威光稲荷堂のお狐さん

2006年07月13日 編集
2006年10月20日 更新
2007年12月03日 更新

 テレビで東京探訪という番組をやっていた。
池袋から雑司が谷までを案内する番組で面白そうで見ていた。

雑司が谷近辺

 カメラが威光山法明寺と言う所にきて、奥の稲荷堂が出てきた。
その時、私のパソコンの社主のお札のところから「コン」とお狐さんが呼んだ。

威光山稲荷堂
 しばらくお社紹介をやっていなかった。
久しぶりのエントリーのお狐さんである。

 この威光山光明寺というのは元々が真言宗なので、お狐さんもお手伝いしているのである。
その後、このお寺は日蓮宗に改宗したのだそうである。

 お狐さんは富山県で生まれ、笠間稲荷出身の1134歳、輝かしい経歴の♀の優しそうなお狐さんである。
調神社のお狐さんや、太田姫稲荷神社のお狐さんも親しいのだそうである。

 地域的にも、かっての御祭神様の関係からも頷ける。
こちらのお狐さんは、ちゃんとした稲荷狐ですので、お参りされる方はご安心ください。

 こちらは文字通り、ここのお狐さんが1体で孤軍奮闘し、皆様をお守りしているのだそうです。
お近くにも沢山の皆様がいると思います。

 ご近所の方は、この日記を読まれ、お社に顔を出されるとお狐さんも嬉しいと思います。

 こちらは2006年10月20日に訪問者様から送ってもらったお社の写真です。
 
oyashiro_02.jpg(104175 byte)

お社の脇に見えるのは、お供えを入れるためのケースなのだそうです。優しい氏子さんがいるようです。

 太田姫稲荷神社、調神社、赤坂豊川稲荷のお狐さんが来ています。4体のお狐さんが写っています。
そして宇迦之御魂大神様も参られています。

 とても心和む写真なのは、そのためです。

 下は、さいたま市浦和区の調神社に参られた、9番目のお狐さんです。
宇迦之御魂大神様、応神天皇様と立派な光で写真に映っておられます。

お狐さん
 こちらは、鴻巣市三ツ木の三ツ木神社の眷属、お猿さんや稲荷狐の皆さんと現れた威光稲荷堂の筆頭のお狐さんです。

威光稲荷堂のお狐さん

 当研究所の御神宝です。


    +(-_-;)