6月の日記

 古事記

平成22年5月31日

 古事記の元は何かと言うと、帝紀(ていき)旧辞(くじ)と言われています。
実際には神倭朝31代の用明天皇の時、古事記の元ができたそうです。それを稗田阿礼神が天智天皇の屋敷で見て来たのです。

 稗田阿礼神は稀にいる、フォトメモリーの持ち主と言われる人です。
ところが、太安万侶は、宮中の反対派に脅され、読み上げたとおりに記録を書かなかったのだそうです。

 用明天皇時代の古事記は、秦氏のものだったそうです。
秦氏はインドの人となっていますので、当然古事記はヴェーダ三部の事だったのです。リグ・ヴェーダ、サーマ・ヴェーダ、ヤジュル・ベーダなのだそうです。

 行田の丸墓山(インド型の円墳)の側は佐間と言います。お寺もありました。
長い間、佐間と言う地名の秘密が解りませんでした。さきたま火祭りに無数の神々が降臨される理由でもあります。

 稗田阿礼神は、「ひえだのあら」と言っているのは、アーリア人だからです。「ひえだのあれ」では嫌だそうです。
これが、天武天皇が稗田阿礼神に古事記を誦習させた理由です。当然原典は日本語ではなかったのです。

 知識の足りない人達が作った動画があります。
良かったら見てください。


 私も見ていませんので、良かったら、この動画もサイトに追加いたします。
秦氏は八つの種族が居たのだそうです。秦氏は八色の姓(やくさのかばね)だそうです。→八柱

 舎人とは、ヒエの人です。日本とエジプトまでを結んでいたのだそうです。
   
 +(-_-;) 


 ウガヤの時代の比定

平成22年5月30日

 西暦にすると、ウガヤの時代が紀元前でどの辺りかは解りづらいです。
先ほど来た、ウガヤの24代と言う方は、ヒエの時代、アメンエムハト3世だったそうです。

 この王は、紀元前1841年の即位のようです。ウガヤ24代様の時代は3851年ほど前だったようです。
この時は、既に力のある神官、フリーメーソンが居なかったのだそうです。

ピラミッド

 ご覧のように、ピラミッドも、ただの山のようです。
フリーメーソンが金星に帰ってしまったのは、地球人の霊性が低下したからだそうです。ウガヤ14代の時で、この時から文字を使い出したのです。

 もちろん、文字の秘密が狙われました。文書が偽造できるからです。中国人の得意技です。
天饒国饒黒浜彦天皇天日身光天皇と言う方は、エジプトで共同王という仕組みを作っていたのだそうです。

 それは、単独王だと、暗殺されて他所の国の侵略者に王位を取られるからだそうです。
ウガヤ21代、23代、24代と天饒国と接頭辞が入っていますが、これは複数の王がいる国を現しています。黒浜はこの辺では蓮田です。

 ヒエの交流は、胎蔵界の道を使ったのです。ピラミッドの下にあります。
大ミラミッドの地下は、エジプト政府も調査の許可を出さないのです。

 先日、その道を通りました。地下から螺旋階段のようでした。当然ピラミッドですから、丸ではなく角でした。
上のほうに女神様が沢山控えていました。

 この地上に出るのを準備しているのだそうです。
この王がリビアに遠征したのは、地上の者が胎蔵界を侵攻しようとしたからだそうです。

 胎蔵界もいろいろあって、リビアの胎蔵界が、神の世界なのです。
私が、ことら総合研究所を始める以前に、最初にスキャンした地球人類発祥の地です。

 私は、最初は宇宙の歴史を書こうと思っていました。
しかし、時間の基準が無いので、駄目だと思っていたのです。そんな時、天界の女神様が日本の歴史を作りなさいと言ってくれたのです。

 お陰さまで、宇宙、太陽系のことも少しスキャンしました。
それにしても、日本の歴史を書き始めてから、この世の恐ろしさが身にしみました。

 神々が、いろいろな真実を教えてくださったからです。

王様

 長い間の謎、擬宝珠も解りました。
・・神々が金星に引き上げてしまったのは、イタ公が侵略してきたからだそうです。。

 危険極まりない馬鹿の星が現在の地球です。
   
 +(-_-;) 


 「まなか」さんの故郷

平成22年5月29日

 「まなか」と言う人は沢山居ます。
漢字はいろいろなものを当てますが、元は同じです。

 マナカさんの故郷は、真田さんの近くでした。
こちらです。
マナカさんの故郷

 近代的な街です。。
山の上に、あれだけのものを造れるのは凄いです。これは「がらがらトカゲ」でしょうか。不思議なのは初めて見ました。

がらがらトカゲ

 今日の本題です。2より5と言うのは月の宮殿です。
月と言っても、三日月です。三日月宮殿です。常世岐姫も縁が深いそうです。真理とはマリです。

三日月

 そして、その先に八柱の太陽神殿があります。
これが空から見た写真です。丑寅を向いた前方後円墳の姿です。

八柱の太陽神殿1

八柱の太陽神殿2

八柱の太陽神殿3

 この柱はどのくらい大きいのか知りませんが、相当な大きさです。
現在の高層ビルなどクズのようです。

 これは上古の14代天皇の時のものなのだそうです。
太陽の時代が繁栄を極め、そして、中国人がその栄光を盗みに来たのだそうです。。

 そして、光の時代に、雲がかかってきたのだそうです。
大山祇神が中国人に大変な苦労をさせられたと言うのが、上古も終盤の時代です。

 今も同じようなのです。
中国人には注意しましょう。
   
 +(-_-;) 


 天之手力男尊

平成22年5月28日

 昨日、湯島天神を更新しました。
BGMに時代を使っていたら、やはり大きな野狐が出てきたので、BGMは中止しました。困ったものです。

 実は、天手力男尊(あめのたぢからおのみこと)の「手=た」はタイタンを表すのだそうです。
それで男坂の下に十一面観音を祀る天台宗の元喜見院(きけんいん)→心城院があるのだそうです。

十一面観音

心城院

 十一面観音がタイタンの方とは以前に掲載いたしました。大穴牟遅尊も仲間です。
私も、この太陽系に来てから、タイタンに出たこともあります。それで縁も深いのです。この為、神々と心の風波数があって、意思が通じると言うことです。

 皆さんの中にもタイタンに出た方がいるかも知れません。
これは、一般人に教えて良いところではありません。地球上の前世さえ理解出来ない方が殆どです。→「コン」

 このような話は、豚に真珠程度で、神々の冒涜をする者も出るかも知れません。ここに来た方は、狸印の降伏の化学などに騙されては困るのです。
神々、仏様のDNAも、肉など食っていては作動しないのです。これが大事な教えです。余計な財産を思うなどとんでもありません。

 皆さんのご先祖様にも、神仏に世話になった人も、新興宗教にひどい目にあった人も居ます。
神仏に世話になった人は、それを子孫に伝えて欲しいのだそうです。この人も善鬼です。赤鬼です。


 少年時代を聞いていたら、常世岐姫がすごい光で飛んできました。
この方の先祖が、常世岐姫、イシス神のご信徒様だったそうです。

 とても楽しい話です。悪魔の世界は要りません。。
   
 +(-_-;) 


 遠い日々

平成22年5月27日

 昔は良かった。皆がそんな事をいうようです。
こちらは昔(1960年代、昭和40年代)の鴻巣市立東小学校です。木造校舎は優しかったです。日本中何処にもありました。(下の写真には私は居りません。)

木造校舎

 今は、皆コンクリートで、子どもが凶悪化したという人も居ます。
確かに、子供も大人も退化したように思います。

 何処もかしこも役人など馬鹿ぞろいです。
昨日のNHKの報道は、悪魔=役人、ヤクザ=テロリスト、この世の両極=極道を感じました。

 報道されていたように、支払い命令は、ヤクザの振り込め詐欺に多く利用されました。
とにかく訴状さえ出せば事実は確かめずに裁判所が被告宛に発送するのです。

 この支払い命令、訴状も、判決も知らなかった人もいるようです。
訴状などは特別送達と言います。これは、被告が受け取らなくても受け取ったことにされると言う、とんでもないものでした。

 その為、その道のプロ、極道は郵便局の配達員から、これをインターセプトしたのです。訳はないのです。
しかも、受取拒否したといえば、受領印も不要です。恐ろしい話ですが、役人もヤクザも極道です。

 郵便局員が金を貰っていたことも疑われますが、これは証拠も見つからず、罪になりません。
いつかの京都裁判所の書記官のように、でっち上げもあったと思います。もちろん裁判官がやれば正規なものです。恐ろしいことです。

 かくして、家が知らない間に無くなった人も多いのです。裁判所はヤクザの味方と言います。裁判官はヤクザは怖いからです。
こんな話は報道になどでません。訴状も確定判決も知らないうち、全ては闇の中で処理されます。

 恐ろしい話も、役人の世界では日常茶飯事です。被害者の人生は馬鹿役人のために終わりです。
民事事件も刑事事件も魔界の出来事です。

 松本サリン事件も、ωが裁判官を皆殺しにしようとして起こしたのです。
河野さんと言う冤罪被害者は大変でした。恐ろしかったそうです。

 これも行政とωと言う極道同士の争いに、一般市民が犠牲になった典型のようです。
先日、元ヤクザだったと言う暴力団の組長、カ行の藤が、層化、公明党の汚れ仕事をやっていたと話したようです。

 伊丹十三と言う人は、かっての市会議員のように飛び降りて自殺した事になっています。
今は、殺人は時効が廃止に成ったので、真実は出ないようです。客観的には飛び降りる程の理由もなかったです。

速玉

 法務省が金をもらって、層化の検事、裁判官を増やしてしまったと言っている人もいます。
法曹にも、とんでもない話が、無数にあります。法曹の頭も、心も、ピンからキリまで居ます。

 馬鹿役人にはケチをつけられないようにしましょう。
ケチをつけられた人は、きっちり落とし前を請求しましょう。当然です。

 ・・神々が、バカ役人どもは八つ裂きの上、畜生道行きの刑にしてくれるそうです。
これは控訴はできません。量刑は決まっています。

 馬鹿な役人は、過失非道を神仏に詫び、世の中のために生きれば、ひょっとして蛇に落ちるところを、犬にしてもらえるかもしれません。
これは冗談ではありません。不明な点は神神、仏様にお尋ねください。
   
 +(-_-;) 


 蔵王権現

平成22年5月26日

 蔵王権現とは

ざおう‐ごんげん【蔵王権現】‥ワウ‥
修験道の主尊。役行者(えんのぎょうじゃ)が金峰山(きんぷせん)で修行中に感得したと伝える。 一面三目二臂で魔障降伏ごうぶくの相をなし、右手に三鈷杵さんこしょを持ち上げ、左手は剣印で腰にあて、右足をあげた形をなす。 吉野蔵王堂などにまつられる。蔵王菩薩。金剛蔵王。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]
 こちらは役行者、蔵王権現、宇気母智(うけもち)神です。
無数の神仏が居られます。

役行者

 こちらが、蔵王権現の験なのだそうです。三つ目、ミカドです。
なんども見せてもらっていましたが、気がつきませんでした。

蔵王権現の験

 実は、この方も上古の天皇なのだそうです。
姿がエジプトのファラオに見えるかと思います。

 昨日も沢山の速玉が現れました。
この速玉には、曼荼羅同様九体の仏、天が乗っています。この光の玉には咤枳尼真天が居られます。

咤枳尼真天

 こちらも見事な早玉です。
乗っているのは興教大師です。

興教大師

 興教大師は高野山で役人(坊主ども)の仕分けをしたのだそうです。
それを恨んだ霊がいて、今も来ましたので、返り討ちにしてやりました。バカは死んでも治らないのです。

 ふざけた役人は、きっちり仕分けするのは当然です。
私も馬鹿役人には、何度もひどい目に遭いました。

 ふざけた役人は、証拠を添えて、罷免請求、告発状も出しましょう。
馬鹿どもは切りがありません。

 お大師様は、高野山で殺されそうに成った処を、お稲荷さんに助けていただいたそうです。
龍神池と言うのがあったそうです。

 水の流れがここクレアにもあります。龍神様です。
古墳にも濠は絶対に必要なのですが、バカ役人は解りません。

 古墳は城なのです。墓ではありません。
   
 +(-_-;) 


 中東の秘密

平成22年5月25日

 中東とは、既に述べたように、東=天(とう、十=10、テン)に中ると言う意味です。
日本にも縁の深い厩もあるヨルダン、そしてレバノンには、バールベック遺跡があります。

 ここはユピテル(大山祇神)、バッカス(大山咋神)、ビーナス(豊受大神、咤枳尼真天)と三柱の神を祀っていたそうです。
バール神は偶像だそうです。新興宗教だったのだそうです。天皇に敵対した新興宗教だったわけです。

バールベック遺跡

 こちらがバックス(バッカス、大山咋神)宮殿です。ギリシャのより大きいのだそうです。



 そして、六本の巨大な石柱です。
ここの石はアスワンの花崗岩が使われているのだそうです。

 大山祇神様が、蘇我氏の故郷アスワンの石がないと、駄目なのだと言っています。
とても大切な事です。石とも意志が通じないと、このような神殿はできないのです。宇宙では常識のレベルです。

六本の巨大な石柱

六本の巨大な石柱

 もちろん現在では、こんな神殿は造り様がありません。
ここは遠い昔上古の15代が造られたそうです。その後、ローマに攻められ、アラブ、イスラムに攻められたそうです。

にほん

 マホメットは日本で学んだので、二本の柱を立てるのです。調神社にも前玉神社にも立っています。
これは、本来、胎蔵界の出入口のマークなのです。神域には違いありません。

 何千トンもある石を動かすだけでも不可能に近いのです。
それをこのように積み上げることは地球人にはできません。

 肉魚を食う下人どもには、話を理解することさえ不可能です。
多くの下人が、肉魚を食うのを止めるのは、麻薬中毒患者が麻薬を止めるより難しいのだと思います。

 人は食い物に対する思いでも、よく分けられると思います。欲の深いのは肉を食うのです。悪魔です。
人間仕分けも大切です。肉を食う馬鹿は避けましょう。
   
 +(-_-;) 


 行田の国宝

平成22年5月24日

 知りませんでしたが、行田には聖徳太子の国宝の像があるそうです。
下の写真です。

聖徳太子の国宝の像

 お寺は、下の写真です。
曹洞宗の聖徳山天洲寺と言うお寺です。

曹洞宗天洲寺

 実は、ここ小見も真観寺古墳があります。
先日の皇居の様に大きかったようです。ウガヤ31代の橘姫天皇の時のものだそうです。

前方後円墳の跡

 中心の真観寺が石室だったのです。

真観寺

 おみとは「お」見です。「お」の皆さんが住んだのです。
曹洞宗の起源、エジプトのデンデラも既に紹介しました。行田にも曹洞宗のお寺は多いです。

 真観寺の道はエドフの西に通じているのだそうです。
第二の石室は、狐が出入していたので発見されたそうです。もちろん稲荷狐だそうです。

 ここ行田で、聖徳太子の国宝が在ったと言うのは、やはり大化を感じずにはいられません。
聖徳太子のお祭りは、2月22日なのだそうです。

 お釈迦様が、社主のお社に降臨された雪の日です。。
もちろん知りませんでした。

 天の配剤です。
   
 +(-_-;) 


 江戸の事

平成22年5月23日

 えど【江戸】とは#(古今要覧稿に「江所(江に臨む所)」の意とする)東京の旧名。
古くは武蔵国豊島郡の一部に過ぎず、平安末期に秩父氏の一支流江戸四郎重継が今の皇居の地に居館を営み、下って1457年(長禄1)太田道灌が築城、その後上杉・北条の手を経て、徳川氏が幕府を開くに及んで大都会となった。

 すなわち、家康は1590年(天正18)江戸に入り土木を起こし、1604年(慶長9)から江戸城を大きく改造。
以降4代家綱の頃まで、諸大名に負担させては大工事を行い、幕末までいわゆる八百八町の繁栄を保ち、享保(1716〜1736)以降は人口100万以上を維持。

 1868年9月(慶応4年7月)東京と改称。 [株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 豊島氏とは大穴牟遅尊、タイタンの縁の方だそうです。
江戸の江は江ノ島の江とも同じで、三水に光です。エジプトのエも音は同じです。

 この江は金星を現すのです。明けの明星です。
江戸城の鬼門に太田姫稲荷神社が祀られたのはその為です。

太田姫稲荷神社の由緒

 今の人は、鬼は全て悪鬼と洗脳されています。それはフジどもの嘘です。
時代的には江戸氏以降が武士だと思います。

 皆さんは巨大な秘密、武士の故郷も知るに至りました。
源平から、始まって、徳川まで、みなもとは八幡様、稲荷五大神です。そして、見えないところに摩利支天が居ます。

 先ほども太田姫稲荷神社のお狐さんがピカピカ光りながらやって来て、例大祭の巡幸画像完成を喜んでくださいました。
そして、神々もお喜びです。

 今度は、ところどころに現在地の地図をいれました。
かっての時代も、今も、「するがだい」には大きな力があるそうです。
   
 +(-_-;) 


 摩利支天の事

平成22年5月22日

 摩利支天は、猪に乗った三面観音で、実態がないと言われます。
「マリ」支店とも感じますが、そもそもマリはどこか、神々にお尋ねしました。

 マリはイエメンでした。
こちらです。

マリ

マリ

 ここに太陽の光の遺跡があります。
八本の巨大な石柱です。八幡様です。

八本の巨大な石柱

 そして、五本の巨大な石柱を立てた礼拝所もあります。
京都の「五」の格式はここから来ているそうです。松尾大社の塀の五本線です。

五本の巨大な石

 伏見稲荷も稲荷五大神を祀っています。安倍晴明の五行もそうなのだと言っています。五大石柱は星に繋がっているのです。密教の手印もそうです
三面観音は、五の手前なのです。そして八の次は十三になるのです。→「コン」

 松尾大社の十三祭り、格式が高いという塀の五本線はここから来ています。
川崎大師のお狐さんが松尾大社に来てくれたのも、まり塚の縁なのだそうです。

 その神聖な土地を破壊したのは、巨大な蛇です。恐竜の類です。
中国人のようです。

巨大な蛇

 見ての通りの怪物、化物が、この地中に潜んでいます。
中国が砂漠化しているのも、同じようなのが地中にいるのです。

 この蛇どもは新宿の高層ビルにも巻憑いています。恐ろしいです。
皆さんにも化け物の姿が見えたのは、天界の慈悲です。

 役人どもには、地獄も生きているうちに見せてやりたいです。
犬や猫も、良い飼い主に恵まれるものは少ないと思います。

 人生は、欲をかいたら切りがありません。→「コン」
食事も腹八分目より抑えましょう。
   
 +(-_-;) 



 内裏発見?

平成22年5月21日

 奈良県で新しい遺跡が発見されたそうです。
皇極天皇(斉明天皇)によると天武天皇のものではなく、用明天皇のものだそうです。

新しい遺跡

 これが地図です。
地図

 中大兄皇子と中臣鎌足が蘇我氏を滅ぼした後、皇極天皇の弟、孝徳天皇が即位し元号を大化と改めました。
この時、背後にいたのは、エジプト勢をよく思わない勢力(イスラエル、中国・・)だったそうです。

 皇極天皇は中大兄皇子(天智天皇)の母です。そして、天武天皇の母でもあります。歳は九つ違っていたそうです。
天智天皇は欲が深く恐ろしかったそうです。大化も、自分の欲から始めたのだそうです。全てが、日本の歴史は、全てが闇に包まれてしまいました。

 孝徳天皇は難波に遷都しました。
その場所は、現在の大阪城です。

現在の大阪城

 拡大します。

現在の大阪城拡大

 これはコーム・オンボで見た螺旋です。これ以上は天界の秘密です。
孝徳天皇は、上古の3代様の陵に内裏を構えたのだそうです。白玉神社と言うところだそうです。

白玉神社

 元々は白玉稲荷神社と言ったようです。
白玉は皆さんがいつも見ている、天磐船、速玉です。

 かって在った、神代の記録は天智天皇が屋敷にしまい込み、門外不出でした。
その為、稗田阿礼(ひえだのあら)神が、天武天皇の命を受け、読んできて、太安万侶に語ったのです。

 歴史上には記録がありませんが、天智天皇は14人もの、皇位継承者を「ポア」したそうです。
皇極天皇(斉明天皇)が言うには、やはり天智天皇の息子、弘文天皇と言うのは即位が出来なかったのだそうです。

 母上が、息子ながら、天智天皇はどうにもならなかったと言っておられます。。
天武天皇が即位できて、よかったと言っておられます。

 この時代の言葉、山瀬大兄皇子、中大兄皇子、など沢山「オオエ」の付く名前があります。
これが「菊」キクラデス諸島、ギリシャ周辺の事です。

 ギリシャの祖、オリンポス12神は金星の方です。「オオエ」は太祖を現しています。
皇極天皇(斉明天皇)は、まだ沢山伝えたい事があるそうです。

 皇極天皇(斉明天皇)ファンの皆さんは、毎日来てみて下さい。
解らないことは、ご本人にお祈りしてみてください。

 アスワンから来た蘇我氏を殺して屋敷に放火し、アラビア語で書かれた、真の歴史を闇に葬ったのが天智天皇だったそうです。
皆さんも考えてみてください。
   
 +(-_-;) 


 今日は廿日

平成22年5月20日

 世の中には、いろいろな秘密があります。
以前に、皇居には諏訪神社が在ったと書きました。

 太田道灌はそこに城を作り、鬼門、丑寅の守りに京都から勧請した一口(えもあらい)稲荷神社(現在の太田姫稲荷神社)を祀ったのです。
皇居はもともとが古墳、前方後円墳に造られていたのです。さきたまの稲荷山古墳の大きいものと思ってください。北の丸が造り出しです。

皇居

 ご覧のように、見事な丑寅を向いた古墳です。
ここは元々あり、それは神代から在ったのです。

 ここに祀られていたのはアメン神、上古の13代、宇迦之御魂大神様だったそうです。

 太田道灌がここに城を造ったのは、その並外れた霊力で、ここに城を造ることを決めたのです。
太田道灌、天海上人も太田姫稲荷神社の御祭神、菅原道真公の子孫なのだそうです。

 そして天神様、菅原道真公は大山咋神様の子孫だそうです。やはり、まことの皇統です。
太田姫稲荷神社のお狐さんは、文字通り金星の導きでここに鎮座されたのです。

 私は以前に宮内庁にも、ある事で親書したことがあります。ことら総合研究所を始める以前です。
その時は、天皇と金星の事は知りませんでした。

 親書の内容は全てが秘密です。
乃木坂(のぎざか)から、神田小川町まで、その先の稲荷町までも丑寅の線上です。

丑寅の線上

 乃木坂などは自転車では登れません。
今の駿河台も神田山といったのだそうです。徳川が来る以前は、相当に山が在ったのだそうです。

 その山の泥は、現在の築地辺りまでに埋立に使われてしまったのだそうです。
荒川の土手も同じようです。古墳の土だそうです。。

 家は古墳のように高台に作り、毎年の川の氾濫で農作物をよく育てていたというのが真実です。
現在も吉見や北川辺では、舟屋と言って高台の家があります。

 利根川の土手も、あれだけ造るには膨大な泥が必要だったはずです。確か、行田の利根川の土手の側は須加という地名でした。
その意味は皆さんが思うとおりです。

 あちこちに、前方後円墳、丑寅の古墳跡が上空から見えます。

 前方後円墳は、この世と金星を結ぶ磐船の飛行場だったのです。
神々、眷属の中心に12山岳神(ギリシャで言うオリンポス12神)が居られます。

12山岳神

 ここに居られる神々は、現実のものです。
ここは、嘘で固めた、金儲けのための新興宗教ではありません。
   
 +(-_-;) 


 馬鹿の世界

平成22年5月19日

 中国で、金持ちが役人に賄賂を送って懲役14年の刑が判決されたそうです。
もらった役人は、死刑が良いと思いますが現在の量刑は不明です。

 国によっては、10数万円の収賄で死刑です。当たり前です。
天下りなど、不当利得の極で、日本では死刑が良いと思います。

 天下りは、そのくらい悪い事です。バカ役人どもに思い知らせるべきです。もちろん死後は、俺は何もしていないと騒いでいるのです。
高利の金貸し、悪い地主、悪徳役人と、この地上にいてはいけない者たちです。

 世間は正しいと言うのが真実です。すべての国民は、馬鹿役人が地獄に堕ち、来世は畜生と言うのは感じているのです。
それしか答えはないと、私も感じます。・・来世は良くても犬だそうです。。

 ここに来て学んでいる皆さんも、そんな感覚は身についてきたと思います。
人は、善悪を仕分ける感覚が大切です。法律判断以前の良心、まともな心です。これが無いのがフジです。

速玉

 神々が今日も見事な速玉を見せてくださいました。
こちらは運転している上人様までがわかります。凄い速玉です。人間の力では写せません。

凄い速玉

 こちらは安倍晴明だそうです。
烏天狗のように見えますが、その通りなのだそうです。周りには鬼さんもいます。

安倍晴明

 こちらはお経を上げる上人様です。
やはり角があるようです。烏帽子は、このために被ったようです。

お経を上げる上人様

 周りには神仏、眷属も沢山居ます。猫も多いです。
最後は星野神社の神様です。

星野神社の神様

 これも中に神様の姿が見えています。→「コン」
私も乗ったことがあります。乗っているとスピードは感じませんが、相当な速さだと思います。

 お狐さんの背中は大迫力です。。
皆さんも、よくお世話すれば、いつか乗せてもらえるかも知れません。。

タイタンの皆さん

 この皆さんが11柱なのだそうです。優しそうな皆さんです。
これが11面観音様だそうです。

 これらの画像は、神仏の慈悲です。
   
 +(-_-;) 


 下界は末期状態。

平成22年5月18日

 公認会計士がFXで30億の横領をしたそうですが、ネットには流れていなかったようです。
そうかと思えば、税理士が脱税で捕まったり、子どもが2人、大阪で女性に刺されました。

 一人は通院してようですが、もう一人は霊に憑かれたそうです。
いつも言う、先祖の恨みです。この世的には、何の罪もない子供も怨霊から見ると敵です。

 この世の被害者も加害者も、どちらもこの世的には不幸です。
しかし、いつも言うように、この様な現象が起こるのは、見えないところで、エネルギーが釣り合っているからなのです。

 悪い役人が地獄でのた打ち回るのも、被害者、たいていは領民、この恨みが原因です。
大阪といえば、大塩平八郎も役人を辞め、陽明学者と成、後に馬鹿な役人に鉄槌を与えんと乱を起こしました。

 与力(奉行の下で同心を指揮)だったので事件の影響は大きく、大塩一党を自称して百姓一揆が続いたそうです。
昔から役人は馬鹿です。

墓

 陽明学は、一般的な儒学と一線を画し、積極的に欲を否定することが大切です。中国人になど理解はできません。
悪魔が、欲の影に隠れているからです。これが大切なところです。馬鹿な役人は畜生道に堕ち、来世は蛇です。当然です。



 大塩平八郎と言う方も、太田道灌などと同様、菅原道真公の子孫だそうです。
菅原道真公は、息子さんが10人居られたといいますから、子孫は多いのです。天神様です。

観音様とお大師様の母上

 こちらは観音様と興教大師様の母上です。出家したのは知っていましたが、今は如来の位なのだそうです。
ここを通って、三ツ木神社へと寄ってきました。

三ツ木神社

 ここは、初めてのアングルです。神々眷属の皆さんです。
下の写真は筆頭のお猿さんです。サイトにも紹介していますが、凄い大きさです。頭にやはり一角があります。

筆頭のお猿さん

 お猿さんによると、三ツ木神社の参拝者も増えたそうです。
嬉しいです。
   
 +(-_-;) 


 本倉稲荷神社へお参り

平成22年5月17日

 昨日は久しぶりで、本倉稲荷神社へお参りに行ってきました。
17号の空には三雲が出ていました。

三雲

 本倉稲荷神社

 本倉稲荷神社のお狐の皆さんです。
筆頭のお狐さんの周りには、狸や猫も居ます。これも寄方です。もちろん犬は居ません。

本倉稲荷神社のお狐の皆さん

 帰りに、沢山の神々が降臨されました。
ここは元荒川です。建物には象さんのような姿です。

沢山の神々が降臨

 この先に、水辺公園と言うのがあります。
神様に引っ張られて、行ってきました。空には神々と、すごい数の妖精たちです。

空には神々と、すごい数の妖精たち

 水辺公園で待っていたのは、ウガヤの21代様でした。
頭には、立派な一角があります。

ウガヤの21代様

 眷属の皆さんも楽しそうです。

眷属の皆さん

 この後、三ツ木神社にも寄ってきました。
続きは明日です。神々、眷属の皆さんに感謝です。
   
 +(-_-;) 


 国会の真実

平成22年5月16日

 一昨日から、某議員が他党の議員により倒され、怪我をしたと言っています。
しかし一説には、演技だという声もあります。

 サッカーなら、ゴール前のファウル、もしくは演技による転倒は、攻守どちらにもレッドカードさえ出かねません。
現状は、野党側がPK(ペナルテイ・キック)を取られそうです。車椅子は見事な演出でした。。

 国会もどこかの新興宗教並に落ちてしまったのかと言う感じもします。
しかし、新興宗教の役者、手品師の詐欺話、演技、手品に騙される人は多いです。本件顛末がどうなるかは興味もありません。

2010_05_16_01.jpg(648262 byte)
 神社庁は、特定の議員を推薦してポスターを神社に貼るというのは間違いです。
多くの人がそう思うはずです。

 アミが地球の政治は間違っていると言っています。
地球人の思考の基礎が、既に悪魔に毒されているからです。

 その原因は貨幣の存在の問題です。
人間の愛、優しさが、貨幣の多寡にすり替えられてしまったのです。

 今頃になって悪魔の考え出した保証人制度を廃止しても、地球の金融はもう駄目です。
私が世界の銀行は全部潰れると書いたのは10年前で、現実にそう成りつつあります。

 特に日本は悪魔に心を売り渡した裁判官共が、諸悪の根源です。
10万円の金でさえ、金貸しの言いなりに差し押さえして、無数の経営者を自殺に追い込んだのです。

 その金貸しどもも、多くは巨額の負債を抱え倒産、廃業しました。
自殺した経営者の祟の矛先は、退官後の裁判官どもです。筒先中るです。→「コン」

 たいてい弁護士です。食えずに廃業するのも多いようです。
豚弁とは医学用語で、心臓の弁に豚のを使うことですが、テレビでも某弁護士事務所が豚弁は使うなと宣伝していました。

 この豚弁は資格を持つ人間を指しているのかも知れません。
ひょっとして、豚のような弁護士、司法書士どもと言う意味かもしれません。多分、いっぱい居ます。信じられないくらい。。

 太田姫稲荷神社のお神輿が休んだ電気大学の裏には、神田警察があります。
だいぶ前に、悪いヤツを懲らしめてくださいと、書類を持って行ったことがあります。

 その事件は、1週間で解決しました。東京の警察は優秀です。
「ω」という集団の親分は、現在捕獲されていますが、東京都内は警察が優秀なので、事件を起こすなと言ったそうです。

龍神様

 何処にも治安、綱紀が必要です。
国会の審議にも、審判がいりそうな時代に成ったのかと思います。
   
 +(-_-;) 


 「元宮へ」を更新いたしました。

平成22年5月15日

太田姫稲荷神社の平成22年度式典のサイトを「元宮へ」を更新いたしました。

お茶の水駅前

 道中はグーグルの画像を使ったところが多いので、余りパッとしません。
時間を見て、自分のとった写真と差し替えていきます。

 太田姫稲荷神社のお狐さんの、元宮への思いは大きく、感じ入ってしまいました。
当分の間、更新していきます。

 それにしても、神田学会の皆さんの貴重な写真はありがたく使わせていただきました。
今日も時間いっぱいです。
   
 +(-_-;) 


 地球の平和

平成22年5月14日

 アミは言っています。
地球上に、ひとつでも国境があるうちは、平和はないよと。

 遠い神代では、国はなかったのだそうです。
かっての天皇が治めていた時代に、やはり欲をかいたものが居たのだそうです。いつも同じようです。

 上古の時代より争いは在ったのだそうですが、ウガヤ26代の時、国を作ってしまった者が居たのだそうです。
この太陽系、太陽界では、土星しか国がないと聞いていましたが、それも星単位なので、太陽系の他の星では一切の争いはないのだそうです。

龍神様

 地球だけが何時までも馬鹿な争いばかりしているのです。
それは欲の深い後進国が多いからです。現状は横の国が大問題です。

 経済戦争は、本当の戦争へと発展して、またも地球は滅びるかも知れません。
なんども水で清めたそうですが、地球人の頭は治らないのだそうです。

 エジプトでは、あの巨大なアブシンベル神殿でさえ泥に沈んでいました。
私の前世の土地もそうです。こちらは、ローマのバックス(バッカス)、酒の神だそうです。

酒の神

 この方が、日本では大山咋神に当たるのです。ギリシャではディオニューソスと呼ばれています。オリンポス12神の内にも居ります。
頭の「山」型は、あちこちで使われています。

大山咋神

 こちらは、役の小角はじめ、神々です。かなりの大角に見えます。あれが大事なのだそうです。山伏の兜巾です。
場所は先日の火祭り会場です。

役の小角はじめ、神々

 こちらは二子山古墳の上です。

二子山古墳の上

 神々は、もちろん基地など無いのが良いと言っています。
何時の時代でも、軍事兵器は、恐ろしいものがあるのです。

 地球の全ての兵器をたたき壊して、鍋や釜にすれば世は平和に成ります。物理的にも正解です。
もはや、戦争では、何もよくならないのです。隣の下低民族の国も、理解出来れば良いと思います。

 問題は国境なき軍事産業のセールスマンが、ローンを付けて武器を売ることにあります。
ギリシャの財政が破綻したら、次はイギリスが危機です。

 今度はリーマンショックより大きな危機になるはずです。→「コン」
ご指導は、太田姫稲荷神社のお狐さんです。

 いつもお世話様です。。
株は手を出さないようにとの事です。。
   
 +(-_-;) 


 月桂樹

平成22年5月13日

 月桂樹はローレルと言い、香料でもあります。
何故か、月桂冠と言うのがあって、神様が頭に被っています。

 蔦と月桂樹で編んだ被り物は良いのだそうです。
人々に、ワインを教えたのが、バッカスの神でもある大山咋神様なのだそうです。松尾大社はお酒の神社です。

 大山咋神様のギリシャでの神名がディオニューソスなのだそうです。
ゼウスの神(大山祇神様)の息子とされています。

 ギリシャ神話では、恐ろしい話もありますが、私も馬鹿は畜生道に落とします。
私も余計な寛容は持ち合わせていません。

大山咋神

 大山咋神様はブドウの栽培も人々に教えたそうです。やはり農耕の神でもあります。
そして、神々は鍛冶にも縁が深いのです。加持にもです。

 太田姫稲荷神社のお狐さんも、見事な狐火です。
太田姫稲荷神社の平成22年度式典のサイトも少しできてきました。

 氏子の皆さん、今年もご苦労様でした。
   
 +(-_-;) 


 玉石混交

平成22年5月12日

 訪問者様に、写真を頂きました。
物事現象は、よいもの、わるいもの、玉石混交です。皆さんにお知らせします。

 何度も行っているさきたま火祭りですが、初めて見た人形です。これは問題ありません。。

ににぎちゃん このはちゃん

 そしてこちらは、私の写真にも写っていた川崎大師のお狐さんです。
もちろん、この写真も問題ありません。迫力ある素晴らしいハート型の写真です。家宝にしてください。

川崎大師のお狐さん

 自称神様が、この下です。
ご覧の通り、蛇の頭です。昨年も来ました。

蛇の頭

 そして、こちらは野狐たちです。
見て冷たいものを感じると思います。

野狐たち

 人間も、外見だけでは判断出来ません。
私の心も、微妙なものを感じます。しかし、稲荷狐の皆さんは、かっての弟子がいるのだそうです。。

 人間を騙す方が、辛い修行より簡単です。人間も、そんな誘惑と戦って、負けたものは新興宗教の教祖です。
あのでかい蛇では、龍神様に退治してもらうようです。

 その巨大な九体の龍神様がこちらです。
「お」が「わ」の土地に現れてくださいました。

巨大な龍神様

 太田姫稲荷神社のサイトも作成中です。
私のサイトは、不思議な方が、いっぱい居ます。。

 10万人以上が来ると言うさきたま火祭りですが、川崎大師のお狐さんが写ったのは3人だけだそうです。
とても楽しい、さきたま火祭りでした。
   
 +(-_-;) 


 埼玉古墳の神々

平成22年5月11日

 こちらは火祭りの帰りに、奥の山古墳で撮影した神々です。
皆さんの目には、どのように見えるか解りません。

奥の山古墳で撮影した神々

 私が、埼玉古墳のサイトを造ったのは、こちらの神々が私のところに来たからです。

奥の山古墳で撮影した神々

 上には、妖精も飛んでいます。

奥の山古墳で撮影した神々

 下は、帰り道の、さきたま緑道です。

埼玉緑道で撮影した神々、眷属

 何かの光の真ん中に、明らかにお猿さんの顔に見える光があります。
もちろん、日枝神社、三ツ木神社の眷属のお猿さんです。眷属の皆さんが霊力で光を制御しているのです。

 実は、常世岐姫の眷属にもお猿さんが居るのだそうです。目の前のお猿さんです。。
何時かの鰐さん程は驚きませんでした。

埼玉緑道で撮影した神々、眷属

 この光の玉の中も、お猿さんに見えます。
以前にも、紹介しました。

埼玉緑道で撮影した神々、眷属

 こちらは兜巾をつけた天狗さんのようです。
下は何処にもいる邪霊です。孫悟空も名誉と見栄の塊だそうです。駄目です。野ザルなのだそうです。

埼玉緑道で撮影した神々、眷属、野ザル、邪霊

 邪霊は自称神様です。馬鹿です。この世は、玉石混交です。
よく、自分の思い(霊)、近づく人間(霊)も仕分けしましょう。

 古今東西、悪いものは優しい振りをして、甘い言葉で近づいてきます。
   
 +(-_-;) 


 太田姫稲荷神社の例大祭

平成22年5月10日

 太田姫稲荷神社のお祭りの写真を送っていただいた皆さん、ありがとうございます。
さきたま火祭りが、やっと格好になったので、今日から太田姫稲荷神社の方をやりたいと思います。

 皆さんの好意に、お狐さんがとても嬉しそうです。
お狐さんが、お金でつながったものは、お金で消えると言っています。名言です。神の世界には金など無いのです。

 こちらは、送っていただいた写真の一部です。
太田姫稲荷神社の例大祭
太田姫稲荷神社の例大祭
太田姫稲荷神社の例大祭
太田姫稲荷神社の例大祭

 お神輿の上のお狐さんが誇らしげです。
お祭りにも出られない、馬鹿の仲間は不幸です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 感謝いたします。

平成22年5月9日

 太田姫稲荷神社の式典の写真を送っていただいた皆様、ありがとうございます。
全く、多忙で、本日も取材の時間が出来そうにありません。

 今日のお祭りの写真も、撮っていただけた方は、よろしくお願いいたします。
こちらは、昨日送っていただいた写真の一分です。

2010_05_09_01.jpg(100863 byte)
2010_05_09_02.jpg(118723 byte)
2010_05_09_03.jpg(104736 byte)
2010_05_09_05.jpg(131003 byte)
2010_05_09_06.jpg(96103 byte)
2010_05_09_07.jpg(92377 byte)
2010_05_09_08.jpg(127264 byte)

 お稲荷さんと一口に言いますが、神田周辺は、とても多いようです。
神田駿河台、須田町、小川町、淡路町・・、遠いご先祖様の祈りがあると思います。

 氏子さんの後ろ姿は、日本人を感じます。
・・今、太田道灌と言う方が来ました。お祭りは、もちろん参加するそうです。

 皆さんに感謝申します。
   
 +(-_-;) 


 式典の日

平成22年5月8日

 今日は太田姫稲荷神社の例大祭式典の日です。

img001.jpg(65482 byte)

それで、一昨年のサイトを更新いたしました。

 こちらは太田姫稲荷神社のお狐さんの、日本一の狐火です。。

日本一の狐火

 この時は、「写ルンです」を使っていました。
現像から帰ってきた時は、この写真が何か理解できませんでした。。

 「白い狐」の意味も知らなかったのです。。
社主にも、この写真の事や、いろいろなことを教えていただきました。

 狐火も、ふつうのものは、上位の稲荷狐は出来るのです。。
よく見せて頂いています。

 ところが、太田姫稲荷神社のお狐さんのは桁が違います。
埼玉古墳でも見せてくれました。

狐火

 太田姫稲荷神社のお狐さんに、皆さんも覚えていただいて、損はありません。→「コン」
良い日に成りますよう、お祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 敦賀 氣比神社の神々の悩み・・

平成22年5月7日

 昨日、朝から敦賀気比神社の神様が参られた。
主祭神様はウガヤの26代の方で、27代の方も縁が深いそうである。

 悩みを伝えて欲しいというので皆さんに伝えておきます。
それはこちらの問題です。A地点です。

A地点

 A地点にあるのがこれです。
もんじゅと言うものです。

もんじゅ

 役人が、見栄から、運転を再開したのですが、また事故が起こるのだそうです。
それも、前より大きな事故になるのだそうです。役人が隠すからだそうです。。

 困ったものですが、役人の性格上、これはあり得ます。
何が何時起こるかはお話できません。

 私は、以前にも、原発の危機は、科学技術省などにも投書しました。
最も危ないと宇宙から言われた女川原発は、何と二千以上のヒビが見つかりました。

 そして、その後の東北の度重なる地震も宇宙から言われたとおりでした。
全ては、NHKなどでも放送されています。既に、皆さんは周知のことです。

 ウラン235やプルトニウムは性質上、それが一定量集まっただけで爆発するそうです。
自然界ではウラン235だけが一定量集まることは、まずありません。

 不思議なことに、ウラン235は46.5キロ寄せると爆発するのだそうです。
これは、人間世界の経済爆発、その後のバブル崩壊も同じようです。度を過ぎた中国経済です。

 今、この現象が世界で起こっています。もしかすると、中国の経済崩壊は一般的予想より早いかも知れません。
上海万博は、予想より、全く入場者が少ないのだそうです。5日には10万人にも届かなかったそうです。

 もしかすると先日の人ごみは、役者、エキストラだったのかも知れません。
私が紹介していた、ラビ・バトラ氏による世界大恐慌の話は、今年なのです。

 ・・アミにも尋ねました。
やはり今年の秋は危険です。

 ・・アミが中国の発表はみんな嘘だと言っています。納得できます。
泥棒国家である中国は、人類歴史上に無い経済破綻を迎えると思います。

 これは、アメリカで起こった大恐慌も似ているかも知れません。
その後は戦争というのが地球人類のお馬鹿のパターンです。

 最近日本の資源調査にちょっかいを出す中国は、一刻も早く滅びて欲しいです。
地球のみならず、宇宙の邪魔です。

 中国が滅びた後は、地球もよくなるかも知れません。

寺谷の皆さん

 こちらは寺屋の古墳の皆さんです。
氏神様は大切にしましょう。
   
 +(-_-;) 


 埼玉火祭り後編

平成22年5月6日

 最初に、楽屋裏のご紹介をします。
参加者は、ここで支度をします。

楽屋

 こちらは木花咲耶姫のお神輿です。

木花咲耶姫のお神輿

 今年のカップルです。
男性は、やはり「お」わけさんの子孫のようです。女性はクレヲパトラでしょうか?

今年のカップル

 火は前魂神社から運ばれてきます。
子供は小学校の5年生だそうです。

行進

行進

 子どもたちが二子山古墳で準備をすると神々が降りてくるのです。
欲のない純真な子供の心が大切です。

神々

 今年も妖精が羽ばたいています。
もちろん、普通の人には、誰にも見えません。

妖精

 子どもたちに、社主も居ります。→「コン」

子どもたちに、社主

 メイン会場にも、神々が降りてきました。

メイン会場にも、神々が降りてきました

 行進が始まる寸前です。

行進が始まる寸前

行進が始まる寸前





 行進はメイン会場に入っていきます。

行進はメイン会場に

 こちらが産屋の炎上です。人が激しくぶつかり、画像が揺れました。

花火

 大山祇神様と木花咲耶姫がおります。

産屋の炎上

 会場内は何処も神々、眷属の皆さんが一杯で、凄かったのです。

神々、眷属の皆さんが一杯

 中央部分を拡大。右にいるのは赤鬼さんだそうです。何時もながら、太田姫稲荷神社のお狐さんの、不思議な凄い技、狐火+αです。
赤鬼さんは、もちろん善鬼です。鬼を全て悪者に思わせているのが悪鬼、多くは青鬼です。

神々、眷属の皆さんが一杯+赤鬼さん

 産屋が焼けると、丸墓山からの更新が始まりました。
続いて花火で、さきたま火祭りは終わりです。

丸墓山からの更新




 閉会の挨拶

 閉会の挨拶

 今年も世界規模とも言える、さきたま火祭りは無事に終了しました。
残念なことは、今流行のHDのビデオを用意しようと思っていたのですが、業務仕分けで予算が却下されました。(^_^;

 また来年のお楽しみです。
神々、仏様、眷属の皆さん、スタッフの皆さんはご苦労様でした。
   
 +(-_-;) 


 今日は、こどもの日

平成22年5月5日

 昨日はさきたま火祭りに多数の方が来場していただきました。
昨年同様、道中記からご案内いたします。

 昨年は午後3時過ぎに出かけたのですが、今年は少し早く、家を2時過ぎにでました。
それは、道中にある祠の神様が呼びに来たからです。昨年とは違う道を行きました。。

道中1

 この北中の前を入っていきました。
水門は、とても優しさを感じます。

道中2

 この川には鯉が沢山いますが、それは秘密です。
すぐに捕まえようと言う人が現れるからです。

道中3

 ここを過ぎて、市ノ縄、寺谷と言うところに祠があります。

道中4

 地図です。赤丸です。

道中5

 こちらの神様も、八幡様、大山祇神様に大変ご縁が深いのだそうです。
八幡田には、見渡す限りの古墳が在ったのだそうです。ご覧のように、見事な丑寅ラインです。

 欲の深い子孫が、みんな田んぼにしてしまったのだそうです。困ったものです。
以前にも取材しようと思ったのですが、畦道しか分からず、近寄れませんでした。下が、その祠です。

祠

 ここはアラビア半島から来た方がとても多いのです。
それで八幡田なのです。イエメンはもとより、ペルシャ、イラクまで含みます。

 ここの神様は、やはりササン朝から来たそうです。
既に述べたように市ノ縄はイラクの人、寺谷はペルシャの人です。以前は市ノ縄村、寺谷村でした。

 馬鹿は死人に口なしなどと言いますが、ちゃんと皆さんは居られます。
氏神様を何と思っているのか、地元の人にお尋ねしたいです。

 ・・やはり、肉を食って頭が馬鹿に成り、氏神様を感じなくなったと言っています。
氏子さん、子孫の方は、よくご先祖様、氏神様を祭ってあげて欲しいものです。

 この祠を過ぎ、愛車は行田方面に交差点を入ります。

交差点

 この先が、埼玉緑道の入り口です。

道中6

 さきたま緑道を抜け、愛車は渡柳利田へと入ります。

道中7

 皆さんがおなじみの交差点です。

道中8

道中9

 この辺では、あちこちで遺跡の調査をやっています。

道中10

 こちらが、昨日私を呼びに来た神々です。

私を呼びに来た神々

 神々は、二子山古墳の上が、とても良く似合います。
もちろん、埼玉火祭りは大山祇神様の娘さんの木花咲耶姫がヒロインです。

 子どもたちの綺麗な心に、神々も感応するのです。
これも御神宝です。大事なことを忘れては、死後は地獄堕ちです。

 大人の綺麗な心は、なお尊いのです。。
思いを誤らないように注意しましょう。続きます。
   
 +(-_-;) 





 産屋炎上は、明日掲載します。



 今日は火祭り

平成22年5月4日

 今日は、多くの神々が、待っていた埼玉の火祭りです。
火の神アフラマズダ、建御名方神様に沢山のご縁ある神々仏様、眷属の皆さんがご挨拶してくださいました。

眷属の神猿の皆さん

 神猿の皆さんは山伏のように兜巾を被っています。
日枝神社で見た方も多いと思います。

 その姿は下の玉体です。

神々、頭巾をかぶった神猿

 こちらは天照大神様と神々です。

天照大神様

 祭りのヒロイン木花之佐久夜姫の父神、大山祇神様です。沢山の神々、仏様です。
役の行者は、見事な一角でした。まるで三角帽をかぶっているようです。これが擬宝珠のようです。エジプトの石像も被っています。

沢山の神々、仏様

 本日のスタッフは皆居られます。
初めての方は、早めにお越しくださると良いと思います。
   
 +(-_-;) 


 憲法記念日

平成22年5月3日

 憲法は国の最高法規で、これは変えてはならないものです。
その為、ほぼ実現不可能な、変更のための要件がうたわれています。

 日本が戦争をしないために、昭和天皇が第九条に不戦を制定したという話です。
戦争はせずとも、横の魔王(=馬王)の国が何時攻めてくるか解らないので、必要なのが自衛隊です。

 憲法に軍隊は禁止されているので、自衛隊は軍隊ではないと言うのが憲法による判断です。
軍隊とは何かという定義が、法的にされていませんでした。今も不明です。明確にしては都合が悪いのです。

 日本に潜り込んでいる中国人の草は、日本を防衛組織の無い国にして悪さをしたいのです。それが嘘の根源フジです。
これは、ウイルスソフトが無いパソコンのようで、とても危険です。

 下低国家中国では、なんと日本の有名芸能人を商標登録しているのだそうです。これは多くの国で法律違反です。
ところが中国では禁止されていないと言うのが中国人の言い分です。話にも成りません。国際法で禁止するべきです。

 あの巨大な応神天皇の古墳さえ捏造したのですから、中国人の盗人パワーは恐ろしいです。
しかし、中国は万博後に、人類の歴史にない、巨大なバブル崩壊が待っています。これは経済的に予言されています。

 日本も、年八%などと言う経済成長の後に、大きな不景気が来ました。中国は12%などと言う恐ろしい経済成長をうたっています。
これは明らかな行き過ぎです。年7.8%の成長で、10年で物価が約2倍になります。

 日本も土地バブルで成長したのです。これが国策の失敗でした。
経済成長率は、インフレと相関関係で、経済成長には多少のインフレが必要です。

 しかし、過ぎたインフレは国民の財産を奪っているのです。当然反動がくるのです。
アメリカの金融工学も見事に破綻しました。アメリカで潰れた銀行は200近いのかと思います。

 日本では、そんな事も報道されません。
日本では、最近は高利貸し以外の金融機関、銀行が潰れていません。それは日本の銀行は、貸しはがし以外していないからです。

 馬鹿は金融崩壊とともに滅びると言うことです。中国経済も必ず滅びます。日本以上の少子化も来るからです。
こちらは昨日の神々の写真です。ヤマダ電機の前の農地の上です。ここも大神殿です。

大神殿

 今日は特別に昭和天皇のご挨拶です。
側の方は、やはり兜巾(ときん)を付けています。ミカドの光は牛頭、GODSの皆さんです。角が判ります。兎にも見えるでしょうか。

 毎日の奇跡は、神々の力によるものです。
無数の神々は、頭に擬宝珠を被った方も居ります。

頭に擬宝珠を被った神々、仏様

 こちらは上古の14代様だそうです。

上古の14代様

 見事な牛頭の神様は星野神社の御祭神様だそうです。

星野神社の御祭神様

 いつも沢山の神々、仏様、眷属の皆さんにお手伝いして頂いています。
憲法記念日は良い日であって欲しいと思います。
   
 +(-_-;) 


 一日のお参り

平成22年5月2日

 昨日は社主のお社に一日のお参りに行ってきました。
参道では、猿田彦大神様、大穴牟遅尊、お地蔵の皆さんが待っていました。

猿田彦大神様、お地蔵の皆さん

 そして、お社の上には、日枝神社の眷属、お猿さんの玉体が綺麗に写りました。
いつも同じには写らないのは、偽造防止でもあります。

日枝神社の眷属、お猿さんの玉体

 こちらがお猿さんの姿です。
頭には、やはり被り物をしています。

日枝神社の眷属、お猿さん

 山伏はこの神猿の皆さんが指導したのだそうです。鍛冶屋などもそうなのだそうです。
次は、ご上人様の、月の頭のご挨拶です。最初は天海上人と仏様、眷属の皆さんです。

天海上人と仏様、眷属の皆さん

 そして、興教大師、覚鑁上人です。側にいるのは川崎大師のお狐さんです。

興教大師、覚鑁上人

 こちらは、大山咋神様と眷属の皆さんです。

大山咋神様と眷属の皆さん

 最後に、擬宝珠の観音様に乗っているのはネフェルテイテイです。
速玉モードです。

ネフェルテイテイ

 擬宝珠という言葉は、20代から知っていました。
まさか、神様、観音様の姿とは知りませんでした。次は邇邇芸の命です。

邇邇芸の命

 明後日は、いよいよ、さきたま火祭りです。
昨日は、木花之佐久夜姫も来てくれました。神々が開運されたそうです。

 とても不思議な感じもありますが、ここまで世界が無明の中に堕ちていたと言うことです。

5月1日の天神町

 私が写真を撮り出すと、伏見稲荷のお狐さんも飛んできてくれます。

伏見稲荷のお狐さん

昨日も、私の部屋はコンコンと賑やかでした。
   
 +(-_-;) 


 皐月(さつき)

平成22年5月1日

 早いもので、もう夏です。皐月は早月とも書くそうです。早苗月の事だそうです。
多くの文字、言葉に隠され、失われた意味があります。

 そんな地上の人達を、雲の上から神々は心配して見ています。
この神々が、光の玉体で写る場合もあるのです。それは、皆さんは沢山見ているものです。

雲の上の神々

 こちらは、巨大なお狐さんに締められた巨大な黒蛇です。
実際の黒蛇は、もっと黒いです。蛇は頭を潰さないと駄目です。黒蛇は恐ろしいものです。

巨大なお狐さんに締められた巨大な黒蛇

 最後に大山咋神様と天海上人です。
さすがに、芸術的な姿です。私には、ここまでの絵は当然できません。

大山咋神様

 ちゃんと角もあります。
こちらが天海上人です。この乗り物も角があります。にほんです。こちらも芸術的な写真です。流石に天海上人様です。

天海上人

 これは海牛に似ていると思った方も多いはずです。
神々、仏様、上人様は多くの衆生に気付きのチャンスを与えていますが、ほとんどの方が何も気がつきません。

 羊も金星から連れてきたのですが、牛と同様に悪魔の餌食になってしまいました。前には象さんもいます。
この地球は、まことに恐ろしい星なのです。幸いなことに、日本ではあまり羊は食べていません。

 神々が感応されない方が写真を撮っても、神々は写ることはないのです。
それは、無信仰な方は、神々、仏様が居ないと思っているからです。→「コン」

 毎日、生霊も含め、沢山の霊が、私のところに来ています。
悪魔、新興宗教に縛られているものには、本当に鎖すらあるのです。

 巨大な黒蛇も見ての通りちゃんといるのです。
あれが、この世のものに巻き憑き事故が起こるのです。

 今月も、静かな良い日々が過ごせますようお祈りいたします。
   
 +(-_-;) 

 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2010