十二支族

十二支族とは、イスラエルから日本に来たという集団です。田中大神(ヤハヴェの神、)の時、日本に来たのだそうで す。ご縁だと思う方は、お尋ねください。
人名
説明(文献によって違いがあります。比較的無難なところを選びました。)
関連
アダム
旧約聖書の《創世記》に記される最初の人ないし人類。〈神に似せて〉アダーマー (土)から造られ,エデンの園に置かれ,妻エバ(イブ)を与えられるが,蛇の誘惑 に負けて〈知恵の木の実〉を食べ,楽園から追放された。新約聖書は,アダムに より人類に死と罪がもたらされた(原罪)と語る。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
ウガヤ朝と言うのは、古事記に有る出雲朝の王に仕えた臣の皆さんです。
日本の歴史を御覧ください。
ノア
旧約聖書の洪水物語の主人公。義人。アダムから10代目の子孫。人類の堕落を 怒って神が大洪水を起こしたとき,その指示によっていわゆる〈ノアの箱舟〉を造 り,家族や鳥獣とともにアララト山頂に漂着したという。3人の子,セム,ハム,ヤ ペテからはセム族,ハム族,エーゲ海域諸民族が広まった(《創世記》6〜9)。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
お地蔵様
洪水の時は胎蔵 界に避難した。
アブラハム 旧約聖書中の人物。イスラエル民族の伝説的な父祖で,その名は〈多くの国民の 父〉の意と解される。イサクの父。カルデアのウルに生まれ,約束の地カナンにお もむき,子孫の繁栄を神に約されて,妻サライ(サラ)との間にイサクをもうけた。 イサクを犠牲に供せんとするアブラハムの試練は有名。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
ウガヤ朝16代様
イサク
旧約聖書中のイスラエルの族長の一人。《創世記》によれば,アブラハムの子 で,神に試されて進んで犠牲として捧げられようとしたり,妻リベカのたくらみによ って長子エサウの代りに弟のヤコブを祝福した。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
ウガヤ朝30代様
人類はウガヤ34代の時、蛇に悪い知恵を付けられ、地上に出てしまったのだそう です。
ヤコブ
旧約聖書中のイスラエルの族長の一人。名祖としてイスラエル Israel とも呼ばれ る。イサクとリベカの子。策略によって双生児の兄エサウから長子の特権を奪 い,その12人の子はイスラエル12部族の祖となった。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
ウガヤ朝37代様
 


戻る