エレウシス

3月の日記

平成22年2月28日

 掲示板に出てきたエレウシスと言うと、日本人はエレー牛す、と思います。
コレが事実です。コレ(kore)とは古代ギリシャのアルカイック期につくられた着衣の少女像だそうです。

2010_02_27_11.jpg(163736 byte)

 アルカイック期とは紀元前600年頃、日本で神倭朝が始まった頃の事です。
世界は、混沌としていたのだそうです。アルカオス(古い、原書の)に由来する言葉なのだそうです。

 アルといえば、もちろん「にほん」です。
キクラデス諸島の周りも混沌としていたのです。

エレウシス

 この神殿の女神像は、首と手首がありません。
これも足来者の仕業です。馬鹿につける薬はありません。

女神像

 こちらが密議に使われた大事な井戸だそうです。
もちろん、胎蔵界に通じています。

大事な井戸

 こちらは、天照大神様の娘さん。多紀理姫様です。
多紀理姫はやはりギリシャにご縁だったと言うことです。

多紀理姫の光

 これが三吉神社の意味です。
サンクチャリーです。

三吉

 遠い日の、よき光が地球に蘇ると嬉しいです。
ここは、光の世界です。

 ・・天照大神様が開運されたそうです。
光栄です。
   
 +(-_-;) 


 宇宙即我

平成22年2月27日

 ふざけた新興宗教の教祖が、よく宇宙即我などとほざいています。
現実には、詐欺師即吾と言ったところです。こちらが本当の御仏の皆さんです。銀河のようです。

御仏の皆さん

 側には、観音様も居られます。

観音様

 社主のお社わきの台の上には、いつもの様に神々が降臨されました。

神々

 こちらはギリシャのペルセポネーと言われる女神様です。
平岸天満宮の十二山岳神のうちの一柱です。この方は、ゼウスの神、大山祇神様の娘さんです。

ペルセポネーと言われる女神様

 この方は、日本では祀られていません。
ギリシャ神話に理由があります。

 この方は、嫁に行きたがらなかったのだそうです。
イワナガヒメ、コノハナサクヤヒメは姉に当たります。大山祇神様も、親として御苦労があったようです。

 この見事な赤岩がペルセポネー、女神様です。

ペルセポネー、女神様

 頭に載せた飾りと同じような、格好です。
こちらは磐船を降りた観音様です。

磐船を降りた観音様

 毎日、沢山の神々が、地上に降臨されているのです。
女神様が、ふざけた神話を作った役人どもには、お怒りです。

 戦争があると、いつもそうなのです。
役人(兵士)はあらん限りの略奪と破壊を繰り返し、土地の神まで冒涜するのです。

 先日の北海道の話のようです。
馬鹿な役人どもは、自分が神になりたかったようです。

 ところが、今も無数のバカ役人どもは地獄の底です。
誰も同情などしません。

 先天性の病気など、少しは事実が解ると思います。
何故か、放火するものが多いのだそうです。

 多くの人が宇宙の真実を理解し、悪しき魔界転生の根、無明が切れますようお祈りいたします。
   
 +(-_-;) 


 御縁日

平成22年2月26日

 今日は2月26日です。
社主のお社は、左側が高く成っていますが、あの部分はウガヤ26代様の陵だったのだそうです。

ウガヤ26代様の陵

 それで、この土地は沢山の神々が降臨されるのです。
こちらは上古の九代、大国主命です。立派な玉体、大明神様です。

上古の九代、大国主命

 何も知らないのは、住んでいる人たちです。
昔は桑畑でした。神々が降臨されてきました。これが、真のお祭りです。皆さんは参加者です。

神々の降臨

 大きな玉体には、天海上人(前世、エジプトのファラオ、アイ)が乗っています。
こちらは拡大です。

天海上人

 こちらは七人の神官です。
エジプト時代の皆さんです。

七人の神官

 そう言えば、太田道灌の話でも、七人塚があります。
遠い前世の時代、日本では縄文時代でした。エジプトは、まだ平和だったのだそうです。

 愚か者どもが侵略してきました。
ヒエログリフ(象形文字)は後から侵略者が石に書いたのだそうです。

 下等な人間が、CD,DVDなどに落書きしたようなものです。
岩とは祝いで、心の通う人間には、何でも教えてくれるのです。

 その証拠が、皆さんが毎日みている、この写真です。
ピラミッドは透明で透き通っていて、光が溢れているのです。

 もちろん私は入ることができました。
オバカさんはダイナマイトで壊してしまいました。

 この両者の格差は、天と地よりも大きいのです。
   
 +(-_-;) 


 多紀理姫

平成22年2月25日

 昨日、多紀理姫が天照大神様の聖地に来るよう、呼びに来ました。
神々の御降臨です。常世岐姫も居られます。巨大な光です。中央は月です。

神々の御降臨

 こちらが磐船に乗った多紀理姫で、これが観音様なのだそうです。確かにcannonの様です。
名前は、どうでも良いと言っておられます。司令官も同じような磐船に乗っていますが、色々なのがあるそうです。

観音様

 昨日は、特別な日だったのだそうです。人間の知恵にはないことです。
三吉神社と言うのがあって、その縁だと言う稲沢市に案内されました。

 ここには、三吉跡と言うのがあります。
なんだか知りません。そもそも三吉とはどこか、神々に案内していただきました。

三吉跡

 三吉を「さんきち」と読んだ場合サンクチャリー(聖域)なのだそうです。治外法権、寺社奉行の管轄です。
その原点は下です。

インド ビシャナガラム

 ヒンズー教のビシュヌ神のビシュヌとナガ、建御名方神様の地です。ビシュヌ神はヤハヴェの神、田中大神様です。
龍神様と仏様、天海上人です。

龍神様と仏様

 この土地が、三吉、サンクチャリーなのだそうです。頷けます。
秋田(あきた)に三吉神社は本山があるそうです。

仏様 天海上人

 こちらも仏様、天海上人です。
この話は、理解が大変でした。
   
 +(-_-;) 


 日本の現実

平成22年2月24日

 高校生の就職率が過去最低だったと報道されていました。
現実に地方の疲弊も酷く、僅かな求人は競争率が数十倍だそうです。

 毎日、仕事がなく、収入も得られないのは、とても辛いと思います。
神様、仏様、眷属の皆さんも、真面目な御信徒様が、辛い思いをするのは、とても悲しいと思います。

 何とかしてやりたくても、お金をただで上げるわけには行きません。
お金をただでとる者は、金貸しや、悪徳地主と同じように地獄に堕ちざるを得なくなります。これは禍収入です。

薬師如来様

 訪問者様も複数の方が、仕事、収入で苦しんでいます。
そこで、以前からの懸案だった、公営競技の予想データを作成し、希望者にメールで送ってあげることにしました。

 これは、指示通りにやれば、かならず手間賃に成ります。
長年、検討はしていましたが、昨年までのデータでは理想通りの結果がでませんでした。

 問題は、何でもそうですが、欲望との戦いです。後の付けです。
最初から、このデータには、おおよその利益目標が設定されています。

 成人が生活するのには、1時間千円以上の最低時給が必要かと思います。
規定のデータ料は請求はいたしませんので、希望される方はメールを下さい。実行にはネット口座が必要です。

 それと、データを勝手に書き換えられると困ります。
これは、ADSL環境とウインドウズ2000以上のOSのパソコンがある方なら出きます。

 皆さんがする事はメールで送ったデータをパソコンにインストールしてスイッチをいれるだけです。
それから、別の仕事も出きます。洗濯機等も似ているかも知れません。

 当面何回かは、ネット口座も不要の、テストモードで見ていてもらえば良いと思います。
仕事が無いと言われるのは、私も、とても辛いです。お狐の皆さんも辛いのだそうです。

 相談室に、この件のマニュアルを置こうと思っています。
もちろん、メールで送ったデータは内密にしてもらわないといけません。大変な研究でした。

昨日撮影した神様

 秘密を守れる方だけ、「データ配信希望」と書いて、メールで申込んでください。
   
 +(-_-;) 


 ファイルの故障

平成22年2月23日

 伏見稲荷のお山巡りのファイルが壊れていました。
50メガ程あるはずのものが、38メガしかなく、訪問者様にはご迷惑をおかけしました。

 先程修理が終わりましたので、今度はちゃんと下山できます。(^_^;
もしどこか、おかしく成っているところがあったらメールでも掲示板でも結構ですのでお知らせください。

 サーバーも、月に数千円もする業務用サーバーなら良いのですが、個人向けの月額数百円のものです。
たまに、画像が読み落ちしたりは、当然あります。そんな時は更新をクリックしてください。

 これからも、大きな秘密を公開致します。
こちらは日光の慈眼堂です。

日光の慈眼堂

天界上人の墓

 皆さんは、既に慈眼大師天海上人の前世や、色々な秘密を知っています。
ここに天海上人、前世エジプトのファラオ、アイの墓があるのは、ここにネフェルテイテイの墓もあるからなのです。

 これも秘密にしておこうと思っていました。
しかし、この世は魔界です。いつ何時、蛇霊に通信環境が破壊されるかも知れません。

 それで、毎日此処に来る数百人の皆さんだけには知らせておこうと思いました。
ここは通常では出入りできないそうです。拝観料が必要なのだそうです。

 ネフェルテイテイに墓のあるところも教えてもらいました。
陸奥(むつ)とはネフェルテイテイの事なのだそうです。日光のお猿が六匹も、その意味だそうです。

 この近辺は昔から宮内庁が管理しているそうです。
しかし、今の役人は、その真実を知りません。

 この写真をとった人は、エジプトでアイの家臣だったそうです。
此処に来ると、何故か涙があふれるのだそうです。

 やたらな人は、来ては危険です。
   
 +(-_-;) 


 フリーメーソンの証

平成22年2月22日

 昨日は、市役所に巨大な雛人形のピラミッドを見に行ったら、4時で閉まっていました。


市役所


市役所


市役所

 予定を変更して、クレア鴻巣に埴輪を見に行きました。

クレア鴻巣

 2階通路に案内ができました。

クレア鴻巣

 なにやら、国の重要文化財に指定されたそうです。

国の重要文化財

 首飾りなどがありました。

国の重要文化財

 この装飾品等のようです。
中央の羽を広げたのは妖精だそうです。右のは一角獣です。昔は居たのだそうです。

国の重要文化財

 写真を整理していたら、おキネさん光りながら飛んできました。
一番大事なのが、これなのだそうです。

首飾り

 おキネさんの首飾りです。
これがフリーメーソンの権威の証なのだそうです。

薬師如来

 こちらは、降臨された諸如来、諸菩薩の皆さんです。
中央の方が、12神将を眷属とする薬師如来と言われる方です。
   
 +(-_-;) 


 笠間稲荷更新いたしました。

平成22年2月21日

 長年の懸案だった笠間稲荷神社のサイトが更新出来ました。
年初より、画像を頂く機会が増え、ついに更新できたわけです。もちろん、お狐さんの力です。

kasamaeki

笠間稲荷神社

 なぜ更新が進まなかったかと言うと、理由はそれなりにあるのです。
行こうと思えば、日帰りで行けるところですが、道中に邪霊が居るのです。

お狐の皆さん

猫

 写真をいただいた訪問者の皆様に感謝申し上げます。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 美女木

平成22年2月20日

 東京埼玉の人は、美女木といえば戸田だとすぐ解ると思います。
有名なジャンクションもあります。

美女木

 不思議な地名のご先祖様がどこから来たか、豊川稲荷のお狐さんにお尋ねいたしました。
こちらです。

インド ビジャワダ

 高虫同様、長い間、不思議な地名でした。
漢字は当てたものです。ビジャから来たと言う意味です。

インドの地

 八幡とは「はちまん」ではなく「やわた」と読みます。
京都南部です。千葉県市川にもあります。

 こちらは世界中どこにも居る、頭のおかしいものです。

馬鹿

 ここはイエス様も縁が深かったのだそうです。
それにしても、こんなのはイエス様も迷惑だと思います。次は目治しです。

神様と眷属

 こちらは、撮影したところは秘密です。
皆さんの知らぬところで、神々、眷属の皆さんがお守りしています。

 寒いので、風邪をひかないよう気をつけてください。
   
 +(-_-;) 


 鴻巣ひな祭り

平成22年2月19日

 昨日、恒例の鴻巣のびっくりひな祭りを見に行ってきました。
場所は、鴻巣駅前のショッピングセンターです。並べてみました。

びっくりひな祭り

人形

人形

人形

 竹の中にかぐや姫も居ます。
エジプトの真実を知っていただきたいと思います。

人形

人形

 家宝にしたいようなお人形です。
これを買ったら、処分は大変です。

人形


 こちらもひな祭り開催中の鴻巣市役所です。
神々が降臨されています。生出塚保育所の神様です。

鴻巣市役所と神様

 このお菓子屋さんは行田が本店です。
神の世界は、この霧のような中にあります。

神の世界

 市役所では、さらに巨大なピラミッドがあります。
見たい方は無料ですので、行ってみてください。。
   
 +(-_-;) 


 平八狐

平成22年2月18日

 平八狐とは、豊川稲荷のお狐さんが有名ですが、笠間稲荷のお狐さんもそうです。
笠間稲荷のお狐さんに、インドに案内していただきました。

スリランカ

 インドと言ってもスリランカでした。
かっての首都だそうです。

遺跡1


遺跡2

 こちらは、日本で大山咋神と呼ばれる方だそうです。

大山咋神

 こちらは笠間稲荷周辺の地図です。
伏見稲荷とも地域の構成が似ているのが解ると思います。

笠間稲荷周辺の地図

 残念ながら、お狐さんによると、周辺には、お薦めできる神社がありませんとの事です。
   
 +(-_-;) 


 柴又寅さんの古墳

平成22年2月17日

 柴又に八幡古墳と言うのがあります。
もちろん丑寅を向いた前方後円墳だったのです。侵略者に破壊されたそうです。皆同じです。

八幡古墳

 古墳の側によく居る苗字もちゃんとあります。
埼玉古墳はもとより、馬室古墳周辺は「金子」だらけです。

寅さん埴輪

 この皆さんの先祖の土地に案内していただきました。
ヲホドさんもご縁なのだそうです。帽子はトム(墳丘)の意味でした。ツトムとはALの意味です。

トム(墳丘)

 ここは、鎌倉の「鎌」の土地からも近いところです。
長い間の秘密「ワ」の事も、お知らせします。

 和をもって尊しと為すと言います。
「わ」とは、高天原の下の土地のことです。

高天原の下の土地

 いつか、また降臨される神々のために、和をもって人々は、神々を待っているのです。
前方後円墳は低地にあり、丑寅を向いていなければ成りませんでした。

 以上が、その理由です。

神々、仏様

 今日の写真の中に、仏様の顔のような方も見えます。
お杵さんや、ヲホドさんも埴輪には、感慨深気です。

 かって、写真でなく、人の姿を埴輪で作っていた時は、今より優しい心が、この地上にあったような気がします。
嘘を伝播するための文字は、金儲けが目的で創られたのです。

 商業の商と言うのは、忌嫌われた中国の殷朝です。
悪しき商は、自動車からマスコミまで、皆行き詰まっているようです。

 これも、現在の人類の自業自得です。
くれぐれも、苦痛を、神様、仏様の性にしてはいけません。

 悪いのは、国の仕組みを間違えた役人どもです。。
   
 +(-_-;) 


 この世は魔界

平成22年2月16日

 医者による同じような事故は、何度も起こります。
被害にあった患者は、加害者の医者を信用していたそうです。

とんでもない医師

 医者や弁護士など、簡単に信用してはいけません。
大きな大学の附属病院でも事故は起こるのです。

 この事件を起こした医者は、仲間の医師の間でも、金の亡者だったそうです。
何でもない肝臓を切って、殺してしまったようです。

 昔あった、富士見産婦人科病院の事件を思い出しました。
この事件は、関与した医師も多数で、程度は様々だっと思います。刑事と民事で、一部異なる判断も出ています。

 医者を刑事責任で業務上有罪にするのは、それなりに大変なのかと思います。
ところが、この山本と言う医者は札付きだったようです。山本と言う苗字は嫌いです。「本」に悪いものがあるそうです。

 何時だったか、都内の病院でも、使ったことの無い器具を使ってみたかったと言って、患者を殺した医師がいました。
医者も開業すると資金繰りが大変で、医院の倒産は多いのです。法律事務所も同じようです。

 有資格者も、潰れると、他所で勤務をするわけですが、悪い人はやはり使ってくれません。
業界内では、いろいろな噂も走ります。

 昨日、憎k尼眞天様がやってきて、豊川稲荷のサイトを更新いたしました。
憎k尼眞天様は、豊川稲荷の絵とはかなり違います。二回りくらいスマートです。それで、あの絵は嫌だと申されています。。(^_^;

 それは、豊受大神様も同じで、豊受大神様はヴィーナスと言う異名もあります。
豊受大神様はモデルのようでもあります。外宮も一度来て欲しいと言われています。。

ご先祖様

 この玉体に載っているのは、私のご先祖様も居るそうです。
おサルさんも、お狐さんも乗っています。神々、仏様も居ます。

 密教美術と言うのもありました。
私のところには、こんな御神宝も沢山あります。

 ずっと伏せておいたのは、いきなり見せても、皆さんが信じられないと思っていたからです。
一番写真に撮りたかったのは社主が伊勢の外宮から帰ってきた時の表情です。。

 あの頃は、デジカメも持っていなくて、「写ルンです」で写真を撮っていました。調神社、太田姫稲荷神社のものもそうです。
だいぶ前のことですが、社主は豊受大神様に伊勢外宮に御呼ばれされ、褒められ表彰されたのだそうです。(^_^;

 その時、家に帰ってきた社主の緊張した表情は今でも忘れられません。。
足早に玄関からササッと上がってきた社主が、とても煮詰まっていたのです。

 当時は、社主も大変なプレッシャーだったと思います。
あれから早五年ほど経ちます。

 不思議なことがいっぱいです。
神々、仏様、眷属の皆さんと過ごすのは、とても楽しいです。
   
 +(-_-;) 


 十五日

平成22年2月15日

 今月は、日が少ないので、既に半月以上が過ぎました。
十五日ですので、御神宝を一つ公開いたします。

 最初は、さきたま緑道です。大山咋神様です。いつもお世話様です。
向こうに見えるのは埼玉中学校だと思います。

大山咋神様

 上空には巨大な天神様、神々です。
常世岐姫神社のお狐さんも、そっと寄り添っています。可愛いです。

天神様

 こちらは、神々と眷属の皆さんです。
街中は、汚い想念が渦巻、神々は嫌がられるのです。

神々と眷属の皆さん

 私が何を言っても、神々、眷属の皆さんの力がなければ、何も信じてもらえなかったと思います。
こちらが、今日の御神宝です。左に、お狐さんの顔が猫のように写っています。→「コン」

御神宝

 これも、天照大神様のご縁の土地近くです。
上谷(かみや)と言うところです。生出塚です。

 皆さんは、毒麦である新興宗教や嘘の教えを排除しないといけません。
色々な宗教で、大聖人等と祀っていますが、多くは提灯、嘘です。

 真の神々、上人様は余計な金や、地位名誉など欲しがりません。
地獄に堕ちるのが判っているからです。

 二千年も前にイエス様も言われています。
「富めるものが天の国に入るのは、ラクダが針の穴を通るより難しい。」と。

 これは、事実上不可能だと言うことです。金持ちは地獄に堕ちると言うことです。
小学校の内から、子供に教えましょう。
   
 +(-_-;) 


 足軽、徒同心(かちどうしん)の子孫

平成22年2月14日

 今騒いでいる石巻ばかりでなく、東北出身者の関係でも、凶悪な事件が多い。
秋葉原で起こった加藤による事件も、ご先祖様の恨みの関係だそうである。

 何故、加藤と言う者は、あの様な凶悪な事件を起こしたのか、してしまったのか。
天海上人にお尋ねした。それは、やはり先祖のエネルギーなのだそうである。業である。

 そもそも、加藤等は徒同心と言う足軽、最下位の役人だったのだそうである。
広辞苑より引用する。


 あし‐がる【足軽】とは、#歩行が軽快なこと。
太平記22「―に出立つ時もあり」#(足軽く疾走する者の意)平常は雑役に従い、戦時は歩卒となる者。

 戦国時代には弓・鉄砲の訓練を受け、部隊を編制した。
江戸時代には武士の最下位をなした。雑兵ぞうひょう。徒同心「か」ちどうしん。加藤の「か」である。
[株式会社岩波書店 広辞苑第六版](一部補正)


 と言うことである。先祖からの軽い身分が霊的なストレスに成っていたと言うことである。
一般に加藤♂も、カ行の藤で馬鹿が多い。元は戦に使うため、中国から連れてきたそうである。

 加藤だ、金川だと信じられないような事件を起こしたが、ルーツはやはり中国、朝鮮であった。
これは、罵りではなく、国民の霊的精神構造の違いである。

 コンビニ強盗どころか、万引きもできず飢え死にしてしまう純粋な日本人と、誰でも巻き添えにして殺そうと言う中国人朝鮮人の根性の違いである。
帰化していれば良いと言うものではない。危険なものが解るように苗字がついているのである。

 そう言えば、闇米が食えず餓死した、まともな裁判官も居た。。
今の多くの馬鹿裁判官共とは違う。これも苗の違いである。毒麦は分けよとイエス様も言っておられます。

 中国人の嫁に、一家皆殺しに成ったと言うような事件は多い。中国人留学生もそうである。
カ行の○藤は、いきなり牙をむき出すのである。下民だからである。それも悪しき在日などと組むのである。始末が悪い。

 それにしても、加藤の親は不幸であったが、それも自業自得である。
この世は魔界なのである。

加藤被告人

 見ても恐ろしいが、今は本人はケロっとしているのだそうである。
先祖も足軽、雑兵とバカにされ、殺されたようである。戦では当然だが、今は戦の時代ではない。

 先祖のエネルギーは、御徒町に感応したのだそうである。
本人は、漠然と秋葉原で大量殺戮がしたいと思ったようである。これが業である。

 霊が憑依していなければ、あれほどのことはできない。もちろん自業自得である。
・・天海上人によると、なんと、足軽、雑兵の霊は12体も憑依していたのだそうである。凄い力だったはずである。

 派遣社員の身分が、先祖の苦悩と同調し、恨みを晴らしたのだそうである。
そして、徒同心の苗を東北に植えたのは、征夷大将軍、坂上田村麻呂だったのだそうである。これも業が深い。

 加藤の苗は奈良時代の最後に、奥羽、現在の山形に撒かれたということである。
加藤の本拠地は東海地方、愛知岐阜である。なんとなく解ると思う。

 カ行の藤♂はとても危険なのが多いです。
不明なところは、エジプトのファラオ「愛」であった、天海上人にお尋ねください。

 当研究所は、一切の苦情は受け付けられません。
本件内容も、皆さんのためのみならず、業を持つ多くの方の為に成ることです。
   
 +(-_-;) 


 倉稲魂命(うかのみたまのおおかみ)

平成22年2月13日

 倉稲魂命様の表記は、モーゼであると、常世岐姫神社で述べてあります。
モーゼ五書と言うのがあって、これがユダヤ教におけるトーラ(真理、経典)と言われます。

 以前に述べましたが、ことら総合研究所の「ことら」はcotohraで真理の研究所と言う意味で、愛着もある名称に成りました。
モーゼと言う方が来て、実は、この方も、私の遠い先祖なのだそうです。

 と成ると、まことに「ことら」だったのか等とも思っています。偶然はありません。
そして、昨日よりのシナイ山やレビの子孫と言う方との縁も、なるべくして成ったと思っています。

ルクソール

 こちらはルクソウルの空に、タイタンの神々です。
大穴牟遅尊のお仲間です。皆が常世岐姫神社で繋がっています。

大穴牟遅尊のお仲間

 こちらも、大穴牟遅尊にご縁のある方の陵なのだそうです。
京都の向日市古城と言うところです。ウガヤの20代様なのだそうです。

 おうちに、神々が訪問されて驚いている方も居りますが、それは縁ある方たちです。
東北の座敷わらしの家は燃えてしまいましたが、訪問者様のお家は大丈夫です。

 どこにあるかは秘密です。
やはり、写っている玉体が20センチくらいでした。とても優しいです。

 モーゼと言う方が40日シナイ山に(こも)ったと言うのは胎蔵界に行って、今後のことを相談してきたのだそうです。
帰ってこないので、残った人は偶像を作ってしまい、その為粛清されたのだそうです。

 カルト、新興宗教で儲けようとした者が居たのです。
この地上での40日は、胎蔵界では1日だったのだそうです。

 浦島太郎の世界です。タイタンでも同じだそうです。
こちらも胎蔵界の皆さんです。

胎蔵界の皆さん

 毎日が、神々、仏様、眷属の皆さんとの日々です。
毎日が穏やかに成ったと感じる人は、心良き皆さんです。これが真の信仰です。

 モーゼ五書は、本当にモーゼと言う方が書いたそうです。
問題は憲法同様、学者の解釈にあるそうです。

 偶像の、金の子牛などと言うのは、「金子」と直感しました。
馬鹿が多く、まともなのが少ないはずです。

 ご先祖の皆さんは、ご苦労様です。
   
 +(-_-;) 


 日本の建国とバビロン捕囚

平成22年2月12日

 バビロン捕囚とは、概ね、以下のようである。

 新バビロニア国王ネブカドネザル2世が南ユダ王国の首都エルサレムを2回(前597年,前586年)にわたって破壊, 同地方を属州化し,貴族・軍人・工人等11万人以上をバビロニアに移した事件。
 前538年新バビロニア滅亡後,捕囚のユダヤ人は解放されたが,大部分は離散した(ディアスポラ)。

 そもそもイスラエル人とは、どこの人か、神々にお尋ねした。
本来セム語族、火の神アフラマズダ、建御名方神様の御信徒である。

 石切の皆さんは、シナイ山に住んでいたそうである。

シナイ山

 神武天皇が2660年ほど前、日本の建国を宣言した後、この土地で悪しき国の王が侵略を始めたのだそうである。
それが、バビロン捕囚である。

 当然、捕まるのが嫌な人は日本にも逃げてきたのである。
山末之大主神とともに、山城の国にも沢山来たのである。末廣、扇の要とはシナイ半島である。

 見ても、カッパドキアとも似ている。仰木町と言うのもあった。
何時でも侵略者が世を滅茶苦茶にするのである。

中東

 昨日、イスラエルから来たと言う方(霊)が、大山咋神様をお祭りしていたと言われた。
あるかたの先祖である。

 ところが、東京の某神社は駄目だと言われた。理由は皆さんが思うとおりです。。
それで、私のサイトを開いて、松尾大社にお参りするよう申し上げた。

 薮神とか12山岳神と言われても、普通の方には想像もつかない話です。
私も、神々、仏様、眷属の皆さんに教えていただかなかったら、何も解りませんでした。

司令官

 いつもお世話に成っている司令官と天空の神々です。
流星群のような眷属の皆さんは、この方の指令で飛んでくるのです。こちらは筆頭の司令官です。

筆頭の司令官

 この時は、私の面接だったようです。
これ以来、いつもお世話になっています。

 松尾大社に来てくれたのは、次席の方です。

次席の方

 多くの方が、この写真を見て悩んでいますが、悩むのは人の仕事ではありません。
多くの人は、目を塞がれていただけです。

 八百年以上の昔、興教大師様は、既に、この司令官を絵に描いているのです。
昔から、様々な土地で、眷属の皆さんと共に御信徒さまを守ってきたのです。

 馬鹿な思いに憑かれている皆さんは、悪いものと一刻も早く縁を切りましょう。
   
 +(-_-;) 


 建国記念日

平成22年2月11日

 今日は国民の祝日、建国記念日です。
1966年に制定されました。戦前は紀元節と言いました。

 そのおめでたい日に、調神社と川崎大師のサイトに、奉納を銘打たせていただきました。
不思議な霊験は、神々、仏様、眷属の皆さんの力によるものです。多くの心清き人に見ていただきたいと思います。

神々

 こちらも、神武天皇と神々です。
皆さんも、見分けがつくように成ったと思います。

神武天皇と神々

 本来、天に居られる白い王が天皇です。
子供の頃から、王様と天皇はどう違うのか考えていました。

 やっと、この世で半世紀を生き、神々、仏様の慈悲が理解できました。
見えない聞こえない人のために、天皇はこの世に居られるように成ったのだそうです。

 当然、今上天皇も、下界の法の中で生きておられるのではありません。
天皇制の廃止など口するものは、皆、悪しき国の工作員です。大事な事は、何か、皆さんが思ってください。

 役人の口から出る、嘘の平等など、この世を滅ぼします。
天照様が、神代には、人は同じ格好でも神が解ったと言っておられます。

 同じような肉体に載っていても、魂は千差万別です。
また、この地上で、正しい認識が得られないと、その魂も地獄に堕ちます。

 今は、まさに闇の時代です。
目の前のこと、身の回りの事、善悪をよく分け認識していかないと、蛇に巻かれます。

 私のサイトの写真を見て、こんな馬鹿なことはないと思っていた人には、それなりの天誅があったそうです。
それで、調神社の入口に注意書きも設けました。注意を無視して、サイトを勝手に見て心筋梗塞で死んでも、それは、自己責任です。

注意書き

 埼玉古墳の丸墓山の登山でさえ、2名以上が死んでいるそうです。
薄汚い者は、自分さえ解りません。

 いつも登場してくださる神々に感謝を申し上げます。
神々は、心清き皆さんの上空にも居られるのです。

 神々の背後に巣食う蛇霊共に油断をしてはいけません。
祝日の交通事故には、注意しましょう。
   
 +(-_-;) 


 暖かい日でした。

平成22年2月10日

 昨日は暖かい日でした。
夕日に龍神様が綺麗です。

龍神様

 こちらは、興教大師とお弟子さんです。
お経をを上げているのだそうです。

2010_02_10_01.jpg(205018 byte)

 下は、日枝神社のお猿さんと天海上人、徳川八代の将軍、吉宗公です。
なかなか、よく映りました。なにしろ神々、仏様がいっぱいです。皆さんの心が浄化されるのを祈っているのです。

日枝神社のお猿さんと天海上人、徳川八代の将軍、吉宗

 そして、杖を持っている神様の格好は、太田姫稲荷神社のお狐さんです。
とても優しそうに見えます。本当です。→「コン」

太田姫稲荷神社のお狐さん

 今日も、皆様に優しい日でありますよう、神々、仏様にお祈り申し上げます。
   
 +(-_-;) 


 お狐さんのお願い

平成22年2月9日

 昨日、調神社のお狐さんが、「コン」とやって来た。
一昨日、調神社のトップの画像を更新したら、反響が大きかったようである。

 それで、もう少し神宝の写真の追加をして欲しいと言うことであった。
公開していないものがあるが、もちろん、お狐さんは知っている。(^_^;

 常世岐姫神社でも、百眼として公開されている方は、実は他にも居られるのである。
こちらの方である。すでに公開している方より一回り小さい方である。→「ゴン」(お猿さん)

司令官2

 司令官としても、私の写真に登場されている方です。
すべてを見通し、策を立てるのです。それで天眼と言うことです。

 もう、お一方居ります。

司令官3

 神の前で、何を隠しても、それは無駄です。
この司令官は地球の胎蔵界の方です。アミが言ったとおりです。この方も人ごみには来ません。

 天磐船(あまのいわふね)も大きさも色も種種(いろいろ)と言いましたが、それは木星のものが多いです。
以前に紹介した写真を原寸でお見せします。神宝です。綺麗な帝(三角)はエドフを現しています。

天磐船

 これは平成20年(2008年)の12月13日に掲載した写真を縮小せず公開したものです。
小さな写真と比べると別物です。

 この神々の中にも、私の前世エジプト時代の先祖が居るのだそうです。
先祖とは、今、この肉体のものばかりではないのです。

 大きな光が、皆さんの心に差し込んだと思います。
すべては事実です。→「コン」
   
 +(-_-;) 


 行基菩薩の父上

平成22年2月8日

 行基上人とは、多くの方が名を聞いているとは思う。
簡単にご紹介する。以下は愛用の百科事典からの引用である。

 奈良時代の僧。和泉国の人。百済系渡来人の末という。薬師寺で道昭,義淵らに学び,早くから諸国を遊歴し,民衆の教化,社会事業に専念。寺を建て,橋をかけ,堤を築いた。これらは717年僧尼令の禁に触れる行為とされたが,のち聖武天皇の尊崇を受け,743年東大寺大仏造営の勧進に起用され,745年大僧正の称号を授かった。仏教の民間布教に尽くしたことから多くの伝説が残されている。
 この方の父上は高志才智(こしのさいち)と言う方である。
こしの・・と言うと、天神様があった。「こしの」と言うところに案内していただいた。

アルタムラ

 「こしの」は、以前に紹介した、イタリアのアルタムラであった。確かに調神社にも伊の残党が居る。そう言えば越乃さんと言う方も居る。
実は、行基菩薩の父は、キリスト教のために派遣された神父だったそうである。半島は半島でも伊であった。

 ここには、16花弁の菊のマークもあった。皇族のマークである。
そんな事は、私は知らなかったが、ネフェルテイテイがやって来て教えてくれた。

2010_02_08_04.jpg(86746 byte)
 そして、法相宗のお坊さんも、その関係の方が多いのだそうである。
薬師如来が、ギリシャの最高神ゼウス、日本の大山祇神様であることでも、近いのは感じられる。

 キリスト教も、その布教にあたっては、魔女裁判などで、沢山の異教徒を拷問、死に至らしめた。
多くの宗教で、こんな事件が沢山ある。物部氏も仏教の普及の邪魔をして、尼僧を殺している。祟られたのは頷ける。

 掲示板で、聖書が危険と言う方は、その影響である。
行基菩薩も草として全国を行脚し、行基図と言うものを作られた。これが、ヨーロッパにも渡っている。

 当然配下の者が、持っていったのである。
松尾芭蕉なども忍者、草と言われている。沢山いたのだと思う。

 ・・法相宗と言うのは、始まりは英国のドルイド教だったのだそうである。かしわの祭りである。
橿原と言うのは、ここから出た地名だとは、だいぶ以前に書いた。

神々のご一行様

 沢山の神々、仏様、眷属の皆さんが、今日も来てくださった。
凄い歴史解説は、行基菩薩様のお影です。→「コン」

 行基(ぎょうき)と言うのは、本当は「こうき」だったのだそうです。こちらが偉い読み方です。
鴻基(こうき)というのは帝王の大事業の基礎と言う意味だそうです。当時のローマ帝国です。

神々、仏様

 いつも、神々仏様は、天界から地上を見ています。
心よき生活をしましょう。
   
 +(-_-;) 


 行基菩薩

平成22年2月7日

 このところ、少量ながら、3日続きで雪が降りました。
雪の結晶は、良い水が良い霊域に降ると綺麗な結晶を作ります。

美しい世界

 人間は、服を来ていますが、大部分が水分です。
霊も霊体には、良い水分が必要なのです。石や水が大切なのは、もう10年も前から述べています。

 山に神が降りるのは、清い水と石があるからです。
仙人が霞を食って生きられるのは、これが理由です。

光の世界

 お坊さんの法衣は紫が最高位だとか聞きました。
こちらも仏様です。薬師寺で修行された行基菩薩(668-749)と言われた方です。神々、仏様、眷属の皆さんも、宇宙を飛んでくるには、玉体で飛んできます。

 そして、神々が降臨されるのが高天原なのです。
宇宙では、体を包むシールドが光の玉体なのです。これが天磐船です。

 天磐船は色々な大きさ、色のものがあります。
そして、地球で羽を伸ばし、皆さんは、神々、仏様の姿を拝見できたのです。

行基菩薩様の御一行

 行基菩薩の頭上に居られるのは、大山咋神様です。
ご先祖様なのだそうです。→「コン」(川崎大師のお狐さん)

 かねてよりの疑問であった、法相宗の薬師寺の御本尊である、薬師如来とはどちらさまか、訪ねさせていただきました。
お答えは、ギリシャでゼウスの神と言われ、日本では大山祇神様と言わる方なのだそうです。

 東京では、行基菩薩(ゆかり)の高尾山に、薬王院と言うのがあります。高尾山も昔からの遺跡だったそうです。
八王子の名の由来が皆様には見えたと思います。大山も近いです。

 この地名も、長い間の、胸のつかえでした。
写真に居られるのは、大山咋神、常世岐姫、沢山の神々仏様、眷属の皆さんです。

 神々、仏様、眷属の皆さんが写ってくださるのは慈悲です。
ここには、薄汚く臭い、貨幣や、名誉見栄への思いがあってはいけません。

 まさか、写ってくださるとは思わなかったと言う方が多いのです。
神々、仏様は、とても忙しいのです。人間の貨幣など、何億円積んでも来てはくれません。

 いつも言うように、大事なのは、皆さんの清い思いです。
その為には、証が見えることは良いのだと思います。
   
 +(-_-;) 


 孔雀明王

平成22年2月6日

 孔雀明王と言うのは、仏師の快慶と言う人が作った作品です。

孔雀明王

 立派な作品です。
こちらは拡大です。

孔雀明王

 快慶と言う方が感応され、出身を教えてくれました。
インドです。ジャイプールの西です。お坊さんだったそうです。

地図

 インドで修行した後、日本に来たのは24歳の頃だったそうです。日本での活動は30年ほどだったそうです。
何も、確認できるものはありませんが、この方は平家の人だったのだそうです。

 孔雀明王を頼まれたのが、後鳥羽上皇です。
快慶さんは身分を隠し、仏師として生きたのだそうです。地上には88歳まで居られたそうです。

 こちらが孔雀明王です。
木星の方、仏様です。

孔雀明王

 今日も、天神町には天神様がいっぱいです。

天神様

 皆さんの目に見えるものは真実です。
   
 +(-_-;) 


 不思議な話

平成22年2月5日

 橘と言う氏姓は古代の豪族のうちで、朝臣である。
興教大師様の家も、母上が橘氏の出でである。

 この母上も、出家した息子のあとを追うかのように、神仏に惹かれ出家したのだそうである。菩薩様である。
橘氏の先祖が縁が深いと言うところにご案内していただいた。十島の諏訪之瀬島であった。

十島の諏訪之瀬島

 巨大な胎蔵界のエネルギーが渦巻く島である。
神の島だったのだそうである。阿蘇山のようなものである。

火山

 橘と言う氏姓は現実には飛鳥時代以前に舒明天皇にいただいたのだそうである。
今の歴史より古い。その理由は舒明天皇はウガヤの時代の真実を知っていたのだそうである。

 こちらがキクラデス、橘さんの姿だそうです。木星の神様です。
確かに、お顔は菊のようです。その姿がタチバナに見えます。

キクラデス、橘さん

 こちらは拡大です。

キクラデス、橘さん2

 ・・菩薩様のご先祖様なのだそうです。
菩薩様の陵は、かつらぎ町の天狗岳にあるのだそうです。昨日、なぜ天狗さんが出てきたのか不思議でした。

木星の神々

 お大師様の、母上だけあって、この方も凄い霊力です。
私のサイトの訪問者様は、前世神職、僧侶がいっぱい居ます。。

ウガヤの15代様

 最後はコンビニの写真です。上に居られるのはウガヤの15代様、白笹稲荷神社のご縁の臼杵身光天皇です。
神様の後ろが、鴻巣が誇った埴輪の窯跡になります。

 神々、仏様のお喜びを嬉しく思います。
   
 +(-_-;) 


 興教大師の父上

平成22年2月4日

 ある訪問者様にメールの返事を書いていたら、興教大師様が現れた。
メールの相手様とご縁なのだそうである。不思議なものだと思っていたら、前世のエジプトでも縁があったのだそうである。

 訪問者様が調べたら、やはり遠い親戚のようであった。
興教大師覚鑁上人の父上は、伊佐平治兼元と言う方だったとメールに書いてきてくださった。

 メールと一緒に、その方、伊佐平治兼元と言う方がやって来た。
役人だったのだそうである。先祖は現在の鹿児島の伊佐市の出身だったそうである。伊佐市には、有名な金鉱がある。ピンときたかと思う。

鹿児島の伊佐市

菅原神社

 金といえばエジプトである。
エジプトから運ばれてきた金は、ここに置かれていたのである。

 金は置くべきところがあるのである。その為、山の土砂崩れなどがあると、そこに埋まってしまう。
甲斐の国、「甲」州武田の金掘りも有名であった。

 そして、金の秘密はエジプトの寺院にある。今、天狗さんがやって来て教えてくれた。
お大師様は、ともにエジプトに前世がある。金は名誉と見栄の象徴であった。変質しないので仮面や棺桶、装飾品に使ったのである。

 人類は馬鹿な名誉と見栄と言う蛇に取り憑かれ、神の怒りを呼び、泥の中に沈んだのである。
その為、エジプトでは、いくらでも泥の中から遺跡が出てくるのである。

 もちろん、エジプトの日枝神社も泥の中なのだそうである。
こちらはタイタンの皆さんです。光玉(みつたま)大神とは、この皆さんです。

光玉(みつたま)大神

 撮影した場所は、鴻巣市の市庁舎そばです。
実は市役所の前にも古墳跡があります。

古墳跡に神様

古墳跡

上空から見た鴻巣市役所

 この日は神武天皇と母神の玉依姫が降臨されました。
神武天皇は、以前にも皆さんは見ていると思います。これが3度目の掲載です。

神武天皇と母神の玉依姫

 神々は、遠い星から、皆様の心のために来てくださるのです。
「こうむ」なのだそうです。いつか高虫も行ってみたいと思います。。

 近くても、なかなか行けません。。
   
 +(-_-;) 


 光り輝くもの

平成22年2月3日

 今日は節分です。
昔は柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立て、豆をまきました。

 いつの頃からか、そんな事もしなくなりました。
世の中は、少なくても良くなったとは思えません。人々は、何を求めてきたのでしょう。

雪と神々

 昨日の写真です。
雪が舞う中に、神々の光が美しいです。

 ハート型の大きな光は、ネフェルテイテイです。いつも見事です。
如来とは光のごとしが本来の意味です。見ての通りです。→「コン」(太田姫稲荷神社のお狐さん)

 金と生活のためだけに、神仏を求めたら、それは誤りです。
多くの新興宗教ばかりでなく、神職僧侶も、考えを誤ってしまったものが沢山います。

 彼岸とは、川の向こうです。大きな壁もあります。苦の娑婆を解脱するのは簡単ではないのです。
この娑婆さえ、牢獄から見たら天国に思えるのかも知れません。現実は、この世は魔界です。

 それは神々、仏様が言われるのです。
お釈迦様は、この世は第一に苦であることを知りなさいと申されました。多くを知ると、それが悟れるのです。

 現実に社主も、そう言います。事実なのです。
そんな魔界でも、神々は、皆さんのために優しい眷属を遣わされてくれるのです。

優しい眷属

 なかなか綺麗に撮れる写真は少ないです。
多くの方が、綺麗な写真を印刷して、額に飾っているようです。

 売買しなければ、それは自由です。
私が、そんな根性なら、神々、仏様も写ってくださいません。これは普通の人なら解ります。

 悪しき貨幣が諸悪の根源です。
これを言い切れる人にしか、神々、仏様は感応いたしません。

 皆さんは、お釈迦様のように王子の位を捨てられますか。?
私は、学生時代は、法律より、お釈迦様に夢中だったようです。

 腐った金のために、神々、お釈迦様を語るものは許されません。
   
 +(-_-;) 


 雪の天神町

平成22年2月2日

 平成22年2月2日は、2並びで神々、仏様とも縁の深い日だったようです。
雪の中、社主のお社にお参りに行ってきました。雪の中のお社です。幻想的です

雪の中のお社1

雪の中のお社2

 昨日は、お釈迦様が龍神様とともに降臨されてきました。初めての事です。
多くの方の思いが通じたのだそうです。そして、今日2並びの日に、皆さんにご紹介できたのです。

お釈迦様

 こちらが龍神様です。

龍神様

 昨日は、霊域を清めるために、天界で雪を降らせてくれたのだそうです。
ふざけた新興宗教の、嘘っぱちのお釈迦様ではありません。ナーガ(龍神様)は眷属なのだそうです。蛇ではありません。

 程度の低い、語彙力のないものは、ナーガを蛇と訳します。鬱陶しいです。蛇は天を飛べません。
私も、龍神様やお狐さんに乗せてもらって、天を飛ぶことがあります。すごい迫力を感じます。

 もちろん光の玉に乗ることもあります。
ナビのような瞬間移動装置を持っていることもあって、スイッチを入れると目的の土地に行けることもあります。

 下界の人には、これらの夢も見ることができません。→「コン」
下は、御降臨された八幡様です。

御降臨された八幡様

 山の上ならともかく、街中まで来てくださったのは感激ものです。
今、常世岐姫神社のお狐さんが、「コン」とやって来ました。

 実は、この龍神様はタイタンから飛んできたのだそうです。光の玉に成って宇宙は飛んできます。
そして、地球に来ると羽を伸ばしナーガと成るのです。この状態を大己貴命と言うようです。ドラゴンボールが理解できたかと思います。

 大己貴命は大国主命ではありません。皆さんは写真を見ていると思います。
百聞は一見にしかずです。

 心よき日々をお過ごしください。
   
 +(-_-;) 


 2月

平成22年2月1日

 2月が始まりました。
やっと新年が始まったと言う感じもします。

2月

 初午とは、稲荷山に神様が降臨された日とされます。
その日は、皆さんが知っている日より、遥かに昔です。

神々の御降臨

 下の写真は、お薄のご挨拶です。
優しい顔です。

お薄と神様

 そして、こちらは山末の・・と言われる、大山咋神様です。
稲荷山山頂に祀られる末広大神と言われる神様です。

神々

 多くの方が、伏見稲荷のお猿さんから、想像がついていたと思います。
事実は小説より奇なり、とは本当です。

 多くの訪問者様は、神々を見て、安らぎを覚えるのですが、当然震えているものもいるのです。
これまで、心に疚しい事をしてきた人たちです。

 宇宙法では、量刑の不公正はありません。
今、皆さんが飼っているペットさえ、前世で徳を積み、家庭で飼われているのだそうです。

 野生の獣は、やはり野生なのだそうです。→「コン」
動物の霊界も2つに分かれていると聞いたのは、もう10年近く前です。

 正しい神道や仏道に沿った生活は、神様仏様が感応するのです。
私のサイトの皆さんは、健康だと思います。

 神々の光は、お金では買えません。
   
 +(-_-;) 

 
ことら総合研究所
Copyright
© 2005-2010