本年の最後の日記です

 05/12/31

 今年もあっという間に大晦日となりました。
沢山の皆様に訪問して頂き、真にありがとうございました。
 人によっては日記の内容は耳が痛かったと思いますが、お金で書かれる提灯記事ではありません。
 本サイトの記事は、多くの皆様に、真剣に宗教を超えた観点から、この宇宙と地球、皆様の魂の幸福を考えてもらおうと書いています。
 今年も、信じられないほど沢山の現象があり、地球上の諸々が現象の臨界に近づいていると感じています。
 そこを超えると、あるのは地球人類の破滅です。
先日の山形の列車事故だって、これまでなかった事です。
 異常気象が信じられない突風を起こしたと考えるべきです。
そして、ハリケーンは再びアメリカを襲うと思います。
 中国は工業化が進み、川が枯れ砂漠化が進行します。
バブルがはじけたら収集は簡単にはつかないと思います。
 ラビ・バトラと言う方はその最終期限は2010年と予測していますが、現実にはもっと早いと考えます。
2008年には来ると予想している方が多い様です。
 株など、4割の上昇をしたと言っても、儲けた方は本の一握りです。
提灯に騙されず、堅実な生活が一番です。
 2006年も天の神々と眷属の皆様と共に、皆様の御多幸をお祈りしています。

    +(-_-;) 




 

 豊受様の御訪問

 05/12/30

 昨日は、発寒神社の御祭神豊受大神様が参られた。
暮れの御挨拶と、御自分が日本に留学された事を教えていただいた。
 それによると、豊受様はインドのある国の第三王女だったそうである。
 地図中央のラクナウと言う辺りにご生家があったそうである。 
 インドの象徴ガンジス川のほとりである。
豊受様は14歳の時、皇祖皇太神宮に勉強に参られたのだそうである。
 王家の子女は世界中から勉強に来ていたと言う。

 当時19名ほどが勉強していたと言う。カリキュラムを終了するまでに7、8年掛かったと言う。
これはイエス・キリストの歴史に空白の7年が指摘されるのに対し、答えを出している。
 何しろ、皇祖皇太神宮は、イエス様が留学している事を証拠を持って示しているからである。
それにしても、豊受大神様までが勉強に来ていたとは思わなかった。
 そして、豊受大神様が伊勢の外宮に祭られている事も、神宮の説明と一致している。
 豊受様が言うには、上の2人の姉も留学されたと言う。
 お釈迦様、イエス様、マホメット、孔子、老子、空海までは知っていたが、豊受様までが皇祖皇太神宮で勉強されていたとは知らなかった。
 しかし、豊受様の力を見ると納得できてしまう。
豊受様がお帰りになられてから、邪魔をしている大蛇がやって来た。
 返り討ちにしてやったが、豊受様はこんな蛇をまとめてやつけるのだから凄い。
私も蛇は聖書の中だけのものだと思っていたからである。
 豊受様も蛇も、写真にまで写ってしまったので否定のし様もない話に成った。
私が聞いた話は、私の記憶の中にしかないが、どう思うも皆様の自由である。
 1年半以上前、社主が伊勢神宮の外宮に呼ばれた時は、一体何事かと思っていた。
それが、この様な話を皆様に提供できる様になった最初であった訳である。
 なにしろ、あの日、伊勢神宮から帰って来た時の社主は、大変緊張していたからであった。
あれほど緊張していた社主は、ただの一度しか見た事はない。。
 しかし、ここまで豊受様の思いを皆様に伝えるお手伝いをしたと言うことは、大変な実績であると思う。
この様な内容に帰結できるとは、私も思いもしなかったことである。
 事実は小説より不思議です。

     +(-_-;) 



 

修道院の生活 

 05/12/29

 修道院とは、キリスト教会において修道士,修道女が共同生活をする場所である。
英語で monastery。abbey(大修道院),priory(小修道院),convent(托鉢修道士または近代以降の修道女の居所)などの別がある。
 修道会によって共同生活等に関する会則が異なる。アントニウスの独住を経て,4世紀初頭にエジプトのパコミウス〔290ころ-346〕が共住の修道生活を始めたのが起源とされる。
 祈りと労働がその生活の基本され、東方,西方ともに長い歴史を有し,学術文化上の貢献のみならず,時に政治的勢力として史上に果たした役割は計り知れないものである。

 そして修道会 とは、キリスト教会において,教会の正当な権威によって認可され,一定の戒律(会則)にのっとり,三修道誓願(清貧,貞潔,従順)を立てて共同生活を営む男(修道士)または女(修道女)の団体のことである。
 四大修道会則(バシレイオス会則,ベネディクトゥス会則,アウグスティヌス会則,フランシスコ会則)のいずれかに拠るものを盛式誓願修道会 ordo,それ以外を単式誓願修道会 congregatio,両者を併せてレリギオ religio と呼び,societas,institutioの語が用いられる場合もある。観想修道会,托鉢修道会,騎士修道会といった分類も可能である。 シトー会,フランシスコ会,ドミニコ会,イエズス会などが有名である。

 以上は修道院の基礎知識であるが、この様な世界で人生を送られた方が、次ぎに異性で新しい世界に出られたとき、その感覚は一般人とは違うと思う。
 また仏教や神道でも、戒律の中で集団生活を送った方は、当然、戒律が骨身に染みていると思う。
これが業である。
 良くも悪くも魂に染みついた癖が業である。

 戦争と言うものも起こると、渦中の人は感覚が麻痺してしまうそうである。
そして、今の日本の借金感覚の麻痺もそうである。
 役人は平安貴族にでもなった積もりで弱者を殺し続ている。
 お金がなくて、国民健康保険証を取り上げられ、病院にかかれず死んだものさえ多数いるのだそうである。
 日本には真の福祉など存在しない証明である。
 馬鹿役人どもは痛い目を遭わせれば、国民は金を払うのだと思っている。
そんな酷い目に遭わせる前に、自分らの給料を返納するべきだった。
 こんな社会悪も業である。

 天から、厚生労働省関係者は全て地獄に落ちると、四年以上前から聞いている。
それから、不祥事が発覚し続け、今は全く当たり前だと思うように成った。
 これは既に、役人には十分な業が溜まってしまったからである。

 馬鹿者どもは、生まれ変わり業を償う前に、閻魔様に裁かれ、地獄で苦しまなければならない。
 こんな事は昔は子供でも知っていたはずである。
 そして、かっての役人は清貧だった筈である。

 今や、まさに世は悪魔の時代そのものであると思う。

   +(-_-;) 





 

 性同一性障害の悩み

 05/12/28

 ある方からメールを頂いた。
前世を見ると、2千年以上前に仏蘭西とイギリスである。
 イギリス時代が32歳で亡くなっている。
それで、次ぎの仏蘭西にも男性で出ている。。
 そして今回は、日本には女性で出た。。
ところが、前世も仏蘭西で41歳で亡くなっているので、男性のエネルギーが消えていない。
 肉体のノルマは合計で70年間のノルマを果したのだが、男性のエネルギーが枯れていない。
それで、男性が好きになれないといっている。
 この様な方も多い。
こんな事を考えていたら、私はある事に気がついた。
 何故か、性同一性障害の方は、イギリスを輪廻して来た方に多いのである。
その時、「コン」と太田姫稲荷神社のお狐さんが相槌を打った。
 その通りなのだと言う。
さすがに、徳川幕府を支えてきた偉大なお狐さんである。
 叡智を頂いていると言うしかない。
英国は同姓の者を認める環境が強い様である。
 これが、ひょっとして、神代にも世界を荒らしまわった、荒んだ王様、荒王(すさのお)のDNAかもしれない。
 スサノオの乱業は古事記を読んでも、にわかには信じられない酷さである。
悪魔の帝国と言うのは古代からの事実だったのである。
 それで、相談の方も修道院的なところに入ってしまったのである。
 因みに、イギリスの貴族が狐を敵にしていたのも、お狐さんが日本の神様の味方だったからである。
なにしろ、古代よりの神話にお狐さんの記録がある。
 そして、日本で一番古い笠間稲荷のお狐さんは、インドから来たのだそうである。。
 私も、昨日まで知らなかった。。
インドには、もっと凄い世界の奇跡もある。
 テレビでも放送される巨大な火の燃える光景だが、これは世界の誰もが狐火だとは思っていない。
ただ原因不明の光景として、インドの名物になっている。。
 当研究所の仕事は、全く地球の科学では無能の内容である。
それにしても、白い狐とはまことに物知りである。。
 お近くの皆様は是非太田姫稲荷神社にも御参拝ください。。

  +(-_-;) 



宇迦之御魂大神様の事 

 05/12/27

 一番最初に宇迦之御魂大神様が祭られたのは、笠間稲荷だそうである。
これは650年頃の事で、伏見稲荷よりも60年ほど早い。
 笠間稲荷の御祭神様の紹介には次のように書いてある。
 「宇迦之御魂神は、「古事記」の大宜津比賈神(おおげつひめのかみ)や「日本書紀」の保食神(うけもちのかみ)と同神で、いずれも五穀の起源の神さまとして記されています。
宇迦之御魂神は須佐之男神(すさのおのかみ)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)との間に生まれた神さまで、倉稲魂神とも書きます。」
 との事であるが、私が聞いたのは大分違う。。
宇迦之御魂神様の父上はインドの方だが、母上は北欧の方だったそうである。
宇迦之御魂神様は古事記にも記載がある由緒正しい神様なのである。
 それが何故、スサノオの息子になどされているか?
とんでもない話である。
 お話を伺ったら、やはり日本の歴史を書き換えたイと英の手先の仕業だそうである。
宇迦之御魂神様によると、笠間に縁があって祭られる事に成ったという。
 そう言えば、皇祖皇太神宮も茨城に引っ越してきたし、竹内宿禰も北欧の方の縁なのだという。
茨城氏という連は、「佐」と同じく仏蘭西の連なのだそうである。
 ついでに言うと「足」とはもちろん「イ」を示す土地、呼称である。
足利、足立、足柄郡と沢山の地名がある。
 長い間、一般人を覆っていた常識とは、無知だったのである。
お釈迦様は、これも無明と言ったのである。
 またひとつ、皆様の目からうろこが落ちたら、とても嬉しいです。。

  +(-_-;) 
  


 社主の思い・・

 05/12/26

 昨日、新規の参拝者が来たそうである。
これが清き方なら、嬉しいのだが、勘違いされている方もいるという。
 お願いされれば、なんでも受けられるものではないのであるとの事である。
何が良いか悪いか、状況によって違いはある。
 家内安全、商売繁盛は一般人なら当然だが、商売繁盛は商工業などが基本である。
人を地獄に落とす、高利の金融業などの手伝いは出来ないとの事である。
 役人の天下りに、利権に順じた仕事で、金利をむさぼるなど、人がやってはいけないのだと言う。。
まことに何時も偉大な社主の教えである。
 私は社主から沢山教えてもらった事がある。
大きな事は、諸天善神様は新興宗教を金貸しの次ぎに嫌っている事である。
 これは、私が地球で、日本で最も悪い存在と認定している事である。
独逸には金貸しは銀行以外に存在しないのである。日本には一万社以上ある。
 その従業員家族は、その数十倍以上の善良な人から金利を毟っているわけである。
その経営者、関係者が天国に行ける理由が万にひとつでもあるでしょうか?
 もし初めて、お社にお参りする方は、そんな事も考えて参拝されると良いかもしれません。
全てのお社のお狐さんが、同じ思いで皆様の参拝をお待ちしているそうです。。

  +(-_-;) 

 

 人の器

 05/12/25

 ものごとを信じられるかどうかと言うことは、その人の度量が大きく関係する。
過去の人生経験はもちろん、魂の中にある過去世の体験、学習の記録が重要と言うことである。
 
 前世がイスラムの世界なら、男なら妻は四人以上いた方も多いし、女ならその逆である。
浮気は男の器量など馬鹿な言葉も、その人の魂には、正しい事と定義されている事もあるのである。

 今の日本では通用しないと言うより、宇宙的に間違いである。
そして世界中に増えてしまった同性愛者、これも前世での失敗が原因である。

 それは戦争による早死等が原因の多くであるとはメインサイトの中に書いてある。
人の魂は、ひとつの性を70年維持しなければならないからである。

 戦争等による早死人生が3度も続き、次ぎに女性で生まれると性同一性障害となる確率は大変高い。
考えても違和感を持つと思う。

 異性への思いが強い時に人生を絶たれるからである。
私のサイトへ来ても怖くて信じられないと言う方が多いと思う。

 地球人的には肉や魚を食わない人生さえ、実行するのは嫌という方も多いと思う。
昨日、マグロの猟師がテレビに出ていた。

 マグロが取れないと生活が出来ない。それでマグロを釣っていた。
マグロは針に掛かって、地獄の苦しみである。大量の血が海を染めていた。

 一般的にはマグロが釣れてよかったという事になるわけである。
私はマグロも食べないので、マグロがかわいそうであった。皆様はどう思いますか?

 社主が言うには、会社に祭られたお狐さんも苦労が多いという。
 人間のせいで会社が潰れると、努力が水の泡になるし、会社は鳥居を納めて、敷地にお社を祭れば良いと思っている経営者が多いそうである。

 稲荷狐はちゃんと心が通うので、それなりに思って祭るのは、私にしてみれば当然なのだが、多くの方はいる事すら解らないので、そこにギャップが出来てしまう様である。

 稲荷狐も夏は暑いし、冬もお社は寒いのだと言う。。
これさえ、そんな馬鹿なという方が多いと思う。

 しかし、社主が言うので本当である。
冬のお社より、山の住まいは温かかったそうである。

 お狐さんも冬は暖かいところが好きである。
 あたたかいホットマットの上は大好きだそうである。それで、たまにお狐さんが足にぶつかる事がある。。
 私以外には解らないのだが。。

 皆様の心にはどれほど染みたでしょう?

 それと、昨日ケーキを御馳走に成った皆様には、社主が大変感謝しております。。
 美味しかったそうです。

    +(-_-;) 




 

 お狐さんの伝言

 05/12/24

 昨日は発寒神社のお狐さんが、巻物を加えてやってきた。
笠間稲荷にある石の像の様だが、知らせを持ってきたのである。
 そうかと思えば、先ほどは豊川のお狐さんが、参拝者に伝えて欲しいとやって来た。
プライベートな事なので、詳細は知らないが、商売(金儲け)をやりたい男性の様である。
 お狐さんは拝んでいる男性に、それは駄目だと言ったのだが、男性は判らなかったのだそうである。
たいていは、その様な事が多い様である。
 私もかっては一般の参拝者として、お稲荷さんに通っていた。
数十回も通った頃、そのお社のお狐さんの声が解ったのである。
 私もびっくりした。しかし、救われた。
 私だって、稲荷神社にお狐さんがいるとは話には聞いていたが、本当にいるとは思わなかったからである。
 その後、いろいろな事を経て、太郎子山稲荷神社の社主とご縁ができたわけである。
最初にお狐さんの声を聞いてから、十数年経ったわけである。
 多くの方と同じ様に、悪い霊も沢山やって来た。
眷属のお狐さんの跡を、新興宗教の悪霊が邪魔しているからである。
 新興宗教のスカウトは人霊ばかりでなく、狐もいるところがある。
それで、何も知らない人は狐を悪いなどという。
 人と同じで、狐もいろいろなのである。
この地球で何より悪いのは高利貸しである。
 そして、高利貸しから派生した新興宗教である。
昨日、一家皆殺しにされた宮○さんと言う方の、父親がテレビに出ていた。
 「原因を知りたい」という。
恨みからの犯行であるのは明らかで、何処かの団体と交流があったわけである。
殺したのが男なら、大人の女性への恨みが濃厚である。
 犯人の遺留品は川越、所沢あたりで全て揃うところがあったと言う。
一時は、犯人は朝鮮人だと言うので、韓国にも警察が行ったことがあった。
 そう言えば、川越、所沢の近くに、かって高麗というところがあった。
朝鮮人の帰化人系の新興宗教というと、多くの方が、そうかと言うかもしれない。
 今も、大問題を起こしている姉○元設計士は層化学会だったそうである。
多くの会社で層化の信者は使わない。ろくな事がないからである。
 酷い目にあった経営者も沢山いるという。

 今や公明党は与党なので、国民の目を引く大事件の犯人は、絶対学会内にいて欲しくはないと思う。
 与党議員の力は警察検察にも、とても強いのである。
 きっと事件は迷宮のかなたに消えると思う。。
  そう言えば、伊藤博文を殺したのも、国松元警察庁長官を射撃したのも朝鮮人だったと言う。
 やはり、事実から考えると、朝鮮人は呪われた民族であるかもしれない。。
  君子、危うきに近寄らず。
 善良な参拝者の皆様は、絶対新興宗教には近寄らない様お気を付けください。。

   +(-_-;) 



 

 暮れの御挨拶

 05/12/23

 今日は豊川の托枳尼真天様とお狐さんが参られた。
何処のお社のお狐さんも、皆、御祭神様を大変良くお守りしている。
 そして、大変良く道理もわきまえている。
 これは皆様が、お狐さんを認識できる様になれば解る。
真摯にひたむきに、神様の勅を実現する為に仕事をしているのである。
 それはもちろん、お社に頼ってきた心有る皆様の幸せの実現である。
いい加減な気持ちで頼ってきたものなら、私でも嫌である。

 私が最初にことら総合研究所を始めた頃はふざけたものもいた。
龍神様や諸天善神様、眷属の稲荷狐など嘘だと思っていたようである。
 当初は馬鹿者が、私にふざけた事を言ってきた事もあった。
 今は、大明神様、宇賀之御魂大神様のお力で、りっぱな写真を掲載できた為、ふざけた事を言ってくるものは誰もいなくなった。
 人間が現象を起こすには強い霊の力が必要なのである。
 そして、あらゆる現象には霊の力が作用しているのである。偶然は無いのである。
ふざけた新興宗教の信者が文句をつけてきた事もあったが、亡くなった者もいるようである。
 たいていの場合、善良なものを虐めた者は、ろくな最後ではない。
良い最後、悪い最後と言っても、何も基準はないが、死後地獄に落ちたら悪い最後なのかと思う。
 本来、地球人の魂の多くは、この太陽系霊界のほかの星を、時計の針の様に転生しなければならない。
 ところが、その循環に不調が起こっているのが現在なのである。
 この地球に出ても何も解らず、考えず、自分の欲求を満たすことだけを考え、人生を終わる者が多すぎるからである。
 現実には自分の欲求さえ満たせずに、悩み苦しむ事が多いのが人生である。
 今起こっているマンションの耐震強度問題だって、当事者には地獄の様な問題である。

そんな皆様の心のよりどころが、日本の神社の正一位、稲荷神社、お稲荷さんである。
 辛い事の多い人生ですが、心良き皆様が熱心にお参りすれば、諸天善神様は必ず感応してくれるそうです。

   +(-_-;) 

 

 

 火の国

 05/12/22

 いつもの様に、社主のノックが「コン」と入った。
 光の音が神様の訪問を知らせていた。
 伏見稲荷大社の稲荷五大神様が参られた。

 今年の年末の御挨拶に伺っていただいたのである。
まことにありがたい事である。
 宇賀之御魂大神様には、かって神代も、西洋の列強が日本の地位を狙っていたのであると教えていただいた。
 それによるとイタリア、英国をはじめスペイン、ポルトガル等が日本、アジアに侵略を計画実行していたのだと言う。
 近代と同じ様な状況だったわけである。それで、日本の神代の歴史は瀕死の状況になってしまったわけである。
 私がどうにも解らなかった根の国についてお尋ねした。
 宇賀之御魂大神様によると、これが火の国(肥の国)、熊本だったと言うのである。
以前、豊受大神様が人生を過ごされたのが熊本であると、日本の歴史には書いてある。
 この肥後とは肥料の後(=根に良い)と言うことで、農業神でもある豊受様の事と一致している。

 肥国とは肥前国・肥後国の古称とされるが,おもに肥後国をさす。《古事記》国生みの段に,筑紫(つくし)島(九州)4国の一つとして肥国がみえる。《日本書紀》は,景行天皇の船が火の光を見て無事着岸することができたとして八代県(やつしろあがた)豊(とよ)村を火の国と名づけたという地名伝承を載せる。《肥前国風土記》は肥君らの祖,健緒組が土蜘蛛(つちぐも)を討ったとき,火が天から山に降って燃えたため,火の国としたと伝えている。

 この土蜘蛛は誰かと宇賀之御魂大神様に尋ねたら、仏蘭西から来た移民たちだったそうである。
 佐賀とは肥前で佐(=仏蘭西)賀(を加える)である。

 豊受大神様と仏蘭西人たちの女性が火花を散らしている写真が本当にある。
 ただし、これは宮中の事であるので、一般には公開していない。

 宇賀之御魂大神様と四大神様はインドの方であるが、皇祖皇太子神宮に勉強に来られていたのだそうである。
 それで日本語が解るのだそうである。
 見えず聞こえず、感じない方には、夢の世界だと思うが、日本の地名にはちゃんと跡が残っている。

 胸の痞えがひとつ下りたというところである。
 ありがとうございました。。

     +(-_-;) 
 

 

 ミトラス信仰

 05/12/21

 ミトラス信仰とは、古代イランのミトラ神信仰に発し,ゾロアスター教,マズダク教などと習合しつつ,1世紀後半から4世紀ごろまでローマ帝国のほぼ全土に広まった密儀宗教である。

 英語で Mithraism。7位階からなる信徒組織をもち,ミトラス Mithras を太陽神として崇拝して,その英雄的行為にあずかることにより救済を得ようとする。
 祭儀は洞窟や地下神殿で行われ,犠牲には雄牛を用いた。最大の祭日は12月25日。一時キリスト教と覇を競うほどに盛行した。
 そしてキリスト教と合流したと考えるのが妥当である。
左の図はローマ帝国である。
ミトラ信仰については詳細が不明である。
太陽神の信仰であったとは間違いないと思う。
その名残がイスラム教の成立まで、バクダッドにはあったそうである。 

 前に埼玉古墳を見ていた時も、バクダッドから来たと言う霊が出てきた。
唐と並ぶほどに栄えていたバクダッドである。交流が無かったと言うのがおかしい。
 今もシリアから来たと言う霊が言った。神職だったと言う。今は諸天善神様である。
ミトラとは3tohraであったと言うのである。(SUN TOHRA)
 3つの大事なもの(真理)、それが信仰の中心だったそうである。
そして、何処の地にもあったのが身分性であった。
 ポーランドのアウシュビッツではないが、これもDNAがなす罪業だと思う。
インドの最上階級はバラモンだったが、これはやはり草冠が入っていたそうである。。
 お釈迦様は王子であったがクシャトリアと言う階級であった。
日本的に言えば公家に次ぐ武家階級と言うところだったわけである。。
 この下に奴隷の階級があったわけだが、上から下までだと15層にもなっていたそうである。
日本も下級武士は大変だったそうである。
 人の心はIC,半導体なので圧力や熱が掛かると必ず予期せぬ力を発揮するのである。
それが革命や民族の大移動へと繋がるわけである。
 因みに、このシリアの方は長崎の天草に着たそうである。浦とは「tohra」の事だったそうである。
天草四郎が渡来人だったと言うのは、事実の様である。。三浦さんもかもしれない。。

   +(-_-;) 
 

 イスラエル

 05/12/20

 イスラエルとは、紛争収まらぬ地中海の国であるとは知っていると思う。
「イス」とは「神」で「ラ・エル」とは「慈悲の光」を意味する様である。
 「ラム」とは「慈しむ」でイスラムとは「神の慈悲」とでも言う意味かと思う。
これは霊に聞いた事なので、人によって解釈は違うはずである。
 アラーの神に聞いてみた。
多数の妻を持つ事は正しいのかと?
 アラーの神は、本来の意義を見ずして正邪の判定は出来ぬと言われた。
正体無き者(=夫無き女)に、情けを与えられないと言うのである。
 少し話が法律的なものにも近くなる。
 駅前や公園で屯(たむろ)している人たちに、福祉事務所は住所が無いと言って援助を出来ないのと同じ状況があったのだという。。
 とても現代の人間的な話だが、マホメットがイエス様やお釈迦様と違う位置におかれる由縁でもある。
お釈迦様は来る者これを拒まずと言って、公平に慈悲をあたえた。
 これはリベラル派とは違う。
真剣に求める者に法を説いたのである。
 実はマホメットは大商人を敵に回してしまい、危ない目にあったそうである。
大商人はイエス様の言う天国の扉を通れない者たちである。
 当時の中東で、マホメットが妻は一人だけにせよなどと言ったら、それこそ命を奪われたと思う。
ここがマホメットの限界だったとも言える。
 そして、武器も取り締まる事が出来なかった。。
それで、オスマントルコ等大変強い国が出来たわけである。。
 因みにイスラマバードの「バード」とは「ハート」=心なのだそうである。
ハートと鳥は確かに似ているかもしれない。
 もとは、言葉も国もひとつだったのである。
オリエントとは日本、日出、みずらほの地のことであった。
 
   +(-_-;) 
 

 イスラムのカルマU

 05/12/19

 イスラム教は成立は620年頃であったと言う。
 それなのに、何故、ある方は1700年前のバクダッドで四人の妻が居たかといえば、それがその土地の金持ちの暮らしだったからである。

 マホメット(ムハンマド)は当時の第30代欽明天皇の時、来日して、皇祖皇太神宮に学んだ。
そして帰国後、40歳の頃イスラム教を創始したわけである。
 その時、ある方の前世の地バクダッドは、すでにその様な社会だったのである。
マホメット自身も、多いときは10人もの妻が居たと言う。。
 この様な社会で前世を暮らした方が、今の日本にも沢山転生しているわけである。

それで、安易な離婚や不倫が社会問題化しているのである。
 アミがいう様に、人間は単なる動物ではない。
光輝く心を持つ高等生物なのである。
 猿が進化した者などではないのである。→「コン」
この悪しき「多妻の社会」は埃及から齎されたのだと言う。。
 イスラム社会の方からすると、ごく当然な事であるが、アラーの神はいかが申されるであろうか?

 アミが言うには夫婦となるべきものは、宇宙全てを捜しても1組しか居ないのだそうである。
同じ星で見つかる事は奇跡なのだと言う。
 地球上の諸々の誤った習慣は、宇宙の法とかけ離れている。

 先日見つかった大量の犬の死骸も朝鮮の人に食われたものだという。。
彼らは、犬を食うことに罪悪感を持たない。
 中国人は人を食う事にさえそうである。
冤罪にした者を、死刑の名の許に殺し、生け作りで食っていた者もいたと言う。

 私は魚を食うのも嫌である。。肉は箸で持つのも嫌である。。
皆さんも気がつくとそうなるのである。
 食えるほうがおかしいのだとアミは言いたいのだと思う。
安易に、大切な自分の心を誤らないのが良いと思います。

  +(-_-;) 

 

 霊と言語

 05/12/18

 何の事かと思う方も居ると思う。
大抵の霊は、かってこの地球で肉体を持っていた方が多い。
 それで、かって日本に出た事がある方なら、日本語がわかる。
ところが、そうでない方も多い。
 ヨーロッパの方は英語や独逸語、フランス語等で無いと分からない。
社主も人間の言葉は、伏見に入門してから教えてもらったのだそうである。
 稲荷神様も、日本語が分かるのは伏見では宇賀之御魂大神と四大神様だけだそうである。
あとの方はインドの言葉で無いと分からないのだそうである。
 それで、社主もインドの言葉もわかるのだそうである。
私のところに来る霊でも、言葉が壁で意思の疎通が出来ない方も居た。
 1昨年だったか、イギリスで狐狩りが禁止に成ったとき、仕事を失った犬の霊が、使って欲しいと私のところにやって来た事があった。
 もちろん犬の霊なのだが、それなりに優秀な犬であった。
もちろん、伏見のお狐さんが犬の希望は却下した。。
 このとき、イギリスの犬は私の言葉を理解したのである。
犬とお狐さんの凄いエネルギーのぶつかりあいで、私の肉体が痺れたほどであった。
 私も、かって霊のエジプトの言葉を聞いて、即座に理解できたので、多くの光ある霊がみなそうなのかと思っていた。
ところがそうではなく、その霊がでた国の言葉で無いと、魂に辞書が無いので理解できないのである。
 魂は多くの転生を経て進化して行く。
その為、安易な世襲で社会は腐って行くのである。
 これは利権が継続されるからでもある。
それで革命も起こる。
 そのため、指導者にはそれなりの人間がならないと国は滅びるのである。
その様な人材は貴族には出ない事になっている。
 ある方は、高い霊なのだが、かっての我子が日本に転生しているため、心配で守っている。
こんな方も多いのである。
 同じ日本語と言っても、1000年以上前のものは別のものだそうである。地域でも違う。
稗田阿礼の文書でも判るとおり、当時も三種の文字が入っていた。
 それで稗田阿礼神は今の日本語は苦手だと言う。
私が古い霊と語る時も、言葉を超えた想いで語っている。
 デジタルでなくアナログのようなものである。絵文字通信と言えば解ると想う。
かっての言葉は、人を騙すためのものではなかったのである。
 聖書にあるように、「言葉は神と共にありき」だったのである。
ところが「次ぎの神」は言葉を分けられてしまったわけである。
 ここで蛇がやってきた。これが人を唆したのである。秘密をばらすなと言うのである。→「コン」
鬱陶しいので、口に輪をして穴に落として蓋をしてやった。。
人に欲を追求させる地獄の蛇、これが人類の宿敵である。。
 騙されない様に生きましょう。。

  +(-_-;) 




 イスラムのカルマ

05/12/17 

 ある方の前世を見たら、1700年ほど前のバクダッドが見えた。
イスラムの社会では、当然、男性は妻を四人まで持てる。
 その反動から、この方は今は女性だが、好きでもない人と結婚させられ、息子が結婚したら離婚しようかと思っているのだそうである。
 最近、この手の話は多い。
 今は、観音様が守護されているかたである。
前世も、イスラム社会では、まじめに戒律を守る方だったのだと思う。
 ところが、人間が定めた戒律は、時として宇宙の法と違う。
それで、次ぎの人生にひずみとしてカルマが現れるのである。
 純粋には宗教指導者の責任が大きいのだが、今の日本を見ても解るように、かなりの問題になっている。
 かってのバクダッドは、唐と並ぶほどに栄えていたのだそうである。
それで、そこから日本に着たものも大変多いわけである。
 前世のカルマと共に、DNAにもカルマがある。
これらの諸々を抜ける事が解脱である。
 観音様は、それを指導しているのである。
不思議な事にいろいろな伝を辿り、私のところに相談者が来る。
 この手の話は、相談者には耳が痛いかもしれない。
離婚したいのに、離婚してはいけないと言わざるを得ないからである。。
 積もりに積もった人類のカルマを、如何にしたら消散できるのか?
簡単な方法が無いので神様も苦労しているわけである。。
 全ては各人の心の目覚めしかないのである。
それをほんの少し当サイトは手伝っているわけである。
 この世から光ある天に帰るには、芥川竜之介の言う蜘蛛の糸ほどの伝を頼らないと帰れないのである。
 それが、「富める者が天国に入るのはラクダが針の穴を通るより難しい」と言うイエス様の言葉である。
社主が言うには、富める者は悪人だからだそうである。。
 さすがに稲荷狐は優秀である。。

    +(-_-;) 

 


 

 昨日のお礼を申し上げます。

 05/12/16

 昨日、稲荷神様と社主、仲間のお狐さんは31体で65件のご信徒様のお宅を訪問されたそうです。
何時も暖かいお持て成しを頂きまして、まことにありがとうございます。


 昨日は、あるパスワードを紛失して、がっくりしていたところに「コン」と社主が参られ、ここにあると大事な書類のあるところを教えていただきました。。
 まことにありがたい事です。本当のお話です。
 社主は私より、私の周りの事をよく知っているようです。
何しろ、私が思っている事も完璧に知っています。。
 それで、皆様を守っているお狐の皆様も、皆様の人生の事もよく理解しています。
それでなくては、皆様をお守りできません。
 この世で、何が一番危ないかといって、それは人間です。悪い人間では近寄って来ては大変です。
もちろんそれぞれのお狐さんも、皆毎日を精進しています。
 今日は15日のお礼で、オススキや太田姫稲荷神社、笠間稲荷神社、有徳稲荷神社、発寒神社、豊川稲荷のお狐さんたち皆が来ています。
 周りの空気も当然違い、社主はいつもより緊張しています。
これは上司の居る方は皆判ると思います。
 今年も12月15日が過ぎ、次ぎは新年のお参りに成ります。
まさに光陰矢のごとしでした。
 今年の最後の訪問なので、昨日は宇賀之御魂大神様が同道されたそうです。
社主のお社にも参られていました。
 人生は無事な事が何よりで、蛇の取り憑いた人間は実際にいます。
今年も残り2週間、皆様に快き日々であります様お祈りしています。

  +(-_-;) 
 
 

 ブッシュが反省。

05/12/15 

 

誤った情報でイラク開戦 米大統領
【01:49】 【ワシントン14日共同】AP通信によると、ブッシュ米大統領は14日、イラク戦争開戦前の多くの情報が誤りだったことは事実と認め、大統領として開戦の決断に「責任がある」と述べた。

 さすがのブッシュも、やや反省した様である。
だがフセイン政権を倒したのは正しかったと言っている。
 卵か鶏か、どちらが親かと言うところだと思う。
そう言えば、先日沢山出てきた黒いトカゲは、これだったかもしれない。
 ブッシュは皮下脂肪が異常に少なく、恐竜人間だといわれている。
それで感覚もやはり違うのである。
 既にイラクで死んでしまった亜米利加兵は2千人以上といわれている。
これらの家族への償いは一体どうするのか?
 簡単な問題ではない。
前に言ったが、戦争で死んだ者は輪廻しても後遺症が残っている。
 ある状況において、精神状態に圧迫が来たりする者や、今起きている幼児の殺人者もそうかも知れない。
 戦争も殺される前に殺せ、取られる前にとれと言う、貴族の考えが基本である
戦争とは人の世界で保証された筈の人権や生命財産を否定するものである。馬鹿の言う単なる人殺しではない。
 全世界で連帯して、この地球から武器を一掃するしか、戦乱を避ける方法は無い。
アミは、このチャンスは世界恐慌の時だとも言っている。
 ある経済学者は2010年までに世界経済は崩壊の危機だといっている。
もちろん中国の経済破滅が来る頃であると思う。
 中国はオリンピックで膨らんだ経済が爆発的にしぼむと言われている。
あまりに貧富の差があるので当然である。
 ロシア革命の様に貧困層が政府を襲うかもしれない。十分ありうると思う。
見栄ばかりはっているが、未だに自分の国の国民に文字の教育さえ出来ないのが中国なのである。
 亜米利加と中国の衝突は考えたくも無い構図であるが、亜米利加はもう少し中国に経済が発達するのを待っている様子もある。
 戦争してもとるものがないからである。
亜米利加がイラクに攻めたのは、自国に無い歴史があったからでもある。
 かっての原爆爆撃機エノラゲイ(天皇を殺せの意味)でも解るように、亜米利加は歴史のある国が大嫌いである。。
 それで、近いうちに必ずや中国を叩く展開に成るであろう事は予想できる。
英との関係もあるが、一体どうなるやら?
 これが、必ず起こる当面のハルマゲドンである。
争いを好む欲集りの馬鹿には、誰でも関わりたくはないと思います。
 馬鹿が落ちるのは底無しの深い闇の穴で、これも本当にあります。
 無間地獄とはこれの事かもしれません。

     +(-_-;) 


 異次元の蛇

 05/12/14

 何時も私が言っている蛇が、レイさんのホームページblogで写真が公開された。 
何時も人に近寄ってきて悪い事をする奴らである。
 蛇は人間を騙し、左端を地獄に導いたものである。
あの蛇が標準サイズであるが、この地上には、目には見えないが、はるかに大きな蛇が沢山居る。
 恐ろしく大きなものである。。
写真の蛇でも4,5メーターはあると思うが、数十メータークラスのものが居るのである。
 それで、空を飛んでいる時は、蛇が頭に浮かんで、この地上に降りるのが嫌な時もある。
新興宗教の多くは、あの蛇にとり憑かれているところが多い。
 何時も話に言う、麻痺仮の背後にもいる。見ていて、とても気分が悪い。
それで、稲荷神様の眷属である、お狐の皆さんが、蛇を退治してくれているわけである。
 真実が見えるものと見えない者、そこに人生の違いがあるのかと思う。
これは金儲けの事ではない。
 シックスセンスと言うのは感覚そのものと、その感覚に至る為の感覚だと思う。
感覚は磨かないと良くならないが、欲からやると悪霊が寄って来る。
 テレビは人間の感覚を鈍らせるという。
それで、かっては子供にテレビを見せない親も多かった。
 私も自分で決めて、21歳までテレビは全く見なかった。
 今悪いものはゲームである。とても危険だと感じている。
あのような物は感覚を鈍らせ、少年を狂気に導く。
 今あちこちで信じられないような事件が多発している。
その原因は、ゲーム等で養われた感覚が原因だそうである。心の病である。
 心の不調和は自らが正さないと、どうにもならない。
見栄や欲心はいくら満たそうとも底が無い。
 うまいものも同じで、いくら追求しても切りが無い。
この様な欲心を捨てていくと、何か良いものが見えてくるのかと思う。これが仏教である。
 私は肉や魚も、いくらお金を積まれても食えない。薬も嫌である。
それで、皆様とはものを見て思うことも違うのかと思う。
 私が思う事は、人の本来の幸せである。
これは一体、物質的には日本の、世界の何処にあるのか?
 皆様もそんな事を考えると、蛇の正体も見えてくるのかと思う。
あの蛇は、皆様にとっても現実に存在するのである。
 悪い事のあった方は、多分あれが邪魔していたと思う。。
稲荷神社に正しくお参りしている方は心配ありませんので申し添えておきます。。

   +(-_-;) 

 南北朝時代

 05/12/13

 かって分裂していた天皇家は明治以前は北朝が主流であった。。
ところが明治になって、南朝が主流となった。
この原因は水戸藩の作成した大日本史が原因でもある。
 これによって神功天皇は、皇后に格下げされ、大友皇子は天皇に即位していた事にされたわけである。
 誰が承認したのかわからない文書で、歴史を書き換えて良いはずはない。。
これが、上古の天皇が言っていたことである。
 かっては歴史書はなかったと言うことである。
官位を与えるにしても、腹の中が覗けない者では何をするかも分からない。
 必要にして十分な人材はまことに居ない。。
 「泣いて馬蜀を切る」と言うのは、諸葛公明が見こんでいた弟子を切らざるを得ない状況になって吐いた言葉である。
 日本書紀や大日本史のみならず、歴史上の偽書は利権の為に書かれたものである。
魏志倭人伝まで偽書だったとは、想像した方も居なかったと思う。
 それに、歴史を捏造するために建てられた神社まで多数あるのである。
これは何処かは言えない。
 もちろん新興宗教など皆偽者なのは分かると思う。
問題は程度である。
 先ほども麻痺仮の者が来ていた。
全く罪作りなものである。死んでも呪縛の説けない信者が無数に居るのである。
 これらの信者が、全て天国に行かないうちは、金を毟った者も成仏など出来る筈は無い。
 大事なのは皆様の心の中である。
 いつも、気をつける事が良いと思います。。

    +(-_-;) 

 

 エデンの園

05/12/12 

   
 多くの方が聞いた事がある、エデンの園とは何処か?
皆様もエジプト近くと思っていた筈である。
 私もエジプトと思っていたのだが、当らずとも遠からずであった。。
 てっきり、アデン=エデンかと思っていたのだが、稲荷神様にお尋ねしたらスーダンだったそうである。
 川の間にある土地はかっての那智大社(水で流されてしまった。)を思い浮かべる方が多いと思う。
 スーダンと言うのは、実はエジプトよりピラミッドが多いところなのである。。
そして、そこから東には何とソコトラ島がある。
 前に言った様に、「ことら」と言うのは神様に頂いた名前なのである。
前に、蛇に騙された悪魔の話も書いた。
 これがアダムとイブの話と繋がり、ノア、モーゼ、そして日本の天皇家に帰ってくるわけである。
 最初に人類が宇宙から来たのも、エジプト、リビアを中心とした土地だったと聞いている。
 そして、日本神話は、世界を舞台にしているのである。
神倭朝の「倭」は「イ」と「インド」と「神の母」を意味しているのだそうである。
 インドアーリア語族はイとも繋がりがあり大秦国とはバクダッドやローマを示した時代もあったのだという。
 そして「秦」は禾の上に成立しているわけである。
 秦の始皇帝はDNAを分析すると、主成分はインド人と仏蘭西人と埃及人だったそうである。私もそう感じる。
 そうなるとヨーロッパ系の金貸しが協力していたのも頷ける。
日露戦争の時の日本も、仏蘭西で金を貸してくれたのでロシアに勝てたのである。。
 元々中国は小国乱立で本体など何だか解らない。無いに等しいと思う。
そして、秦の後はイラン(ペルシャ)、イラク系と英の系統が「漢」を起こしたわけである。
 この根が深いわけである。
 唐の時代は良かった様だが、これも諸国の干渉によって崩壊し、菅原道真が唐との国交断絶を決定したわけである。。
 そして、この菅原道真に対し、怨敵藤原氏が立ちはだかったわけである。。
 藤原氏が菅原道真に立ちはだかったのは、中→英の手先だったからである。
これをさせたのは藤原氏のDNAである。
 因みに、菅原道真は大伴氏のDNAが入っている。。
 歴史は繰り返す。。

   +(-_-;) 


 
 
 時の流れ

 05/12/11

 人間は、その心境によって、時間の流れの感じ方が全く違う。
苦しい時は物凄く長く、楽しいときはあっという間である。
 1日を時計で測れば、同じ時間なのに、苦しい時の時間はとても長く感じられる。
 これは仕事をしているときも同じだと思う。
辛い仕事をしているときは、全くその様だと思う。
 社主に尋ねた。
社主も肉体を持っているときは1日が長かったと言う。。
 厳しい山の世界で、食料が無ければ生きていけない。
文字通り、食うか食われるかの世界だったという。
 人間の世界も全く同じようである。
商売敵を金に見たて、いかに分捕るかが生死を分ける。。
 サラリーマンも契約社員は、全く将来の保証どころか、2ヶ月先の保証も無い。
こんな世界が許されるなら、神様も苦労はしないと思う。
 かって下克上で、敵どころか家臣までを殺しつづけた武将たち、その武家の世界も消えた。
鎌倉時代の平均寿命は20代だったと言う。
 まさに魔界だったと思う。
きっと、その20数年は、今の100年より長かったと思う。
 その殺し合いの世界は、誰にも幸せを齎さなかった。。
これも日本の現実の歴史である。。
 今は日本は再び貧富の差が拡大し、政治家は、その原因さえ解らない。。
今のままでは、万が一にも日本の復興はありえないと思うが、皆様はどう判断されるでしょう?
 現実は、何時だって目の前にあります。

   +(-_-;) 



 豊川稲荷の龍神様

05/12/10 

 
 豊川稲荷の本堂の上に、雲があるが、龍神様である。
そう言われると、そうかと思う方もいると思う。
 これ以外は雲は見えていないので、信じるのが妥当である。
霊についての認識は、人によって違うが、その主成分はガス体である。
 それで、そのガスによって様様な光になるのである。
穢れた悪霊は当然、黒や濁った色になる訳である。
 良く雲龍と言うが、霊は意思を持った光りなのである。
それで、求めるもののところに行くわけである。
 善悪ともにである。。
伏見稲荷にも豊川稲荷にも池や沼がある。
 良く神社には沼のあるところも多いと思う。
お城もそうだが、清い水が大事なのである。
 昨日は寒厳禅師という方も参られた。
天皇家の第三皇子であり、この豊川稲荷で禅師として活躍された方である。
 当時は鎌倉幕府との争いで、天皇家も大変な時であった。
ここ豊川で、心の安らぎを得られたようである。
 立派な方であった。。

   +(-_-;) 



 
 
 豊川稲荷更新しました。

 05/12/09

 久しぶりで、豊川稲荷のサイト内容を更新しました。
と言っても、クリッカブルマップを付けただけですが、とても移動がしやすくなりました。
 私が使っている編集ソフトは多くがフリーのものです。
ソフトの作者の皆さんには大変お世話に成っています。
 毎日使っている、このソフトもフリーのものです。
αエデイタと言います。
 興味のある方はベクターに沢山ありますので、ご覧ください。

  +(-_-;) 




 

 ウイルス駆除

 05/12/08

 昨日、久しぶりにウイルス駆除をしたら、必要なプログラムまで消えてしまった。。
それで、BGMが配信できなくなった。
 想定外の事が、人生には一杯ある。
 霊の事も同じで、いろいろな皆さんがお見えになる。
1日に、20以上は来ている。
 用も無いものは社主がお帰り願っている。。
お狐の皆さんや諸天善神の皆様が沢山来る。
 日本の歴史は編集を始めると、すぐに誰かやってくる。
長い間に、語れぬ思いを心に秘めたまま、お帰りに成った方が多いからである。
 かっては、人柱にされたものも多かった様である。
卑弥呼の墓には100人もの奴婢が人柱にされたと言う記録がある。。
 ところが昨日来た霊は、これは嘘だったと言う。
実は魏志倭人伝は、歴史を欺くための嘘だったのだと言うのである。
 確かに、そう言われれば証拠は出てこない。
それをでっち上げたのは、もちろん「英」の手先なのだそうである。。
 考えてみると、何時の時代も、悪い者がやる事は同じ様である。耐震設計書の偽造も然りである。
そして、後に英の手先と成った藤原氏が日本書紀と言う巨大な偽書を残した訳である。
 善良な者の目を欺く為である。
 これで全く一本の線に繋がったと思う。
本人らがどう思っているか知れないが、霊はDNAに作用し、子孫をその様に動かすのである。
 これが霊脈の力である。
信じ様が、信じまいが、この世はその力で制御され動いているのである。
 私のDNAを豊川稲荷の筆頭様に鑑定してもらった。
私のDNAの主成分は独逸人と印度人と日本人だそうである。。
 さすがに凄い霊力である。。あっという間に鑑定された。
 自分で納得してしまった。性格的にその通りである。

 年末年始の御予定は、ぜひお近くの稲荷神社にも御参拝ください。
 たのもしい、りっぱなお狐の皆様が御参拝のお出でを心よりお待ち申しているそうです。
 栄光が皆様と共にありますようお祈りしています。
 
  +(-_-;) 

 





 瞑想とは

 05/12/07

 印度で飲まず食わず、話さずで半年も瞑想している修行者がいるそうである。 
この方は瞑想三ヶ月目に、蛇に噛まれたので、半年間の瞑想が必要と話したそうである。
 この蛇とは、いつも私が話している蛇である。
この地球には実に沢山の目に見えない蛇がいる。
 解る方は、何時もこの蛇と戦っている。
この蛇の毒は人間を堕落させる。
 それで悪魔が発生してしまったわけである。
しかもそれ(=堕落)は感染する。
 これが地球が魔界に成ってしまった原因のひとつである。
瞑想は何かを得ようとしてするのではない。
 自分の心を静かに見つめるだけである。
これは人のいるところでは出来ない筈である。
 イエス様は祈る時は戸を閉めて祈れと言われた。
人前で祈るものは偽善者であると言われた。
 役者以外にそんな事はできないと思う。
多くの地球人は魂が若いので、新興宗教のパフォーマンスに騙され気がつかない。
 金が全人類の敵である。他にないと思う。
金が人の心をのっとり、悪事に走らせるのである。→「コン」
 もちろん無くては生きられないので困る。
しかし、余計な金を残したものがいかに惨めか?
 皆様にも霊が見えれば解る。
余計な金を残したものの身体(=霊体)は、まるでぼろ雑巾の様である。
 金の恨みが、身体中にいかり虫の様に、身体に打ち込まれ抜けないのである。
昨日も助けて欲しいと言う霊が来た。。
 そんなものを助けられよう筈がない。。
 イモリのようなものが這い回っているのも見えた。
何処から出てくるのか社主に尋ねた。
 あのイモリの様な虫は、見栄の心にたかるのだそうである。
生きているとき金を持っていた霊は宗教の関係者であった。。
 巨大な信者の恨みは簡単に消えるわけが無い。
瞑想によって、こんな事実が見える様に成れば、それは皆様に有益であるかもしれない。
 ところが、悪魔は何時も人を騙そうとしているので、欲念の切れない方はやらないほうが良い。
金を儲けろ、悪事をしろと囁いてくるのが火を見るより明白だからである。
 皆様の御精進をお祈りいたします。

   +(-_-;) 




 

 仁賢天皇

 05/12/06

 多くの方がなじみがないと思う。
神倭朝24代の天皇様である
 殆ど資料がなく、日本の開運にも僅かな御紹介しか出来なかった。
ところが、この方は大変立派な光であった。。
 いろいろ訳あって、弟が先に即位した。
 そしてその後天皇になられた訳である。
 雄略天皇は大変なテロをしたようであるが、これは側近に問題があったそうである。
何処の国も皆同じ様である。
 そして、25代に即位したのが、武烈と言う天皇で、この方がまた大変だった。。
 この者は朝鮮も統一して新羅29代の王であったが、公式な歴史には載っていない。
武力で天皇の地位を奪ったのだそうである。それで武烈だそうである。。おそろしや。。
 そして、何処にも、武烈の子はいなかったそうである。
 朝鮮に日本の陵を真似た墓が残っているので有名である。
まったく、歴史の真実とは大変なものであると思う。
 何処の国もくさいものには蓋をして、良いところしか見せない。。
 中国はいつも日本に馬鹿な要求をしているが、人民の不満は爆発寸前、国内の検疫体制も不充分で、オリンピックは開催を危ぶむものも多いという。
 労働紛争だけで年に四万件もあると言う。。
DVDは発売した翌日に海賊版が発売され、それが市場の95%を占めると言う。。
 始皇帝に仕えた宦官ではないが、利権を独占したため、貧しさの怒りに震える人民に殺されたと言う。 
 そして、再び、中国は貧富の格差が爆発的に成った。
 日本の旅行に来る富裕層と子供を学校にさえやれない親、売血によるエイズに苦しむ貧民は同じ国とは思えない。
 中国は国としての水準はエイズの波動である。
 乳児死亡率は何と約40%だそうである。。

 光無き癌細胞がエイズの元である。これは霊から出る病なのである。
同胞の苦しみさえ、見ぬ振りをして、大国など存在したためしは無い。
 字の読めないものも亜米利加並にいて、人民解放軍など名ばかりの新興宗教のようなものである。
それが国会に議員として出ているのである。
 今の中国は危険極まりない状態である。。とテレビで言っていた。。

   +(-_-;) 
 
 





 

 言葉の綾

 05/12/05

 昨日の成務天皇の事を書いてからセ・ムと言う言葉が気に成った。
セ・ムと言うのはノアの息子であり、ノアは旧約聖書の洪水物語の主人公である。
 義人であり、アダムから10代目の子孫である。
人類の堕落を怒って神が大洪水を起こしたとき,その指示によっていわゆる〈ノアの箱舟〉を造り,家族や鳥獣とともにアララト山(トルコ東端,アルメニア,イラン国境に近いアルメニア高原の死火山)頂に漂着したという。
 3人の子,セム,ハム,ヤペテからはセム族,ハム族,エーゲ海域諸民族が広まったと言うわけである。
 そして、モーゼは竹内文書によるとアダムの子孫でもある。
モーゼは皇族の傍系な訳である。
 そして、アルメニアと言うのは印欧語族である。
 この国の人は自称ハイと言うそうである。
 アルメニアは前6世紀に史上に出現したと言うから、大洪水はそれ以前だったのかと思う。
 水で以前のものは全て流された筈だからである。
ノアと言う人も洪水の時は既に3百歳以上だったと思う。
 そしてモーゼも600歳近くまでを生きたので、今の人間の10代の数百年とは訳が違うと思う。

 そのモーゼも日本に来て人生を終えたのである。。
もちろん、大洪水はヨーロッパで起こった訳である。
 それにも関わらず、竹内文書には万国泥の海と成ると記されていたのである。

 当時の日本も国際貢献をしていたのである。
それで多数の国の難民も受け入れたのである。
 大洪水以前は地中海さえなかったと言う説がある。。

 今年も龍神様の怒りに触れたアメリカを見ると想像ができる。。
それで、土地を失った人が連と成って日本に来た事も多いのだと思う。
 御先祖様の御苦労の一端も感じられたかと思う。。

   +(-_-;) 
 








 

 成務天皇

 05/12/04

 昨日、日本の歴史を更新していたら参られた。
偉大な方で菩薩の世界に居られる。
 先日、天空浮舟の写真を掲載したが、天皇が空を飛べたのは上古の24代様までだったと言う。
偉大な上古の時代が滅びたのは何故か?
 それは蛇が悪魔に知恵をつけ、悪魔が人を唆したからである。
人にはもっと娯楽が必要だ。楽しみを得る権利があると、悪しき者たちが天皇に迫ったからである。
 この後、上古の時代は終わってしまったと言う。
本来が神の子たる人間は、進んで質素でないといけないのである。
 他の動物を、自分の満足のため、殺して食らうなど本来の人間のする事ではない。

 休みの日にテレビを見ていると、訳の解らぬテレビ放送が多い。
ゴルフやギャンブル、スポーツ中継ばかりで、あまり実にならないものばかりである。
 そして、街に出れば若者の心を蝕んだゲームや、サラ金地獄に引きこむパチスロ、都会では合法ドラッグの販売員と魔界の入り口があちこちで客引きをしている。
 ローマの終焉があったように、日本の終焉さえ見えてきそうである。

13代様によると、旧約聖書はフリーメーソンが作成したのだそうである。
 国境に縛られぬ特権階級は、地球の目付け役だったのだそうである。
それで、亜米利加の1ドル札には、ピラミッドと共に目が書いてあるのである。
 凶と言う字は「メ=目」が塞がれているわけである。
 ×と言うのは魔よけでもある。
ユダヤ人の割礼もここに意味があるが、これは日本の天皇家も同じである。
 それで男系でないといけないと言う議論に成ったわけである。
なかなか、国民にも話せぬことも多いのだと思う。

 目付け役を悪者にするのは、正しい者か?
この世の噂話は、良く検証する必要があると思う。
 それが、皆様のためである。

     +(-_-;) 


 

日本書紀 

 05/12/03

 以前に正しいものではないと書いた。
それでは何のために作られたのか?
古事記が712年に完成したのに、その8年後の720年に日本書紀も完成している。
 日本書紀は藤原氏のために造られたのだそうである。
 藤原不比等は、672年、よもやと敗れる筈がないと思った壬申の乱で敗北を喫し、この時藤原の勢力は弱まっていたそうである。
 この乱により、大海皇子は勝利し天武天皇と成ったわけであるが、はっきり言って賊軍であった。
何故、天智天皇に勝てたのか?
 これも日本史の謎である。
奇跡的な勝利を収めたので「天武天皇」と言う名を贈られたわけである。
 大海皇子と言う名から解る通り、海から援軍が着た様である。。
それでなければ官軍に勝てたわけがなかった。
 隠れていたところは吉野であった。一説には役の行者も荷担していたと言う。
大友皇子が破れた事は藤原氏には大変なショックだったと言う。
 もちろん、しばらくの間は父藤原鎌足の栄誉も影が薄くなった。。
これを挽回すべく、知恵を絞り日本の歴史を捏造した様である。
 こう考えて日本書紀を読むと、いろいろピントも合う。
古事記と似ている所もあるが、日本書紀には高天原すらないのだそうである。
 昨日も蘇我馬子がやってきた。
 蘇我氏は継体天皇の治世以降に力をつけたのである。
そして、最初の蘇我氏は「蘇我稲目」であった。五行、仏教導入の切っ掛けとなった人物である。
 伝えたい事は一杯あるのだと思うが、当研究所の皆様はすでに大きな流れは解っている筈である。
 多くの歴史家は、未だにすべてを日本国内の事として考えているので、日本の歴史の真実が見えてこないのである。
 当研究所の目的は、多くの皆様に、地球のみならず太陽界における地球人の心のあり方を提唱している。
 そのための前段階として日本の歴史の神話を解説しているのである。
宇宙のバランスは対極の星にも多大な迷惑を与えるのである。

 これは宇宙の絶妙な力学である。紙に描いた歴史はかってはなかったのである。
それは人が騙されるからである。
 かっての、上古の天皇様のみならず、子孫と言う方も日本の上古の歴史を全てを頭に叩き込んでいると言う。
 私は神話の事などちんぷんかんぷんで、ひとつも知らなかったが、多くの神霊に教えてもらった。
それで、それなりに辻褄が合ってきた。
 これが本来の姿なのだと言う。
文明が正しく進むと過去の全てが覗けるようになるそうである。
 それは私がサイトで述べている事である。
金銭や地位名誉などが大手を振って歩いている内は駄目である。

 過去、現在、未来の見える方を観自在菩薩と言う。
蘇我稲目の持ってきた仏教は、これを説いていたのである。

 私利私欲、何処かの国の都合のために書かれたものが日本書紀だったのである。
 それで藤原氏は祟られているわけである。。
  どれほどの数の皇位継承者が殺された事か?
 時間のある方は数えてみたら良いかと思う。。 

       +(-_-;) 

昨日のお礼を申し上げます。 

 05/12/02

 昨日は諸天善神様とお狐の皆さんは神様が2柱とお狐さんが38体で、72軒のお宅を訪問されたそうです。
 何時も暖かいお気遣いを頂き誠にありがとうございます。


 とうとう埼玉でも、構造計算書の偽造されたマンションが見つかってしまいました。
住民の皆様はショックだったと思います。
最近出来たマンションに住んでいる方は、とても心配が多いと思います。

 建築業界はとても競争が激しく、一般常識的な経営ではマンション業者は経営が成り立たない様です。
 私の住んでいる土地には10年たっても売れない膨大な数のマンションがあります。
ここは大成建設の施工ですので、とても丈夫そうですが、まったく売れませんでした。。

 噂によると半値以下に値下げした様ですが、それでも売れません。
今にも倒れるかもしれないと言うマンションは5千万円以上のが多いようです。

 やはり都心に通うに便利なら、怪しげな会社の施工でもすぐに売れるので、この様な問題に成るのだと思います。

 今月一杯は、あちこちのマンションから悲鳴が聞こえてくるかもしれません。
買わなかった皆様はよかったと思います。

  +(-_-;) 




 

師走になりました。
05/12/01
 今年もいよいよ師走と成りました。
光陰は矢の如しと申します。
 この地上での時間も、過ぎるとあっという間です。
余計な苦労は背負いたくないのは誰もが同じです。
 それなのに、人生最大の買い物をとんでもない物件を掴まされた皆さんは、今月は大変だと思います。
 昨年の新潟の大地震も大変でしたが、今回は全くの人災です。
 被害者の皆様の転居が順調に進む事をお祈りしています。

      +(-_-;)
img116.gif(1530 byte)