最後の古墳

 最後の古墳は堤根と言うところで造られたそうです。
貨幣(和同開珎:わどうかいほう=Wad開放)が7世紀に出来て、それから古墳は造られなくなりました。

 ここに大きな秘密があります。古墳を造っていた皆さんは、農家などになったそうです。もちろん土建屋さんもいま す。
その理由は、貨幣が出来たために、工事代金を値切られ生活が出来なくなったのだそうです。

 そのため、朝廷は743年、仕事が無くなり生活できなくなった人に、自力で開墾した墾田を、私有財産とする事を認 めたのです。しかし、これは侵略者の温床となりました。後からでは入手方法が、侵略か開墾か区別できないからで す。

 今の馬鹿なゼネコンのやり方と一緒です。国会議事堂を作った石屋さんも潰れてしまっています。
平成21年5月7日
 
丸印のところが、最後の古墳だそうです。
拡大しました。古墳に認定されているかどうかは知りません。
 
戻る