時代背景など


 サムエルさんの時代は、紀元前11世紀くらいです。
日本の神代、ウガヤ21代様の時だそうです。

 この方を導いたのは、ヤハヴェの神、日本では田中大神様です。(たなは大神様)
サムエル  

前11世紀のイスラエルの士師(しし),預言者。ペリシテ人の圧迫から民族を救い,サウルをイスラエル最初の王として即位させたが,のち ダビデを立てた。その事跡は旧約聖書の《サムエル記》に詳しい。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス
サムエルはナジル人というのは預言者のことです。預言者にも、それぞれの世界があります。
ナジルびと【ナジル人 Nazirite】
 
古代のイスラエルにおいて,熱烈な信仰心をもって,神に特別に誓願して一定の宗教儀礼の定めを自己に課した人々のこと。ヘブライ語で ナージールn?zirとは〈聖別された人〉を意味し,誓願者はブドウ酒を断ち,髪を切らないなどの規定を守った。一時的誓願者と生涯の誓願 者があり,サムソンは後者の例で,頭髪の定めがサムソン物語の重要な話として生かされている。パウロもまたある誓願を立てて,一時的 にナジル人となった。

サムソンとデリラ

サムソン Samson は古代イスラエルの士師(しし)の一人。ペリシテ人との戦いに豪勇,怪力をもって活躍。愛人デリラ Delilah の裏切りで, 怪力の秘密である長髪を失い,ペリシテ人に捕らえられ盲目にされた。しかし最後に神の助けで無数のペリシテ人を殺し,自らも死んだ (《士師記》13〜16)。古代から画題として好まれ,ミルトンの叙事詩《闘士サムソン》(1671年),サン・サーンスのオペラ(3幕,1877年初 演),セシル・B. デミルの映画(1949年)などもある。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス

士師 (しし)

英語では Judges。〈さばきつかさ〉とも。イスラエル人(古代ユダヤ人)がエジプトを脱出し,カナンの地に入ってから前11世紀後半に王国を 建設するまで部族連合を率いた指導者の称。デボラ,サムエル,エフタ,ギデオンなど。その活動を中心に記したのが旧約聖書の《士師 記》。

マイペディア(C)株式会社日立システムアンドサービス

エリ 魔の役人
戻る