十二支族、聖書の地名


イスラエルの失われた十二支族はイサクの子ヤコブの子孫です。
イサク
イサク(Jishq; Isaac)

生没年未詳

アブラハムとサラの子。ヘブライ語で「彼は笑う」の意。神はアブラハムを試みるためイサクを燔祭 (はんさい) として捧げることを命じ,彼 が神の言葉に従ったので,神はアブラハムを祝福し,一族の繁栄を約束した (創世記 22章) 。イサクとリベカの子がエサウとヤコブ。
[ブリタニカ国際大百科事典 小項目版 2010]

☆ヤハヴェの神、田中大神様は、子を犠牲にせよなどとは言っていないそうです。神は人を試しません。言ったのは金の亡者だそうです。 聖書の嘘の部分です。
全て、セム族です。

セム‐ぞく【セム族】
(Semite)セム語系の言語を話す諸民族の総称。アラビア人・エチオピア人・ユダヤ人が含まれ、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教を生ん だ。ノアの長子セムの名に因んで命名。

[株式会社岩波書店 広辞苑第六版]

 ノアからアブラハムまでは24代があるそうです。アブラハムがノアの後、24代目だそうです。
アブラハムの時代はウガヤ29代の時代だそうです。
戻る