銀 杏 稲 荷 

2004年8月31日  
更新 2005/04/30
見知らぬお狐さんが来ました。
なかなか貫禄のあるお狐さんです。
ちょうど社主のページを更新が終わったところでした。
私は東京のお狐さんかと思いました。そんな気がしたのです。
お狐さんは頷きました。それでご案内をしていただきました。
先日の鳥居稲荷神社のご近所だと言うのです。
お狐さんは水天宮近くのあるところでここだと言いました。







地図を拡大してみると銀杏八幡というお社が出てきました。
289年前に、太田姫稲荷からここに来たそうです。
お狐さんは今の静岡県出身のメスで1582歳だそうです。1体で切り盛りしているそうです。
八幡様も毎月1日には、お供を2名連れて、三名で来られるそうです。
しかし、八幡様は一日は3818軒も回るところがあるのだそうです。
これでは身体がいくつあっても足りません。
それで眷族のお狐さんがお手伝いしているのです。
お狐さんに聞いたら、お社の写真がないのだそうです。
私もネットを探しましたが、やはりありませんでした。
力のあるお狐さんですので、氏子の方はもちろん、お近くの方は是非お参りに行かれる事をお奨めいたします。
写真のある方は無償で提供していただけると幸いです。
提供していただいた方には、お狐さんが御礼に行かれるそうです。





2005/04/30
サイトのお客様から写真を送っていただきました。
ありがとうございました。
m(_ _)m
ここは郵便局から向かった角のようです。


これが銀杏八幡神社の入り口です。
お狐さんは銀杏稲荷が気に入っているそうです。
何しろ稲荷神社は正一位(しょういちみ)なのです。
この上ない官位なのです。^_^;
砂に白く現れているのはお狐さんの姿だそうです。解りづらいとお思いますが。


こちらもそっとお狐さんがおられます。
050430_0625~03.jpg(26633 byte)

手水屋です。
050430_0622~01.jpg(19952 byte)

接近したご本殿です。立派なものです。
050430_0627~01.jpg(18650 byte)

ご本殿の中にはお祭の道具が沢山置いてあります。
050430_0624~02.jpg(25721 byte)

ここに3体のお狐さんがおります。
太田姫稲荷神社の筆頭様が向かって左(右手)、そして銀杏八幡のお狐さん、鳥居稲荷神社のお狐さんです。
050430_0624~01.jpg(25621 byte) 上の説明の通りです。^_^;
こちらにも、3体のお狐さんの石像があります。
昔から解る方は解るのです。
御利益があるからこそなのです。腐った宗教とは訳が違うのです。

お近くの方は是非参拝いたしましょう。。