西入口
埼玉資料館





 
  これが無いとは入れません。↓子供は100円です。

 咲き玉(さきたま)には、国境なき時代(神代)に、沢山の土地から人(とねり)がやって来たそうです。その記録が無数の
古墳です。とねりの「と」は10で「十」です。祈り、テン=「天」を現します。日本一の大河、利根川の「とね」です。

 天が怒れば人類はあっという間に滅亡します。埼玉古墳は人類の希望だったのです。
歴史の真実は多くの侵略者に葬られ、現在の歴史は真に闇の世界になっています。

 もし、この古墳がなかったら、管理人も歴史の研究はしなかったかもしれません。そして、多くの皆様も管理人の言う事は
歯牙にもかけず、信用しなかったかも知れません。。

 神々は、わざわざ、この古墳から来たと言ってくれたのです。それが奥山古墳のエジプトから来た舎人(とねり)の皆さん
です。高い地位にあったからこそ、大きな古墳を作れたのです。下級役人だったと言うのは侵略者工作員のデマです。

 下の写真が埼玉が誇る、有名な金銘の入った国宝の鉄剣です。
しかし、これすらも埼玉の偉大な過去の一部です。そして、後から来て古墳に葬られただけの者に送られたのです。

資料館の前の景色です。
移築民家です。




さきたま古墳公園航空写真

 


戻る