ことら総合研究所 現在の同和問題
※フレームを付けます。メニューがない時はクリックしてください。


 久々の更新です。10年近く更新していないと思います。2014年5月23日
不明だった対馬の馬とは、その根は中東アラビア半島にありました。

 以下は古い記事です。


都を除く関東では群馬だけが飛びぬけて同和問題が多い様である。
群馬の「馬」とは中国人、朝鮮人等を示す。高麗とはコマ(=駒)すなわち馬である。馬に因んだ地名も多い。

鴻巣市には馬室と言う地名がある。ここは朝鮮、中国人の子孫が多い。その隣に高尾や石戸と言った地名もある。
少数派の移民が同和地区に追いやられた事もある様である。中国、朝鮮もかっては小国分裂していた。
馬室地区で焼かれた埴輪は、箕田地区に持って行かれて古墳に使われたそうである。
鴻巣市中央部の生塚出(おいねづか)には、古墳とともに埴輪の釜跡もある。これは住んでいた者の身分差があったからである。
「いね」とはインドの連がいたことを示している。川の近辺は中国朝鮮人である。
インドは、かっての天竺である。中国や朝鮮など、日本の犯罪者の八割がその子孫だと言われている。

朝鮮や中国の者が、何故馬に見たてられたかと言うと、馬賊を示したそうである。→対馬
かっての戦では、馬の優劣が絶対的な勝敗のカギだったそうである。今なら、さしずめジェット機と大陸断道弾であろう。
チンギスハンの合戦などを見ても頷ける。人を殺して食うのは中国、朝鮮、モンゴルの馬族であった。
南の国の人は象に乗っている人がいる。馬に乗るのは身分の低い者なのだそうである。
大津波の時も象に乗っている人は難を逃れた。像は神の使いというのも真理かもしれない。

同じ朝鮮人でも、百済と新羅では犬猿の仲だったこともある様である。同和地区のルーツは様様である。
東京では府中街道沿いに同和地区が多いそうである。
これは武蔵の国の国府があった(=府中)ため、徳川と造反したものが多かった様である。
既に述べた様に同和問題は祖先の出自を含めたいくつかの原因から成っている。

その極みが食人族である。彼らは何故死んでしまってるのに人を食ってはいけないのかと言う。
食ってしまうのが合理的だと言う考えである。
中国では2005年現在でさえ、街で金を出せば堕胎した赤子の料理が食える。
法的に何の規制も無いのである。
こんな人たちが、お隣に越してきたら如何しますか?
中国では乳児の死亡率が40%もあるのだそうです。実際はもっと多いかもしれません。
昔から沢山ある神隠しの問題は同和地区の近くであるようです。。
因みに北朝鮮でさえ2004年に人を食ってはいけないと言う法律が出来ました。。




東海地区で伊勢神宮のある三重県だけが突出した同和問題の率である。
三重と言うのも不思議なところで後で掲載します。






・高知県は異常に高い。
 これは住民の7割以上が同和地区の町があるからである。下図参照。
・埼玉の南河原も半数が同和地区と言われていたが、発表では少ない様な気もする。  知らない人が転居してきた事もある様である。
 

・牛と馬については大きな意味がある。東京にも牛込や駒込と言った地区があった。
日記に色々な事が書いてあるので、参照していただきたい。

日本の開運トップ
・クリック