろうか?

 貧すれば鈍すると言う。
獣の肉も、やむなく食っていた者もいるのかと思う。

 しかし、インドのジャイナ教の人たちは、ニンジンや大根、芋さえ食わないと言う。
掘る時に、小さな虫を殺してはいけないからだと言う。

 まことにもっともであると思う。ガンジーも穀物しか食べなかった。
道を歩くときも、蟻や小さな虫を踏まないよう細心の注意をして歩くのだと言う。

 良い心がけだと思う。自動車を運転する等、とんでもない事だと思えてしまう。
ジャイナとは「勝利者」の事でもある。

 宇宙に生きるもの、正しい心を思うと良い。

    +(-_-;) 






 

 心臓はなぜ左か?・・

 2006/02/23

 まことに鋭い質問があった。
皆様は、なぜと思うでしょうか?

 多くの方は考えた事も無いと思う。
私は利き腕から少しでも遠い位置に、安全のためにあるのだと教えられていた。

 昨日、こんな答えが返ってきた。 
心臓は宇宙の心と共にあるのだという。。

 訳が分からなかった。
解説すると以下のようである。

 心臓は、時として、主たる意識の思いをも裏切り、正しき事、恐ろしきことに反応してしまう事がある。
 古代エジプトでは、冥界の番人、閻魔大王に嘘をつかないと天国にいけない魂が、その準備として心臓に動揺しないようお願いしたのだと言う。

 ところが善良な心臓は、嘘が吐けないのである。
そのため、心臓はやや左よりなのであると言う。

 考えようによっては不忠義だが、宇宙の理に嘘は存在しない。
どうしようもない事実である。

 人間はお金を見ると心変わりすることもあるが、猫に小判で、猫には小判は価値が無い。
もちろん社主も、金など紙切れだと言う。まことにそのとおりである。

 宇宙から地球人の社会を見ている方も同じで、何を馬鹿な騒ぎをしているのかと思っているそうである。。

 人の持っている心や創造力より、紙切れが偉くなった地球人類は破滅に向かって一直線である。

 お馬鹿な人間の投資組合やファンドなど嘘の塊である。
あんなものに何の価値が見えたのか?

 お金を出す方の頭の中身が信じられない。。

   +(-_-;) 



 奇門遁甲の罠

 2006/02/22

 城下町と言うのは、敵の進入を防ぐため迷路になっていたところが多い。
かっての忍藩であった、行田市などもそうである。

 土地勘が無い人では目的の地には行き着かないようになっている。
歴史も同じで、各時代の権力者が迷彩を施したのである。

 それで多くの学者は事実を認識できず、大事な人生の寿命を終えていくのである。
ある者は、真実らしき文書を他国に残した。

 そして、その土地の歴史を記された石碑や文書をすべて排除させた。
残された記録や遺跡からは、絶対真実に到達できないようにしたのである。

 そして多数の草(=戸)を植えたわけである。
今も、ある歴史家が来て高天原は島根だったと言っている。

 それでは九州にある高天原は偽物な訳である。。
答えはどちらも違うのである。

 学者も含め、頭から思い込まされた(=洗脳された)不幸な人々と事実を知っている工作員たちの子孫がいる。

 かわいそうだが、つける薬が無い。
私のサイトを見たら、彼らは自分の人生をなんと思うことか?

 私に言わせれば、ほとんどの地球人が洗脳されているのである。
もちろん悪魔にである。

 新興宗教の信者は何故悪い等と、聞かれては困る。
左手で箸を持って何故悪いと言われても困る。

 世の中には決まりがあるのである。左に習うものは居ないのである。
心臓は99.9%の人がまず左寄りにあるはずである。

 それでも、大事な食事に左手を使いたがると言うのは宇宙の理に反していると思う。。
直せば直せたはずである。。

 とは言うものの、都知事も左利きだった。。
諸行無常の響きあり。。

    +(-_-;) 

 おすすき来る・・

 2006/02/21

 昨日は20日であった。
雨戸に石でもぶっかったかと思うような音がした。。

 もちろんおすすきである。
何時聞いてもすごい音である。。

 知らない人なら絶対動転してしまうと思う。
私は何度も聞いているが、それでも驚く。

 私のサイトに来て、伏見稲荷のサイトにおまいりする方も結構いるので、その御礼に来てくれたのである。 

 以前、知らないときは誰かがいたずらしていると思っていた。。
ひょっとして、宇宙人かと思った事もある。

 お狐さんは御札のない家には、勝手に入って来ないからである。
夢にも思わなかった人生の一幕である。

 前世の事や天国地獄の事は知っていたが、まさかお狐さんまで実際いたとは夢にも思わなかった。
 そして、日本の歴史まで手をつけることになったわけである。

 簡単には書ききれぬ事ばかりであるが、稲荷神様、諸天善神様とお狐の皆様に感謝である。
いつも思うのは、修行に失敗してぐれてしまった狐たちの事である。

 祭って欲しい気持ちは分かるが、稲荷狐か、その手伝いをできる寄り方にまで修行しないとお祭りしてくれる方はいない。

 眷族の世界も人の世と似ているが、嘘や利権はない世界である。

  それにしてもオリンピックのドーピングも無くならない。。

 日本の選手はフェアだと思う。。

    +(-_-;) 
 


 

 蝦夷地

 2006/02/20

 ついに水沢市が大合併して奥州(=欧州)市に成った。
これはもちろん偶然ではない。

 蝦夷とは大和朝廷とは別の存在だった。
蘇我馬子が息子に蝦夷とつけたのは、蝦夷地には佐藤や伊達等があることで分かると思う。

 足利にしても栃木である。あの時代に何故栃木だったか?
蝦夷(えみし)とは中央に従わぬものの意味である。

 神武天皇に敗れた長脛彦が蝦夷(=東北)逃げたのは、大和が追って来ない事が分かっていたからである。

 もちろん英の絡んだ蘇我氏は秘密を知っていたのである。
青森の三内丸山遺跡も英(=スサノオ)に滅ぼされた跡だと言う。

 多くの皆様が偶然にしては話が出来すぎていると思うはずである。
偶然ではないからである。

 英の放った刺客、中臣鎌足(→藤原鎌足)によってテロが成功しなかったら、日本の歴史は蘇我氏の作成した歴史になっていたはずである。

 これはもちろん失敗したが、藤原不比等は日本書紀を作成して残したわけである。
初めて私の歴史解説を見た人は驚くと思う。

 しかし何時の世でも、地球人類の歴史は他国や他民族との争いである。
強者は弱者を虐げ、言葉や文字、歴史、民族の誇りまで奪おうとするのである。

 私が思いを公開しなかったら、永久に日本の歴史は闇の中だったかもしれない。
何しろ、一円のお金にもならない仕事である。誰もやらないと思う。

 その私も、古代の偉大な諸霊の皆様や、諸天善神の皆様、社主をはじめ眷属の皆様のお力添えで、やっとここまで漕ぎ着けた。

 考えてみれば、小学校に上がりたての頃から、ろくでもない者に散々酷い目にあった。
悪霊は、私たちが世に出るのが嫌なのである。

 悪事をばらされるからである。しかし、すでに数万人以上の方が私のサイトに来ている。
少しは、真実が広まりつつあるとは思う。

 それにしても、竹之内文書や宮下文書等、よく敵の襲撃を逃れ命をつないだと思う。
これは、まさに神の加護だったのだと思う。

 イエス様は2000年の昔、海を渡り青森の地に来られたと言う。
そこは十三港だったと言う。そして八戸(=ヘブライ人の繁栄を祈った土地)である。

 イエス様は事実を知っていたので青森、蝦夷に来たのである。
水清き十和田湖の上もよくUFOが出現すると言う。。

 もちろんこれは大明神様である。。

    +(-_-;) 

 


 

 橋の下の悪霊

2006/02/20 

 悲惨な事件は、よく橋の上で起こる事がある。
その理由は、橋下に悪霊がいることがあるからである。

 陰陽師の安倍清明は、一条戻り橋の下に使役していた霊、式神を置いていた。
必要なときに呼び出し使っていたのである。

 子供の事件が起こった橋の下には、複数の霊がいたのだそうである。
話を聞いても、明らかに霊が障っていた。

 中国出身の女性に障っている霊は、やはり朝鮮系の霊だった。
あそこで虐殺された朝鮮系の霊がいたのである。滋賀県という土地柄からもありそうである。

 社主が6柱の霊が居たと言っている。
 埼玉県の熊谷でも、中国系の同和部落の人たちに、東京から震災を逃げて来た朝鮮人が大虐殺された事があったと言う。

 もちろん、そこも同和地区(橋の字がつくものが多い)の近くである。大きな朝鮮人の墓地になっていたという。
同和問題は、ただ触らなければいいのではない。

 事実はきちんと認識して、学校で教えるべきだと思う。
現実に霊脈のさわりでとんでもない事件は起きている。

 そう言えば、日本一同和問題の大きな高知県では橋本という人が知事であった。
政治家は同和地区の関係者も多いのである。

 もちろん民族問題を起こしてはいけないが、危険は正しく避ける知恵が必要である。
子供を守るべき人が攻撃してしまっては、子供の安全は存在しない。。

    +(-_-;) 


 

 生霊・・

20006/02/18 

 生霊とは生きている方の霊である。
私のところにも良く来る。

 もちろんほとんどの方が記憶には残らない。
昨日、社主が私を呼んだ。霊が来たのだという。

 生霊は気配が薄いのである。もちろん社主はすぐ分かる。
どこから来たのかと思ったら、アメリカから来たと言う。。

 私はアメリカに知り合いは、僅かしかいない。。
社主が知り合いではなくて、名誉と見栄と過収入にとり憑かれ者だという。

 神経を集中したら、この間鉄砲で知りすぎた弁護士を撃ったものだった。
弁護士は災難だったと思う。あんな仕事はしてはいけない。悪魔の犬である。

 いっか、神かと思ったアメリカ初代大統領のワシントンが着てから、ブッシュの生霊が来て、そのお友達まで来たわけである。。

 わたしが、先日、9.11のページをリンクして、このもののことを書いたので感応したのである。

 私は、このものに聞いた。「弁護士を殺しそこなったのかと。」
「そうだ」と、答えが返ってきた。霊は正直なのである。

 霊の世界では、この世のように嘘は通じないのである。
しかし、ブッシュは知らないと言っていた。そのとおりだと思う。 

 私は言ってやった。天国に行くには$(どる)は役には立たないと。
 円も金も、財産は何も役には立たないのだと。。
  件のものは震えていた。当然である。

 近いうちに、件のものも、巨大な清算をしなくてはならないからである。
それが何かは、リンクのページを観ていただくと分かると思う。

 せいぜい慈善事業でもやってもらうしかないと思うが、出来ないと思う。
大切なのは、その向うにある宇宙の光なのである。

 意味さえ分からないと思う。

    +(-_-;) 








 苛められている日本選手団・・

 2006/02/17

 日本の女性スケート選手が転倒してしまって、 またもや4位であった。
皆様もお感じのとおり、悪霊が足を引いた。

 出来損ないの地球の確率計算だって、この様な偏差はおかしい部類であると思う方は正しい。
悪魔は、左足を引くのである。

 皆様も運動会のときなど経験のある方もいると思う。
 選手の皆さんは、良く集中とともに、各家庭でお祭りしている神様にもお祈りして競技したらよいと思う。

 知っている人にも鳥野という方がいたが、失礼だがろくな方ではなかったと思う。
大体、今回はあのドーナツの出来損ないのようなメダルも好かない。。

 各選手が十分な演技が出来れば、今回はそれでよかったと思うことである。
もちろん日本選手にも援軍の神様はいるのだが、多勢に無勢で旗色が悪い。。

 いままで、あまり、この様なオリンピックは見た経験がない。
スケートに転倒はつきものだが、今回は多いと思う。

 選手の皆様には、十分な演技が出来ますようお祈りしています。

      +(-_-;) 





 昨日のお礼を申し上げます

 2006/02/16

 昨日、社主と、お狐の皆様は、32体で79軒のお宅を訪問されたそうです。
いつも手厚いお持て成しを頂き、まことにありがとうございます。

 昨日は豊川のお狐さんも8体同道されたそうです。
稲荷神様は四大神様が同道されたそうです。

 いつも社主とお狐の皆さんが、とても喜んでいます。
それで私もとても嬉しく思います。

 昨日は社主のお社にお参りに行ったら、みかんがお供えしてありました。
市内の20代の女性が、お供えしてくださったのだそうです。

 社主のお社でお供えを見たのは初めてで、とても嬉しくなりました。
私は、もちろん3食を自宅で自分が食べる前にお供えしています。。

 もちろん、1分後には、自分が頂くわけです。
 太郎子山稲荷神社の写真を見ていただくと分かりますが、社主は、お手伝いしてもらっている一般のお狐さんが20体以上おります。

 それで、社主はそのお狐さんたちにも、自分のお供えを分けてあげています。
以前、その事を知らずに一般のお狐さんが来て叱ってしまった事がありました。。

 人間とはまことに愚かな者です。
 もちろん今は知っていますから、社主の仲間のお狐さんにも美味しく召し上がっていただいています。

 こんな状況を見ていて、利権にとりついた馬鹿な天下り役人が、万に一つでも天国に入れる理由がありますか?

 苦しいものからも違法な税金もむしりとり、路頭をさまよわせ、自分らだけはのうのうと人生を謳歌していた者たちは、自らが自らを裁くのです。

 金や土地を貸して、あるいは騙して、他人の人生を踏みにじったものたちに同情などする者はおりません。

 皆様の今の人生がまことの実を結びますようお祈りしています。

      +(-_-;) 


 トリノの霊脈

 2006/02/15

 またもや岡崎選手が発走直前に、不明のクレームをつけられ、わずか100分の5秒差でメダルを逃した。。

 昨日の男子の及川選手に続き、またもや4位であった。

 日本中の人がおかしいと思っているのは、そのとおりである。

社主が、これが霊脈の作用であると言っている。まことにそう思う。

 トリノは、日本にも鳥野という方がいるし、鳥野神社もある、服部半蔵の祖先の出身地だと言う。
 鳥船と言う言葉もある。寒さ厳しく、土地も痩せたトリノは日本に逃げて来た方も多いのだと思う。

 鳥船をこぐと言うお祭りの姿は、まさに伊から海を渡って来た連の姿であった。

 スサノオたちとも似ているかもしれない。

 昨日、英の軍人はイラクで子供を虐待していた。やはりスサノオと思ってしまった。

 お米どころか、ろくでもないジャガイモくらいしか出来ないのが英国である。
 
 多くの方はどの程度の認識があるであろうか?

 世界一まずい料理も、畑が悪いからでもあるのである。

 水清く、土地が豊かな日本は、まさに天国だったのである。それで多くの国から連が来たのである。スサノオも。

 それは全く自然な事で、それを多く受け入れたのが慈悲深き神功天皇、八幡様(の1柱)だったのである。

 伊の子孫が中心の明治政府は、これが面白くなかったようである。

 神功天皇は明治政府により、なんと天皇でなかった事にされてしまった。。

 その穴埋めもあってか、弘文天皇は自殺していたにもかかわらず、天皇だった事にされた。

 すでにローマが滅びて、500猶予年、しかし未だにローマの子孫は日本を支配しているつもりなのである。

 確かに伊勢神宮は立派だが、朝鮮人や中国人の馬鹿な進行はとめて欲しいと思う。

 聖徳太子も苦労されたはずである。。

    +(-_-;) 

 健康の喜び

 2006/02/14

 昨日もとんでもない交通事故があった。
 訳が良く分からない理由で路上に人が倒れていて、停止していた車の列にタンクローリーがぶつかった。

 まことに悲惨な事故である。運転手は業務上過失であっても民事責任が巨大である。
自動車に乗って、そのような車道に出たのが運のつきであるとも言える。

 すべては自分が選択した仕事であり、神仏に苦情を言ってもらっては困る。
病の人も同じである。

 病にかかった人も、介護する人、家族も大変な苦しみである。
病人や老人を介護した事のある方なら分かると思う。

 人にとって何が危険かといって、謝った健康への知識はとても危険である。
狂牛病はもとより、中国の毒野菜、そしてアガリクスまで発癌性の危険があったと言う。

 私のサイトでは健康のために尿療法を勧めている。
俗に小便を小水と言っているが、これは「正水」とでも言うのが正しいと思う。

 本当の水は、そのような神の波動を持っているのである。
尿療法はかってはテレビでも放映されたが、今はその筋の圧力で広めるのが大変な様である。

 人の尿から造った尿素は、原料を知らないからか、飲むくせに自分の尿が飲めないのはおかしいと思う。

 すべての医者が製薬会社の手先とも言える現状である。
本当の知識は、広めるのが難しいようである。すべてにおいて。

  +(-_-;) 





 春の変人

 2006/02/13

 春になるとおかしいものが出る。
近所にも変なのがいて、おかしいのが急に狂人のようになり、騒いでいる。

 もちろん、先祖は中国朝鮮系の名前である。
社主が中国人だといっている。

 あまりに異常なので、その人間を入居させた不動産屋がやって来て宥めていた。
おかしいのを知っていて、入居させたようである。

 春になると、前世で苛めた霊が出てきたのだと言う。
霊界がそのように出来ているようである。

 表に出て信じられない大声で騒いでいるのである。それが何を言っているのかも分からない。
朝鮮人にあると言う熱血病とでも言うようなものなのだと思う。

 日本なら躁鬱症の躁の常態かと思うが、桁外れである。
行動がおかしいので、誰かが不動産屋に文句を言った様だが、それで頭に来たようである。

 昔、戦争で朝鮮人、中国人と関わった人は、やつらは同じ人間ではないと言う。
これは差別用語ではない。

 彼らには品性や理性が存在しないだけである。それで、力でしか行動を制御できない者たちなのである。

 こういう輩は、公共の権力に後腐れなく整理してもらうのが良いと思う。
この世界にいてもらっては困る。

 私は、その者の顔も見た事はないが、接近されると分かる。悪霊がいっぱい憑いているからである。

 もちろん、口をきくなどとんでもない。いると思うだけで寒気がする人種である。

 人の感覚は千差万別である。変なものには気をつけましょう。

     +(-_-;) 




 

 まことの建国の日

 2006/02/12

 建国記念日の記事を上げた後、稗田阿礼神様が参られた。
日本のまことの建国記念日の謂れを語ってくださった。

 それは神武天皇が九州から本州に上陸し、那賀須根比古(→長脛彦)の軍勢を3度目の戦いにして打ち破り、関西の雄になった日を記念したのではないそうである。

 稗田阿礼神様によると、日本の真の建国は農業神である豊受大神様がインドより五穀を伝え、日本に農業を定着させたのが真の建国記念の日なのだという。

 アメリカでも軍事ばかりが目に付くが、アメリカは巨大な農業国家であり、日本にも牛や穀物の強力な輸入を求めているのは周知のとおりである。

 アメリカの軍事は農業を守るためでもあるのである。アイルランドでスサノオの先祖、ブリテンの野蛮人に痛めつけられた先祖の思いが強いのだと思う。。

 豊受大神様は上古の方とは前に申し上げたが、稗田阿礼神様によると、上古25代は3世続き、その1世のときに、日本に来られたのだそうである。

 その豊受大神様を天照大神が、朝食のとき寂しいからと伊勢神宮の外宮に招いたわけである。
 なぜ、天照大神様が寂しかったかと言えば、大明神様が参られなかったからである。

 天照大神と言うのは上古の22代天皇の変化した呼び名である事は、日本の歴史を読まれた方は知っていると思う。

 そして、伊勢と言う名の由来も知っていると思う。群馬、神奈川の伊勢崎とはここから逃げた中国人たちの子孫の街である。(関西、関東では牛食い、豚食いの違いがあった。)

 上古の天皇は朝の大明神様の御前で、神示を仰ぐ事が仕事であった。→朝廷
上古の世が終盤より乱れ、ウガヤになると大明神様が参られなくなってしまった。

 そして、世界は乱れ、神倭朝になると天皇による世界巡幸さえなくなってしまった。
伊勢神宮の創始した人たちは、こんなはずではないと思った。

 大明神様に来ていただくため、伊勢には徳の高い豊受大神様を勧請したのである。
これにより、天照大神も寂しくはなくなったのだと思う。

 大変なご苦労様でした。

   +(-_-;) 



 建国記念日

 2006/02/11

 建国記念日とは紀元節 (きげんせつ)のことである。旧四大節の一つであり、建国祭とも言う。

 1872年太政官布告で1月29日を神武天皇即位の祝日と定め,1873年紀元節と命名,太陽暦に換算して2月11日を国家の祝日としたのだそうである。

 1948年、外圧で廃止されたが1966年建国記念の日として復活した。

〈辛酉年春正月庚辰朔,天皇即帝位於橿原宮〉という《日本書紀》の記述に基づいたものである。
 もちろん、日本書紀は、それ以前の文献を参考にして書かれたものである。

 その文献は今はない。それで、科学的根拠がないと言う方がいる。
神代文字の文献は、聖徳太子の時代以降ほとんどが焚書されてしまったのである。

 当然、神代の日本の歴史を葬ろうと言う巨大な外圧があったからである。
太平洋戦争におけるアメリカの爆撃も、そのひとつだったのである。

 大審院の倉庫にあった膨大な古代の史跡調査の資料が焼けてしまったのは偶然ではない。
山本五十六と言う人は、かねてよりある秘密結社の一員と言われていた。

 そして、アメリカとの戦争には強行に反対していたのである。アメリカの国力を知っていた人は皆反対していたと言う。

 山本五十六は飛行機を打ち落とされ死んでしまったと言うが、その遺体には銃で撃たれた痕はなかったと言う。アメリカにひそかに渡り、影武者が用意されていたのだと言う。。

 日本の西に落ちた原爆はなんだったのか?
戦争を利権に換える侵略者への戒めだったのだと言う。

 今も防衛庁の関係で無数に起こっている談合事件はあっては成らないものである。
その頭が「三」であり「参」である。これは同和の意味でもある。

 悪魔に金で心を売った者たちである。武器を買うお金のために人民(=心)は貧困になり、日本でさえ善良な人が餓死さえしているのである。

 これは国家ばかりでなく一般の公共団体や家庭にも言えることだそうである。
以上は見栄や名誉のことを言っているのだと思います。

 まことの建国記念を想っていただきたいと思います。

    +(-_-;) 

 忙しい事・・

 2006/02/10

 早くも初午となった。
初午は伏見稲荷大社に稲荷神様が鎮座された日とされている。

 昨日もいろいろなものが来た。
 今も、立派な烏帽子を被った方が参られ、私は天神様かと思ったら、神倭朝の19代様であった。

 とても立派な方で、今のお住まいは土星の第7レベルだそうである。
ルター等も住んでいるところである。

 この方は足が悪く、天皇に即位するのを固辞されていたそうである。
私は悪しき者に攻撃されたのであろうと思っていた。

 お話を伺ったら、やはりそうで、物心ついたときには悪かったと言っていた。
魔界の者どもは、光のある人間が目に付き攻撃するのである。

 これはお狐さんにも、もちろん邪魔をしようとするのである。
その結果、社主をはじめ、お狐の皆様は、食いつきたくもない者に、噛み付かざるを得ない。。

 悪い奴らはくさいと言う。。納得してしまう。。
悪い者はガスの塊なのである。それで清水(聖水)も火も嫌いなのである。

 身の回りも心も清くお掃除しておく事は、人生の基本かと思います。
今の人は物質的に豊かになったため、心を忘れてしまっているそうです。

 19代様は身の上を偽るものを除けるため「くがたち」と言うのをされたそうです。
皆様も、周りに近づくものを注意して観察されると良いと思います。

 悪いものは最後に姿を現す事があるからです。
友人などと思っていると飛んでもない人間である事は往々にしてあると思います。

 悪いものは最後に出てくるかもしれないと思って生活すると良いかもしれません。

 これを油断大敵と言うのかと思います。

   +(-_-;) 

 壬申の乱(じんしんのらん )の謎

 2006/02/09

   昨日、NHKで放送していた。
 672年(壬申の年)の夏,大友皇子と大海人(おおあま)皇子とが皇位継承問題で戦った内乱である。
 大化改新を指導した天智(てんじ)天皇が,671年12月に近江大津(おうみおおつ)宮で病死するとき,皇位を長子の大友に継がせようとしたのを知った天皇の実弟大海人は,身の危険を感じ、妻(後の持統天皇)・子や部下とともに吉野宮に引退した。

 翌年6月,近江方の先制攻撃を察知した大海人は美濃へ脱出,部下が動員した兵や大和で呼応した豪族らとともに近江へ進撃,1ヵ月にわたる激戦の後に近江方は敗れ,大友は自殺,重臣は処分され,大海人は673年2月に飛鳥浄御原(あすかきよみはら)宮で即位して,天武(てんむ)天皇となった。

 乱の直接の原因はありふれた皇位継承問題だが,大乱に発展したのは大化以来の政情不安と体制不安定のためであり,この乱を境に天皇の神格化と律令体制の整備とが急速に進んだ。

 日本の歴史の第40代天皇のところを見ていただくと、皆様もいろいろと感じるところがあると思う。
 最初に、古事記の選録を稗田阿礼に勅を出したのは、この天皇である。
やはりと言うか、飛鳥では犬を飼うと災いが起こるのだそうである。

 それで、飛鳥村の近辺では犬を飼っている人はいないそうである。NHKでも大友氏は渡来人であると言っていた。もちろん中国からのである。

 そして、天神様、菅原道真公の母も大友氏である。
その菅原道真が、唐の没落を建議し、遣唐使を廃止したのである。

 それにしても明治政府は余計な事をしたと思う。弘文天皇(大友皇子)は何故必要で、八幡様神功天皇は何故、天皇の座を奪われたのか?

 NHKにもここまで踏み込んで欲しかったと思う。危ない話なのかと思う。。
それにしても、関東と関西は、別の国だったというのが見えてくる内容であった。

 日本の内乱で官軍が負けたと言うのは、ただの一度だと思う。

    +(-_-;) 


 

 お社の参拝者

2006/02/09 

 社主がコンとノックして参られた。。
たいてい参拝者が来たときである。

 またしても、お願いの仕方を知らない参拝者が来たと言う。。
社主が困って、サイトに注意書きを書いて欲しいと言った。

 お参りに来た女性は、25歳と若いのだが、仕事がないのだと言う。
就職した事もない様である。

 頼み事は、もちろんお金が欲しいのだそうである。。それも沢山。。
これでは社主も困ってしまう。それで、注意書きを書いた。

 新興宗教の信者の方と、欲の深い方はおまいり禁止ですと。
当たり前の事だが、仕事に対する前向きな気持ちがなくては、社主もどうにもならない。

 皆が試行錯誤しながら、日々を精進してやっと食事にありついているのである。
健康で、十分な食事が出来るのは、とてもありがたい事なのである。

 ある者は、事業に行き詰まり、新興宗教を始めた。こんな者も多い。
オームもそのひとつである。へびの○ひかりなどもそうである。

 やがて、その宗教も行き詰ってくると、信者への脅し、財務、心定め等が始まるようである。
お布施をしないと地獄行きである等と、本当に言うのだそうである。

 銀行のコマーシャルを見ていたら、背後で茶色い蜘蛛が2匹、巣を張っているのが見えた。
品の良い蜘蛛だったが、こいつらも、地獄霊の仲間だと思った。

 社主に尋ねたら、やつらが一番悪いと言う。。確かにそうかもしれない。
バブルを起こし、ヤクザを操り、まっとうな日本経済を潰したのは銀行である。

 今テレビで写っているところは良いところだけである。
現実は、国民の激減、失業、いまだに野放しの闇金被害のオンパレードである。

 宇都宮健治という弁護士がテレビに出ていたので見ていたら、金貸しの悪霊がやってきた。
こんなものにまで感応するとは思わなかった。

 宇都宮先生は高利の金貸しの天敵なのだそうである。
これは天の配剤という。。金利のつくお金は借りてはいけません。。

  +(-_-;) 




 アメリカに屈しなかったインデアン

 2006/02/08

 TBSでアメリカに屈しなかったインデイアン、イロコイ族の事を放送していた。
多くのインデイアンがアメリカ人になってしまった中、彼らはアメリカ人ではないのだと誇りを持っている。

 だいたい、アメリカ人は最初の入植者100人のうち50人が餓死して、全滅しそうになったところを、インデイアンにトウモロコシをもらい、助けてもらったのである。

 その大恩あるインデイアンを銃で殺しまくり、土地を奪い、イロコイ族にも彼らの言葉を使用禁止にしていたと言う。

 アイヌも同じ目にあった。本土から行った開拓団は、やはり大変なところをアイヌに助けてもらって生き延びたのである。

 それを、馬鹿どもは賤民扱いしたのである。礼儀を知らない馬鹿どもは中国からの渡来人の子孫であると思う。 

 日本にやって来た現象も同じである。
イギリスの北、ヨーロッパ、中国からやってきたスサノオとそのご一行様のご乱行である。

 その一行が大和を造り、出雲を滅ぼしたのである。歴史のとおりである。
 ふざけた鳥人(torijin=渡来人、シンボルは鷲、烏)の子孫は,日本には文字はなかった、稲作はなかった等、ふざけた歴史を書き換えたのである。

 それを今や、学校で教師が頭から信じて教えている。
 スサノオ(=荒んだ雄、イギリス人)のやった事など、まともな日本人には信じられないし、日本人なら絶対出来ない。

 世界一残虐非道な拷問の国のイギリス人だからできたのである。それで、あきれ果てた日本の人は、スサノオを鎮めるため氷川神社を造ったのである。
 さすがに大々的に祭られて凶暴なスサノオも恥ずかしくなり根の国に帰ったのである。

 日本の神代文字を使用禁止にして、中国製の漢字を使わせたのは、ヨーロッパの国が利権を狙ったのである。

 それが、今の英吉利、伊太利亜、仏蘭西等だったようである。その子孫は今や日本人となり活躍しているわけである。おまけに中国人も、波斯(ペルシャ)人も。。

 もちろん、西班牙(スペイン)、葡萄牙(ポルトガル)等ほとんどの国が来ているそうである。
日本に味方したのは、インド、ドイツ、エジプト等だったと言う。。

 私がお祭りしている稗田阿礼神様の教えである。今も、これらの国は友好的であると思う。
出雲の神にも建御名方神と八坂刀神が大和(=連合国側)に屈しなかった神とされている。

 日本神話がとても解けてきたと思います。

   +(-_-;) 


 イロコイ族は、主としてペンシルベニア,エリー湖,オンタリオ湖付近に分布したアメリカ・インディアン。
 半定住的でトウモロコシ栽培を行った。トーテムをもつ母系氏族からなる部族が部族連合に発達し,連合は選挙に基づく政治構造を有し,フランスの植民時代に対抗した。







 予想外の速さで来た滅亡度数

 2006/02/07

 以下は一昨年私が作成したシミュレーションである。
メインサイトの中にあるので、皆様も見た事があると思う。
jinnkou_hyou.jpg ところが、進行が、これより大分早いらしい。
 借金は皆様ご存知のとおり、すでに800兆円などと言われている。
 ところが人口の減少も国の予想より遥かに早くて、2050年には8千万人、2100年には3700万人程度に成りそうだと言う。

 3700万人とは、明治の頃の人口なのだと言う。そして老人大国となり、一人頭の借金もさらに大きいと思われる。

 原因は1.18は維持できると思われていた出生率が維持できないからである。もちろん、財政も悪い。

 役人はどう思っているか知れないが、これは役人どもの責任である。

 自分らだけは貴族のような、のうのうとした生活を送り、国民にはあらん限りの横暴をした、大阪市役所のようでもある。

 先日もホームレスの掃討行動を見ていて、こいつら(=大阪市役所の人間)は人間ではないと思ったが、こんな馬鹿役人のいる世界に生まれてきたいものなど、光の宇宙のすべてを探してもいない。

 今この地球に生まれてきたいのは、暗い世界の住人だけである。 
それで、子供も悪くなり凶悪な事件ばかりである。

 大阪の復興は絶対不可能と天に言われてしまった「ゆえん」である。
この日本人最後の子孫には絶対関わりたくないと思うのは私だけではないと思う。。

 もちろん当面は計算上のお遊びであるので、現状が打開される事をお祈りしている。

   +(-_-;) 

 南北朝時代とは

 2006/02/05

 現在は1333年鎌倉幕府の滅亡から室町幕府の全国統一まで約60年間の時代を指すそうである。

 以前は政治史的時代区分として南朝と北朝とに分裂した1336年から1392年の両朝合一までをいった。

 建武新政は武士階級を失望させ,1335年足利尊氏は京都を占拠,持明院統の豊仁(ゆたひと)親王(光明(こうみょう)天皇)を擁立(北朝)。
 後醍醐天皇は吉野(南朝)に移った。

 後醍醐天皇と足利氏は折り合いが悪かったのであるが、明治になって、水戸藩が作った大日本史により、後醍醐天皇の言い分のほうが正しかった事になったわけである。

 1336年から京都の北朝は建武の年号を襲用,吉野の南朝は延元と改元,以後両朝は別々の年号を設けた。
 
 現実には南朝と足利政権との対立であった。

 1337年新田義貞ら北陸勢力の壊滅,1343年北畠親房指揮下の常陸(ひたち)関・大宝(だいほう)両城の陥落で南朝は決定的に敗北。
 
 その後は幕府内の足利直義と高師直(こうのもろなお)との勢力争いを発端として,20年間にわたり足利一族諸将が内争を続けた。

 足利義満が将軍となったのち政権が強化。1392年南朝の後亀山天皇が京都に帰還して足利政権は全国統一。

 この間の内乱を南北朝内乱といい,内乱のなかで山陽・山陰・北陸・畿内の伝統的豪族層が没落し,荘園制を基盤とする貴族・社寺が衰退。

 守護は任国(預かった国)を領国化(=自分のもの化)して守護大名となった。
新田氏はこのとき沈んだが、三河の松平に婿に行き、後に徳川が始まったわけである。

 徳川は群馬の出と言うのは、新田氏が祖だからであると思われる。
新田氏が、どこの国の末裔かは、皆様が思うとおりであると思う。

 そして、徳川家康は世界に例を見ない強力な鎖国を完成したわけである。
服部半蔵を参謀としてである。

 徳川家康は勉強家だったので、きっと、いろいろな事を知っていたのだと思う。
ちなみに、東照宮を作った大工は朝鮮から家康が呼んできたのである。

 日本の大工は高かったのであろうか?

 その朝鮮人が住み着いたのが川越近郊の高麗(現在の日高)、岩槻(現大宮市岩槻区)であると言う。岩(石の山)がついたと言うのは良く解る。

 岩槻に住み着いた者の方が技術程度が高く、後に人形職人になったと読売新聞に書いてあった。大宮はパチンコ屋も大変多い。。

 伊と朝鮮と日本の大きなうねりが少し見えたでしょうか?

 大宮区にある武蔵一宮、氷川神社のご祭神はスサノオであるが、浦和区にある調神社のご祭神にもスサノオがいる。

 稗田阿礼様が来ていった。スサノオは間に入り利権を毟ろうとしたのだそうである。
氷川とは氷の川でイギリスの北方を指したそうである。寒くて悪いところだったのである。

 そう言えば、スサノオの子孫たちは、インド人にも塩を勝手に作って売ってはならぬとふざけた事を強要した。

 全世界史でも、こんなふざけた事を言ったのはイギリス以外にはない。酒やアヘンではないのである。

 結局、イギリスはガンジーの不服従運動に敗れたわけであるが、代償は大きいはずであると思う。

 いつかの地下鉄テロもそのひとつだと思う。
ダイアナ妃も殺されたと言うし、まことに危ない国であると思う。

   +(-_-;) 




悪い日の存在 

2006/02/04 

 事故の起こりやすい日というのは確かにある。
昨日は1000人以上乗った大きな船が沈んだり、北陸道では大変な事故が起こった。

 相変わらず子供にいたずらをするものも出た。
昔から、2月8月は凶事が起きやすい。統計上の事実である。

 日航機もそうだが、飛行機は2月8月に墜落する事が多かった。
なぜかと言われても、現象のリズムがそのように決まっているのである。

 札幌の雪祭りのときはろくな事がないという人もいる。
これも、同じような事を感じているのかの知れない。

 人間の厄年と言うのも、そのようなリズムから言われているのである。
大きな波に乗った人生は、大きな転覆の危険があるのは当然の事である。

 ホリエモンや自民党も、その類かもしれない。
ここで、稗田阿礼様がやって来た。

 私も気になっている女系天皇の問題をお尋ねした。皆様も気になっていると思う。
やはり、女系天皇はいけないと言う。

 どうすれば良いのかお尋ねしたら、男子を産んでもらえばよい、との事である。
まことにそのとおりであると思う。

 これが八方円満に収まる方向だと思う。
かって、天皇家は明治以前は北朝が主流だったのである。

 水戸学(水戸黄門の作った大日本史)の影響からか、南朝が主流になったのである。
もちろん、天皇家が南北朝に分かれたのはDNAの違いからである。

 このまま天皇家に男子が生まれないと、また騒ぎが大きくなるのは必定である。
小泉総理が法案を急いでいるのは、明治政府=「イ」の理念からである。

 DNA+αが騒いでいるのである。他に理由はない。
うまく収まる事をお祈りしています。

  +(-_-;) 

 6人の意味すること・・

2006/02/03 

 昨日の不思議な夢について、社主に尋ねてみた。
一体あれは何であろうかと?

 社主が言うには、あれは地球の人間の転生輪廻を現した夢なのだと言う。
俗に言う六道(りくどう)の事を現した夢なのだと言う。

 六道(ろくどうとも言う)、六趣とも。仏教で衆生が輪廻(りんね)の間に,それぞれの業(ごう)の結果として住むことになる六つの境涯をいうのだそうである。

 それは現世の行い、罪業、功徳により、人は地獄・餓鬼・畜生・阿修羅(あしゅら)(修羅)・人間・天に至る(輪廻する)と言う事である。

 六観音,六地蔵,六道銭などの信仰は,すべてこの信仰に由来しているという。
清い水、龍神様はこの世の循環輪廻を現しているのだそうである。

 天から雨となり、山、川、大地を潤し、海に至り、再び天に帰るのが輪廻である。
 ところが清かった水も、馬鹿な人間が作った悪い金属類に汚染されると、容易に分離されず、海の暗闇に沈んでしまう。

 これが魔道である。悪い金属を含んだ水は容易に濾過ができないのである。

 もちろん悪い金属は人間が作ったものである。
 鉛、水銀、カドミウムはもちろん、アルミも実はアルツハイマーの一因ではないかと言われている。

 アルミはコストの45%が電気と言われるほどの金属なのである。人間の細胞もOSの記憶を保持するには電気が必要で、微量な体内のアルミの劣化腐蝕は記憶を保持するための脳細胞内部の電気を消失させているのではないかと言われている。

 肉、魚を食らって悪いものを取り込んだ例は、狂牛病から水俣病、放射能マグロまでいくらである。
 そして、狂犬病はもちろん狂豚病さえある。

 赤子の夢は、右目だけが見えていた赤子が天に至れると言うわけなのだそうである。
とても辻褄が合っているように思う。

 社主が5つは悪いものだと言ったので、人間の多くまでは駄目なわけである。
まったくその通りであると思う。

 ひとつ注意は、畜生と言うのは牛馬豚等と言うもので、人間に奉仕した挙句、殺され食われてしまうものである。

 まったく哀れなものであるが、今、肉を食っている人は、そのような道に落とされても文句は言えない事をいっておく。肉を食う坊主など即刻破門が当然である。

 神様のお使いをしているお狐さんは、眷属であり、尾があるからと言って畜生ではないので絶対間違えないで頂きたい。

 悪しき新興邪教は、狐は獣だ等とほざいているところがあるが、新興邪教は悪魔の化身である事をはっきり言っておく。

 イエス様に言わせれば、富める者全てがそうかもしれない。
社主が正解に近いと言っている。。

  +(-_-;) 

 



 

 昨日のお礼を申し上げます

2006/02/02 

 昨日、社主とお狐の皆様は28体で78軒のお宅を訪問されたそうです。
昨日は伊勢神宮外宮、発寒神社にお祭りされている豊受大神様も同道されました。

 いつも皆様には、暖かいお持て成しを頂き、まことにありがとうございます。

 昨日は不思議な夢を見た。
 きれいな水から、赤ん坊が生まれたのだが、その子の目が、右しか開いていないのである。

 まるで、日本神話のイザナギの右目のようであった。
 日本神話では古事記によれば、右目からは天照大神が生まれている。

 社主に尋ねたら、右目は宇宙の慈悲を表しているという。
清い水は、もちろん龍神様である。

 まったく素晴らしいお答である。さすがに優秀な稲荷狐である。
昨日は、私のところにも豊受様が参られた。

 それは、この夢を見て起きてからである。
 夢に見た子供の左目が塞がっていたのは、古事記の内容から考えれば、暴れ者のスサノオを出さないためである。 

 社主がエジプトの神様にも関係があると言った。
 そういえば、エジプトの神様(女王だったか?)の絵にも、同じように左目を閉じられていた方があった。

 社主が言うには、これはエジプトの祈りだったのだそうである。
確かに、左には左端がいるので、見たくもなかったのだと思う。

 その子の周りにも5人の子がいたのだが、それは悪だったのだそうである。
6人のうちの一人だけが、悪に染まらぬ汲「子だった訳である。

 今の世界は、6人の子が生まれても、そのうちで天に帰れるものが一人くらいしかいないと言うことなのだそうである。

 皆様の心に、宇宙の心が少し届いたでしょうか?
 今、皆様の心にも光が回っていると思います。

     +(-_-;) 
 


 移民の人々

 2006/02/01

 テレビでエチオピアの人たちはユダヤ人であったと放送していた。
3000年前に移民したと、旧約聖書に書いてあるからである。

 それもあって、イスラエルは移民の受け入れに積極的なのかと思ったら、このままでは過疎のため、パレスチナ人より人口が減ってしまうからなのだと言っていた。

 先進国の多くは過疎である。日本の山岳地帯ばかりではない。
埼玉でも秩父の過疎は、かなり前から始まっている。

 イタリアで今の労働者人口を維持するには、8万人以上の移民受け入れが必要であるそうである。

 そして日本では、労働力を維持するには、今後、毎年65万人近くの移民が必要になるそうである。

 すごい数字だが、日本人が餓死している状況で、そのような労働者の受け入れが可能なのか?

 昨日の大阪のホームレスの方も、60過ぎて仕事がなく、それでホームレスなのだと言っていた。。

 そうかと思えば、ドイツ人の医師団は移民受け入れに反対だと言う。
なぜなら、安い賃金の医師が入ってくるからだと言う。。

 それで、政府が方向を変えないなら、自分らが条件の良い国に行くと言っている。
そんな放送を見ていたら、ご先祖様が感応してきた。。

 このご先祖様は4800年ほど前、ウガヤの時代に日本に呼ばれてきたのだと言う。
家族9人でやって来たそうである。松江あたりから日本に上陸したようである。

 それで、島根なのだそうである。連が沢山着たからである。島によく来たと言う訳である。佐渡も佐が渡ってきたのである。

 日本の連は最近のことではないのである。
いつもいろいろなことがあり、時代は動いているのである。

 それにしても、遠い次代のご先祖様まで感応してくるとは夢にも思わなかった。
社主が来てくれた時も驚いたが、これは嬉しい事であった。。

 事実は夢にも思いつかない事ばかりである。
大体、ヨットでさえ太平洋を横断できるのである。

 沢山の島がある日本海を、船で航海できなかった訳がないのである。
今月も皆様に幸多からん事をお祈りしています。。

  +(-_-;) 

 
img116.gif(1530 byte)
+(-_-;)