平成23年お正月の日記

 大晦日です。

平成22年12月31日

 本年最後の日記です。今年も、訪問者の皆さんと共に、神々仏様、眷属の皆さんに、いろいろな事を学ばせていただきました。
神々、仏様、眷属の皆さんと、お引き立ていただいた皆様に一年の感謝を申し上げます。ありがとうございました。

 訪問者の皆さんも、多くが前世でキリスト教などとも深く関わりを持ってきました。
それは、遠い神代からの事です。エリアの事でも感じられたと思います。

神々

 皆さんは、地球ばかりでなく、いろいろな星を転生しながら、今も、この地球に出た方が多いのです。
この地球は、今現在は悪魔に汚され暗黒世界の星と化しています。このような星が、新年を迎えられることすら奇跡的なことなのです。

 今日は今年の最後の一日ですが、いろいろな原因で、今日を最後に、この世を去る方も多いのです。
広大な宇宙では、地球時間の今日、その偉大な文明を閉じるところも多いのです。

 星や、その星系にも、当然寿命はあるからです。
しかし、この地球はまだ若い星なので、地球の人が正しい方向に向かえば、まだ長い命があります。

 その星の生命を蝕む者が、悪しき人類です。化石燃料を掘り燃やし、宇宙に鉄くずを捨てるエイズウイルスのような者たちです。
鉄くずとは、宇宙に打ち上げるロケットのことです。宇宙的には中皮腫の元のようでもあります。

 アミも言うように、宇宙も有機体(生活機能を有する組織体)なのです。
当然、自己防御システムもあり、悪い存在と見做されたものは消毒に来るのです。あしき国もそうです。

 2012年までは、後1年です。
来る平成23年も、皆様が実り多い、精進ができますようお祈り申し上げます。

神々

 来る年も、神々のお喜びが、この星にありますように思っています。
諸天善神、御仏、眷属の皆さんには、今年も大変にお世話になりました。

 良い年をお迎えください。
   
 +(-_-;) 


 宗教改革

平成22年12月30日

 勿論、それはルターが免罪符を批判したことから始まります。
誰が考えても、罪が金銭で贖える理由はありません。償えるというのは金の亡者の嘘です。

 しかし、未だに中国では、裁判官に多額の賄賂を出せば、罪は許されるようです。
高弁護士と言う人は、これに悩み苦しみ、政府批判し、投獄されたようです。この人もノーベル平和賞の候補です。

 当然、ヨーロッパでは、免罪符で儲けていたものとそうでない者とは、戦いになりました。
当時は、教会で裁判をしていたからです。金を出せば無罪放免でした。

 これは宗教戦争へと発展して、沢山の人が死んだそうです。多くは傭兵だったそうです。
しかし、一般人や聖職者も巻き込まれたのは当然です。神父と牧師の争いです。

 ある黒白の猫は、前世フランスで牧師だったのだそうです。よくある話です。時期的には400年くらいは前です。
今は優しい飼い主に飼われて、幸せな日々を過ごしているそうです。。

 ところが、その先代の猫(黒猫)も牧師で、しかも、その白黒猫が牧師だったときの先祖だったそうです。(^_^;
類は友を呼ぶという法則は、このような事象にも反映されるのです。

 不思議なことに、黒猫は、ある日突然、自分の家のように飼い主の所にやってきたのだそうです。
たまに聞く、不思議な猫のお話です。

 社主が、初めて、私のところにやってきたのを思い出しました。→「コン」
先日からイエス様に縁の深い方が降臨されています。こちらも縁が深い方です。

仁徳天皇

 品陀和気尊の第4皇子と言われる仁徳天皇です。イエス様とも縁が深く、プロテスタントに聖人、預言者として祀られたそうです。
ご覧のとおり、すごい光です。

 多くは、日記でも語れないことが多くなりました。日本の歴史も更新しづらく成りました。
皆さんが見ているものはすべてが事実の写真です。

 日本名で八戸太郎などと呼ばれたイエス様の真実も、キリスト教の密教で伝わっているそうです。
勿論ごく一部のものしか知りません。その1名が、私のところに来た白黒の猫の前世の牧師だったわけです。

 私も免罪符などというものは許せません。→「コン」
死刑を廃止するかどうかの議論の前に、この世を犯罪の起こらない世界にしないといけません。

 仇討、決闘も明治以前は合法だったのです。
無差別な人殺しが起こるように成ったのも、今に始まったことではありません。勿論、武士は罰せられなかったのです。

 そんな前世の業の歪も、今の世界に、業のエネルギー調整として蘇ってきているのです。
これがおかしな事件の原因です。こちらは徳川に縁の深い日光の天狗さんです。

日光の天狗さん

 こちらは高尾山の天狗さんです。

高尾山の天狗さん

 写真で紹介できるのは、限られた土地の天狗さんだけです。
こちらはカラーで映りました。日光の天狗さんです。

日光の天狗さん

 いつもお狐さんや猫、天狗さんたちも、いろいろな話を聞かせてくれます。
とんでもない宇宙の、お馬鹿な話より、皆さんの心には栄養に成ると思います。

 年末年始に冬山に行く人は、遭難に、十分注意して出かけましょう。
   
 +(-_-;) 


 ミカド

平成22年12月29日

 ミカドは三門と言う字も当てることがあります。
鴻巣の生出塚古墳のウガヤ16代様は産門真幸天皇と言う字が当てられています。

 こちらは、昨日の買い物帰りに撮った写真です。ミカドです。

ミカド

 昨年から、神猿の皆さんや天狗さんが訪問して下さり、今年はいろいろな事をまとめられるように成って来ました。
昨年は、伏見の天狗さんも来て欲しいと言われたのですが、時間的に全く都合がつきませんでした。

 お釈迦様は、社主のお社に降臨されてから、勝願寺のお十夜では、実像モードで姿を見せて下さいました。
昨夜も姿を見せて下さいました。こちらです。神々、仏様は、この世の宗教団体には縛られません。当然です。

神々、仏様

 さすがに大霊の皆さんはすごい力です。
お釈迦様の生まれ変わりなど、この世にはおりません。ご覧のとおり、天界にいるのです。

 高尾山や日光の天狗さん、イエス様の関係の預言者までが、年末の挨拶にきてくださいました。
明日掲載いたします。

 今年は、皆さんの心が、大きく進歩したのを感じています。
   
 +(-_-;) 


 師走の(せわ)しさ

平成22年12月28日

 今年も、あと3日程で終わります。
来年への思いも、様々だと思います。

 私も新年に備え、トップページを更新中です。
不思議なことは、沢山あります。人の苦しみは、地球人特有のものだそうです。その遠因は、地球が魔界だからです。

 魔界とは貨幣のある世界です。あらゆる秩序、真、善、美、正しい心を破壊する世界です。
戦争で沢山人を殺すと英雄と言われる世界です。生き物を殺して、その死骸を喜んで食う世界です。

 魔界とは馬鹿の世界で救いようなどありません。
地球経済は、予想通り、2010年を滅亡と評価できます。→「コン」

 若者に仕事が無いのは、文字通り、経国済民が、行き詰まったということです。
アミが言うように、戦争が企画されているかも知れません。最終戦争です。

 半島情勢がとても危険です。
アミの世界では円盤から地上に降りるのに、光のドームを使っています。

光のドーム

 これは社主のお社に、眷属の皆さんがドームの中を降臨してきたところです。
遠い宇宙にも、簡単に行けるのです。

 イエス様が言う、天界の門をくぐれるものは、天を舞えるのです。
重しが付いていたら、当然不可能です。それが、地位、名誉、財産、それに、この世で作った業です。

 今も背後で、助けて・・と声がしました。
全ては自己責任です。アミが言う使命を果たすにも、余計な地位、名誉、罪産は不要です。

 多くの皆さんが、毎日、金の亡者との戦いで大変かと思います。
良き道には、悪魔のノルマなど無いのです。

 残り少ない今年の日々ですが、必要な事を、正しく、していきましょう。
欲から出る思いは、全てダメです。

 師走に多い自動車事故には、くれぐれも注意しましょう。
   
 +(-_-;) 


 天界の神々

平成22年12月27日

 マリア様が、皆様の祈りに応えて、姿を見せて下さいました。
イエス様も牛頭(GOD)だと、既にお知らせしてありますので、マリア様も、そのように思った方も多いと思います。

 女性は結婚式で、和式、西洋式を問わず、被り物、角隠しをします。
目に見えませんが、多くの方は角があるのだそうです。これがイエス様が言う神と精霊と子の、「子」の証です。

神々、アリア様

 人によって、見え方が違います。
当然、見えない人もいるのです。ここは限られた人たちの密教の世界です。

 そう言えば、子供の頃の色盲検査で「フジ」のついた者が引っかかりました。あの水玉文字が見えないのが不思議でした。
世の中には、見えない聞こえない=理解出来ない下人が多いのです。

 ここに来た皆さんは、天界の門を叩けるかも知れない、限られた人です。
次の写真は、屋根の上の悪霊どもです。新興宗教の、誤った考えを持った者の家です。

屋根の上の悪霊ども

 役所、裁判所の上にも、よく居ます。能がないクズどもですが、権力があると思っています。
それで冤罪不祥事が、いくらでも起こります。

 こちらに対峙するのは、皆さんを守る天界の神々です。
大山咋神、天海上人、天狗さんです。

天界の神々

 高尾山の天狗さんです。
大きな木彫りの像と同じようです。

高尾山の天狗さん

 そして、稲荷神の皆さんです。

稲荷神の皆さん

 悪魔の世界で、環境に騙され、沢山の毒を吸ってしまった人が殆どです。
日本のお正月には、肉などあってはいけません。

 お正月には、よく、毒を抜きましょう。
   
 +(-_-;) 


 マリア様

平成22年12月26日

 イエス様の話には、マリア様がつきものです。
マリア様が、東北に案内してくださいました。青森、秋田はイエス様のお話が多いです。こちらは五所川原です。

五所川原

 五所川原は、御所の腹と言う意味です。その御所はどこだったか、マリア様にお尋ねしました。
その答えは、金星だそうです。金木と書いてあります。

 天皇家は、当然、金星とも縁が深いのです。
ここで、長い間、学んでいる人は、大山咋神様、咤枳尼眞天様が、皇居に降臨されたのでも解るかともいます。

 そして、大仙市に案内されました。

大仙市

 ここに船王神社というのが現れました。
見事な丑寅の土地です。

船王神社

 ここが大切な土地なのだそうです。
船は八幡様、天磐船です。天照様の土地も船、ハネ(羽)のついた土地が多いです。

妖精たちによる∞マーク

 そして、オキネさんの窯跡には、沢山の神々、天狗さん、眷属が降臨されます。

沢山の神々

沢山の神々

 最後に神々の芸術です。

神々の芸術

 展覧会でも入賞しそうです。
神の世界は、きれいで、楽しいのです。

 それを愚か者どもが盗もうとしたので、この世は魔界となってしまったのです。
地球も癌細胞な国は切って取らねばなりません。

 これは世界中で力を合わせてやるべきです。
遠い星からやって来たマリア様、ご苦労さまです。
   
 +(-_-;) 


 イエス様からのクリスマスプレゼント

平成22年12月25日

 今日はクリスマスです。
イエス様が実像モードで、降臨してくださいました。この写真も、人力では、できません。

 信じようが、信じまいが、事実です。よくご覧ください。
キリスト者の皆さんは、イエス様に頂いた慈悲、奇跡です。よくお祈りしてください。

イエス様

 こちらに拡大写真を掲載いたしました。
イエス様にも、司令官やモーゼと同じように角が見えます。これは真実です。石切さんです。

拡大写真

 頭に巻いたものは、バンダナとでも言うのでしょうか。
神々の慈悲の大きさは、人知では計れません。すごい光です。

 キリスト者の皆さんは、イエス様と謁見(えっけん)できたことをお祝い申し上げます。
よいクリスマスを、お過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 良い質問

平成22年12月24日

 悪霊から逃れるには、どうしたら良いか?
悪霊を一網打尽にできないかという質問が来ました。

 悪霊どもは、悪い者たちが段階的に場化学結合して、その世界を構成しています。(冤罪→警察、検察、裁判所)
その者たちは、第三者への悪影響を及ぼします。

 この悪霊を避けるためには、悪霊が来ない、良い光の世界にいなければなりません。
そして、来た悪霊ども(=悪い思い)は、その場で退治することが大切です。

 陽明学とは、本来この考えでしたが、やはり欲望肯定になってしまったそうです。
欲望というものについての、その範囲が大切なのです。悪霊に唆されたものでは駄目ということです。

 この思いの範囲の見極めが大切です。
宇宙法を理解出来ない馬鹿には、この仕切ができないのです。→「コン」


ようめい‐がく【陽明学】ヤウ‥
明の王陽明が唱えた儒学。初め朱子学の性即理説に対して心即理説、後に致良知説、晩年には無善無悪説を唱えた。
朱子学が明代には形骸化したのを批判しつつ、明代の社会的現実に即応する理をうち立てようとして興り、やがて、経典の権威の相対化、欲望肯定的な理の索定などの新思潮が生まれた。
日本では、中江藤樹・熊沢蕃山、また大塩平八郎(中斎)らに受け入れられた。王学。心学。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 悪霊を寄せないためには、正しい人の集団が、仲間に、友に大切です。これも仏教です。
お釈迦様は、お経など残していないので、当然、お経を読むことは仏教の目的ではなかったのです。

 仏教は、神仏の現れることが出来る、正しい、心の形成が、その目的だったのです。
もちろん、悪魔の世界(この世)から解脱するためです。

・・今、大塩平八郎という方が感応しました。バカ役人に怒り、乱を起こした元役人です。→「コン」

夜空を飛ぶ神


 おおしお‐へいはちろう【大塩平八郎】オホシホ‥ラウ

 江戸後期の陽明学者。大坂町奉行所の与力。諱いみなは正高、のち後素としもと。号は中斎。
家塾を洗心洞と名づけた。大坂天満(一説に阿波)生れ。

天保の飢饉に救済を町奉行に請うが、入れられず、蔵書を売り払い窮民を救う。

 天保8年(1837)2月大坂に救民・幕政批判の兵を挙げ、敗れて潜伏後、放火して自殺。

著「洗心洞箚記」「古本大学刮目」など。(1793〜1837)
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 洗心洞箚記     →洗心洞箚記

天は特(タタ)に上に在りて蒼蒼(ソウソウ)たる太虚のみにあらざるなり。
石間の虚、竹中の虚と雖も、亦た天なり。況んや老子云ふ所の谷神(コクシン)をや。谷神とは人心なり。(谷神=八幡様=∞)

故に人心の妙は天と同じきこと、聖人に於て験(ケン)すべし。常人は則ち虚を失へり、焉(ナン)ぞ之を語るに足らんや。
躯殻(クカク)の外の虚は、便(スナワ)ち是れ天なり。天とは吾が心なり。心は万有を葆含(ホウカン)すること、是に於て悟るべし。

故に血気有る者、草木瓦石に至るまで、其の死を視(ミ)、其の摧折(サイセツ)を視、其の毀壊(キカイ)を視れば、則ち吾が心を感じ傷ましむ。
本(モ)と心中の物たるを以ての故なり。

若し先づ慾有りて心を塞げば、則ち心は虚に非ず。虚に非ざれば則ち頑然(カンセン)たる一小物にして天の体(タイ)に非ざるなり。(謙虚の虚が大切だそうです)
便(スナワ)ち骨肉と既に分隔(フンカク)し了る。何ぞ況んや其の他をや。之に名づくるに小人を以てすること、亦た理ならずや。(骨肉と心の輝きが伴わねばならない)
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 馬鹿な役人どもが、よってたかって、無実の人を冤罪で死刑にさえするのです。
役人どもが考えているのは、人から毟ることだけです。人の命、人生、苦しみなど考えません。

 冤罪を起こしたバカ役人どもは、全て氏名住所も公開して、非を詫びさせるべきです。それでもヌルイです。
息子の無実を信じて死んでいった親御さんの悲しみなど、馬鹿な役人どもには想像もできないのです。

 勿論、そんな役人どもは来世は蛇です。犬や猫なら上等です。犬にしても保健所で締められメンチのもとです。
いつもバカ役人どもへの怒りは尽きません。生田万という人も、この後、代官所を襲いました。ご苦労でした。

 フランス革命のように成功していたら、また時代も変わったはずです。
しかし、結局、徳川の世も滅びてしまいました。吉宗以降の役人の腐敗が原因です。今も危険です。役人の腐敗で、天災が起こりやすいのです。これが宇宙法の現象です。

 この世が滅びたら、その責任の多くは、世界中の役人と議員にあります。
悪霊から逃れるには、良い友、仲間を、悪い者以上に、常に周りに置きましょう。これは力学でもあります。

飛び交う妖精たち

 人、特に役人は悪い考えには染まりやすく、このため、地獄→魔界が出来るのです。冤罪、贈収賄、窃盗、婦女暴行、なんでもありです。
・・江戸の官学、朱子学は腐っていたそうです。聖橋は渡らないようにしましょう。

 この世の金と地位と名誉は、悪魔の勲章です。余計なものを持ったら大変です。
心身に病のない、健康な日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 名誉と見栄の地縛霊

平成22年12月23日

 参議院の一票の格差が、憲法違反のだそうです。どんな観点から導いたのか知りませんが、異論は多いです。
これは選挙制度を見なおせということだと思いますが、ヘタをすると地方自治に大きな被害が出るのは当然です。

 関東では、埼玉一県でも、四国の全て以上の人口がいるのです。
過疎の県では、一県の人口は100万人程度です。

 一票の格差の違憲判決は、国民のために成るのかどうか、甚だ疑問です。
文字面を捉えた、弱い者いじめのための判断にならないことをお祈りいたします。

 何処の役所も、地位、名誉、金の亡者がごろごろしています。
裁判所の上にも、悪魔がいるのです。ほんの僅かな様子は皆さんも判ると思います。うす汚い悪霊、悪魔どもです。

 こちらは鴻巣の市役所です。
上に、いつかも紹介した、変なオヤジ、悪霊どもがいます。元の町長か、市長かもしれません。ロクでもないのが沢山いました。

変なオヤジ、悪霊ども

 1年で検事を辞めた弁護士の父も市長でした。黒い噂がいっぱいでした。強引なので、議会内でも問題だったそうです。
かっての国会議員荒船清十郎などを担ぎ出し、選挙の応援をさせましたが、やはり最後は落選でした。自業自得です。

 当時も市役所内部は、ロクでも無い職員がいっぱいでした。今も罷免してやりたいクズが複数います。
何処に限らず役所には悪魔がいっぱいです。あのへんなのが取り憑くと、裁判官の頭も狂いっぱなしなのです。

 おかしな状況が発生して、判るはずのことが解らなくなるのです。複数の悪霊が来ると魔界が発生するからです。
警察、検察、その仲間の裁判官だけでは、当然、状況は役人の手の内にあるわけです。そして、冤罪が起こり、死刑にされるのです。

 馬鹿な裁判官は、変なネットワークなどのサイトを作っていますが、あれは公務員がやっていいことかどうか疑問です。
時間がある方は、法務省に、審査請求をしたらよいかと思います。悪魔が憑いています。

 評判の悪い、さいたま地検の上でも、悪魔を見たことがあります。→「コン」
裁判所と地検を行ったり来たりしていました。屋根の上です。

さいたま地裁でも、草加事件などとんでもない事がありました。あの事件で有罪にされた人は、役人は信用していないはずです。

 あの時の検事も、今は弁護士で、テレビでも見ます。日本の司法、法曹界の現実も暗く、怖いです。
菅谷さんを追い込んだ、悪魔の様な刑事、検事も、無罪判決後も、一向に謝らなかったそうです。役人とは、まともな人間ではありません。

 判決の時、法廷で失神する人もいます。馬鹿な判決では、ラジヲで聞いていても、底知れぬ怒りを覚えます。
こいつらは裁判官として生かしておけないと思ったら、最高裁長官や法務大臣に罷免請求を書くのです。たいていは、そのうち簡裁行き、辞職です。

 そんな役人どもは、数年後、たいてい弁護士をやっています。
多くの人が実行しています。弁護士の懲戒請求も沢山書きました。弁護士会には、毎日たくさん来るのだそうです。

 これは各弁護士会を一審として、不満なら日弁連に上告できます。2審制です。
弁護士会も、やたらに弁護士をクビにすると、月数万円の会費が取れなくなりますので、手心を加えるのです。

 その月数万円の弁護士会費用も払えなくなり、弁護士会を首になった弁護士もいます。当然廃業です。
弁護士も、食うに困ると、ヤクザ、新興宗教などのお手伝いしかないようです。何があったのか、指を詰められた弁護士もいます。

 確か、その弁護士は検事を8年やっていたそうです。検事は面白かったそうです。何をやったのかは知りません。
こちらは、クレア鴻巣の上空で、市役所上空の悪霊を見張る神々です。

神々

 こちらは大山咋神様、神猿さん、眷属の大狸です。
大狸の頭の葉っぱはベレー帽のようです。立派なものです。

眷属の大狸

 狸も、善悪をよく見分けましょう。
神猿さん、お狐さん、狸の皆さんも、バカ犬は大嫌いだそうです。

 馬鹿な犬に注意して過ごしましょう。。
   
 +(-_-;) 


 チャペル

平成22年12月22日

 チャペルとはキリスト教の礼拝堂(らいはいどう)の事です。
しかし、イエス様は、其の様なところで説法したことは一度もないのだそうです。こちらも説法の場所だそうです。

説法の場所

 不思議な古墳といったところです。胎蔵界の門です。
既に14歳の時から説法をしていたのだそうです。

 その師が、星に導かれイエス様のもとに駆けつけた三博士です。
その博士とは神倭朝11代の垂仁天皇と、お供の役人なのだそうです。

 年代的に近く、信憑性もあります。垂仁天皇の一行は、天磐船で飛んできたのだそうです。
景行天皇の「景」はキリストのことです。日本の歴史にもイエス様と天皇家の縁の深いことは書いてあります。

 こちらはウガヤ31代の橘媛天皇です。

ウガヤ31代の橘媛天皇

 拡大写真です。
そばにいるのは、眷属の狸です。頭の向きは、平面的には丑寅がほとんどのようです。

ウガヤ31代の橘媛天皇

 皆さんがイエス様とは縁が深いのです。
こちらもイエス様と縁の深いインドから来た天狗さんです。

インドから来た天狗さん

 お釈迦様が始めた仏教は、本来の姿がかすれ、金の亡者の食い物にされかかっています。
こちらは、川崎大師に祀られる興教大師 覚鑁上人です。お世話様です。

興教大師 覚鑁上人

 この世の法律の執行力に中るものが、皆さんが毎日観ている現象です。
口先だけでは、誰も、私の語る法を信じません。多くの悪霊は、今は震えています。

 イエス様が言われた、時が迫ってきたのです。
真実が解らない人は、ここに居られるイエス様にお尋ねください。

イエス様

 皆さんの善行、徳、祈りに応えて、イエス様もお導きくださると思います。
全ては自己責任です。神様、仏様に責任を転嫁してはいけません。

 肉を食っている人は、癌で苦しみ死ぬのは自業自得です。
物事は、正しく思いましょう。
   
 +(-_-;) 


 お馬鹿な話

平成22年12月21日

 家系図を作って、逮捕されていた人の冤罪が晴れたようです。
逮捕起訴したのも驚きですが、これが有罪とは、とんでもない話でした。既に申したように、悪魔とは役人です。

 家系図が証明書類でないのは勿論、これを作った事が、他者に何らかの不利益をもたらす可能性は少ないはずです。
国民生活が混乱するなど、検察の言いがかりです。人の神経をスポイルするゲームなどの方がはるかに悪いです。→「コン」

 行政書士法に違反しているとして、誰かが告発したようです。おそらくは、その資格関係者と思われます。
司法書士、行政書士は勿論、現在は弁護士さえ、ワーキングプアがいっぱい居ます。

 司法書士なども、法務局に14年勤務するともらえるので、有資格者は沢山居ます。しかし、退官後に始めても食えないです。
司法書士で食えなくなって、トラックの運転手に転職した人もいます。弁護士も廃業が多いです。

 今年は、司法修習所を卒業できないものが4.4%もいて、そこを卒業できた者も、就職先のないものが多かったそうです。
埼玉県では、何処の事務所も、1人の採用もなかったようです。もはや資格だけでは食えません。

 やはり、資本主義、貨幣経済は事実上破綻しているというのが当たっています。
食えない司法書士は、法律知識を悪用して悪いことをするものも多いのです。弁護士も同じです。弁護士の婦女横行もいっぱいあります。

 こんな事件は魔界の出来事のほんの一部です。
多くの馬鹿な事件の根底にあるのが、自分の儲け、快楽に関することです。それ以外の理由はありません。

 昔からある、岡っ引きのでっち上げは、今も同じように警察、検察で行われているのです。
背後関係の弱い人間を犯人にでっちあげ、死刑にすれば、みんなで祝うのが、役人の世界です。一蓮托生で、許されるものは居りません。

 役人は、どれほどの人の命を弄んできたか、死後、閻魔様の判決で知らされます。
その司法神が、かってペルシャで祀られ、キリスト教の祖に成ったミトラ神、宇迦之御魂大神様です。昨日の写真です。

ミトラ神、宇迦之御魂大神様

 そばにいたのは、こちらの天狗さんです。

天狗さん

 何もかもが、とてもうす汚いのが、この魔界です。就職先がない司法修習所の卒業生は66名が検察官だそうです。
1年で辞めた者も多いようです。市内でもいました。恐ろしくなるようです。まともな人間なら当然です。

 この先、この魔界の行く先は不明です。
・・滅びる可能性は、既に8割を超えているそうです。半島の情勢からも、妥当な感じです。

神々の編隊

 いつも神々は、皆さんの心に、光を与えてくれています。
この写真を見ただけでも、皆さんの心は光るのです。

 人を追い込むしか能のない役人どもにも、よく反省をして欲しいものですが、それは困難です。
何故なら、役人は人の命を平気で喰らえる下人どもだからです。

 それは議員も同じです。
人から生命、身体の自由、罪産を毟ったものは、全てが地獄堕ちです。その実行者が役人です。

 悪魔の根は全てが役人です。
馬鹿な役人は、罷免請求をしないといけません。

 今年も残り少なくなりました。
心身に良い日々をお過しください。
   
 +(-_-;) 


 悲しい仕事

平成22年12月20日

 アメリカで原爆製造に関わった人は70万人以上いて、その多くが癌で亡くなるのだそうです。
その人達が造った原水爆は、八万以上と言われます。そして、古い工場跡地からの放射能汚染が深刻なのだそうです。

 その軍需産業の、元従業員たちは、被爆によっても保証がないのだそうです。
なにしろ、その施設は廃止され健康保険も無くなってしまったのだそうです。

 癌は遺伝より、放射線被曝が、はるかに影響するようです。
当然、病院での放射線検査は危険そのものです。こんな事実は隠蔽されています。

 そしてマスコミの記者には、新興宗教の事実も、口止めされているようです。
そのため、新聞社の記者は、神も仏も信じないものが多いようです。悲惨な話です。

 これはお医者さんも、同じようなことがあるかも知れません。
勿論外科や内科、精神科で、その認識は当然違います。

 ある神は、地球人は、研究しているものの仕方が間違っていると言っています。
貨幣などいくらあっても幸せにはなれません。ところが多くの方は、これが理解できません。

 悪魔に騙されているからです。天空の邪魔も「支那」のが多いのだそうです。
毎年日本に、贋作で10兆円以上の損をさせている悪魔の国の霊どもです。昨日の写真にも出てきました。非公開です。

 オリンピックも嘘の画像と、盗んだ音楽ばかりだったので、多くの方は志那の霊=悪霊と解るはずです。
神様、仏様が解るようになると、この支那の悪霊も近寄ってくるのです。これを祀ると新興宗教です。

 その目的は金だけです。馬鹿と悪魔の世界です。→「コン」
こちらは昨日の写真です。インドの皆さんです。お釈迦様のご縁です。神々仏様の世界です。

神々仏様の世界

 日本には名前がないそうです。頭に光輪らしきものが見えます。
いつも言うように、この背後、周囲に支那の悪霊も居ることが多いのです。いつかは恐竜までいました。

 こちらはウガヤ13代様と眷属の狸です。上は邪霊です。

ウガヤ13代様と眷属の狸

 いつも言うように、良い霊域でないと、神様、仏様は降臨できないのです。
そばに人が来ると、この写真は写せません。時に、心の状態が良い時に、神様、仏様は皆さんの写真にも映ることがあるのです。

 しかし、多くが、皆さんを騙そうという悪霊です。
こちらは中国人に苦労された品陀和気尊の磐船です。皆さんが挨拶されています。

品陀和気尊の磐船

 先祖代々、新興宗教の悪霊に騙されてきた皆さんは、いろいろな思いがあると思います。
神様、仏様、人の心の関係を説くのが真の法です。難しいものではないのですが、多くの地球人に理解するのは大変なのです。

 多くの人が、子供の頃から、周囲の環境に、地位名誉=見栄と金が一番大事と、洗脳されてきたからです。
それで、役人の不祥事も後を絶ちません。

 この世の学歴など、地球人の戯言です。答えの用意された問題を、その通りに答えを書けば優秀というのは誤りです。
親が子の知らないうちに手を回し、その子が有名大学を出ても、その子のその後は魔界堕ちです。

 全ての人の人生が終わった時、天界で判決があります。仏教の昔からの法話です。本当に木星には閻魔様がいるのです。
こんな話も、私は十年前からことら総合研究所に掲載しています。

 多くの人は、私の話も、一般的な話と思っていたようです。全ては真実です。
馬鹿な裁判官どもも、閻魔様に判決されるのです。

 たまに、東大出だという霊も来ます。なぜ自分が地獄に堕ちたのか分からないのだそうです。
肉を食っていれば地獄に堕ちるのは当たり前です。勿論、親の指導も悪かったのです。→「コン」

 社主の指導では、殺生どころか、金魚を飼うのもいけないのです。
私は、煮干も鰹節も食べません。朝はひき割りの納豆です。美味しいです。

 そのおかげで、とても健康です。
この世の人の当たり前とは、大きくかけ離れていると思います。

 その証拠は、神様や仏様、眷属の皆さんのお引き立てです。
この世は、魔界です。魔界の生活では、絶対に解脱はできません。

 ささやかな食生活の改善からすると良いと思います。
金の亡者の嘘に騙されないようにしましょう。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 甲山古墳β版

平成22年12月19日

 YouTube用に甲山古墳を編集しました。
ソフトにある字幕の数が足りないようで、説明が入りきりません。

 先に作った動画で、ここに来る皆さんは、概要は分かっていると思います。
高画質版でないと、見ているのが大変ですが、出力に7~8時間は掛かります。(→HDに更新済み)

 今日中には、差し替えできるかと思いますが、予定は未定です。
コンピューターも、思わぬミスが発生することがあるからです。

 当然、途中で、停電などで出力がダウンすると、最初からやり直しです。
多くの地球人の霊は、、生まれたときから誤った環境に騙されているのです。これが業、魔界転生の原因です。

 新興宗教の家に生まれ、初めて聞いた、お題目を唱えるのが信仰と思っている人も多いのだと思います。とんでもないことです。
お坊さん、神主の家に生まれても、その内容はいろいろです。

 いつも神々は地上の人を心配しているのです。
動画に出演しているのは、こちらのウガヤ十四代様です。ここで見た秘密は他人に語ってはいけません。

宇気母智神様、ウガヤ十四代様

 いつも、神々、仏様、眷属の皆さんは、心のよい皆さんをあんじておられます。→「コン」



 お参りに行くときも、交通事故は注意してください。
   
 +(-_-;) 


 神々、仏様、眷属の皆さん

平成22年12月18日

 昨日、日光への旅を見ていたら、大猷院から霊が来ました。
天海上人に会いたいのだそうです。しかし、それは無理な話です。存在している世界が違うからです。

 親子兄弟といえど、その魂の出自は全く違うのです。
人の持っている認識も千差万別です。こちらは、昨日降臨された、お釈迦様です。

お釈迦様

 そのお顔は、以前にも紹介しました。頭に複数の仏が憑いているようです。
そんな名前の観音様もあったかと思います。私の写真は偶像ではありません。この世に、こんな絵を簡単にかける人間も存在しません。

 こちらは品陀和気尊です。私のサイトで学んだ皆さんは「応神天皇」と言う言葉は使わないようにしましょう。
いつもすごい光です。

品陀和気尊

 以前は電線の光の玉しか解らなかったのですが、今はお猿さんも狸も解ります。
狸の頭の葉っぱが可愛いです。

神猿さんと狸

 今日の、スクープ的映像は、この磐船です。

磐船

 天然の擬宝珠にも見えます。
狸もカラーで映りました。

狸

 こちらは名誉と見栄の野ザルです。

名誉と見栄の野ザル

 見事に映りました。
オスですが、見栄の化粧が厚いようです。。

 今日も新興宗教の邪霊共が文句を付けにきました。
私のサイトに来ると、信者が、その宗教を不審に思うのだそうです。しかし、これは私のせいではありません。

 信者を騙してきたのは、教祖ら経営側です。
そんな宗教で生業を建てたものは不幸ですが、それも自業自得です。

 先日の大阪の検事たちは、証拠捏造のでっち上げ事件で、3名が懲戒免職になりました。
神様、仏様をでっち上げ、信者から金を巻きあげてきた者たちが、天国に行ける可能性はありません。

 馬鹿な役人同様、新興宗教の教祖共も、地獄に堕ちて七転八倒の苦しみは当然です。これが宇宙法です。→「コン」
2500年前に、ゴーダマ・シッタルダー、釈迦牟尼が説いた法です。

 イエス様も蓄えてはならないと言っておられます。→「コン」
そして、狐のように賢くあれと言ったのです。

 本当の神様、仏様、稲荷狐、神猿の皆さんを味方にして、悪魔の手品、役者に、騙されないようにしましょう。
今年も、後半月です。健康に過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 やすらぎの世界

平成22年12月17日

 昨日、お使いの帰りに、神々、仏様が大挙して降臨してきました。
神々の大きさは、違う次元の存在なので、形容は難しいのです。皆さんが見て思うとおりです。

 最初は月の光にウガヤの30代様です。
悪いものを懲らしめる、大魔神のような風貌を覚える方も多いかと思います。

ウガヤ30代様

 その方の右には、天手力男尊の磐船です。九柱の神々が居られます。日光の仁王様のモデルのようです。
何時見ても幻想的です。神々は美がお好きなのです。私もうす汚い人の心は大嫌いです。多くは役人どもです。

天手力男尊の磐船

 どのくらい大きいのかは、私にも測れません。
こちらはウガヤ13代様の磐船です。地上に降り立つところです。

ウガヤ13代様の磐船

 以前にも紹介いたしましたが、以前のは中がよく見えていませんでした。
私のところに来る霊も、神々の写真を見て騒いでいるのです。皆さんは神の姿を拝見できた奇跡の人たちです。

 帰り道、社主のお社の前で、鳥居を撮影しました。

鳥居

 太田姫稲荷神社から来た烏天狗とお猿さんです。綺麗に映りました。
その時、社主の弟子が、足にすり付いて来ました。(^_^;

社主の弟子

 社主の弟子は、私の足に擦り付き、私の自転車の下をくぐって遊んでいました。
・・あの猫は、社主の弟子の狸が憑いているのだそうです。猫にすり付かれると可愛いです。

 優しさの中に、節度や、喜びもあるのだと思います。
稲荷狐が怖いなどという、新興宗教の教祖に騙されないようにしましょう。

 苦しみは、悪魔どもにあります。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 城山、白山、山城・・

平成22年12月日

 こちらは龍神様による∞、八幡神様のマークです。
お狐さんに天狗さんが乗っていて、これが権現様です。

龍神様による∞のマーク

 城山、白山と言う地名は沢山あります。山城国は京都です。
この意味は聖地のことです。城山は下の写真です。鴻巣にもあります。それで龍神様が来たのです。

城山、白山

 きれいな雲の形は、天界の心です。
愚かな欲にとらわれない、良い日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 15日のご挨拶

平成22年12月15日

 昨日は沢山の神々、仏様、眷属の皆さんからご挨拶をいただきました。
以前に白い神猿を紹介しました。当然、白い天狗もいるのです。

白い天狗

 いつも世話になっている豊川荼枳尼眞天様です。
右にいるのはお父上だそうです。烏帽子をかぶっています。正装です。

豊川荼枳尼眞天様

 そして、本宇宙初公開です。
神々の円盤、擬宝珠の内部です。

神々の円盤、擬宝珠の内部

 これに乗って、2秒で、木星から地球まで来られるのだそうです。
擬宝珠は、日本全国の神社仏閣に無数にあります。

 最後に川崎大師の皆さんです。

川崎大師の皆さん

 沢山の仏様、四天王様、眷属の皆さんも居られます。
上人様、仏様、神猿、天狗さんがいっぱいです。

上人様、仏様がいっぱい

 擬宝珠から見たら、化石燃料で飛ぶ、地球人のロケットなど、話にもなりません。
ことら総合研究所では、10年前から主張していました。現在の地球人は、宇宙にとって癌細胞、エイズウイルス程度なのです。

 いつの世でも、低能、無知な星の人類は、私たち宇宙の言うことを何も聞かずに破滅するのです。
世の中の状況は、10年前の研究開始当初の予想より悪いです。宇宙的に見たら、地球の資本主義、貨幣経済は既に死んでいます。

 この責任は、いつも言うように、世界中の政治家と役人、金の亡者に全てがあります。
ここに来る皆さんは、悪魔と縁を切り、静かな良い日々が過ごせますよう、お祈り申し上げます。

 今日のご指導は、タイタンの神でした。
   
 +(-_-;) 


 味鋤多甲彦根命(あじすきたこうひこねのみこと)

平成22年12月14日

 味鋤多甲彦根命とは、私のサイトで学ぶ皆さんだけが知っている事で、ご存知、天鈿女命(あめのうずめのみこと)、ネフェルテイテイです。
ポンポン山の高負彦根神社で有名です。

 私が、日光慈眼堂に行ったのは、天海上人が言われたネフェルテイテイの真実を確かめるためでした。
これは真実でした。→「コン」

ご由緒

 真実は私の動画、慈眼堂にあるとおりです。そして、ご由緒には日光連山八峰が神体とありました。
これは、八幡神様のことです。動画で気付いた方も多いと思いますが、東照宮入り口にも八幡様が祭ってあります。

東照宮入り口

 八幡様の姿を知っているのは、ここに学ぶ皆さんだけです。
こちらは二荒山神社の拝殿です。八を(かたど)った紋には八つの点があり、一番上には三つ葉と少し違う三玉紋があります。

 ここにも八幡神様が居られます。徳川も源氏(八面)の流れを名乗っているのです。

二荒山神社の拝殿

 これは神様なのだそうです。さきたま火祭りでも三玉=御霊が現れました。大神様です。
訪問者様の写真にも、無心で撮った写真には神様が居られる事があります。こちらの雲も八幡神様です。

八幡神様

 人の体は、七割は水分と言われます。神体は清い水分なのです。
そのため、変幻も自在です。好きな所に瞬間移動も出来るのです。木星から地球まで、地球時間で二秒だそうです。

 悪いことをすると、水が恐ろしくなって、風呂にも入れなく成るのです。
お釈迦様が大好きと言っていたヤメ判弁護士もそうでした。その原因は恐ろしいことをしたからです。

 多くの裁判官は感じるものが多いはずです。自業自得です。
最後は日光が誇る国宝、眠り猫です。やはり役人、黒白です。

日光が誇る国宝、眠り猫

 人波に押されて、じっくりと見たことはありませんが、やはり頭に葉っぱを載せているように見えます。
モデルは狸なのかも知れません。→「コン」

 思わぬところから、「コン」が入りました。(^_^;
慈眼堂に行ってよかったのは、宮内庁管理のお札があったからです。守るべきところです。

 ここまでは、エジプトの墓荒らしも、やってこないと思います。
この事も、人に言ってはいけません。

 ここで学ぶ人は、真実を知るべき人達なのです。
日光の水は美味しかったです。また行きたいと思います。

実り多い、日光行脚でした。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 磐船の皆さん

平成22年12月13日

 磐船には、9柱の皆さんが乗っています。
ある磐船には、太田姫稲荷神社の猫が乗っていました。お狐さんの弟子なのだそうです。(^_^;

磐船の皆さん

 こちらは天海上人の磐船です。天狗さん、神猿、狸は勿論、猫もいます。
以前のカメラで撮ったので、画質がいまいちです。

 こちらは天狗さんです。良い色がでています。

天狗さん

 天空の磐船と、神々、仏様、眷属の皆さんです。

天空の磐船と、神々、仏様、眷属

 膨大な量の写真の中からほんの一部を選び出したものです。
写真が以前と変わることがあるという人がいます。

 これは、霊もパソコンに入れるからです。
パソコンが重いときは、お狐さんが写真を直していることがあります。

 それは、皆さんのパソコンでもあるようです。
この世の常識など、嘘が多いのです。

 心の目を開けて、ものをよく見てください。
これが大切だと思います。手品師、役者、権威に騙されないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 

 音楽の最後が合いませんでした。(^_^;


 悪霊のおつむ

平成22年12月12日

 悪霊はおつむが弱いとはよく言います。それで新興宗教で騙され抜けられません。
お布施さえすれば、苦しみから抜けられるとも思っているものは多いのです。

 ところが神仏の世界では、貨幣など価値がありません。何故それで、神仏に祈りが届くはずがあるのか、無理な思いです。
高尾山から悪霊が昨日もやって来ました。馬鹿な女性の霊です。お布施したのに人生がうまくいかなかったと思っているようです。

 それで、私に文句を言いに来るとは、本末転倒どころか、愚連隊、チンピラ程度のおつむです。これを許す者は居りません。
これでは、天狗さんも大変です。その女性はここにいました。もう封じてあります。

悪霊封じ

 このバッテンは大切なのです。九州の人もバッテンはよく使うようです。
そして、皆さんも気がついたと思いますが、馬鹿な「賽銭蛸」の石碑です。天狗さんが鬱陶しいそうです。

 それで、サイトの画像のものは、封じをしました。
坊さんも反省が必要です。黒白の猫、狸になる前がいいです。天狗さんの眷属の狸は、猫より偉いそうです。石碑にも写っています。

「賽銭蛸」の石碑

 馬鹿な霊は、ここにも来てはいけません。
新興宗教で騙されていた霊も、教祖を恨んでも切りがありません。自業自得です。

 日蓮や真宗は、強引な折伏から明治政府に目をつけられ、そのせいで仏教全てが粛清されました。
悲しい話ですが、高尾山の開祖といわれる行基も、かなり厳しいお布施をとったのだそうです。間違いでした。

 行基の天界でのランクは、菩薩以前で、上等な政治家程度です。
弟子のせいで、魔界に落ちた日蓮などとは比較にならない良い世界ですが、天狗さんが言うには菩薩ではありません。

 勿論、行基開山以前から、聖地としての高尾山はあったのだそうです。
ピラミッドを盗んだ、馬鹿な王共も、全て魔界堕ちです。歴史は繰り返し、馬鹿な行為も繰り返すそうです。

 そんな地球の馬鹿の繰り返しも、もう終わりです。
最後の時は、やはり、近付いているのです。

 よく、こんな馬鹿の星が、ここまで持ったというのが私の実感、本音です。
さきたま火祭りも、やっと更新を終わりました。今度は調子よく見られそうです。

 良い音楽と、光が、心の安らぎです。
神仏の世界は、そのようなところです。
   
 +(-_-;) 


 川崎大師の皆さん

平成22年12月11日

 なかなか行けない川崎大師です。
昨日、皆さんが、向こうから来てくれました。生出塚保育所の上空です。最初は筆頭の狸です。頭の葉っぱが可愛いです。

筆頭の狸

 そして川崎大師の天狗さんです。

川崎大師の天狗

 神々は宇宙人ではないかという方もいます。
たしかに、そう言われれば、そうです。こちらは神々です。磐船の中から、下界を見ています。

神々

 磐船には、九柱の神々が居られます。これが金剛界曼荼羅の秘密です。
皆さんが見ているものは、神々による奇跡です。

 こちらも眷属たちです。
カメラの解像度が、ヤマダ電機の売り出しのおかげで、大きくアップしました。(^_^;

眷属たち

 神々と共に、良い日々を過ごすには、良い木から出るエネルギーが必要なのです。
この世的には小さく見える磐船ですが、実際は大きいのだそうです。この三次元世界と、神の世界は違います。→「コン」

 そして大事なことは、悪い天狗もいるのです。

悪い天狗

 たしかに人相を見ても悪いです。
これら、善悪の波動は、第6感で、よく感じ取れないといけません。

 頭の知識だけでは、神々眷属は導いてくださいません。金で騙されるからです。
よい週末をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 



 高尾山の歴史

平成22年12月10日

 昨日も、変な霊=悪霊がやって来たので、すごい音がしました。
太田姫稲荷神社のお狐さんが、悪霊を締めたのです。

 たいてい左背後から来るのですが、右前方で、バシッとすごい音で、驚きました。
悪霊どもは手を変え品を変え、人を騙そうとするのです。

 明治政府が、廃仏毀釈に走ったのは、大きな原因は日蓮宗と真宗の強引な布教が原因だったそうです。
多くの新興宗教も、強引なお布施の搾取が問題です。悪魔の憑いた新興宗教は、手品師、役者を動員して信者を騙しているのです。

 よく恥ずかしくもなく、そんな事が出来るものですが、余計な金を欲しがる教祖は下人なのです。自分の死後さえ見えないのです。
役にも立たない箱物を建て、それを壊されているようなところは宗教ではありません。

 会員というのは、建築費を捻出するため、大変な苦労をしたはずです。
ある者は、消費者金融で借金して協力し、その後、一般的成り行きで、行方不明になってしまったそうです。

 恐ろしい話です。多くの新興宗教の教祖は、信者会員の幸せなど、考えもしないようです。
馬鹿な役人と同じです。人から金をむしり取るのを、正当と思っているのです。新興宗教の信者にされたら大変ということです。

 多くのまともそうな神社仏閣でさえ、悪霊は狙っているのです。
参拝にも、隙があったらいけません。金の亡者の想念渦巻く所より、日本古来の山岳信仰もおすすめです。

 埼玉古墳なども、沢山の神々、仏様が降臨してくださるのです。それなりの聖地なのです。
それも、皆さんの心の光によるのです。皆さんの心の光は天界から見えるのです。それで神様が降臨されるのです。

 今も感応しています。これを読んでいる皆さんの心も光っているのです。
こちらは道祖神としても祀られている猿田彦大神様です。皆さんの想像以上に偉大な神様です。私の心眼には、はるかに立派な姿が見えています。

猿田彦大神様

 次の、観音様のような表情は咤枳尼眞天様です。
神々による芸術です。こんな絵を描けるスタッフは、私の周囲にはおりません。

咤枳尼眞天様

 そして、高尾山の天狗さんです。
いつもいうように、皆さんにお見せしている全ての私の写真は、人の手に因る絵ではありません。

高尾山の天狗さん

 あまりにレベルの低い、新興宗教、悪性の団体は、綺麗に縁を切りましょう。
これは勤務先も該当するかも知れません。

 苦しみから逃れるのは、皆様の権利です。
もろもろを、よく思いましょう。
   
 +(-_-;) 


 鬼からクレームが・・

平成22年12月09日

 高尾山の更新は異常に手間がかかってしまいました。神変堂の鬼も、問題の一つでした。
神変堂を全部隠していたら、右の鬼からクレームが来ました。。(^_^;

 私のところにやって来て、稲荷狐、天狗の主張には問題があるというのです。
まさか、私も鬼から抗弁が来るとは夢にも思いませんでした。それで、神変堂はまたリンクを付けました。(^_^;

 ただし、役小角さんも姿を見せるわけにはいかないというので、この鬼だけは隠してあります。
鬼の奥さんだけは、許可をいただきました。鬼の世界もいろいろなのだそうです。

 勿論鬼ですから、神通力はあります。それで、訪問者様が騙されてはいけません。
鬼も地球救済計画の司令官から、北の将軍のようなのまでいるということです。鬼の世界と天狗の世界は別なのです。

 勿論、共に胎蔵界ですが、地上のような争いはないそうです。
そう言えば、弘法大師も、役行者のように、鬼を使って沢山の仕事をしたということです。

 こちらは昨日の写真です。
オキネさんの御屋敷跡に降臨された八幡神様です。

八幡神様

 こちらは、お釈迦様、神仏、眷属の皆さんです。
沢山居られます。

神仏、眷属の皆さ

 いつも神々、仏様、眷属は勿論、悪しき霊も皆さんの心を見ています。
ものを見聞きして、正しく認識出来ることが大切です。

 そのためには、地球人として肉体をまとい、ある程度の日々を精進しないといけません。
とても自然な話です。

 ・・今、太田姫稲荷神社のお狐さんの頭にアンテナが立っています。悪霊を感知するレーダーのようです。
残念ながら、高尾山の浅間神社は、困った霊がいるのでリンクを閉じました。

 人には色々な思いが来ますが、それが霊域です。
良い人の霊域で過ごせるのが良いのです。

 周りを変な思いの者が通ると、霊域が変化して、神々仏様も映りません。
そのため、私はできるだけ人のいないときに、写真をとっています。

 勿論自分の心境も、神様、仏様の都合もあるのです。
余計な欲があったら、全てが駄目です。

 しかし、獲物を追い詰めた猟犬のように、ミイラになるまで飼い主を待っているのもいけません。
この辺も、アミが言う大切なところです。自分が生きるための大気は必要なのです。

 思いのバランスを大切にするのが良いと思います。
「かね」のために、人を騙す、洗脳するものとは縁を切りましょう。

 苦しみは、人が創りだしたものです。
神仏に文句を言わないようにしましょう。
   
 +(-_-;) 


 魂の輪廻

平成22年12月08日

 昨日、高尾山の更新をやっていたら、太田姫稲荷神社のお狐さんがやって来ました。
良くない箇所の訂正のことです。それは役小角のお堂、神変堂でした。

 あそこの鬼は普通の人が拝むといけないのだそうです。元が悪なので、普通の人には制御できないのだそうです。
バカ役人と一緒です。大人しくしているだけの者には、足元をみるのです。そんな役人も多いです。

八幡神

 今、ここで写真に写られた八幡神(∞)を見ている皆さんは、神官の秦氏の状態なのだそうです。
太田姫稲荷神社のお狐さんが、教えてくださったのです。

 勿論、木花之佐久夜姫もあそこに居られるのです。人の力では、こんな写真はできません。
エルミの屋上でも、ここ高尾でも、同じ姿です。八幡神様の∞のマークは沢山の訪問者様に、見ていただいています。

 勿論、煩悩と欲に流されていては、神々、仏様は感応してくださいません。
太田姫稲荷神社のお狐さんによると、現在は坊主神職も、過半数が魔界転生、畜生道など、なのだそうです。

 特に、あの神社は9割が屑のようです。大山咋神様も嘆いています。
どこかの神職は肉を食っても良いのだなどと言ったら、関連の祭りで何度も事故が起こってしまいました。

 坊主、神職が、何を考えて肉など食っていいい理由があるのか知りませんが、それは間違いです。
大変罪深い発言です。六道などと言いますが、その根源は地位名誉金が絡んでいます。煩悩です。

 それらは大変に汚いので、私は大嫌いなのです。それで、金の亡者の多くの人とは話も合わないのです。
そのため、神々、仏様、天界の存在とは、話が合うのです。これが事実です。

 しかし、サイトを維持し、生命を維持し、皆さんに日記を残すためには、最低限の収入は必要です。それで、相談には寄付をいただいています。
民法と言うのは債権が全てと言っても過言ではありません。金の亡者、ろくでなしの世界です。

 この魔界では、法的には、請求をしないと、何ももらえないということです。
そのため、嘘の書類でも、裁判官を騙せば、債権が発生し、仮処分の差押の権利が発生します。

 金貸し、悪魔連中は、あっという間に商売人を自殺に追い込めるのです。
市内でも、沢山あったようです。

 悪魔の商魂ローンは、これを繰り返した挙句、一時は儲けましたが、死んだ経営者の祟を受け、3兆円以上の負債を抱え消えていきました。
悪魔の手先になった元社員たちも、地獄です。祟られれていますから、元社員の自殺者も当然多いはずです。

 現実には、過払い返還されるべきだった経営者も、嘘で資産を差し押さえられ、自殺に追い込まれています。
これは司法による殺人です。沢山いたようです。

 しかも、商工ローンの悪魔どもは、予め、差し押さえを出す癖のある裁判所、裁判官をチェックしていたのだそうです。狡猾です
バックマージンもあったのだと思います。そんな裁判官どもは、今は弁護士をやっています。よくも抜け抜けと生きているものです。

 勿論、馬鹿な役人どもは、死後、閻魔様に、「自分が何をした。」と喚くのです。
先日の大阪地検の検事も似ているかも知れません。馬鹿な役人の皆さんは、これをよく読みましょう。

2010_12_07_15.jpg(119050 byte)

 私も、ふざけた裁判官は、何人か罷免請求を出しました。その中の一人は、先日、弁護士としてテレビに出ていました。
ところが、太田姫稲荷神社のお狐さんは、あの者は既に死んでいると言っています。意味は深いです。

 こんなバカ裁判官共が寄り集まって、居酒屋で飲食をしていたら、まさに魔界の図です。
昨日の江田というヤメ判は、以前にも、キャバクラに政治資金を使ったとして騒がれました。総理もろとも問題です

 私が、この世は魔界というのは、こんな金の現実もあちこちにあったからです。
役人どもは税金で飲食を楽しみ、税負担者の人殺しをしているのです。

 国を問わず、馬鹿な役人どもは、人の身の内に、万死の業の意味を、よく考えるべきです。
煩悩など、たくさんです。神変堂は注意してください。
   
 +(-_-;) 


 天狗さん

平成22年12月07日

 サイトを更新したら、高尾山の天狗さん、眷属の皆さんが、大挙して、訪問して来てくださいました。

高尾山の天狗さん

 こちらは永林寺から来た天狗さんです。
まだ若いのですが、高尾山で修行したそうです。高尾山の天狗さんのメンバーなのだそうです。

高尾山の天狗さん

 こちらは警護の孫悟空と狸です。

孫悟空と狸

 今日も、クレア鴻巣の公園は、神仏の世界です。

神仏の世界

 こちらは、白い狸の配下の大狸です。
皆さんも、野狸と違うのが判ると思います。→「ポン」

白い狸の配下の大狸
 最後に山の神、大山咋神様です。

大山咋神様

 大山咋神様と天海上人のご縁、南無飯縄大権現の意味が、皆様にも感じられてきたかと思います。
意味が分かっても、他人には、語ってはいけません。やたらに語ると天誅があります。

神々の御降臨

 真実は、ここで学ぶ人だけが理解できるのです。→「コン」
稲荷狐が加えている鍵の秘密が、少し感じられたかと思います。

 心に優しい、良い日々をお過しください。
   
 +(-_-;) 


 戦争のつけ、天誅

平成22年12月06日

 高尾山の根本道場というところに、そっとシベリア抑留者のレクイエムの石碑がありました。
昨日、この事件に関連した沢山の霊が感応しました。死んだ霊の無念は半端ではなかったと思います。

シベリア抑留者のレクイエムの石碑

 こちらが歌です。
多くの引き上げの人が、あそこだけは思い出したくないようです。地獄です。

シベリア抑留者のレクイエムの石碑

 なぜか高尾山に行く前ころから、俗にいう白豚のハゲの男が、邪魔に見えていました。男でも見たくない無様な姿です。ロスケです。
それはここにいました。大権現様の左足に強力に張り付いてました。これは非公開です。もう片付けました。

根本道場

 しかし、21年前、ロシアには大きな祟が起こりました。まさに天誅です。
下の原発が信じられない大事故を起こしたのです。今でもチェルノブイリは立ち入りできないそうです。

白豚の様な男の作った天誅のもと

 戦争の業は、深い爪あとしか残しません。
それは地球内部で回っているのです。暗黒のエネルギーです。

 とんでもない役人=軍人、兵は牛馬豚、犬以下に転生し、蛇くらいしか転生できません。
そんな者は、いくら泣き叫んでも、屠殺され、肉を食らう下人に食われるのがオチです。これ以外に事実はありません。

 東京裁判は、ひどかったといいますが、同じようなことが無数にあります。
他国の人間どころか、自国の人間も冤罪や自殺に追い込んだ裁判官共も同じ運命です。

 なぜなら、同じ宇宙の法のレベルで裁かられるからです。法廷に出ないものも同じ運命です。人の命を食ったからです。
神々の目、耳は節穴ではありません。何時何を、どう思ったか、全て神々の調書には記載してあるのです。

 戦争犯罪を起こした馬鹿な権力者、共犯(=金貸し、軍需産業従事者)は、全て魔界に堕ちています。
うす汚い白豚の画像は気味が悪いです。馬鹿は自分の醜ささえ解りません。幸不幸を語るほどのレベルでもないということです。

大権現様

 こちらの大権現様を乗せているのは、太田姫稲荷神社のお狐さんです。
高尾山も真言宗の智山派です。ハゲの白豚は、私も虫唾が走ります。。

 お出かけの時は、変なものに憑かれないように注意しましょう。
・・今も地震がありました。神々が感応したそうです。
   
 +(-_-;) 


 高尾山の紅葉の記録

平成22年12月05日

 昨日、10時間近くかけて、高尾山の紅葉の記録その1を出力したら、動画上映時間のリミット15分を2秒過ぎていました。(^_^;
最初のコンピューターの予定では、14分46秒くらいだったのですが、誤差が出たようです。

 がっかりしましたが、コマを詰めて再出力しました。
その結果、その1がアップできました。苦労してHDで出力するだけのことはあります。



 それにしても、ロースペックのパソコンでは、HDは出力できないのは知りませんでした。
今出力に使っているのは、ペンテイアムDのメモリ2G程度のものですが、これが最低必要な要件のようです。

 そのため、他のことをやっていると、フリーズが来ることがあります。(^_^;
それにしても、デイスプレイによっても、紅葉の色が相当に違います。

 高尾山のサイトは、違う種類ファイルの動画で更新中です。
それにしても、夕方から続々と来る人は、夜ムササビを観察しているのだそうです。

 高尾山も変わりました。
   
 +(-_-;) 


 神変大菩薩

平成22年12月04日

 神変大菩薩とは役小角のことです。役小角も胎蔵界、第4レベルの方です。
この世の伝承は、誤りがいっぱいです。

神変堂

 解説です。

解説です

 こちらが左の鬼です。

左の鬼

 こちらは右の鬼です。

右の鬼

 役小角です。
右手に巻物を持っています。秘密がいっぱい書いてあります。

役小角

 母は人なのですが、父の大角はこの方だそうです。
ここも秘密ですが、当然、天台宗の縁です。

大角

 役行者が優婆塞(うばそく)として修行を始めたときは大角は、既に星に帰り、いなかったそうです。
役行者は、馬鹿な役人どもの支配に見切りをつけ、飛行体に乗り、天に飛んで帰ったのだそうです。

 私にとっては、とてもリーズナブルな話です。
その秘密が、高尾山にもあるのだそうです。現状、非公開です。

 良い週末を、お過しください。
   
 +(-_-;) 


 空に天狗さん

平成22年12月03日

 最初は、空に天狗さんのご挨拶です。

2010_12_03_01.jpg(51714 byte)

 これまで、何回も行った高尾山です。
今回は、十年以上間が開いていました。

マップ

 今、雨が降っていますので、この写真が今年最後の紅葉になるのかと思います。
時は無常です。

今年最後の紅葉

 こちらは、蛸杉のところにいる神猿の皆さんです。

神猿の皆さん

 看板の後ろに12体の神猿の皆さん、多数の狸が居ります。
いつも言いますが、欲だけでお参りしてはいけません。

 お参りの目的の大きなものはこれです。
今まで上がった事がなかった、神変堂の前の謎の道です。ここに来る事が目的でした。

神変堂の前の謎の道

 左に神変堂があります。

神変堂の前の謎の道を上がる

 大変でしたが、ずっと上がりました。

神変堂の前の謎の道  出たところが、ここです。
石碑があります。

石碑



役人の良いわけ

 役人が、この土地に対し、申し訳がない事をしたという内容のようです。
事実はそのとおりです。ここはウガヤ26代の方の陵だったのだそうです。

神代の人たち

 石碑には神代の人が、ここをお祭りしている様子がありました。
深い感慨がこみ上げます。

お狐さんに乗った大宇迦之御魂大神様

 太田姫稲荷神社のお狐さんに乗った、宇迦之御魂大神様が現れました。
この日の高尾山の取材も、ここで終わりました。慈眼堂の時と一緒で、ここで帰ろうかと思いました。

 結局、この後も、ずるずると薬師堂の上まで登り、今日は自業自得の筋肉痛です。。(^_^;
それでも、楽しい思い出です。役人は(ばち)が当たりますので成ってはいけません。。

 天誅が堕ちない、静かな人生の日々を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 高尾山の法螺貝

平成22年12月02日

 昨日、よい天気に恵まれ、高尾山に一日のお参りに行って来ました。
エルミ屋上の動画でも御紹介した、龍神様、八幡神様がお待ちかねでした。龍神様は御信徒様には優しいのです。

龍神様、八幡神様

高尾山口)

 昨日は水曜日だったのですが、結構な人出でした。
紅葉刈には、絶好な日でもありました。

2010_12_02_02.jpg(181942 byte)
 役行者の神変堂です。

2010_12_02_04.jpg(142108 byte)

 道中のおまけです。

2010_12_02_05.jpg(133841 byte)

 年配の写真家たちが張り付いていました。

2010_12_02_06.jpg(172196 byte)

 とても良い紅葉でした。

2010_12_02_08.jpg(182881 byte)

 狸の葉っぱが、頭巾だったとは知りませんでしたが、師匠の天狗さんに頂いたのだそうです。
頭に葉っぱがあるのが、眷属の狸なのだそうです。偽の野狸も変装しますので注意してください。→「ポン」

2010_12_02_09.jpg(223554 byte)

 こちらが薬王院です。

2010_12_02_07.jpg(117252 byte)

 高尾山では、何度も聞いた法螺貝の音です。
聞いた事がない方も沢山いるかと思いますので、少し御紹介します。



 少し、遠かったので、迫力が足りませんでした。
行って本物を聞くと、もっと迫力があります。

 我が家でも高尾山のお札は、毎年、郵送で頂いています。
天狗さんは、いつもご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 師走入り

平成22年12月01日

 今年もあっという間に師走に入りました。
今年は、真贋を見分ける事を、多くの方が思ったようです。

 人の思いだけでは、ものごとの真贋は見分けられません。
悪魔、悪霊どもは巧妙です。こちらは月末の市役所です。神々は居りません。月末は悪魔が役人どもを指導しているからです。

 その理由は、何処の企業、役所も帳尻合わせがあるからです。月次繰越といいます。
眼に見える夜景は綺麗ですが、実態は悪魔城です。

月末の市役所

 撮影している道の反対側がクレア鴻巣です。こちらも綺麗に映りました。昨日の写真です。
中央はウガヤの30代様です。

クレア鴻巣

 こちらが拡大写真です。
天狗さんです。

クレア鴻巣拡大写真

 いつものように、後から、見栄と名誉の悪霊軍団がやって来ました。
愚連隊です。

見栄と名誉の悪霊軍団

 知らないと、何も解らず神様と思います。
天界の魔です。

天界の魔

 新興宗教を開くなら、十分すぎるほどの現象です。
馬鹿は、余計な金を欲しがるから騙されるのです。馬鹿に馬鹿が(たか)るのです。

 Ωには東大出が沢山いて、死刑に成ったものもいます。学歴的には、降伏の化学などよりはるかに上の者たちです。
浅ましい腹も東大法学部を目指したそうです。学歴を得れば、人を騙しやすいからです。

 新興宗教の教祖は東大出は多いのです。嘘のための学歴になど騙されてはいけません。
天界の玉体も、玉石混交です。

 眷属も、狐、狸、犬、真贋を分けることが大切です。 勿論人もです。

 良い集まりが大切なのです。→「コン」
月のはじめに考えてみましょう。
   
 +(-_-;) 

 

ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2010