10月の日記

 聖書のこと

平成22年9月30日

 今ある聖書は危険なところが多いです。
それは書き換えられているからです。なにより、イエス様は聖書を認めていません。

ハリストス日本正教会

 かっては、ミトラ教の教えを、キリスト教としてローマが利用したのです。
それは、お祭りの日が近かったからです。

 私も、毎日、あの教会の脇を通りました。不思議な縁です。
中学の時は、訳も分からず塾の先生の指導で賛美歌を歌っていました。そんな記憶のある方も多いかと思います。

 いつの間にか、手元に聖書があり、旧約聖書も読みました。
旧約聖書は、とても不思議な内容でした。出てくる人が数百歳だったからです。

 何も解らぬ私に、神々、イエス様がいろいろなことを教えてくれました。
ヤハヴェの神は田中大神様です。未だに解らなかった、キリスト教の七大天使について尋ねました。

 七大天使は、よく新約聖書に出てきます。
実は、七大天使は田中大神様を入れて八柱です。これは八柱の神、八幡様だと言っておられます。

八柱の神、八幡様

 エジプトでピラミッドを積み上げた七人の神官が七大天使に当たるのだそうです。
大山津見神様は大山積神様であると、以前に紹介いたしました。

 ピラミッドは神の世界でないと積み上げられないのです。
日本のスーパーゼネコンの担当が、現在は、ピラミッドは出来ないと言っていました。

 神の世界とは、昨日申した光の世界の内部です。
七柱の高位の神々が輪を作ると、その中心に神の世界が出現するのです。神の世界では、石の質量などは存在しないのです。

 星が太陽の周りを回る宇宙空間なのです。

 ストーンサークルは、この様子を模したのです。
これは秘密にしておこうと思っていました。前世のエジプトの私の目の前で、石は宙を舞い、積み上がっていったのです。

 石切さんと言う、ヤハヴェの神、田中大神様の別の名前はここから来ています。
この巨大な石柱一本でも、現在では切り出せません。

 ・・人間が作った道具では切れないそうです。確かに、そんな道具はありません。運搬も出来ないと思います。
建築を知っている人なら、解ると思います。

 八幡様とは太陽神のことです。
   
 +(-_-;) 


 フォトン(photon)

平成22年9月29日

 フォトン(photon)とは光子のことと、先日申し上げました。
私のサイトは、以前「光の世界」とタイトルが付けてありました。そのまま、フォトン、神々の世界です。

フォトン、神々の世界

 昨日の写真です。多紀理姫様、興教大師様、諸天善神様、御仏の皆さんが居られます。
肉眼では、このようには見えません。

 祈る人の心から出る光と、神々のフォトンが同調した時、そこに、レベルに応じた神の世界が現れるのです。これが祈りです。
宮司、坊主がクズでは駄目です。→「コン」

 ことら神道、私の法は、誰にも解るのです。それはこの神々のお力添えがあるからです。
この写真が見える方は、皆フォトンの中にいるのです。こちらはエジプト、エドフのご縁の皆さんです。

 アイ(天海上人)、ネフェルテイテイ、はじめ多数の方が居られます。

神々のお力添え

 なかなか人間の目に綺麗な写真は撮れません。
こちらは、久々によく撮れた観音様、多紀理姫様です。素晴らしい写真です。

観音様、多紀理姫様

 一緒に居られるのは、ウガヤ朝28代目の天皇様です。
ナイル川の氾濫で、大変なときだったそうです。

 色々な思いで、涙が出ました。
ナガ、龍神様の溢れる愛で、エジプトは莫大な富を得たのです。しかし、ナイル川は、その巨大さ故、氾濫も多かったのです。

 今の中国のように、水利、富を狙い侵攻してきたものも多かったのです。
そのエジプトも時には干魃でも苦しんだそうです。

 中国の北京は、既に水が足らず緊急事態のようです。
神々の慈悲を忘れ、馬鹿な軍事を拡大したつけが来ています。

 現在の中国のダムは、物乞いの詐欺師共が差し出したザルのようです。
物乞いが詐欺師と判っていて、恵むものはいません。

 それは神々も同じです。
心優しい中国人がいたなら、それは不幸なことですが、それは国家の首脳に祟るべきです。

 神々、龍神様を怒らせたのは、全て中国共産党の政治です。
・・龍神様は、北京に雨を降らせる予定はないそうです。

 インドの核を搭載した大陸弾道弾が飛んでいく前に、北京は乾きで滅びるようです。
恐ろしいのは、飢えより乾きといいます。

 そうかと思えば、パキスタンは大洪水でした。
パキスタンも問題があったそうです。。

 中国もパキスタンも、インドの大陸弾道弾が狙っているそうです。
これは、やはり、報道されない原因があるようです。

 中国など、既に魔界です。
皆さんは、何があっても、行ってはいけません。
   
 +(-_-;) 


 終末論

平成22年9月28日

 木花之佐久夜姫に依りますと、宇宙による、太陽系の浄化が始まるそうです。
これが2012年12月22日午前3時に起こる変化なのだそうです。

 地球はフォトンベルトと言う光の世界に突入します。
フォトンとは光子のことで、細胞が発する光と通じるものです。

 私の写真の神の世界を構成する光の霧のような存在です。
白い靄のように見えるものです。ちゃんと写真に映っていて、この中が私や皆さんの神の世界なのです。

 物理的には銀河系の巨大な光の川です。
ここに太陽系がすっぽり入っていくのです。

 そのため、上記の時間に地球のすべての火山が噴火し、この星を浄化するのだそうです。
一般的には誰も生き残れませんが、馬鹿どもはシェルターを造っているのだそうです。赤は火山です。

火山の地図

 シェルターで一時的に肉体を延命したものは、その後、とてつもない苦しみを味わうのだそうです。当然です。
心よき訪問者の皆さんは、この禊を経て、永遠の魂に浄化できることをお祈りいたします。

 私にとって18回目くらいの地球での人生ですが、大体、このような事を告げるために出てくるのです。
その後は、地上は浄化されているのです。

 神仏は、何も知らせず、ひどい仕打ちをしたなど、思ってもらっては困ります。
天体の運行は、宇宙の発生時から決まっていることです。

 なにより、これほど恐ろしくなってしまった地球人の世界は浄化せざるを得ません。
胎蔵界はと言えば、これは問題がありません。浄化された世界だからです。

 今の中国人なども、とても宇宙に生きるべき存在ではありません。
シュメール神話が伝える、かって、突如太陽系に現れたニビルは、火星と木星にあった、邪悪な星を滅ぼしたのだそうです。

 これも宇宙的には医療行為です。肉を食う悪魔の住む地球も、その寸前です。
宇宙の医者ニビルが検診に来て、地球のすべての火山が噴火する、火による清めもありえます。

 フォトンベルト突入とニビルの接近、どちらも予言された富士山の噴火の期間とも近いです。
司令官はフォトンベルトの影響が確実だと申されています。そんなものはないという御用学者もいますが、実際はあるようです。

富士山の噴火

 この禊を乗り越えた人は、違う時間の宇宙に入るのだそうです。
そのため、マヤのカレンダーは2012年12月22日で終わっているそうです。

 大本営はいつでも事実は報道しません。自分らだけは安泰を決め込みます。
新興宗教の幹部の様な中国共産党も、何かに怯えている様子も見えます。

 中国人の根性では、2年後の禊は恐ろしいはずです。
ひょっとして映画のようにダムの裏に自分らのシェルターを造っているかもしれません。

 とても滑稽ですが、中国人など、その程度です。
ニビルが来なかったら、インドの大陸弾道弾が核を積み北京に飛んでいくのだと思います。。

 いずれにしても、宇宙のためにも、あの国は一刻も早く消えるべきです。
・・田中大神(ヤハヴェの神)様が、ソドムとゴモラの再現があるかもしれないと言っています。

 あってしかるべきかと思います。
馬鹿な中国共産党も、天誅では歯が立ちません。滑稽な芝居が鬱陶しいです。

 災の根は消えなくてはなりません。
今も、ここはフォトンの中です。
   
 +(-_-;) 


 観音岩山

平成22年9月27日

 ある人が、夢で札幌の観音岩山に登れと告げられ、登ってきたそうです。
私は知りませんでしたが、札幌では結構有名で、地元では観音岩山は八剣山と言うそうです。

観音岩山

 登った方の一名が、前世で修験者だったのだそうです。
日本の景気後退が進み、事業の先行きを悩んでもいるようでした。

 この方が前世修行したのは、奈良県の八剣山だったのだそうです。

奈良県の八剣山

 剣山とはあちこちの国でも見た尖塔です。大地の尾なのだそうです。
龍神様の地上の目印でもあるそうです。胎蔵界の入り口です。

剣山

 アミの円盤が山にぶっかりそうになった時、岩をすり抜けて胎蔵界に入りました。
これが石抜けの術です。エジプトのピラミッドも同じように入ったのです。

 お狐さんは、山に登った経営者の方に、高利貸しに過払い金を返してもらえと言いました。
この経営者は、銀行しか借りていないのだそうですが、神々からみたら、銀行も高利貸しなのです。

 馬鹿なフジ銀行は飛島建設に六千億の債務免除をしながら、山一證券には三千億の融資ができませんでした。
リーマンにしても、何故うちだけ政府は助けてくれなかったのかと言っています。

 利息の高い安いはあっても、所詮は金貸し、心眼で見ると銀行員の多くはヤクザです。
多くの企業が倒産したとき、手形の決済資金が残っていることがあります。これは拘束預金です。

 本来は禁止されています。一千万借りても、半分は預金にさせられ、使えないのに、利息は丸々取られます。
これでは会社が潰れるのは当たり前です。→「コン」

 客が預けた金を、僅かな利子を払い、融資先にはべらぼうな高利で貸しているのです。
この地球上に、これほど凶悪な商売はありません。イスラム圏は金利はとれず、ドイツはノンバンク禁止です。

 そんなことは新聞も民放も口が裂けても言いません。
マスコミはカモを騙す大事な道具だからです。

 八剣山の道中は、こちらをご覧ください
金貸しどもは、来世は勿論蛇に生まれ代わります。

 当たり前です。
こんな話を信じられないのが、この星の人類の程度です。

 嘘と思う方は、神々に尋ねてください。
   
 +(-_-;) 


 「まき」さん

平成22年9月26日

 何処にもいる「まき」さんです。苗字にも、名前にも、いろいろな字で付いています。
前に、「まき」は同族を表すと申し上げました。

 こちらは佐渡の牛尾神社です。

2010_09_26_1.jpg(272641 byte)

 薪能をやっています。

2010_09_26_9.jpg(283987 byte)

 在原業平も縁が深いとか。
「まき」のルーツを、太田姫稲荷神社のお狐さんが教えてくださいました。

「まき」のルーツ

 中東サウジアラビアなのだそうです。
「まき」と言う人も舎人なのだそうです。中東の東は十、十は10で天(テン)です。天皇にもご縁は深いのです。

アルマヂーナ

 ここには継体天皇ヲホドさんのご縁もありました。
胎蔵界の駅です。

継体天皇ヲホドさん

 こちらがヲホドさんの名に成った。岩の割れ目です。ウフド(兎腑土?)です。→「コン」

ウフド(兎腑土?)

 在原業平は、もちろん「AL」を接頭辞として名につけたのです。
こちらは神殿です。

神殿

 このくらい天井が高ければ、神々にも良いと思います。
皆さんが、毎日見ているとおりです。

 太田姫稲荷神社のお狐さんには、いつもお世話になっています。
皆さんも、見えないところでお世話になっています。

 日々の心、ご神前のお供えは大切です。いなり寿司、お豆腐、ケーキなど、なるえく美味しいのをお供えしましょう。
訪問者の皆さんが、楽しい日々を送れますようお祈り申し上げます。→「コン」

     
 +(-_-;) 


 国家の衰退

平成22年9月25日

 馬鹿な政治家がいると国家が沈む。
昨日の国家の対応で、そう思った方は多いと思う。私も石原都知事と同じ思いです。

 地方検察、下司の判断で船長を開放したなど、あまりに国民をなめています。
とくに九州、沖縄の人はそう思ったはずです。石垣島の人など、どう思ったでしょう。



 しかし、このところの中国はバブルが崩壊するのを確信したような焦りが見られます。
いきなり、中国特産の鉱物を出荷停止にしたのは、値段を吊り上げるのも大きな目的です。

 中国が2012年に滅ぶ事の原因に、インドが核を積める大陸弾道弾を配備した事も理由かもしれません。
これは、2012年に配備が完了するそうです。2013年以降中国が存在しないと言う、中国の易者の予言は現実味を増しています。

 その大陸弾道の行く先は、中国とパキスタンなのだそうです。
・・既に、中国経済は崩壊が始まっているのだそうです。全ての日本企業は、早めに中国から撤退するのが安全です

 日本でも、バブルの最後、年明けは4万円になるといっていた株価は、年明けとともに大暴落しました。
中国でも最初で最後の大暴落となるようです。これは経済的にも常識です。

 ギリシャもオリンピック後に、ハゲタカファンドに国家が食い尽くされ、全く駄目になりました。
中国も、当然、ハゲタカの的になっているはずです。ハゲタカの筒先は中るはずです。

 ラビバトラと言う経済学者は、今年が中国経済破綻の年と視たようです。
最近の中国の報道は、異常に感じるのです。

 世界の歴史を過去に見ても、バブル崩壊で、人民に金が回らず大暴動、軍部が暴走して核戦争になると思います。
これは、最悪のような話ですが、他に様子が見えません。

 今年の暮れは、中国バブル崩壊の要注意です。
いつも言うように、株など全部売り払っておくのが安全です。最近異常に誘いが多いFXも、もちろん駄目です。

 馬鹿に騙されると地獄の日々です。心身健康に過ごしましょう。
25日の神々、仏様の御挨拶です。

神々、仏様の御挨拶

 川崎大師の四天王と神々、仏様、眷属の皆さんです。
お寺の大本堂は、何処も大きいのですが、この神々は出雲の巨大な神殿でないと窮屈だったそうです。。

神々、仏様の御挨拶

 これから起こる中国のバブル崩壊は、人類史上でも大変なものになるはずです。
オリンピックでも露見したとおり、全てが嘘の上に成り立つ、悪魔の国が、現在の中国です。

 ここに来る皆さんは、一切のかかわりをしない事がベストです。
悪しきフジは縁を切りましょう。

 そう言えば中国で拉致された日本人は「フジ」の会社です。偶然でしょうか?
あの会社の本店は広島でした。

 心健やかに、良い休日をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 カピラ国

平成22年9月24日

 中国が船の事故で五月蝿いです。
日本の領域で起こった事故なので、中国人に文句を言われる筋合いなどない話です。

日本の領域

 石垣島を調べずとも、優秀な訪問者の皆様は、この島はイシス神の名だと判るはずです。
「石が来」と言う事です。慶良間のご先祖様も多くはアフリカと申し上げました。

 石垣島には川平と言う地名もあります。

川平

 ここは、エジプトのサッカラ(坂田、酒田)周辺を指しています。

エジプトのサッカラ

 そして、カピラといえばお釈迦様の国です。
諸説あるカピラ城の土地に案内していただきました。こちらです。

ワーラーナシー

 京都洛南の語源、ラクナうの東南、ワーラーナシーというところです。

ワーラーナシー

 ここはガンジス川のほとりで、見事な阿字です。
大学もあります。沢山の人が乗ったという舟です。

ガンジス川

 こちらは寺院です。
川崎大師のとよく似ています。擬宝珠も付いています。

インドの寺院

 日本は、隅から隅まで、世界の冠たる国です。それが十(10=東=テン=天)です。
日本を愚弄する中国は、遅からず分裂します。諸葛孔明は中国は3つが良いといったのです。正しいと思います。

 諸葛孔明が指導しているという中国の易者も、2013年以降中国は存在しないと言っているのです。
これは当たると思います。

 毎日が神々仏様、お地蔵様、眷属の皆さんによるご指導です。
それもこれも、私と神々仏様、お地蔵様、眷属の皆さんの間には、金銭や欲が存在しないからできるのです。

 余計な貨幣、金銭への欲が、あらゆる人間の不幸を生んでいます。
ただし、アミが自分がする息の分は、空気も必要だと言っています。

 訪問者の皆さんに、当サイトの正しい理解ができますようお祈り申し上げます。
今日も光がいっぱいです。 肉を食ってはいけません。
   
 +(-_-;) 


 五十音

平成22年9月23日

 通常、母音は、あいうえお、です。
沖縄は3母音といいますが、多少のニュアンスがあるように思います。琉球の先祖は、ナイル流域のケラマの皆さんもいます。

 英語のアクセントも、五母音の上にあると言います。
すると、あいうえお、には太古よりの大きな秘密があるはずです。

 元々、あいうえお、と言うのは天皇が持つ秘密だったのだそうです。
慈眼大師、天界上人は前世アイと名乗りました。これは、あいうえお、の事です。天海上人に秘密の土地に案内していただきました。

2010_09_23_7.jpg(329448 byte)

 私が宇宙の神々に、宇宙の秘密を尋ねた時、十のまとまりは、あなたの両手の指の数であると言われました。
五本の指は、母音の数です。母音あいうえお、には、宇宙の秘密があるのだそうです。

 これは天皇が唱えたときにのみ、力を発現する真言なのだそうです。
天海上人、エジプトのアイの前世はウガヤ九代の女帝だったのだそうです。

 そして、その住まいは、弘法大師にも近い、現在の山戸神社のところだったのだそうです。
最初に、あいうえお、が唱えられたのは、エジプトだったそうです。イドフ、コームオンボの右です。

エジプト

 まるでルクソールやローレライ、丸墓山、ポンポン山の様です。
ここもナイルの氾濫で、すべてが泥の中に埋もれたそうです。

 「あらき」とは嵐が来た意味なのだそうです。
天皇が朝、神々に、この真言十度を以て、お祈りしたのだそうです。確かに、「あいうえお」は偉大な言葉です。

 かってのエジプトの寺にも、ちゃんと祭壇、護摩壇があり、火が燃えていたのだそうです。
侵略者が片したのだそうです。。

 侵略者どもは日本の、鴻巣の埴輪や、埴輪の窯なども綺麗に片してくれました。。
見えなかったことが、神々仏様、天海上人様の案内で、また少し見えました。

 聞きたいことは山ほどあります。皆さんも同じと思いますが、全てはお伝えできません。
物理的、時間的に不可能だからです。

 それにしても、はじめに言葉ありきとは、あいうえお、の事だと解って、すっきりしました。
ナサの研究では、このようなことは解明できません。

 いつもお狐の皆さんも言うように、神仏へのお祈りは、金儲けのために出る思い、言葉では駄目なのです。
お参りの時は、静かな心で、お祈りしましょう。
   
 +(-_-;) 


 百舌(もず)

平成22年9月22日

 百舌鳥とは写真の鳥です。

百舌鳥

 大阪の堺にも百舌鳥があります。
それに巨大な仁徳陵があります。

仁徳陵

 おかしな方角を向いているのは、全て、日本人を騙すための馬鹿(侵略者、中国人)の作だそうです。
訪問者の皆様は、神々、仏様、眷属の皆さんにより、既に一般人の持つべき知識を遥かに超えた叡智を頂いています。

 今日ご紹介した百舌とは、「も」=エジプトと「舌」は千と口です。
吉もエジプトですが、その中心は紅海の反対側です。

アラファト山

 13とは土佐、十三、富で、その根源はナイル川です。
ナイル川のアスワン周辺が百舌なのだそうです。蘇我氏の故郷です。大化以前、日本と中東エジプトは、大変な交流があったのだそうです。

アスワン周辺が百舌

 堺はサッカラの「さか」です。サッカラも無数の攻防があったのです。
多くの人は、サッカラを忘れられず、「さか」の付く苗字を名乗ったのです。埼玉にも坂戸というところがあります。

 エジプトが何故、「も」なのかというと、それは月、特に満月に近いところが象徴だからです。MOON のことです。
ちゃんと月には兎もいます。中央が月です。エジプトの神々、仏様、眷属も妖精もいます。

月

 イエメンの月の神殿は三日月のイメージです。この三日月が鎌と言う字に当てられたのです。鎌倉幕府です。
源平の合戦は、エジプトの平氏と、イエメンの源氏が激突したわけです。

 どちらも天皇が国内の平定のために雇った傭兵です。
そのため、全ての武家の出自は秘密です。

 ほぼ満月に近くなるのが十五夜です。
今日も、すごい光がやって来ました。
   
 +(-_-;) 


 丹後ガラス

平成22年9月21日

 鳥取で古墳からガラスが発見され、丹後のものではないかと言われています。
丹後のガラスとは、ちょっと違うようにも見えます。最初は鳥取のものです。

古墳のガラス

 そして、丹後のものです。

丹後のもの

丹後のもの

 丹後は、ヨルダンのペトラから、公家とし上杉がやって来ました。「上」は十一、「土」には足りません。
イスラエル、シナイ半島の手前です。十一がエジプトと言ったところです。中東は十に当たるところです。イエメンは八です。ヤーは太陽です。

 イスラエルの場合、あちこちに流民したので、十口、古を当てるようです。古郡と言う苗字は深谷あたりにしかいません。
吉見の古名と言うのはイスラエルの民だったそうです。おキネさんの味方だったそうです。

 古河公方と言うのも、いろいろと騒ぎの末に興りました。
上杉とは仲が悪かったのは当然のようです。

 こちらは、誰が乗ってきたのか六千年前の杉で造った船だそうです。
やはり、出雲大社ではありませんが、証拠が出ると、日本書紀など、偽書の歴史は疑われます。

六千年前の杉で造った船

 出雲大社の基礎の跡も、こんな感じの木です。
昔は中東にはレバノン杉と言う銘木がありました。既に調べて、日本のものではないのは判ってるはずです。

 丹後半島にも、山の上に碇峠(いかりとうげ)などというのがあります。
天の浮舟が、ここで碇をおろしたのです。

碇峠(いかりとうげ)

 その天磐船には、卑弥呼(ひみこ)が乗っていたそうです。
卑弥呼も世界中を巡幸したのだそうです。皆さんご存知のように、邪馬台国は北海道が良いと言われました。最後の土地だからです。

 北海道には千歳もあります。
卑弥呼といい、八女津姫といい、光り輝き、素晴らしい美しさです。

 確かに、あれでは奴婢たちも、喜んで殉職したかと思います。そのくらい素晴らしい光です。
この辺は、この世の、現代的な話ではありません。

 その卑弥呼の後、豊受大神様が降臨され、丹後の神になったのです。
上杉は太古よりの真実を知っていたので、丹後半島に来たのです。

 勿論ペトラでは、エジプトやメソポタミアとも交流があったのです。
公家や武家の秘密など、通常は表には出ません。それで侵略者は歴史を捏造するのです。

 卑弥呼のことは、少しづつ更新いたします。
ちなみに、豊受大神様が、勾玉は「6」、「9」なのだと言っています。ロックと球です。

 イシス神はもちろん常世岐姫、和久産巣日神で、豊受大神様の母神です。
光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 捏造された歴史

平成22年9月20日

 日本書紀は多くが捏造されていることは、訪問者の皆さんは知っていると思います。
当然あちこちの神社で祀られる神様の名も捏造されています。勿論中国人フジ共の仕業です。

 フジ共の所業は、今の、日本の国旗を切り裂き燃した日教組のようです。
出雲もフジどもに皆殺しにされたのです。出雲の、あの巨大な遺跡の記録も全てフジどもに、歴史の闇に封じられていたのです。

 九州にも歴史ある神社はありますが、当のご祭神様は、そこにいるのは私ではないと申されます。神社にいるのは馬鹿なのだそうです。。
また、おかしな祭りも、人身御供のようなものがあります。御祭神様が、嫌がるようなものはお祭りではありません。

 欲にたかられた人は、悪魔が言うままに、人の命まで差し出しました。
今の臓器移植も同じです。かって南米などで生贄を殺した者たちが、殺されているのです。生きたまま心臓などを取られているのです。

 心臓を取る者、取られる者、そして、その行為で金儲けをする者がいます。
これが魔界のトライアングルです。新興宗教の洗脳です。

地図

 この地図の地域中の神社は、中国人が祭り、そのため日本書紀にも掲載してあるそうです。
ご祭神様は、欲の塊の氏子が嫌いだそうです。当たり前な話です。

 神様の本来の土地は地図に見える「城山」なのだそうです。
あちこちに沢山の、城がなくても城山があります。

城山

 城山と白山は同じ意味です。城山とは土星、タイタンの神、大穴牟遲尊の縁です。
城とは、土が成ると小学校で教わった方もいるかも知れません。土は十一です。これはイスラエル周辺を表しています。

 ヨルダンから来た公家の上杉のことも、皆さんにはご紹介いたしました。
甲も由もエジプトのコームオンボ、甲田を表しています。下は由布院です。

由布院

 ここにも城があり、星もあります。雨乞岳も良いネーミングです。
ここの城山は、しっかりと丑寅、ゴンを向いています。本来の神社はここなのだそうです。八女津姫と言う、大変美しい神様が居ります。

城山

 問題は「やべ」にあるのだそうです。市内のヤベ姓も名誉見栄に傾倒するのが多いようです。ヤベー話しとは本当です。
良い麦と毒麦は、よく分けないといけません。

 太古から続くというお祭りも、フジが権力で始めたのでは駄目です。
諸天善神様は、誠にご苦労様です。

 良い日々をお過しください。
   
 +(-_-;) 


 フランスより真実?

平成22年9月19日

 ここ数日、暑い夏の後のパソコンメンテナンスに追われました。
今年も内蔵ハードデイスクを2台と、中古のパソコンを1台入れました。ハードデイスクを交換すると、しばらく中古パソコンでも持ちます。

 当研究所の運営費は、メンテナンスの機械代が大きいです。
国家も政治家や役人の金、人件費が莫大です。国家も人的メンテナンスが大切です。

 いつも思うのですが、フランス人は60進方を採用し、冷静に諸国を分析もしているようです。
確かに、日本人の皮を被った中国人や朝鮮人(工作員、草)が政権を担当していたのでは、ヨーロッパの国も嫌だと思います。



 中国など、神代から神々に呪われた、悪魔の国です。
よせば良いのに、反対を向いた前方後円を作り、これは応神天皇のものだなどとでっち上げたのです。

 ナチスドイツのマークも、戸隠神社のものに似ていますが、反対向きです。
それにしても、NHKへの反対抗議もすごかったようですが、マスコミは全く報道しませんでした。日本のテレビ新聞は、これでは駄目です。

 中国人は嘘も百回言えば真実になると信じていると言うのはお笑いですが、恐ろしいことです。中国の検索「百度」は人を騙すためのものです。
「百度」とは新興宗教の工作員、役者、手品師を使った詐欺話の技法です。要は相手の洗脳です。騙されている人は目を覚ましましょう。



 凄いデモですが、知らなかった人が多いと思います。
他所の国では、大々的に報道されているのだと思います。

 台湾のまともな人は、中国もNHKも嫌いなようです。
流血はいけませんが、大事な思いを政治家、馬鹿な役人どもに知らせるのは大切です。

 それにしても、役人は政治家を虚仮にし、国民をなめきっています。
粛清は、来世の転生です。

 豚に生まれたものも理由は解らないのです。
外に出るのが恐ろしいという引篭もりの人も、ある意味、まともな感覚なのです。

 私は役所で良く悪魔を感じ、これは何かと思っていました。
魔界に堕ちゆく役人どもの運命を見ていたのだと理解できました。

 これは私の作り話ではありません。
訪問者の皆さんも、よく考えましょう。
   
 +(-_-;) 


 平井

平成22年9月18日

 平井と言えば、地名も人名も沢山あります。
東京の平井は誰でも知っていると思います。亀戸の隣です。

平井

 亀といえば竜宮城、公転周期29.6年と言われる土星です。
確かに、地球の公転速度は、土星に比べ、約30倍速で、土星は亀のような歩みです。

 「ひらい」とは、下の土地です。インドです。「日来」のようです。
像は工業の神でもある、ミトラ神、宇迦之御魂大神様だそうです。

宇迦之御魂大神様

 こちらの神紋は金属製のようですが、戸隠神社のものに似ています。

2010_09_18_2.jpg(99145 byte)

 空には、見事なガルーダです。
上に、お釈迦様が乗っています。

2010_09_18_3.jpg(101323 byte)

 こちらは某神社に降臨された土星の皆さんです。
土星の皆さんは優しそうです。土星の皆さんには名前がない(呼ぶ必要がない)ので、地位名誉は存在せず、精神的に安らかなのだそうです。

2010_09_18_4.jpg(422424 byte)

 神社のお狐さんのお招きで、インドの日枝神社(山の形の寺)を経て、神々眷属が多数降臨されました。
チベットのポタラ宮殿なども、日本で言う日枝神社に当たります。豊川稲荷(本堂の上が山)の咤枳尼眞天様も降臨されました。

2010_09_18_5.jpg(371896 byte)

 インドとはIN土で胎蔵界のことです。
その胎蔵界は、地球の裏側はもとより、土星金星に繋がっているのです。

 これは現在のアカデミーな地球の物理では説明できません。
大体、地球が何故公転しているかなど、学校では話題にもなりません。

 原子力など、この宇宙の力に比べれば、正に太陽の前のマッチです。アミが言っています。
このような力には、すべての国境、侵略がなくならないと、地球人類は近づけません。

 私は、ことら総合研究所を始めた頃、この力を制御する神に尋ねました。
あなたが神ですかと?

 その方は、私は神ではないと申されました。
小さな島さえ、自分のものだと欲張っているばか者どもは、どう思うでしょう?

 あまりに情けない、愚かな人類は、金銭だ、地位だ、名誉だと、破滅にまっしぐらです。
特定の者が、本来の弱者の分を力づくで奪っているのですから、この世は、崩壊するに決まっています。

 苦しみから、人を騙す蛇、悪魔に取り憑かれてしまった者は不幸です。
もし、自分が信じていたものは悪魔、蛇だったと気が付ければ、それは解脱の一歩です。

 肉とは、牛豚馬鳥、何に限らず、内に人、転生した魂がいるのです。
あなたの職場の人、ひょっとして、家族兄妹、かっての我が子さえ、この星では食らうかもしれません。

 これが魔界でなくて、何でしょう。
もうじき、お彼岸です。

 静かに、人生を考えるのも良い事です。
神仏は、何も無理など言いません。

 心身のためにも、静かな時を過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 与那国島

平成22年9月17日

 昨日のアリゾナも沢山の立岩(立石)がありました。
与那国島にも立派な立石があります。

立派な立石

 そして、有名な海底遺跡があります。

海底遺跡

海底遺跡

 他所の国でもよく見た石橋です。

海底遺跡


海底遺跡

 これは密儀を行う井戸です。
先日の古墳にもありました。水の流れが、神の心なのです。これが法です。馬鹿な法曹の「法」ではありません

海底遺跡

 見事な人面岩です。ここは上古の18代から20代にかけて栄えたのだそうです。
1万年前ではありませんが、チャタルヒュクなどと同じ7~8千年前頃だそうです。御用学者が主張する千年前などではありません。



 このような海底遺跡は無数にあります。この総称がアトランテイスです。
私がエジプト以前に出た地球は、全て、このような環境でした。16回くらいです。

 大陸は全てダメなのです。今の中国と同じで、他国の侵略しか考えません。
病院の先生は、病原菌、ウイルスは直ぐに消毒します。

 宇宙の神々も同じなのです。地球人のロケットは、ある程度まで宇宙に出ると撃墜されます。アミが言う免疫の問題があるからです。
腐った魂が出たら海に沈める、泥に沈めるという殺菌をするのです。

 ソドムとゴモラを滅ぼした田中大神様のように、腐り果てた魂は、火で清めるのも有効です。
このあたりの話は、宇宙医学とも言うようなところです。欲ボケの人間どもには異議など唱えさせません。

 まともな人は、皆当たり前に感じるはずです。
他の星まで、肉食病(∈麻薬中毒)、馬鹿に感染したら、それこそ宇宙の危機だからです。

 厳しい話に感じる方がいると思います。それは病気の皆さんです。
今日のお話は、川崎大師の四天王、大山咋神様によるものです。
   
 +(-_-;) 


 アリゾナ・・

平成22年9月16日

 ホピの土地、アリゾナも「阿」地です。
前世、アメリカにいたような気がする方は、多くはインデイアンです。

 インデイアンも白人(+あお)に侵略され、大事な土地を奪われました。
アリゾナは神代の大都市だったのだそうです。

神代の大都市


アリゾナ

 遠目には、パルテノン神殿のようです。

アリゾナ

 これはエジプトにも同じようなものがあります。

アリゾナ

 こちらは遠い昔の降臨された神様です。
ご苦労さまです。

アリゾナ

 この土地も、欲を思うものが出てしまったのだそうです。
悲しい人類の歴史です。

 キャニオン、キャノン、観音様です。
ここは木星で管理していたそうです。

 馬鹿な悪魔は、いつの日か儲けた金で宇宙も支配してみせると私に言いました。。
しかし、もはや世界経済は風前の灯です。

 私が、この十年の間、日記に書き続けたことは実現しています。
2012年は、馬鹿な地球人類への判決の時だそうです。

 いろいろなことが起こるそうです。
皆さんは馬鹿にかかわらず、健やかな日々を過ごしましょう。

 天神様の光がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 若狭姫

平成22年9月15日

 掲示板に遠敷(おにゅう=オヌー)とありましたので、地図を検索したら若狭姫神社というのがありました。
これは誰かと思いお尋ねしたら、天照大神様と娘の多紀理姫様なのだそうです。豊玉姫ではないそうです。

 誰がつけたか、豊玉姫などという誤った神名が語られています。いつものことです。
そもそも若狭とは何処か、ルーツをお尋ねいたしました。

 案内されたのは、中東とアフリカ大陸の狭間でした。

中東とアフリカ大陸の狭間

 ここには探していたバベルの塔がありました。

バベルの塔

 ムラ(ダ)と言う「音=おん=ね」がここに出てきます。ミューラーという音になる国もあります。
ここが今日のポイントです。人間には何も分かりません。

ムラ

 この意味を天照大神様にお尋ねいたしました。
この「ムラ」とは「ポピ」なのだそうです。地球の反対側に、とても霊性の高いホピ族という人たちがいます。

 ここにも、水で清められた跡があります。ホピとはハッピーのもとです。ホピ族は胎蔵界を経て地球の反対側に逃げたのだそうです。
ナガ、建御名方大神様が、ホピ族は、ノアの仲間だと言っています。ホピの人を導いたのが道祖神、猿田彦大神様です

 皆様には両面宿儺のことも既に教えました。
ホピ族は胎蔵界の地下道のことも知っているそうです。

 ホピ族の予言、ふしぎな話は、皆真実です。
辛抱強かった宇宙の神々も、今度こそは、肉を食らう悪魔、馬鹿な地球人類を許しません。

上古7代様

 私の本音です。
屁理屈、御託を並べた役人は、生きているうちに、よく反省しましょう。

 役人たちの来世は、あっても大変です。
悪いことをしなかっただけでは、役人は畜生道に堕ちるのを覚えておくべきです。

 全ては自己責任です。神仏のせいではありません。
良い訪問者の皆さんは、質素に健康に過ごしましょう。
   
 +(-_-;) 


 魂の転生輪廻

平成22年9月14日

 私が10年前、ことら総合研究所を書き始めたのは、転生輪廻が大きなテーマでした。
昔から畜生道というのは知っていました。悪いことをすると、牛馬豚に生まれ変わるというものでした。

 確か前世は牛だったという記憶があるという人もいたようです。
漠然と、そんなものかと思っていました。しかし現実は、もっと厳しいものでした。

川崎大師

 川崎大師や笠間稲荷の猫は勿論、街を歩く犬まで、社主に前世役人だったと教えられたからです。
昨日は、太田姫稲荷神社のお狐さんに、池のアヒルも役人だったと教えられました。。お狐さんは金星(イナ)でも狐だそうです。

池のアヒル

 昔、あの世の監獄で見せられた、牢屋の格子を掴んでいる者たちが、来世は畜生道なのだそうです。
その最低が、蛇です。もちろん、これから亡くなる人も、自分が来世、蛇に生まれるなどと夢にも思っていません。

 そう認識できないのは、その人の魂の運命でもあります。いつも言うように、神仏のせいではありません。
昨日は、役所と政治家の動画を見て、この世は粛清されるべきだと感じました。どこの役人議員も嘘八百の魔界です。

 層化の蛇は、皆さんには公開できません。恐ろしい黒蛇です。
ニチレンはこれに巻かれ地獄で苦労しているのです。どうにもなりません。

 こちらは地上を案じてくださる神仏の皆さんです。
ここに嘘などというものはありません。皆さんが見たままです。

神仏の皆さん

 陸上公園には、お地蔵さんも沢山おられます。
司令官のお仲間です。

お地蔵さん

 お地蔵さんは、汚れた地上には、肉体を持たれないのです。
人は精進すると、肉体が浄化され、その為、神仏と交信できるように成るのです。その修業は、正しい日々で、30年はかかります。

 税金や利息、地代で生きているものは、それは不可能です。修行期間に成らないのです。→「コン」
天照大神様が言うように、それだけで罪悪だからです。余計な金銭、地位、名誉、これらを嫌わないといけません。→「コン」

 そんな感覚は、当たり前の日々から形成されるのです。新興宗教や、おかしな組織にいては駄目です。
勿論輸血だ臓器移植などとんでもありません。

 ここに来る方は、多くの方が健康なはずです。
ここには、中尾先生の尿健康法の教えを始め、神仏の光があるからです。

 今日も光がいっぱい降りてきました。
   
 +(-_-;) 


 私の日課

平成22年9月13日

 この日記を書くのは、私の魂に与えられた仕事です。来てくださる皆さんのおかげで、十周年と成りました。
勿論、宇宙には貨幣がないので、この世的には無給ですが、神仏の光がいただけます。

 大事なモノは、日々の心身の健康です。
その為に、私もウオーキングを日課にしています。これも、勿論、無給ですが、健康が一番大切です。

2010_09_13_7.jpg(266872 byte)

 私も夜、鴻巣の運動公園の周りを歩いています。歩行用の舗装道があります。柔らかいのです。
七時過ぎから、結構多くの人が歩いています。中にはジョギングしている人もいます。ご覧のように、ここも丑寅の古墳でした。

 30年ほど前は見渡す限りの田んぼでした。
そこに団地ができ、スーパー、小学校も出来ましたが、既に過疎で、小学校は閉校の予定です。

 流れ行く日々、栄枯盛衰を感じます。
この写真は、鴻巣運動公園のメインスタンドです。グランドには、沢山の神々、御仏、眷属の皆さんです。

鴻巣運動公園のメインスタンド

 このスタンドの階段も登ります。
次の写真は、鴻巣市役所を向いて写したのですが、神仏の世界が写っています。

神仏の世界

 こちらは免許センター、安養寺の八幡神社の方向です。
写っているのは空海という方です。かって安養寺に来たという伝説があります。

神仏の世界

 スタンドの階段を降りたところで、大山津見神様の御降臨です。

大山津見の神様

 こちらは、前世エジプトのファラオ アイ→慈眼大師 天海上人です。

天海上人

 そして、沢山の妖精とともに大山咋神様です。

大山咋神様

 妖精は、大小4種類はいるそうです。
この小さいのは、蛍で言えば、ヘイケボタルと言ったところです。

 ウオーキングは日課と言っても、激しい暑さだったので、今月はほとんど行っていません。(^_^;
それでも、たまに40~50分のウオーキングは心身に良いと感じます。

 早足で15分が良いとかいう人もいますが、それは人によります。
良い地に行くのは、心身に良いです。聖地を走るのはいけません。

 ここに来ている皆さんには、何となく判るはずです。
暑さは峠を越しそうですが、身体には疲れが残っていると思います。夏バテが来ます。

 十分な睡眠が大切です。
今週も、良い日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 窯跡の神々

平成22年9月12日

 神代の記録を残している大事なモノは銅鐸と埴輪があります。
鴻巣の埴輪は、とても有名です。市内に窯跡があり、昨日そこに呼ばれました。220日です。

窯跡

 神々(土師)眷属、妖精たちが待っていました。

窯跡

 多紀理姫様、眷属、妖精も飛んできました。
トラちゃんは、掲示板にお勤めしているトラ猫です。コンもします。

多紀理姫様、眷属、妖精

 そして、特別に宇迦之御魂大神様も降臨してくださいました。おすすきたちも一緒です。
私以外の人には、まず会っていただけません。ほとんどの人は肉を食う、欲を出すので、接近すら出来ないのです。アミの司令官のようです。

宇迦之御魂大神様

 私も、人ごみは嫌です。気の狂った波動がいっぱいだからです。この世は、私が本来住む世界ではないのです。
最後に、皆様の心の礎に、鴻巣に争いをもたらした蛇をお見せします。ビルにも巻きつく凶悪なやつです。

蛇

 長い間、人々の心の支えにもなっていた埴輪は、この蛇共が壊したのです。イタ公です。銅鐸も埴輪も、彼らには価値が判らないのです。
イタ公とは歴史の破壊と殺戮を繰り返した、悪しきローマです。

 馬鹿な軍事拡大を重ね、最後は貨幣すら造れなくなり、兵士が職務を逃げ出し、オスマントルコに潰されました。
ローマに限らず、豊臣も同じようです。バチはかならず当たるのです。

 馬鹿な役人の皆さんは、税金で暮らしてきて、俺が何をした等と地獄で言わないよう精進してください。
この宇宙の法は、正しいのです。

 違うと思う方は、司法の神でもあるミトラ神、宇迦之御魂大神様にお尋ねください。
勿論、肉を絶ち、心身の清めをし、断食した後のことです。

 心身の清めの第一段階は七年はかかります。
自称、正しいというのは新興宗教の詐欺師どもです。

 よく事象を見切ることが大切です。
   
 +(-_-;) 


 皇極天皇のお話

平成22年9月日

 牽牛子塚古墳 は、マスコミで斉明天皇(←皇極天皇)のものといわれています。
ご本人にお尋ねしたら違うのだそうです。欽明天皇のものなのだそうです。

2010_09_10_09.jpg(217662 byte)

 八角形は前玉神社と同じです。古墳は丸墓山と同じにインド系の形です。
ヲホドさんの第3皇子ですので、理解しやすいと思います。

 外側の写真がありました。
吉見の百穴と同様、擬灰岩だそうです。

牽牛子塚古墳

 ここが入り口のようです。

牽牛子塚古墳

 入り口に居る方は誰か、皇極天皇(斎明天皇)にお尋ねしたら、微達天皇だそうです。
欽明天皇の息子さんも蘇我と物部の勢力争いで亡くなったのだそうです。

牽牛子塚古墳

 崇峻天皇(すしゅんてんのう)も蘇我馬子の手で殺されています
崇峻天皇もよく来られています。最初は怖かったですが、今は「す」の意味も解っています。高い世界の方です。

 私の前世も解ったので来たのだそうです。蘇我氏は国を乗っ取ろうとしたのだそうです。
しかし、他の国は当然面白くありません。策を弄し、蘇我氏を滅亡させたわけです。

 考えると、後の平家も同じようにおごりました。蘇我氏も平家も、どちらも天皇家の使用人のようなものたちです。
どちらもエジプトの出なのは、既に述べました。

 歴史は繰り返すといいますが、後醍醐天皇などは倒幕で苦労されました。
馬鹿な豊臣は、天皇の葬祭の費用さえ出さず、主人である天皇家を虐待し、後に徳川に根絶やしにされました。

 物部、蘇我、平氏、源氏・・いろいろ歴史に名前がありますが、皆、渡来の傭兵です。天皇家の使用人です。
悪しき武士など山賊の上がりです。

 そう言えば、昭和天皇も馬鹿な役人で苦労されました。国際連盟を勝手に脱退したものです。
役人どもが思い上がったら、国家の危機です。

 今はそんな状況です。
   
 +(-_-;) 


 十日のご挨拶

平成22年9月10日

 昨日は、やっと猛暑から開放されましたが、この夏に熱射病で死んだ人は500人以上だそうです。
残念ながら、熱射病で死んだ方は地獄にいるそうです。身体を結果的に粗末にしてしまったからです。その原因は殆どが金です。

 馬鹿の一つ覚えで、働かざるもの食うべからざるとか、時は金なりと悪魔に取り憑かれています。
このくらいの暑さがなんだと思って、状況をなめてしまったのです。これが罪、業です。

 十分夏さ対策をして、身体をいたわった方は、たいてい生きています。
エアコンが使えず、暑さで死んでしまった方は、役人を呪ってください。生命身体の安全は、社会保障されるべきことです。

 九月も十日に成り、神々、御仏の皆さんが、ご挨拶に来てくださいました。
最初はおキネさんの御屋敷跡です。この田圃は、もう稲が刈られていました。

おキネさんの御屋敷跡

 次は四大神様の速玉です。
四大神とは咤枳尼真天、豊受大神、和久産巣日神、宇気母智神様です。

四大神様の速玉

 少毘古那尊です。

少毘古那尊

 こちらは大山津見神様の実像モードです。

大山津見神様

 速玉に乗っている大山津見神様です。

大山津見神様

 最後は御門、天照大神様と神々です。

御門、天照大神様と神々

 以上の写真に、皆さんが知っている、ほとんどの神々、仏様がいると思ってください。
神仏、眷属の皆さんは、お金のために拝まれても、ちっとも嬉しくないのです。

 当然、新興宗教などに降臨されることはありません。
・・今日も、本当の光が降りてきました。

 よい週末をお過しください。
   
 +(-_-;) 


 ダルガ峰(だるがなる)

平成22年9月9日

 天照大神様がご縁だという峰は、「だるがなる」と読むようです。
その土地には、いろいろな大事があります。

ダルガ峰

 皇居の神々に、少し名を入れました。もう少し入れるつもりです。
多くの神々の名は知らない方が多いので、多くは入れられません。

 この世の方が知っている、品陀和気尊(ほんだわけのみこと)など入れようと思っています。
品陀和気尊にお尋ねしたら、天界では、名誉のための名は不要なのだそうです。アミも、また名前かいと言っていました。

 名誉だ見栄だなど、天界では邪魔にしかなりません。余計な財産など、それこそ罪産です。
ところが、お馬鹿さんは、いくら言っても分かりません。

 株だFXだと言って破滅にまっしぐらです。
不動産などを相続しても苦しみばかりです。

 天照大神様も、星の土地は人のものではないと、はっきり言っておられます。
利息、地代で人を苦しめたものは、すべて地獄堕ちです。当たり前すぎます。裁判官共も一緒です。

 話は変わりますが、銅鐸はかって西日本のものと言われましたが、山陰でも沢山出ました。
本来は祭りの道具で、エジプトのアラキ(荒木)で使われていたそうです。ハライブトライアングルです。

エジプトのアラキ(荒木)

 ここが本当の、ノアの洪水の地だったのだそうです。
ウガヤ29代の時、ナイルが巨大な氾濫を起こし、この町は泥に沈んだのだそうです。

 事前に逃げた人が、行田の荒木をはじめ日本にも住み着いたのです。
アララト山も、このアラキから名が付いたようです。

 確かに、トルコ周辺では、大洪水は起こるような感じもしません。
此処に来る皆さんは、「コン」を聞いた方が多いと思います。

 社主によると、石の建物では音が鳴らないので、銅鐸を造ったのだそうです。
日本の木造家屋は雨戸や天井等、いい音がします。

・・以前に聞いた、すごい音は、それを再現したのだそうです。大稲荷狐のコンは、京都の旅館が壊れるかと思いました。
大稲荷狐と言われる稲荷狐は、伏見稲荷に12体います。過去の何処の状況も見てくることができるのです。皆さんの前世もです。

 人間が考えたタイムマシンとはスケールが違います。
太陽系のみ成らず、銀河系も見てきます。

 大稲荷狐にとっては、千年前のことは500光年先の星に反射され、今ここに見えるのです。
アミが、ペドリードに、どんな時代の、どんな光景も見せることができるよ。と言っているのは真実です。

 この星の馬鹿な役人も、そこまで考えが及べば、もう少しまともな死後の世界を送れたと思います。
冤罪を出しても、地獄など無いと部下を騙したバカ役人は、八つ裂き火あぶりは当然です。地獄では、死にたくても死ねません。

・・呪っている人にとっては、当然の話です。あの世では麻薬も効きません。生身より苦しいのです。
神仏、大稲荷狐の皆さんのおかげで、私も毎日、皆さんへの日記を書けるのです。

 すべてが、悪しき境目のある世界では、全てが駄目です。今、この世は行き詰っています。
自らを変えられない役人どもは、この世と共に魔界堕ちです。

・・おすすきが拍手してくれました。
満ち溢れる光の中、ささやかに嬉しいです。
   
 +(-_-;) 


 海上山

平成22年9月8日

 今の時代は、全ての方が「かいじょうさん」と読みます。
ところが、ネフェルテイテイに尋ねたところ「あまかみやま」なのだそうです。

2010_09_07_12.jpg(170707 byte)

 海とは深い意味があります。

海 字形 筆順 〔水(#・#)部6画/9画/教育/1904・3324〕 [#] 字形 〔水(#・#)部7画/10画〕 〔音〕カイ## 〔訓〕うみ ## #うみ。#陸。「海洋・海岸・大海・公海・日本海」 #大きなみずうみ。「青海・カスピ海」 #広く大きい。「海容・海口(=大ぼらふき)・海碗(=どんぶり)」 #同種のものが一面に多く集まっているもの。「樹海・雲海・学海・人海戦術」 ## 形声。「水」+音符「#」(=暗い)。
くろぐろとした深い水の意。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
うす黒くみずをたたえたうみ。だそうです。
 ここまで書けば、出席率の高い、ことら学園の優秀な皆さんには理解できたはずです。
ヌビアの皆さんの大事な山だったのだそうです。

 因幡の国は、エナ=金星のご縁です。
天照大神様の神話も沢山あるのだそうです。因幡の白兎(素兎)、大国主の話もあります。

 こちらは八上姫と兎です。
八上姫は、やはり八王子権現、イシス神、常世岐姫だそうです。

八上姫と兎

 実際の八上姫は、もっとスマートです。
沢山の神話は、権力を握った侵略者どもに、違う話を捏造流布されてしまいました。

 地元の口伝は大切です。
貨幣のある魔界では、共通文字など、全ての常識を葬ります。

 ネフェルテイテイによると、エジプトでも歴史は口伝だったそうです。そしてピラミッドには侵略者が文字を彫ったのだそうです。
いつでも馬鹿は鬱陶しいです。因幡の白兎は、次の方が本物に近いようです。中国製の日本書紀になど、この話はありません。日本書紀では、東国さえ盗人国です。

因幡の白兎

 ・・天照大神様は、八頭で一番縁が深いのが長義山だと申しています。

長義山

 お決まりの船木山もありました。
ネフェルテイテイが来たのは、六がつく山です。

 八頭の八は、太陽神としての天照大神様の「太陽」を現します。
お疲れ様でした。
   
 +(-_-;) 


 田心姫(たごりひめ)

平成22年9月7日

 昨日、田心姫神様にお屋敷に案内されました。
大きな今風の建物に、中には喫茶室などもあり、全てが揃っていました。

 その奥に、ガラスのドアがあり、その奥に田心姫神は居られました。
しかし、そこはあまりに上品清楚で、生身の肉体を持つものは入ってはいけないところでした。聖域と言うことです。

 私は何処か、よその星かと思って、田心姫神様に、此処は何処かと尋ねました。
そこは、下の写真です。讃岐の満濃池というところです。田心姫神が居られます。

まんのう池

 龍神様の絵です。昔話では、ここには悪い天狗も来たことがあるそうです。
天狗にも、時に悪いものがいるそうです。天界に魔が住むといいます。皆さんにもお見せしました。

龍神様の絵

 こちらは八大龍王の鳥居です。
八大龍王の鳥居

皆さんお気づきのように、八幡神とつながっています。八は太陽を現します。こちらが八大龍王です。

 中央の大龍神がギリシャでクロノスと言われる龍神様です。その右上が田心姫神です。

八大龍王

 下の石碑の隣に田心姫神様が居られます。
満濃とは「万王」なのだそうです。鑑真という方もやって来ましたが、今日はもう時間がありません。

神野神社石碑

 神仏に大変縁が深い満濃池です。
神仏も姿名声を語る外道もいます。新興宗教はもとより、名誉見栄を語るものには注意しましょう。

 訪問者の皆さんはご苦労さまです。
   
 +(-_-;) 


 お狐さんの思い

平成22年9月6日

 伏見稲荷大社の筆頭の稲荷狐、おすすきが、写真を掲載して欲しいとやって来ました。
白狐社の鳥居の上の写真の下に、以前撮影したものを追加しました。

おすすき

 皆さんも、見えないところを稲荷狐には救われているのです。
神々からも、沢山のリクエストがあります。

神々

 こちらはオリンポス12神のうちのヘーラーという神様で、日本では山戸神社の田心姫神(たごりひめ)に当たるのだそうです。
クロノスと言う最高位の龍神様の娘さんです。田心と言うのは大事な水です。

 ゼウス神、大山津見の神様が、妻や姉ではないと申されています。でっち上げられたそうです。日本書紀のようです。
目の前に居られるので、分からない方は、心身を清浄にされ、断食の上、坐禅を組み、尋ねてみてください。

 田心姫神は、勿論お答えくださると言っています。
ただし、自称「清浄」ではいけません。金を欲しがるものも駄目です。当たり前です。

 こちらは上古の15代様です。

上古の15代様

 見事な角があるように見えます。水牛のようです。
太古よりの失われた、牛頭天王への思い、皆さんは目の前に見ています。

 あちこちに無数にある天王塚とは、神々のためのものです。
そして天王洲という土地がとても大切なのです。

 日本は世界に冠たる、水清き国です。
   
 +(-_-;) 


 吉備の国

平成22年9月5日

 吉備の国ついては、以前にもエジプトの原地をご紹介いたしました。
ところが昨日紹介した香川県の神社の神様がやって来て、ここのも吉備だったというので調べました。

 現在の吉備については以下のようです。


きび【吉備】 山陽地方の古代国名。大化改新後、備前・備中・備後・美作みまさかに分かつ。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 ところが、元は香川県まで含まれていたのだそうです。

吉備の国

 見えるところが吉備だったのだそうです。
そして吉備の中心が小豆島、阿豆枳神社だったのだそうです。

阿豆枳神社

 この星ヶ城山には不思議な大岩と、かっての祭祀遺跡があります。
五社三門の三門です。インドのものに似ています。→「コン」

祭祀遺跡

 この三門の元は木星のものなのだそうです。
讃岐は「さぬき」と言いますが。木星の使いという意味です。これは密教です。

不思議な大岩

 これは自然に登ったのでしょうか。テレビでは写せない姿です。
そしてバベルの塔の様な岩です。誰かが掘ったと思われます。

バベルの塔の様な岩

 こちらはいろいろな国のものも紹介しました。
神々が降臨される高天原です。

高天原

 上に龍神様が居られます。
仏様の横顔のような岩です。

 日本にも不思議がいっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 水主(みずし)神社

平成22年9月4日

 水主神社というところにお参りされたという方が居りますので、検索してみました。
場所は香川県東かがわ市です。香川の「か」は「こう」です。

水主神社

水主神社

水主神社由緒

 凄い岩です。くじら岩というそうです。木星から飛んできた天磐船だそうです。
水主と言えば、それはナイルの神、イシス神、和久(湧く)産巣日神、常世岐姫です。

水主神社ご神体1

 こちらにいるのは、山戸神社にも祀られる天水分神という方です。
 
水主神社ご神体2

水主神社由緒

 卑弥呼もご縁なのだそうです。卑弥呼もやはりフリーメーソンです。北海道の千歳とはこの方のことです。実際は、この世に千年いたそうです。
この世の方とは思えぬ美しさです。当然ですが。。

 胎蔵界の司令官はじめ、高い世界の方は、名誉見栄金銭を欲する愚かな者とは交霊出来ません。
それは戦いの産物、悪魔の宝だからです。持てば悪魔は妬み、奪いに来ます。

 こちらは、お世話になっている興教大師様です。
馬鹿どもは神仏、お大師様の名誉を妬んでいます。

興教大師

 皆さんの周りで起こる現象には、いろいろな意味があります。
悪霊、野狐も霊夢を見せます。悪霊には騙されないようにしてください。

 余計な欲が諸悪の根源です。
良い週末をお過しください。
   
 +(-_-;) 


 荒木神社

平成22年9月3日

 伏見稲荷の近くに、荒木神社というのがありました。
荒木とは、もちろん例のところです。エジプトです。

 たまに、この日記を見る人は、何を馬鹿なことを、と思うはずです。理解できるのは地球上で、ここで学ぶ皆さんだけです。
ここ、ことら学園の生徒の皆さんは神様の偏差値80以上の人たちなのです。

 検索したら、他にも荒木神社というのがありました。
最初は京都の福知山です。

荒木神社1

荒木神社2

荒木神社3

 そして、三重県伊賀市の荒木神社です。

荒木神社4


荒木神社5


由緒
 当社は創祀については、詳らかにはし難い。須智の稲置の一族が、この地を 開墾し、ここに奉祀したものと考えられる。平安時代には伊賀国阿拝郡の小社須智荒 木神社として、延喜式内社に列せられた。天正九年(一五八一)の天正伊賀の乱に際 して、伝世の古記録・古文書のことごとくを焼失した。只一つ伝承として鎌倉時代に 伊賀守仲教なる人物が、社殿を造替したと伝えられている。仲教は寿永二年(一一八 三)伊賀守に任じられており、あるいは鎌倉時代初期に社殿が修造されていたことに なろう。  その後、慶長一七年(一六一二)にいたり、社殿は再建された。江戸時代にはあつく 崇敬され当社の他、敢国神社・菅原神社・愛宕神社・浅宇田神社をあわせて伊賀五大 社と称し、領主入国の折りに必ず参拝するのが例であった。明治四一年(一九〇八) 大字西明寺鎮座の八幡宮をはじめ二九社をそれぞれ合祀した。 昭和六年(一九三一)村社から郷社昇格。昭和二一年(一九四六)社格廃止。

 須智の稲置と言うのは、もちろん「す」の稲荷神の子孫です。
そう言えば、蘇我氏も稲目という方がいました。五行博士です。

 全ては中国人「フジワラ」に秘密を葬られていました。ここにも、イの手先が来たのだそうです。
大国ローマは、あらん限りの横暴を尽くしたのです。図書、文書を焼いたのは常套手段です。

 蘇我氏の蔵書も建物、屋敷ごと燃されてしまいました。
蘇我入鹿が殺されたため、蘇我蝦夷が自刃して、自分の屋敷に火を放ったというのは、真っ赤な嘘です。

 蘇我入鹿はイドフで殺されたのだそうです。とんでもない話です。
学校の教員は、正に凶員です。洗脳されたとおりに、子供を基地外にするわけです。

 大体、蘇我入鹿が、皇極天皇の目の前で斬り殺されたなどというはおかしいと思っていました。絵も人を騙すための贋作だそうです。
書物の捏造は、権力者藤原氏には簡単だったはずです。その結晶が、嘘っぱちの日本書紀、出雲風土記です。

 皇極天皇の時代、出雲の巨大な神殿はあったのだそうです。既に証拠が上がっています。
材料の巨木は、西の国から持って来たのだそうです。

 霊などいないと思っている愚か者どもは、これから巨大な天誅が下ります。
肉を食ってはいけません。

 ・・蘇我氏の皆さんも、肉など食べていなかったそうです。。
大光が降りてきました。
   
 +(-_-;) 


 一日のお参り

平成22年9月2日

 九月に成りましたが、まだ猛暑です。
昨日は、涼しくなってから鴻神社にお参りに行ってきました。神々が待って居られました。

八幡様、誉田別尊、神々

 八幡様には、当然、ヲホドさん、ヲキネさんと縁の深い誉田別尊も居られます。
鴻神社から、駅前で買い物をして社主のお社にお参りに行きました。

 こちらでも、胎蔵界、金剛界の皆さんが待っておられました。
最初は、胎蔵界の司令官の乗った光の速玉です。

光の速玉

 この速玉には13名が搭乗しているそうです。十三です。
この世の99.99%の人は、神や仏の写真さえ目にできず魔界転生しているのです。

 どうにもならない事実です。→「コン」
この司令官は、私が学生時代から、お祈りをしていた方です。

 何処の誰も知らない方でしたが、何故か思っていたのです。
アミの本で、やさしいテレパシーが理解できました。この世は絶望的な魔界です。

 神仏の優しさを感じられれば、皆さんにも理解ができます。これが悟りです。
何処まで行っても、全てを金に換算する気の狂った凶悪宇宙人、それが地球人です。

 詐欺師の新興宗教の教祖には、絶対吐けない言葉です。
最初に宇宙の歴史を商業出版しようとして、この9月で、もう十年です。

 社主がやって来て、印税などを得てはいけないと教えてくれたのです。特許収入も同じです。
学生時代に出願した権利も放棄しました。権利収入など、地主、金貸しの儲けた金と同様に、悪の華、地獄へのおもしです。

鴻神社に来てくれた観音様

 今日も日記を書きながら、この世の罪業が感じられました。
基地外民法は、全てを金に換算して、毎日巨大な罪悪を増やしています。

 裁判官がすべて魔界に落ちて、のたうち回っているのは金の亡者だからです。→「コン」
悪しき役人など、人として、やってはいけない仕事だからです。→「コン」

 このへんが私の講義の真髄です。宇宙法では基礎です。
理解できる方は、解脱への道が開けます。

神々と野狸

 神仏は皆さんに正しい法を伝えようとしても、その側には、蛇、野狐、野狸が騙そうとしているのです。
それが悪しき新興宗教です。

 欲を肯定していいなどと弟子を洗脳した詐欺師共は、その業をどうするつもりなのか?
あまりに鬱陶しくなりますが、そんな詐欺師の教祖に騙された弟子も責任があります。

 もはや、今月で、目の前の世界は消えるかどうかの瀬戸際です。
地下の工事をしている司令官が東海大地震も注意せよと言っています。

 アミの本もまた読んでみてください。
何が人の不幸かと言って、こんな無法の魔界の星に生まれることです。

 政治家共が争っている間も、危機だそうです。→「コン」
国民の真の幸せを、第一に考える政治家が良いと思います。
   
 +(-_-;) 


 九月

平成22年9月1日

 9月に成りましたが、まだまだ暑いようです。
今年は400人もの人が熱射病で死んでしまったそうです。

 これまでの年と、同じような感覚で過ごしてきた人が多いのだと思います。
わずか数度と言っても、肉体が耐えうる限界付近の1度は、正に生死の境目なのです。

 アミは、最後の一滴の水が垂れたために、世界が滅びたところもあるというようなことを言っています。
正に今の世界も土俵際です。

 エドフの天女の様な龍神様に乗っているのは豊受大神様です。

豊受大神様

 昨日は、地球人が言う夢のなかで銀河鉄道に乗りました。その列車には不思議な習慣もありました。
日本的には名古屋あたりで降りて、その駅前から空を飛びました。

 以前は自力ではあまり飛べなかったのですが、昨日は不思議な手印を組み、かなり飛びました。
この手印は役行者、天狗さんたちに教わったのだそうです。

 空を飛んでいくと、不思議なアーケードの町工場群がありました。大阪の雰囲気です。
そこでは、人々が、私に仕事をくれと言っているのです。しかし、そのアーケード街は出口がありませんでした。。

 それで、元のところを飛んで、そこを出ました。
そこから京都辺りの山の上に飛んで行きました。柔らかい山でした。

 その山の上から見えたのは、豊かとは言えない木造2階建て建物の風景でした。
大山咋神様が、柔らかい山は、日本の比叡山に当たる処であると言っていました。

大山咋神

 実は、ここから見えた2階屋が、金星(比叡山)から見た地球なのだそうです。
人々は悪魔に騙され、金や地位名誉の苦労で右往左往しているのです。

 何しろ、私には、そこに住む人の、心のまずしさが思えたのです。
大事な土地で、不毛な駆け足をしている人たちと同じです。

 私には、とても寂しい風景に見えるのです。皆さんも同じだと思います。悪魔に先導されているのです。
大山咋神様の下には、この人達を先導している悪霊が口を開けて待っています。これも新興宗教です。危険です。

 人を魔界に誘いこむ悪霊は、この星では、そこら中にいるのです。
諸々の行いはもとより、いつも思いが正しいかどうか、チェックが必要です。

 こんな思いの生活が精進、苦しみからの解脱に繋がります。
・・悪魔どもは、馬鹿な人間に解脱されると、生活が困るのだそうです。。

 神々による、意味の深い言葉です。
暑さに注意して、今月も良い日々をお過しください。→「コン」
   
 +(-_-;) 

 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2010