この世とあの世

 05/09/30

 早いもので、もう9月も終わりである。
 人の魂がこの世に出てくるには、一切のものを、向こうの世界においてこないと出て来れない。

 そのため、あの世での事、前世の事は記憶にない。
 それを回復するにはこの世での精進が全てである。

 この世での一切を投げ打ったくらいでは、とても前世の事は思い出せない。
 一部退行催眠で記憶を語る方がいるが、これは魂のレベルによる。

 お釈迦様の悟りは、出家の後、苦行の誤りを気がついたために起こった事に成っている。
 確かに苦行のための苦行では悟れない。

 この世での生を超えた精進の時に覚醒が起こるのである。
 死ぬより辛いなどと言う表現はあるが、人によって感覚は様様である。
 
 この様な時に、人の身体は様様なホルモンを出すのである。
 脳内ばかりではない。苦渋の選択と言うが、口内からも、舌の付け根から出てくる。。

 苦悩が続くと、トイレで真っ赤な血の出る話は聞いた方は多いと思う。
 尿が汚れて赤い程度ではなく、真っ赤である。自分が死ぬのかとさえ思う。

 マラソンでも苦しくなって駄目だと思ったところを超えると、楽になる事がある。
 これは脳内麻酔、ベータエンドルヒンの効果と言われている。

 お釈迦様の頭部が2段になっているのは、実はこのためなのである。
 覚醒した者は、頭部がそうなるのである。覚者の証なのである。

 こうなると、脳内から出るホルモンで自分の精神を調整できるのである。
 殆どの方はそこまで行き着かない。

 宇賀之御魂大神様も大変立派な頭部をしておられる。見えると解る。
 私も既成の帽子では被れる物が殆どない・・

 頭が大きければ良いと言うわけではない。
 あの世とこの世を繋ぐには、正しい心が宿る肉体、脳が大切であるということである。

 それで、イエス様が仰る通り、この世で財産を抱えてしまった者は、天国にはいけないのである。
 貴族が被った烏帽子も、この2段の頭に尊敬の念を抱いていたのである。

 これが歴史書にはない事実である。
 それで、中国で辮髪、日本で丁髷が起こったのである。。
 
 私の頭の上にも段があるが、これは物理的力で造られたものである。
 私の守護霊は、頭部をかってのアトランテイスの人間のように改造しようとしたのである。

 その時は失敗であった。もちろん死にそこなった。。
 私が幼少の頃で3日ほど意識不明だった様である。。

 その後は、数年前、ことら総合研究所を始めてから、頭をちくちくといじっているのを感じていた。

 遠い宇宙の方が、メッセージを受信できる様に登頂部を改造してくれたのだそうである。
 これは2年ほど掛かったと思う。禿げるかと思った。。

 原発や地震の事、龍神様や社主が参られたのはその後である。
 あの世、天からのメッセージは、お金が絡んでは絶対に正しく伝える事はで来ません。

 お金が目的の集まりは全てが光から離れたものです。宗教などではありません。
 あの世とこの世の関わりを邪魔するものが、金に狂った宗教です。。

 いかに思うも皆様次第です。。

     +(-_-;) 





 太田姫稲荷神社のお狐さん

 05/09/29

 昨日も「コン」とノックをされ、参拝者の御報告に来ていただいた。
 大変礼儀正しい、力あるお狐さんである。
 徳川幕府も、15代に渡って存続したのは、このお狐さんの力も大きいのである。

 何故徳川は終わってしまったかと言うと、天保の大飢饉で、政策を間違えた事がある。
 幕府は米倉を解放しなかったので、あちこちで一揆が起こってしまった。
 今の亜米利加も、ハリケーン問題で揉めている。

 直接、徳川を弱めてしまったのは、14代将軍に問題があったと言う。
 僅か3歳で和歌山の藩主となり、将軍となった徳川家茂である
 慶喜が将軍後見職についたが、二十歳の若さで没した。。

 将軍の在位8年だったそうである。
 お狐さんが言うには最初から慶喜が将軍だった方が良かったと言っている。
 多くの方が同じ思いかと思う。取り巻きに騙されていた様である。

 慶喜は将軍在位僅か1年であった。
 多くの方は御金蔵の小判はどうしたかと思っている。。
 お狐さんによると徳川は疲弊しきっていたそうである。

 今の日本政府の御金蔵も似たようなものかもしれない。
 8代将軍吉宗は一時は財政を立て直したが、その時でさえ、吉宗が気を許した途端に役人は不正をしだしたのだそうである。
 
 テレビの水戸黄門は作り話だと言うが、役人の不正は全部本当だと思っている。
かくして徳川幕府は天保の飢饉以後、傾れを討つように崩壊してしまったわけである。
 弱いもの、百姓を働かないから食えないのだ等といっていたそうである。

 将軍は見識のある者でないといけないとの事です。
 公武一体など、将軍家が貴族化したのが間違いだったのだそうです。
 さすがに徳川を支えてきたお狐さんです。

 言った事が的を得ていると思うのは私だけではないと思います。
 私も甘い事は絶対言いません。。皆様次第だからです。

      +(-_-;) 
 


 



 人と道

 05/09/28

 さきほど伏見稲荷から宇賀之御魂大神様が参られた。
人の道について考えていたので、教示をしていただいたのである。

 この世はまじめに一生懸命努力している者の方が報われない。
これは全くの事実である。

 何故なら、上に自分を置いてピンはねする者ばかりだからである。
権力利権に走る者は、それが以外に生きる道がない能無しだからである。

 ここでいう道は、違う道である。
 精神面の道である。

 日本は何処もかしこも嘘ばかりでまじめに生きているものが苦しまざるを得ない。
 信じていた者が、実は自分を騙していたと知ったときは、多くの方がショックだと思う。

 多くの新興宗教の信者は、悲しいかな信じている。。
 騙されているのが解らない。

 この事は、個人の自由ではないのである。
 正しく、瞑想して誤った集団は縁を切らないといけない。これも人の道である。

 私はそれを知っているので教えないといけないわけである。
 それで、毎日日記を書くのが私の道である。

 ここにくる方にも騙されている方がいて、教えてあげたいのだが、そこまでは出来ないのである。
 毎日の様に創価や転利に騙されていたと言う者の霊は来る。凄い恨みである。

 そして、行政や役人への恨みも凄い。
 正しく稲荷神社にお参りしていただければ、救える方も多数いるのだそうである。

 もちろんお金など掛からない。一切の苦しいノルマもない。正しい信仰である。
 多くの方が、苦悩の中でここまでも至らないのだと言う。

 私は宇賀之御魂大神様に、どうしたら人は道に辿りつけるのか、お尋ねした。
 お答は「良き友と付き合う事」と言われた。

 良い師を仰ぐ事ともとれる。。全くのすばらしいお返事である。
 これが、私が書いている無明の夜明けである。

 多くの役人、学者は、この世を数字の集合体と勘違いをしている。
 これが悲劇の始まりでもある。
 
 良き友の条件は、第一に借金がない事だそうである。
 借金は文字通り悪魔との契約なのである。

 クレジットカードもローンカードも全て縁を切りましょう。
 住宅ローンなどもっての外です。ある方は早く返しましょう。

 銀行に恨まれそうな教えですが、全くの事実です。
 耳の痛い方は早急に処理する事をお勧めいたします。先手必勝です。

 良き友の言う事は、良薬は口に苦しかもしれません。

    +(-_-;) 

 






新興宗教の創業者たち・・

  05/09/27

 私が知っている者の多くは、事業に行き詰まった者が多い様である。
 掌関係の創業者は、会社が倒産して新興宗教を始めたそうである。

 創価は金貸しで、転利は訳が解らない。
創業者は家が潰れるほど貧しい者に施しをしたとか言うのは真実は不明である。 

 創業者のお筆先が有名だが、神様がいた形跡はない。。他の者である。。
創業者の娘が発狂したらしいが、悪い事をしたのかもしれない。←「コン」

 そうでなければ強盗までする様な心定めとかのノルマを強要できるはずもない。
降伏の科学はやはり創業者が精神を患い、病院に通院か入院暦があった。。
 倒産会社の元経営者は大変多くて、前科のあるものも多い。

オームもそうだった。有名な星祭の密教もそうである。
 この者は師匠も詐欺師だったが、詐欺師でも何故か京都で大僧正だったそうである。

 自分が宇宙で一番偉いと言って、信者をお布施を出さないと死ぬぞと脅した神様は自らが急死してしまった。
 この辺では有名であった。千葉の野田に建物がある。
 頼みの神様が急死してしまって、地区の集金担当は焦った様である。。近所にもいた。。

 信者の中には、光明を求めている者も多いので、新興宗教の詐欺に引っかかりやすいのである。
 変な宗教に行かなくても、ちゃんと神様は正しい者の祈りは聞いている。

 新興宗教に限らず、多くの宗教は疑問を持たせない。
 黙って金を出せば良いという事なのである。

 これと同じ事は2660年前にもあったわけである。
 日本は神代文字を禁止され、漢字を使用させられ、それまでの重さや長さの単位も変更させらたのである。
 言葉もそうである。
 歴史書も葬られ、まっさらな日本には、過去の栄光は公にはない事にされたわけである。
 足音も残さず、日本に侵入してきた洗脳の文化、それを操る者が「闇に潜む者」である。

 それが誰かと言うと税金が欲しかった者たちである。。日本に税金は存在しなかったのである。
 人から問答無用に毟り取れる等、こんな楽はありません。。

 金貸し、役人、新興宗教の経営者、どうあがいても地獄はこの者たちのためにあるようです。

         +(-_-;) 
 
 

 宙を舞うお狐さん

 05/09/26

  昨日、私の仕事をしている上で、お狐さんが宙を走っていた。
 どうしたのかと思ったら、仕事の邪魔をしに来た者がいたのだそうである。

 お狐さんが宙を飛んでいるのは、発寒神社と同じ感じである。。
 私の部屋ははるかに狭いが、お狐さんには関係ないのだそうである。

  社主もたまに悪霊に食い付いている事がある。知らずに来た悪者だと思う。。
 馬鹿だから、悪霊は地獄に落ちても人に悪さをしようなどとしているのである。。
 
  社主に噛みつかれても、霊としては痛いのだそうである。。当然だが。。
 豊川稲荷や発寒神社の大きなお狐さんに食いつかれたら、悪霊もたまったものではない。。

 それでも、お狐さんに追われた馬鹿者どもは捨て台詞を言っていく。。
 あまりに惨めな、新興宗教信者のなれの果てである。

 馬鹿者どもが狐は動物だ等と腐れごとを言っていたが、おまえらこそ人間の屑だったではないか。
 稲荷狐は神様に認められた眷属である。

 諸天善神様に仕える、その品位は立派なものである。 
 それでなければ、私も相手にされない。人の魂を見る目があるのである。

 これは悪霊にもあって、腐れ霊は光った魂の人の足を、妬みから引くのである。
 それで余計に苦しい地獄に落ちる馬鹿どもなのである。

 全ては新興宗教が金集めのために手下を洗脳したのが諸悪の根源である。
 多くの新興宗教は、丸でネズミコそのものである。

  人を騙して快楽に浸ったものたちの、あまりに惨めな末路である。
 こんな霊が沢山いるのである。皆様も何故か解らず苦労した事が多かったと思う。

 どう生きるのも自分のかってではないのである。
 「思う事さえ自由ではない」というお釈迦様のお言葉を思っていただきたい。。

    +(-_-;) 




 社主のお仕事

 05/09/25

 毎月の事だが、20日を過ぎると社主は忙しい。。
今日は25日で、日曜なので明日が多くの会社でも締めだったり、支払いだったりするからである。
 それで、社主はご信徒様や氏子様の関係で調子の悪いところがない様に、チェックするのだと言う。。 
 社主は地球上の何処に御信徒様がいても、様子が判るという。
 さすがに優秀な稲荷狐であると思う。
 その師匠のお狐さんに成ると、人の前世までわかるというのだからたいしたものである。
 メインサイトに書いてある様に、最初に私のところに来たお狐さんは、私の先祖を7代前までチェックした。
 私も3代くらいしか知らない。。
多くの方はそうだと思う。
 ただし、私は宇宙から、自分の前世は100回くらい前まで教えてもらっている。。
 この太陽系に来てからの事である。

 当たり前だが、お狐さんも、狐を虐めた者の子孫を手伝いなど出来ないのだと言う。
 昨日の、百済と新羅の関係ではないが、多くの日本人がとても嫌うのは新羅系の朝鮮人のDNAなのである。
 中国人も土地によるのである。
 これが地と血の関係らしい。
 私も理屈抜きに「新羅」系の者は嫌である様に感じる。血が騒ぐのである。
 声を聞いただけで嫌である。

 苗字に「新」のつく者は大抵嫌いである。相性が悪いと感じる方は多いと思う。
 日本経済新聞や日航も腐ってしまったと感じている。
 昔は日経の新聞も雑誌もとっていたが、全部縁を切った。。

 きっと肉体の御先祖様も、いろいろなことがあって日本に来たのだと思う。
 日本の歴史と周辺のサイトを読めば多くの秘密が解ると思う。

 そして、オススキ初め幹部のお狐さんは、聖徳太子の生涯まで知っているのだそうである。
 神倭朝以前から、白龍神や九七狐王という存在があったのである。
 九七狐とは白い狐と言う意味であると思う。

 「狐のように賢くあれ」とは青森で人生を送られたイエス様のお言葉である。。
 お狐さんの話題はとても楽しいのですが、私の仕事は正しい法を伝える事なのだそうです。
 正しい歴史の知識なくして、正しい法の認識も無いと思います。

 私の仕事はデリケートで地位、名誉、金銭が大嫌いです。
 今の日本の歴史は、大きな国の権力者のための地位、名誉、財産のためにのみ造られたものだと言う事をご理解ください。

 宇宙の光の前に、貨幣は邪悪の代名詞でしかないそうです。
 皆様が、この事を正しく理解される事をお祈りしています。。

    +(-_-;) 


 百済の斉明王(せいめいおう)

 05/09/24

 昨日、光と共に参られた。
日本の歴史に、少し紹介しているが、余り御存知の方は少ないかもしれない。
 聖徳太子の時代に百済より仏教を伝えてくれた方と言うことに成っている。
 立派な方である。綺麗な光であった。
その方が何故、突然訪問していただいたのか? 最初は解らなかった。
 実は、昨日戦国大名の大内氏の事を書こうとしたのである。 
 その大内氏は、この方の子孫なのだそうである。。
 全く知らなかった。。

  何時に成っても、立派な御先祖様は子孫を思ってくれているのである。
 既に述べた様に、武士は渡来人(連)の子孫が殆どなのである。
 多くの武士は、どうあがいても貴族には頭が上がらなかったので、武力で成りあがったわけである。
  下克上とはまさに悪魔の所行で、裏切りや謀反は日常茶飯事であった。
 太田道灌は主君に実力を恐れられ、風呂に誘われ、だまし討ちにあってしまった。
 刀を持っていたら強かったからであると思う。

  斉明王は蓮の事について語ったのである。
 連(むらじ)に草冠のついているものが蓮なのだそうである。
 古来より印度との友好の証だったのだそうである。
  斉明王は百済の復権を願っていた様である。
 御存知の通り、任那は中国と新羅の連合軍に滅ぼされてしまった。。

 それで、未だに百済の者の霊は、新羅、中国の霊に祟っている者がいるのである。
 そして、日本の真の歴史も一般的には闇の中である。
  聖徳太子が葬らざるを得なかった、神代の証拠の数々・・
 かっては「イ」が滅ぶなどと夢にも思わなかったのである。
  しかし、太子の時代から800年以上を経て、そのローマ帝国さえ1453年に消えたわけである。。

  そして、イエズス会が起こり、織田信長が室町幕府を滅ぼしたのである。
  この頃、大内氏はかっての主君「石橋」を滅ぼしたのだそうである。下克上の通りである。
 そして、大内氏は天皇家の財政の窮乏を救った訳である。

  私は何故大内氏が天皇家の窮乏を救う献金をしたのか、ずっと解らなかったのである。
 まさか大内氏が斉明王の子孫だったとは知らなかった。
 
  この世の中は人の目に見えぬ事が一杯です。
  正しい祈りをして、悪い者に騙されぬ様生きましょう

  ちなみに、斉明王は現在、木星霊界の第6レベル、菩薩様の世界にお住まいだそうです。
 すばらしい光だった筈です。。

     +(-_-;) 
    








 フランシスコ・ザビエル

 05/09/23

 昨日、仕事中に光が舞い降りた。
頭に帽子を被り、仏蘭西人の生出たちであった。
 頭にフランシスコ・ザビエルであると声がした。
確かに教科書で見たザビエルのスタイルであった。
 しかし、これほどの天使(日本人的表現では神様)であるとは知らなかった。
所詮学校で、文字で見て、話で聞いただけであったから当然であった。
 私のサイトにはクリスチャンの方も多数いて、そこから話が行った様である。 
すばらしい光で、最初は何処の神様かと思ったのである。
簡単に御紹介すると、日本最初のキリスト教伝道者である。
 生まれはスペインのナバラ地方だそうである。
 貴族のエチェベリーア家に生まれ、パリ大学留学中にロヨラを知りイエズス会創立に参加したのだそうである。
 そして、ポルトガル王ジョアン3世の以来で1541年リスボンから印度布教に出発したそうである。
その布教先で日本人、アンジローを知り、その案内で1549年鹿児島に上陸、島津高久に謁見したのだそうである。
 これ以降キリシタン大名と言われる存在が世に出るわけである。
織田信長もイエズス会との関係を噂された事もあった。
 ザビエルは、1551年に豊後を出向し、中国での布教を目指したが、途中で熱病で没してしまったそうである。
 そして、遺体はゴアに移されたが、後に右腕はローマに送られたそうである。
 1622年に聖人として列せられたそうである。
 1904年には世界の伝道事業の保護者として定められたそうである。
 光栄な事にザビエルから言葉を頂いた。
  「神の祝福のあらんことをお祈りしています」との事である。
 誠に端的に思いが伝わってきた。
  今も光が舞っている。
 日本でもキリスト教は迫害を受けた。
  徳川の時代は全てにわたって踏絵があった。
 貧しい農民ばかりでなく、大名までキリスト教に傾いた者がいたのは、それなりの理由があったのだと思う。
 今の人からは想像もつかない差別が大名間にもあったようである。
  武士の時代は紛れもなく、日本の地獄の時代だった様である。。

   +(-_-;) 


 邪教の者たち

 05/09/22

 さきほど、久しぶりで転利の悪霊が来た。
何処から来たかと思っていたら、やはり2チャンネルである。
 2チャンネルに書き込む者がいて、あそこには転利の一本釣りをしている者がいるのである。
もちろん信者を釣るわけである。
 嘘を並べて信者を地獄に追い込み、自分らは欲を描く者たちである。
何処の新興宗教もそうなのだが、信者は気がつかない。
 お釈迦様やイエス様が口が裂けてもお布施など言う筈がないのである。
神様も然りである。

 ましてやお釈迦様の生まれ変わり等、寝言を言うなと言いたいが、信者は信じてしまう。。
沢山の役者と手品師に騙されるのだが、信者は解らない。。
 今地獄に落ちて、他人を騙そうとしている者も、騙されていた事に気がついていないのである。。
教祖さえ、その気に成って、自分を宇宙で一番偉いなどと言い出すところもあるのである。。

 信者がそれを信じると、鰯の頭さえ高額で売れるわけである。。
何処かの宗教では、教祖の髪の毛が数万円だったとか言っていた。。
 一般人なら数万円貰っても、そんな物は引取れないと思う。
 騙された信者は上に行くほどお布施集めに奔走せざるを得なくなり、挙句の果てに銀行襲撃に失敗し、検挙され自殺する者などが出てしまうのである。 

 何故そこまで追い詰められなければ成らないのか?
そこには既に常人に理解できる理由はない。。
 狂気の世界であり、宗教は阿片であるとも言われる理由である。

悪しき者たちは、隙を狙っています。
 へんな集会には近づかない様にしましょう。→「コン」(もちろん社主です)

    +(-_-;) 



 彼岸

 05/09/21

 何時もお彼岸になると霊が騒ぐ。
毎年の事である。
 昨日も騒いでいた。
いつかは玄関のベルまで鳴らした者がいた。
 来られてもお困る。。
たいていの場合、その様な霊に案内され行きつくのは、富士の裾野や、大田区城南島等である。。
 先ほどは塀(結界)を潜り、般若の面をつけたものがやって来た。。
よほど、この世で悔しい事があったのである。
 話を聞いたら、やはり新興宗教に祟る者であった。
悔しくて仕方がないのだそうである。。
 嫌で嫌でしようがなかったのだが、強引に勧誘され、とても辛い目にあったそうである。

考えても、莫大なお布施をどうやって集めているのか?
 とても不思議なのだが、喜んで出している人はいない。
すべての信者が欲で入信しているからである。
 出した金以上のものを求めているわけである。。
このような集団は、社会のガン細胞そのものである。

 信者に心の自由や喜びなどあるはずもなく、信者は苦悶の内に人生を終えざるを得ない。。
挙句の果てに、銀行強盗や詐欺、恐喝に走るものも出てくるわけである。
 納めたお布施により表彰されるようである。
 馬鹿としか言いようがない。

この世の最大の悪は金貸しか新興宗教か、どちらかだと思う。
 社主に尋ねたら金貸しが一番悪いという。
確かに、創価も金貸しだったと言う。
 そして、金貸し、パチンコ、新興宗教と言えば、やっているものは皆、朝鮮人、中国人を祖先とする者である。 被害に遭っているものも、朝鮮系の人が多いと思う。

 昔は、中島は中国から来たと学校で話しているものもいた。今は言わないと思う。
 その中島飛行機が作った飛行機は重慶で爆撃を重ねたわけである。
中国で酷い目に会って日本に逃げてきた者も多いのである。
 連につながるものだが、連とは車で進入すると言う意味である。。
その中島の子孫も先祖が解らなくなっていた。
 しかし、DNAは虐められたのを絶対忘れない。
それが、時として戦争に繋がるのである。
 中島飛行機は日中戦争で大活躍をしたわけである。
 因果が巡ったのかもしれない。

  軍拡は何処まで行っても果てがありません。。
 軍事に頼らぬ平和が出来ないときが地球の破滅です。
  全ての武器がこの地球から消えるのはきっと亜米利加が破産した時かもしれません。
 その日もそう遠くはない様な気がします。

   +(-_-;) 



 


 




身近な中毒死

 05/09/20

 フグを食べた男性が死亡。愛知県幡豆町の51歳公務員。知人からもらい刺身にして食べた。調理免許は持っていない。
------------------------------------------------------------------------------------- 
 毎年、ふぐに当って死ぬ方がいる。
この方は死んで天国に行けたと思う方はいるでしょうか?
 まず絶対いないと思う。
社主に尋ねたら、やはり天国には行っていないと言う。
 多くの方の考えの通りである。
誰が考えてもふぐは危険である。
 まして、ふぐの調理師免許を持っていないものが裁いたのでは、自殺行為に等しいかもしれない。
ところが社主が言うには、調理師免許を持っているものが裁いても、食べてはいけないのだと言う。
 誰が裁いてもふぐは危険であり、そのようなものを食べて当って死んだら神様に申し開きは出来ないのだそうである。。
 まことに、眷属の社主である。立派なお考えである。。
確かに、御先祖様にも申し訳がないと思うし、別にふぐなど食わなくても何も困る事はない。
 食べた者が全面的に悪いのだそうである。。
 死んだ方は働き盛りの51歳で、職場の回りの方も困った方がいるかもしれないし、税金で良い待遇を受けていたわけである。 

 お釈迦様は食べ物に耽溺してはならないと言われた。
私は白米ご飯に海苔、納豆、漬物があるとそれだけでも十分である。
 ナスのぬか漬けに、お茶漬けなど最高においしいと思うが、皆様はいかがでしょう?
お豆腐と若芽の入った味噌汁も大変おいしくて、良くぞ日本に産まれけりと思う。。
 
 日々の中で正しく邪な思いを退け生きる事が大切だと思います。
美味いものを食いたいと言うのは、どのような思いか、考えてみる事も大切かと思います。

 因みに、いちごのショートケーキと美味しいコーヒーくらいは良いそうです。。
 これだけでも、とてもありがたい現実的なお話です。。
 女性の皆様は安心されたと思います。

     +(-_-;) 

 薬物の事

 05/09/19

 昨日民主党の前議員が薬物所持で捕まった。
 お名前はやはり「林」のつく者である。
  加害者も被害者も、とても「林」の字が付くもの多いのが皆様も解ると思う。
 和歌山のカレー事件はもちろん、少女の誘拐殺人、橋の談合、東京で殺された女子大生、昨日の前議員と枚挙に暇が無い。。 
 それで、禁と言う字は林の居所を示しているわけであるとは前にも書いた。
 勿論日本には林と言う字がつく者が多いのも確かだが、異常な事件への介入率なのである。
  薬物は若い人にも大変な問題になっていて、今は高校生が簡単に入手できてしまうのだそうである。 
 薬物中毒の人は死ぬと骨が「ぼろぼろ」になると言っている。
 骨壷に入れようとしても箸で骨が掴めないのだそうである。。

 若い人をリードすべき国会議員が、薬物常習だったとはまったく情けない。
 ただ、今の薬は後遺症がないものは無いと考えるべきである。
  私はかってビタミン剤を常用していたが、今は何も飲んでいない。
 関節が痛くて飲まずにいられなかったわけであるが、社主に何度かビビットやってもらってからはとても快調である。。
 それでビタミン剤も止められたわけである。
 社主ばかりでなく、名も知らぬ神様がビビットやってくれた事もある。
 昨日も真言が聞こえたと思ったら、体にビット来た。
  もちろん社主も薬は極力飲んではいけないと言っている。
 一般人から考えると、酒タバコはもちろん肉も魚も食わないで、薬も飲まないと言う人は考えづらいと思う。
 しかし、全くの自然体で、こんな生活をしているのである。
  全く健康であると思う。
 問題と言うと、外食もしないことかもしれない。
 人が肉を食っているのを見るのも嫌だからである。
  お刺身の船盛も、あまり見たくはない。。
  食べるのは若芽と大根くらいである。。
   アスベストも今や被害者は膨大な数である。

  自然な素材、穀類を頂き、肉や魚は極力減らしましょう。
 もちろん薬も最低限度にしましょう。

  もちろん皆様のためです。

       +(-_-;) 









 龍神様のお知らせ

 05/09/18

 先ほど、サイトの表紙に掲載している巨大な白龍神様が参られた。
星からの連絡を持ってきたのである。
 星とは木星の事である。
  太陽の許で、この太陽系を制御している大きな星である。
 木星は巨大な霊界に多数の諸如来、諸菩薩、諸天善神のいる星である。
 龍神様が言うには地球の浄化が始まっているとの事である。
  既に時が来た、これより禊が行われると言っている。
 アメリカで起こったハリケーンは序章である。
 これより、またノアの方舟の様な事が起こるかも知れない。
 聖書には一度しか記されていないが、複数回はその大陸を滅亡させるほどの大洪水が起こっているそうである。
 そして、地軸の反転まで二度は起こっていると言う。。
 モータで考えると、これは逆回転の力である。
 物凄い破壊力だったと思われる。地上の生物全てが滅びたのかもしれない。
  私が調べていた地球の歴史では、地球に人類の消えていた時代があったのである。。
 そして、今の人類は20万年前からの存在と言われている。
  私の最初の地球での過去生も17万年前からなのである。
 三億年以上前にいた人類は、やはり地球に見切りを付けたのである。
  宇宙から来てはあきらめて帰っていくものが多いのである。。

  悪魔の星、天王星は、逆回転に失敗し寝たきりの星になってしまったのである。
  宇宙に逆らおうとしたのである。聖書の左端の事と良く似ている。。
   あの星が起き上がる事は二度と無く、あの星がある限り悪魔の温床と成っているわけである。。
  これが天界に魔が住む理由である。
   いつも宇宙は地球を浄化しようと努力をしている。
  この地球が良かったのは、アトランテイスの時だけだった様である。
  アトランテイスの人達は全く異質な人類であった。
  多くの皆様の心の備えが、正しく出来ます様お祈りしております。

       +(-_-;) 

  
 

 豊受大神様のお話

 05/09/17

 今日も天上付近から「コン」とお狐さんのノックがした。
  気がつくと、発寒神社のお狐さんと一緒に、豊受大神様がやってきた。
 前に簡単に御紹介したが、豊受様はウガヤ38代様の時に、印度から大阪にやって来たのだそうである。
 埼玉の栢間にも印度からやって来た方の巨大な古墳がある。
 もちろん、神倭朝以前の歴史は、現在は公には無い事にされている。
そして「イ」の圧力による国家事業で神代の記録は全て葬られているので、ここも不明な方の遺跡となっている。。 100メーター以上もあるのにである。。
 こんな馬鹿な話も世界中にある。
  権力者とは恐ろしい。。
   大事なのは自分の国の名前だけなのである。。
 今、その古墳の方まで感応されて参られた。
  豊受様より早く、ウガヤ36代様の頃、日本に来ていた方だという。
 もちろん立派な方である。
  この方は頭部に角がある。牛の様である。ギルガメッシュと同じDNAの方かもしれない。
 たずねたら、角はアンテナのようなものなのだと言う。
  この方の先祖は宇宙から来たと言っている。。何時か来た方の仲間だと言っている。
  かって、数百人に一人くらい、この様な方がいたと言っている。。
 この方を見て、亜米利加ではプレデターと言う映画を作ったのである。ふざけた話である。。

 現実には上古もウガヤもあって、沢山の神話の神様が活躍されていたわけである。
 豊受様は最後は熊本に行かれたそうだが、最初に日本に来たときは大阪に着たのだそうである。
 それが大阪の平野区だったのだそうである。お分かりと思うが、「平」とは印度の事である。
  そして豊受様のお宮は平野南と書いてある下の公園らしきところがそうだったのだそうである。
 ここに豊受様は27年ほどお住まいだったそうである。

 oosaka_hirano.jpg 


  そして、その後現在の兵庫県丹波に引越しされたのだそうである。
 そこで、長い間祭られ、後に雄略天皇の勅により伊勢神宮の外宮に引っ越されたわけである。。
 詳細は飛んでいるが、日本と印度のとても深い関係がお解りになると思う。

  今も印度だけは、アジアで唯一日本の安保理入りを支持してくれている。
 印度には本当の日本との関係の歴史を記したものがあるかもしれない。

 よみうりランド系の会社にしてもそうだが、大手のマスコミ関係者は、本当の歴史を抹殺したいものの子孫であるようである。

 また、すこしづつ御紹介いたします。

    +(-_-;) 

 15日の御礼を申し上げます。

 05/09/16

 昨日は社主とお狐さんの御一行様は、31体で69軒のご信徒様のお宅を訪問されたそうです。
いつも御信徒の皆様には、大変厚いお持て成しを頂き、一同心より感謝を申し上げます。
 1日、15日と誰が施与とも申したわけでもないのに、大きな輪になりました。
 強制でもない、深い欲でもない正しい心の思いが諸天善神様には届くのだそうです。
  もちろん貨幣など、諸天善神様や眷属のお狐さんから見れば、ゴミでしかありません。 
 それも悪しきゴミなのです。人を駄目にするからです。
 家族のため、人のため、真摯な思いでお供えをしてくださる皆様には、悪しき邪魔は近づきません。
 おかげさまで、私のサイトも移転をしつつ4年となりました。
 国内的にも、国際的にも良い事は無い時代ですが、心正しき皆様には、いつの日も貨幣でなど絶対買えない平和、やすらぎがあります。

 これがお釈迦様が言った涅槃(ニルバーナ)です。
 仏教学者は違うと言うかもしれませんが、彼らは文字でしか解りません。

 もし、宗教学者たちも正しく神やホトケを体得しているなら、僧侶や宮司の子息ももう少し正しく宗教を体得できるのではないかとも思います。
 諸天善神様や眷属の皆さん、龍神様、大明神様、彼ら学者の中にはただ一人として感得できる者はおりません。
 現実には全ての方、神々が存在し、私のサイトの写真に写っています。

  そして今も、ここで私のカキコを指導してくれています。。
 もちろん、私は、この仕事では1円にもいたしません。ここはお金など近づけない世界なのです。 

 なぜなら、お金のために法を説いてはならないのです。これは宇宙の決まりです。
 お釈迦様を始め、多くの方が托鉢乞食により、その日の生を繋いでいたのです。

 学者は多くは金のためにだけ、仏教、キリスト教を解説し、権力者に都合よく解説しています。
 新興宗教など言語道断に私が言っているのも、宇宙の法に照らしているからです。腐りきっています。
 そして、新興宗教の思想にはびこる蛇と悪魔たちが沢山います。

 権力者、役人らが、とり憑いた蛇と悪魔を払い、自らを正そうとしない限り、この世も確実に破滅、消滅します。
 あの偉大なアトランテイスさえ消えてしまったのです。
 
 多くの方にかってのように、真剣に、太陽への祈りを捧げていただきたいと思います。
  
     +(-_-;) 
   
 

 天保の大飢饉

 05/09/15

 1833年から1836年まで長雨、洪水、冷害により起こった大飢饉であった。
既に幕府は衰退を始めていたのだが、この対策に手を誤り、翌年には大塩平八郎の乱なども起こった。
 幕府の利権に巣食った役人たちが、農民に十分な事をしなかったため、日本中で一揆が起こった訳である。
 何時の時代も利権に巣食った役人はずるい。
 今の時代も全く同じである。

 一般の方がどう思っているか知らないが、現在の総理は弱い者にはこれでもか、これでもかと負担を増やしたが、役人には退職金を割増したりと大変手厚い。
 こんな政治がまかり通るのも、既に日本が天からも見放されているからでもある。
 
 誰が考えても一番の悪事は官僚の天下りなのに、全く手が付かない。
 行政改革は橋本内閣の時も謳い文句だったのだが、全く出来なかった。
  私も最近、全ての役人が死後地獄に落ちるのは全く当然と思うように成ってきた。

  厚生族の橋本氏が何年か前に言った。「こんなに子供が生まれなくなるとは思わなかった」と。 
 役人にして日本が過疎になるとは50年前は思いもしなかったのだと思う。

  既に今年は三万人ほど減っている様である。
 国内では失業が増え、国民が減り、馬鹿な役人だけが能のとしている訳である。

  これで国に繁栄しろと言っても無理だ。
 天保の飢饉があったため、幕府は庶民により一層の倹約を求めたようであるが、これはもちろん大失敗であった。
 その後薩長が台頭して徳川幕府は終焉を迎えたわけである。
 話が飛んだが、今も政(まつりごと)が滅茶苦茶であるのは誰にもわかる。

  八方塞の日本丸である。。

     +(-_-;) 
 


 人の心

 05/09/14

 生きている時、神を理解できなかったものは、死んでも神を理解できない。
これが馬鹿は死んでも直らないという理由である。
何時も、いろいろなサイトを通じて霊がやって来る。
 生きているものと一緒に私のサイトに来て驚いた霊がやってくるわけである。
不浄な霊は肉体的にも不快感を感じるので、大変嫌である。
昨日は豊川稲荷のサイトから、お狐さんを見て驚いた霊がやってきた。。
 その者も霊なのだが、本当に豊川稲荷にお狐さんがいるとは思っていなかったのである。。
創価や天利の懺悔の霊もたくさんやって来た。
 自分たちは騙されていたと言うのである。

 長い時間を縛られ、財産を奪われ、嘘を教えられてきたと言うのである。
全くその通りなのだが、生きている時に何故抜けられなかったのか?
 これは本人たちに反省してもらう以外に、浄化の方法は無い。
 先日の選挙だって自分の意思で投票した者がどれほどいたか?
日本の事より、自分らの集団のために投票した者が多いはずである。
 その結果選挙の苦労を知らぬ者までが国会議員になってしまった。
 話にならない馬鹿者どもである。

 まさに、今の日本は衆愚政治の始まりである。
  腐った日本社会の現われでもあると思う。
 自民公明で立候補した新人たちは経済的に苦労したと言う者も全く見えない。
かって教科書が買えず悔しい思いをした田中角栄のような者が全くいない。
 かっては選挙で負ければ、政治家の家には井戸と塀しか残らなかったのである。

 今だって、小選挙区一本の人はそれに近い。
  それを自民党は帳尻合わせの一般の人間まで議員にしてしまった。
 この「つけ」は巨大な怨念となって必ず国家に返ってくる。
  偏った世界の悪魔の宴の終焉は必ずやって来る。
   誰にもわかると思う。。

     +(-_-;) 
 


 イエス様の事

 05/05/13

 私はイエス様の事をよく書くがキリスト教徒ではない。
何故か縁が出来て、私が中学の時には家に聖書があった。
ぱらぱらと読んだものが皆頭の中に残った。
 旧約聖書のノアの箱舟の事や、身長が3メーターもある人や600歳の年齢の方の事などが当たり前の様に書いてあった。
 多くの方はどう思ったのか知らないが。私はまったく不思議に思わなかった。
そして、今日本の歴史を製作している訳である。。
 本当は地球の歴史を作っていたのだが、これは出来ても誰も全く理解できないので無駄になると言われた。。
 日本にも失われた文化歴史が無数にあった。
権力者がいろいろな理由で封印したからである。
 これなら時間をかければ多くの方が理解できると言われ、始めたわけである。
 幸いな事に聖徳太子を悩ませた巨大な外圧、「イ」の事は沢山の方が理解してくださった。
そして、蘇我氏が狙っていた権威が、イエス様の名声であった。
 そのイエス様は日本の開運にあるように青森県は十和田湖がある、旧戸来村、現在の新郷村に参られ人生を過ごされたのだそうである。
 「十和田」の「十」とは祈りの事なのである。 八戸とは八人のヘブライ人であるが、八は無間の発展を示すことばなのだそうである。
 八戸太郎とイエス様は名乗ったそうである。

heraiduka_0.jpg

heraiduka.jpg

十和田は秋になるとすばらしい紅葉が見られるそうである。
出来れば一度行って見たいところではある。
古くからのお祭も伝わっているそうである。。
 今、日記を上げようとしたら高い世界の霊が参られ、私の目のまで光が爆発した。
あたかもフラッシュの様であった。。
様子を伺いに来た邪霊はこの光で吹き飛んでしまった。
 神の権威とはこのようなものである。

   +(-_-;) 






選挙結果

 05/09/12

 昨日の選挙結果は、埼玉県は民主党が自民に大敗の格好であった。。
しかし、その中身は公明党が一人も立候補してい無いものであった。
公明党では埼玉では絶対勝てないが、自民党に全ての公明党の票が回っていたわけである。
 考えなくても恐ろしい事で、およそ民主政治とは程遠い。
 何の実績も無い自民党の候補が、埼玉6区でも接戦を演じた。。
最初は驚いていたのだが、何時も立候補していた公明党の候補がいなかったのでからくりがわかった。
 そこまで人の心を踏みにじって勝つのが、日本のために成るのか?
もちろん公明の応援をしてをしているものは邪宗教の信者である。

何時も逆らえば法罰が下ると言われ、それを信じてしまったものたちである。
 何が改革なのかと言われれば、教祖が書いた○○革命などと思っているのである。
 それが映画に成ったときも、信者は観賞を義務つけられたと言う。。
たしか、書籍も数十万円したとか言う話であった。。
 買う人の気が知れないが、買わないと恐ろしい目に遭うと脅されたようである。

 なにしろ、買い物に一度行くたび100円を貯金させて、それを上納させている支部も多いのだそうである。しなければ法罰なのだそうである。。
 まるで強盗、恐喝紛いである。。

 私の家の近くの人も、こんなやり方に怒り、創価学会を辞めたのだそうである。
こんな人が沢山いるので、埼玉はよその創価の地区より、ましなのである。
 この創価を辞めた方は地区の上の方で、これでは日本が終わると思ったそうである。。
これは全く当たり前の感覚である。

 辞めた方によると、創価学会は人の自由や財産を毟るためのみに存在している集団なのだそうである。
 まともな教義も無いし、それが正しいと思う。
テレビではあいも変わらず馬鹿なコマーシャルをやっていたが、あの者も元検事だそうである。

表面だけの改革と言う事が、どんな結果に帰結するか。
 それを考える方なら、新興宗教に等入信しない。
 数十万したと言う本も、読んだという方を聞いた事が無い。
仏壇と一緒にお飾りとして、信者の家にはなくてはならぬアイテムの様である。

 お寒いだけの話であった。。

    +(-_-;) 
 

 選挙投票日

 05/09/11

 衆議院選挙の運動期間が終わり、早投票日となった。 
皆投票する方、しない方は決めていると思う。
 いろいろな問題がありすぎる選挙である。
誰があがれば日本、そして自分の地域が良くなるか?
 大きな問題である。。

 政治家や官僚は国家、国民生活をどう思っているのか?
話しているのを聞いた事はあまり無い。。
 考えているのか?

確実に彼らが思っているのは、自分らの身内、家族の事である。
 役人が考えているのは利権と天下り先だけである。
昨日の山形のマット殺人事件の報道でも、とんでもない顛末が報道された。

 民事事件では犯行に及んだとされる七人に一切の不法行為を認めなかった。
刑事事件でも、とても揉めたが、当時の検事は弁護士に成っていた。。
 これも利権の一種なのだが、一般の方はなにも解らない。
 何が利権なのかさえも・・

裁判官だって退官後は弁護士などさせてはいけないと考えている。
 もちろん裁判官は自分で関わった事案には退官後は関わってはいけないことには成っている。

 何処もかしこも、日本は天下りの利権だらけである。
  最高裁の判事だって訳の解らない人が成っている。。
 司法試験など取らなくとも、最高裁判事を務めたものは弁護士に成れる。
  日本には司法試験を取らなくて、弁護士免許を貰った方も1千人以上いるそうである。

 もちろんそんなものは、人生の終わりには何の役にもたたないし、法曹界の内情を知っている方は貰っても要らないと言う。
 山形の事件も刑事と民事で逆転だが、埼玉でも同じ事があった。
結局殺人の罪で苦労した少年たちは、何処に真実があったのか?
 殺したといわれる者たちと、殺されたと言われる少年の親の考えは交わる事は無いと思う。
 しかし、仙台高裁が言うように、かってにマットに包まって死んだと言うのは、あまりにも真実と遠いとは思う。。
 
 政治家にも、ちゃんと底辺の国民を応援してくれる者を選びましょう。
 もちろん皆様が、そう思う方です。

    +(-_-;) 
 





 人に大事なもの

 05/09/10

 皆様に大事なものは何でしょう?
何故か人は順番をつけたがる者がいる。
蓮の花のどの花びらが一番大切かと聞かれても、それを答える事はできない。
 問題にすべきで無いからである。

それぞれの蓮の花は種類により、花びらの数が決まっている。
 それぞれが良く揃っていないと美しくない。
昨日も、日記を上げたら新興宗教の背後の悪魔たちが文句をつけに来た。
 特定の教団の名前も出してないのに文句を言うなと言って蹴散らしてやった。

 何故文句をつけに来たかと言うと、新興宗教に染まっているものは、昨日の日記で思い当たるものが多いからである。 

 かれらは奴隷(=信者)に逃げられる事を何より恐れている。当たり前だが。。
 それで、教団を離れ様とするものに悪さをする事があるのである。
それで、現実に事故にあった方もいる。
 中には死んでしまった方もいるかもしれない。
 その程度の者たちが背後には蠢いているのである。

日蓮は国立戒壇を造れと言っていた様である。
 出来たら立派だったと思うが、何かの役に立ったであろうか?
 未だに出来ていないのは、多くの方が必要と思っていないからであると思う。
仏教徒を語る多くの方が仏教を理解していない。
 仏の存在さえ思わないのでは、仏教と言う言葉さえ死語である。
何時も大明神様や「ホトケ」と言う存在が人の傍にいる事を理解できて、はじめて宗教は語れると思う。
 人の魂は時のない宇宙を天生輪廻している。
 現在、過去、未来と言う軸は無始より始まり無終に至るのである。

 心正しき事が魂の栄光の全てなのだそうです。悪い奴とは縁を切りましょう。。
 
    +(-_-;) 







 業務報告

 05/09/09

 先ほど、いつもの様に「コン」と音がしてお狐さんが参られた。
社主はもちろんの事、発寒神社や豊川稲荷のお狐さんも参拝者の報告に来てくれる。

 見事な霊験の写真を見た参拝者は、殆どの方が心を洗われるそうである。
ありがたい姿を見せていただいて、感動しておられる方もたくさんいる。
 新興宗教ならすぐ入信せよと言うのだろうが、当研究所は自由な世界である。
 信じるも信じないも、その方の自由である。
どこかの教祖の様に「我を信ぜよ」等と、口が裂けても言えない言葉である。
 イエス様もお釈迦様も言っていない筈である。

昨日も、ある方の先祖様が来て言われた。
 「多くの宗教が偽の名誉、虚栄心につかり、その心が毒されている」と。
 すばらしい方がいるものである。
 この方の御子孫は本来正しい宗教を勉強せねばならないはずだったのだが、新興宗教に毒されてしまった。
 それで、兄弟までもが邪悪な霊に酷い目に遭ったそうである。
 この方が言うには、全ての宗教にかかわったものは虚栄心、見栄を捨て、正しい祈り、懺悔をせねば成らないと言っている。

 「己の心を正しい方向に突き詰めよ。」と言っている。
 己に妥協無く、邪魔を打ち払わないと天国の門は開かない。

 人生が終わってから、いろいろな事が走馬灯の様に、極彩色で目の前に出現するのである。
これは飛行機で言うとブラックボックスである。

 それが皆様の心の中にもちゃんとある。
 昨日を省みて、人間は今日を改善する能力を持っている。生きている間は。。

 時間切れにならない内に、今心を改める余地を見出す事をお薦めする。
余地が無かったら無かったで、それで良いのである。
 これが瞑想で大事なところである。 

反省するところなど何も無いでは、地獄で這い回っている者たちと同じである。。
 それだけは避けていただきたい。。

     +(-_-;) 

 想定の範囲

 05/09/08

  亜米利加の大水害は未だに水が引ける様子は全く無い。
いろいろな問題を想定して、治水事業は行ってきた筈だが、ご覧の通りである。
まちには、未だに2メーターもの水位がある。
 それでも20%は低くなったと言う。

 日本の関東でも何度も利根川や荒川周辺が水害に見まわれた。
何年か前は群馬県の県庁が水没し、車が利根川を何台も流れてきた。。
凄い光景で、沢山の野次馬が利根川を流れて行く車を見ていた。

 その昔は荒川も良く氾濫した。。
 ダムも無かったが、水があの高い土手を溢れてきたのだそうである。。
そして、信じられない事に、何処から来たのか大きな帆掛け舟までいたそうである。
 どれも見た事のない方には信じられない事である。
 昔から古文書にあるノアの洪水等も確かにあったのである。
そして滅びた国があったのである。先日言った国である。
 国民年金を創設した時は、人生は50年と言われ、多くの積み立て金は国庫に入るはずだったのである。
 役人はぼろもうけできる筈だったのである。
 ところが想定は寿命も人口増加も全く外れ、人生は80年の時代である。
そして既に今年は日本の人口が減少してしまっている。
 これも想定より2年も早い。。
 これから世界は想定の範囲外の事が沢山起こるのである。

 私が書いた日本の歴史も、過去の権力者は想定の範囲外の事だった様である。
  善悪沢山の霊が来た。
 読んだ方がどの様に思っているかは知らないが、私だって想定の範囲外の事ばかりだったのである。 
 ゴミの様な、僅かなパラメータの中で人から搾取しようと画策しつづけた愚かな役人たち、その腐った性根の精算の日は近い。。

   +(-_-;) 
 








 亜米利加の心

05/09/07

  昨日、日記を書き終えたら、立派な方が来ていた。
 私は何処かの神様かと思ったら、亜米利加の初代大統領だったそうである。
 今日も参られたのでお話を伺った。

  「亜米利加は暗黒政治の国に成ってしまった。
 亜米利加が成すべき事は世界の平和と安定を図り、それを維持する事である。
   しかし、その心は悪魔に奪われてしまった。
 過収入と贅沢がアメリカを堕落させてしまった。
 亜米利加は建国当時の心を思い出さねばならない。」

 とてもすばらしいお話で、今の亜米利加を良く語っている。
 皆様も心に染みると思う。

  この方は二度の大統領選に立候補され大統領を務め、参度目、1796年は民主主義を破壊すると言って大統領選に立候補をされなかった。

 これは現在法制化され、亜米利加では大統領は2期までしか出来ない。

 このかっての大統領が何を言いたいかは、亜米利加国民は元より、世界中の人が感じていると思う。
 私は亜米利加は今後どうするべきか尋ねた。

 「贅沢な心を捨て、戦争を放棄せねばならない。」

 とのお言葉である。まさに諸天善人様のお言葉である。
 もちろんできなければ、亜米利加にさらなるつけが回ってくるとの事である。。

 信じ様が信じまいが、ハリケーンは現実に起こったのである。
 災害は必ず弱いものが割を食う事を指導者は知っていて欲しい。。
  その後は、もろもろが皆様の思う通りの展開に成ると思う。。

   +(-_-;)  

 







 宇宙の法

 05/09/06

 昨日、裁判官の事を書いた。
その後、悩める元裁判官の霊がやって来た。
 この方は戦時中の物資が無いときに、闇米は違法であるとして、食を取らず餓死した様である。
 皆様はこの方の判断をどう思われるでしょう。?
 この地上の法律では、闇米は贓物、つまり違法行為によってその存在があるものと言うことになる。
  直線的思考では、この贓物は法的に保全の対象であり、毀損してはならないわけである。
 しかし、目の前に食料があり、それを食べれば生きられたのに、餓死してしまった。。
 これは法曹的には鑑であるが、宇宙の法の許には間違いである。

 緊急避難として考慮し、生命擁護のための仮処分を出しても命は守るべきであった。
 社主にも尋ねたが、やはり意見は同じである。

 同じ裁判官でも、この方も祖先が独逸の方である。信念が違うと思った。
 中国人祖先の腐れ裁判官なら、こんな事は絶対にない。

 これも中国が何時までたっても後進国の理由である。利権だけに生きている馬鹿どもである。
 未だに選挙さえ一度も行われない国なのである。
 経済的にも一皮剥けば北朝鮮と同程度で、公務員の月給が、日本円にして4000円程度なのだと言う。
 因みにロシアは一般的に月給が三万程度で中国よりはかなり良い。
 亜米利加も堤外に住む方は、ご覧の通りの有様に成ってしまった。

 その亜米利加は識字率が先進国中の最低の8割である。。新聞も売れない筈である。
 人にとって国家の体裁、見栄とはまさに悪魔そのもののように思える。

 善良なよその国に爆弾落とす金があったなら、堤防工事をしっかりやるべきだったと思う。
 うかうかすると、ブッシュはリコールされるかもしれないと思う。
 前例無き異常事態である。。

       +(-_-;) 
 



 公務員の審査

 05/09/05

 衆議院選挙が近い。
裁判官の国民審査もある。
皆さんも辞めさせたい裁判官がいるかと思う。
 私も沢山いる。悪魔の手伝いをしているものたちである。
公務員なので何をやっても罪にならないと思っているのである。
庶民の苦労を知らずに、黒いカラス服でふんぞり返っている。
 この世を去って魔界の底で何が悪かったのかさえ解らないのである。
先日も、帰化もせず公務員になったものを管理職にして良いなどと言う裁判官が、最高裁に複数いた。 
 あきれ果ててしまったが、皆様はどう思われたであろうか?
帰化はする気になれば出来たのである。少なくとも公務員なのであるから。
この朝鮮人女性を公務員にした裁判官も辞めさせるべきであった。
 多くの日本人はそう思ったはずである。
 朝鮮出身の方だって、社民党の議員をはじめ、テレビのキャスターなども皆日本に帰化して、ちゃんと仕事をやっている。
 日本の若者が公務員に成れないものが多いのに、何故朝鮮国籍のものをそのまま公務員にしたのか?
 良識ある方なら誰でもわかる。
 この朝鮮人の女性は、日本に来るなと言っていた。
まず自分から、とっとと朝鮮に帰るべきである。思い出しても気分が悪い。
日本人の税金を飲み食いしているのを考えるべきだ。

 馬鹿な役人は、採用せねばならない枠がある。
それで馬鹿役人が増えるのである。
全ての役所にある同和対策の枠もそのひとつだとの事である。
 悪用されるらしい。採用で金を懐に入れる者たちにである。東大阪の話が事実である。

 それでも、裁判官は純な日本人は「良民」しか成れない事に成っている。これが事実である。
帰化人は良民の内なのである。それで、同じ朝鮮の出身者にもとんでもない判決が出る。

 もちろん、中国人子孫同士が結託した裁判も同じである。とんでもない話があった。
 訳も解らずとんでもない目にあった方は膨大な数である。
  薄汚い馬鹿な裁判官は皆辞めさせるのが国益である。
 ただし、裁判官など馬鹿しかやり手がいないのが昔からの問題なのである。。
  いくら金など貰っても「良識人」では出来るわけが無い。。

     +(-_-;) 

 身近な問題

 05/09/04

 昨日は、鴻巣の市内で大きな交通事故があった。
若い方がお亡くなりになった。 
 見通しの良い緩やかな国道十七号線であったが、この国道の鴻巣市内間は恐らく日本で一番人身事故が多い。
以前にも北本吹上間は、埼玉県の全部の人身事故の七割を占めていると言った。
 その埼玉は、いつも交通事故は全国でも3本の指に入っているからである。。
自慢にもならないが、異常な事故の片よりは不浄霊がいるからである。
前に社主に聞いたが、女性の霊がいるのだと言う。
 国道十七号は、この辺は桑畑を開いたのであるが、かっては大きな屋敷やお宮もあったそうである。
 それで事故のあった辺りは宮地と言う土地なのである。 
 不遇な最後を遂げた方かもしれない。
今気がついたが、以前に事故にあった方は高齢であったが、夫婦で車を運転していた。
そして、昨日の若者も男女で乗っていた。
 何もないところなのに、かなりの高さの中央分離帯を乗り超え対向斜線に飛び出してしまった。
そして大型車とぶつかってしまったと言う。
いろいろな偶然が重なった不幸な事故といえばそれまでである。
 ふと、尼崎のJR事故もダブってしまった。あれももちろん霊障である。。

 しかし、男女の問題で亡くなった霊も多い。。
 それでも人に祟れば悪霊である。
 前に、泣きながらやってきた女性の霊がいた。
しかし、守護霊は厳しい言葉で「悪霊よ去れ」と言った。
私が幼い頃で、子供心に私は、その女性の霊に哀れみを感じた。
 もちろん、この様な霊は人を金縛りにするのである。
これが事故の原因である。
社主が言うには、鴻巣市内の十七号線には三柱の不浄霊がいるのだそうである。
 皆様も外出の時は、交通には気をつけましょう。

   +(-_-;) 



 女川の原子炉

 05/09/03

 東北電力は2日、宮城県南部で8月16日に震度6弱を観測した地震で揺れの指標となる加速度が、女川原発1号機(同県女川町など)で、周辺の理論上の最大地震を想定した「設計用限界地震(S2)」の673ガル(周期0・05秒)を超える888ガルを記録したとの解析結果を発表した。
 女川原発周辺では近い将来、今回の地震より強い、最大でマグニチュード(M)8クラスの宮城県沖地震の発生が予想されており、耐震安全性の再確認が必要となった。 原子力安全・保安院は「詳細に分析した上で議論を詰める必要がある」として、東北電に、S2を上回った原因と同原発の耐震性を調べるよう指示した。

 やはり、宇宙からの知らせの通り、女川の原発は大変危険だった。
私は遠い宇宙のメシアが伝えてくれたものと思っていた。
しかし、伝えてくださった方の姿が無かった。
 今も参られ、この記事の事を教えてくださったのである。
来た事は社主が教えてくれたのである。そして、光の音で解る。
この方が、お釈迦様が「ホトケ」と呼んだ存在なのだそうである。
 何故解るのかと言えば、それは感性である。
この世の中の金儲けに終始しては、お狐さんでさえ解らないと思う。
こんな優しくて、頼もしい稲荷狐さえ解らなくては人生の損だと思う。。
 前に言った様に、「ホトケ」と言う存在は肉体を持った事が無いのだそうである。
そのため、感性がまったく違うのである。
人間が考える信賞必罰さえ、穢れ(けがれ)なのである。
 戦場には近づかず、虐待は思わぬ世界が大切である。
必ず、因果は巡ってくるからである。
 先日も言ったのが龍神様の天罰である。
亜米利加はテロの対策はしたかもしれないが、考えもしない巨大な天罰を受けた。
 ブッシュが苦悩しているのが判った。。
人の目はいかに騙そうとも、神々、天は騙せない。
 元寇の時だって竜神様は元の日本侵攻を二度とも許さなかった。
当時の元は負けるなど夢にも思っていなかったのである。
暗い地の底に這い回っている愚か者たちも思い知るであろう。
 亜米利加への天罰も始まったばかりである。

   +(-_-;)  

 宮司の堕落の問題

 05/09/02

  近頃話題の宮司の問題は、國學院から腐っていて、神社庁も大変な様である。
 今年も、明治神宮と問題を起こしたので何が原因かと思っている方も多いと思う。
 簡単に言うと悪魔がとり憑いているのである。 
  國學院の学生も馬鹿をやり放題で、精進と言う言葉とは遠い様である。
 極まれにはまともなものもいる様であるが、神様と縁があるものはいない。
 彼らは金のためにのみ神職を業務とするのである。
  死後はもちろん地獄の底である。
 神を愚弄したものたちである。他に行くところなどない。
 嘘かどうかは、彼らが死後知る事になる。
  お決まりは俺は悪い事はしていないである。馬鹿者どもがほざくなと言いたい。
 ヨーロッパの古い教会でも、沢山の自爆霊(=地縛霊)が見える。
 彼らは神とは言葉の上のお遊び、自分らの都合のためにのみ上と言う言葉が存在したのだと思っているのである。
 やっと地獄を這い出し、再び地球に生まれ、また失敗して地獄落ちする者たちなのである。
 宇宙は寛容で、地の底の者たちが更正するのを見ていてくれるのである。
  免罪符によって罪を作ったものたち、法律を生業として大罪を背負ったものも、その根は金によって腐ってしまったのである。
 彼らは生まれ変わって業を償うにしても、金のある世界にしか転生できないのである。
 この宇宙に金の無い世界ばかりになったときは、魔界の魂も終わりのときである。
 そして、それが宇宙標準である。
  今、魔界の者たちが震えているのが解った。
 きっと彼らは、この地上の人生で、ただの一度も禊をしてからお参りなどした事の無いものたちである。
 御先祖様だって体裁で墓参りされ、拝まれては困る。
  それとお墓にも、仏壇にも、酒やタバコは上げてはいけませんので伝えておきます。
 なぜ悪いと言う方は、いないと思います。
  社主も当たり前の事と言っております。
 以上は正しい物差しです。正しくお使いください。。

    +(-_-;) 






 防災の月

 05/09/01

  昨日はネットが重かった。
 ハッカーのログを見たら大量に付いていた。
 これは最後のログである。
hakker_050901.jpg

最初はクリーブランドと言うところから来ていた。
そして、以下がログである。
1は私の所で25番目がクリーブランドである。
最後のプロバイダーの会員なら悪い事をしてもIPから御用になるわけである。

hakker_050901_log.jpg
 ところが次のような場合もある。
 別のヤフーBBのログを追いかけたら、その者は居ないということである。。

hakker_050901_log2.jpg
 これはどういう事かと言うと、まずBBがハッキングされていると言う事である。。

以前ヤフーの資産管理ソフトをダウンロードしようとしたら、頭の上から「コン」と社主のお知らせであった。。
 そのようなものは使ってはならぬということであった。

 ヤフーのフリーメールも全く知らない方のものが来ていたりした事もあった。
銀行もネットで振込みまで間に合う時代である。
せめて、ネットバンキングを使っている方はハッカー対策もしていただきたいと思います。

  便利は裏返すと恐ろしい事になりかねません。
 何時も気を付けて生きる事がお釈迦様の教えです。

 今月も大明神様、諸天善神様、眷属の皆様とともに、訪問者の皆様の御精進、健康、安全をお祈りしています。

    +(-_-;) 
   
img116.gif(1530 byte)