アフラ・マズダ

 アフラ・マズダとは世界最古の拝火教、ゾロアスター教の神です。
この方がヤハヴェの神、田中大神様の父神です。
ゾロアスター教  
ゾロアスターきょう 

 ゾロアスター Zoroaster(ザラスシュトラZarathushtra,ドイツ語読みでツァラトゥストラ)がイランで興した宗教。〈マズダ教〉〈拝火教〉ま た中国では〈【けん】教〉とも呼ばれ,英語でZoroastrianism。 

 開祖の実在が確実視される創唱宗教として世界最古級。その根本教典をアベスター,祭司階級をマグ(ラテン語 magi(マギ),英語  magic などの語源)と称し,拝火,ダフメ(〈沈黙の塔〉)での鳥・風葬など独得な祭祀をもつ。

 善霊スパンタ・マンユと悪霊アンラ・マンユ(のちにアフラ・マズダとアフリマン)の対立・闘争を軸とする二元論・終未論,聖書宗教の 天使の前身と言うべきアムシャ・スパンタ(〈聖なる不死者〉)の観念などは,ユダヤ教,マニ教,さらには大乗仏教にも影響を与えたと される。

 アラブによるイラン征服まで国教的地位を保ち,イスラム化ののちも存続して,インド(パールシー教徒),イラン,パキスタンに10万を 超える信徒がいる。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
ゾロアスター教
ゾロアスターきょう
Zoroastrianism

 ゾロアスターを開祖とする宗教。主神アフラ・マズダの名から「マズダ教」ともいい,火を神聖視するため「拝火教」ともいう。ササン朝ペルシア 時代に隆盛をみたが,イスラムの興隆とともに衰微。現在信徒はインドのムンバイ (ボンベイ) を中心に約 10万人,中部イランに約1万人な ど,総計で 15万人程度。

 経典『アベスタ』はヒンドゥー聖典『ベーダ』と言語上密接な関係にある。古代イランの土俗的信仰を基礎に,善神マズダと悪神アーリマンの 二元論的構造をもつ宗教。

 世界を善神と悪神の戦場とみ,世界の歴史を1万 2000年とし,それを4期に分割。第1期はマズダ神の精神的創造期,第2期は物質的創造 期,第3期にアーリマンが登場,第4期はゾロアスターが支配。

 来世には信者ののぼる天界と非信者の落ちる地獄とがあるが,善悪神の戦いの勝者となる善神により,すべての人々が最後には救われる とされる。

 その教理はのちにマニ教にも取入れられた。なお,F.ニーチェの作品の主人公ツァラトゥストラ Zarathustraは,この教えの創造者からとった 名である。

Copyright 2001-2009 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]
戻る